足つぼ お通じ。 【香港】足臨門の足つぼマッサージ体験談辛口ルポ@尖沙咀

足ツボ歴10年…足ツボを始めたきっかけと押し続ける効果

足つぼ お通じ

便秘改善に効くツボをご紹介する前に、まずはツボ押しに関する基本情報をいくつかお伝えしましょう。 ひとつめは押し方。 ツボによって変わることもありますが、基本的には「心地よい」と感じる程度の強さで、3〜4秒かけてゆっくりと押していきます。 力を緩めるときも、同じくらいゆっくりと。 強すぎる力を加えたり、急に押したりすると、ストレスがかかってしまうのでよくありません。 排便をスムーズに行うには、心身共にリラックスした状態が必要なので、ストレスがかからないよう、気持ちいいと思える強さでゆっくり押すようにしましょう。 心身をリラックスさせるには、何を使って押すかを考えることも大切。 自分の手を使う、あるいは信用できる人の手で押してもらうのが一番と思いますが、自分で押すと疲れる場合はツボ押しグッズを使うのもよいでしょう。 金属製だと身体に触れたときに冷たくて緊張を促すので、木製のように自然素材のものがオススメ。 身近なものでと言うなら、ゴルフボールやテニスボールなどを使っても効果が期待できます。 押す時間帯は、副交感神経が優位になっていく夕方以降から寝る前が効果的。 また、押す回数は個人差があるので、特に決まりはありません。 次の項でご紹介するような即効性も期待できるツボなら、便意が生じてくることもあります。 押しているうちにお腹がゴロゴロしたり、便意が生じたりしてきたら、その段階で押すのをやめてトイレへ向かいましょう。 冒頭でもお伝えしていますが、上記でご紹介したツボを押すときはいずれも力を入れすぎないことが大切。 緊張をほぐすようにゆっくりと押し、痛いと感じたらすぐに力を緩めるようにしましょう。 また、グリグリと押すと筋繊維を傷付ける可能性があるので、まっすぐ一方向に力をかけてください。 このほか、飲食した直後は体内の血液が胃に集まるため、筋肉も柔軟性が失われた状態となり、筋繊維を傷付けるリスクが高まります。 飲食後は2時間程度、時間をおいてからツボ押しをするようにしましょう。 先ほどご紹介したツボの中でも、特にお腹周りのものはリラックスさせる効果が期待できるので、普段から緊張しやすい人にオススメ。 また、デスクワークの人にもぜひ試していただきたいと思います。 なぜなら、座っている時間が長いと姿勢が悪くなり、腹筋を中心とした腹壁が縮み込んでしまいがちだから。 このような連鎖は、私たちの身体によく現れるもの。 便秘の場合も、身体や心にかかったストレスが一因になっていたりすることがあるので、さまざまなアプローチで改善を心掛けたいですね。

次の

意外に知らない?リフレクソロジーと足つぼの違いとは

足つぼ お通じ

便秘改善に効くツボをご紹介する前に、まずはツボ押しに関する基本情報をいくつかお伝えしましょう。 ひとつめは押し方。 ツボによって変わることもありますが、基本的には「心地よい」と感じる程度の強さで、3〜4秒かけてゆっくりと押していきます。 力を緩めるときも、同じくらいゆっくりと。 強すぎる力を加えたり、急に押したりすると、ストレスがかかってしまうのでよくありません。 排便をスムーズに行うには、心身共にリラックスした状態が必要なので、ストレスがかからないよう、気持ちいいと思える強さでゆっくり押すようにしましょう。 心身をリラックスさせるには、何を使って押すかを考えることも大切。 自分の手を使う、あるいは信用できる人の手で押してもらうのが一番と思いますが、自分で押すと疲れる場合はツボ押しグッズを使うのもよいでしょう。 金属製だと身体に触れたときに冷たくて緊張を促すので、木製のように自然素材のものがオススメ。 身近なものでと言うなら、ゴルフボールやテニスボールなどを使っても効果が期待できます。 押す時間帯は、副交感神経が優位になっていく夕方以降から寝る前が効果的。 また、押す回数は個人差があるので、特に決まりはありません。 次の項でご紹介するような即効性も期待できるツボなら、便意が生じてくることもあります。 押しているうちにお腹がゴロゴロしたり、便意が生じたりしてきたら、その段階で押すのをやめてトイレへ向かいましょう。 冒頭でもお伝えしていますが、上記でご紹介したツボを押すときはいずれも力を入れすぎないことが大切。 緊張をほぐすようにゆっくりと押し、痛いと感じたらすぐに力を緩めるようにしましょう。 また、グリグリと押すと筋繊維を傷付ける可能性があるので、まっすぐ一方向に力をかけてください。 このほか、飲食した直後は体内の血液が胃に集まるため、筋肉も柔軟性が失われた状態となり、筋繊維を傷付けるリスクが高まります。 飲食後は2時間程度、時間をおいてからツボ押しをするようにしましょう。 先ほどご紹介したツボの中でも、特にお腹周りのものはリラックスさせる効果が期待できるので、普段から緊張しやすい人にオススメ。 また、デスクワークの人にもぜひ試していただきたいと思います。 なぜなら、座っている時間が長いと姿勢が悪くなり、腹筋を中心とした腹壁が縮み込んでしまいがちだから。 このような連鎖は、私たちの身体によく現れるもの。 便秘の場合も、身体や心にかかったストレスが一因になっていたりすることがあるので、さまざまなアプローチで改善を心掛けたいですね。

次の

【足ツボ】便秘解消のツボは?「セルフ足ツボ指圧」で足裏を刺激して腸や腎臓を動かそう

足つぼ お通じ

そして、血液を送り出す心臓から最も遠く離れた「足」は汚れた血が滞りやすく、体に悪影響が出やすい場所であると考えています。 長時間の仕事や夜になったりすると、まず先に疲れを感じるのは足からですよね(足の裏が疲れやむくみ等)。 つまり、ここを活発にしてあげれば健康が保たれるという訳です。 まあ簡単に言えば、 血流が一番滞りやすい足を揉みほぐし、老廃物を流して身体を健康にしようということですな。 もっと簡単に言えば、 足をマッサージしよう!!!ということです(笑)。 つまり、 足つぼとは、体の各部位ごとに繋がった反射区のことなのです。 足つぼを押すと痛いというのは、体の内側にあって脳が気づいていない異常を反射区を通じて知らせているということになります。 逆に、反射区を刺激することで、脳が気づいていない臓器の異常を知ることができるので、その臓器の細胞が治癒しようと活性化されます。 例として、胃の反射区を強く押して刺激を与えると、その痛みが神経を伝わり脳に届きます。 そして、脳は胃に向かって活性化を促すということです。 だから、足を揉むと臓器などを含めた体全体が活性化し、血液の循環が良くなり全身の健康が保たれるわけです。 官足法足揉み順番• 足の指• 足裏全体(つま先からかかとへ)• 足の甲• ふくらはぎ• 不思議なことにだんだん痛くなくなってきますよ! 効果が出るまでの期間 効果が出るまでの期間としては、 毎日やって3週間からとされています。 いささかハードルが高いですが、根気よく行きましょう! 10歳の人なら1か月、 30歳の人なら3か月、 60歳の人なら6ヶ月といった具合で健康になれるみたいです。

次の