大腸 ポリープ 切除 術。 大腸ポリープ切除手術翌日以降の注意点

大腸内視鏡でのポリープ切除は生命保険の対象になる?

大腸 ポリープ 切除 術

大腸ポリープを確認するための検査 大腸ポリープとがんの関係 肛門・直腸・結腸などの大腸に発生する大腸がんには、正常な粘膜から直接発生するものと、腺腫といわれる良性ポリープががん化して発生するものがあります。 大腸の粘膜に発生したがんは、徐々に深く大腸の壁に侵入していき、大腸の壁の外まで広がって腹腔内に散らばることや、大腸の壁の中にある血液やリンパ液の流れに乗り、肺や肝臓、リンパ節など他の臓器に転移することがあります。 早い段階では自覚症状がほとんどないため、早期発見のためには検診を受けることが大切です。 大腸の検査について 検査には「バリウム検査」「便潜血検査」「内視鏡検査」があります。 「バリウム検査」は古くから行われている検査です。 バリウムを肛門から注入して、大腸をレントゲンで撮影します。 内視鏡では見えにくい部分や大腸にあるひだの裏側など、大腸の全体の様子がわかりますが、平坦な大腸がんや小さいポリープを見落としてしまう可能性があります。 そのため、バリウム検査によって異常があると「内視鏡検査」を行うことがある、何度かレントゲン撮影をするために放射線被爆があるなどのマイナス点があります。 「バリウム検査」はあくまで検査であって、そのまま治療をすることはできません。 「内視鏡検査」ができないときの補助的な目的に適しています。 「便潜血検査」は2日連続の便をとり、血液が便の中に混ざっていないかを調べる簡単な検査です。 しかし、早い段階のがんでは出血をしていないことがあり、腸の炎症や痔でも陽性の結果がでる可能性があります。 検査時間、身体への負担、費用の面で集団検診などの場では有効な検査です。 「内視鏡検査」は昨今の大腸専門病院で主流となっています。 昔は苦しいイメージがありましたが、検査に使う機械と検査技術の進歩に伴い、苦痛のない検査ができるようになりました。 直接、大腸の中を見ることができるので、「バリウム検査」では発見できなかった平坦な大腸がんや小さいポリープを見つけることができます。 「内視鏡検査」は、検査の段階で小さいポリープや早期段階の大腸がんを切除できます。 同時に検査と治療ができることが最大の特徴です。 大腸内視鏡検査はどのような方法で行うのか 先端にCCDカメラがついた細い管を、肛門から挿入して行います。 この検査により、がんやポリープ、出血や炎症などをテレビモニターで観察しながら診断します。 採取した組織を顕微鏡で検査することで、さらに詳しく細胞を検査することができます。 一般的な大腸内視鏡検査の方法としては、まず、腸内を十分にきれいにするために、検査の前日は消化の良い食事をして、20時を過ぎてからの食事は避けなければいけません。 腸管の洗浄が十分にできていない場合は、下剤服用や浣腸をすることがあります。 腸の動きを抑えるために鎮痙剤を投与し、必要な方は鎮痛剤を使用して、CCDカメラがついた細い管を肛門から挿入します。 検査中は空気を送って腸管を膨らませることで、観察の精度を高めるので、腹部に張りを感じることがあります。 スコープを大腸の奥の盲腸まで挿入し、抜きながら病変があるかを観察します。 その様子は、テレビモニターで見ることができ、その際に医師からの説明を聞けます。 内視鏡は拡大観察ができるので、平なポリープや小さい病変の発見など、質の高い診断をすることができます。 ポリープが発見された場合、青い色素を大腸内に散布して詳しくポリープをみる方法や、特殊な光を内視鏡から出して拡大した病変を観察する方法を用いて、治療が必要なポリープかを確認します。 6ミリ以上の大きい腺腫性ポリープやがんの疑いがあるポリープは切除治療を行います。 大腸ポリープの切除方法 病変の大きさや形によって、内視鏡治療に使用する道具は違います。 ポリペクトミー 病変に茎がある場合の治療方法です。 茎にスネアという円形になっているワイヤをかけて、通電して切り取ります。 太い茎で内部に太い血管がある場合、切除をした後に出血をすることがあります。 このような出血に備えて、留置スネアというビニール製の糸で茎を結んだり、クリップで残った茎を挟んで止血をしたりします。 治療後1週間ほどで、クリップなどは自然に脱落し、便と一緒に排泄します。 内視鏡的粘膜切除術 平らな形をした病変や、病変に茎がない場合の治療方法です。 局注針で、腸壁の5構造のなかの粘膜下層部に液体(整理食塩水)を注入し病変を盛り上げます。 そして正常粘膜を含めるようにスネアをかけて絞めたあとに、通電し切り取ります。 液体を注入すると、平な病変でもスネアがかかりやすくなって、止血もできます。 一般的に2cm位までの病変は、1回で切除できます。 条件が整っていれば4cm位までは切除できますが、病変が大きい場合は取り残しがないように注意をして、分割切除をすることもあります。 病変が大きくなればなるほど、治療の後に腸に穴が開く(穿孔)や出血などの合併症を引き起こす可能性が高くなるため、切除した後に縫い合わせをして合併症を防ぐこともあります。 ホットバイオプシー 病変が数ミリ程度の小さいものの場合の治療方法です。 金属製の開閉ができる2つのカップがついたホットバイオプシー鉗子を使用し、病変を焼いて切り取ります。 カップの外側に熱が発生して、内側には発生しません。 そのため切除と止血の両方ができ、切除をした組織に損傷を与えることなく、すぐに回収できます。 大腸ポリープを切除した後の注意点 大腸ポリープを切除した後は、一般的に1年後に再び大腸内視鏡検査をします。 切除した細胞にがんの疑いがあるものが混ざっていたとしても、内視鏡で完全にポリープを切除できていれば、半年から1年後に内視鏡検査をします。 大腸がんや大腸ポリープの原因の一つには、飲酒や欧米化した食生活、運動不足、ストレスなどの生活習慣が考えられます。 大腸ポリープを切除した後、生活習慣を整えて、赤みの肉や加工肉や保存肉、高カロリーな食事、アルコールを過剰に摂取することは控えましょう。 また、喫煙も控えることが大切です。 野菜や食物繊維を食べる習慣がある方にリスクが低いことが判明していますが、野菜や食物繊維を積極的に食べることで、がんの発生を防ぐための効果があるかは証明されていません。 また、がんが発生しやすい家系の方が、大腸がんになってしまう遺伝性大腸がんもあります。 たくさんのポリープが大腸に発生する家族性大腸腺腫症、ポリープの数は少なくても家族内に大腸がんが多く発生するリンチ症候群があるため、大腸がんや大腸ポリープと診断された方が親や兄弟などの血縁関係者にいる場合は、早期にがん検診を受けましょう。 完全に大腸がんを防ぐことはできませんが、発生するリスクを下げる予防因子や、発生するリスクを高める危険因子を知ることは必要です。 血縁関係者に大腸がんになった方がいる、および年齢が50歳以上のときは大きな危険因子になります。 一方で、適度な運動習慣が予防因子として確実だといわれます。 最後に ほとんどの大腸ポリープは、自覚症状がありません。 小さい場合はとくに、全て無症状といっても過言ではありません。 そのため、大腸がんを防ぐには、がん検診を受けることが大切です。 苦痛を伴うイメージが強かった大腸検査ですが、検査に使う機械と検査技術の進歩に伴って、苦痛のない検査が実現されています。 ほとんどの場合、検査受けると同時に大腸ポリープの切除ができてしまうので、何度も病院に通って段階に分けて手術を行う必要がありません。 普段から生活習慣を整え、食生活や飲酒、喫煙に注意して、大腸内視鏡検査を受けることで、大切な自分の体を守り、健康を維持することができます。 関連する記事はコチラ.

次の

大腸ポリープ切除後の食事や大腸ポリープ切除に関して

大腸 ポリープ 切除 術

検診や人間ドックで大腸ポリープが見つかると驚く人が多くいます。 それは、大腸ポリープが初期の段階では自覚症状がほとんどないからです。 しかし、大腸ポリープは自覚症状がないからといって放置しておくと10年間で約10%の大腸ポリープが、がんになると考えられています。 また、国立がん研究センターの報告によると大腸がんの患者数が、がん全体の患者数に占める割合は15. 2%(2013年度)で胃がんに次ぐ2位と患者数の多いがんの1つです。 胃がんは減少傾向にありますが、大腸がんは食生活が欧米化したことなどによって増加傾向を示しています。 そこで、大腸ポリープとはどのような病変で、どのような種類があり、大腸ポリープが見つかったら、どうすべきか。 および、大腸ポリープの手術や費用はいくらくらいかかり、共済金からはいくら支払われるかについて紹介します。 もくじ• 第一章 大腸ポリープとは 1. 大腸ポリープの分類と早期治療の必要性 大腸ポリープとは、実は病気の名前ではなく大腸の粘膜にイボのように盛り上がった突起物のすべてを意味する用語です。 大腸にできた突起物(大腸ポリープ)は、大きく分けると「腫瘍性ポリープ」と「非腫瘍性ポリープ」の2つがあります。 さらに「腫瘍性ポリープ」は、「悪性腫瘍(早期の大腸がん)」と「良性腫瘍(腺腫)」に分かれます。 最も多くて一般的な大腸ポリープは、「良性腫瘍(腺腫)」です。 「非腫瘍性のポリープ」が、がんになることはまずないのに対して「良性腫瘍(腺腫)」の一部は、がんに変化します。 そのため「良性腫瘍(腺腫)」の大腸ポリープが見つかれば、大腸がんになる前に切除してしまうことで、がんに変化することを防止できます。 大腸ポリープには、早期の大腸がんが含まれ、良性腫瘍の大腸ポリープもがんに変わる可能性があることから、大腸ポリープが見つかれば早期治療が必要です。 こうしたことから、検診や人間ドックで大腸ポリープが見つかったと医師から聞かされると、がんだとショックを受ける人が多いようです。 しかし、大腸ポリープの段階で発見されたことは決して不運なことではなく、むしろ幸運というべきです。 なぜなら、大腸ポリープの段階であれば、悪性腫瘍のがんであったとしても早期がんである可能性が高く、大腸がんは早期治療すれば治りやすいがんの1つだからです。 なお、「良性腫瘍(腺腫)」は放置することで、すべてががんになるわけではありません。 そのままの状態が続くか、場合によっては小さくなっていく大腸ポリープもあります。 大腸ポリープの症状 大腸ポリープは、初期の段階では症状がほとんどありません。 このため、検診や人間ドックで自覚症状なしにいきなり見つかって驚くことが多く起こります。 大腸ポリープがあっても自覚症状がないので放置状態になります。 治療しないで放置し、大きさが2cmをこえるようになると排便時に便とこすれて出血し、さらに大きくなると腹痛、下痢、便が出にくくなるなどの症状が現れます。 大腸ポリープの検査方法 大腸ポリープの検査方法は以下の3種類の方法があります。 3-1 便潜血検査 便潜血検査は、便に血液が混じっているかを検査する方法で肉眼では判別できないほどのわずかな量の血液でも検出できます。 他の出血が混じっても陽性と判定されるので、検査は通常2回行われます。 1回でも陽性になれば、次は3-3の内視鏡検査を受けます。 便潜血検査の効果は高く、この検査を受けることで大腸がんの死亡率や大腸がんになるリスクを大幅に低下させられることが分かっています。 3-2 注腸X線検査 注腸X線検査とは、肛門からバリウムを大腸のなかに注入して、X線写真を撮影して診断する方法のことです。 この検査では、大腸全体にポリープがあるかどうか、またポリープの形や大きさ、および位置などを診断できるメリットがあります。 一方で事前の処置が不十分であったり、大腸が重なったりしているときちんとした診断ができないデメリットがあります。 3-3 大腸内視鏡検査 大腸内視鏡検査とは、先端にレンズが付いた内視鏡を肛門から入れ、大腸内を撮影した映像をモニターテレビで確認して調べる方法のことです。 この方法のメリットは、大腸ポリープが見つかると、その場で切除でき、またポリープの一部を採取して悪性腫瘍でないか組織検査ができることです。 この検査のデメリットは、痛みを伴うことでしたが、現在は大腸が癒着などしていないかぎり痛みもなく検査ができます。 第二章 大腸ポリープの手術費用 大腸ポリープを切除する手術費用は、病院、切除する大腸ポリープの個数・大きさなどによって異なります。 大腸ポリープの個数が1個増えると、1割負担で1,000円、2割負担で2,000円、3割負担で3,000円程度増加します。 3割負担であっても、費用はおおむね5万円以内に収まります。 1割負担 2割負担 3割負担 内視鏡によるポリープ手術 (日帰り手術、1カ所) 6,000円から 7,500円 12,000円から 15,000円 18,000円から 22,500円 内視鏡によるポリープ手術 (入院手術、1カ所) 9,000円から 11,000円 18,000円から 22,000円 27,000円から 33,000円 内視鏡検査のみ(参考) 1,800円から 2,500円 3,600円から 5,000円 5,400円から 7,500円 注)上記費用には、診察代、採血代などは含まれていません。 注)上記の金額は、東京豊島区のA病院、名古屋市南区のB病院のホームページに掲載されている費用を参考にしています。 正確な費用は手術を受ける病院で確認をしてください。 第三章 大腸ポリープ手術をしたときの共済金 全国共済の入院保障2型に医療1型特約をつけて加入していると、大腸ポリープの日帰り切除手術を受けたとき共済金が15万円支払われます。 大腸ポリープの切除手術費用は、入院して複数個のポリープを切除しても一般的に5万円未満で収まります。 共済金で支払われる15万円よりも、病院へ支払う費用が少なくても差額を返す必要はありません。 費用の負担も軽く、将来がんになるかもしれないという不安も解消できます。 まとめ 大腸ポリープは、増加している大腸がんの原因の1つですが、その予防法は早期発見して早期治療を行うことです。 大腸ポリープは初期の段階で切除しておくと将来に大腸がんになるリスクを回避できます。 初期の段階では大腸ポリープは自覚症状も感じられないため手術費用の負担を重く感じますが、全国共済に加入していると共済金の支払いが手術費用を上回り、その差額も返す必要がないので積極的に切除手術を受ける気になれ、健康面と金銭面でダブルのメリットを得られることを紹介しました。 この機会に、全国共済に加入していなければ加入し、同時に大腸ポリープの検診を受けて、あれば切除手術を受けることをおすすめします。 全国共済への加入をお考えの方は、まずは資料請求からいかがでしょうか?こちらから全国共済への資料請求ができますので、ぜひお役立てください。

次の

大腸内視鏡ポリープ切除で保険金もらいました

大腸 ポリープ 切除 術

大腸ポリープの切除 大腸カメラ検査を行った際に大腸ポリープを発見したら、その場で切除が可能です。 これは、日帰り大腸ポリープ切除手術と呼ばれており、切除後は入院の必要がなく、そのままご帰宅いただけます。 切除の際に痛みはほとんどなく、検査中に5~10分程度で切除可能です。 検査と切除を別日に行う必要がないため、スケジュール的にもご負担が減りますし、事前の下剤服用といった準備も1回だけですみます。 ただし、数が多い場合には一度で取り切れないため別の日に切除を行う必要がありますし、サイズが大きい場合などでは切除に入院が必要になるケースもあります。 入院が必要な場合には、スムーズに切除できるよう近隣の提携病院をご紹介しています。 切除方法 大腸カメラ検査で切除が可能なのは、5~10ミリ程度の小さなポリープで、数は5個程度が上限です。 切除にはいくつか手法があり、形状などに合わせて行います。 なお、切除したポリープは回収して病理検査を行い、確定診断に役立てます。 ポリペクトミー 内視鏡の先からワイヤーのような細いスネアを出してポリープにかけ、締め付けてから高周波を流して焼き切ります。 電気メスと同様、通電によりすみやかな止血が可能です。 ただし、術後の炎症・出血・穿孔などの合併症リスクがあるため、安全に行える症例にしか使用していません。 コールドポリペクトミー 高周波の通電を行わず、スネアで締め付けて切除します。 深部にダメージを与えずに切除できるため、術後の炎症・出血・穿孔などの合併症リスクがほとんどありません。 切除直後の出血はありますが、自然に止血します。 安全性が高いため、当院では主にこの手法を用いています。 内視鏡的粘膜切除術 平坦なポリープの場合、そのままではスネアをかけられないため、この手法を用います。 粘膜のすぐ下にある粘膜下層に生理食塩水を注入することでポリープを持ち上げてからスネアをかけて切除します。 この手法により粘膜より下にダメージを与えることなく、安全に平坦なポリープの切除が可能です。 留置スネア ポリープと粘膜の間が茎でつながっているケースがありますが、茎には太い血管が通っているためそのまま切除してしまうと大出血を起こす可能性があります。 そうした際に、茎をあらかじめ留置スネアで締め付けておくことで、安全な切除が可能になります。 切除後の注意点 検査と同時に行えますが、ポリープ切除は手術です。 日帰りで受けた際には、ご帰宅したら安静に過ごし、いくつかの制限を数日間守っていただく必要があります。 またそれ以外にも下記のような制限がありますので、検査日を決める際にはこうしたことも考慮してスケジュールを決めてください。 脱水や低血糖の予防 大腸カメラ検査は腸を空っぽにしてから受けないと正確な結果を得ることができないため、事前の食事制限や下剤の服用が必要です。 このため、脱水症状や低血糖を起こすリスクが高くなります。 それを防ぐために、検査後は医師の許可が出たら、すぐに水分を補給し、甘いものなどで糖分を摂取してください。 食事 切除を受けた当日は、消化の良いものを食べてください。 おかゆやうどんなどが適しています。 翌日以降の数日間は、唐辛子などの香辛料や油脂分の多いメニューを避けてください。 アルコール 血行が促進して出血リスクを上昇させますので、切除してから1週間はアルコールを控えてください。 入浴 翌日からシャワーは可能です。 数日間は浴槽に浸からないようにしてください。 運動 軽い散歩は翌日から可能です。 ジョギングやゴルフ、テニス、水泳、はげしい運動、腹圧がかかる運動は、1週間ほど控えます。 旅行・出張・長時間の運転 切除後、1週間ほど旅行・出張・長時間の運転を控えてください。 飛行機は気圧が変化するため出血リスクがあり、特に避ける必要があります。 また、遠方では万が一の際に的確な処置を素早く行えない可能性が高いため、ご注意ください。

次の