あつ 森 おとし あな レシピ。 【あつ森】おとしあなのタネ入手方法!【おとしあなの作り方!】

【あつ森】おとしあなのタネの入手方法と使い道【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

あつ 森 おとし あな レシピ

今日は、夏の土用入り。 暦の上では、立秋の日までもう少しですが、現世は、これから暑さが加速する夏です。 しかも、今年の関東地方は、まだ梅雨もあけず。 これからどれだけ暑くなるのか戦々恐々。 ああ、暑いのはいやです。 で、その暑さを祓えまいか…と、 今年も「烏(からす)の団扇」をいただきに、はるばる府中の大國魂神社まで向かおうかどうしようか …と朝から思案中。 まずは、最寄りの京王線府中駅から通りへ出たところを想像します。 さっそく目に入るのは、背高な欅並木。 それが、ずーっと向こうのほうまで続いて、涼しげな様子。 こんもり茂った欅の葉が太陽をさえぎり、さわさわと木々の間を風が通る。 木陰で涼を取りながら並木を抜けると、やがて立派な鳥居が見えてくるはずです。 この道は、111年創建と、とてつもなく長い間この地を守ってきた大國魂神社の表参道。 そして 、今日、この神社では「李(すもも)祭」が開催中で、欅並木道の途中からは、李売りの露店がところ狭しと並び、すももの甘い香りがあたりに漂いはじめてきます。 大國魂神社の御祭神は大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)です。 つまり…。 ここは、「古事記」や「日本書紀」などの神話世界の中でも相当に有名なオオクニヌシのミコトを祀る神社。 ですが、1900年以上も長々とこの地にいらしたり、武蔵国(現在の埼玉県、東京都・川崎市・横浜市の大部分)という広大な土地の総社という地位もあるもんだから、境内には、その他いろいろなカミサマのお社もあって、そうゆう意味でにぎやかな場所。 4月30日から5月6日にかけて行われる「」が、1年のクライマックスですが、当然他のカミサマ方のお祭りも数多く、1年を通じ、なんだかんだと楽し忙しい場所でもあります。 なかでも 「李(すもも)祭」は人気の祭りで、たった1日ということも手伝って、この暑いさなかというのに境内には参拝客があふれます。 それは、もちろん李(すもも)の市にならぶ、旨そうな李を目的にして…ということもあるでしょうが、やはり 、今日しか授与されない縁起物「からす団扇」によるところが大きいのではないか。 「李(すもも)祭」にしか、いただけない縁起物は、写真の「烏(からす)団扇」…と「烏扇子」 どちらも黒地に白絵の具を吹きかけるようにして浮かんだ烏の絵がまず賢そうで可愛いらしい。 素材は昔からの竹にこだわり、意匠も黒地に大國魂神社のご朱印が効いていて美しいもの。 加えて、 この団扇(か扇子)で扇げば、「農作物の害虫は駆除され五穀豊穣となり、病人は直ち平癒し、玄関先に飾ると魔を祓いその家に幸福が訪れる」(神社の由来書より)のだとかで、なんだかとってもご利益多数。 いってみれば、見かけも中味も申し分ない、非常に価値ある縁起物にして、7月20日の1日しかいただけない希少性。 何をさておいてもはるばる出かけてみたくなるというものですよね。 なぜカラスなのかしら?と由来を探せば こので探せば、 「1200年前に書かれたとされる『古語拾遺』にあり」とか。 ふーむ。 古いお話のようですね。 『古語拾遺』は、平たく言えば、平安時代の神道の資料のひとつ。 その時代まで伝承されてきた「古事記」や「日本書紀」などの神話と祭祀にまつわる問題点を示し、その最後に御歳神(みとしがみ)の祭祀伝説を加えたという構成のものです。 「烏の団扇」の由来は、その御歳神の伝説によるもので、そのお話も同じく神社のサイトにあってこんな風です。 「神代の昔、大地主神が田植えをなさる時に、早乙女や田夫らを労うために牛肉をご馳走した。 ところが御歳神の御子がそれをご覧になって家に帰ってそのことを御父にお告げになった。 御歳神は、これをお聞きになり非常にご立腹なされて、田にイナゴを放ち、苗の葉をことごとく 喰い枯らせてしまった。 大地主神は大変に驚かれて、何か神の崇りであろうといって卜者を呼んで 占わせてみたところが<これは御歳神の崇りであるから宜しく白猪、白馬、白鶏を献じて お詫びするのがよろしい、されば怒りも解けるであろう>とお告げがあったので、その通りに したところお怒りが解けたばかりではなく、蝗の害を駆除する方法も、いろいろと教えて下された。 その方法の中に「烏扇をもって扇げ」と、お教えなさったのである」 つまり、烏の扇は、 御歳神が放ったイナゴを駆除するためのものだったわけですね。 大地主神は、大地の神。 そして、大國魂神社のご祭神。 岩波文庫版によれば…。 「偉大なその土地の主(ぬし)たる神(=大地主神)、古事記の 大穴牟遅(おおあなむじ)神や、日本書紀の 大己貴(おおあなむち)命と類似するところのある神」 とあります。 この記紀の大穴牟遅(おおあなむじ)神とか大己貴(おおあなむち)命とかいう、カミサマ方は、どちらもオオクニヌシのミコトの別名。 つまり当時禁忌であった「牛肉の飲食」をして、御歳神を怒らせたのは、大國魂神社のご祭神ということになりますでしょうか。 一方、そして大地主神のやりように怒り、(人間世界からみれば)かなり乱暴なやり方で無理やり諭している御歳神さまとは、スサノヲとオオヤマツミの娘、カムイチヒメの間に生まれた大歳神(おおとしのかみ)の子神とされるカミサマで、ちょっとややこしいですが、正月になるとやってくるあのカミサマと同じ方です。 怒らせると、あんがい怖いカミサマなんですね。 そして、白猪・白馬・白鶏などを差し上げて素直にわびる大地主神に対し、御歳神はすぐに対策を伝授した。 「烏団扇であおげ」…と。 これが、この可愛らしくもご利益多彩な「からすの団扇」のルーツのようです。 つまり、カミサマの世界では、ひとつ蝗という厄災を祓う道具であったもののようですが、「からすの団扇」は、いつのまにか病まで祓い、五穀豊穣に加え、どさくさにまぎれて幸福までも運んでくる万能選手になってしまった。 ちょっと欲張りすぎというものじゃないかしら。 いいんですかね…。 まあいいですか。 李(すもも)祭じたいの由来も少し。 それも神社のサイトにあたれば、時は、11世紀の平安時代後期。 「源頼義・義家父子が、奥州出兵の途中、大國魂神社のご祭神に李を供えて戦勝祈願し、無事、戦に勝って凱旋の帰途、御礼詣りをしたことを由来として起こった祭」 …とありました。 さらに、李市に貴重な木陰を用意する参道の欅並木も、この親子の苗の寄進によるものらしく、それがこんなに育って、計算すれば…ざっくり言って樹齢ほぼ1000年です。 いっけんして、ご神木の並木かしら(そんなのがあればですが)…などと思ってしまうぐらいの立派さですもの、ああ、やっぱりねぇ。 大國魂神社の創建は、約1900年前。 李祭りの始まりは不明ですが、その由来と欅の植樹は約1000年前。 そして、烏の団扇のルーツは神話の世界までさかのぼる。 なんだかすごいですね。 そうと知ったら、ますます「この烏」(の団扇)さえそばにいてくれれば、この酷暑すらもなんなく乗り越えられそう。 そんな気がしてくるというものです。 …ああ、そうやってご利益が増えていったんでしょうかね。 数十年後に、「暑さを祓う」なんてご利益が、ひそかに増えちゃってるかもしれませんね。 なにせ、「神代の烏」の団扇ですもの、そのぐらいは軽い軽いってものですよね。

次の

【あつ森】おとしあなのタネ入手方法!【おとしあなの作り方!】

あつ 森 おとし あな レシピ

今日でこのブログは、終わりになります。 2009年6月から書き始めて、約10年以上続きました。 終わりにする理由は、更新が滞りがちなこと・息子が中学卒業したこと・老眼で執筆が難しいこと、などなど。 色んなことを考えて、このタイミングにしました。 本当は、京都CLのレポートを書いて〆ようと思ってましたが、中止になり叶わず。 代りに何を書こうかと悩んだ挙句、改めて感謝の言葉を。 地元のジムバトルで対戦してしてくれた皆さん、ありがとうございました。 ハーフデッキのシャッフルに苦労してた幼稚園児は、もう高校生になりました。 GGCで切磋琢磨してくれた皆さん、ありがとうございました。 我が家の輝かしい成績は、河川敷そばの熱い経験の賜物です。 ゼロリアンの皆さん、いつも仲良くしてくれてありがとう。 強く楽しくを実現してる世界一のジム店舗だと思ってます。 公式大会で話しかけてくれた遠方の方々、ありがとうございました。 アウェー気分を和らげてくれて、いつも楽しい大会でした。 最後に、これからのポケモンカードについて。 子供たちは、ポケカから離れています。 右脳全開で感性豊富なメコリン、リサーチに余念が無いロジカルなウゴリン。 ポケカで培った個性は、相変わらずでキラキラしてます。 そんな彼らの人生を応援することが楽しくて、10年経っても変わりがありません。 僕は、これからもポケモンカードを続けるので、変わりはありません。 10年経って何も変わらないので、この先もずっと続いていきそうです。 ては、ノシ その昔、知り合いのプレーヤーが、 「私は、盾よりも名誉が欲しいんです。 」 と言いました。 彼は実績が十分ありながら、尚高みを目指すプレーヤーでしたので重みのある発言でした。 当時の大型大会は、春4回秋3回で年間7回ぐらい盾を狙う機会がありました。 今年は5回・・・のはずが京都CL中止で4回に。 残念ですが英断ですね。 中型イベントのシティリーグは、ポイント獲得だけで盾はナシ。 大会に向けて調整や練習を重ねてきて、その成果はCSPという数字だけ。 アナログ対面ゲームなのに、(味気ないな)と以前から感じていました。 もっと言えば、CSPのかかってなくても名誉だけを競う大会があってもよいと思います。 今でいえば、四天王の大会がその位置づけなのかな? 四天王バッジとかあったら、名誉に箔がつくのに、と思ったり。 何かこう(頑張ったな)という「証」が嬉しい、と思った今日この頃です。 では、ノシ 今日のZEROトレリで使ったデッキ。 なかなか使用感が良かったのでアップ。 BW期に作った【スピードレックビール】をリビルド。 各シリーズから主要カードを紹介。 普通、進化デッキと相性悪いが、特性ドーミラーのおかげで解決。 ・XY:トレポ、コンプ、サーチャー 【よるの行進】のコンボカード。 山札圧縮・トラッシュエネ加速を促進。 サポ4枚で回る。 ・SM:ドーミラーぬけがけしんか ドータクンがドーミラー専用道具になる感じ。 サポ「ミカン」はボール多投なので不要。 ・剣盾:ザシアンv ただただ強い。 <サイドボード> オカルトマニア、こだわりハチマキ、AZ、ミュウ(ベンチバリヤ) ちなみに、結果は決勝で負けて3勝1敗。 サポ4枚・グッズ32枚の構築で、初手がサポ2枚グッズ0枚で出遅れ。 今日で、無事60ポイント到達してトレリ完走! では、ノシ 先日のシティに向けて調整するものの間に合わなかったデッキ。 ベースは海外から。 サンパウロ国際大会で23位に入賞したものです。 ただし、この大会がソードシールド発売前(レギュ変更前)の環境故にアレンジは、かなり難航しました。 以下、デッキリストです。 4:ボルケニオン 2:リザードン&テールナーGX 1:レシラム&リザードンGX 1:ビクティニV 1:オムスター(特性かせきのしがらみ) 11:炎エネルギー 4:ブルーの探索 4:溶接工 1:マサキの解析 1:マチスの作戦 4:ポケギア 3:クイックボール 4:カスタムキャッチャー 1:グレートキャッチャー 4:ポケモンいれかえ 1:エネルギースピナー 2:火打石 2:炎の結晶 2:リセットスタンプ 2:なぞのかせき(1枚でも可) 1:ふしぎなアメ 1:しんかのおこう 1:ジャイアントボム(ザオボーでも可) 2:無人発電所 1:フラダリラボ 1:ヒートファクトリー <解説> 1. 後攻取ってボルケ・フレアスターターでリザテルを育てる 2. リザテルで殴りつつ、2体目アタッカーを育てる。 サブプランのオムスターでグッズロックを仕掛ける。 被サイドプランは、1-3-3の7枚ゲームです。 <オムスターの狙い> ・カスタムキャッチャー、グレートキャッチャー ・ビーストリングやメタルソーサーのエネ加速 ・ピッピ人形 ・リセットスタンプ ・LO系のクラハン デッキ相性をしっかり検証してないのですが、ベンチを絞るデッキに対してどこまで通用するか、、、? そう少し早く煮詰めて、立ち回りの練習が出来れば投入したのですが、、、。 なかなか難しいですね。 では、ノシ 将棋に指導対局があるように、ポケカにも指導バトルがあっても良いのでは? と思ったので、調べてみた。 以下、思いつくまま書きます。 1)相手の熟練度を測る 初めて対戦する子の場合、習熟度を測るところから。 ・ルール:基本的なルールから応用まで ・マナー:相互シャッフルや相手のカードを大切につかう、など。 ・勝ち負け:駆け引き、先読み、テンポ 最近、初心者でもスリーブがウルプロや海外物だったりするので見分けづらい。 シャッフルの手つきなどのカード捌きで見分ける。 2)プレイングのヒント いきなり考えて対戦するのは難しいので、ヒントを出しながら対戦する。 「このままバトル場にいると、きぜつしちゃうね。 」 「レシリザで攻撃するか?ヒードランで攻撃するか?悩むな。 」 僕が考えてることを声に出して対戦する。 (とーしん風) それと見えない効果を教えることも心掛ける。 シロナを使って、 「ザシアン引きたい・・・引けた!」 と言えば、「素引き」の強さも伝わる。 見えないハンデとして、僕が直接勝ちに向かわず、相手に考えさせる盤面や展開を作る。 (下手な僕でもコレくらいは出来る経験はあるw) 相手バトル場ジラーチならば、クイックボールでアタッカーより先にアブソル出したり。 アタッカーをコロコロと入れ替えるのもGood。 相手が考えることが多くる。 4)マナー良く対戦。 普段から悪くないですよ~、と言い訳した上でw 使うカードや技の宣言、効果まで喋る。 「クイック、デデンネ」はなく、 「クイックボール(見せる)使います。 水エネ(見せる)トラッシュして、山札からデデンネGX(見せる)持ってきて手札に加えます。 」て感じ。 手は止めずにスピーディーに!丁寧且つ素早く!! ちなみに、体調などの都合でマナーよく出来ないときは、お断りしてます。 5)相手に勝たせる かなり昔だけど息子に、 「大人とやるより子供同士でバトルする方が楽しい。 」 と言われた。 その通りである。 その上で楽しんでもらうには、駆け引きのあるバトルをして勝ってもらうこと。 成功体験からモチベアップしてもらいたい、と思う。 「勝ち負け」より「強さを引き出す」のが大事。 1~3をこなした上で勝つのは難しいので、僕自身もメッチャ頭使って楽しい。 もし僕が勝ってしまっても、「褒める」ことを忘れない。 「つけかえから攻撃してくると思わなかった、すごいネ。 」 とか。 5)親へのフォロー 性格や熟練度からおススメのカードやデッキを進言する。 ここまで書いて、 ・「見えない」ことを「見える」する ・バトルの優先度や目標を明確にする。 のが大事な気がする。 というわけで、ホームZEROジュニア勢の将来が楽しみである! では、ノシ 今日は、センター試験の日。 大会会場へ向かう途中、制服姿の高校生を何度か見かけました。 さて、大会です。 使用デッキは「波乗りトップオブヘッド」こと【ラプラスモスノウムウマージ】です。 初戦:3神ザシアン お相手、ふとうのつるぎで2回エネが付く、、、つらい。 こちらの盤面揃うもスタンプ引けず負け。 2戦目:3神ザシアン お相手、ふとうのつるぎで1回エネが付く、キャッチャー表、、、つらい。 こちらの盤面揃うもエネ引けず負け。 3戦目:超カラマネロ アタッカー引けず負け 4戦目:超カラマネロ 盤面出来たら、お相手投了。 5戦目:モクナシコリランダー バトル場のポケモンが逃がせず、サイド0-2から追いかける展開。 6エネラプラスで殴るもフィオネでベンチ倒されて負け。 結果1勝4敗、予選落ち。 凹んだ気持ちを立て直すべく、セールで服を買って帰りました! では、ノシ 明日、シティリーグに選手として参加します。 2週間前からデッキが次々と没になり途方に暮れる日々。 家で黙々と使うデッキをスクラップ&ビルドする日々。 消去法で「超カラマネロ」を握ろうとすると息子が、 「ポケカ初めて約9年超え。 義務教育を終えた割にセンスないデッキだね。 」 とパンチラインを刺してくる。 話を聞くと、 ・PPマックス1枚ですることをカード4枚投入する。 ・ウルネクのように継続的にエネ加速を必要としない かららしい。 答え?として、 ・テンポを阻害するカードに強力なものがない ・充実した展開カード を話したら少し納得してもらえたけど、言いたいことは分かる。 すると突然ブツブツとつぶやきながらカード検索に30分にらめっこ。 「出来た。 」 なかなか面白いけど、相変わらず事故るw なんとか形になったので、明日使います。 準備不足なので楽しむ気持ちが強いですな~。 昨日の日曜日は、ホームのZEROで赤鼻さんのイベントへ。 使用デッキは【雷様のお財布事情】です。 ・初戦:レシゼク・アーゴヨン お互い壮絶な事故から先に殴り出せたので3-0時間切れ勝ち。 ・2戦目:タチフサグマ・ヤミラミv 進化ポケで牽制しつつヤミラミvを2体倒して4-0時間切れ勝ち。 ・3戦目:雷型ミュウ&ミュウツー 先殴りしながらミュウ&ミュウツーの特性をロックして6-0勝ち。 完封勝ちで優勝。 もう少しプレー速度を上げないと使えないな、コイツ。 使用デッキは【炎のストライカー】です。 大会形式はガンスリンガー。 3勝又は3連勝で1パックGETです。 つまり、、、 「ハットトリックを決めろ!」 ってことです。 ・初戦:ズガドーン、ピジョン たねポケモンを差し出すだけでした、、、負け。 ・2戦目:コータスvキュウコン ジラーチを差し出しながらエースを育てる序盤。 コータスvを2パン、デデンネGX2体狩って初ゴール! ・3戦目:超カラマネロ お相手バトル場デデンネからベンチにデデンネと窮屈な立ち上がり。 そのデデンネを倒した返しのオロヨノを2体のパスワークで倒す。 ハンデスで枯れた手札をトップ・シロナで解決して2ゴール目! ・4戦目:アロナシ・ゴリランダーと愉快な仲間 お相手ミュウ&ミュウツースタート。 トラッシュにアロナシ落としてゴリランダーをたてる。 ゴリランダーを弱点で狩りつつ、ミュウ&ミュウツーを6エネのドランで倒す。 返しはエースの活躍で3ゴール目。 ハットトリック達成で2パックGET!で大会終了。 楽しいイベントでしたが、プレイズ稲沢は来月で閉店とのこと、寂しい。 今年のポケカ納めを満喫出来ました。 では、ノシ チャンピオンズリーグ2020愛知に参加してきました。 隣で格ゲーのイベント「Redbull kumite」が開催、、、キニナル。 会場付近をウロチョロしてたら、 「The Beast」こと梅原大吾さんと! 「東大卒ゲーマー」として名高いときどサンと! 2ショット撮れました、うれしぃ~~~! 二人とも著書を持ってるほどファンなので、メッチャうれしい(2回目 愛知CL落選した留飲を下げましたw -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- さて、本番の愛知CLは、オープンリーグ・エクストラのジャッジマン。 大型大会の稼働は、3回目なのですがヤッパリ疲れますね。 アラフィフのおっさんには、つらい、、、体力つけて出直します。 マスター優勝とベスト4の入賞者、先週のシティリーグZEROに参加していたと知って、びっくり! レベル高い大会だったんだなぁ。 色んな刺激を受けたので、来月のシティリーグ頑張ります。 では、ノシ シティリーグを終えて、Aマークのポケモン達を整理しました。 アラフィフおっさんには、小さなAマークを見続けるのがしんどい!ということで、娘にカード整理の家庭内バイトしてもらいました。 さしづめ僕は店長かなw さて、新ルールは、先攻のサポート使用権がありません。 そこで、どういうことになるか?脳内考察してみました。 ・1ターン目に使用したい効果は、山札から手札又は盤面にカードを移動させること。 いわゆる「ドロー」や「サーチ」です。 ・序盤は、盤面が空いているのでそこへポケモンを出したい。 いわゆる「展開」です。 アプローチとして、 1. サポート以外で山札を引くこと 2. 盤面にカードを展開しない戦略をとる の二つを考える。 1で思いつく手段は、ポケモンの特性で補充する方法。 デデンネGXや願い星ジラーチ。 2で思いつく例は、サナニンフTAGのデッキ。 おそらく使うデッキタイプに合わせて、先攻を取るか後攻を取るかの戦略を立てる。 その上で裏目を引いた時の構築をするイメージ。 ロストマーチやカラマネロ系は、後攻を取りたいデッキ。 省エネGX系は、先攻を取りたいデッキ。 知らんけどw では、ノシ 大型大会は、久しぶりなので対戦レポート。 使用デッキは、【ヤドコダぽいぽい】です。 1戦目:炎ミュウミュウTAG スタートは相手炎ボルケ、こちらは、 フ ェ ロ マ ッ シ TAG(泣 タッチが出しゃばって、初戦の緊張がダイマックス! 先1せせらぎからフリーザー出してエネつけてエンド。 後1フレアスターターでベンチのレシリザを育ててくる。 先2マオスイでフリーザーにスイッチしてボルケ倒す。 レシリザにフリーザー倒されるが、返しにヤドコダで弱点ワンパン。 相手ベンチにミュウミュウTAGを置いてカキでエンド。 グズマからハチマキ6枚ぽいぽいでワンパンして6-1勝ち。 初戦を勝って緊張がほぐれます。 2戦目:雷バレット スタートは、相手ゼラオラGX、こちらヤドコダ。 無人出して逃げ縛り、5枚ぽいぽいでワンパン。 途中サンダーにラプラス1体倒されますが、ヤドコダが無傷で残ったので、サンダーを3枚ぽいぽい、ピカゼクTAGを6枚ぽいぽいでワンパンして6-1勝ち お相手の手札が噛み合わないようでした。 3戦目:3神カメポチャ スタートは、相手マーシャドー、こちらヤドコダ。 後2オルタージェネシスの返しに7枚!ぽいぽいでワンパン。 「飛ぶのか〜!」 との悲痛な声を聞きつつ、アタック継続w 場のエネが消えたので危なげない展開で6-0勝ち。 4戦目:オロヨノTAG・カラマネロ スタートは、相手ジラーチ、こちらフリーザー。 こちらエネ引けず、相手スケボー引けず(グズマは特性でロック でお互いに殴り出せないグダグダな序盤。 サイド先制されて動き出した中盤。 1体オロヨノを7枚ぽいぽいで倒す。 しかし、2体目オロヨノのGXワザで崩れたテンポを取り戻せず3-6負け。 一番練習したマッチで負けてめっちや凹む。 5戦目:ルカメタTAG スタートは、相手ルカメタ、こちらフリーザー。 フリーザーでフライパン付きに40ダメ与えてヤドコダへエネルギー移動。 次がターニングポイント! 最も嫌なフルメタルウォールが来ず、ヘビーインパクトでフリーザー気絶。 返しに7枚ぽいぽいで倒して、2体目ルカメタも7枚ぽいぽいでワンパンして6-1勝ち。 予選は4勝1敗で9位突破、嬉しい。 決勝トナメ1戦目、ピカゼク スタートは、相手マーシャドー、こちらラプラス。 先1やぶれかぶれで手札崩壊し、 先2フルドライブでサイド先制され、 先3タッグボルトGXで引き離され、なす術なく負け。 なんもない。 なんもない。 ベスト16でCSP25ポイントをゲット。 ベスト4以上を狙ってましたが届かず、悔しいね。 -*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*- 今回役に立ったな、と思うことをメモ。 普段通り、色んなマッチアップを想定しました。 普段と違うことは、「言葉にして話す」こと、家族に戦略を聞いてもらいました。 ざっと書き出すと、オロヨノ・マネロ、オロヨノ・ひかるミュウ、レシリザ、ズガアゴ、雷バレット、超バレット、メルカリ、ゴルーグ、3神ケルディオ、3神カメポチャ、3神シルヴァディ、ルガゾロ、ミュウミュウ、エンニュートLO、ロストマーチ、サナニンフ、サナキュウコン、など。 勝ち負けはともかく、プランを持って挑むことで対戦に対して不安がなくなりました。 無理なものは無理だからw -*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*- 今シーズンは、ジャッジとプレーヤーの両立を目指しています。 家族がポケカ休みのため、リソースを全て自分自身に注げるからです。 過去にも自分自身に注力して、大会に臨んだことはありました。 でも、デッキが詰め切れなかったり、仕事が忙しく十分な練習時間が取れなかったり、体調を崩してしまったり、万全の状態で参加出来ることはありませんでした。 今大会は幸いにも、デッキ構築・練習量・体調の全てが自信を持って挑めました。 僕自身の力だけでなく、ZEROリアンAさんやママリンのおかげです。 2週間前からデッキに取り組み、メールのやり取りを繰り返して構築が煮詰まったのが1週間前。 帰宅後、家庭内対戦を毎日繰り返してプレイングと細部調整を仕上げる。 前日は早く寝るw 今は、満足のいく取り組みが出来たな、次にこんな状態で挑めることはいつになるだろう?、と色んな思いが巡ります。 愛知CLは、ジャッジになるかプレーヤーになるか、また抽選に託します。 では、ノシ シティリーグ可児で使用したデッキレシピです。 その中で、既存のレシリザに加えて、オロヨノが台頭してることを聞きます。 ハンデスの対策を考えたところ、ゾロアークでもシルヴァデイでもなく「ラプラス」が浮上。 レシリザにも有利な所謂「ヤドコダ」に取り組むことにしました。 ミラクルツインでの登場時からタッグ系トレーナーズが追加されたことも強化点です。 もう一つ、ミミロッププリンTAGが活躍した影響でジラーチ・やぶれかぶれマーシャドー(HP70)の採用率上昇 テテフやデデンネ減少)があります。 ここに対して、ヤドコダをぶつけるのは得策では有りません。 そこで、フリーザーの採用となります。 70ダメのエネ移動ワザ、エネ現物を増やしてアクアパッチを減らす構築になります。 また、グズマハラでサーチ出来るようにユニットエネを採用。 それに伴い、GXワザが強いフェロマッシをタッチしてます。 大まかな構築が出来たので、対戦で細部を煮詰める作業に移ります。 煮詰める作業は、Aさんのレポートから流行デッキを組み、家庭内対戦で行いました。 ママリン、強いw -*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*- ・オロヨノTAG ひかるミュウ型とカラマネロ型の2種。 ひかるミュウ型には早急にラプラスを並べてハンデスに備えます。 ミュウに対してフェロマッシのGXワザも選択肢。 カラマネロ型はフリーザーを2回動かして、手札を揃えながら先制するサイドプラン。 GXワザもあるので、入れ替えカードを大事に使うことを終始意識。 ・ガブギラ、カラマネロ 1エネ狙撃ワザのせいでフリーザーが機能しづらい難しいマッチです。 一方、相手のトキワの森が活躍しやすいです。 ・レシリザTAG 相性ゲー。 後攻でも負けないマッチ。 ・3神系統 オルタージェネシスの返しに280出して場のエネを消す、この1点を通すのみ。 唯一ヤドコダでスタートしたいマッチ。 ケルディオGX採用は、フリーザー70点からフェロマッシのGXワザ100点によるサイド3枚取りを狙います。 シルヴァディGX採用は、グレートキャッチャー採用が多くフリーザーの特性が活躍しないケースに注意。 ・メルカリ 苦手な相手。 原則目先のサイドより320ダメ連打を狙う動き。 ・雷バレット 最近ジラーチ型が多いので、カラマネロ型と同じ動き。 無人発電所が地味に活きるマッチです。 全てのマッチに共通しますが、フリーザーが序盤機能する=相手グズマが終盤に機能する、となるので要注意。 対戦を重ねると、 ・オロヨノTAGのGX対策やフリーザーを動かす回数の都合、入れ替え系カードが多く必要 ・こだわりハチマキの加点によりワザでトラッシュするサポートが1枚減る=手札の枯渇防止 ・中盤以降の山札にタッグサポートを残して、タッグコールのバリューを維持するプレイングの重要性 などが分かってきます。 それらを踏まえて、枚数の調整を重ねて完成しました。 -*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*- <サイドボード> ・アセロラ:一時期、アクアパッチ3枚と同時採用してました。 ・ミュウ(ベンチバリヤ):とりこぼした際の狙撃とガブギラ対策。 ・入れ替えフロート:フェロマッシ採用するまで入れてました -*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*- <最後に> 結果は、予選4-1で9位で突破、からの決勝トナメ1没でした。 デッキアドバイスして頂いたAさんに感謝です。 デッキシェアして3-2と惜しい成績でした。 またお願いします。 それと家庭内対戦に付き合ってくれたママリンにも感謝。 25分で終えるプレイスピード習得に大助かりでした。 対戦レポートは、時間が出来たら書きます。 では、ノシ 来週のシティリーグに参加予定です。 今回は、ジャッジでなくプレーヤーとしてです。 ジャッジも楽しいですが、プレーヤーも楽しいので両立を目指してます。 さて、2週間前にさかのぼる話です。 シティで使うデッキ選択に悩みまくる僕。 それを見た妻が一言。 「誰かと一緒にデッキ考えたら?」 ・・・それだ! ということで、ZEROリアンAさんに声をかけて協力して頂けることに。 僕より環境に詳しいし、使っているデッキも幅広いので、信頼してお願いしました。 元々、我が家は家族がデッキ原案を作り、僕がチューニングしていくスタイルでした。 今回は、僕の原案に対して、色々と助言を頂く形です。 これが、初体験なのですが、めちゃくちゃ有意義です。 まず、色んな大会の結果を教えて頂きました。 何度か情報交換を重ねて、思いもよらぬデッキタイプが浮上。 とりあえず、プロキシで組んで回すと好感触、、、これは? シングル買いを決意・・・もう戻れないw たたき台でジムバトルに参戦し、結果を送り、修正を加える。 構築を変更して、また対戦して情報提供して仕上げる作業。 長いポケカライフですが、家族以外とは初めての作業で新鮮です。 ちなみに、僕は抽選を通ったのですが、お相手は抽選落ちの当日枠目当て。 このままでは、僕ばかり得してしまう形です。 当日抽選を通って、好成績を収めることを祈ってます。 試行錯誤を重ねてデッキが完成しました。 大会までデッキの練度を挙げるべく、家庭内対戦で仕上げる作業中です。 では、ノシ ボランティアについて徒然と 僕のボランティア経験は、生徒会活動の老人ホーム慰問や町内会の清掃活動、など。 当時は、「めんどくさ〜い」って言いながら従事してました。 そんな僕なりの「ボランティア」の定義は? 「様々な場所や期間の奉仕労働」 言葉を分解してみる。 様々な場所 要するに、活動範囲。 例えば、最近話題の東京五輪、東日本震災、地元の町内会、PTAなど。 もう少し広くすると、イベント・災害・コミュニティ。 様々な期間 一定期間に限ります、ずうっと従事するのはライフワークという別の言葉で。 奉仕活動 奉仕と聞くと、完全無償かな?と感じるかもですがそうではないですね。 労働基準法やら何やらが適用されないこと。 非営利と言うと分かりやすい? ふむふむ、もうちょい掘り進む。 面白いなと感じたのは、活動範囲と自身に利益関係の有無があること。 利益関係が全くない場合、その経験を得ることで心の充足を得たり、自己を発展させたり、という感じ。 又は贖罪。 利益関係がある場合、そのイベントやコミュニティの活性化や課題解決などに取り組んでる感じ。 イベント系の場合、主催者と無関係なことは必須です。 親戚の稲刈りを手伝うことをボランティア、とは言わないよね。 業務内容も様々。 東京五輪のようにボランティアスタッフを募集する場合、業務内容や必要要件・スキルがあります。 こうしたスタッフを組織運営する場合、業務の役割・責任・規則があり、それに則って進められます。 でも、あくまでも主催者とは別の立場なので、出来ないことがあります。 東京五輪のアクエリアス問題とか。 難しいな、と思うわけです。 では、ノシ ポケモンカードは、対戦だけでなくイラストも大好きです。 開封の儀式では、家族でイラスト談義で盛り上がってます。 「ジャケ買い」ならぬ「イラスト買い」でデッキを組むこともしばしば。 そんなイラストを手掛ける方々を独断と偏見で5名紹介してみます。 1)はらだみどりサン 著作「ふわふわのくまさん」が有名で、現在ドイツに在住されてる方。 我が家では「どうぐおとしのヤブクロン」でお世話になりました。 ポケモン達の表情が豊かなところが好きです。 2)ありたみつひろ 「カルドセプト」や「FF」など他ゲームでも活躍されてる方。 最近では、ピカチュウ&ゼクロムGXのイラストが話題に。 力強さを感じるデザインがカッコいい。 3)さいとうなおき 「WCSプロモを毎年手掛けている!」といえば信頼度の高さが伺えます。 我が家では、「ちょっかくげりのダゲキ」でお世話になりました。 カラフルな色遣いがワクワクさせてくれます。 4)さいとうコーキ もうひとりのさいとうサン。 我が家では「ダストオキシンのダストダス」でお世話になりました。 躍動感のある構図と愛らしい目元が特徴的。 5)ひめのかげまる 「プレイヤーズセレモニーを手掛けている!」といえば信頼度の高さ伺えます。 最近では、バトルシャトレーヌのSR(フルアート)が美しい。 イラストは、100%かわいい いや、他にも紹介したい方、たくさんいるんですけど、、、。 モクロー(SMA が可愛すぎる「水谷恵」さん 近未来なタッチの「tokiya」さん 陰影が独特な「Kawayoo」さん、などなどキリがないw 発売サイクルが短くなり、新しいイラストレーターさんがドンドン登場している印象。 「ポケモンカード公認イラストレーター」なる肩書き?が出来たり、カード検索 条件に「イラストレーター」が追加されたり、公式も猛プッシュ!? これからもキニなる方をチェックしていきたいです。 では、ノシ 土曜日は、三重県四日市で開催された公認イベント「ピカピカバトルパーティ」へ。 ジャッジで知り合ったChamaはかせが主催しています。 午前は、「ピカピカおやこスクール」と題したティーチング。 運動会と重なる季節ですが、開始前から待ってる方がいました。 ティーチングは、カルテを用いながら診断で本格的! 午後は、「ピカピカバトルパーティ」と題したガンスリンガーバトル。 約40人超えの参加者が訪れて、数名の順番待ちが出来るほど大盛況。 トムリンも参戦して、2勝2敗の戦績でした。 このイベント、兼ねてからクオリティの高いポスターが気になっていました。 参加してみると、バトルシートやチラシもクオリティが高い! 僕自身がイベントを開催するときの勉強になりました。 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 日曜日は、ホームのZEROへ。 使用デッキは昨日と同じ。 ・初戦:ケルディオGX・3神 想定デッキに想定通りの動きが出来て勝ち。 ・2戦目:レシリザ お相手の願い星が叶わない間に殴り切って勝ち。 ・3戦目:モクナシガノン 手札がエネばかり。 GXの追加効果を知らず負け。 ・4戦目:ミュウ&ミュウツー 難しい対戦でしたが、初見殺しの強みで勝ち。 結果:3勝1敗。 今月は、なかなか優勝できないね。 では、ノシ 今日は、シティリーグ・シーズン1の抽選結果発表の日。 ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー 上期末の業務を締めて、竜星の嵐の夜バトルへ。 手持ちデッキの悪バレットでは、東京CL環境はつらいと感じたトムリン。 急遽作った【ルカリオメルメタル、テラキオン】で参戦してきました。 ・初戦:シルヴァディGX・ケルディオGX・3神 先1無人貼って、先2GXワザでテンポとって完勝 ・2戦目:レシリザ(東京CL準優勝) 後1後2とBESTムーブされて負け。 ・3戦目:シルヴァディGX・ケルディオGX・3神 先1無人貼って、先2GXワザでテンポとってagain ・4戦目:ルカリオメルメタル(東京CL優勝) こちらの選択肢がバレながら、けん制しあう序盤。 サイド取って取られて、残りサイド1-3でリセスタ打たれないことを祈る。 こない! GXワザをGXワザで返してエネ枯渇させて勝ち。 ミラーは楽しい。 結果は3勝1敗。 今月は、なかなか優勝できないね。 とはいえ、戦績は22戦16勝6敗で7割超え。 急造デッキながら事故らず回りました。 さぁ、シティリーグに向けて、きちんと取り組んでいきます。 では、ノシ お気に入り日記の更新• ゲンシクリボー 6月15日 11:29• Kazu 6月14日 23:59• たくぼん! 6月14日 20:32• たねぼーぱぱ 6月13日 21:01• 春雨 6月12日 9:26• ヒデ 6月8日 22:47• でいとな 5月24日 11:04• しんやく 5月17日 19:55• 鍛冶屋のさぶ 5月12日 23:33• レッズ 5月12日 16:37• ゆうケンパパ 5月12日 12:31• 琵琶湖ポケカジム 5月10日 21:24• ハル父 5月6日 21:49• かめーる 4月19日 21:25• 奏天 寒天 4月13日 11:48• まる 3月21日 4:56• 港南ジム 3月7日 0:18• haru家 2月27日 23:09• 草系 2月23日 18:03• じいざす 2月10日 8:13• Noma 2月6日 23:46• あかつき 1月26日 21:59• ま・つ父 1月20日 15:36• ドータくん 1月3日 9:19• TAMA 12月31日 22:07• なおくんの父さん 12月31日 20:20• NTPP 12月31日 2:18• takabashi 12月22日 23:28• つばP つばさパパ 12月15日 19:09• プランナー 12月4日 17:25• 例 11月29日 0:12• 風朱 ふしゅ 11月15日 0:05• nagi 11月7日 11:19• みれ 11月6日 22:09• サンジ 9月29日 14:29• クルミルパパ 9月28日 17:20• ホドホド 9月26日 13:36• レック家族 9月5日 9:46• 朗(あきら) 9月2日 17:45• はる父 8月30日 22:34• みやもー 8月28日 11:53• アスター 8月18日 17:44• そらいろ 8月11日 14:38• 黒猫A 8月1日 12:03• 金ギャラドス杯 7月22日 22:21• Yurii 7月22日 13:53• 灯だまら 7月7日 23:44• 庭師 7月7日 22:16• レーリー 6月10日 23:06• ハム 5月6日 19:01• 水ひろガメ 5月5日 20:52• kira 4月16日 19:25• ロッサ 4月12日 10:53• たっぴー 4月9日 22:52• キルミーあかさき 4月2日 19:38• わしジオン 3月19日 22:03• あむ 2月25日 13:52• かげすけ 2月4日 8:36• コルク 1月7日 21:33• オーレくん 12月31日 22:29• たけたに 12月31日 20:27• スズ 12月23日 19:51• うきにん 12月9日 20:35• いおり父 10月9日 22:34• やしろ 10月1日 21:48• メガアローゼン杯(旧うきにん杯) 9月3日 2:50• ありすがわ 9月1日 10:38• CHANG 8月31日 10:40• エコアームに魅いられたやすみん 8月27日 22:06• てとらえんちょう 8月24日 23:25• endeavor 8月23日 21:59• しょうこパパ 8月16日 1:21• ノルファー 8月11日 15:26• 楓 8月8日 17:34• みらチャン杯 7月16日 1:33• zb(ぜっとびー) 7月6日 9:45• テラキママ 6月13日 17:02• 関西ネクストジェネレーションズカップ 6月5日 20:45• キュバス 5月31日 16:15• レオパパ 5月27日 22:02• けいりょう(KR) 5月21日 8:30• ナガティ 5月19日 22:39• みやび 5月11日 18:30• タマキ 5月10日 19:55• PASTOS 4月30日 23:53• とりの 4月25日 10:26• 883R(ピカリボン) 4月18日 12:42• おのでぃ 3月27日 15:38• はわ 3月24日 11:56• チームアチャモ 3月24日 6:30• ゆうパパ 3月11日 21:14• ちずきごう 2月25日 11:22• かわむらー 2月20日 21:50• ドラゴラー 12月31日 20:02• レイネ 12月10日 17:35• クライフ 12月1日 10:19• ずさママ 11月29日 16:19• ユズ 11月28日 23:53• NHPジム 11月9日 13:23• mepo 10月30日 13:05• ナナホシ杯 10月20日 13:59• すずけん 10月19日 0:39• かざまつり 9月27日 21:51• あつしゃ 9月24日 0:33• ルカリオT 9月5日 18:52• HK 8月29日 19:25• しゅうファミ 8月15日 1:11• スニャ!? 7月19日 11:43• サンダー 7月2日 22:32• TMY 7月1日 13:29• shion 6月30日 18:14• まなぶ 6月10日 10:34• しゅんしゅんパパ 6月2日 9:55• ルチ13 5月29日 19:35• チップ 5月29日 15:44• つかピー 5月29日 0:11• しゅう 5月28日 20:04• waka 5月23日 11:48• Raiden 5月8日 10:09• ソウラ 5月7日 21:26• あきお 5月6日 8:07• ななめ 5月3日 7:43• ぷちギガス 4月20日 19:18• レクス 4月3日 22:15• ゆひ 3月31日 20:54• 柴又文也 3月19日 22:11• たいがパパ 2月20日 22:02• koma 2月20日 8:59• 黒銀聖夜 2月14日 10:47• りょうたぱぱ 2月8日 7:49• 彩の国ブイズカップ 2月8日 0:07• りょうたママ 1月15日 12:10• あさみな 1月11日 0:46• テラキママ 1月11日 0:02• ogimizu 1月9日 0:50• のりパパ 1月2日 18:22• 夕輝 1月2日 15:29• カイリ 12月31日 22:56• バロン 11月26日 9:59• Sapphire 11月14日 22:48• さとパパ 11月2日 23:19• そーと 10月23日 23:50• バンビチュウ 10月11日 19:15• Diary Note制作担当 10月7日 21:13• 高橋誠一 9月30日 20:29• ボヤッキー 9月24日 0:33• 魔女 8月19日 19:27• bkaigens カイゲン 8月15日 7:33• リョウ(・x・)9m 8月5日 8:57• もとお父 8月4日 0:32• なにいろ 7月5日 22:02• クーポソ 6月20日 12:33• アラメゾン 6月9日 1:02• あげぽよ 5月23日 8:50• プリニー 5月17日 9:57• はっしー 5月4日 10:01• ふれあ 4月29日 21:14• かえで@がいぽん 4月25日 1:14• 【 赤 鼻 】 3月27日 22:17• KE-IN 3月6日 23:41• 騎士 2月27日 17:41• ポカブパパ 1月15日 16:32• nee3 1月11日 0:14• Snorlax082 12月30日 19:14• Nムラー 12月27日 17:47• パパギガスz 12月20日 23:10• TOMO 12月12日 20:25• ちぴパパ 12月7日 19:04• トラース 11月29日 15:46• 凱パパ 11月3日 1:53• GUGAGUGA 9月30日 18:27• まっつん 9月29日 0:06• プー 9月14日 22:54• wakai 8月21日 7:44• カネシン 7月24日 7:17• のりP 7月22日 20:50• にこたま 7月18日 3:06• ナルン 7月5日 14:22• つかつか@SYパパ 6月18日 22:12• ブラックサンダー杯 6月14日 4:03• くさっち 6月5日 22:50• ロトムぱぱ 5月11日 17:38• MAX 5月6日 10:02• ダイケンキEX 4月13日 2:07• ななはち 4月13日 0:50• けるびん 3月17日 23:23• サンダー 3月8日 21:57• O 3月8日 19:51• 佐奈 2月21日 21:43• lemone【レモネ】 1月31日 12:20• コムターーン 1月23日 21:30• maskippa 12月25日 0:26• アサノ 魔術師 12月15日 12:46• こころみ 12月5日 22:50• 夢民まま 11月26日 0:11.

次の

【あつ森】光る地面の使い道と発生場所【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

あつ 森 おとし あな レシピ

今日は、夏の土用入り。 暦の上では、立秋の日までもう少しですが、現世は、これから暑さが加速する夏です。 しかも、今年の関東地方は、まだ梅雨もあけず。 これからどれだけ暑くなるのか戦々恐々。 ああ、暑いのはいやです。 で、その暑さを祓えまいか…と、 今年も「烏(からす)の団扇」をいただきに、はるばる府中の大國魂神社まで向かおうかどうしようか …と朝から思案中。 まずは、最寄りの京王線府中駅から通りへ出たところを想像します。 さっそく目に入るのは、背高な欅並木。 それが、ずーっと向こうのほうまで続いて、涼しげな様子。 こんもり茂った欅の葉が太陽をさえぎり、さわさわと木々の間を風が通る。 木陰で涼を取りながら並木を抜けると、やがて立派な鳥居が見えてくるはずです。 この道は、111年創建と、とてつもなく長い間この地を守ってきた大國魂神社の表参道。 そして 、今日、この神社では「李(すもも)祭」が開催中で、欅並木道の途中からは、李売りの露店がところ狭しと並び、すももの甘い香りがあたりに漂いはじめてきます。 大國魂神社の御祭神は大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)です。 つまり…。 ここは、「古事記」や「日本書紀」などの神話世界の中でも相当に有名なオオクニヌシのミコトを祀る神社。 ですが、1900年以上も長々とこの地にいらしたり、武蔵国(現在の埼玉県、東京都・川崎市・横浜市の大部分)という広大な土地の総社という地位もあるもんだから、境内には、その他いろいろなカミサマのお社もあって、そうゆう意味でにぎやかな場所。 4月30日から5月6日にかけて行われる「」が、1年のクライマックスですが、当然他のカミサマ方のお祭りも数多く、1年を通じ、なんだかんだと楽し忙しい場所でもあります。 なかでも 「李(すもも)祭」は人気の祭りで、たった1日ということも手伝って、この暑いさなかというのに境内には参拝客があふれます。 それは、もちろん李(すもも)の市にならぶ、旨そうな李を目的にして…ということもあるでしょうが、やはり 、今日しか授与されない縁起物「からす団扇」によるところが大きいのではないか。 「李(すもも)祭」にしか、いただけない縁起物は、写真の「烏(からす)団扇」…と「烏扇子」 どちらも黒地に白絵の具を吹きかけるようにして浮かんだ烏の絵がまず賢そうで可愛いらしい。 素材は昔からの竹にこだわり、意匠も黒地に大國魂神社のご朱印が効いていて美しいもの。 加えて、 この団扇(か扇子)で扇げば、「農作物の害虫は駆除され五穀豊穣となり、病人は直ち平癒し、玄関先に飾ると魔を祓いその家に幸福が訪れる」(神社の由来書より)のだとかで、なんだかとってもご利益多数。 いってみれば、見かけも中味も申し分ない、非常に価値ある縁起物にして、7月20日の1日しかいただけない希少性。 何をさておいてもはるばる出かけてみたくなるというものですよね。 なぜカラスなのかしら?と由来を探せば こので探せば、 「1200年前に書かれたとされる『古語拾遺』にあり」とか。 ふーむ。 古いお話のようですね。 『古語拾遺』は、平たく言えば、平安時代の神道の資料のひとつ。 その時代まで伝承されてきた「古事記」や「日本書紀」などの神話と祭祀にまつわる問題点を示し、その最後に御歳神(みとしがみ)の祭祀伝説を加えたという構成のものです。 「烏の団扇」の由来は、その御歳神の伝説によるもので、そのお話も同じく神社のサイトにあってこんな風です。 「神代の昔、大地主神が田植えをなさる時に、早乙女や田夫らを労うために牛肉をご馳走した。 ところが御歳神の御子がそれをご覧になって家に帰ってそのことを御父にお告げになった。 御歳神は、これをお聞きになり非常にご立腹なされて、田にイナゴを放ち、苗の葉をことごとく 喰い枯らせてしまった。 大地主神は大変に驚かれて、何か神の崇りであろうといって卜者を呼んで 占わせてみたところが<これは御歳神の崇りであるから宜しく白猪、白馬、白鶏を献じて お詫びするのがよろしい、されば怒りも解けるであろう>とお告げがあったので、その通りに したところお怒りが解けたばかりではなく、蝗の害を駆除する方法も、いろいろと教えて下された。 その方法の中に「烏扇をもって扇げ」と、お教えなさったのである」 つまり、烏の扇は、 御歳神が放ったイナゴを駆除するためのものだったわけですね。 大地主神は、大地の神。 そして、大國魂神社のご祭神。 岩波文庫版によれば…。 「偉大なその土地の主(ぬし)たる神(=大地主神)、古事記の 大穴牟遅(おおあなむじ)神や、日本書紀の 大己貴(おおあなむち)命と類似するところのある神」 とあります。 この記紀の大穴牟遅(おおあなむじ)神とか大己貴(おおあなむち)命とかいう、カミサマ方は、どちらもオオクニヌシのミコトの別名。 つまり当時禁忌であった「牛肉の飲食」をして、御歳神を怒らせたのは、大國魂神社のご祭神ということになりますでしょうか。 一方、そして大地主神のやりように怒り、(人間世界からみれば)かなり乱暴なやり方で無理やり諭している御歳神さまとは、スサノヲとオオヤマツミの娘、カムイチヒメの間に生まれた大歳神(おおとしのかみ)の子神とされるカミサマで、ちょっとややこしいですが、正月になるとやってくるあのカミサマと同じ方です。 怒らせると、あんがい怖いカミサマなんですね。 そして、白猪・白馬・白鶏などを差し上げて素直にわびる大地主神に対し、御歳神はすぐに対策を伝授した。 「烏団扇であおげ」…と。 これが、この可愛らしくもご利益多彩な「からすの団扇」のルーツのようです。 つまり、カミサマの世界では、ひとつ蝗という厄災を祓う道具であったもののようですが、「からすの団扇」は、いつのまにか病まで祓い、五穀豊穣に加え、どさくさにまぎれて幸福までも運んでくる万能選手になってしまった。 ちょっと欲張りすぎというものじゃないかしら。 いいんですかね…。 まあいいですか。 李(すもも)祭じたいの由来も少し。 それも神社のサイトにあたれば、時は、11世紀の平安時代後期。 「源頼義・義家父子が、奥州出兵の途中、大國魂神社のご祭神に李を供えて戦勝祈願し、無事、戦に勝って凱旋の帰途、御礼詣りをしたことを由来として起こった祭」 …とありました。 さらに、李市に貴重な木陰を用意する参道の欅並木も、この親子の苗の寄進によるものらしく、それがこんなに育って、計算すれば…ざっくり言って樹齢ほぼ1000年です。 いっけんして、ご神木の並木かしら(そんなのがあればですが)…などと思ってしまうぐらいの立派さですもの、ああ、やっぱりねぇ。 大國魂神社の創建は、約1900年前。 李祭りの始まりは不明ですが、その由来と欅の植樹は約1000年前。 そして、烏の団扇のルーツは神話の世界までさかのぼる。 なんだかすごいですね。 そうと知ったら、ますます「この烏」(の団扇)さえそばにいてくれれば、この酷暑すらもなんなく乗り越えられそう。 そんな気がしてくるというものです。 …ああ、そうやってご利益が増えていったんでしょうかね。 数十年後に、「暑さを祓う」なんてご利益が、ひそかに増えちゃってるかもしれませんね。 なにせ、「神代の烏」の団扇ですもの、そのぐらいは軽い軽いってものですよね。

次の