クリーニング 代 勘定 科目。 清掃代・ハウスクリーニングや掃除機費用を経費にする考え方

クリーニング代の勘定科目

クリーニング 代 勘定 科目

制服には飲食業の調理やホール担当者・医療職の白衣・警備会社の制服など、その業種に欠かせない制服が数多くあります。 一般的に、職場のみで着用し仕事中に使用する制服や作業服の勘定科目は、「福利厚生費」となります。 安全靴やナースシューズなど、その業種の必須アイテムとなる小物類も同様です。 しかし、プライベートでも着用できる私服やスーツを支給する場合は、福利厚生費として計上することはできません。 あくまでも業務を遂行するために必要な備品として支給される制服が福利厚生費となります。 福利厚生費は、従業員に支給される報酬の一部です。 そのため、社長や従業員のいない個人事業主本人は、自分用に制服を購入しても福利厚生費として扱うことができません。 この場合は、消耗品扱いとなります。 1-1. 制服のクリーニング代の勘定科目は? 制服や作業服は、毎日の業務で使用するためクリーニングが必要となり、その費用は「福利厚生費」として計上することが可能です。 しかし、クリーニング代を福利厚生費として扱うためには、「従業員全員の制服が対象となり、かつ適切な金額であることが条件」となります。 一部の従業員だけである場合や、妥当な金額ではない場合は、福利厚生費として認められません。 従業員が着用する制服のクリーニング代を負担することは、働きやすさや勤労意欲の向上につながるといった観点から、福利厚生費として計上することが可能です。 しかし、飲食店でお客さんが使用するおしぼりや美容室で使用するタオルなどのクリーニング代は、従業員のためではありません。 したがって、福利厚生費として扱うことができず「衛生費」として扱われます。 また、年に数回ほどの少額となるクリーニング代は「雑費」として分類します。 制服代・クリーニング代の勘定科目の記帳方法 例1: 従業員の制服代を現金で15万円支払った場合 借方科目 福利厚生費 金額(円) 150,000 貸方科目 現金 金額(円) 150,000 適用 制服代 例2: 従業員の制服のクリーニング代を普通預金から6万円支払った場合 借方科目 福利厚生費 金額(円) 60,000 貸方科目 普通預金 金額(円) 60,000 適用 制服のクリーニング代 例3: お客さんのおしぼりのクリーニング代を現金で1万円支払った場合 借方科目 衛生費 金額(円) 10,000 貸方科目 現金 金額(円) 10,000 適用 おしぼりのクリーニング代 借方科目に「福利厚生費」や「衛生費」として取り扱ったことを記入し、貸方科目では現金や預金など、どのような方法で支払ったかを記載します。 金額欄には、それぞれの金額を領収書と照らし合わせて正しく記入することが大切です。 適用欄には、制服代やクリーニング代など、何に支払ったかを記入します。 制服の勘定科目に関する豆知識 従業員用に制服を購入して福利厚生費として扱った場合、非課税所得となります。 所得税法で非課税とされる制服とは、警察職員、医療職員、鉄道職員などが着用する制服です。 これらの業種ように、非課税とされる制服は、制服着用義務のある人に対して会社が支給する制服に限られています。 これらの制服は、業務の性質上、着用することが義務となっており、私用としては着用できません。 制服は現物支給し、職場でのみ着用するといった条件があります。 また、事務用の制服や作業服も制服に準ずる衣服と考えられ、現物給与としては非課税です。 私服出勤で私服のまま勤務する場合に衣服代を支給されるケースは、制服ではないこと、現物支給ではないことから、福利厚生費として扱うことができません。 この場合は、従業員の所得とみなされ課税対象となります。 3-2. スーツは制服として経費計上できない 制服の多くが福利厚生費となりますが、会社によって勘定科目の異なる場合があります。 例えば、製造業や建築業で作業服を「売上原価」扱いにするケースや、製造業などではない業種で「消耗品」扱いにするケースです。 「売上原価」扱いするケースでは、製造原価に含まれるお金は原料や材料費・原料の輸送費・工場の道具・電気代・人件費などが含まれます。 人件費の中には、給料以外の福利厚生費も入るため、作業服(制服)も製造原価とする考え方です。 また、制服を「消耗品費」として扱う会社も存在します。 一般的に制服を消耗品とする場合は、売上に直接関係しない一般管理費と混同する恐れがあります。 しかし、製造業や建築業でない業種の場合は、制服や作業服と売上が直接は関係しないため、「消耗品」としても問題にはなりません。 どのような場合でも、会社がこれまで行ってきた勘定科目で処理することが大切です。 これまでと異なる勘定科目で処理すると認められないことがあります。 転職して新しい会社に入社したときは、会社のルールに合わせましょう。 まとめ.

次の

クリーニングの勘定科目/税理士が教える経理処理

クリーニング 代 勘定 科目

クリーニングをした場合の勘定科目は、 福利厚生費か衛生費になります。 従業員の制服をクリーニングに出している場合であれば、 従業員に対する福利厚生ということで福利厚生費になります。 もちろん、全従業員対象とする必要があり、 個別にクリーニングをしているような場合は給与と認定される可能性があります。 正確に言いますと、男性はスーツで女性は制服の場合、 女性の制服だけクリーニングを会社負担でしているのであれば、 それは女性社員に対する給与とされる可能性があります。 結構やっている会社もあるかと思いますので、ご留意下さい。 恐らく、税務調査でも否認されないのではないかと思いますが、 福利厚生の考え方からしますとちょっと外れている気もします。 また、店舗のマット等のクリーニングの場合には、 衛生費勘定を使用しているところが多いようです。 店舗のマットですと福利厚生ではありませんので、衛生費になるんですね。 参考) 例) 制服のクリーニング代300を現金で支払った。 (福利厚生費)300 (現金)300.

次の

【勘定科目】クリーニング代の勘定科目は?制服の場合・個人のスーツの場合|資格取得Navi+

クリーニング 代 勘定 科目

当日の飲食代は無料にするのが一般的です。 ここでお金をいただくと余計な怒りを買い、店の悪い噂を立てられることもありますので注意しましょう。 クリーニング代や服の弁償代の精算は? お客様にレシートを持ってきてもらいます。 クリーニング代であればそれほど高額請求されることはありませんが、服の弁償をする場合には金額の会社規定を決めておいたほうが良いでしょう。 ブランド物の場合は商品名で金額の目安がわかるので控えさせてもらいましょう。 汚してしまった商品と同じもの、もしくは同等金額の衣服の購入をお願いしましょう。 レシートを持ってきてもらったら必ず返金受領証にサイン(印鑑の必要はありません。 むしろ手書きサインのほうがマネできないので効力があります)を貰いましょう。 雑費とは、損益計算書の「販売費及び一般管理費(以下、販管費)」に含まれる費用科目のひとつです。 販管費の中でもさまざまな科目がありますが、雑費は「どの科目にも振り分けられない」勘定科目を指します。 臨時的に発生する科目で、金額もほかの費用に比べて少なく、わざわざ勘定科目として別途設定するほどでもない場合、「雑費」として計上されることがあります。 引用: 一見、雑費は便利な言葉で汎用性が高いように思えますが雑費計上を頻発するのは税務上ツッコミが入りやすいので注意が必要です。 他の勘定科目に振分可能なものは雑費にしないようにしましょう。 いずれにしても会社内(個人事業主も同様)での勘定科目にブレがないようにし、第三者にも説明できるようにすることが大切です。 参考までに雑費計上できるものは以下のようなものが挙げられます。 ・ゴミ廃棄料 ・引越代 ・NHK受信料 ・ケーブルテレビ受信料 ・清掃費 緊急で業者を依頼した場合 ・正月飾り ・クリーニング代 モノを買った場合は、会社 事業 の経費とする場合は消耗品費にすべきです。 直接的に事業と関わりなくても事業の為に買ったものは消耗品です。 雑費にしないようにしましょう。 本題のクリーニング代については一般的にも雑費になります。 お客様の衣類を汚したクリーニング代も雑費計上です。 クリーニング代に消費税は必要? 消費税は必要です。 課税処理しましょう。 お客様はあくまで代理で支払いを行いレシートを貰っただけです。 非課税と誤解されがちですが、このケースでは消費税の処理は必要になります。 一般的にはレシートには消費税区分や金額が記入されているはずです。 そのまま経理処理して問題ありません。

次の