なんjやきう関係。 [B! ホームページ] なんJやきう関係ない部@おんJ部

[B! ホームページ] なんJやきう関係ない部@おんJ部

なんjやきう関係

概要 なんでも実況J(ジュピター)の発足はで、略語は なんでもと JからとったなんJである なんでも 実況の略ではない。 だが、「」とは名ばかりの閑散とした馴れ合い板として長らく存在していた。 そうした状況に目を付けたの住民()が、の規制強化を機に大挙して移住し、以降の実況を主体とするようになる。 一方で、野球というの性質から、オフシーズンにはいわゆる「クソスレ」の類も許容しがちであったため、従来の慣れ合い指向も存置された。 その緩い連帯感を気に入った一部の移民が野球chの規制解除後も定住を続け、そのまま「やきうのお兄ちゃんの場」として発展する事となった。 住民の多くが移民である事や、元々野球ファンも最低でも12球団に派閥が分かれている事も手伝って、2ちゃんねるでは珍しい「来る者拒まず・去る者追わず」というリベラルな風潮が生まれた事は特筆される。 しかし、その陰で野球に馴染めない原住民の存在が闇の中へと葬られていった事もまた事実である。 頃になると、とある野球選手のスキャンダルに端を発する事から板内で準公用語のように扱われていた「」が全体のブームとなり、「」のような形で「やきうのお兄ちゃん」以外の流入が急増する。 外部の「ノリ」が持ち込まれた事によってリベラルさは「」に変質してゆき、野球の話題さえ否定する者が出てくる中で内外に多数の紛争を抱えるようになった。 いわゆる「」の数も劇的に増え、特に「」はあらゆる所に出没する事から古参の利用者もその全容の把握は不可能となり、往年のVIP板を思わせる「なんでもあり」な状況となっている。 むしろ、野球という紐帯が失われつつある現在では以上に制御のしようが無い集団になっているとも言われており、集合離散を繰り返しながら時にの扇動や予告、等の活動を引き起こしている。 2ch全体で最大の人数を誇り、近年最も勢い付いている新たなネット文化の中心になったと言えよう。 なお、野球chが規制に至った主な原因は、上記淫夢ネタの蔓延と、別の選手の移籍問題に対する激しい誹謗中傷であった。 古い移民も決して全員が清廉潔白なわけではないのである。 というより、主に日ハムスレを中心とした古参の淫夢厨が暴れ回ったことで「なんJ語」の幾つかの源流が生まれ、ホモガキが誘致される結果となってしまっている。 pixivにおいては、なんJそのものを描いた作品が投稿されている他、野球関連のの多くに影響が見られる。 上記のような状況であるため、板とも野球とも関係の無いイラストに唐突にネタが挟まる事も多く、そうした場合は大抵タグ付けはなされていない。 pixivに限った事でもないが、作者に住民としての意識があるかどうかから怪しい場合も多々あり、「仲間」と思って話を振ってもその後が続かないという可能性は十分に考えられる。 とぼけているのではなく、本当に知らないのである。 なお、のなんでも実況J(ジュピター)板は「おんJ」と呼ばれ、文化も上記に準じるが掲示板のシステムの違いからの差も見られる。 ネタにされやすい人物・作品 野球ネタ• 漫画・映像作品(アニメ・ドラマ等)• 照ワ恋聴 その他• 主ななんJ発祥の用語• その他の用語はの記事も参照 語感的になんJ用語っぽいが実は他所発祥の言葉 () (のバナー広告) 関連タグ 外部リンク -なんJ発祥の言葉やよく使われる言葉が野球ネタを中心にまとめられている。 ただし、や過激な言葉、特定の人物・団体を煽る言葉が多いので注意されたし。 関連記事 親記事.

次の

なんJやきう関係ない部

なんjやきう関係

天正四四八年 文月弐拾壱日 戸田より報告である。 素荒守大兄、盛られた毒の回復芳しくない。 此れに将高津は曇り顔である。 守護を任せるべき先鋒が居ないのだ。 阿呆鱈山田は見事爆発四散し、薙刀使い山中の調子も上がらぬ。 どうしたものか。 声が掛かる。 私が行きます。 将高津、顔を見上げる。 金剛原の姿が其処には有った。 ならぬ。 体を休めよ。 言葉に原、頭を振る。 私には暇が無いのだ。 不承不承ではあるが、将は言葉に頷く他無かった。 無理だけはするなと一言。 増築された北条の城下にて、金剛は覚悟を決めていた。 だが現実は甘くはなかった。 第一戦線、早々に韋駄天梶谷に砲撃を食らうと、息吐く暇も無く袈裟斬り。 矢張り駄目ではないか。 違うのだ。 私は護れるから来た。 故に此の失態にて挫けはしない。 第五戦線迄一直線、男は駆け抜けた。 未だ力が足りぬ。 呟く原であったが、駆けつけた信徒からは惜しみない賞賛が浴びせられた。 タグ :.

次の

なんJ (なんじぇい)とは【ピクシブ百科事典】

なんjやきう関係

概要 なんでも実況J(ジュピター)の発足はで、略語は なんでもと JからとったなんJである なんでも 実況の略ではない。 だが、「」とは名ばかりの閑散とした馴れ合い板として長らく存在していた。 そうした状況に目を付けたの住民()が、の規制強化を機に大挙して移住し、以降の実況を主体とするようになる。 一方で、野球というの性質から、オフシーズンにはいわゆる「クソスレ」の類も許容しがちであったため、従来の慣れ合い指向も存置された。 その緩い連帯感を気に入った一部の移民が野球chの規制解除後も定住を続け、そのまま「やきうのお兄ちゃんの場」として発展する事となった。 住民の多くが移民である事や、元々野球ファンも最低でも12球団に派閥が分かれている事も手伝って、2ちゃんねるでは珍しい「来る者拒まず・去る者追わず」というリベラルな風潮が生まれた事は特筆される。 しかし、その陰で野球に馴染めない原住民の存在が闇の中へと葬られていった事もまた事実である。 頃になると、とある野球選手のスキャンダルに端を発する事から板内で準公用語のように扱われていた「」が全体のブームとなり、「」のような形で「やきうのお兄ちゃん」以外の流入が急増する。 外部の「ノリ」が持ち込まれた事によってリベラルさは「」に変質してゆき、野球の話題さえ否定する者が出てくる中で内外に多数の紛争を抱えるようになった。 いわゆる「」の数も劇的に増え、特に「」はあらゆる所に出没する事から古参の利用者もその全容の把握は不可能となり、往年のVIP板を思わせる「なんでもあり」な状況となっている。 むしろ、野球という紐帯が失われつつある現在では以上に制御のしようが無い集団になっているとも言われており、集合離散を繰り返しながら時にの扇動や予告、等の活動を引き起こしている。 2ch全体で最大の人数を誇り、近年最も勢い付いている新たなネット文化の中心になったと言えよう。 なお、野球chが規制に至った主な原因は、上記淫夢ネタの蔓延と、別の選手の移籍問題に対する激しい誹謗中傷であった。 古い移民も決して全員が清廉潔白なわけではないのである。 というより、主に日ハムスレを中心とした古参の淫夢厨が暴れ回ったことで「なんJ語」の幾つかの源流が生まれ、ホモガキが誘致される結果となってしまっている。 pixivにおいては、なんJそのものを描いた作品が投稿されている他、野球関連のの多くに影響が見られる。 上記のような状況であるため、板とも野球とも関係の無いイラストに唐突にネタが挟まる事も多く、そうした場合は大抵タグ付けはなされていない。 pixivに限った事でもないが、作者に住民としての意識があるかどうかから怪しい場合も多々あり、「仲間」と思って話を振ってもその後が続かないという可能性は十分に考えられる。 とぼけているのではなく、本当に知らないのである。 なお、のなんでも実況J(ジュピター)板は「おんJ」と呼ばれ、文化も上記に準じるが掲示板のシステムの違いからの差も見られる。 ネタにされやすい人物・作品 野球ネタ• 漫画・映像作品(アニメ・ドラマ等)• 照ワ恋聴 その他• 主ななんJ発祥の用語• その他の用語はの記事も参照 語感的になんJ用語っぽいが実は他所発祥の言葉 () (のバナー広告) 関連タグ 外部リンク -なんJ発祥の言葉やよく使われる言葉が野球ネタを中心にまとめられている。 ただし、や過激な言葉、特定の人物・団体を煽る言葉が多いので注意されたし。 関連記事 親記事.

次の