アイス ボーン テンタクル。 【MHW アイスボーン】念願のテンタクル装備作成!介護施設かな・・・【水瀬しあ】

【MHWI】クリア後のテンプレ弓装備通称「ネカカネガ」を紹介 汎用的に使えておすすめ!【モンハンワールドアイスボーン】

アイス ボーン テンタクル

はじめに 本記事では弓のテンプレ装備「ネカカネガ」と「ネカカネガ」を構成する「EXラヴィーナ」「EXテンタクル」装備について考察します。 「ネカカネガ」 「ネカカネガ」のスキル及びスロット ネカカネガの装飾品及び護石無しの状態のスキル及びスロットは上記画像のようになります。 「属性会心」「属性加速」のシリーズスキルが発生し、弓装備に重要な「体術」が3「スタミナ急速回復」が1 ガルルガ足で「属性会心」と相性の良い「見切り2」が発生します。 また何気に重宝するのが「納刀術」と「ひるみ軽減」です。 「納刀術」により、素早く回復へ移行が可能になります。 また、弓はガンナーとは言えども、剛射や千々矢のためにモンスターに接近することもあるので「ひるみ軽減」が生きる場面も多々あるでしょう。 この素の状態から装飾品等でスキルを構成する場合、まず、ガルルガ足の2スロットに弓の必須スキルである「弓溜め段階開放」が必須。 護石については、スタミナ管理系や会心率上昇系のものは少し持て余してしまう感じがあるので、属性攻撃強化が良いと思われます。 あとは持っている装飾品との相談になりますが、優先順位としては「弱点特効」が最優先であとは「体術」「スタミナ急速回復」「見切り」あたりをバランスよく上げるのが良いでしょう。 1スロも3個あるので、「体力増強」や「見切り」なども入れやすく、装飾品が揃ってなくても、それなりにスキル発動させられる点もこの装備の良いところだと思います。 スキル構成例 「EXラヴィーナ」「EXテンタクル」 「ネカカネガ」のポイントは「EXラヴィーナ」2か所で発動する「属性会心」と「EXテンタクル」2か所で発動する「属性加速」及び「EXテンタクル」が「体術」+「スタミナ急速回復」のスキルを持っており、これらが弓にとって有効なスキルである点です。 これらのことから「ネカカネガ」以外の弓装備を考える場合においても、「EXラヴィーナ」と「EXテンタクル」は採用する価値がある装備だと言えるでしょう。 EXラヴィーナ まず、「EXラヴィーナ」ですが、正直に言って弓にとって有効なスキルはあまりありません。 特に脚の抜刀術は手数武器の弓での有効性は低く、採用する必要はあまりないでしょう。 他の部位の装備の兼ね合いで「頭胴腕腰」の中から2つを採用するのが良いと思います。 EXテンタクル 次に、「EXテンタクル」です。 「頭腰」で体術 「腰脚」でスタミナ急速回復が発生します。 特に腰が「体術」「スタミナ急速回復」の両方が発動し、1スロが2つある点も使いやすく採用しやすいかと思います。 「胴腕」はやや使いづらいかもしれません。 まとめ 弓のテンプレ装備「ネカカネガ」及び「EXラヴィーナ」「EXテンタクル」についての考察でした。 今回紹介したもの以外では「真・属性会心」が発動する「EXシルバーソル」や先日実装されたラージャンの素材から作成できる「EX金色」の頭・腰が弱点特効が発動するので弓にとって有効な装備かと思います。 また後日それらの装備についても記事を書きたいと思います。 (思います…が、アイスボーン面白くてブログを書く時間がもったいない(笑)) YUU8o.

次の

【MHWI】クリア後のテンプレ弓装備通称「ネカカネガ」を紹介 汎用的に使えておすすめ!【モンハンワールドアイスボーン】

アイス ボーン テンタクル

クエスト詳細 フィールド: 陸珊瑚の台地 受注・参加条件: MR100以上 クリア条件: ネロミェールの討伐 歴戦王クエストという事で、受注条件がMR100以上とランク制限が高く設定されています。 上位の歴戦王クエストと同じく、イベントクエストでの配信なので、期間限定のクエストになっています。 またクリア報酬には、 古龍の大宝玉や 封じられた珠といったアイテムも入手可能です。 また初回クリア時には、チャームで 歴戦王の輝石【溟龍】が入手可能となっています。 攻略におすすめの装備 火炎弾速射ライト装備 覚醒ライトボウガンの赤龍ノ狙ウ弩・火とフルムフェトの装備です。 雷・水ともに耐性値が25なので、ネロミェールの攻撃属性である水属性と雷属性に対して効果的です。 また、回避性能5と回避距離3を採用しているので、比較的回避がしやすいと思います。 回避に自信があるなら逆恨みに置き換えれば、火力が向上します。 真龍脈覚醒+火属性強化6によりダメージも稼ぎやすい装備だと思います。 徹甲榴弾ヘビィ装備 ブラキウム4部位使用の砲術5+挑戦者7装備。 武器はLv3徹甲榴弾運用が強い、ラージャンヘビィのです。 徹甲榴弾の肉質無視のダメージにより、弾バリアも関係なくダメージを与えることが可能です。 削りダメージはあるものの、ガード強化ですべての攻撃がガード可能なので、比較的戦いやすい装備だと思います。 慣れてくれば耐性珠を外してKOなどに変更で良いと思います。 火炎弾ライトと違って弾切れの可能性が高いのが難点です。 攻略のコツ 基本的には通常個体のネロミェールと動きは変わりません。 ただし水まとい状態では、翼の黒い部分に「 弾バリア」が追加されているので、しっかりと頭側から撃つようにしないとダメージが稼げません。 水まとい状態が解除されると、翼部分のバリアも解除されます。 非水まとい状態では火属性の通りが悪いので、睡眠状態にして水まとい状態に移行させる方法が有効でしたが、歴戦王では弾バリアの存在から積極的に水まとい状態にしなくても良いと思います。 モーション的には特に変化はないですが、攻撃の一つ一つのダメージが大きいので回復はこまめに行ないましょう。 空中から落下する大技を食らうと、耐性が40でも即死なので必ず避けるようにしましょう。 状態異常・閃光弾・ぶっ飛ばしはすべて有効です。 初期配置がエリア4、瀕死状態での睡眠位置がエリア8に変わっているので注意しましょう。 筆者は頂上まで登ってから、エリア8で寝ていることに気が付きましたw 初見ソロで20分くらいでした。 弾バリアが追加されていますが、ガンナーなら比較的戦いやすいモンスターだと思います。 徹甲榴弾ヘビィで15分くらいでした。 弾切れのリスクはあるものの、ガード可能な徹甲榴弾ヘビィの方が戦いやすい印象でした。 シリーズスキルの属性加速は使い物にならないので、パーツ毎に装備するのがおすすめだと思います。 属性加速が使い物にならない理由はの記事で紹介しています。

次の

【MHWI】クリア後のテンプレ弓装備通称「ネカカネガ」を紹介 汎用的に使えておすすめ!【モンハンワールドアイスボーン】

アイス ボーン テンタクル

更に属性攻撃力も少し上昇する。 更に属性攻撃力も上昇する。 何かしら1つでも装備すれば回避性能や体術など一部のスキルがほぼ最高レベルで発動できるので、特定のスキルが欲しい場合には便利なんじゃないかと思います。 スキル的にスタミナを使う双剣や弓と相性が良さそうですよ! 逆に各部位ほぼ最高レベルで補助スキルが付けられる反面、元々のスロット数はかなり少なめ。 他の防具と組み合わせた時に装備したい装飾品を付けられないなんてことも多くなりがちなので防具単体としてもやや扱いづらくビルドの幅は狭いように感じました。 個人的には回避性能と体術のレベルを2に落としてスロット数増と属性攻撃強化のレベルを4にしてほしかったなー。 強さに関しては知らんですが。 属性全振り一歩手前で雷属性値を970程まで上昇させて強撃ビン装備からの剛射は一発最高81ダメでした。 属性解放は発動させるリスクがあるけどそれに見合う性能があるものだと思ったのにどうやら今回は違うみたいです。 属性解放は多分ロマン武器の一種なんだと思うわ。

次の