じ ごく で ら ぐれん まる 山田。 地獄寺紅蓮丸/じごくでらぐれんまるの最新動画|YouTubeランキング

地獄寺紅蓮丸の職業や大学、本名についても調査!潮ラーメンがやばい!

じ ごく で ら ぐれん まる 山田

席は教壇から見て最後列、窓際から二番目。 昨日のLHRで席替えしたばかりの新しい場所だ。 後ろの人を気にしなくていいしロッカーも近いし、くじ運は良かったと言えるだろう。 しかし、その俺の席には先客がいた。 隣の椅子とくっつけられて、俺の左隣の席の女子が寝転んでいる。 それだけじゃなく、その女子は俺の右隣の席の女子のふとももに頭を乗せていた。 膝枕だ。 つまり、三つの椅子を寄せてベッド代わりにして、右端の席の主に膝枕をしてもらいながら寝転んでいる女子がいた。 染めているのではないらしい奇麗な亜麻色の長髪、愛嬌をたたえつつ整った顔立ち。 体型がスレンダーなせいか、制服が人形の服のようにだぶついて見える。 そんな山田さんは横寝になって心地よさそうに目を閉じ、安らかな寝息まで立てている。 なぜか裸足で、呼吸に合わせて足指が緩やかに閉じたり開いたりしていた。 傍から見れば微笑ましいのかもしれないが、俺には途方に暮れる状況だった。 他人の席を勝手に使っている山田さんが悪いのは間違いないのに、しかし、こう幸せそうに眠っている女の子を起こすのには、なんだかむやみに勇気が要る。 俺はロッカーのバッグから取り出した弁当箱を持ったまま立ちつくした。 しかし幸いにして、彼女の枕になっている女子が、俺が困っていることにすぐ気付いてくれた。 読んでいた本から顔を上げ、 「あ、ごめんなさい……」 律儀に俺へ謝ってから、膝に乗せた山田さんの頭を両手でつかんで揺さぶる。 ハンドボールでフェイントをかける時のような、乱暴なシェイクだ。 ちょっと驚いたが、彼女らの関係ならそんな粗雑な扱いもおかしくはない。 「起きて雨。 戸村くん帰ってきたよ」 むゅ……と唇を歪めて、夢現の水面で息継ぎしている山田さん。 それを起こしている彼女もまた、山田さんだった。 双子の妹の山田 雪 ( ゆき ) 音 ( ね )だ。 顔立ちは当然よく似ている。 もっとも、こちらの髪は耳が垂れたタイプの犬を思わせるショートカットで、ちょっと見にも見分けが付かないということはない。 特に今は眼鏡をかけているせいもあって、寝ぼけた顔をふにゃふにゃさせている姉より格段に知的に見えた。 そうしてふにゃふにゃした顔のまま、ようやく姉が目を覚ます。 膝枕に頭を乗せたままぼーっと妹の顔を見上げ、それからその妹に目顔で示されて俺に気付いたようだった。 「あぁ……となりの」 寝起きのけぶったような目付きで見上げられ、不覚にもどきりとする。 その直後に小さくよだれをすする音がしなければ、うっかりときめいていたかもしれない。 「そうだよ、隣の席の戸村くんだよ。 早くどいてあげて」 妹は容赦なく姉のおでこをぴしゃりと叩いたが、姉はなかなか腰を上げない。 「いやぁ、ごめんねぇ……昼休みになるなり出てって、なかなか帰ってこないから、他ン 教 ( と ) 室 ( こ )で友達と食べてるのかと思って」 ……自慢ではないが、他の教室どころかクラスにもまだまともな友人はいない。 「うん……これから食べるから、席、空けてくれるかな」 そろそろ食べ始めないと午後の授業が始まってしまう。 俺も遠慮なく退去を求めた。 「そっか。 ふぁ……ごめんごめん……」 山田雨恵はあくび混じりに言って、寝たままんーっ……と伸びをする。 真っ直ぐ伸ばされた素足の先で、びっくりするほど小さな爪が真珠に似た光沢をしていた。 「雪のふとももがあんまり気持ちよかったもんでね……」 その 雪音 ( いもうと )の膝に手を当ててうっそりと体を起こす 雨恵 ( あね )。 思わず雪音の脚に目をやりそうになって、なんとか自制する。 姉の言葉通り、妹は痩せ形の姉とは対照的にふわふわと柔らかそうに発育している。 顔は似ているが性格は真逆。 それが1年B組の山田姉妹だ。 髪の長さで判別が容易だとはいえ、同じクラスにいるだけでもややこしいのに、男子一人をはさんで直近の席になってしまっている。 そして、この仲が良いのか悪いのかよく判らない姉妹に挟まれているのが俺、戸村和だった。 姉が妹に今日の弁当の中身を尋ねたり、妹が姉のだらしない授業態度をしかったり、俺を頭越しにした会話が一日中続いて非常に据わりが悪い。 地理の先生は中年の男性なのだが、頭頂部のあたりの毛が少しばかりこんもりしている。 そして、板書に熱が入ったりするといささか不自然に揺れた。 もう子供じゃないのでクラスのほとんどは見て見ぬ振りをしたのだが、ごく一部のはしゃぎがちな女子が笑いをこらえきれていないのが目に入った。 最後列なので無駄に視界がいいのだ。 なんとなく不安になって、俺は左隣の山田雨恵を見やった。 いつも軽薄そうに微笑んでいる彼女も、先生の髪を笑っているのではないかと思ったのだ。 ところが、案に反して山田さんはむしろ真面目な顔をしていた。 初めて見る真剣な眼差しで先生と黒板を見つめていた。 ひょっとして、遊んでそうな見た目と違って授業はちゃんと受けるタイプなのだろうか。 だとしたら失礼な誤解をしたと反省しかけた、その時。 「ハゲワシってさ」 一応、小声だったが、はっきりと聞こえる声で彼女はつぶやいた。 「ハゲワシって、ハゲてるけどさ。 なんでみんなハゲてるんだろう?」 「ぇっ……?」 と、意味が解らず呆気にとられていると、彼女もこちらを振り向いた。 目が合う。 山田さんはきょとんとまばたきしてから、にっこり笑って、それから顔を前に倒した。 視線を俺から、俺の向こうにいる妹へと飛ばしたのだ。 「ねー、雪。 ハゲワシってなんでみんなハゲなのかな? 人間はハゲてる人とハゲてない人がいるのにさ。 不思議だよね」 これも小声だった。 席が後ろの方だということもあって、先生には聞こえた風もない。 しかし、彼女の双子の妹には聞き取れたようだった。 「……授業中に変なこと訊かないでよ」 山田雪音は、眼鏡の位置を据え直しながら押し殺した声で姉に応えた。 俺がしかられているようでなんだか居心地が悪かった。 だが、それで終わりかと思いきや、山田妹の小声は長々と続いたのだ。 「……ハゲワシは、動物の死体にくちばしを突っ込んで腐った肉を食べるから、頭に毛があると雑菌がまとわりついて病気になりやすい。 だから薄毛の遺伝子ばかりが生き残って、みんなハゲてる……って説は聞いたことある」 「へー、そうか。 なるほどねっ」 妹の解説に対する姉の感嘆はちょっと大きな声になり、さすがに先生のじろりとした視線が飛んできた。 山田さんは後頭部に手を当てて、へへへ、と笑ってごまかした。 それで先生の目は黒板に戻ったのだが、こっちとしては生きた心地がしない。 私語の相手が俺だと思われる可能性が高かったし、実際、声こそ出さなかったが俺も同様にハゲワシの合理性に感心していたからだ。 ふと見ると、雪音の方も安堵の息を吐いているようだった。 そんな中で黙らなかったのは山田雨恵だ。 疑問が解けたからか、いつものへらへらした微笑が顔に戻っていた。 その屈託のない、柔らかな声音に耳を撫でられる感触は……まぁ、正直、悪くはなかった。 先生の身体的特徴を笑うような、陰湿な奴かもしれないというのも誤解だった。 ……だが、それはそれとして。 授業中でも気になったことがあれば平気で妹に話しかける落ち着きのない姉と、それをたしなめながらも、なんだかんだ答えられることなら答えてしまう博識な妹。 そんな二人にはさまれた俺は、目の前を飛び交う言葉のキャッチボールに、すっかり翻弄されてしまっていた。 こんな環境じゃ、一学期の成績は絶望的かもしれない。 琴ノ橋さんの依頼と並んで、目下の頭痛の種だった。 クラスの人数が奇数、かつ女子の方が一人多いせいで、山田妹より右にはそもそも机が存在しない。 それもまた教室最後列における双子の一体感を大きくして、俺に自身の異物感を覚えさせるのかもしれない。 そんな席でも、やっと座れる……と息を吐いて自席の背もたれに手をかけると、視線を感じた。 すぐ隣に座る、寝起きの山田雨恵からだ。 椅子の背にかけていた靴下を履き直しながら、なにか物問いたげにこちらを見ている。 椅子に腰を下ろしながら、「なにか……?」という意を込めて見返す。 彼女は、俺の動揺には気付かず訊いてきた。 「なぁんか、しんどそうな顔してるね。 体調悪い?」 ……傍目にも判るくらいに暗い顔をしてるのか。 一層落ち込んだが、まずは、 「いや、平気。 ありがとう」 心配してくれたことに礼を言う。 ちょっとした親切が心に染みて、朝から強張っていた頬が緩んだ気がする。 山田さんはそんな俺の顔を「ふ〜ん……」とぼんやりと眺めていたが、三度ほどまばたきした後、言ってきた。 「悩み事なら言ってごらんよ。 あたしでよければ聞くからさ」 「またそんな、無責任な……」 という、言い切らない声は背後から聞こえた。 つまり、姉の逆側に座る妹だ。 ちらりと見ると、山田雪音は外した眼鏡をケースにしまって水筒を用意していた。 俺が答えられないでいる内に、姉は気にせず続けてくる。 「もしかして、朝、マリーたちに捕まってたのと関係ある?」 ……昇降口での一件を見られていたらしい。 マリーというのは琴ノ橋鞠の愛称だろう。 雨恵は琴ノ橋さんのグループへは属していないと思うが、見ての通り人懐っこくて物怖じしない性格だ。 琴ノ橋さんたちともよく話している。 俺が黙っていても、琴ノ橋さんたちから聞き出してしまうかもしれない。 だったら、素直に話してしまった方が気楽というものだろう。 俺としても、自分の胸に溜め込んでいるより誰かに相談したいところだった。 どうせ、ハゲワシのハゲと同程度の興味本位なんだろうし、それなら逆に遠慮なく巻き込めるというものだ。 そんな彼が物語の中で挑むのは、本たちの様々なお願いを聞いてあげること。 まるで童話のような本の問いかけと主人公のやり取りに加え、本の種類毎変わるストーリーにメリハリがあって、1話進む毎に雰囲気に引き込まれていきます。 恋人同士のような会話を繰り広げる「夜長姫」との関係にも注目です! むすぶ君と本との触れ合いを追いかけていると、その出会いごとに全然違う感情や楽しさが味わえちゃいますよ。 はぁ~、素敵ですね。 うっとりしてしまいます。 皆さんも「むすぶと本。 」の世界観にどっぷり浸りましょう! これこそヒーロー! 異世界からの侵略者が現代日本に襲来するという絶望的な危機を、切り札となる兵器をまとった主人公が英雄的にひっくり返す! 思わず身体が熱くなるお話なんだ! 強靭な肉体と卓越した魔法を併せ持つトロウルに、軍の艦船すら焼き尽くすドラゴンと、ファンタジーの住人たちの力は、現代の文明が相手でも残酷なほど圧倒的。 軍は半ば崩壊し、人々には街からの自主的避難が呼びかけられと、まさに絶体絶命な状況が繰り広げられていたんだ。 そんな中でようやく現れるのが、主人公のユウが操る超常の兵器、アスラフレーム。 神話の奇跡すら体現するその鎧をまとって、ユウは異世界の強大な敵を蹴散らし、渡り合い、滅びの淵に追い込まれた戦況を覆していくんだ。 なすすべもなく敗北する軍、踏みにじられる人たち……そういう暗さを目にしていたぶん、そんな流れを一機で変えてくれるユウの活躍がたまらなく痛快だよ! 銃器や各兵器の名称や特徴がしっかり書かれてて、ミリタリー好きにもオススメ。 そんな燃えるような想いを持ちながら、主人公・ノエルの職業は最弱で支援特化の「話術士」。 でも、彼はそこで決して立ち止まらずに、最弱職の自分が最強へ至れる道を切り拓いていく。 持たざる環境に生まれた人が、それでもと力を尽くしてる姿って、やっぱり熱いものを感じるんだよね。 けれど、ノエルが最弱職っていうのは動かしようがなくて......。 力では敵わない相手は必ず出てくるんだ。 そんな苦境に対しては、彼の大きな武器のひとつ、大胆不敵な「話術」が光るんだよ。 対峙する敵の弱みを的確に突き、知略と胆力だけで相手を翻弄。 最弱職のノエルが大組織の幹部までも驚嘆させるのは、まさに痛快の一言だよ!.

次の

家紋からみたTop10

じ ごく で ら ぐれん まる 山田

1位: 丸に違い鷹の羽 高橋、阿部、鈴木、田中、山田、高木、菊池、中村、小林、坂本…. 等 2位: 丸に横木瓜 伊藤、中村、田中、高橋、小林、鈴木、林、大野、吉田、中山…. 等 3位: 丸に剣片喰 酒井、小林、山田、山本、中村、田中、長谷川、石川、清水、小川…. 等 4位: 下り藤 加藤、鈴木、佐藤、斎藤、斉藤、内藤、伊藤、田中、安藤、後藤…. 等 5位: 丸に三つ柏 清水、鈴木、小林、高橋、中村、木村、井口、遠藤、佐藤、田中…. 等 6位: 丸に橘 中村、小島、田中、鈴木、高橋、山本、石井、伊藤、吉岡、佐藤、小日向、新井、大野、八方…. 等 7位: 丸に抱茗荷 稲垣、高橋、鈴木、田中、岡田、宮本、金子、山崎、小林、上野、大沢、中根…. 等 8位: 丸に梅鉢 菅原、前田、菅野、鈴木、山本、金子、高橋、松田、井上、岡田、関根、吉田、久保田、佐藤、山田、菅、田中、梅原、八木…. 等 9位: 丸に立沢瀉 田中、清水、水野、高橋、内田、小林、川島、橋本、小川、小野、木下…. 等 10位: 丸に片喰 小林、鈴木、岡田、吉田、石塚、中村、岩本、橋本、古川、山田、森田、木村、林…. 等 動乱の時代を生き、脈々と命をつないでくれたご先祖様。 たくさんのご先祖様の流れの中で、今の貴方の存在があります。 家宝として、自分のルーツとして家系図の作成をお勧めいたします。

次の

プロローグ.②

じ ごく で ら ぐれん まる 山田

地獄寺紅蓮丸とは何者? コラボやカメラマンさんは除いて、基本的に1人で活動しているyoutuberにしては行動力の求められる企画が多いため見応えがある動画も多いのではないでしょうか!? そんな地獄寺紅蓮丸さんがyoutubeを始めたきっかけについて話していた動画があったのでここに貼っておきますね! 簡単にyoutuberになったきっかけをまとめると、やることがなくて面白いことを探していた時に偶然遭遇した動画撮影中の ヘキトラハウスさんたちを羨ましく思ったからだそうですよ! 確かに好きなことでお金をいただけたり、まるで芸能人のような扱いを受けることに憧れるという気持ちは理解できる方も多いかと思われます! 過去には 自分の恋愛のため動画を休んでしまったこともありますが、そういう後悔が成長を促してくれる糧にもなると思うので、今後の成長にも十分期待ができると思います! guiayoutube. com. br ではそんな地獄寺紅蓮丸さんについての プロフィールをご紹介しましょう! 本名: 不明 下の名前はマサミ? 生年月日:? 年8月5日 出身:千葉県 大学: 不明 身長: 不明 体重: 不明 兄弟:妹 本名に関しては詳しくは公開されていませんでしたが、過去に クラミジアに感染したことがきっかけで 『マサミジア』といじられてしまったという悲しい過去を公表していました。。。 つまりこのことから 本名は『マサミ』という可能性が高いと考えられます! また現在は親元を離れて 一人暮らしをしているそうですが、 実家からたったの5kmしか距離が離れていないため、ほぼ実家の近所に住んでいると言っていいでしょうw ちなみに一人暮らしは 大田区周辺でしている可能性がありますね! といいますのも、過去の動画で 『全身黒塗りになって夜の街に溶け込む』という企画をやっていたのですが、家にいた段階ですでに黒塗りにしていたことから 家の 近所で撮影していたと考えられます! さすがにそんな格好じゃ電車は乗れませんからね・・・ その時に映っていた風景などの情報から東京都大田区に住んでいる可能性が非常に高いと思われました! ただ、それ以外の個人情報はほぼわかりませんでしたね。。。 w 大学の学生証にモザイクがかかっていたことからも、本名や大学名が今後公開されることはない可能性もあります! 非常にカジサックさんの進行能力やノリが面白い上に、なんだか微笑ましい気分にもなれるので個人的に地獄寺紅蓮丸さんの動画の中ではオススメの動画ですねw スポンサーリンク 地獄寺紅蓮丸の潮ラーメンが話題! 規制強化によるアカウントBANは大丈夫? com 最後に地獄寺紅蓮丸さんといえば 『潮ラーメン』の企画が最も有名だと思いますので、それについて言及していきたいと思います! もうブッとんでいるなんてもんではなく、 youtube的によくアウトにならなかったなと思うレベルの企画でしたねw まずはそんな問題の動画をみていきましょう! 読んでいて気分が悪くなってしまった方はごめんなさい これは動画をみている限りではおそらくネタではなくガチでやっている企画っぽかったので、実際にやってしまうところがすごいですよね。。。 ただ、この企画自体かなりおかしなものなのですが、奇跡的に企画に協力してくれた女性がなんと 性病に罹っているらしいというのがまたすごいところだと思います・・・ 実際にそのラーメンを完食しましたが、今のところ体調に変化はないみたいですね! ただ、性病を発症したとしても 必ずしも体調に現れるとは限らないので、個人的には検査して診てもらうのをおすすめします!! 後日行なった検査の結果、地獄寺紅蓮丸さんは 性病に罹っていないことが判明しました! それともう一つ心配なのは、やはり アカウントのBANですかね! 昨今のyoutubeは規制強化のため、過激な内容は配信しにくくなっていますが、地獄寺紅蓮丸さんはその影響を受けないのでしょうか?? エロ系を配信しているyoutuberの方にとっては心強いことでしょうが、正直まだ油断はできないかもしれません! この動画に関しては確認をとっているため大丈夫だと思いますが、せっかく人気が出てきていることや面白い動画もたくさんあるので、アカウント凍結にならないように今後も注意してほしいですね! さて、以上がこの記事で伝えたかった内容です! 関連記事情報として大人気youtuberとして活躍する『レペゼン地球』のメンバーである ふぉいさんの記事と地獄寺紅蓮丸さんとコラボ出演した カジサック さんの記事、下ネタ系の配信もガンガン行なっている美女グループであるキングラビッツとして活躍中の さぁちむさんの記事をご紹介させていただきます! 【関連記事】 【関連記事】 【関連記事】 最後までご覧いただき本当にありがとうございました!!

次の