うまい 麺 に は 福来 たる。 うまい麺には福来たる 西中島店 鯛100%の魚介系スープラーメン

西中島南方にある「うまい麺には福来たる」に行ったら本当に福が来た!

うまい 麺 に は 福来 たる

西大橋駅近くにある表記のラーメン店を訪問。 大阪の大手葬儀社公益社を経営する燦ホールディングスの新規事業。 昨年の10月にオープンして西中島とあわせて現在2店舗でこれからどんどんチェーン展開をされる予定との事。 場所はなにわ筋沿いの長堀通と中央大通の真ん中くらい。 券売機で食券を買うシステム。 大手企業の運営らしくお店はピカピカでスタッフも若くて清潔感のある対応。 ラーメン店には珍しくテーブルにはお盆が敷かれる。 お茶はジャスミン茶で女性には嬉しい設え。 メニューは ・うまい醤油ラーメン 780円 ・うまい鯛塩ラーメン 800円 ・鯛そぼろ茶漬けセット 950円 ・うまいつけ麺 800円〜1000円 200g〜400g ・うまいまぜ麺 790円 大盛り 890円 せっかくなので愛媛県宇和島のブランド養殖マダイ「鯛一郎くん」を使用した鯛塩ラーメンを所望する。 着丼したラーメンはチャーシューの代わりに鯛の塩焼き、岩のり、貝割れ、プチトマト、菊の花が入った和風テイスト溢れる品のいいビジュアル。 スープはかなりあっさりしているけど油脂を足す事でパンチと旨味を感じる事が出来る。 岩のりもたっぷり入ってスープに磯の風味のアクセントが加わり、お吸い物のような感じで面白い。 鯛の骨で出汁を取っているのは一口いただけばよくわかる。 ハマグリなども足せば更に味にしんみりした深みが出るかと思う。 塩分も普通のラーメンに比べて低め。 中細のストレート麺は程よいコシを感じる。 これが素麺だったらスープ(出汁)とよく絡んで抜群の相性だと思う。 惜しむらくは油分を足して身が崩れないように揚げ焼きにされた上質な鯛の身がパサパサしていること。 淡白な魚だから仕方がないかもしれないが低温調理かガストロパックで火入れすれば食感が異なるかも知れないな。 次回は醤油ラーメンいただきにいきます。

次の

【閉店】うまい麺には福来たる 天五店

うまい 麺 に は 福来 たる

スポンサーリンク 濃厚鯛カプチーノらーめんのお味は? らーめんが提供されました、なんとも美しいラーメン! 泡立つカプチーノのような白いスープに、黄色や紫が綺麗に映えます。 SNS映えしそうなラーメン! 具材は、煮卵、レアチャーシュー、紫大根、食用花、海苔、三つ葉です。 カプチーノのように泡立てたラーメンが最近流行っていますね。 鯛のアラだけで作られたスープは…驚くほど 鯛の旨みが詰まっています。 一口目…衝撃をうけるほど鯛の強い味わいが口に広がります。 もはや、鯛が暴れまわってます。 正直なところ…一口目は鯛の香り、旨みが強すぎる… そんな風に感じましたが…食べ進めるうちに、 スープの虜になりました。 二日酔い状態の体に…鯛の強い味わいのスープが…染み渡ります。 かなり塩加減も強めですね。 ぐっジョブです 味わいの輪郭がはっきりとしているスープです。 スープに絡む麺が旨い! 夢中で食べ進めてしまいました。 驚くほど濃厚な鯛のスープは…カプチーノのように泡立っているので… 麺にスープが、絡む絡む! 具材の海苔もええ感じに麺にまとわり、食べるごとに違った味の側面を ドヤドヤと見せつけて来ます。 。oO(二日酔いには打って付け) レアチャーチューです。 低温調理されたチャーシューですね。 分厚くて食べごたえもしっかり! なのに、柔らかく美味しい。 でも、レアチャーシューと言うわりには、結構火が通りすぎているかも。 レアのチャーシューは受け付けない方もいるそうなので、割と火を入れているのかもしれないですね。 低温調理のことはすでに世間一般に広まっていると思っていたのですが…残念ですね。 レアレアのレアチャーシューが食べたい! らーめんを提供いただいたときに店員さんがシメごはんもオススメですよと声をかけてくださいました。 濃厚鯛カプチーノらーめんにも非常に合うそうです。 鯛のスープがあまりにも美味しかったので… ついつい炭水化物を摂取しすぎと思いながらも… シメごはん 50円 を注文! 私の想像よりも多い分量の御飯が出てきました。 食べれるかな? 濃厚な鯛のスープに暖かい御飯をダイブ! スープを心ゆくまで楽しむ方法として…このシメごはんは素晴らしい手法! お腹に余裕があるならば…追加注文はマスト! スープが温かいほどおいしいので… サット麺を片付けて、早めにシメライスに移行すべきですね。 お茶は、ジャスミン茶でしょうか? サッパリと口の中を洗い流してくれます。 濃厚なスープを提供するラーメン屋では、脂感をさっぱりと流してくれるようなお茶は…やっぱりうれしい! 3月1日から提供され始めたメニュー! こちらは2019年3月2日現在、天五店でしか食べられないので…ご注意! ええらーめんご馳走様でした!! ぐっジョブポイント• 濃厚鯛スープが旨すぎる!• シメごはんは注文すべき!.

次の

うまい麺には福来たる 西中島店

うまい 麺 に は 福来 たる

毎年2月になると神戸では「酒粕プロジェクト」なるイベントが立ち上がる。 2月いっぱい神戸のいろんな店で酒粕料理を出して酒粕の文化を残していこうというのがその狙いだ。 いつもなら神戸の店に限定しているところを、今回に限っては大阪や和歌山でも技術のある食のプロなら参加してもいいと門戸を広げたそうだ。 ラーメン分野で選出されているのが「うまい麺には福来たる」西中島店の中村英司さん。 中村さんは鯛だしラーメンをウリにする同店で商品開発を担当している。 かつて知人とラーメン店を立ち上げ、繁盛店に成長させた後、「うまい麺には福来たる」に来た人物で、和風ラーメンには特筆すべきこだわりがある。 そんな中村さんが同プロジェクトに参戦し、挑んだ新商品は酒粕香る四重奏鯛白湯(通称・福寿酒粕らーめん)。 同店自慢の鯛スープに、鶏白湯、豆乳を同量ずつ合わせ、酒粕で味を調えたもの。 魚介系、動物系、植物系の3つの異なるスープが合わさり、そこに酒粕で調味する味の四重奏がウリとなっている。 「酒粕ラーメンといえば、味噌で合わせるのが相場ですが、コレは塩で作り、酒粕をかえしに用いるという、どこにもないであろうものに挑戦しています」と中村さん。 価格は税込み900円ながらもサーモンの中落ちや鯛の昆布締め切り身、チャーシュー、煮玉子などのトッピングも豪華で、原価率の高さがうかがえる。 西中島店では同商品を2月1日から販売中で、好評なら3月中まで売るとしている。

次の