仮面 うつ。 仮面うつ 人気ブログランキングとブログ検索

仮面うつ病……一見、うつ病に見えないうつ病 [うつ病] All About

仮面 うつ

研究が進み、近年ではうつ病にも様々な種類があることがわかってきました。 一度は名前を聞いたことがあるものや、あまり知られていないものまで、いくつか取り上げてご紹介します。 仮面うつ病 名前だけを一見すると「うつのふりをしている」ようですが、仮面をかぶっているのはうつ症状です。 これは「身体の症状が先に現れ、うつだということを自覚できないうつ病」のことです。 仮面うつ病において身体に現れる症状は多岐にわたり、表面的な症状のみを治療しようとしてもうつ病の根治には至らないため解決できません。 そのため仮面うつ病の方は、症状に応じた病院を渡り歩いてしまうこともあります。 仮面うつ病の場合に見られる症状の一部をここに列挙してみましょう。 口内の違和感や乾き• 舌の痛み• 喉のつかえ• 肩こり• 胃の不快感• 胸部の圧迫感や不快感• 手足のしびれ 上に挙げただけでも、現在知られている様々な病気の先触れとされる症状が含まれており、身体の病気なのか仮面うつ病なのか、初期段階では非常に判別しにくいことがわかります。 病院を渡り歩いて検査を受け、医師から「どこにも原因はない」と診断されて初めて、「もしかするとうつの症状なのではないか」と判断の糸口がつかめるようになります。 医師のカウンセリングで初めて抑うつ気分やうつ症状を併発していることが判明し、やっと「うつ病」と診断がくだされたという例もあります。 最近になって原因のわからない身体的症状が現れた、病院で受ける治療や薬を飲んでも効果がない、というような方が身近にいたら、気分が落ち込むようなことがないか、よく眠れているかなど声をかけてみてください。 仮面うつ病は自覚できないうつ病です。 周囲の方の何気ない一言でわかることもあるのです。 退行期うつ病 主に60才から65才の、老年期にさしかかる頃に発症することの多いうつ病です。 発症した年齢や性別によって「初老期うつ病」「閉経期うつ病」「更年期うつ病」などと呼ばれますが、原因や症状はほとんど同じです。 身体が衰えてゆくことで、今まで当たり前にできていたことが難しくなったり、老年期に差し掛かったことで死を強く意識するようになったり、仕事の能力が低下していることを自覚するなど、加齢に伴う自身の変化が主な原因とされています。 初期状態では抑うつ気分は少なく、感情や意欲なども活発です。 しかし進行するにつれて身体的症状を訴える「仮面うつ病」へ発展したり、元気なように見えても心の中では無気力や自尊心の低下などが起こっている「軽度うつ病」へと変化してゆくこともあります。 また、自分を過小評価する「微小妄想」にとらわれ、物事を悪い方向にばかり考えてしまう症状も見られます。 身体の症状を訴え続けていると、周囲の人は振り回されているように感じ、取り合わなくなってしまいます。 すると元々潜んでいたうつ症状の「希死念慮(死を考え、あこがれること)」が強まり、最終的に自殺を考えたり、決行してしまうこともあります。 退行期うつ病は、仮面うつ病と似ています。 うつ病は生活や身体の変化に伴い引き起こされるので、家族だけでなく、カウンセラーや医師にも傾聴の姿勢を協力してもらうことが大切です。 退行期うつ病にとっ最も大切なのは、安心感を得ることなのです。 微笑みうつ病 これは軽度のうつ病の方の中でも、特に気配り上手で、周囲をよく気にする方にみられます。 落ち込んで暗い顔をしているとき、周囲から「どうしたの?」「大丈夫?」と心配されると、即座ににっこりと微笑んで「自分はなんともない」という姿勢を見せてしまうのです。 笑顔を見せられた方は「そう? ならいいんだけど」と納得することになります。 これにより、うつ病の発覚がますます遅くなってしまいます。 微笑みうつ病の特徴としては、仕事中や家族など、誰かと一緒にいる時は明るく笑顔を絶やしませんが、1人になると表情が曇り、気分が落ち込むといった点が挙げられます。 明るく振る舞っていたときの反動も相まって、心がくたくたになってしまうのです。 微笑みうつ病は、うつ病の度合いとしては軽度に分類されます。 しかし大うつ病などに比べて気力が残っているため、希死念慮などを抱えている場合には本当に実行に移してしまう恐れもあります。 本人に微笑みうつ病であるという自覚はなくても、不安やイライラ、睡眠不足などの症状が2週間ほど続くときは、心療内科や精神科を一度受診してることが大切です。 季節性うつ病 四季の移り変わりに影響されて発症するうつ病があります。 この「季節性うつ病」の中でも最も有名なのが「冬季うつ」です。 冬季うつは、名前のとおり冬季にかけて発症するうつ病です。 本格的に寒くなり、陽もだんだんと短くなってくる10月から12月に発症し、暖かくなる3月頃に回復するというものです。 原因には諸説ありますが、日照時間が短くなるにつれて、バイオリズムや体内分泌物のバランスが崩れることが一因と考えられています。 他のうつ病と異なり、時間が経過して春を迎えれば自然と回復するため、冬季うつであることを自覚できない方もいます。 冬季うつの特徴的な症状として、過眠と過食が挙げられます。 過食の場合、チョコレートやスナック菓子などの甘いものを異常に欲しがるようになり、胃の許容量以上に食べ続けてしまうことがあります。 また過眠は、日に10時間眠ってもまだ眠気を感じるなど、普段の生活では見られない変化が起こります。 冬季うつの改善方法として、光照射療法があります。 これは一般的な電気スタンドよりもさらに強い光を浴びることにより、脳に働きかけて生活リズムを整える治療法です。 また、朝起きたときにカーテンを開け、朝の日差しを浴びながら朝食や身支度をしたり、部屋の整理整頓など軽い運動を行うと、脳から抗うつ作用のあるホルモンが分泌され、症状が抑えられます。 季節が過ぎ去るのを待つだけではなく、日々の生活の中から改善していくのも大切なことです。 産後うつ病 女性には耳慣れた言葉かもしれません。 出産後に気持ちが落ち込んだり、わけもなく悲しくなったり、食欲不振などの症状が出ることもあります。 産後うつの主な原因は、妊娠中と出産後で体内のホルモンバランスが著しく変化する点にあります。 妊娠中は血中の女性ホルモンが少しずつ増えてゆき、出産を機に血中の女性ホルモンが低下し、妊娠前の値に戻ります。 この女性ホルモンの急激な減少が、気分の落ち込みなどのうつ症状を引き起こす原因とされています。 なお、女性は出産することで生活環境が大きく変化します。 生後間もない赤ちゃんは昼夜問わず世話が必要になり、睡眠時間が削られたり赤ちゃんと一緒の生活のための準備にてんてこ舞いになったりと、心の休まる暇が少なくなります。 そういった変化に日々追われているうち、うつ症状を発症してしまうことも多いといわれています。 産後うつは、めずらしい病気ではありません。 母親の精神状態は、赤ちゃんにも関係してきます。 母親の気持ちが沈みがちになったりイライラしていると、それにともなって赤ちゃんも不安定になり、泣くことが増えてしまいます。 そうして産後うつを深めないためにも、思い当たる症状があればすぐに専門の医師を受診することが大切です。 うつ病の原因は様々です。 身の回りに大きな変化が起こったときは、いつも以上に自分の心や身体に注意を払うことが大切です。 心も身体も、何かのサインを出しているはずです。 周囲の人に「大丈夫?」「最近辛そうだね」と声をかけられたら、気軽に専門医に相談しましょう。

次の

仮面うつ病|うつアカデミー

仮面 うつ

「軽症うつ病」の症状の特徴にい 不定愁訴があります。 不定愁訴とは、原因がわからない身体症状のことをいい「頭痛」「肩こり」「胃痛」「倦怠感」などが脈絡もなく現れることです。 よくある訴えとしては「とにかくだるい」「胃が痛い」「頭痛が続いている」「体のあちこちがしびれる」などです。 まさか「うつ病」とは思いませんから、まず内科的な病気を疑い、たいてい内科や脳神経科を受診しますが、検査をして原因を調べても、どこにも異常は発見されません。 このように、まず 身体症状が前面に現れ、うつ病の症状が隠れてしまっているタイプは一般的に「 仮面うつ病」と呼ばれています。 これは、身体症状にマスクされたうつ病という意味で、1958年にカナダのクラールという精神科医が名づけたとされています。 「うつ病らしくないうつ病」という意味では、軽症うつ病に含まれるという考え方が一般的になっています。 「仮面うつ病」の全身症状 仮面うつ病になると、からだにはどんな症状があらわれるのでしょうか 人によって異なり、一概には断定できませんが、大きく分けると全身を襲う症状と、部分的な症状に分けられます。 まずは全身の症状から紹介していきます。 仮面うつ病のもっとも一般的な症状は「全身の疲労感=倦怠感」です。 「からだがだるい」のは、ちょっと疲れているせいだと思いがちですが、いくら休養しても回復しません。 週末にたっぷり休んでも、月曜日にはまだ疲れが残っているという具合です。 また、「よく眠れない」といった不眠や睡眠障害も、仮面うつ病によくみられる症状です。 特に夜中の2時から1時ごろまでの間に目が覚めてしまう 早朝覚醒という 睡眠障害が多く、不眠が続くと仕事の能率も下がり、からだにもさまざまな異常があらわれます。 また「食欲不振」や「性欲の減退」も全身症状としてみられます.食欲も性欲も人間の本能ですが、生きる力が低下して、そうした根源的な欲求も低下してしまうのです。 食欲不振が続くと当然やせてきて、体重も減少します。 また性欲の減退は、男性の場合はインポテンツ、女性の場合は無月経などの症状としてあらわれます。 仮面うつ病の全身症状は、このように体調がどこかいつもと違ってすぐれない、という違和感から始まります。 「仮面うつ病」の部分的症状 次に部分的症状ですが、全身症状とは異なり、症状が局所的にはっきりと出てくるのが特徴です.症状がもっともあらわれやすい臓器は「胃腸」で、具体的には吐き気、腹痛、そのほかにも便秘、味覚異常、嚥下困難、食道や喉の狭まった感じ、陶やけなどがあらわれることもあります、このような症状が長く続くと、 慢性胃炎や 過敏性腸症候群などと診断され、うつ病が隠れていることが見逃されがちです。 また心臓にあらわれる症状としては、動悸や胸部の不快感、狭心症の発作時に起こる不安感などがあります.さらに動悸や立ちくらみをともなう病気としては、思春期に起こる「 起立性調節障害」がありますが、この病気ではと疑われて実は仮面うつ病であったというケースが少なくありません 全身の倦怠感、頭痛、腹痛などをともなう場合は注意が必要です。 呼吸器にあらわれる症状としては、胸痛、過呼吸、呼吸困難感などがありますが、うつ病診断のバロメーターになるのは、ずばり「ため息」でしょう。 無意識のうちにため息をつくことを繰り返すような場合は、要注意です。 そのほか部分的な症状としては頭痛、肩こり、筋肉痛、背中の痛み、腰痛、手足のしびれや痛みなど、実にさまざまなものがあります。 さらに泌尿・生殖器の症状としては、頻尿、睾丸の痛み、不感症、排尿痛があります 交感神経、副交感神経がバランスを失うために自律神経性症状として口の渇き、発汗、めまい、目のかすみ、耳鳴りなどもあります。 仮面うつ病は多くの部分的な症状をともないますが、最大の特徴は「痛み」です。 腹痛、胸痛などからだのあちこちの病みは睡眠障害、倦怠感とならぶ仮面うつ病の3人症状といってもいいほど、発生頻度の高いものです。 しかし痛み止めなどの薬では、あまり効果はありません。 これらの機能を回復させるには、仮面うつ病の底にある精神的な症状を明らかにして、適切な治療をすることが何よりも必要です。 働き盛りの30代が「仮面うつ病」になりやすい ストレス社会といわれる現代、精神科の受診数が急増していますが、仮面うつ病の患者数も増加の一途をたどっています 10歳代から70歳代までと、はば広い患者層のなかで、特に数が多いのは30歳代をピークとして20歳代~50歳代までです。 いわばはたらき盛りの年代です男性の場合は30歳代が特に多く、ほかの年代の倍以上の外来患者があったという報告もあるほどです。 女性の場合は20歳代、30歳代、40歳代が、ほぼ同じくらいの患者数で、男性に比べ広くまん廷している様子がうかがえます。 患者さんのほとんどが最初はどこかからだの調子が悪いなど、不快な症状や、異常は感じていても、それがうつ病によるものという自覚を持たない傾向があります。 また、この不快な症状は「ストレスからくるものではないか」「どうやら精神的な問題ではないか」と気づいている人でも、大部分は「気分の問題であって、自分は病気ではないのだ」と考えてしまったといいます。 さらにははたらき盛りの30代らしく、「ストレスに負けるなんて自分がたるんでいる証拠だ」とか「自分はだめだ」と、自分を追いつめてしまうこともあり、よけいに病状を悪化させてしまうこともあるようです。

次の

うつ病の種類|うつ病を知る|うつ病サプリ

仮面 うつ

うつ病は落ち込みやイライラなど精神症状が強く出るように思われがちですが、精神症状があまり表面に出ないこともあります。 たとえば、身体に不快な症状があって病院で検査をしたのに、どこにも異常はないといわれてしまったというようなケースは、仮面うつかもしれません。 この記事では、早めに対処しておきたい仮面うつについて解説します。 仮面うつの症状と特徴|身体症状が多く表れる 仮面うつとは、身体症状のほうが精神症状よりも強く出るうつ病のことです。 身体症状が強く出ているというよりも、精神症状がほとんど見られないといったほうが良いかもしれません。 不眠やめまい、全身倦怠感、肩こりなどの症状が中心で、うつ特有の精神症状が表面に出ていないことから仮面うつ病と呼ばれます。 仮面うつというと、通常のうつ病とは別のもののように感じられるかもしれませんが、程度が軽いというだけで同じうつ病です。 几帳面で我慢強い性格の人や完璧主義の人がなりやすいといわれています。 精神症状が現れても無意識のうちに気のせいだと思い込もうとしたり、我慢して乗り越えようとしたりする傾向があるからです。 女性に多く見られるというのも特徴の1つだといえます。 特に、家庭での家事や育児が中心という生活をしている女性に多く見られる病気です。 普段の生活の中にストレスの原因となり得るものがあっても、程度が軽いと気付きにくいものです。 軽いストレスとなるものがあると、常にかかることになります。 精神症状の自覚がないまま悪化し、通常のうつになってしまうこともあるので注意が必要です。 仮面うつのはじまりは気が付きにくい 仮面うつは精神症状が表に出ないので、初期段階でうつ病だと気付くのはかなり難しいといえます。 いつ頃から身体症状が出始めたのかということはいえるかもしれませんが、いつからが仮面うつの症状なのかは区別がつきません。 ですから、初期段階で仮面うつを想定して専門医を受診するというのは無理があります。 身体症状に応じた診療科を受診して、検査を受けることになるでしょう。 身体症状に応じた検査の結果、その部位には異常がないということがはっきりしてから、精神科や心療内科を受診することになります。 身体症状の出ている部位に異常がある場合は、その部位の治療が先に行われるので、仮面うつであることには気付くことができません。 別の症状に応じた検査を行い、異常がないとわかったときに初めて仮面うつだという気付くことになるでしょう。 仮面うつ症になりやすい人は、無意識のうちに、精神症状の自覚を拒む傾向があります。 そのため、仮面うつに気付くのはある程度症状が悪化してからになるのが普通です。 仮面うつ・うつ病のセルフチェック 仮面うつはうつ病の初期段階ですから、表面には出ていなくても、一般的なうつ病と同様の精神症状が潜んでいます。 自分で無意識のうちに精神症状の自覚を拒んでいる可能性があるので、うつ病のセルフチェックをしてみましょう。 隠れている精神症状に気付けるかもしれません。 セルフチェックは下記の項目について行います。 それぞれ、「はい・いいえ」ではなく、「常に・しばしば・ときどき・いいえ」の4段階の中から該当するものを選びましょう。 全身に倦怠感がありますか• 音がうるさいと感じますか• 気分が落ち込んだり重苦しく感じたりしますか• 音楽を聴いたとき楽しいと感じますか• 特に朝は無気力だと感じますか• 他人との議論に集中できますか• 肩こりや首筋のコリがひどいと感じますか• 頻繁に頭痛がありますか• よく眠れず、早朝に目が覚めてしまいますか• 事故に合ったりケガをしたりしやすいほうですか• 食欲がなく、おいしいと感じられないですか• テレビを見ながら楽しいと感じますか• 息苦しさや胸の苦しさを感じますか• のどに違和感がありますか。 喉の奥に詰まりを感じますか• 自分の人生は面白くないと感じますか• 仕事にやる気が起こらず、効率も上がらないと感じますか• これまで現在と同様の症状が起こったことがありましたか• 自分は元来仕事熱心で几帳面だという自覚がありますか このチェックリストの答えから、自分で仮面うつかどうかを判断するのは難しいかもしれません。 しかし、セルフチェックを行うことで、医師の診察を受ける際に、自分の症状を的確に伝えられるようになります。 ひとりでなんとかしようと思わず病院へ うつ病は自然治癒するようなものではありません。 症状が軽くても適切な治療が必要です。 ましてや仮面うつは、精神症状を自覚しづらいという特徴があります。 自分だけの力で何とかできるようなものではありません。 早めに専門医を受診することが大事です。 そのためには、気になる身体症状が現れた時点で症状に応じた科を受診し、その部位には異常がないということを知るのが近道だといえます。 何かおかしいと感じたら躊躇せず、まずは病院に行きましょう。 先延ばしにするほど、不快な症状が悪化してしまいます。 症状が進めば、それだけ治るのも遅くなるので、気付いた時点で何らかの科を選んで受診するようにしましょう。 たまには力を抜いて心の声に耳を傾けよう 仮面うつを発症しやすい人は、精神症状の自覚を避けようとする傾向があります。 自分ひとりで何とかしなければ、完璧に物事を行わなければいけないなどと思う必要はありません。 頑張りすぎると心が疲れてしまいます。 たまには力を抜いて、心が発している声にも耳を傾けましょう。 そうすれば、辛いと感じたとき、すぐに病院へ行きやすくなります。

次の