ミラン 対 サッスオーロ。 USサッスオーロ・カルチョ vs ACミラン 今シーズンの対戦成績

USサッスオーロ・カルチョ vs ACミラン 今シーズンの対戦成績

ミラン 対 サッスオーロ

ミラノ発 - アントニオ・コンテは最近のインタビューでミスの大きさや今季終盤ではそれが許されないと何度も語っていたが、それは今夜の多くのチャレンジと短時間でのゴールが奪われる試合もその一つだった。 インテルは今節サッスオーロ戦で勝点3を確保する必要なレベルを保てず、多くのゴールとミスで構築された試合となり、最終的に3-3で終了した。 インテルは前半終盤、サッスオーロは後半終盤に2得点を決めたが、結果的にホームチームにとって厳しく、苦い結果となった。 試合終了間際にはシュクリニアルが退場になるなど、インテル対サッスオーロ戦は間違いなく退屈という言葉とは程遠い一戦だった。 試合開始からインテルがボールを保持して主導権を握り始めた矢先に一瞬の隙を突かれて先制ゴールを許してしまう。 4分、ジュリチッチのラストパスを受けたカプートが飛び出してきたサミル・ハンダノヴィッチの動きを良く見てゴール左に流し込んだ。 1点のビハインドに陥ったネラッズーリはすぐに攻撃的にサッスオーロゴールへ向かう:クリスティアン・ビラーギからのピンポイントクロスをゴール前でアレクシス・サンチェスがヘディングシュート。 しかしボールはゴール左に外れてしまった(12分)。 15分にはビラーギの角度のあった直接FKをコンシーリが右手で弾き飛ばした。 サッスオーロはカウンター攻撃から複数回危険なシーンを作り出すが、アレッサンドロ・バストーニ、ミラン・シュクリニアル、アンドレア・ラノッキアの守備陣が決定的なシュートを打たせない。 インテルは両サイドから何度もサッスオーロの守備陣を崩そうとするが、深い位置で守るアウェイチームを攻略できない。 反対にサッスオーロが徐々にボールを上手く走らせてインテルが守備に回る時間が多くなる。 このまま前半終了かと思われた40分にオーバーラップしたシュクリニアルがペナルティーエリア内でボガに倒されてインテルがPKを獲得。 このビックチャンスをルカクが冷静にゴール右へボールを蹴り込んだ(41分)。 さらに前半アディショナルタイム1分、アレクシス・サンチェスからのパスをビラーギがトラップから倒れ込みながら得意の左でゴールネットを揺らし、インテルが試合を引っ繰り返してハーフタイムを迎えることに成功した。 後半はコンシーリが手で弾き飛ばしたビラーギの直接FK(49分)とロベルト・ガリアルディーニのミドルシュート(51分)でスタートした。 動きがない後半序盤となりアントニオ・コンテ監督は62分に前線のサンチェスとエリクセンをベンチに下げて、ラウタロ・マルティネスとルシアン・アゴウメをピッチに送った。 その采配が実ってネラッズーリは64分にビックチャンスを作り出す。 ラウタロのパスをルカクがシュートし、コンシーリに弾かれたボールを走り込んだガリアルディーニが無人のゴールに蹴り込んだと思われた。 しかしボールはゴールバーを叩いて得点とはならず。 さらにコンテ監督は両サイドハーフのビラーギとヴィクター・モーゼスのポジションにアシュリー・ヤングとアントニオ・カンドレーヴァを入れる(75分)。 しかし81分にヤングがミュルドゥルをペナルティーエリア内で倒してしまいサッスオーロがPKを獲得。 これをベラルディがゴール中央にシュートし、ハンダノヴィッチはボールに触れるも完全に止めることはできなかった。 中盤にスペースが開き始めて両チームがゴール前にボールを運び出す。 84分にラウタロのシュートはコンシーリに止められたがこぼれ球をルカクが押し込む。 だがオフサイドの判定でノーゴール。 だが勢いを強めるインテルは86分にカンドレーヴァのFKからゴール前ファーサイドに飛び込んだボルハ・バレロが合わせて再びリードを奪った。 しかしその喜びは長く続くなかった:89分サッスオーロの左からのクロスをインテル選手たちはゴール前でクリア損ね、後ろに流れたボールをフリーのマニャーニが右足でスコアを3-3とした。 後半アディショナルタイムにはシュクリニアルが同試合2枚目のイエローカードを受けて退場処分となって試合終了。 ネラッズーリにとって極めて後味の悪い最終結果となった。 これでシュクリニアルは次節パルマ戦は出場停止。 同試合で主審から警告を受けたアントニオ・コンテもベンチ入りが出来ない。 3ゴール、勝点1、多くの後悔。 終止符を打つべき試合だったが、試合州間際にインテルの手から勝利がこぼれ落ちた。 だが落ち込んでいる暇はない、ネラッズーリの次の試合は今週日曜日に控えている。

次の

ミラン、16歳の天才GKがデビューへ! ブッフォンの最年少記録を更新か

ミラン 対 サッスオーロ

2020年7月22日、 USサッスオーロ・カルチョと ACミランが セリエAで対決します。 前回の試合は次のような結果で終わりました : Sassuolo 0 - 1 AC Milan. この2チームはFootyStatsの記録上、過去数シーズンで 14回対戦しました。 過去14対戦のうち、 USサッスオーロ・カルチョが4試合で勝利したのに対し、 ACミランは8試合で勝利し、その他の2試合は引き分けに終わりました。 今シーズン USサッスオーロ・カルチョの ホーム戦でのパフォーマンスは 良いです。 ACミランの アウェイ戦でのパフォーマンスは 良いです。 USサッスオーロ・カルチョと ACミランの過去の試合の平均ゴール数は 3. 14でした。 これまでのところ、 セリエAでの USサッスオーロ・カルチョはホーム試合では1試合あたり 平均勝ち点1. 46、 ACミランはアウェイ試合では1試合あたり 平均勝ち点1. 57を記録しました。

次の

ユベントス対インテル含む5試合、5月13日に延期決定。無観客試合から一転

ミラン 対 サッスオーロ

現地時間10月2日、サン・シーロでセリエA7節のミラン対サッスオーロ戦が開催された。 ミランは過去2試合同じだったスタメンを3人変更。 右SBはカラブリアからアバーテ、CBは怪我のロマニョーリからゴメス、左ウイングはニアングからL・アドリアーノに代えた。 本田は7試合連続のベンチスタートとなった。 一方のサッスオーロは、「ミラン・キラー」として知られるベラルディをはじめ、ミッシローリ、ダンカン、ガッツォーラという主力4人を怪我で欠く苦しい布陣となった。 先制点を奪ったのはミラン。 9分、ゴメス、デ・シリオと繋ぎ、ペナルティーエリア手前からボナベントゥーラが右足でミドルシュートを放つと、アチェルビに当たってコースが変わったボールはゴールネットに突き刺さった。 しかし、その1分後にサッスオーロは早くも同点に追い付く。 自陣でパレッタからボールを受けたアバーテが、アジャポンのプレッシャーを受けてパスミス。 これを拾ったポリターノがGKドンナルンマの股を抜いてゴールを決めた。 さらにサッスオーロは22分、クロスボールからアジャポンがゴールネットを揺らす。 しかし、これはボールが手に当たったとしてゴールは取り消され、アジャポンにはイエローカードが出された。 スソが右サイドを起点に中央でトップ下的な動きも見せるミランは36分、ハーフウェーラインで起点を作ったバッカが左サイドのデ・シリオに展開。 直後の38分にL・アドリアーノ、39分にボナベントゥーラがスソの仕掛けからゴール前で好機を得たが、いずれも得点には繋がらなかった。 ミランの速攻になりかけた時に前半終了を告げるホイッスルが鳴り響く。 すると、これに納得いかず主審に激しく抗議したモンテッラ監督が、退席処分を食らった。 ミランは後半頭から低調だったL・アドリアーノに代えてニアングを投入。 攻撃陣をテコ入れした。 しかし、勝ち越しゴールを奪ったのはサッスオーロ。 54分、ショートコーナーからペッレグリーニが斜めのクロスを上げ、オフサイドトラップをかいくぐってフリーになったアチェルビが右足ボレーを決めた。 サッスオーロはさらにその2分後、ドゥフレルとのワンツーで抜け出した後に軽快なステップの突破でゴメスを振ったペッレグリーニが、左足を振り抜いてゴールネットを揺らす。 2点差を付けられたミランは59分、モントリーボに代えてロカテッリを投入。 すると67分、ニアングが3人と競り合いながら強引な縦の突破を見せ、アンテイのファウルを誘ってPKを獲得する。 これをバッカが決めて、1点差に詰め寄った。 さらにミランは73分、同点に追い付く。 ロカテッリがCKのクリアボールに反応してペナルティーエリア外からダイレクトで左足を振り抜くと、ゴール左上に豪快に突き刺さった。 下部組織出身の18歳にとっては、嬉しいセリエA初ゴールとなった。 そして77分、ショートコーナーからニアングが左足でクロスを上げると、ファーサイドから走り込んだパレッタが打点の高いヘディング。 これが決まり、ミランはついに逆転に成功する。 サッスオーロは80分、ペナルティーエリア内でポリターノが左足でフィニッシュしたが、ドンナルンマのスーパーセーブに弾かれた。 このまま1点を守り切りたいミランは83分、FWバッカを下げてMFポーリを投入。 交代枠を使い切り、これで本田の出番はなくなった。 結局、このまま4-3でタイムアップ。

次の