ビュー カード モバイル suica。 VIEWカードのポイントをモバイルSuicaにチャージする方法

VIEWカードのポイントをモバイルSuicaにチャージする方法

ビュー カード モバイル suica

2019年10月からJRE POINT WEBサイトに登録したSuicaでJR東日本の鉄道利用でJRE POINTが貯まります。 モバイルSuica(Android・iPhone):50円につき1ポイント• モバイルSuica(Android・iPhone):50円につき1ポイント• モバイルSuica(Android・iPhone):50円につき1ポイント ビューカードとSuicaの相性はとても良く、ビューカードからチャージすると1,000円につき15ポイント、15円相当のJRE POINTが貯まります。 貯まったポイントは、同じ価値でSuicaにチャージするのが最もお得な使い道です。 これをフル活用して現金ではなくSuicaで支払えば、かなりの節約になります。 モバイルSuicaなら窓口まで行かなくてもスマホ内に新しくカードが発行できて、 どこからでもチャージすることができます。 モバイルSuicaのチャージに必要なのが、ビックカメラSuicaカードです。 年1回の利用で年会費が無料になるから、チャージし続けている限り年会費無料で持つことができます。 ビックカメラSuicaカードが手元に届いてから、モバイルSuicaを使い始めるまでの登録と設定の手順を順を追って説明していきます。 ビューカードからSuicaのチャージするやり方とポイントからSuicaのチャージするやり方も合わせて説明していきます。 最後までお付き合いくださいね。 ビックカメラSuicaカードが届いたらやるべきことリストと用意するもの 仕事も遊びも節約も、初めの準備をキッチリとしておくことが大切です。 用意するもの• ビックカメラSuicaカード• JRE POINT番号• モバイルSuicaに登録したメールアドレス• モバイルSuica会員パスワード やるべきことリスト• モバイルSuicaの登録・設定 モバイルSuicaに登録したメールアドレスとモバイルSuica会員パスワードの取得• JRE POINT webサイトにビックカメラSuicaカードを登録 JRE POINT番号が必要• JRE POINT webサイトにモバイルSuicaを登録 モバイルSuicaに登録したメールアドレスとモバイルSuica会員パスワードが必要 1. から順番にやっていきます。 モバイルSuicaに新規登録して「モバイルSuicaに登録したメールアドレス」と「会員パスワード」を取得 モバイルSuicaに登録して、 モバイルSuicaに登録メールアドレスと会員パスワードを取得していきます。 登録するクレジットカードがビューカード以外では年会費1,030円発生しますが、ビューカードなら現在のところ年会費無料で利用することができます。 これから先も当面の間は無料。 2020年2月26日以降、登録するクレジットカードの種類に関係なくサービスを無料で利用することができます。 Google Payでも手元にSuicaカードがなくてもスマホ内で新規にSuicaを発行することができます。 ビューカード以外のクレジットカードでも年会費無料なのがGoogle Payのメリットです。 Google Payの場合、JRE POINTからのチャージを受け取れないないのでモバイルSuicaを使います。 *午前2時から4時はサービスの利用ができないため登録できません。 修正がある場合は、「修正ボタン」で戻り修正します。 年間で600ポイントです。 JRE POINT番号の確認とweb明細書への切り替えを同時に済ませしまうのが最高の選択です。 JRE POINT番号の確認をしたら忘れないようにメモしておきます。 その他のJRE POINT番号確認方法• カード券面• 紙のカード利用明細書• 上から順に必須項目を入力して「次へ」を選択します。 JRE POINT WebサイトにビックカメラSuicaカードを登録 JRE POINT Webサイトに登録していきます。 2018年6月からビューサンクスポイントがJRE POINTにまとまりました。 モバイルSuicaでJRE POINTを受け取る Suicaチャージに申し込んだJRE POINTを受け取ります。 ビューカードからSuicaのチャージは、他と比べてもポイント還元率1. 正直、使い始めるまでにかなり面倒です。 でもね、 お得なのをわかっていて使わないのはあなたにとって大きな損失です。 今のあなたに必要なのは、「行動力」と「年1回の利用で年会費が無料になるビックカメラSuicaカード」です。 今日からSuicaデビューしませんか? 現場から、ともぞうがお届けしました~ おしまいっ.

次の

買い物でもSuicaチャージ!View(ビュー)カードとモバイルSuicaの組み合わせが最強すぎる

ビュー カード モバイル suica

モバイルSuicaを使い始めてから、初めてVIEWカードのポイントをSuicaにチャージする作業をやってみたので、まとめてみました。 VIEWカードのポイントをモバイルSuicaにチャージする方法 クレジットカードはVIEWカードを使っているのですが(JR東日本がVIEWカードというのを初めてすぐ作った・・・当時はクレジットカードできっぷが買えなかったけどVIEWカードなら買えるということで速攻作った)、たまったポイントはSuicaにチャージしています。 iPhone 7にしてからSuicaをモバイルSuicaに切り替え、初のポイントチャージなので手順を確認しつつの作業です。 申込みのタイミングにもよりますが、申込みから2,3日後にチャージできるようになります。 申込み手続き iPhoneだけでもできるのですが、初めての作業なので間違いなくやるためにはパソコンも使いました。 ブラウザでVIEWカードのウェブサイトにアクセスし、登録してあるIDとパスワードでログインします。 ログインしたら、 ポイント照会・プレゼント申込 をクリックします。 ポイント残高が表示され、その右側に モバイルSuicaへチャージ というボタンがあるのでクリックします。 交換口数にSuicaへチャージするポイントを入力します。 400ポイント単位の交換になります。 (400ポイント=1,000円) そのページの下部に、 モバイルSuicaのメールアドレス・Suica識別IDを入力し、申込内容の確認 をクリックします。 iPhoneの場合はSuica識別ID iPhoneのSuicaアプリを起動し、右側にある i のアイコンをタップします。 Suica識別ID(=メールアドレス)が表示されるので確認できます。 申込み内容が表示されるので確認します。 ページ下部に 次へ ボタンがあるのでクリックします。 認証を求められるので、VIEWカードサービスのログインIDとパスワードを入力し、 申込 ボタンをクリックします。 受付完了の表示が出るので、これで申込み作業は完了です。 登録してあるメールアドレスにもメールが届きます。 チャージ手続き 申込みから2,3日するとメールが届きます。 メールの下部にリンクがあるので、ここをタップします。 Suicaアプリを起動 のリンクが表示されるので、ここをタップします。 Suicaで開くか聞いてくるので 開く をタップします。 Suicaポケット内容確認 が表示されるので、内容を確認したら 入金(チャージ)する をタップします。 処理には少し時間がかかるので待ちます。 Suicaポケット受取完了 と表示されればチャージ完了。 受取金額と残高を確認します。 Suicaアプリのトップ画面に戻ると、残高にチャージ分の金額が反映されています。 まとめ VIEWカードのポイントをSuicaカードへチャージするのは大きな駅にあるVIEWのATMを使わなければいけませんが、即チャージできます。 モバイルSuicaへのチャージは、自宅で手続きできますが、即日チャージにはなりません。 今回は6月22日の17時頃に手続きをして、「チャージできるよ。 」というメールが届いたのが6月24日の10時過ぎでした。 このタイムラグと、申込みとチャージの2回の作業があるということも覚えておかなければなりませんね。 の地元は田舎なので駅も小さく、VIEWのATMがなく、いつも新幹線に乗る直前にあわただしくチャージしていたのですが、自宅でできるようになったので助かります。 なお、 モバイルSuicaへのVIEWカードのポイントチャージは、VIEWのATMではできませんのでご注意ください。

次の

モバイルSuicaチャージに一番おすすめクレジットカードは?最新比較2020

ビュー カード モバイル suica

首都圏から新幹線や飛行機を利用して関西や九州、北海道あたりに行くと、現地でもSuicaやPASMO等の交通系ICカードが利用できることが多いです。 2004年8月のJR東日本のSuicaとJR西日本のICOCA相互乗り入れに始まり、2013年3月には交通系ICカード全国相互利用サービスで全国10の主要交通系ICカードが各地に利用エリアを拡大しています。 バスや地下鉄事業者への片道乗り入れを含め現在も拡大傾向にあり、今や近距離の鉄道やバス移動は利用者数ベースで考えれば国内9割以上のニーズを満たしているとも言われています。 モバイルSuicaはどこでも端末操作でチャージできる。 これ最強。 モバイルSuicaは、最近発行されたモバイルPASMO含めカード式にはない大きなメリットがあります。 その場で残額が確認できる• クレジットやポイント等から端末操作でチャージできる 不慣れな土地に行くとこのメリットは特に顕著です。 最近はICカード自体が普及していて JR東日本のように券売機よりもチャージ専用機が多く用意されていたり、 JR西日本のように改札内やホーム上にもチャージ機が用意されていたり、 JR境線米子空港駅(車載改札機を採用)のようにローカル線ではチャージができない駅があったり、その扱いは様々です。 常に高額な残高を用意していない限りカード式に比べると、どこでもチャージできるモバイルSuicaはかなり有利です。 逆の言い方をすれば 首都圏以外に住んでいてもモバイルSuicaはメリットがあると思います。 参照: 2. ICカード運賃で10円未満端数割引があるのは首都圏だけ 2014年の消費税増税絡みでの運賃改定で首都圏の鉄道・バス各社はICカード乗車の場合に限り1円単位での運賃設定をするようになりました。 しかしこの動きは首都圏だけに限られているのはあまり知られていません。 例えばJR西日本ではきっぷを購入してもICOCAで改札を通過しても運賃は同一です。 またJR東日本でも仙台地区と新潟地区はきっぷ運賃と同額であり、また 1000円を超える区間ではIC運賃の方が高いケースも散見されます。 またVIEWアルッテや東急のクイックチャージのように指定金額をクレジットチャージする機能もありません。 逆にJR西日本のスマートICOCAのチャージ機も首都圏にはありません。 クレジットチャージでの端末は相互乗り入れ先でも整備されていないと考えてよいでしょう。 券売機で現金チャージするかきっぷを購入するかになります。 券売機や精算機でチャージするなら現金購入と変わらない 十分な残高を把握していて利用が少額とわかっているならカード式SuicaやPASMOでも問題ありません。 日頃1000円以上入れていて新大阪~なんば、福岡空港~博多くらいの移動であれば簡単でしょう。 ただ成田空港や新千歳空港、関西空港のように市街地まで出るのに1000円以上かかる場合は要注意です。 いったんチャージするかあとで清算するかですが、それなら最初からきっぷを購入するのと変わらないと言えます。 IC運賃でもきっぷ運賃でも変わらない訳ですし。 広島地区の鉄道・バス事業者が加盟するは2018年から全国交通IC片道乗り入れでSuicaやPASMO等の利用も可能になりましたが、PASPY独自の最大10%運賃割引やバス・路面電車の乗継時の通し計算は対象外になっています。 香川県の高松琴平電気鉄道が発行するもSuicaやPASMO等全国交通IC片道乗り入れを2018年に電車区間で、2019年にバスでも導入しましたが鉄道で5%、バスで10%の割引運賃はIruCa限定にされています。 また自販機や売店は地元ICカードのみに限られSuicaやPASMO等は共通化されていないケースもあります。

次の