イラン アメリカ 戦争。 イランとアメリカの戦争の可能性は?制裁や核合意離脱は開戦したいから?

アメリカとイラン「誰も望まない戦争」の恐ろしい予兆(松富かおり)

イラン アメリカ 戦争

タグ AK 世界の迷彩 対テロ戦争 宇宙 女性兵士 太平洋戦争 台湾 北朝鮮 写真 中東 中国 ロボット 戦車 ロシア レーザー銃 ルーマニア リビア メキシコ ポーランド ヘルメット ペリリュー島 ヘリコプター ベネズエラ 戦争博物館 手榴弾 ベトナム 米軍 韓国 陸上自衛隊 近衛兵 車 警察 艦船 航空自衛隊 航空機 自衛隊 米陸軍 米空軍 書籍 米海軍 米海兵隊 第二次世界大戦 第一次世界大戦 空母 珍銃 特殊部隊 潜水艦 漫画 海上自衛隊 ベトナム戦争 フランス AK47 イタリア カルテル カラシニコフ カナダ オーストリア オーストラリア エチオピア ウクライナ インド イラン イラク イスラエル ゲーム イギリス アメリカ アフリカ アニメ VR SWAT PMC Netflix FBI CIA ガンダム サウジアラビア フィンランド ゾンビ パキスタン ノルマンディー上陸 ノルウェー ネパール ネイビーシールズ ナチス ドイツ デンマーク タイ ソ連 ゼロ戦 サバイバル セルビア スペツナズ スペイン スパイ スナイパー スターウォーズ スウェーデン シリア ショットガン サバゲー女子 麻薬取締局 sponser アメリカ軍・イラン軍の軍事力 の「 2019年軍事力ランキング(2019 Military Strength Ranking)」によると、米国の軍事力は 世界1位になる。 方やイランは 14位となる。 中東諸国ではサウジアラビア(25位)、パキスタン(15位)を抑え、エジプト(12位)に次ぐ順位になり、軍事大国といってもよい規模になる。 とはいってもその差は歴然だ。 全てにおいて米国が勝っている。 また、イランは国連制裁により2010年以降、兵器輸入が制限されており、外国の最新兵器が購入できず、兵器は時代遅れになりつつある。 そのため国内での開発に力を入れており、最近ではミサイル、ドローンの開発に力を入れており、ミサイル部隊は中東最大になり、米軍にも匹敵する。 中東にはアメリカ軍基地が多数存在 1991年の湾岸戦争以降、米軍は中東地域での影響力を拡大している。 中東情勢の安定と影響力の保持、そして石油利権のために、この地域には多くの基地を構えてきた。 イラン周辺にはペルシャ湾を挟んだ対岸の湾岸諸国に多くの海軍基地と空軍基地を構えている。 いざ、開戦となれば米軍は空と海から即座に攻撃ができ、補給など兵站にも困ることもない。 ペルシャ湾も狭いので海上封鎖は容易になり、イランの補給を断つこともできる。 シーア派のイランは四面楚歌 緑はスンニ派、赤紫はシーア派、青はイバード派 イランとしては同じイスラム国家に頼りたいところではあるが、イランに協力するイスラム国家は非常に少ない。 イスラム教は大きくとスンニ派とシーア派という宗派に分かれる。 イランはシーア派のイスラム国家になる。 ピューリサーチセンターが2009年に発表した調査によると、全世界に住むイスラム教徒の9割が「スンニ派」、1割が「シーア派」といわれておりシーア派は少数派になる。 この両派は預言者ムハンマド以降続いたイスラム教の指導者をどうやって決めるかをめぐって長年対立している。 イランのようにシーア派が多数派の国はイラクとレバノン、アゼルバイジャン、バーレーン、多数派ではないがシーア派の分類に入るアラウィ派が政権を握るシリアとごく一部になる。 方や中東の中でも大国の部類に入るサウジアラビア、エジプト、トルコ、パキスタンはスンニ派になり、これらの国から協力を得るのは難しい。 ロシア・中国はイランに味方 同じく米国と対立する軍事力世界2位のロシア、同3位の中国は早々にイランへの支持を表明し、米国の武力行使に対しては反対している。 中露イランの3か国は昨年12月にオマーン湾で合同の軍事演習を行っており軍事交流を密にしている。 仮に武力衝突が起きても直接的な支援は行わないかしれないが武器供与など間接的な支援を行う可能性はある。 特にロシアはカスピ海経由での支援が可能で、内陸にあるカスピ海を米軍が封鎖することは難しい。 テロ組織はイランを支援 今回、コッズ部隊のソレイマニ司令官が殺害された要因にも繋がるのだが、コッズ部隊は海外のシーア派武装組織に戦闘訓練や武器供与を行っていた。 昨年、サウジアラビアの油田を攻撃したのはコッズ部隊が支援した組織とされており、イラクで米軍を攻撃している組織にも関与しているといわれている。 支援するテロ組織の中にはレバノンのヒズボラやアフガニスタンのタリバンなども含まれている。 ヒズボラの指導者ナスララ師はソレイマニ司令官を殺害したことの代償を支払うことになると警告している。 今後、コッズ部隊の支援を受けていた武装組織が米国に対してテロ攻撃を行う可能性は大いにある。

次の

ソレイマニ殺害でアメリカ・イラン戦争勃発

イラン アメリカ 戦争

殺害されたソレイマニ司令官の遺体、イランに帰国 黒衣の大群衆が迎える イラクには現在、過激派勢力「イスラム国(IS)」と戦う国際有志連合に参加する形で、約5000人の米兵が駐留している。 この米軍の退去を求める決議は、イラク議会の親イランのシーア派たちが後押しした。 有志連合は5日、対IS作戦を一時停止した。 「不相応な」報復も 米軍は3日、イラン革命防衛隊の海外作戦を担当した精鋭「コッズ部隊」を長年指揮してきた、ソレイマニ指揮官をバグダッド空港の近くでドローンによって殺害した。 1980年代のイラン・イラク戦争で活躍したこともあり、イラン国内では国民的英雄として扱われるソレイマニ司令官の遺体が帰国すると、イラン各地で何百万もの市民が葬列に参加した。 BBCのリーズ・ドゥセット国際報道主任特派員は、昨年末にはでも、ソレイマニ司令官への弔意によって市民が団結していると指摘している。 ソレイマニ司令官の後任となったエスマイル・カーニ司令官は、「我々は殉教者ソレイマニの道を同じ力強さで歩み続けると約束する(中略)償いとなり得るのは唯一、この地域からアメリカを追放することだ」と述べた。 国営ラジオが伝えた。 また、イランを支持するレバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラは5日、米軍の基地から軍艦や部隊に至るまで、あらゆるものが報復攻撃の対象だと警告した。 ドゥセット特派員によると、ヒズボラは中東から米軍関係者全員を追い出すと主張している。 一方でアメリカ政府は、革命防衛隊とコッズ部隊をテロ組織と指定し、ソレイマニ司令官をテロリストと呼んで殺害した。 これに対してイランが「厳しい復讐」を誓ったほか、バグダッドの米大使館近くにロケット弾の砲撃が続く事態を受け、トランプ氏は5日、「この一連のメディア投稿は、米連邦議会への通達となる。 もしもイランがいかなるアメリカの国民や標的を攻撃した場合、アメリカは直ちに全面的に反撃する。 不相応な形での反撃もあり得る。 こうした法的通達は不要だが、それでもやる!」と書いた。 「イラン文化」攻撃は戦争犯罪と言われ トランプ氏は4日の時点で、「これは 警告だ」と大文字で強調しながら、米軍がイラン国内のし、「もしイラン政府がアメリカ人やアメリカの資産を直撃するなら」、米軍は「 非常に素早く、かつ非常に強力に、イランとイランの文化にとってきわめて高レベルで大事な標的、イランそのものを攻撃する」と続けた。 文化遺産の攻撃は戦争犯罪に相当するという非難が各方面から上がったものの、トランプ氏は5日にも記者団に対し、「向こうはこちらの人間を殺しても許される。 こちらの人間を拷問して一生の傷を負わせても許される。 路肩爆弾を使ってこちらの人間を吹き飛ばしても許される。 なのにこっちは向こうの文化遺産を触っちゃいけないって? そういうわけにはいかない」と強い調子で述べた。 今年の米大統領選で野党・民主党の大統領候補指名を目指しているエリザベス・ウォーレン上院議員は5日、トランプ氏の最初のツイートに対して「あなたは戦争犯罪を犯すと脅している」と。 ドミニク・ラーブ英外相は6日、文化遺跡は国際法で守られており、イギリス政府はその尊重を期待すると表明した。 イランのジャヴァド・ザリフ外相は、トランプ氏の言い分はなどをのに似ていると批判した。 ザリフ外相はツイッターで、「我々の文化遺産を標的にすることでISISの戦争犯罪を手本にしようと妄想する者たちに、念を押す。 何千年もの歴史の間、何度も野蛮人がこの国にやってきては、我々の都市を荒らし遺跡を破壊し、図書館を焼いていった。 その野蛮人どもは今どこにいる? 我々はまだここにいる。 ここにまっすぐ立っている」と書いた。 戦争に関する国際法のジュネーヴ条約とハーグ条約はいずれも、文化施設の攻撃を禁止している。 違反した場合はアメリカでも戦争犯罪として扱われる。

次の

ソレイマニ殺害でアメリカ・イラン戦争勃発

イラン アメリカ 戦争

アパッチ族との戦闘中に遮蔽物に向かって駆けるアメリカ騎兵隊 F. Remington作 ヤヴァパイ族 勝利• アパッチ族はに移動した ピュージェット湾戦争 1855—1856 場所: スノコルミー Snoqualmie ニスクォーリ族 マックルシュート族 ピュアラップ族 クリッキタト族 勝利• インディアンはシレッツ、グランド・ロンド及びコーストの保留地に移住させられた 第一次フィジー遠征 1855 場所: 勝利 ローグ川戦争 1855—1856 場所: ローグ谷 ローグリバー族 勝利• インディアンはシレッツ、グランド・ロンド及びコーストの保留地に移住させられた 第3次セミノール戦争 1855—1858 場所: フロリダ州 勝利• ヤキマ戦争 1855—1858 場所: 朝鮮戦争でブローニングM1919A6を装備している米軍の兵士 カナダ 膠着• 北朝鮮の韓国侵攻は退けられた• その後の国連の北朝鮮侵攻も退けられた• その後の中国・北朝鮮・ソ連の韓国侵攻も退けられた• で朝鮮半島での実際の戦闘を終わらせたが、講和条約が署名されていないため、戦争は 法律的には 終了していない ミャンマーにおける中国国民党支援 1950年代 の一部 の一部 冷戦の一部 場所: (当時はビルマ) (も参照) ビルマ 中華人民共和国 撤退• ビルマ・シャン州に敗走した中華民国軍部隊に対し、主導による後方支援作戦(非公式作戦)を実施。 中華民国軍占領下のシャン州において、軍事基地や軍用飛行場の建設、輸送機による戦略物資の補給などを行なった。 ビルマ政府は主権侵害としてこれを国際社会で非難。 ビルマ国民の間でも反米運動の機運が高まったため、アメリカは作戦を終了した。 アメリカの撤退後、ビルマ軍とによる共同作戦「」が実施され、国民党軍は放逐された。 による1962年ののとなった。 シャン州はその後、やといったが台頭する事となった。 ミャンマー内戦は継続中。 レバノン危機 1958 場所: のクナル州での銃撃戦 支援:• イスラミック・ジハード・ユニオン• ハッカーニ・ネットワーク 同盟グループ• ヒズベ・イスラミ・ヘクマティアル派• イスラミック・ジハード・ユニオン• ターリバーン分派グループ• 2001年の侵攻: アフガニスタン・イスラム首長国• ターリバーン• 055旅団 不明確• アメリカ主導の連合のアフガニスタン侵攻・占領• アルカイダ訓練キャンプの破壊• タリバン政権の崩壊• 政権下でのアフガニスタン・イスラム共和国の設立• タリバンの反乱が開始• アフガニスタン紛争 2015- の開始 2003—2011 イラク反乱との一部 場所: イラク占領中のバグダッドでのM1A1エイブラムス主力戦車 イラク駐留多国籍軍 バアス党ロイヤリスト イラクのイスラム国 イラクのアル=カーイダ 特別部隊 不明確• イラク侵攻と占領• バアス党政権の崩壊と• イラク反乱、イラクのアル=カーイダの出現、宗派暴力及び別の内戦• 民主的な選挙の確立と新規民主政府の設立• 2011年に米軍がイラクから撤退• イラクにおけるイランの影響力の強化• 米軍撤退後の宗派間暴力のエスカレートがイラクのアル=カーイダの後継lとしてのISILの台頭につながった• イラク内戦 2014-現在• 2014年に米軍がイラクに再び戻った 2004—現在 の一部 場所:• ハッカーニ・ネットワーク• イスラミック・ジハード・ユニオン 支援疑惑: 疑惑• 疑惑 争い 否定 同盟グループ ヒズベ・イスラミ・ヘクマティアル派 イスラミック・ジハード・ユニオン ターリバーン分派• ダードゥッラー戦線• ISIL• ISILホラーサーン州 ISIS-K 進行中• アフガニスタンの治安と制御はアフガニスタン治安部隊に引き継がれた• がを実施• NATO軍による継続的な対テロ作戦が行われている• がアフガニスタンでのプレゼンスを確立し戦闘員の勧誘を始めた• 2015年にアフガニスタン北東部のクンドゥーズ州でターリバーンが復活を試みたが失敗に終わった• 米国はアフガニスタン撤退を停止し、同国への駐留期間を延長した• 2017年4月13日、米軍はISIS-Kが支配しているトンネルシステムに MOAB を投下し、4人の指揮官を含むISIS-Kの過激派94人を殺害した 関連リンク [ ]• 注釈 [ ]• の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。 CIA Report. 2014年12月1日閲覧。 2014年12月1日閲覧。 の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。 の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。 The Long War Journal 2015年8月24日. 2015年8月27日閲覧。 MSNBC. 2006年7月3日. 2007年2月18日閲覧。 Ctc. usma. edu. 2014年8月2日閲覧。 Michael Petrou 2011年9月9日. "George W. Bush gambled on surging thousands more troops to the embattled country. It paid off. Al-Qaeda in Iraq is now a diminished force without territory. Conflicts in the 21st Century: Afghanistan War, Iraq War, and the War on Terror. "Al Qaeda in Iraq was decimated by the end of the Iraq War in 2011"• Galbraith, Peter W. 2007. The End of Iraq: How American Incompetence Created a War Without End. Reuters. の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。 National Review Online. の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。 S Department of State. 2014年2月5日. 2010年11月26日閲覧。 Holmes, Oliver 2012年1月24日. Reuters Africa. Bani Walid. 2012年1月24日閲覧。 2015年5月14日閲覧。 2015年6月23日閲覧。 Newsweek 2015年5月21日. 2015年6月23日閲覧。 2015年8月15日. 2015年8月22日閲覧。 ABC 2012年2月2日. 2015年8月31日閲覧。 ABC 2011年10月27日. 2015年8月31日閲覧。 The Wall Street Journal 2015年6月11日. 2015年6月13日閲覧。 The Mirror 2015年8月21日. 2015年8月22日閲覧。 The Wall Street Journal 2015年6月18日. 2015年6月13日閲覧。 Yahoo News 2016年2月12日. 2016年2月25日閲覧。 2016年1月31日. の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。 2015年12月25日. Reuters 2015年12月27日. 2016年2月25日閲覧。 Reuters 2016年4月25日. の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。 Al Jazeera. の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。 Matthew Rosenberg and Michael D. Shear. The New York Times. 2015年10月16日閲覧。 外部リンク [ ]• — 紛争の発展、エスカレーション、和解の最近の動向について説明• テキサス大学アーリントン校• 、ヒストロペディア•

次の