ギター チューニング ヘルツ。 音を合わせる!ギターのチューニングの種類と方法

ギターのチューニングの周波数について教えてください。

ギター チューニング ヘルツ

チューニングとは音あわせと言うことです。 これが ギターを弾く前、それが練習であっても、本番のステージであっても、 一番の基本で大切なことです。 チューニング無くしてギターなし! と言ってしまえば大げさですが、その昔、リュート奏者が(リュートとはルネッサンス以降ヨーロッパで人気があった多弦楽器)『人生の1/3は調弦(チューニング)に費やす』と言ったとか・・・。 なぜ、基本なのかと言う事ですが、音が合っていないと当然正確な音では弾くことが出来ませんね。 また、微妙に音が狂っていると、これまた微妙な響きになって、なんとも気持ちの悪いサウンドになってしまいます。 チューニングと言うのはギターに限らず楽器全てに 共通の決め事なんです。 ですからチューニングをすることは 音楽・楽器を演奏する上での最低のマナーと考えてください。。 チューニングの基本 チューニングの基本は まず、基準の音にギターの5弦の音を合わせる 次に、5弦の音を基本にしてその他の弦の音を合わせる と言うことになります。 文章で書いてしまうと実に単純ですね。 基準の音って? まずは、 基準の音にギターの5弦を合わせると言うことについてですが、ここで疑問は 基準の音ですね。 基準の音と言うのは、 A音=440Hz(ヘルツ)が万国共通の基準の音になります。 A音と言うのは、ドレミで言うと ラの音になります。 ラの音を Aと書くのも万国共通です。 しかし同じ ラの音でも、女性が歌えば高い音の ラになるし、逆に男性だと低い音の ラになりますね。 つまり、同じ ラでも ドでも ミでも 音の高さがいろいろあると言うことなんです。 では、基準の音に戻りますが、A音=440Hz(ヘルツ)をピアノで言うと、丁度真ん中のあたりにある ラの音になります。 専門的には、この ラの音は A3のラと言います。 さらに、440Hz(ヘルツ)の意味ですが、ヘルツ Hz と言うのは周波数を表す単位です。 音波や電波のように周期的に振動する現象が毎秒当たりに繰り返される回数を表します。 音は振動ですので、その周波数によって音の高さが変わると言うことなんです。 それでは『なぜ440Hzが基準なの?』と言うことですが、簡単に言ってしまうと、人間が聴き取ることのできる音の一番低い音が A音=27. 5Hzと言われています。 これはピアノで言うと一番左側の一番低い音(A0)になります。 音はオクターブ上がると周波数は倍になりますので、倍で55. 4Hz、その倍で110Hz、さらに倍で220Hz、更にさらに倍で440Hz。 つまりA音=440Hz(ヘルツ)。 この 基準の音・A音=440Hz(ヘルツ)はギターで言うと5弦の音になるわけです。 ですから、基準の音A音=440Hz(ヘルツ)に5弦の音を合わせると、万国共通!楽器の垣根を越えて!同じ音を出すことが出来るというわけです。 基準の音A音=440Hz(ヘルツ)はどこにあるの? この基準の音は、その辺にころがっているわけではないので、購入すると言うことになります。 音を購入?ってわかりにくいですが、正確には、 基準の音・A音=440Hz(ヘルツ)を出せる道具を購入すると言うことなんです。 それが、例えば チューナーや 音叉、 調子笛などなのです。 まずはこれが無いと、正確な基準音がわからないと言うわけなんです。 ここで再びチューニングの基本的な方法を書いてみるとこうなります。 基準音をだすチューナーや音叉などを使用して ギターの5弦の音を基準の音に合わせる あわせた5弦の音を今度は基準にして、その他の弦の音を合わせる と言うことになります。

次の

【初心者必見】ギターチューニングの基礎知識と方法

ギター チューニング ヘルツ

それが以下の2つのケースです。 ・クリップ式チューナーを使っている ・開放弦のチューニングは合っているが、フレットを押さえたときの音程が合わない 該当する人は次の対処法を実践してみてください。 静かな場所でチューニング クリップ式チューナーを使っている人は、静かな場所でチューニングするようにしてください。 詳しくは「ベースに使えるチューナーの種類」で後述しますが、クリップ式チューナーは周りの音を拾ってしまう特性があるのです。 スタジオでチューニングする際などは、 他の楽器の音が聞こえない環境でチューニングするようにしましょう。 ライブ会場などの騒がしい場所でチューニングをする機会が多い人は、シールドで音を送り込みチューナーができる カード型チューナーやペダル式チューナーがオススメです。 周りの音に一切左右されず、精度の高いチューニングができます。 オクターブチューニング フレットを押さえたときの音程が合わない人は、オクターブチューニングを行いましょう。 オクターブチューニングとは、 各開放弦と12フレット(オクターブ)の音を同じにすることをいいます。 弦を変えたときやネック・弦高を調整したときに、ズレてしまうことが多いので注意です。 オクターブチューニングはブリッジのサドルを調整して行うため、 ドライバーとチューナーが必要です。 サドルが動きにくい場合は弦を緩めてサドル調整を行いましょう。 ベースに使えるチューナーの種類 ベースに使えるチューナーはいろいろな種類があるので、どれを使うべきかわからないですよね。 まずはチューナーの種類を知って、あなたに合ったチューナーを見つけましょう。 カード型チューナー 1番ベーシックなタイプのチューナーがカード型チューナーです。 ベース初心者セットなどについているのも、カード型チューナーが多いようです。 メリット:アンプで出す音が正しいかチューニングできる(エレキベース向き)、持ち運びしやすく価格も安い、メトロノーム機能がついたものもある デメリット:シールドで繋いでチューニングするので、アンプに繋ぎ直す手間がある(ライブ中などは不向き) カード型チューナーはベース初心者に向いています。 クリップ式チューナー クリップ式チューナーベースのヘッドに挟んで使います。 弦の振動を拾ってチューニングします。 メリット:シールド不要で挟むだけなので手軽、持ち運びしやすく価格が安い デメリット:静かな場所でないと正常にチューニングできない(スタジオ・バンド練習などには不向き) クリップ式チューナーは家で練習したり、個別練習する際に向いています。 ペダルチューナー ペダルチューナーはその名の通り、足元に置いて使えるチューナです。 シールドで接続しますが、ベースとアンプの間に入れるので接続の手間はありません。 メリット:ライブ中のチューニングがスマート、ミュート機能もある、チューニングの精度が高い デメリット:大型なので持ち運びが難しい、価格が高い ペダルチューナーは上級者やライブ出演時に向いています。 チューニングアプリ チューニングアプリはスマホからダウンロードが可能です。 無料のチューニングアプリもあります。 メリット:スマホがあればチューニングができるので手軽、無料で使用できる デメリット:スマホのマイクで音を拾うため、周辺環境が静かでなければならない チューニングアプリはチューナーの予備として向いています。 ベースのチューニングに関するQ&A ベースのチューニング方法は理解できたけど、もう少し詳しく知りたい!そんなベース初心者に向けて、よくある疑問をまとめました。 「E」「A」などアルファベットが指す意味は? A. ちなみにチューニングでは以下の音に合わせます。 4弦=E(ミ) 3弦=A(ラ) 2弦=D(レ) 1弦=G(ソ) Q. ヘルツ(周波数)って気にするべき? A. 基本的に気にする必要はありません。 ベースやギター、キーボードなどでよく使用されるのは440Hzです。 チューナーも初期設定が440Hzになっています。 ちなみにクラシックでは442Hzが多く、ピアノも441Hzや442Hzに設定されています。 クラシックのセッション・レコーディングの際にはピアノに合わせたほうが良いです。 チューニングが早くなるコツは? A. 締めながら合わせる、チューニング繰り返すのがコツです。 緩めながら合わせると音程が狂いやすくなりますので、締めながらチューニングするのが効率的です。 また、先に合わせた弦は緩みやすくなりますので、もう一度チューニングしましょう。 チューニングが正しくできたときのペグの位置をある程度覚えておくのも有効です。 ベースのチューニングが大幅にズレることはあまりないので、微調整で済むことがほとんどです。 適当にペグを回すと、時間がかかってしまうこともあるので注意しましょう。 上級者向け!ベースのチューニングの種類 ベース初心者はレギュラーチューニングで十分ですが、上級者になると曲によってチューニングを変えたり、5・6弦ベースを使用することもあります。 そこで、上級者が使える、4種類のチューニングについて解説します。 チューナー不要のチューニング 音叉やピアノの音を使ったチューニング方法です。 音叉の音はA(ラ)で、ベースの3弦の音と同じ音なので、チューナーなしでチューニングができます。 調律されたピアノの音でも可能です。 うなりが聞こえなくなれば合っています。 フラットチューニング(半音下げチューニング) フラットチューニングは半音低くしたチューニングのことをいいます。 チューニングの音は以下のようになります。 ドロップDチューニング ドロップDチューニングは4弦だけを1音低くしたチューニングのことをいいます。 チューニングの音は以下のようになります。 4弦=D(レ) 3弦=A(ラ) 2弦=D(レ) 1弦=G(ソ) 通常のチューニングでは最低音は「E ミ 」しか出せないため、それより低い音「D(レ)」を出さなければいけないときに使います。 ドロップCチューニング ドロップCチューニングは4弦だけを2音低くしたチューニングのことをいいます。 チューニングの音は以下のようになります。 4弦=C ド 3弦=A(ラ) 2弦=D(レ) 1弦=G(ソ) ドロップDチューニングのときよりも低い音を出したいときに使います。 5・6弦ベースのチューニング 5弦ベースは通常のベースの低い方に1弦プラスされたものです。 チューニングの音は以下のようになります。 5弦=B(シ) 4弦=E(ミ) 3弦=A(ラ) 2弦=D(レ) 1弦=G(ソ) 6弦ベースは5弦ベースに高い方に1弦プラスされたものです。 チューニングの音は以下のようになります。 6弦=B(シ) 5弦=E(ミ) 4弦=A(ラ) 3弦=D(レ) 2弦=G(ソ) 1弦=C(ド) まとめ 今回はベースのチューニング方法や基礎知識をお伝えしました。 チューニングがしっかりできていないと、せっかくの演奏が台無しになってしまします。 レギュラーチューニングは簡単にできるので、初心者でも習得しておきたいですね。 また、チューニングを含めたベース全体の基礎を身に付けたいと思ったあなたへ。 音楽教室に通ってみませんか?オトナビスタでは初心者でも通いやすい「 シアーミュージック」をおすすめしています。

次の

ベースのレギュラーチューニングの基本│ベース教える君

ギター チューニング ヘルツ

スポンサードリンク ギターのチューニングヘルツ数~440Hzと442Hzの違い 私たちがギターのチューニングをする時に基本となる音が、5弦開放のラの音(A音)である。 この ラの音(A音)のヘルツ数(Hz数)が何ヘルツかというと基本的にはギターの場合は、440Hzになる。 ところが、 時々440Hz以外にラの音(A音)のヘルツ数(Hz数)を442Hzや441Hzに設定していることがある。 わずか数ヘルツ(Hz)であるが、高い音に設定しているということになる。 筆者は残念ながらこの程度の違いは感じることができないが、ミュージシャンなどはこの違いを敏感に察知し、「音がズレている」と感じることになる。 問題はなぜ、このようにわざうかに違う数ヘルツ(Hz)に設定するのかということである。 ここではギターで最も多く用いられている440Hzと442Hzの違いについて見ていきたいと思う。 ギターのチューニングヘルツ数~440Hzの場合 ギターのチューニングは基本的には440Hzと前述したが、 ギターによる弾き語りや通常のバンド演奏の場合は、ほぼ440Hzでほぼ間違いない。 市販のチューナーもほとんどが初期設定は440Hzだし、キーボードも初期設定は440Hzである。 なので、通常のポップスやロックなどは440Hzで問題ない。 ギターのチューニングヘルツ数~442Hzの場合 もう一方の440Hzの場合はどうかというと、こちらは クラシック音楽やオーケストラで用いられる周波数で、生ピアノもこちらの周波数である。 また管楽器なども442Hzを標準の周波数として作られている。 もし、これらの中にギターが入っていっしょに演奏するとしたら、ギターが442Hzに合わせてチューニングするのが妥当であろう。 まさかギターだけが440Hzではピッチがズレて気持ち悪くなってしまう。 ギターのチューニングの注意点~チューナー使用時など このようにギターのチューニングヘルツ数は440Hzが基本ではあるものの時と場合によっては、441Hzや442Hzの場合もある。 ギターのチューニングにチューナーを用いる時、440Hzの場合は初期設定で問題ないが、441Hzや442Hzの場合は注意が必要だ。 しかし、最近のチューナーは便利になっっているので、ちょっと設定を変更すればすぐに対応できるはずだ。 ラの音(A音)のヘルツ数(Hz数)を441Hzや442Hzに設定変更すれば解決だ。 もし、生ピアノなどといっしょに演奏する場合は、一応確認しておいたほうがいいだろう。 また、蛇足になるが、 人間の耳は440Hzと442Hzの違いは感じ取るが、440Hzと441Hzや441Hzと442Hzなど、1Hzの違いは絶対音感を持っている人でもわからないらしい。 そのため、440Hzと442Hzのどちらにも対応できるように441Hzでチューニングしているライブハウスもあるそうだ。 ギターのチューニングヘルツ数のまとめ 今回は、ギターのチューニングヘルツ数とは何か、また440Hzと442Hzの違いなどを見てきた。 ギターのチューニングヘルツ数とは周波数のことで、周波数とは簡単に言うと音の高さを意味する。 また、 ギターのチューニングで基本となる音が、5弦開放のラの音(A音)で通常は440Hzになる。 生ピアノや管楽器などの周波数が441Hzと442Hzなどに設定されているため、ギターがこれらの楽器と演奏する場合は、注意が必要だ。 最近はチューナーが優秀なのでワンタッチで周波数の設定を変更できるので、簡単に対応できるはずだ。 この記事が少しでもみなさんのお役に立てば、幸いである。

次の