お盆 帰省 2020。 2020お盆休みコロナの影響でどうなる?帰省できるか・旅行やレジャーについても|みかんと傘とコッペパン。

2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?|終活ねっとのお坊さん

お盆 帰省 2020

関越自動車道(下り)8月13日8時頃 東松山IC付近(35km)• 東名高速道路(下り)8月13日8時頃 伊勢原BS付近(35km)• 中国自動車道(下り)8月13日8時頃 宝塚東TN付近(35km)• 関越自動車道(上り)8月16日17時頃 高坂SA付近(35km)• 東名高速道路(上り)8月16日16時頃 大和TN付近(50km)• 神戸淡路鳴門自動車道(上り)8月16日18時頃 舞子TN出口付近(47km) *2014年の渋滞情報からまとめたもので、この年は8月13日が下りのピークで、16日が登りのピークでした。 他にも厚木ICや談合坂SAなど渋滞ポイントはたくさんあります。 あなたの通行するポイントについて混雑するところがあるなら早めに行動しておきたいですね。 あとがき いかがでしたでしょうか。 2020年のお盆の渋滞発生の時期と、帰省ラッシュのピークなどをまとめてみました。

次の

お盆の渋滞2020年のピークは?帰省ラッシュの渋滞予測

お盆 帰省 2020

お盆休みは8月に取ることが全国的には一般的となっています。 今年は、東京オリンピックが開催されるということで山の日が8月10日(月)に移動し、8月8日から10日まで3連休となります。 これにより8月11日、12日に有給休暇を取ることができれば、9連休も夢ではありません。 正確な数値はわかりませんが、 半分ほどの地域が7月にお盆を行っているようです。 具体的には 2020年の東京のお盆は、7月13日が盆の入りで盆明けが16日となります。 お盆の基礎知識について詳しく知りたいという方は「終活ねっと」の下記の記事も合わせてご覧ください。 次に、 東京のお盆の時期について解説します。 東京の2020年のお盆は7月13~16日を中心に はじめに触れたように、東京都内には7月にお盆を行う地域があります。 正確な数値はわかりませんが、 半分ほどの地域が7月にお盆を行っているようです。 具体的には 2020年の東京のお盆は、7月13日が盆の入りで盆明けが16日となります。 しかし東京都内でも、8月13日から16日の間にお盆を迎える地域もあります。 さらに、8月7日~9月6日の間の数日間と、日取りが不確定という地域もあるのです。 他の地域より若干遅めにお盆を迎えるところもありますが、東京都内では概ね、他の地域より1カ月早めにお盆を執り行っているようです。 なぜ他の地域より早い? では なぜ、東京都のお盆は他の地域より早めにお盆を迎えるのでしょうか。 その理由を探ってみましょう。 親戚が集まりやすい 東京に住んでいる人の多くは、 他の地域・地方からの移住組だと言われています。 お盆の時期には自分の実家やご主人の田舎に帰省して過ごしたいものです。 お盆の時期がずれていたほうが家族・親戚が集まりやすいと考えられています。 そのため東京では、7月に盆踊りやお祭りなどを済ませ、8月には自身の実家でお盆休みを過ごすという人が多いのです。 しかし、いくら日程がずれたほうがよいからといって、勝手に好きな時期にお盆をしてよいわけではありません。 7月にお盆をする地域がある理由は、暦が大きく関係しているようです。 新暦と旧暦の違い もともと日本は江戸時代まで、中国式の「太陰太陽暦」と呼ばれる暦を使っていました。 これを旧暦と呼びます。 飛鳥時代から数百年間、日本はこの暦にしたがって生活してきました。 しかし明治5年に、欧米諸国と足並みをそろえるべく、明治政府は太陽暦(グレゴリオ暦)を導入します。 こちらが新暦です。 双方とも暦の仕組みが異なるので、そもそも1年で数日間のずれが生じます。 明治5年から6年にかけて、旧暦から新暦に切り替えるとき、明治5年12月3日を1873年(明治6年)1月1日にしました。 かなり強引ですが、このとき 旧暦と新暦の間に1ヶ月弱のズレが生じたわけです。 ひな祭りや端午の節句なども、新暦に合わせ1ヶ月ずらして行われるようになりました。 しかし、ここでどういうわけか、お盆の日程が地域によって分かれます。 まず、旧暦の頃と時期をずらすことなく、新暦でいうところの8月15日にお盆をやる地域が誕生します。 農業をしている人たちにとっては、新暦上の7月はまだ農耕期で忙しいため、8月のほうが都合がよかったようです。 こちらが現在の多数派ということになります。 一方で、他の行事と同様に1ヶ月ずらし、新暦上の7月15日前後にお盆をやる地域もありました。 これがこの記事の主題となっている「7月にやる東京のお盆」の始まりです。 お盆の時期は新しい暦や政府の方針に左右されず、その地域のやり方・考え方に委ねられたということなのかもしれません。 東京のお盆はどう過ごす?お盆の準備 ご先祖様の霊をお迎えするお盆ですが、どんなことをして過ごすべきなのでしょうか。 ここでは 一般的なお盆の過ごし方について解説します。 ぜひ、お住まいの地域やご実家のお盆の様子と比較してみてください。 盆棚(精霊棚)の設置:お盆飾り 7月にお盆を迎える地域では、7月13日からお盆が始まります。 お盆には、盆棚(精霊棚)と呼ばれる、 お供え物や飾り付けをする棚を用意します。 地域や宗派によって異なりますが、7月12日か、遅くとも13日の朝には準備します。 経机や小さめの漆机を祭壇に見立て、ゴザやまこもなどの敷物を敷いて仏壇の前に設置するのが一般的です。 仏間ではなく庭先や玄関先に置く地域もあるようです。 敷物を敷いた棚の奥中央に、仏壇から位牌を下ろしてきて安置し、まわりに花立や燭台、香炉などを配置します。 さらに棚の四隅に竹やほおずき、干昆布などで飾り付けをして、生花や果物などをお供えします。 もともとお盆は夏の暑い時期、農家にとっては農閑期に行われるものでした。 地域によっては生花や果物が手に入りにくいため、収穫した野菜や団子など、そのとき手に入るものを使って精一杯賑やかにお供えしていたものと思われます。 迎え火 盆棚の準備が整い、お供え物が揃ったら、いよいよご先祖様をお迎えします。 7月13日の夕方、迎え火は家の門の前や玄関先で行います。 一般的には、焙烙という素焼きの皿のような器の上に細かく折った麻幹(おがら)を置いて火をつけます。 この火を頼りにご先祖様の霊は家へ戻ってくるのだそうです。 麻幹とは麻の皮を剥いだ後に残る芯の部分のことで、お盆の時期になると生花店やスーパーなどで手に入ります。 前に述べたように、盆棚の飾りに使うなどお盆には欠かせないものなので、一束まとめて購入するお宅も珍しくありません。 一緒に用意するのが、なすときゅうりで作った牛と馬です。 ご先祖様はこれに乗ってあの世から帰ってきます。 家の前で火を焚き、ご先祖様をお迎えする家が多いですが、中には提灯を持ってお墓までご先祖様をお迎えに行くこともあります。 お墓の前で麻幹を燃やし、提灯に火を移してご先祖様の霊を家までお連れするのです。 祖先の供養 7月14日から15日の間は、ご先祖様の供養を行います。 菩提寺が近くにある場合は、 お坊さんをお招きしてお経をあげていただきます。 そして家族や親戚が集まり、一緒に食事をしたりしながら時を過ごします。 地域によっては、灯籠流しなどのイベントが行われるところもあります。 打ち上げ花火をあげたり、神社の境内に屋台が出たりと賑やかに過ごす地域も多いです。 送り火 送り火とは、 ご先祖様の魂があの世にお帰りになる際に焚く火のことです。 やり方は迎え火のときと同じで、麻幹を炮烙の上に載せて火をつけて燃やします。 場所はやはり玄関先や門の前で行います。 送り火は7月16日が一般的ですが、15日の夜に行う地域もあるようです。 ここでも忘れてはならないのが、なすときゅうりで作った牛と馬です。 また、盆棚にお団子やそうめんなど食べ物を置き、ご先祖様にお土産としてお持ち帰りいただけるようお供えします。 迎え火のときも同様ですが、マンションや集合住宅のため実際に火を焚くことができない場合は、ロウソクや電灯式の提灯を使うこともあります。 せっかくのお盆です。 ご近所に迷惑がかからないよう気をつけながらご先祖様をお見送りしましょう。 お盆の期間に旅行は行ってもいい? 東京のお盆の過ごし方として、旅行に出かけてもよいものでしょうか。 ご自宅にお仏壇もなく、特に帰省先もないという方もいらっしゃるでしょう。 そこで次に、 お盆に旅行に出かけてもよいかどうかについて解説します。 お盆の過ごし方は人それぞれ 上の章でお盆の一般的な過ごし方について解説しましたが、お盆の過ごし方は人それぞれです。 大切なのは、ご先祖様に手を合わせ感謝の気持ちを表すことです。 その気持ちを持つことが、一番の供養になります。 もしまとまってお休みをとることができたら、 お盆に旅行に出かけても問題ありません。 お盆に旅行に行く際の注意点 7月のお盆の時期に旅行に行く際、 気をつけるべきポイントについて以下にまとめました。 早めに予定・計画を立てる 全国的にお盆休みといえば8月中旬ですが、東京では7月にお盆を迎える地域も多いです。 最近では休みが8月に集中しないよう、早めに休みを取る人も多いと聞きます。 どこで遊ぶか、近場か遠方かによっても計画内容は変わります。 何事も早めの計画が大切です。 交通手段を考える 一番気をつけなければいけないことは、移動の交通手段です。 新幹線や飛行機など席に限りがある乗り物は、 早めに予約をしなければなりません。 早めに計画すれば、格安チケットを利用することができるかもしれません。 車で移動する場合も、道路状況や混み具合を確認しておいたほうがよいでしょう。 8月のお盆時期のようなラッシュにはならないと思われますが、思わぬところで道路工事や通行止めになっていることもありますので、道路事情の確認は必須です。 事前に情報を集める 8月のお盆の時期ですと、多くの観光地で子供向けのイベントなどが催されます。 しかし、7月のお盆の時期は、 イベントも中休みになっている可能性があるので注意が必要です。 出かける前に、イベント情報など調べておくと安心です。 お盆の東京の有名イベント お盆期間、なにをしていいのか迷う方もいるのではないでしょうか? そこで、ここでは 東京の有名イベントについて一部を解説していきたいと思います。 ぜひ参考にしてみてください。 隅田川花火大会 隅田川花火大会は、毎年7月最終土曜日に隅田川沿いの河川敷で行われる花火大会で、江戸川区花火大会とともに 東京二大花火大会のひとつに数えられています。 毎年100万人もの人が集まり、第一会場では9,350発、第二会場では10,650発もの花火が東京の夜を照らします。 屋型船や大型クルーズ船、屋上などの特別観覧席もあるので、大切な人とぜひ訪れてみてください。 しかし、2020年は東京オリンピックの日程と重なることから 7月11日に行われる予定です。 うえの夏祭り うえの夏祭りは、1982年の東北新幹線を記念して始まったパレードです。 JR上野駅、水上音楽堂、上野中央通りの3か所で行われ、東北の祭りをはじめとした約30の団体がそれぞれ熱気にあふれたパフォーマンスを披露します。 毎年7月中旬から8月中旬まで約1か月間行われるので、ぜひ訪れてみるのはいかがでしょうか? 東京高円寺阿波踊り 東京高円寺阿波踊りは1957年に街の活気づけを目的に高円寺の商店街で始まりました。 毎年8月下旬に二日間にかけて行われ、約100万人もの観光客が訪れる一大イベントとして知られています。 祭り期間中には、踊りだけでなく高円寺阿波おどり連協会選抜連による舞台公演も予定されています。 2020年は 8月22日・23日に行われます。 東京高円寺阿波踊りで最高の夏休みを締めくくってはいかがでしょうか。 お盆の穴場観光地方スポット 混雑少なめ 7月のお盆の時期であったとしても、できればあまり混雑していないところに出かけたいものですね。 人気の観光地でありながらそれほど混まない場所もたくさんあります。 お盆休みの おでかけにぴったりの穴場スポットをご紹介します。 北海道・風のガーデン お盆休みには思い切って北海道・富良野へ出かけてみてはいかがでしょうか。 富良野でぜひ立ち寄っていただきたいのが、 新富良野プリンスホテルの敷地に設けられた庭園「風のガーデン」です。 2008年にフジテレビ系列で放送された「風のガーデン」というドラマのロケ地として、長い歳月をかけて築かれた美しい庭を見学することができます。 四季折々様々な植物を楽しむことができますが、ベストシーズンは7月と言われています。 特に早朝、ひんやりとした北海道の空気を吸い込みながらの散策は格別です。 神奈川県・箱根彫刻の森美術館 箱根彫刻の森美術館は、日本屈指の温泉地・箱根で多くの観光客に愛される野外美術館です。 文字通り、名だたる芸術家の作品が屋外に展示されており、 直に触れてアートを体感することができます。 最近では、インスタ映えする写真を撮ることができるスポットとしても大変人気があります。 箱根の美しい自然と融合して、芸術に詳しくなくても散策を楽しむことができます。 散策に疲れたら、園内に湧き出るお湯を利用した足湯で一休みしてください。 兵庫県・若杉高原おおやキャンプ場 兵庫県の中央にある若杉高原のスキー場は、夏場はキャンプ場になっています。 高原で涼しく、芝生の斜面で芝スキーやそり遊びを楽しむことができます。 ここは星がきれいに見えるスポットとしても人気で、 星空観測を楽しむためにキャンプに訪れる人も多いことで知られています。 お盆休みにご家族で星空を楽しんでみてはいかがでしょうか。 山口県・ホテル西長門リゾート 山口県の日本海側、大海原にかかる 角島大橋を望む壮大な景色が自慢のリゾートホテルです。 海にせり出した露天風呂が名物で、日帰り温泉を楽しむことができます。 南国のような美しく透き通った海は一見の価値ありです。 ご友人同士でもご家族でも楽しむことができるホテルとして人気が高いです。 「終活ねっと」では、他にもおすすめのスポットをご紹介しております。 お盆休みに旅行を考えている方は以下の記事も合わせてご覧ください。 「初盆」「新盆」という言葉をご存知でしょうか。 初盆(はつぼん)とは、故人が亡くなって四十九日が過ぎた後、 忌が明けて初めて迎えるお盆のことです。 新盆(しんぼん・あらぼん)と呼ぶ地域もあります。 地域や家々の習慣によって異なりますが、初盆は概ね、盛大に行うことが多いです。 また、新盆という言葉は、新暦によるお盆(現代の暦上の7月15日前後に行うお盆)を言い表すときにも使います。 これに対して8月15日前後に行う一般的なお盆のことを「旧盆」と呼ぶこともあります。 お盆は長い間、ご先祖様を大切に思う人々の間で大切に受け継がれてきた行事です。 このように、地域によって様々な呼び方があるところからも、庶民の手によって守られてきた文化、風習であることが伺えます。 新盆についてさらに詳しく知りたいという方は、「終活ねっと」の以下の記事もあわせてご覧ください。 お盆とは、先祖の霊が家族のもとに帰ってきて一緒に過ごす行事のことである。 東京では7月15日を中心にお盆を過ごす地域が多い。 7月にお盆を迎える地域が多い理由は、地方と日程がずれていたほうが親戚が集まりやすいためと、新暦・旧暦が影響しているものと思われる。 お盆の過ごし方は人それぞれなので、休暇として旅行などに出かけてもよい。 お盆の過ごし方は人それぞれです。 特別な飾りやお供えはしないというお宅もあります。 ご家族でゆっくり楽しく遊びに出かけるのも、お盆の過ごし方のひとつと言えるかもしれません。 ご家族で話し合って、それぞれのお盆の過ごし方・楽しみ方を探してみてください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 「終活ねっと」では、お盆に関する記事を多数紹介しております。 宗派ごとのお盆の迎え方・送り方について詳しく知りたいという方は、以下のリンクも合わせてご覧ください。

次の

2020お盆休みコロナの影響でどうなる?帰省できるか・旅行やレジャーについても|みかんと傘とコッペパン。

お盆 帰省 2020

毎年8月中旬になると、ニュースなどで話題になる「お盆の帰省ラッシュ」。 でも、ふと疑問に思いませんか? 「お盆」って、いつからいつまで? 「お盆」には、親戚がたくさん集まってご飯食べたりするけど、何のための行事? 今回は、「お盆」について、調べてみましょう。 「お盆」の由来や意味とは?何のための行事? 「お盆」とは、 仏教の行事で、古く奈良時代から行われおり、仏教用語では 「盂蘭盆会 うらぼんえ 」とか 「盂蘭盆 うらぼん 」とも言われています。 その由来は、「お釈迦様の弟子の一人で、何もかも見通すことができる神通力を持っていた人物が、亡き母親の姿をみたところ、母親が地獄で餓鬼道に落ちていて苦しんでいたため、お釈迦様の言葉に従ってその母親を救うために、多くの僧を招いて一心に供養したところ、たちどころに救われた」ということが盂蘭盆経という経典の中に書かれています。 そのため、 亡くなった先祖が地獄に落ちたりしないよう、もし落ちていたら救われるように、始まったのが「お盆」という行事です。 日本では「この時期に、先祖の魂が里帰りをしてくる」とも言われています。 そのため、 家族や親族が集まって、先祖の魂と一緒にお寺や自宅でお坊さんにお経をあげてもらい、先祖への感謝の念と現世の人々の安寧を祈る行事として、定着しているのです。 ただ、最近では簡素化されてきていて、お坊さんを呼ばずに、お墓参りだけで済ませる家庭も増えてきています。 2020年の「お盆」の期間はいつからいつまで? 現在、日本で全国的に行われている行事の多くは、その地方によって旧暦で行われたり、新暦で行われたりしていますが、「お盆」もその例にもれません。 これは明治時代の改暦の際、旧暦と新暦の間で1ヶ月ほどのずれのため、お盆を「いつ行うか」ということで、その判断が地域によって異なったためです。 主に東京など一部地域では旧暦の日付をそのまま新暦に引き継ぎ7月15日としており、現在、毎年7月15日がお盆になっています。 その他の8月がお盆の地域は、旧暦と新暦の季節のずれを考慮し、ちょうど1ヶ月遅らせた8月15日がお盆になっています。 ということで 「お盆」は毎年全国的に8月13日~8月16日、東京など関東圏の一部では7月13日~7月16日です。 いずれにせよ、帰ってきた御先祖様を招き入れ、一緒に過ごし、見送るという趣旨は変わりません。 その地方で決まっているもののありますが、故人が好きだった物などを供えても大丈夫です。 多くの古いものは捨てられて、どんどん新しいものに変わっていく現代。 その中でも「お盆」がしっかりと根付いている日本は、ずばらしい国だと思います。 御先祖様だけでなく、何事にも感謝することは、とても大切な事ですね。 関連: 関連: - , ,.

次の