石黒 智子 ブログ。 ベリーの暮らし

[ 石黒智子さん ]

石黒 智子 ブログ

結構辛口になってしまいましたが使ってみての感想です クックワン フライパン デザインと持ち手の熱くならないのは気に入ってましたが、想像以上に重く 早々に裏底面渦巻き加工の汚れが落ちなくなり、金属ヘラの傷も容易に付き、 半年後くらいから剥げ初め1年過ぎに全面剥げてきて処分 「持ち手に菜箸をおける」というがかえって不便で置くことはなかった… 見た目はいいけど中身はねぇ~の代表となってしまいました ビクトリノックス カービングフォーク 我が家にはローストビーフはあいにく登場しませんが自家製鳥ハム切る時たまに使用。 それよりも蒸したジャガイモの皮をむく時に便利な事を発見 ラ・クッチーナフェリーチェ ステンレスクッキングスプーン サラダに惣菜取り分けに日々活用 収まりも良く気に入ってたのに最近突然スプーン穴なしが行方不明に すごいショック… どこだぁ~! ソルター キッチンタイマー ムックで知りその後プレゼントで戴く。 当時よりすごい値下がっていてびっくり。 円高だから? デザインと見やすさはGOOD もっぱら子どもの勉強用のタイマーとして使用。 キッチン用はニトリのタイマーの方が使いやすいのです。 冷蔵庫につけるとちょっと触っただけで落っこちる・アラーム音がピピピピうるさい・ 時計もついてほしかった等不満点もあり ラストロウェア ディッシュドレイナー こちらはムックを見て安かったのでアマゾンで購入。 丈夫で使い勝手良く一番買ってよかった品。 深さもありたくさん入る。 薄い持ち手のカトラリーがカトラリーボックスの水切りスリットから落ちるのが残念。 廣田硝子 月あられ こちらも日々醤油皿・小皿に使っています。 若干黄味帯びたレトロな色。 やっぱり和のセッティングに似合う。 ちょっと弱いのが難点。 天井掃除にもよさそう。 今年の大掃除は使ってみようかな。 石黒智子さんと関連はないのですが 今後欲しいのはパパ用マグカップ 中華以外でも使えるれんげKAHALA社の あとこれ に合う油こし 茶漉し) 柳宗理ボウル があるしこれ以上は贅沢かな…と我慢していましたが、 試しにメジャーで測ったらすっぽり柳宗理の16cm&19cmの間に収まるのが分かり シンク脇の引き出しの邪魔になる事無いと購入決定 石黒智子さん米とぎボウルセット ざるの持ち手が扱いやすい。 水切れが気持ちいい。 4合も楽々研げる。 ウィスクも想像通りの使いやすさ。 泡だて器の要領で米とぎすいすい 親から習った研ぎ方をやめるのはちょっぴり罪悪感ありましたが 美味しく手早く研げるのならと言い聞かせてすっかり身につきました。 ボウルは18cmと小ぶりでも深さがあるので餃子の具50個分を入れて混ぜても余裕。 調理台や冷蔵庫の収まりも良いです。 ホント買ってよかった ずっと欲しかったラストロウェアの水切りかご! amazonで60%引きを発見 ギフト券があったので思わず注文 石黒智子さんはMサイズを2シンクの内の一つにはめ込み使用されているそうです。 ずぼらママはまとめ洗いが多い &キッチン付属の水受けトレーが大きいので思い切って Lサイズ にしました。 ふち周りがしっかりしてて持ち上げる時に安心です 石黒智子さんはシャワー座浴されているそうです。 節水になるのはいいのだけど、シャワーだけだと寒いし、あちこち飛び散った水を拭き取るのが大変。 何かいい方法ないかな~と思いついたのが 「浴槽で座シャワー」 これが便利で壁の好きなところに貼れるのです 45度に傾けて貼ればシャワーの角度も調節可能。 湯船につかりたい時は取れば邪魔にならない。 座ってシャワーなので疲れない 石黒さんもおすすめ 浴槽の中なのでヒヤッとしない シャワーの水が周りに飛び散らない。 シャワーカーテンもいらない。 欠点は浴槽に髪の毛がたまる位。 その都度掃除すれば良し 思いがけなかった事は シャワーになって子どもたちが自分でシャンプーするようになったり、 風呂場で延々と遊ばなくなった事 おかげでこの夏のガス代は例年より150円、水道代も約300円節約できました 冬場はあったかい湯船につかりたいけど、ささっと入りたい時には今後も重宝するでしょう。 たまたま購入店舗が赤ちゃん用品店で、赤ちゃんやペットの入浴にもよかったレビューがたくさん。 更にバージョンアップするなら手元スイッチ付きシャワー 昨日に増して風が吹き荒れ冷え込み 今夜は 湯たんぽの出動です。 我が家は寝るときエアコンつけないので 湯たんぽはれっきとした暖房器具です 10年以上前に海外旅行先で買った湯たんぽ。 そろそろゴムが劣化してきました。 次買うのも ネジ式栓のゴム製 と決めてますが、 なかなか近所では見つかりません。 無印のポリエチエン湯たんぽを石黒さんのHPで紹介してましたね。 お腹や腰にあてるには硬いし1Lも0.5Lも小さい~。 (あんなに小さいとすぐ冷めるだろうし何に使うのかしら?) 石黒さんの著書「 わたしの日用品」 では ゴム湯たんぽおすすめしてました。 現在は残念ですが廃盤です 我が家も偶然同じタイプ。 海外ではこのタイプが主流なのかな? 楽天で探してみたら、あった 左端の色イメージに近くて 来シーズン用に買わなくては! 埼玉は昨日も雪が降りましたが梅の蕾もほころびました。 少しずつ春に向かっています。 石黒智子さんも著書で「消費電力が少ない」点に注目してますが こちらは200w、最大でも400wは熱くない暖かさ。 (よくあるカーボン &ハロゲン ヒーターは近寄るだけで熱い!) 我が家は脱衣所で縦に置いて使ってます。 足元が暖かいだけで身を縮める事も無く快適です。 ヒーターの表面を誤って触れてもこの温かさなら大丈夫でした。 もっと暖かさを求めるならエアコンで。 部屋が暖まるまでの補助的 短時間使用なら持ち運びも軽いし良い商品だと思います。 ただ石黒さんのデスク下に横置きのアイデアは・・ 4人掛けダイニングテーブル下に置いた時、向きによっては ぜんぜん暖まらない人が出ました。 石黒智子さんが「心地よい暮らしのシンプルキッチン」で クレープにぴったりと勧めてた ヌテラのへーゼルナッツ&チョコスプレッド コストコでみつけました。 軽くて開けやすいですしね。 ラベルがきれいに剥がせないのが難点ですが 我が家では手芸ボタン入れに使っています。

次の

[ 石黒智子さん ]

石黒 智子 ブログ

重いアイテムから離れてゆく暮らし 石黒智子さんは、キッチン道具や器、生活雑貨など、デザインや優れた機能をもつ実用的な商品を見つけ出す名人として、数多くの雑誌などに執筆されています。 私はたまたま手にした雑誌で石黒智子さんの実用的な暮らしに感銘を受け、出版されている本を何冊か購入しました。 石黒さんがアイテムを選ぶポイントは、使いやすいもの、デザイン性に富んでいるもの、そして、 出来るだけ重くないものに年々シフトされているようです。 人は年を重ねると、今まで使っていたものを重く感じてきます。 かくいう私も、自宅にあるもので重くて不便だなと思うことがあります。 石黒さんは、少しずつ軽いもの=負担がかからないものに変えています。 第一章「居心地よい居間づくり」 見えるところに置く 第一章は、仕事机、箱と缶についてなどが写真付きで掲載されています。 モノをクローゼットや納戸に収めると死物となって使わなくなってしまうものが多いことは、私たちもよく経験していることですね。 石黒さんは、「見えるところに置く」をモットーに、可愛らしい箱や缶を仕事机の下に整頓しています。 テーブルでないものをテーブルにしてしまうという発想が参考になります。 手のかからない多肉植物を部屋に置く 石黒さんは多肉植物を室内に吊るして、小さな緑を楽しんでいます。 多肉植物は、虫が付かず、肥料もほとんど必要としないようなので、さほど負担もないところが良いところですね。 石黒さんのアイデア満載グッズ この他にも、石黒さんのアイデアが詰まったアイテムを紹介しています。 息子さんが使っていたアーチェリーの弓矢をほこり取りのブラシの柄に使ったり、アルミサッシの汚れを、IKEAの塗装用のハケで払い落としたりと、なるほど~と思うことがたくさんあります。 石黒さんは軍手をオーブングローブに使っているのですが、わが家も真似しています。 5本指が使えるので便利です。

次の

石黒智子さんの一日一文は潔いなと思う。

石黒 智子 ブログ

まだまだきれいなもの、使えるものを捨てて、新しいものに買い替えるのには抵抗がある、そんな人がまわりにはたくさんいます。 でも時代は進み、道具はどんどん賢く、軽く、扱いやすくなっています。 これからの暮らしをラクにしてくれるものに出合ったら、それは運命だと前向きに考えればいいと思うんです。 「いつか使うかもしれないし……と取っておきがちですよね。 でも、新しいものが明らかにいいとなったら、前のものに戻ることはまずないと思いませんか?」 体調の変化、家族構成の変化。 変化した自分の状況に暮らしがぴったり沿うように、道具や暮らし方を進化させてしまえばラク。 これが、〝今が最高に快適〞を更新し続けている石黒さんの、人生を楽しく豊かにする方法です。 今の暮らしに合わせて、選び直したもの 紅茶はリーフからティーバッグに 「味や香りを楽しむならリーフのほうがいいって、長年思い込んでいました。 でも、今のティーバッグの紅茶はとてもおいしい。 リーフだと茶こしを用意しなくてはいけないし、洗うのも面倒。 それがなくなって、お茶の時間が気楽になりました」 オーブングローブは白色から赤色に 赤いアクリル製の軍手をオーブングローブに。 以前使っていた白から鮮やかな赤に変えたのは、台所での置き忘れや行方不明が軽減されると考えたから。 スムーズに着脱できるよう、入れ口のゴムを抜いてゆるゆるに。 鍋敷きとしても活躍する働き者。 グラスは厚手から薄手に 「今までは薄いと割れた時に怖くて、やや厚手のものを使っていました。 でもこの『木村硝子店』のグラスで飲んでみたら、味わいがストレートに伝わってきておいしい。 グラスでこんなに味が違うなんて! と驚きました。 底が浅いから洗うのもラク」 家電は単一機能のものに 来客の多い石黒家。 おいしいものを食べる集まりなら、友人にもどんどん台所を任せてしまうそう。 だから、初めての人でも簡単に使えるよう、電子レンジやオーブンなどの家電は、機能がごくごくシンプルなものを選んでいる。 より photo:杉能信介 text:鈴木麻子•

次の