茶々 茶。 茶々茶(chachacha)

【茶々茶(chachacha)】本名や年齢・彼氏は?素顔が気になる!声変わりの理由って?モンハン装備や攻略動画もチェック

茶々 茶

茶々茶はどんなYouTuber? 茶々茶は顔出しもしているゲーム実況を配信する女性YouTuberです。 もともとニコニコ動画で生配信をやっていたのですが、youtubeに勝手に転載されることがたくさんあり そんなことされるくらいならもう自分でyoutubeをやってやる!とyoutubeを始めたようです。 主にポケモンやモンスターハンター、ドラクエやマリオシリーズなどメジャーなものの実況が多いようです。 特にモンスターハンターの腕前はかなりのもので 実況以外にも道具の効率の良い集め方をまとめたりモンスター別の対策などの 解説動画が分かりやすくて参考になると支持を集めています。 可愛さとゲームの上手さ、動画の解説の丁寧さが茶々茶の魅力の一つです。 茶々茶の年齢や本名は? 茶々茶の本名は非公開とのことでした。 茶々茶という名前は 「はちゃめちゃやんちゃ」から茶々茶という名前で活動しているようです。 年齢は エターナルセブンティーン。 永遠の17歳という設定らしくお酒を飲むときは24歳の学生になるそうです。 1年後、リスナーさんから年齢はいくつですか?と質問が来ると 「76億歳で地球は後輩」と答えています。 設定がブレブレ!w ネットには 1985年生まれというウワサが回っているみたいです。 これが本当なら34歳ということになります。 だとしたら相当年齢よりも若く見えますが あくまでウワサで本当かどうかは分かりませんでした。 茶々茶の出身や高校、大学は? 茶々茶の出身はTwitterのプロフィール欄によると 京都府天界区だそうです。 …うん。 京都出身なんですね。 現在は東京都在住だそうで、…うん。 東京に住んでいるみたいです。 幼稚園・小学校・中学校は 京都の私立女子校に通っていました。 高校・大学は大阪であることが判明。 YouTuberを始めたときお父さんと弟は大賛成してくれたみたいなのですがお母さんは 「せっかくいいところに就職したのに何でやめるの〜?」 と言われたんだとか。 辞めるのが惜しいと言われるくらいいい企業に勤めていたみたいなので大学も それなりにいいところを出たのではないでしょうか。 就職で東京にきたのですが、就職先がパソコンを使う仕事だったと言ってるので 大学もそっち方面の分野だったのではないかと思いますが詳しくは明かされていません。 確かに現在の動画の方が声が低く聞こえますね。 このことについて質問コーナーで答えています。 まず風邪をひいてしまい声が変わってしまったのが一つと 一番の影響はyoutube spaceという 撮影スタジオで発声方法の授業があり リラックスして口を大きく開けてハキハキ喋ることを教わったのでそれを実践してるからと言っていました。 特に声は低くなった自覚はなく 話し方が変わったからそう思うのでは?と言っています。 ということが分かりました。 これからも茶々茶の活躍が楽しみですね!.

次の

モンハン実況大人気!茶々茶さんの人気の理由は〇〇にあった!

茶々 茶

概要 [ ] の・の娘。 母はの妹・。 同母妹に初(、正室)と江(、正室)、異母弟妹にはの侍女(姥)となった、千姫の乳母となったとがいる。 子には棄(、夭折)と拾()、には がいる。 乳母は(の母)、(大叔母にあたる海津殿の次女)、大局(の弟にあたるの室)の三人が明らかになっている。 生涯 [ ] 父・母の死 [ ] 近江国(現在の)に生まれる。 元年()に父・長政が伯父・に敵対して攻められ、小谷城が落城すると母妹らとともにに救出された。 この時、父と祖父・は自害、兄のは捕らえられ、信長の命でによって処刑されている。 その後は伯父ののもとにおかれ、または で保護されていたとされていたが、近年の研究によると尾張主で信長の叔父にあたるに預けられたとされている(『』)。 天正2年9月29日に織田信次が戦死した後、織田信長の岐阜城に転居することになる。 信長がで家臣のに攻められ自刃した天正10年()、母・市が織田氏家臣のと再婚すると、茶々は母や妹達とともに(現在の)に移る。 勝家が羽柴秀吉と対立し、天正11年()のに敗れると、市は勝家共々自害したが、茶々ら三人の娘は逃がされて秀吉の保護を受けた。 また北の庄城落城後に三姉妹はに匿われた上で羽柴秀吉に知らされ、これを聞いた秀吉が直ちに迎えを出して、三姉妹をに入城させ 『玉興記』 、その後は秀吉ではなくが三姉妹を後見して面倒をみたともいわれている。 この時に一年間程、茶々の世話をしたのが、信長の妹のである 『大雲山誌稿』。 また、叔父の(有楽、または有楽斎)の庇護を受け 、に住み、後にで伯母のの縁を頼って後見の元にいたともいわれている。 もっとも、によれば、いずれの説も一次史料による裏付けに欠け、この時期の三姉妹の所在については不明である。 秀吉の側室に [ ] の境内にある淀古城の石碑 天正16年()頃、秀吉の側室となる。 天正17年()、捨()を生む。 この懐妊を喜んだ秀吉からを賜り、以後「淀の方」と呼ばれるようになった。 鶴松は天正19年()に死亡するが、2年()に拾()を産み、秀吉の死後は秀頼の後見人として政治に介入して・らを重用しての家政の実権を握った。 なお、鶴松を産んだ時に・へ父母の肖像画をおさめるが奉納者である淀殿の記名はない。 これは淀殿の豊臣政権に対する自発的な配慮によるものである。 秀頼を産んだ時に父母ら血縁の菩提を弔うために、(養源院とは浅井長政の院号であり、開基は一族の)を建立した。 秀吉の死後、高野山などの修復にも当たっている。 関ヶ原の戦い [ ] 「」も参照 5年()に元のがとともに、会津に向けて出征中のに対する挙兵を企てているという情報が入った際に、7月27日付のからに宛てた書状によると、三成と吉継が謀反を企てているので、事態を沈静化させるために急いで家康に上洛をするように淀殿と三奉行(、、)から書状を送っていることがわかる。 このことから淀殿には家康・秀忠父子を主軸とした秀吉遺言覚書体制、すなわち内府(家康)・五奉行(ないし三奉行)体制による政権運営を是認する、確たる意思があったことが窺える。 その後、大坂城に入った輝元が石田方(西軍)の総大将となり三奉行もそれに同調するが、淀殿は石田方が切望したと思われる秀頼の墨付きの発給や秀頼の出陣などは許さず、石田方の動きを認めつつも豊臣家としては観望する姿勢を保った。 なお家康は淀殿らからの書状を石田・大谷の動きが謀叛であると諸大名に主張する材料とし、その後、三奉行が家康糾弾の『内府ちかひの条々』に署名したが、淀殿からは先の書状を覆す文書が発給されなかったことも、家康に「秀頼様の御為」という大義名分を維持させることとなった。 のにおける徳川方(東軍)の勝利の後、家康はを大坂城に送り、淀殿と秀頼が西軍に関与していないと信じていることを述べさせ、淀殿はこれに対して感謝の旨を返答している。 毛利輝元の大坂城退去後に家康が大坂城に入るが、そこで家康を饗応した際に、淀殿は自らの酒盃を家康に下した後に、その盃を秀頼に与えるよう強く求め、家康は秀頼の父親代わりたるべきと公に宣言した。 慶長6年()になると「気鬱」が激しくなり、胸の痛み、摂食障害、頭痛に悩まされ、から薬を処方をされた(『』)。 徳川家康との対立、大坂の陣 [ ] 大阪城公園にある淀殿・秀頼自害の地の石碑 家康は豊臣家のを関ヶ原の戦いの恩賞として諸将や自らで分配し、豊臣家は支配地を減らすことになる。 淀殿は秀頼の後見人として、家康ら・五奉行の去った大坂城の主導権を握る。 に武家政権を構築し始めた家康とは対立。 暗に臣従を求める秀頼の上洛要求などを拒否し、そのようなことを余儀なくされるならば、秀頼を殺して自害すると主張した。 慶長19年()、関東との交渉役・と淀殿侍女の大蔵卿局の家康の意図解釈の齟齬をきっかけとしてが勃発。 淀殿は武具を着て3、4人の武装した女房を従え番所の武士に声をかけ激動していたが(『当代記』) 、期待した諸大名の加勢がない中で大坂城本丸への砲撃を受け、講和を指示する。 しかし翌慶長20年(1615年)の再戦(大坂夏の陣)で大坂城は落城し、秀頼や大野治長らと共に自害した。 墓所はの養源院、の。 戒名は 大虞院英厳大禅定尼、 大虞院花顔妙香、 大広院殿英嵓と伝わる。 しかし淀殿の最期を目撃した者の証言や記録などは存在せず、また遺体も確認されなかったため、秀頼と同様に彼女にも逃亡・生存説などの伝説が生まれるようになった。 落ち延びた先としては、島津氏を頼りに落ち延びた説 と厩橋まで遁れてきたという説がある。 名称について [ ] は 茶々。 生存中には、居場所の変化に伴って 淀の方(よどのかた、他に「淀の者」「淀の女房」など )、 二の丸殿(にのまるどの)、 西の丸殿(にしのまるどの)などと通称された。 鶴松・秀頼の出産後は 御袋様、 御上様、 御台様などとも。 秀吉の死後にして 大広院、大康院と名乗っていたという説もある。 現在最も一般的に用いられる 淀殿、過去に用いられた 淀君の名は、同時代の史料には一切見られず、いずれも江戸時代以降の呼び名である。 「淀君」という呼称が広く普及して一般に定着するのは、にの戯曲『』が上演された以降のことである。 が「淀殿が淀君などというへんてこな名前をつけられ、悪女に仕立てられたのは、豊臣家を滅ぼした徳川氏時代の産物」とし 、「淀君」の呼称については、悪女、淫婦というイメージと共に売春婦の呼称(「遊君」、「辻君」など)と結びつけて定着したとが主張し 、が追随した。 ただし、幕末に編纂された『徳川幕府家譜』で徳川家康の・が「朝日君」、秀忠の継室・崇源院が「於江与君」とされているなど、「君」がすぐさま蔑称だと断定するには一定の留保が必要である。 は、彼女の呼称についての検証をした結果、本名を「浅井茶々」、通称を「淀」と号した とみなすのが適切ではないかとし、生存中に「淀殿」と記した史料はなく、「様」付けで呼ばれていることから、同時代的な呼び方としては「淀様」とするのが正しいとしている。 昭和35年()に発表されたの小説『』以降、「淀殿」の使用が一般的となり 、一般への影響力が大きいでも昭和62年()に放送された『』を最後に「淀君」という呼称は一切使われていない。 平成28年()に放送された『』においては秀吉存命時には「茶々様」、秀吉死後は「御上様(おかみさま)」と呼称された。 映画『』では「浅井茶々」の呼称が使用された。 人物像 [ ]• 母の市は戦国一の美女と謳われたが、は長女である淀殿は持明院所蔵の肖像画を見る限り父親の浅井長政の面影を受け継いでいたといえ、美女とは思えないとしている。 京都で放浪していた従兄のを大坂城に招いて住まわせた。 末妹の督(江)がに再嫁する際に前夫・との間にできていたを引き取って育てた事も知られる。 後に完子を猶子として五摂家のに嫁がせるという、高度に政治的な婚姻を仕立て、その政治力を発揮している。 淀殿がの際に詠んだが三首残されている。 「はなもまた 君のためにとさきいでて 世にならひなき 春にあふらし」• 「あひをひの 松も桜も八千世へん 君かみゆきのけふをはしめに」• 「とてもないて 眺めにあかし深雪山 帰るさ惜しき 花の面影」 この時、従姉妹である松の丸殿 京極竜子 と杯の順番で争ったという事件が起こっている(『陳善録』)。 はこの事件は妾同士の対立というよりは、女性はいつまでも生家を背負っていたことを感得する出来事と分析している。 淀殿と大野治長とはであり、二人の密通が噂されていたという記録も残る(『萩藩閥閲録』九九の二)。 そのため、秀頼は秀吉の実子ではなく治長と淀殿の子であるとする説が、当時からささやかれていた。 による『』では、秀吉の遺命によって家康が淀殿を娶ろうとしたが、治長の子を身ごもっていた淀殿が拒否したため、家康が治長を流刑にし殺したとの、虚実を交えた風説の記録がある。 『川上久国雑記』によると、大坂の陣直前に、徳川と豊臣の何れが勝つがと問われたが、「秀頼は乳飲子なり、お袋(淀殿)専制なり」と答えたとされる。 当時の秀頼はゆうに青年であったが、豊臣家を淀殿が支配していたという認識があったことを伺わせる。 関連作品 [ ] 小説• 『淀どの日記』()• 『わが恋せし淀君』(、1958年、講談社)• 『もしかして時代劇』( 、1988年、早川書房、)• 『戦国姫 茶々の物語』 2016年、集英社みらい文庫 楽曲• 『追想歌』(作詞:、作曲:) 映画• (・ )• (・大映 演:)• (・ 演:)• (・ 演:)• (1962年・ 演:沢村貞子)• (・大映 演:)• (1963年・東映 演:)• (・東映 )• (・東映 )• (1989年・松竹 演:)• (・東宝 演:)• (・、演:)• (・、演:)• (2016年・松竹 演:)• (2017年・東宝 演:和田奈々) TVドラマ• (・ 月丘夢路)• (・ 演・)• (1965年・ 演:)• (・テレビ朝日 演:)• (・ 演:)• (1966年・ 演:)• (・日本テレビ 演:山田五十鈴)• お吟さま(・テレビ朝日 演:)• (・ 演:)• (1969年・「」 演:)• (・NHK大河ドラマ 演:)• (・ 演:)• (・テレビ朝日 演:)• (1973年・NHK大河ドラマ 演:)• (1978年・NHK大河ドラマ 演:)• (・日本テレビ 演:)• (・NHK大河ドラマ 演:)• (1981年・TBS 演:三田佳子)• (1981年・ 演:藤間紫)• (1982・フジテレビ 演:)• (1982年・フジテレビ 演:・岩下志麻)• (・関西テレビ 演:小山明子)• (1983年・ 演・岩下志麻)• (1983年・NHK大河ドラマ 演:)• (1985年・NHK 演:)• (・、演:)• (1987年・日本テレビ 演:)• (・TBS 演:池上季実子)• (1988年・日本テレビ 演:)• (第2部)(1988年・日本テレビ 演:)• (・ 演:・)• (1989年・テレビ東京 演:)• (1989年・日本テレビ 演:)• (・TBS 演:)• (1993年・テレビ東京 演:)• ((1993年・テレビ朝日 演:)• (・TBS 演:)• (1995年・テレビ東京 演:)• (・NHK大河ドラマ 演:)• の功名が辻(・テレビ朝日 演:)• (・テレビ東京 演:)• (1998年・テレビ朝日 演:)• (・NHK 演:)• (1999年・関西テレビ 演:)• (・NHK大河ドラマ 演:)• (・NHK大河ドラマ 演:)• (・NHK大河ドラマ 演:若尾文子)• (・ 演:)• (2006年・日本テレビ 演:秋吉久美子)• (・テレビ朝日 演:)• (・ 演:)• (2009年・テレビ東京 演:)• (・NHK大河ドラマ 演:)• (・テレビ東京 演:)• (2014年・NHK大河ドラマ 演:)• (・NHK大河ドラマ 演:)• (2016年・テレビ東京 演:) 舞台• 作: (演:ほか)• 「淀どの日記」 (演:山田五十鈴)• 芸能生活40周年記念公演「春秋 千姫絵巻」(演:淡島千景)• (演:)• (演:)• (演:) 漫画• 『華の姫 茶々ものがたり』(・)• 『』()• 『』() 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• 生年については、浅井家の記録である『浅井三代記』に茶々の誕生に関する記述が全くないため、長らく10年()と推測されてきたが、近年では永禄12年()誕生説が有力になっている。 また、永禄9年()生まれの説もある。 江戸時代に書かれた『翁草』に、茶々が慶長20年()の大坂の夏の陣で死亡した時49歳だったと記され、母の市が長政に嫁いだのが永禄10年(1567年)頃とされているため、市の連れ子で長政以前に嫁いだ時に産まれたという説がある。 また市を信長の妹ではなく従妹とする資料もあるため、茶々は信長と市の娘とする説もある。 また、淀殿の兄と言われるが市の子であるかどうか明記した史料はない。 ただしいずれも十分な史的考察に裏付けられている訳ではない。 この時代の史料で、淀殿を側室または愛妾などと記述するものは存在せず、秀吉没後、正室と共に「両御台所」と記した史料(『佐竹古文書』一四五)が存在する• 『』によると、永禄10年(1567年)以前は信長と長政は面識が全くなかったとある。 これが茶々の永禄9年(1566年)生まれの説の基となっている。 また浅井家の菩提寺である徳勝寺には、三姉妹の内、淀殿の位牌のみない。 妹の江との間の娘。 秀吉の直接的な庇護を受ける前、三姉妹は前田家のに保護されていたとも、長政の長姉・(阿久姫)により北近江の実宰院で保護されていたともいう。 実宰院に保護されたのは小谷落城後とも北庄落城後とも言われているが、昌庵尼は後に姉妹を保護した恩賞に秀吉から知行を賜っている。 現在残っている淀城の遺構は江戸時代に再建された淀城跡である。 当時の武家社会に於いて現当主の生母は優遇されるためである、また通説では秀吉の正室・高台院とは確執があったと言われるが、近年の研究によって豊臣家存続という共通の目的のもと助け合っていたとされる。 詳細はの項目を参照。 上毛史談会の調査によると前橋市の近くに淀君神社と称し淀殿を祀った神社があるという• 『御当家紀年録 訳注日本史料』(編、、、成立は)に「長政女、号淀」(長政の女(=娘)、淀と号す)との割注があり、江戸前期の記録「御当家紀年録」に、呼び名が「淀」であったとの認識が示されている。 片桐且元の子とする説もある [ ]。 治長は家康暗殺謀議の嫌疑で関東に流されたが、殺されてはいない。 出典 [ ] []• , pp. 5-6, 165-166. , p. , pp. 66-74. , pp. 74-75. , pp. 112-115. , pp. 120-121. , p. [ ]• , pp. 34-35. , pp. 51-52. , pp. 184-186. , pp. 55-56. , p. , p. 『浅井系統一覧』による。 , pp. 45-46. 「虚構の系譜」『歴史と人物』11巻3号、1981年。 , p. , p. , pp. 1-24. , pp. 9-11. , pp. 171-173. , p. 103. , p. 102. , pp. 103-107. , pp. 114-115. 栗田元次『江戸時代史』 [ ] 参考文献 [ ] 研究書• 『淀君』 吉川弘文館、1958年。 桑田忠親 『桃山時代の女性』 吉川弘文館、1972年。 『戦国三姉妹物語』 角川書店、1997年。 『淀殿 - われ太閤の妻となりて』 ミネルヴァ書房〈ミネルヴァ日本選評伝〉、2006年。 『誰も知らなかった江』 毎日コミュニケーションズ、2010年。 『関ヶ原合戦と近世の国制』 思文閣出版、2000年。 「「大阪冬・夏の陣」に収斂する淀殿の役割」『京都橘女子大学女性歴史文化研究所紀要』11号、2003年。 跡部信「高台院と豊臣家」『大阪城天守閣紀要』34号、2006年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

茶茶の間

茶々 茶

茶々茶さんのゲームプレイ 茶々茶さんが主にプレイしているゲームはモンスターハンターシリーズです。 と言うより、ほとんどそれしかやっていません。 多くの配信者が主軸となるゲームを持ちつつも他の注目タイトルが発売されるとその配信も行うなかで、茶々茶さんはほぼモンスターハンターシリーズの配信しかしていません。 アイスボーン(以下MHWI)の前作となる「モンスターハンターワールド(以下MHW)」と時もアイスボーンが発売されるまでずっとワールドを配信されていました。 【MHWI】マスターランクマムタロトが簡単に赤熱化する方法とコツ!武器の重ね着の注意点【モンハンワールド:アイスボーン】 これだけ一つのタイトルに特化して配信するゲーム実況者YouTuberは他に類を見ないのではないかと思われます。 もちろんゲームプレイスキルは高く、モンスターハンターシリーズは数ある武器種の中から自分の得意な武器を使い込む配信者さんが多いですが、茶々茶さんは定期的に武器種を変えてそれを極めていきます。 また、MHWはPS4でリリースされた後PC版がリリースされましたが、PS4でやり込んだにも関わらずPC版も購入し1からプレイしています。 (双方のハードで画質・フレームレートなどの違いはあるものの、ゲーム内容は同一で、各ハード専用要素もありません) 茶々茶さんの特筆すべき点は、これだけ一つのタイトルを長期間にわたり配信しているにも関わらず、まったくそのゲームに飽きておらず、惰性ではプレイしていない点です。 いつ配信を見てもとても楽しそうにプレイしているのでどの動画も安心して見ることができます。 【MHWI】必見!満開の宴でやるべき事はコレ!新たに追加・復帰する重要な期間限定イベントクエスト全種まとめ【モンハンワールド:アイスボーン】 モンスターハンターシリーズは定期的にアップデートがあり新規モンスターの追加やイベントの追加があるため比較的寿命の長いタイトルではありますが、 どの時点から始めるユーザーさんにとっても茶々茶さんのような配信スタイルは好ましいのではないでしょうか。 配信する動画に関しても飽きがこないように作られており、新しい装備構成(モンスターハンターシリーズは装備によって発動するスキルが異なり、各部位の装備の組み合わせで様々なスキル構成を考えるのが楽しみの一つです)を考案されています。 茶々茶さんのその他の動画 茶々茶さんのモンスターハンター愛を感じられる動画としては、プレイ動画以外にフィギュア紹介動画もあります。 基本的にくじが発売されると全種類を買い占め、(全種パックを買うと確定で全種類のフィギュアが入っている)フィギュアの感想を述べつつ紹介してくれます。 また、その他のモンハンコラボ商品も紹介してくれています。 他の動画としては、配信環境紹介があります。 茶々茶さんはかなり環境にこだわりっているようで、わざわざ防音室を備える物件に住み、各種選りすぐりの機材を配置しています。 (ただし、初心者向けというよりプロ配信者向けだと思われますが) こだわりの機材と茶々茶さんご自身のよく通る高めの声が相まって、ゲーム配信では非常に聞きやすく、楽しく、テンションの上がる動画を見ることができます。 茶々茶さんのTwitter(ツイッター) 茶々茶さんは、フォロワー6万人を超えるツイッターアカウントを運用しています。 固定ツイートでは、防音室など配信部屋の詳細を公開している動画をツイートしています。 特定のゲームで自分をブランディングしているクリエイターは少なくありませんが、モンハンなどのビッグタイトルで人気になれれば多くのファンを獲得できますね。 他にもゲーム実況者で人気のクリエイターとして、ざんげちゃんなども紹介させていただいておりますので参考までにご覧くださいませ。

次の