終末のワルキューレ 19話。 『終末のワルキューレ』登場人物、あらすじ紹介!神達の戦いの勝敗は【無料】

【終末のワルキューレ】感想ネタバレ第4巻まとめ

終末のワルキューレ 19話

【終末ワルキューレ:19話】最新話のネタバレ 小次郎の折られた刀は二つになりました。 それは戦乙女五女、フリストの特性が小次郎とマッチすることを見越してのことです。 仲間の魂を宿し、集大成 小次郎はまだまだ戦いを楽しみたいようです。 ポセイドン「雑魚が・・・」 ポセイドンは小次郎を全く相手にしていません。 そして、小次郎に槍を向け攻撃を始めました。 観客席にいる武蔵の息子は一瞬、小次郎が父に見えます。 武蔵は納得でした。 武蔵との戦いのあと、小次郎は何度ともなく戦いを再現し、武蔵の技を身体に叩き込んだのでしょう。 ただ、武蔵の二刀流を真似しているだけではありません。 小次郎の技は冨田流の小太刀です。 あらゆる剣士たちの技を取り入れた、小次郎オリジナルの戦いかたでした。 あっという間にポセイドンは、傷だらけになっています。 場内、神側の観客はポセイドンの姿に唖然とし、人間側の観客は小次郎に大きな声援を送りました。 血まみれのポセイドンは余裕の表情です。 そして血で濡れた手で髪をかきあげ、気合いを入れ直しました。 ポセイドン「余のすべてを読めたー・・・などと 驕りが過ぎる・・・」 ポセイドンまでの距離、あと一歩のところでしたが、その差はまた離されてしまいました。 千手無双 ポセイドン、力を込めて槍を突きました。 ただの突きなのにとても速く、小次郎は手も足も出ません。 このままでは勝ち目はないと思いました。 四十日四十夜の大洪水 場内は大きな歓声に包まれています。 これを待ちわびていた神側の観客。 地球全土を飲み込むような、突きの嵐です。 小次郎、どうすることも出来ません。 やっと深海に足がついたと思いましたが、まだまだ深いようです。 かなり苦しい状況に追い込まれた小次郎、負けるのはいつものことだと諦めかけました。 その時、小次郎の目の前に先生が現れ戦友たちの姿が次々に浮かんできます。 場内では小次郎コールが沸き上がりました。 小次郎の始まりはいつも負けからなのです。 本領発揮 小次郎はやられたぶんだけつよくなります。 小次郎「吾もな勝ちてぇんだよ」 深海へ到達した瞬間、小次郎は相手の動き、空気の揺れ、地面の振動、すべてを感じていました。 萬手無双 今まで交わせなかったポセイドンの突きを、意図も簡単に交わしていく小次郎。 小次郎「やっと・・・ここまで来たぜ・・・神サマ」 小次郎はやっとポセイドンの目の前に立つことが出来ました。 戦友の剣士たちに感謝の気持ちを込めて。 二天岩流奥義 双燕斬虎万刃撩乱 ポセイドンの槍を持った右腕が、小次郎の刀ににより吹っ飛ばされました。 その槍を持った腕を左腕で掴むポセイドン。 今度は左腕を斬られ、飛んだ槍を口で掴みます。 足元がふらつき、必死に耐えるポセイドン。 小次郎は透かさず、ポセイドンの身体に狙いを定めました。 次の瞬間、ポセイドンは咥えていた槍を落とします。 ポセイドン「この・・・雑魚が・・・」 これが最後の言葉となり、上半身と下半身を二つに斬られました。 観客からは大声援です。 小次郎「勝つってのは・・・なかなかいい気分だねぇ」 満面の笑みを浮かべています。 三回戦、ポセイドンvs佐々木小次郎 勝者、人類・佐々木小次郎となりました。 無料かつリスクなしで画バレを楽しみたくないですか? それにネタバレを読んでいると、その場面を絵で楽しみたくなってしまいますよね! もしもそう思ってしまったなら、U-NEXTの無料登録特典を使えばあなたの希望が叶います。 U-NEXTは登録時に31日間無料+600円分のポイントプレゼントキャンペーンがあり、それで 月刊コミックゼノン2019年9月号をor好きな単行本1冊が無料で読めます。 さらに話題の最新アニメ作品等も見放題で最新話を配信中です。 ぜひ、こちらで無料登録してお楽しみください。 感想 小次郎やりました!! 三戦目にして、人類に勝利をもたらすことが出来てよかったです。 小次郎、一瞬諦めてしまいましたが、やはり仲間の力は強かったです。 それに対してポセイドンは仲間などいらない主義。 一旦は敗けを覚悟したのですが、観客からの小次郎コール、今まで戦ってきた相手、色んな形で小次郎の力となりました。 最強の敗者、だてに負け続けてきたわけではありません。 まさに勝つために負けて来たんですね。 この最新話、どうなるかと読む前からドキドキしていました。 ポセイドンのキャラも好きなんですが、やはり小次郎に勝って欲しかったですから。 小次郎が敗けを覚悟したシーンでは、ガッカリしながらもまだまだと応援しちゃいました。 小次郎を応援しつつもポセイドン有利だと思い見ていました。 孤独で自分だけを信じているポセイドンの姿もカッコ良かったです。 この戦いを通してわかったことは、仲間は大事で、極限で最大の力になるということですね。 小次郎はそれを証明してくれました。 次回は四回戦に突入するでしょう。 どんな戦いが始まるのか楽しみですね。

次の

『終末のワルキューレ』第19話のネタバレ&最新話。あらゆる達人の技を模倣する小次郎

終末のワルキューレ 19話

偉そうにしてるけど、試合には出ないので凄さを証明する場が無い…小物に分類して良さそうです。 しかしアダムの模倣は考える程に恐ろしい能力です。 アダムと対峙したを想定するととんでもない事になりそうだ。 痛い所を完コピされるという事はつまり自分を客観視する事に繋がり使い手の心の成長を待たずして力を失う事になるだろう… 一瞬でお布団があったら潜って足をバタバタしたい気持ちにさせられるのだから無理もない。 奇天烈な動作でも翻弄する事が出来なかったゼウス様は、今度こそ本気の一撃をお見舞いするつもり。 かつて自分が喰らい、見切れなかった父クロノスの一撃をもって挑む! でもゼウス様はその時クロノスに勝利している。 技が強かったらその時ゼウス様は負けてたんでねぇのかしら… 技の名は時を超える拳 またしても0. 00000000…秒的な演出があったので恐らく不思議パワーとかじゃなくて単純にものすご~く速い一撃。 前回のジャブよりもはるかに速いとみて良かろうと思います。 が、これにもアダムはカウンターを合わせて来ちゃうんですねぇ….

次の

[ネタバレあり] ゼウス戦決着!アダムの戦う理由に全人類が泣いた「終末のワルキューレ 3巻」あらすじと感想

終末のワルキューレ 19話

これ迄数多の作品に登場したであろう佐々木小次郎…しかし二刀流の小次郎は初出でしょうな!なるほどカッコいいわい。 その様子を見ていたゲルちゃんがなんで折れた神器が二本になったんじゃろ…と不思議がってたらヒルデがフリストは二つの力が同居唯一のワルキューレなんやで!と大興奮。 !?を翻訳すると恐らくは…「こいつマジか」ではなかろうか。 ゲルちゃんもとうとう自分の姉の程度がなんぼのもんか判っちゃったみたいですが…それでも前向きに生きて欲しい。 それにしてもヒルデは相当嬉しかったんでしょうねぇ…地が出たって事なのかな?ちょっと可愛いですね…こういう残念な感じの女性キャラって嫌いじゃないよむしろ好き。 この作品ってアニメ化とかもされちゃいそうな雰囲気ですよね…その時はオーディションとかやるのかな? ヒルデはご覧の通りのじゃじゃ馬…いや、もはや暴れ馬と言っていいレベル。 一体誰が演じる事になるじゃろか。 今はグッドラックとしか言えない。 そんなわけで第三試合は人類代表の勝利でしたが正直な感想は あっ… 勝っちゃった。 でした。 いやだってあんなに負けムード煽ってくるんだもん…勝つとか思わんかったわい。 勝って「あれっ…?」って気分になるってなかなか新鮮なもんだねぇ… 人類初勝利なので試合後の様子も気になりますね。 人間は神側みたいにどんなもんじゃオラァ!とか調子こかずに紳士的で、逆に神々がやだ…私たち恥ずかしい…とかならんかな。 煽りまくってギスギスしてもかまわんのだけども。 人類勝利パターンのヒルデの様子も気になります。 展開もヒルデの顔もどうなるかさっぱり読めないので毎度楽しみですわい。 そういえばポセイドン退場しちゃったけども、ゼウスがお爺ちゃんでポセイドンが若者な理由がこの本読んだらなんとなくわかったですよ。 クロノス父ちゃんが我が子に王位を奪われるのを恐れて、生まれた子を次々と飲み込んでたんだけども、ゼウスだけは母が石とすり替えて助かったと。 その後ゼウスが祖父ウラノスの預言通りに父クロノスを倒し、飲まれた兄弟を救い出したわけですが… 最初に出てきたのはゼウスの身代わりになった石だったのでゼウスが長男って事になったんですて。 つまり兄弟全員が出生と逆の順番で再誕した感じ? ゆえにゼウスはポセイドンよりも歳を経ていたって事らしい。 時の神に飲まれていた事で成長が停止していたのだとしたらシワシワゼウスと髪の毛フサフサポセイドンってのも納得ですね。 こんな感じで、終末のワルキューレ読んでると神話も面白く読めちゃいますわよ。 こういう、買ってまでは読まんけど無料なら読んでみたい作品がunlimitedならあれこれ読み放題なので地味にお勧め也。

次の