チューバ 低い音の出し方。 初心者必見!フルートの上手な吹き方と上達する練習方法

低音域を制す者はチューバを制す! LowB♭より低い音を鳴らす方法

チューバ 低い音の出し方

スポンサードリンク チューバの吹き方のコツ! チューバの吹き方のコツとして、まず、チューバ初心者の方に伝えたいことがあります。 それは、 チューバという役割を知るということです。 チューバは「縁の下の力持ち」。 みんなをそっと、だけど力強く守ってあげるお父さんみたいなパートです。 例えば、ドミソの和音を「みそ汁」にすると• ソ…お湯• ミ…味噌• ド…お椀 になります。 このとき、 チューバは「お椀」です。 和音のベースになる音は「根音」といいます。 お椀がないと、そもそもみそ汁を入れることができませんよね。 そのくらい、和音の土台となる音を担当していることを意識してみましょう。 具体的な奏法やコツではありませんが、 このイメージを持つことで、自分の意識も音もかなり変わります。 ただ楽譜に書いてある音符を追うだけのときと全然違いますよ! 音が太くなる、安定感が生まれるなどの変化がみられると思います。 それでは、このイメージを常に持ちつつ、具体的な練習をしていきましょう!• 1オクターブ上まできたら、今度は下がる。 これで1セットです。 慣れない方は、片道だけでもOKです。 音の吹き始めから終わりまで 音色が変わらないようにする。 音の途中だけではなく、音の出だし、音の終わりをきれいに吹くのがコツです。 メトロノームのタイミングに合わせて音を出す チューバは管が長いので、息を送ってから音が出るまでに時間の差が生まれます。 そのため、気持ち早めに息を送ってあげましょう。 できるだけリラックス して吹く 体が硬くなると、息を吸う量がだんだん少なくなってしまいます。 2拍休んでアンブシュア(唇の形)を整えてから、2拍かけて、お腹の底から息をたっぷり吸うようなイメージで吹いてください。 たまに知ってる曲で遊ぶ ずーっとロングトーンばかりしてても飽きてしまいますよね。 そんなときは、息抜きも兼ねて、知ってる曲のフレーズを吹いてみましょう! いろいろな音階のロングトーンを練習していれば、指も自然と動きやすくなると思います。 知ってる曲が耳コピできる!という感動ったら。 どれだけ下手でも吹けると楽しい! チューバパートのメンバーや他の楽器と合わせてみてもおもしろいですよ! リップスラー リップスラーとは、同じポジション(指の位置)で異なる音を吹く練習です。 「リップスラーを制する者は金管楽器を制する」くらい大切な練習です。 タンギングしないでなめらかに吹く 舌で音を止めることなく、違う音に移る奏法がリップスラー。 音と音の間をなるべく自然に、なめらかに移動できるように心がけましょう。 息のスピードと量をコントロールする 同じポジションでも 低い音と高い音では、アンブシュアや息の入れ方が違います。 音の高さによって使い分けることが上手くいくコツです。 (このあと、改めてご紹介します。 ) 低音、高音をきれいに出すコツ チューバでも、曲によっては楽譜からはみ出しまくった低音、高音が登場します。 それらの音をきれいに出すにはどうしたら良いのでしょうか? 息の入れ方を意識する まずは、息の入れ方を工夫してみましょう。 低音は喉の奥を開き、温かくて太い息を入れる。 高音はアンブシュアを平らに閉じて、口角を閉め、低音よりもスピードをつける。 イメージですが、あえて差をつけて吹き分けると、違いが分かりやすいと思います。 極限突破する なんのことか意味不明かもしれませんが、 自分が持つ「音域を超える」ということです。 今まで出したことない低い音、高い音を吹いてみましょう。 基準の音を決めて、そこから1音または半音ずつ下がって(または上がって)いきます。 その際、ちゃんとした音にならなくても構いません。 なんとなく「この音だな…」とふんわりつかめるくらいでOKです。 その音に慣れてきたら、音程や音質を極めていきましょう。 低音も高音も「この音が出せた!じゃあ次は半音低い音…!」と、少しずつじわじわと広げていくのです。 音域が広がると、その音域内の音が安定するようになります。 可動域が広がることで、 その音が確実に自分のものになるということです! (これ、カラオケでも使えますよ。 ) Advertisement 関連する記事• 吹奏楽でドラムセット叩く人ってハッキリ言って上手じゃないです。 そもそも練習量が足りないと思うんです! とは言え、学校でドラムセットばかり練習してたら[…]• 肺活量をアップしたい!鍛えたい!というのは、吹奏楽部で楽器を始めたばかりの人に多い悩みですね。 ロングトーンが全然続かなくて、先輩に「肺活量鍛えなさい[…]• 吹奏楽の楽曲の中でも、色々な場面で目立つ高音に憧れてトランペットをはじめた、という人も多いのではないでしょうか。 今回はトランペットで高い音を吹くコツ[…]• 「指揮者の先生がいなくて、合奏の指導を任されたけど、どうしたらいいの?」という部長さんや 「はじめて吹奏楽の顧問に就任したけど、どうやって指導したら良[…].

次の

マウスピースを使った練習

チューバ 低い音の出し方

この練習はとてもシンプルで簡単です。 誰にでもできる事です。 しかし、楽器を演奏する上で非常に役に立ちます。 残念な事に練習をして行くうちに、このシンプルな事を忘れがちになってしまいます。 まず、息をマウスピースに入れたり出したりします。 youtube. それにマウスピースが連動したものです。 僕はウォームアップの一番最初に最低5〜10分はやっています。 また時間があるとき、ちょっとでも調子が崩れそうな時、ハードな演奏が続いて筋肉や体をリラックスさせたい時など、一日中ゆっくりしています。 テレビなどを見ながらリラックスしてやるのも効果的です。 「テレビ見ながら!?」なんてと思うでしょうが、他の事に目がいっても体が勝手に反応するのが目的です。 リラックスして自然にマウスピースで呼吸できるようになるのが大切です。 この状態で、あとは唇が振動するだけなのです。 声帯が唇に移動しただけの事です。 ポイントは・・・• リラックスする=必要な筋肉を必要なだけ使う• マウスピースを持ってもリラックスして自然にできるようにするのが目的の一つです。 アンブシュアは作って息を吐く。 ただ息を入れるだけではなく、楽器に連動させるのが目的です。 楽器を吹くつもりでアンブシュアをつくってください。 吸う時もアンブシュアは崩さない。 吸う時にアンブシュアを変えてしまうと、吐く時にアンブシュアを作らなくてはなりません。 その時時間のロスができてしまいます。 そのロスが音の外しや、アタックミスに繋がってしまうのです。 無駄な動きは排除しましょう。 吸う時はマウスピースから吸う。 この練習の時だけはマウスピースから吸って下さい。 人間の体は吸う時と吐く時が同じ時が一番ストレスがかからず、リラックスした状態になりやすいのです。 試しに「息を早く吸ってゆっくり吐く」「息をゆっくり吸って早く吐く」実験をして下さい。 以外に難しいと思います。 吸う、吐くスピードを同じになるのが自然な体の使い方です。 にも通じます。 実際に楽器を吹く時はマウスピースから吸ってはいけません。 理由はベルから息を吸う音が大きく聞こえてしまうのと、マウスピースからだけだと吸える量が少なすぎるからです。 僕の演奏「」を参考に見て聴いてください。 この録音はマイクがとても近くにあるので息を吸う音がよく聞こえますが、ホールに行くとほとんど聴こえなくなります。 また吸う時の口元を見ると、口の上下の部分はマウスピースについたままで、両端を開けて吸っています。 フルブレスを忘れずに!• 楽器を演奏する時、最初のブレスはいつもです。 曲の最初や、一拍以上の休符の後に演奏する時はフルブレスですね。 フレーズの途中で息が足りなくなる事もよくある事ですが、その場合にフルブレスをしてしまうとフレーズが切れてしまうので、ちょっとだけのブレスにします。 マウスピースを使ったバズイング 最初に確認しておきます。 私がこのサイトでバズイングと言った場合、全部マウスピースを使ったバズイングを指します。 唇だけで音を出す事もバズイングと言いますが、混乱をさけるため、その場合は「唇だけでのバズイング」と表現します。 マウスピースを使ったバズイングはとても重要な練習です。 金管楽器全てに当てはまります。 例えば楽器でFの音を出した時、バスイングでも同じFの音が鳴っています。 しかし時々、音がうわずったり、ぶら下がったり、外れる時がよくありますよね。 その時はバズイングが違った音が鳴っているのです。 バズが高めのF音ならうわずるし、低めならぶらさがります。 Fの音を出したければバズイングでもFの音が鳴るべきなのです。 昔はバズイングと実際に楽器を吹くときはアンブシュアの形が変わると言われたときがありましたが、奏法研究が進んだ現在はバズイングも楽器を吹くときも同じです。 基本的な考え方が自然であると言う事なのですね。 バズイングの音程を確認し分かりやすくする為に、マウスピースだけでバズイングをするのです。 息を入れながら唇の振動するところ(アパチュア)を意識します。 最初は息だけがスーッと出てますが、だんだん自然に唇が振動してきます。 慣れないとなかなか難しいですが、アパチュアの部分に息が通る事を強く感じ意識すると少しずつ振動してきます。 振動したらそのまま何度も音を出します。 音域は特に指定しません。 自分で一番楽に出せる音にして下さい。 この練習は力を抜いて楽器を吹けるようにする為の練習も兼ねています。 youtube. 正しい音程は頭の中にしっかりと音程が鳴っているかどうかからスタートするのです。 次にその頭の音程がバズイングで出せるかどうかですね。 それができたら楽器にマウスピースをつけ、スライドがその音の位置に行けば良いだけなのです。 スライドの練習はまた後で解説します。 頭の中の音程とバズイングの音程を一致させる練習です。 最初は簡単な音形からスタートします。 今後いろいろな音楽を演奏すると思いますが、全てはこの練習が基本となっています。 声の善し悪しは関係ありません。 恥ずかしがらずにね。 youtube. ポイントはすべてグリッサンドで、タンギングは最初だけつくだけです。 これはタンギングの勢いで音を出さないようにして、純粋にバズイングで音程を取れるようにするためです。 息が続かなかったらフレーズを短くしても構いません。 大切なのはバズで音程を取る事です。 楽譜はここからできます。 youtube. マウスピースでできた事を、楽器でもできるように繋げていきます。 最初は簡単な事からです。 息を入れるだけですが、マウスピースでやった事と同じようにできるようにしましょう。 何となく難しいと感じたら楽器の持ちかたに問題がある事が多いです。 楽器の持ち方は後日加筆しますね。 シンプルな事ですが 以外にはまっていない事が多いのです。。。 youtube.

次の

これで解決!フルート初心者の悩み(高音の出し方

チューバ 低い音の出し方

この練習はとてもシンプルで簡単です。 誰にでもできる事です。 しかし、楽器を演奏する上で非常に役に立ちます。 残念な事に練習をして行くうちに、このシンプルな事を忘れがちになってしまいます。 まず、息をマウスピースに入れたり出したりします。 youtube. それにマウスピースが連動したものです。 僕はウォームアップの一番最初に最低5〜10分はやっています。 また時間があるとき、ちょっとでも調子が崩れそうな時、ハードな演奏が続いて筋肉や体をリラックスさせたい時など、一日中ゆっくりしています。 テレビなどを見ながらリラックスしてやるのも効果的です。 「テレビ見ながら!?」なんてと思うでしょうが、他の事に目がいっても体が勝手に反応するのが目的です。 リラックスして自然にマウスピースで呼吸できるようになるのが大切です。 この状態で、あとは唇が振動するだけなのです。 声帯が唇に移動しただけの事です。 ポイントは・・・• リラックスする=必要な筋肉を必要なだけ使う• マウスピースを持ってもリラックスして自然にできるようにするのが目的の一つです。 アンブシュアは作って息を吐く。 ただ息を入れるだけではなく、楽器に連動させるのが目的です。 楽器を吹くつもりでアンブシュアをつくってください。 吸う時もアンブシュアは崩さない。 吸う時にアンブシュアを変えてしまうと、吐く時にアンブシュアを作らなくてはなりません。 その時時間のロスができてしまいます。 そのロスが音の外しや、アタックミスに繋がってしまうのです。 無駄な動きは排除しましょう。 吸う時はマウスピースから吸う。 この練習の時だけはマウスピースから吸って下さい。 人間の体は吸う時と吐く時が同じ時が一番ストレスがかからず、リラックスした状態になりやすいのです。 試しに「息を早く吸ってゆっくり吐く」「息をゆっくり吸って早く吐く」実験をして下さい。 以外に難しいと思います。 吸う、吐くスピードを同じになるのが自然な体の使い方です。 にも通じます。 実際に楽器を吹く時はマウスピースから吸ってはいけません。 理由はベルから息を吸う音が大きく聞こえてしまうのと、マウスピースからだけだと吸える量が少なすぎるからです。 僕の演奏「」を参考に見て聴いてください。 この録音はマイクがとても近くにあるので息を吸う音がよく聞こえますが、ホールに行くとほとんど聴こえなくなります。 また吸う時の口元を見ると、口の上下の部分はマウスピースについたままで、両端を開けて吸っています。 フルブレスを忘れずに!• 楽器を演奏する時、最初のブレスはいつもです。 曲の最初や、一拍以上の休符の後に演奏する時はフルブレスですね。 フレーズの途中で息が足りなくなる事もよくある事ですが、その場合にフルブレスをしてしまうとフレーズが切れてしまうので、ちょっとだけのブレスにします。 マウスピースを使ったバズイング 最初に確認しておきます。 私がこのサイトでバズイングと言った場合、全部マウスピースを使ったバズイングを指します。 唇だけで音を出す事もバズイングと言いますが、混乱をさけるため、その場合は「唇だけでのバズイング」と表現します。 マウスピースを使ったバズイングはとても重要な練習です。 金管楽器全てに当てはまります。 例えば楽器でFの音を出した時、バスイングでも同じFの音が鳴っています。 しかし時々、音がうわずったり、ぶら下がったり、外れる時がよくありますよね。 その時はバズイングが違った音が鳴っているのです。 バズが高めのF音ならうわずるし、低めならぶらさがります。 Fの音を出したければバズイングでもFの音が鳴るべきなのです。 昔はバズイングと実際に楽器を吹くときはアンブシュアの形が変わると言われたときがありましたが、奏法研究が進んだ現在はバズイングも楽器を吹くときも同じです。 基本的な考え方が自然であると言う事なのですね。 バズイングの音程を確認し分かりやすくする為に、マウスピースだけでバズイングをするのです。 息を入れながら唇の振動するところ(アパチュア)を意識します。 最初は息だけがスーッと出てますが、だんだん自然に唇が振動してきます。 慣れないとなかなか難しいですが、アパチュアの部分に息が通る事を強く感じ意識すると少しずつ振動してきます。 振動したらそのまま何度も音を出します。 音域は特に指定しません。 自分で一番楽に出せる音にして下さい。 この練習は力を抜いて楽器を吹けるようにする為の練習も兼ねています。 youtube. 正しい音程は頭の中にしっかりと音程が鳴っているかどうかからスタートするのです。 次にその頭の音程がバズイングで出せるかどうかですね。 それができたら楽器にマウスピースをつけ、スライドがその音の位置に行けば良いだけなのです。 スライドの練習はまた後で解説します。 頭の中の音程とバズイングの音程を一致させる練習です。 最初は簡単な音形からスタートします。 今後いろいろな音楽を演奏すると思いますが、全てはこの練習が基本となっています。 声の善し悪しは関係ありません。 恥ずかしがらずにね。 youtube. ポイントはすべてグリッサンドで、タンギングは最初だけつくだけです。 これはタンギングの勢いで音を出さないようにして、純粋にバズイングで音程を取れるようにするためです。 息が続かなかったらフレーズを短くしても構いません。 大切なのはバズで音程を取る事です。 楽譜はここからできます。 youtube. マウスピースでできた事を、楽器でもできるように繋げていきます。 最初は簡単な事からです。 息を入れるだけですが、マウスピースでやった事と同じようにできるようにしましょう。 何となく難しいと感じたら楽器の持ちかたに問題がある事が多いです。 楽器の持ち方は後日加筆しますね。 シンプルな事ですが 以外にはまっていない事が多いのです。。。 youtube.

次の