テレビ 金沢。 テレビ金沢とは (テレビカナザワとは) [単語記事]

テレビCMを出稿する時に重要なGRPとは?

テレビ 金沢

古いパソコン本体や液晶モニターの処分 無料で回収に来てくれますので、段ボールに入れて送るだけで0円処分出来ます。 たくさんの方が利用しているパソコン無料回収。 パソコンを無料で処分出来るホームページ詳しくはこちらです。 テレビのリサイクルは家電リサイクル法によって行いますが、収集場所は各自治体によって違うのが現状です。 皆さんの住んでいる地域のルールに従ってテレビの処分をする必要があります。 間違ったテレビ処分をしないために、お住まいの自治体の家電リサイクル情報をチェックしておきましょう。 家電リサイクル法による 金沢市のテレビの処分方法について、インターネットというメディアを利用して、テレビの処分情報を提供されています。 金沢市でテレビを処分をするときの注意点やテレビの家電リサイクル受付先などを掲載していますので金沢市のテレビ処分について困ったときにぜひご活用ください。 私たちが楽しく観ていたテレビも使わなくなれば、買い取ってもらったり、金沢市の購入したお店に依頼したり、郵便局でリサイクル券を購入し金沢市の許可業者に収集運搬費を支払い引取り依頼をしたりして家電リサイクル法による処分をすることになります。 いずれにしても『収集・運搬料金』+『メーカーのリサイクル料金』を支払うことになります。 金沢市のテレビの処分方法などの決まりをまもり適切に処分しなければいけません。 スポンサー リンク 家電リサイクル法による処分方法 金沢市でテレビを処分する際に粗大ごみでは出せません。 1)購入したお店または買い換えたお店に依頼する方法。 ただし、小売店ごとに収集・運搬料金が、製造業者等ごとにリサイクル料金が異なるため、それぞれの料金は小売店またはメーカーにご確認ください。 消費者が直接メーカーの指定引取場所に運搬する場合は、収集運搬料金は必要ありませんが、最初に郵便局でリサイクル券を購入してからとなります。 主な例として、大手メーカーの料金は、エアコン1,500円(税別)、テレビ(16型以上)2,700円(税別)、冷蔵庫・冷凍庫(内容積171L以上)4,600円(税別)、洗濯機2,400円(税別)となります。 メーカーにより料金が違いますので、詳しくは「」のホームページ でご確認ください。 スポンサーリンク 自分でテレビを運び出すのは重くて大変 テレビを自力で自治体指定の指定引取場所に持ち込む場合は、自分で運ぶので収集・運搬料金は必要ありませんがリサイクル料金は必要になります。 大きなテレビの処分の際に自分でテレビを運び出すのは重くて大変です。 もし腰などを痛めたら、テレビ処分にかかるお金どころではありません。 大きな重いテレビは専門業者に任せて処分してもらうのも一つの方法だと思います。 まず、不用品回収業者とはどんなところなのかを見てみましょう。 不用品回収業者が扱っているもの 不用品回収業者とは、一般家庭からオフィス用品まで幅広く不用品の回収を行なってくれる業者のことです。 営利を目的として商売をしているので、自治体と違い不用品を回収、処分するのに処分料金が発生します。 基本的には有害、危険な物以外どのような物でも回収、処分してくれます。 不用品回収業者を利用するメリットは• 問い合わせをするとすぐに対応してくれる• テレビの回収日はこちらの都合で対応してくれる• テレビの運び出しを業者がすべてやってくれる 不用品回収業者を利用するデメリットは• テレビの回収、処分の金額がわからない• どこの業者を選べばよいのかわからない• 自治体と比較して金額的に高いことが多い と言ったことが考えられます。 当サイトがこちらの回収業者をおすすめする理由 こちらの回収業者は、回収依頼の受付を24時間対応しています。 9時〜21時の間で作業を行ってくれます。 作業料金のみで出張料などは必要ありません。 作業前に作業方法と作業料金について詳しく説明してくれるので、安心して依頼できます。 他社のお見積り内容よりも、安く対応してくれるそうですので相談してください。 部屋から出せない大きな家具とかで組立式の家具であれば分解・解体して搬出していただけますし、解体出来ない大きな家具でもベランダ等から搬出してくれますので安心して依頼できます。 作業してもらう際でも依頼者様は何もする必要はありませんし、準備・後片付けも全て回収業者のスタッフが行ってくれます。 作業依頼前ならキャンセル料金は発生しません。 急いで処分したい時や引っ越しの際のテレビの処分であれば素早い対応をしてくれる信頼できる業者に依頼することが大切です。 もし、引越しなどで時間が無い場合などは、こちらの不用品回収サービスを参考にしてください。

次の

テレビ金沢

テレビ 金沢

北海道・東北• 九州・沖縄• 北海道• 宮城県• 青森県• 岩手県• 秋田県• 山形県• 福島県• 東京都• 神奈川県• 埼玉県• 千葉県• 栃木県• 群馬県• 茨城県• 新潟県• 福井県• 石川県• 富山県• 山梨県• 愛知県• 岐阜県• 長野県• 静岡県• 大阪府• 京都府• 兵庫県• 奈良県• 滋賀県• 和歌山県• 三重県• 広島県• 岡山県• 山口県• 鳥取県• 島根県• 徳島県• 高知県• 愛媛県• 香川県• 福岡県• 長崎県• 佐賀県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県.

次の

金沢市のアンテナ工事のおすすめ業者を料金で比較|生活110番

テレビ 金沢

テレビ金沢本社 略称 KTK、テレ金 本社所在地 〒920-0386 古府二丁目136番地 : 設立 (元年) 事業内容 に基づくテレビジョン放送事業 代表者 築田 和夫 資本金 18億円(2020年3月31日時点) 売上高 43億5,337万4,000円(2020年03月31日時点) 営業利益 4億15万4,000円(2020年03月31日時点) 経常利益 4億854万8,000円(2020年03月31日時点) 純利益 2億5,916万8,000円(2020年03月31日時点) 総資産 52億4,060万7,000円(2020年03月31日時点) 従業員数 81人(2020年3月31日時点) 決算期 3月31日 主要株主 35. 七尾 30ch• 輪島 32ch• 珠洲 37ch• 羽咋 36ch• 山中 21ch ほか 主なアナログ中継局 を参照 公式サイト 特記事項: (18年)に地上デジタル放送開始。 株式会社テレビ金沢(テレビかなざわ、: Television Kanazawa Corporation)は、をとした事業を行っている、である。 は KTK( K. Television Kanazawa)、は テレ金(テレきん)。 概要 [ ] は (金沢)で、をとする-系列のテレビ局(3県唯一のNNS)である。 地元であるとの関係は、この局が一番深い。 とも協力関係を持つ。 よりを開始(物理チャンネル・17ch、出力1kW)、はキー局の日本テレビと同じ「 4」。 開局当初から使われている同局のイメージソング「」は、地元出身で、映画『』の主題歌などを歌ったが担当している。 同局ので完全版(歌入り)が流れ、クロージング(休止時のみ)にはインスト版が、一部ニュースの天気予報時にはインストのアレンジ版が流れる。 所在地 [ ] 本社 石川県古府二丁目136番地(〒920-0386) 東京支社 六丁目14番20号 香蘭社ビル9階 大阪支社 二丁目6番30号 エム・タナカビル6階 富山支社 神通本町一丁目1番19号 いちご富山駅西ビル1階(かつては5階に入居) 資本構成 [ ] 企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。 出典: 2015年3月31日 - 2016年3月31日 [ ] 資本金 発行済株式総数 株主数 18億円 36,000株 22 株主 株式数 比率 12,690株 35. 七尾 30ch 50W• 山中 21ch 0. 羽咋 36ch 10W• 輪島 32ch 10W• 37ch 30W• 43ch 3W• 大聖寺 36ch 1W• 富来 32ch 3W• 東門前 32ch 1W• 能登鹿島 32ch 3W• 町野 32ch 0. 小松金平 21ch 0. 05w• 小松尾小屋 31ch 0. 05W• 粟津 17ch 0. 塩屋 17ch 0. 鶴来 21ch 0. 鳥越 21ch 1w• 尾口 21ch 1w• 白山下 46ch 0. 01w• 白峰 21ch 0. 加賀東谷口 46ch 0. 05w• 津幡竹橋 35ch 0. 01w• 片山津 43ch 0. 05w• 七尾 57ch 300W• 輪島 19ch 100W• 珠洲 41ch 200W• 羽咋 42ch 100W• 山中 49ch 3W• 富来 36ch 30W• 粟津 57ch 1W• 鶴来 31ch 3W• 白峰 60ch 1W• 大聖寺 31ch 10W• 塩屋 53ch 3W• 鳥越 57ch 10W• 尾口 48ch 3W• 町野 45ch 3W• 金沢 57ch 30W• 金沢 39ch 1W• 能登鹿島 45ch 10W• 七尾灘浦 41ch 30W• 舳倉 42ch 10W• 門前暮坂 60ch 1W• 門前皆月 42ch 0. 鍋谷 62ch 0. 津幡南中条 53ch 0. 小松金平 53ch 0. 加賀東谷口 52ch 0. 白山下 54ch 0. 津幡竹橋 53ch 0. 小松尾小屋 53ch 0. 吉野谷瀬波 31ch 0. 片山津 42ch 0. 片山津南 44ch 0. 金沢神谷内 52ch 0. 中継局の設置は、という事もあり、、から見れば随分少なく、特に能登地方において貧弱だった。 その一方で、金沢卯辰山、金沢御所、金沢神谷内、門前皆月、門前暮坂、吉野谷瀬波、加賀片山津南、辰口鍋谷、津幡南中条の各局は地デジ化されずに2011年7月24日のアナログ放送終了をもって廃止したほか、珠州中継局は国の完全デジタル化のリハーサル事業に伴いアナログ放送終了の1年前に廃止された。 情報カメラ設置ポイント [ ] 現在• 本社屋上• 会館屋上• 園内(と共同設置)• 輪島(一本松公園) 過去• 屋上() 沿革 [ ]• - 石川地区第3局チャンネル割り当て。 同年までに石川地区だけでも296件の免許申請があった。 - 一本化調整完了。 - 会社設立。 - 13:00より初めての試験電波を発射(発射初日は映像はカラーバー、音声は1kHzののみで約3時間発射された)。 - 終日(番組の大部分がのものを使用。 ただし、北陸放送・石川テレビで遅れネットされていた番組の時間帯(『』の内包番組『』を含む)に関しては日本テレビ制作の別の録画番組で穴埋め)。 - で3番目のとして開局(同じ石川県の、のと同日開局。 開局時のは8局)。 この日朝放送された『』では真新しいスタジオと中継を結んだ。 - 年間ならびに年度視聴率で開局以来初の3冠王を獲得(ビデオリサーチ調べ、石川地区・世帯・リアルタイム。 2002年まで5年連続)。 - デジタルマスターへ更新(NEC製)。 - サービス放送開始。 - 地上デジタル放送開始。 - 終了2年前に併せて、で県内のNHK・民放5社・団体6チャンネル共通で10時から11時の1時間、試験的にアナログ放送休止(デジタル放送は通常放送)。 12:00 - 12:00 - 地上アナログテレビ放送終了1年半前に併せて珠洲中継局で県内5社・団体6チャンネル共通で2日間・48時間に渡りアナログ放送を休止(デジタル放送は通常放送)。 7月24日 - 珠洲中継局が全国より1年早く、この日の12時をもって地上アナログテレビ放送を全面終了。 7月24日 - 12時をもってアナログ放送が終了。 翌7月25日の0時に完全停波した。 - 年間三冠王を獲得(ビデオリサーチ調べ、石川地区・世帯・リアルタイム)。 社史 [ ]• 『 地域に愛される放送局を目指して テレビ金沢開局10周年誌』 - 発行 ネットワークの移り変わり [ ]• - 系列のマストバイ局として開局した。 内に於いては、初めてのマストバイ局となった。 移行された番組の割合は、7:3。 ニュース番組など、生番組は新規ネット開始である。 スポーツ中継やスポンサードネット(石川テレビで放送されていた『』・『』などは除く)は、ほとんど北陸放送からの移行である。 ただし、2局の編成上『』・『』・『』・『』・『』・『』などは2局時代、石川県では放送されなかった。 なお、テレビ金沢の開局後、においては全国大会はより放送を開始したが、石川県大会はまでは北陸放送で放送していた。 また、北陸放送で放送されていた制作の『』が移行された時期は一番遅く、放送分より移行された。 現在の主な番組 [ ] 詳細は、公式サイトの あるいは を参照。 (月曜 - 木曜 15:53 - 19:00)• 花のテレ金ちゃん (金曜 15:53 - 19:00)• マル得配便DX(火曜 10:40 - 10:55)• (『花のテレ金ちゃん』内の18:30ごろに放送、再放送:水曜 11:44 - 11:55)• マル得配便(木曜 11:44 - 11:55)• お天気です。 まいどさんの金沢クイズ(隔週土曜 11:40 - 11:45、広報番組・放送)• カラダ大辞典(隔週土曜 11:45 - 12:00)• (土曜 17:00 - 17:30 ) 日曜• ぶんぶんセブン(3週おきの日曜 7:00 - 7:30、石川県広報番組・手話放送)• いしかわ大百科(3週おきの日曜 7:00 - 7:30、放送利用講座・手話放送)• の人生夢あり歌もあり(3週おきの日曜 7:00 - 7:30、再放送:毎週火曜 11:44 - 11:55)• のドコ行く? 特別編(日曜 11:40 - 12:00) 特別番組 [ ]• 中継(例年5月下旬に放送)• の新金沢百景(不定期、『新金沢小景』の特別編として年間約3本を制作・放送) 日本テレビ系列番組 [ ] 製作局の表記のないものは制作、または制作局と同時ネットのローカルセールス枠 の番組を掲載。 (火曜 0:59 - 1:34(月曜深夜)、制作) 火曜• (水曜 0:59 - 2:01(火曜深夜)) 水曜• (木曜 0:59 - 1:34(水曜深夜)、制作) 木曜• (金曜 0:59 - 1:34(木曜深夜)、制作) 金曜• (金曜 22:54 - 23:00)• (土曜 14:30 - 14:55、中京テレビ制作)• (日曜 6:10 - 6:15)• (日曜 6:30 - 7:00)• 第2部 (日曜 9:55 - 10:25 )• (日曜 10:25 - 11:25)• (日曜 16:25 - 17:23 、読売テレビ・中京テレビ制作)• (木曜 10:25 - 10:55、制作)• (土曜 9:25 - 10:25 )• (日曜 0:55 - 1:55(土曜深夜))• (日曜 12:00 - 13:30 )• 【シーズン2】(月曜 1:30 - 2:00(日曜深夜)) その他 [ ]• (火曜 1:34 - 2:06(月曜深夜)、制作)• (木曜 1:34 - 2:06(水曜深夜)、制作)• (金曜 1:34 - 2:06(木曜深夜)、制作)• (日曜 5:40 - 6:10、制作)• (月曜 2:34 - 3:04(日曜深夜)) 再放送番組 [ ]• (土曜 10:30 - 11:25 、読売テレビ制作)• (土曜 13:30 - 14:30)• (土曜 15:55 - 16:55)• ひるドキッF• KTKニューススポット• テレビ金沢昼Nワイド(『』・『』を内包)• テレビ金沢 マル得配便• クイズ! ふるさと再発見(石川県広報番組)• (広報番組)• かなざわびより(金沢市広報番組)• 中継(2010年の放送で終了) 日本テレビ系列番組 [ ]• (読売テレビ)• (土曜 27:07 - 27:37)• テレビ東京系列番組 [ ]• (わんだほうまで)• (第1話 - 第37話まで放送。 2013年4月改編における『となりのテレ金ちゃん』枠拡大に伴い石川テレビに放映権移行)• アメロク()• 独立テレビ局などの番組 [ ]• '92'93(制作)• (制作)• (のが金沢市出身の縁より放送)• (制作)• (KBS京都制作)• (野外活動サークル制作)• (テレビ神奈川制作)• (テレビ埼玉制作、途中打ち切り)• (制作) サービス放送期間中に終了した番組 [ ]• 途中打ち切りとなった番組 [ ]• (自社制作番組『』開始による)• 開局時に移行した番組 [ ] 北陸放送から移行した番組 [ ]• MROでは、『MROサタデー劇場 』と改題して放送。 MROでは、『名画招待席』と改題して放送。 MROでは、不定期放送。 MROでは、総理府(現在の内閣府)提供の月・金曜は放送なし。 MROでは、最初の半年間(1989年10月~1990年3月)のみ放送。 (制作、1998年4月に移行)• プロ野球日本シリーズ• 石川テレビ放送から移行した番組 [ ]• (1981年まではMROでネット)• (制作)• (読売テレビ制作)• ローカルニュースの取り扱い [ ] 全国放送している一部の番組ではローカルニュースに差し替えして放送している。 なお、以下の項目以外は『』を参照。 天気予報コーナーの関東ローカルパート(23:52、金曜版のみ土曜0:21)をローカルニュースに差し替えている。 ニュースは1項目。 ニュースタイトルおよび見出しは『news zero』のデザインを使用。 18:52頃からの時間帯を割り当てており、ニュースは1~2項目。 ニュースタイトル及び見出しは『北國新聞ニュース』と同様。 このため、『真相報道 バンキシャ! 』のエンディングはネットされず、ニュース終了後に自社出しによるエンドカードが5秒間流れる。 のニュースを差し替えて放送。 ニュースは1項目で、ニュースタイトル及び見出しは『北國新聞ニュース』と同様。 在籍した人物 [ ] 現職のアナウンサー [ ] 男性 [ ]• (1990年 - 、元)• (2015年 - 、兼務〈2013年入社〉)• (2015年 - ) 女性 [ ]• (2006年 - )• (2017年 - )• (2018年 - )• (2019年 - 、元)• (2019年 - 、元フリー)• (2020年 - ) 過去のアナウンサー [ ] 太字は現在もテレビ金沢の番組に出演。 男性 [ ]• (現在はの番組に出演)• 満長直晃(2006年 - 2008年7月)• (1990年入社、1991年 - 、営業部長)• (2003年入社、元記者。 現在はIT業界)• (2009年入社、から移籍、2010年出張先で急逝)• (2011年 - 2014年8月中旬、現フリー)• (1997年 - 2015年10月、東京支社営業部係長) 女性 [ ]• 亀之内信子(元、1990年 -? 木下道子(元契約、1990年 -? 連美奈(元、1990年 - 、後に)• (元、1990年 - 2004年、現フリー)• (1990年 - 1994年、当時はお天気キャスター、現フリー。 元ボクサー夫人)• 加藤実知代(元)• 秋本和美(当時はお天気キャスター、現フリー)• (1992年 - 1994年、現フリー)• - 1995年)• (1994年 -? (1995年 - 2006年、現フリー)• (1995年 - 2006年、現フリー)• (2001年 - 2005年)• (2004年 - 2006年)• (2004年 - 2010年12月、他部署に異動、を経て、現フリー)• (2006年 - 2009年9月、・フリー・を経て、現在は再びフリー)• (2006年 - 2012年、現フリー)• (2011年 - 2015年10月、現フリー)• 川崎谷桐子(2015年 - 2016年、現フリー)• (2006年 - 2016年、広報担当)• (2013年 - 2016年12月、現フリー)• (2015年 - 2019年 、現フリー)• (2015年 - 2019年、現フリー)• (2016年 - 2019年、元)• (2016年 - 2019年、に移籍) アナウンサー以外の職員 [ ]• 在籍者以外の主な出演者 [ ] 現在 [ ]• - 『』に出演。 番組の監修と題字も手掛けている。 - 『』MC• - 『となりのテレ金ちゃん』水曜レギュラー、『ぶんぶんセブン』MC• - 『となりのテレ金ちゃん』月曜レギュラー、「口コミ! ここが通の店」担当• 成田由里 - 『となりのテレ金ちゃん』火曜レギュラー、「株式会社ウーマンスタイル」代表取締役• しもおきひろこ - 『となりのテレ金ちゃん』木曜レギュラー、「しもおきひろこキッチンスタジオ」主宰 過去 [ ]• - 日本テレビ元アナウンサー、『』の火曜日コメンテーターとして出演。 - 日本テレビ元アナウンサー、に金沢総局(現:金沢支局)出向時、同局のニュースキャスターを担当した。 - 元キャスター。 土日の定時ニュース全般を一時期担当。 - 週末の定時ニュースを随時担当。 その他 [ ] の放送局名表記は(北陸、大阪本社版)のみ 金沢で、その他はすべて テレビ金沢(なお、・での番組解説では放送局名は「金沢」と表記)。 また、テレビ金沢の略称である「KTK」を使う機会は一部テレビ雑誌(『』など)やニュース速報などを除き減少している。 なお、読売新聞の発行版では、に実施したの改正で新たに「KTK」の略称使用を開始している。 過去にの番組や再放送番組でのは北陸3県の放送局で唯一実施していなかった。 また、自社制作番組での字幕放送も過去に実施したことがない(『』で放送された場合を除く)。 未明の時間帯には定時番組の終了後からエンディングIDなしで(CS)をフィラーとして放送しているが、2011年4月1日以降、月 - 金曜の3:58以降のCS再送信が打ち切りとなり『』は、番販・ラインネットパートである第2部(5:20 - 5:50)のみのネットに変更となっている。 (ただし週末は終夜放送を実施。 )また深夜帯の番組では、独自に時間帯を付加するなどを行っている(詳細はを参照)。 なお現在の基点時間は平日(月 - 金曜)は4:20、土曜は4:00、日曜は4:10である。 へのローカルニュース配信は、映像を送出する回線が地上デジタル放送開始当初は未整備だったため、開始後もしばらくは左右黒帯のサイドカット画面()で配信されていた(日テレNEWS24の同時放送でも同様)。 その後、2009年8月に送出回線のハイビジョン更新が完了した模様(8月9日未明の日テレNEWS24内で石川発の特集がハイビジョンで放送された)。 かつてはでテレビ金沢の番組宣伝や『』の開催告知を放送していたが、も同局に出資している関係で現在は放送していない。 なお、テレビ金沢では2014年3月からのCMが放送されている(主に3月から4月にかけて放送されている)。 公式サイト上での報告を公表する一方で、の放送は北陸3県のテレビ・ラジオの県域局で唯一実施していない (番組審議会開催時は夕方のニュースで放送)。 また、外部の番組モニター制度は北陸3県の民放では唯一設けていない。 マスコットキャラクター [ ]• 現在、テレビ金沢のマスコットキャラクターは「テレ金ちゃん」。 まんじゅう型の体に手の生えたような体のものが、白・ピンク・緑の3体。 3体ともそれぞれ名前やキャラ設定されておらず、一部からは「テレ金ちゃんたち」や、などの企画でもらえる「3色まんじゅう」の色合いからそれぞれ「抹茶」、「イチゴ」、「バニラ」と呼ばれている。 なお、「テレ金ちゃん」は『となりのテレ金ちゃん』の番組キャラクターも兼ねている。 - 総務省電波利用ホームページ• 『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、337頁。 『日本民間放送年鑑2016』コーケン出版、2016年11月25日、344頁。 『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、308頁。 『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、327頁。 テレビ金沢 代表取締役会長• テレビ金沢 取締役最高顧問• 開局翌日()の『』では、提供クレジットの背景映像に使用された。 当時はこの本社カメラしかなかったため、番組中の「映りますか? 」の呼び掛けに対し遠くに見える金沢市中心部を映すことしかできなかったというエピソードが残っている。 北國新聞 1986年3月21日付朝刊22面『石川地区296件 3局目のテレビ免許申請』より。 『テレビ金沢開局10年誌』(2000年3月、テレビ金沢発行)20ページ。 『北國新聞縮刷版平成10年4月号』 - 北國新聞社(1998年5月)• - 金沢市都市政策局広報広聴課• 17:00 - 17:20は日本テレビ発を、17:20 - 17:30は県内ローカルを放送。 - 石川県県民文化スポーツ部県民交流課広報広聴室• 第3部のNNN枠(17:53 - 18:15)以外(15:50 - 17:53・18:15 - 19:00)は全編ローカルセールス枠。 月曜 - 木曜は『となりのテレ金ちゃん』・金曜は『花のテレ金ちゃん』に内包、年末または年末以外で休止の場合は単独番組として放送(年末は第2部をネットしないかわりに第3部のNNN枠に加え、18:15 - 18:50まで関東ローカルをネット【18:50 - 19:00は県内ニュースを放送】)。 年末以外で休止の場合、第2部はローカル枠を行使せず同時フルネット、第3部は通常通りNNN枠のみネット。 現在、遅れネットを実施している番組は『 そこまで言って委員会NP』と『 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 』の2番組。 第2部はネットセールス枠。 第1部はネットセールス枠。 テレビ金沢の編成の都合上や日本テレビ系列全国ネット番組放送時、毎年5月に開催される中継時は休止(休止された回の振替放送は実施しておらず、未放送になっている回が存在している)、または放送時間が繰り上がる場合もある。 通常時はこの放送時間で放送されているが、日本テレビ系列の全国ネット番組が当該時刻に放送される場合は休止。 本来であれば系列外でなおかつ番販向けの60分バージョンであるが、レギュラー版はテレビ東京と同じ90分完パケ版で放送。 ただし、スペシャル版は90分に編集されたものを放送(例としては、テレビ東京で3時間半スペシャルは90分に編集されたものを2週に分けて放送)。 当初は2020年6月12日(11日深夜)も放送予定であったが出演者であるの女性問題で渡部本人から『白黒アンジャッシュ』を含む全番組を出演自粛の申出があったため、制作局を含め遅れネット局は放送休止となっている。 テレビ金沢では放送休止した最初の週は別番組に差し替えし、それ以降は以前定期ネットされていた同じの制作『』を当面の間放送。 2020年3月まではテレビ東京制作『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ! 』の放送前枠で放送していたが編成の都合で『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ! 』が放送時間が繰り上がった場合は休止していた、同年4月以降は放送枠を交換し不定期放送で現在の放送時間を基本時間としている。 北國新聞 1990年4月1日付朝刊34面より。 テレビ金沢開局後は、『』の遅れネットに切り替え。 1959年7月29日生まれ、出身。 アナウンサー時代は『』を担当。 その後、事業部課長や能登支局長を歴任し、現在は報道。 2019年3月26日放送の『となりのテレ金ちゃん』でテレビ金沢を退局しフリーで活動する事を発表し、同年4月以降も『となりのテレ金ちゃん』の月曜・火曜レギュラーで出演。 近年、日本テレビ系列制作で遅れネットの一部番組で字幕放送を実施しており、字幕放送未実施は解消されつつあり、テレビ東京の遅れネット番組での字幕放送は開局以来実施したことがない。 『日本民間放送年鑑2014』においては、公式なキャラクターとして掲載していない。 外部リンク [ ]• - チャンネル• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 1NNS非マストバイ(非フルネット)局。 5加盟局が運営・出資する(CSチャンネル)。 2020年現在では日本テレビのみが運営・出資している。 6開局、閉局。 7太字はNNN・NNS双方に加盟。 細字はNNNのみに加盟。 8旧NTVは2012年に現NTVに放送免許を譲渡。 9加盟当時はSKT静岡県民放送。 10CTV開局後はNNSのみダブルクロス。 11母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。

次の