裁ち 目 かがり。 家庭用ミシンアクセサリー,裁ち目かがり押え

はじめてのミシン 糸と針と縫い方

裁ち 目 かがり

裁ち目かがりのコツ 「裁ち目かがり」とは? 布端の裁ち目から糸がほつれないように処理する方法です。 裁ち目かがりの縫い模様は「ジグザグ縫い」「点線ジグザグ縫い」「オーバーロック縫い」などがあり、素材や用途により使い分けが可能です。 裁ち目かがりにはが便利です。 裁ち目かがりの最も基本的な縫い模様です。 コツ:縫いはじめる前にプーリーを回し、針の位置を布端に落ちるように調整します。 縫いはじめて布端が左側に引っ張られる場合は、上糸調子を少し弱めてください。 一部の機種を除く 薄地や一枚布で生地にしわが寄ったり生地が巻き込まれるときに使用します。 地縫い 2枚の生地を縫い合わせること と裁ち目かがりを一度にするときに使用します。 縫いにくい生地の縫いかた ビニール素材・皮・ベルベットなど、すべりが悪い生地はミシンの設定やちょっとした工夫で縫いやすくなります。 縫い目の長さと速度を調整する 縫い目の長さをあらくして、ゆっくりのスピードで縫います。 生地をゆっくり大きく送ることで、生地が進みやすくなります。 その際はお手元の取扱説明書をご確認ください。 薄い紙と一緒に縫う ハトロン紙などの薄い紙や水溶性シートを布の上や下に置いて一緒に縫うと、生地が進みやすくなります。 ローラー押え・上送り押えを使用する 押えに付いているローラーで生地を送りやすくするローラー押えや、押えと送り歯ではさみながら生地を送る上送り押えなども使用できます。 縫い目をまっすぐに縫うコツ 布端を針板の案内線や押えの端に合わせて縫い進めることで、布送りの歪みを防止し、仕上がりがきれいになります。 長い距離をまっすぐに縫いたいときは、別売りの「ステッチガイド」を使用すると、簡単に縫うことができます。 縫い代の幅に合わせてステッチガイドを針板に固定し、布端をステッチガイドの縁に沿わせながらお好みの幅で直線縫いができます。

次の

【ミシンの基本】裁ち目かがりとジグザグ縫い

裁ち 目 かがり

針の取り扱い、保管には十分注意しましょう 2枚合わせにすると、フェルトの表からは糸玉が見えないからです。 STEP2:等間隔に縫う 針目の間隔が同じになるように、隣の目の所に針を真っ直ぐに刺します。 針を引き抜き、次の針目にも真っ直ぐに刺します。 これを繰り返します。 上から見ると画像のように糸目が斜めに入っています。 何度も同じ事を繰り返します。 隣に刺して、真っ直ぐに抜くと、糸目が斜めに入り、同じ間隔で進むと画像のようにきれいに縫えます。 針が最後まで来たら、手前のフェルトのみに刺して布の間から上に抜きます。 そして糸玉を作って止めます。 2枚合わせの中に針を入れて引っ張り、内側に糸を入れます。 こうすると2枚合わせの中に糸玉が入り、フェルトの表面からは糸玉は見えません。 STEP3:出来上がり 出来上がりです。 かがり縫いを上手にやるためのコツ 針目は同じ間隔で進めましょう。 バラバラだと不揃いできれいに見えません。 また、針目の間隔が大きいと中に綿を入れる場合飛び出てくる事もありますので、あまり大きな間隔は開けずに縫いましょう。 今回は、2mm位の間隔で進めてみました。 更に針を刺す際に、真っ直ぐ刺す事で布間の糸の角度も均一になり、きれいに見えます。 また、1回縫う度に糸を軽く引くと、糸が絡みにくくなって作業がしやすいです。 おわりに フェルトは切りぱっなしでも、端がほどけにくいので扱いやすい布地です。 フェルトを2枚合わせて、中に綿を入れてマスコットを作る際、かがり縫いは大活躍します。 同じ作業の繰り返しで簡単ですので、ぜひお試し下さい。 image by 著者.

次の

簡単で基本的!手縫い時のかがり縫いの仕方

裁ち 目 かがり

和光大学・津野ゼミ2004/四つ目綴じ製本 四つ目綴じ製本してみよう。 しかし和装本というのは、巻子本や折本、旋風葉、粘葉装、そして、糸で綴じる線装本(胡蝶装、大和綴じ、袋綴じなど)を含み(早稲田大学図書館所蔵参照)、明治以降にやってきた洋装本以外のすべての総称としてつけられたものです(、、など参照)。 また、この製本の仕方(製紙法も)は、中国、韓国、日本などで基本は共通なのに、各国さまざまな呼び名があるようです(、、、など参照)。 ここではまず、和装本の代表である四つ目綴じをやってみよう、からはじめます。 洋紙をつかう場合は、紙の目()をタテにとりましょう。 ヘラを使って折り山をおさえると、しっかりきれいに仕上がります。 ページの順番をまちがえないように、重ねます。 和綴じ(糸で綴じる和本の製本法をさして、ここでは以降こう呼ぶことにします)は、厚い紙でもビニールでも、穴さえあけられれば鉄でも、かがることができます。 しかし、かがるときに糸をしっかりひいて、その糸が柔らかい紙に弱冠くいこむことでスパッと粋に仕上がるのが和綴じの良さ。 それを考えると、和綴じにむいている紙質のイメージがつかめるでしょう。 これは、つけなくてもOK、また、判型と同寸で裁ってペラ一枚ずつつけてもOK。 ここでは、判型(本の大きさ)の横二倍の大きさで紙を用意(洋紙の場合は紙の目に注意)し、二つに折ってつける場合を例示します。 この図は上(天)から見たところ。 こうしておけば、本番のかがりのときに、なかみがずれずにきれいにできます。 クリップの跡がつかないように、厚紙をかませるとなおよい。 垂直に、まっすぐ。 左の図の赤い丸が穴ですが、めだつように大きく描いただけですので念のため。 が出ているのでぜひ参考に。 長さは200ミリくらい)を針にとおして、仮綴じします。 糸の最初と最後は、 3のように綴じ糸をはさんで 4のように結び、短く切ります。 結び目の上から木づちで叩いておさえます。 全体をプレスして、おちつかせるとなおよい。 材質は、丈夫な紙ならなんでもいいでしょう。 布の場合は、薄い和紙で裏打ちしてつかいます。 15ミリとある部分を本の天と地側に貼り、20ミリとある部分を背に貼ります。 本の判型が小さい場合は、この割合(15:20=3:4)を保ちながら、長さを調整しましょう。 ここがだぶつくと、なんともマヌケな仕上がりになってしまうので丁寧に。 親指と中指で貼る紙をよくひきながら本文をはさみ、人さし指でしっかりおさえて、ピシッと角を出して仕上げましょう。 したの写真を参考にしてください。 これを、本の背の天側(上)と地側(下)、両方に貼ります。 まとめて用意 ノリ 各自用意 角布用の紙(布の場合は裏打ちすること) 参照サイト ・角布のいろいろ〜. 判型と同じ大きさでつくってそのまま綴じる方法もありますが、ここでは、天地左右の四方を折って(小口側のみの場合もあり)つける方法をやってみましょう。 和綴じの場合は、表紙が硬いと、ひらいたときに糸かがりしたところで折れ曲がってしまうので、表紙用の紙は、和紙かやわらかい洋紙(紙の目に注意)を用意します。 使います。 素材は綿や絹がいいでしょう。 タイトルを表紙の紙にプリントして使うなら、このあとに出てくる「外題貼り」の工程は必要ありません。 図では、赤線で囲ったところがこの本の判型。 これを、仕上がりが本文の大きさとぴったりになるように、四方を内側に折ります。 まず表紙の紙の四方を斜めに切り落として、天、地、小口、さいごにノド側を折ります。 へらをつかって、丁寧に。 角のところは、二方向から紙が折り込まれるので厚くなります。 木づちなどで叩いて、ふくらみをおさえておきましょう。 全体の大きさがぴったり合っていますか。 なかみのノドと小口部分に一筋ノリをいれ、表紙を貼りつけます。 全体を貼りあわせても、かまいません。 表紙を重ねた状態で、まとめて穴をあけてかがっていきます。 まず穴。 あけかたは仮綴じのときと同じ。 03の図と見比べてください。 仮綴じの穴と糸綴じの穴が重ならず、また仮綴じしたところが、糸綴じによってすっかり見えなくなることがわかると思います。 判型が大きい場合は、四つ目綴じの応用でしたほうがしっかりするでしょう。 太さや色は、表紙や角布とのバランスを考えて、楽しく選びましょう。 写真は刺繍用の絹糸。 細めのものでしっかり綴じたほうがピシッとしていいように思います。 はじめるまえに、確認。 30ミリくらい残したかがりはじめの糸を、 2のようにして本文のなかに入れ込みます。 針先で、かがり始めの糸をすぅっと抜きます。 糸の先っぽにほんの少しノリをつけ、背と平行になるように本文のなか入れて隠し、おさえます。 糸の始末は 12のように、垂直に交わる糸をからげて結び、最後に針を通した穴に、逆から針を入れます。 本を裏返して針をよくひき、ぎりぎりのところで糸を切ります。 結び目が、本文のなかに入り込んで、おもてからは見えなくなります。 はい、できました。 ・〜身の回りの道具でつくれる和装本の紹介。 ・ 08 外題貼り タイトルを書いた紙を表紙に貼ります。 大きさや材質、また、どのようにタイトルを描くか、貼る位地などは、特にきまりはありません。 目安としては、縦の長さが、本の大きさの横の長さ、横幅が35ミリくらいの大きさで、本の端から4ミリずつ内側にはいったところに貼ります。 少し水でのばしたノリを、ハケをつかってしっかり均等にいれましょう。 各自用意 外題用の紙 09 完成!

次の