マイ ナンバーカード メリット デメリット。 マイナンバーカードのメリット7つとデメリット4つ!できる事と必要性

マイナンバーカードの「電子証明書」を絶対使うべき理由4つとデメリット

マイ ナンバーカード メリット デメリット

マイナポイントの概要(検討案) まずは、マイナポイントの概要についてご説明します。 現状の想定ですが、「 マイナンバーカードを通じたキャッシュレス決済によって最大で5,000円分ポイントがもらえるような仕組み」になるものと思われます。 具体的なポイントの付与イメージは以下のように想定されています。 詳細が決定したら改めてお伝えしようと思います。 マイナンバーカードのメリット 公式サイトによると、6つのメリットが紹介されています。 若い世代を中心に投資をすることが一般的になりつつありますが、 口座開設にあたってマイナンバーの提示が必要となりますので、必要な場面は少なからず出てくるものと思われます。 マイナポイントもこちらから申請することとなります。 旧姓も入れられるになりました。 ただし、現在民間企業においては、マイナンバーカードを本人確認書類に使えないようにしているケースもありますので、今後の見直しの動きに注視していく必要があります。 詳細は各自治体によって異なる場合がありますので、こちらもよく確認する必要があります。 <時間>6:30~23:00 <曜日>年末年始を除き、いつでも可(土日祝日も可) <取得できる証明書>• 住民票の写し• 印鑑登録証明書• 住民票記載事項証明書• 各種税証明書• 戸籍証明書• 戸籍の附票の写し 3. マイナンバーカードのデメリット 個人的な見解ですが、デメリットは大きく2つです。 申請はオンラインでできるが、受取は役所に行く必要がある。 情報漏洩などセキュリティ面で不安が残る 1ですが、要するに手間がかかって面倒ということです。 クレジットカードが郵送で受け取れるのに、マイナンバーカードは役所での受取となっています。 受け取るために最初は面倒なのと、10年ごとに更新する必要がありますので、その際も役所に行く必要がでてきます。 次に2です。 民間のQR決済でも情報漏洩が大きな問題となったように、こちらも情報漏洩の懸念はあると思われます。 ハンコ利権の国会議員がIT担当大臣になってしまう国なので、変化の激しいIT業界に柔軟に対応できるかどうかは、はっきりいって疑問です。 マイナンバーカードの将来性 政府は2021年3月から マイナンバーカードを健康保険証として使えるようにすることを目指しているなど、マイナンバーカードの利便性向上に向けて取り組みを開始しています。 今後もメリットが増えていくのであれば、マイナンバーカードを作成する意義も増えてくるのではないかと考えています。 マイナンバーカード普及促進の背景には、 公共サービスの利便性向上という表向きの意味がある一方で、 課税強化(税金の取りこぼしを減らす)という裏の意味があると個人的には考えています。 サラリーマンの方は税金をしっかり払っている(払わされている)ので特に気にする必要はありませんが、サラリーマンでも副業で稼がれている方や自営業の方は、今後マイナンバーの運用が強化されると脱税がしにくい環境になっていくことになるものと思われます。 マイナンバーカードの作り方 大きく4つの作り方があります。 郵送による申請• パソコンによる申請• スマートフォンによる申請• 街中の証明写真機からの申請 申請から交付までだいたい1カ月かかりますが、オンライン申請だと数日程度早く手に入るようです。 普及が進むと1カ月以上かかる可能性も考えられるため、マイナポイント導入直前での申し込みは避けた方が無難です。 今回は以上です。

次の

マイナンバー制度のデメリットを徹底解説

マイ ナンバーカード メリット デメリット

伸びない普及率、そのワケは? 平成27年10月にマイナンバー通知、平成28年1月から運用開始されたマイナンバー制度。 この名前を聞いてピンとこない方は少ないと思いますが、イマイチ使い道にピンとこない方は多いのではないでしょうか。 かくいう私も割と最近までマイナンバーの「通知カード」を「マイナンバーカード」だと思い込んでいたクチです。 執筆現在の最新更新は令和2年4月1日現在のもので、交付枚数は全体で20,332,415枚、普及率16. 0%とされています。 ちなみに都道府県別での交付率トップは東京都の20. 8%、市長村別では新潟県岩船郡粟島浦村の61. 0%(人口351名に対し、交付214枚)となっています。 さらに世代別で見ていくと、75~79歳が26. 2%のトップで、70~74歳(25. 1%)、80~84歳(23. 9%)と続き、20代~40代の13~15%とは大きな開きがあります。 制度が始まって4年以上経つ今でも、なぜ全国的にこうも普及が進まないのか。 マイナンバーの提示と本人確認を同時に行えるという部分では唯一無二の存在。 こちらは市区町村によってサービス内容が異なりますので、下記サイトからご自身のお住まい、勤務先などで調べてみてください。 こちらは、主に確定申告をご自身で行うという方にとっては大きなメリットだと思います。 ちなみに私もe-Taxを利用するためにカードを発行しました。 また、冒頭で触れた特別定額給付金のオンライン申請も、このカード所持者のみの特権です。 今後も国民に対して一律に行うようなもののオンライン申請に関しては、同様にマイナンバーカードを介した手続きとなるでしょう。 現在はすでにマイナポイントの予約受付中となっており、上限数に達するまでは2万円のチャージで5,000円相当のプレミアムマイナポイントが国から付与されます。

次の

マイナンバーカードにはデメリットしかない?【メリット・デメリットを解説】

マイ ナンバーカード メリット デメリット

スポンサーリンク マイナンバーカードの「2つの電子証明書」の役割とは? マイナンバーカードを作成する際には、 『電子証明書の有無』を選択しなければなりません。 電子証明書とは? 電子証明書とは、「公的個人認証サービス」に使われる技術です。 この「公的個人認証サービス」とは、• インターネットを使ったオンラインでの申請・届出(行政手続き)をする際や、• インターネットサイトにログインする際に、 他者による「なりすまし・データ改ざん」を防ぐために用いられる 本人確認の手段です。 この本人確認の手段として、「電子証明書」が使われます。 電子証明書には2種類ある! 本人確認のために使われる「電子証明書」には、• 署名用電子証明書• 利用者証明用電子証明書 という2種類がありますので、それぞれの役割を説明していきます。 「利用者証明用電子証明書」の役割! 利用者証明用電子証明書は、webサイトや、コンビニの端末にログインする際に使います。 たとえば、• でのログイン• コンビニでの「証明書の交付申請」時の、端末へのログイン などに使います。 コンビニの端末と言うのは「マルチコピー機」と呼ばれているもので、普段は普通のコピー機として使われるものです。 1.証明書の取得がコンビニで出来る! 「住民票」や「戸籍謄本」などの証明書を、コンビニで取得することが出来ます。 は「最寄の役所」で発行することも出来ますが、の場合は「の役所」に申請しなければならないため、発行が非常に煩わしいです。 そのため、いざと言う時に簡単に証明書を取得できるのは、大きなメリットと言えるでしょう。 人気の関連ページ!• 2.確定申告が簡単になる! e-taxで確定申告する場合に、電子証明書による本人認証が出来ます。 2019年1月より、マイナンバーカードが無くともe-taxが使えるようになりました。 しかしその場合は、税務署へ行き「開始届出書の提出」と「本人確認」が必要なため、正直かなり面倒。 どうせ税務署まで行くなら、そこで確定申告してしまった方が早いですよね。 そのため、e-taxでの本人認証がオンラインで行えてしまう点も、電子証明書のメリットの一つと言えるでしょう。 3.マイナポータルが使える! 政府が運営する「マイナンバーのポータルサイト」であるを利用すると、• 行政機関がもっている「自分の情報」を確認できる• 公金の決算を、クレジットカードなどで行える• 各自治体における、「子育てサービス」の検索やオンライン申請ができる などのメリットがあります。 そしてこのマイナポータルを利用する際にも「電子証明書」が必要となります。 4.自治体ポイントを貯めることが出来る! 「自治体のボランティア・健康事業」などに参加すると、自治体ポイントと呼ばれるポイントが貯まります。 このポイントは「地域の美術館・博物館・商店」や「バスなどの公共交通機関」で使えるほか、を通して全国の特産品と交換してもらうことも出来ます。 「自治体ポイント」の使い方は、でご確認下さい。 もし電子証明書をつけないのであれば… 4つのメリットを説明しましたが、そもそも電子証明書を搭載しない場合、そのマイナンバーカードの存在意義は 『マイナンバーが分かる身分証明証』でしかありません。 言い換えるならば、 『電子証明書を搭載しないのであれば、マイナンバーカードは作らなくても良いのでは』と個人的には考えています。 ちなみにマイナンバーは、各々に配布されている「マイナンバー通知カード」でも分かります。 1.電子証明書に有効期限がある! マイナンバーカードには、「カード自体」に有効期限が儲けられているのですが、面倒なことに別途「電子証明書の有効期限」も設けられています。 カード 発行時の年齢 署名用 電子証明書 利用者証明用 電子証明書 20歳以上 5回目の誕生日 5回目の誕生日 15歳以上19歳以下 5回目の誕生日 5回目の誕生日 14歳以下 発行できない 5回目の誕生日 そして 電子証明書の有効期間に更新しなければ「失効」してしまうため、その場合は再発行手続き(手数料200円)が必要となります。 「有効期間内での更新」における手数料は、まだ未定となっています。 新規発行手数料は当面無料です。 ただし、紛失・破損等の理由による再発行の場合は手数料800円(電子証明書も搭載する場合は+200円)が必要です。 なお、 有効期間満了による更新に係る手数料については現時点では未定です。 引用: 人気の関連ページ! >> 2.記載内容に変更があると失効する! 電子証明書のうち「署名用電子証明書」については、住所・氏名・性別・生年月日のいずれかの情報に変更があると、自動的に失効するようになっています。 そのため、 引き続き使う場合は「署名用電子証明証」の再発行が必要となります。 「住所変更手続き」のタイミングで併せて手続きできるため、それほど面倒ではないですが、人によってはデメリットと感じるでしょう。 「コンビニでの証明書取得」ではこのようなカードリーダは不要ですが、家で使う場合には必要になります。 くわしくは、をご覧下さい。 住民基本台帳• 券面事項入力補助用• 利用者証明用電子証明書• 署名用電子証明書 という4つの機能に対して「暗証番号 (パスワード)」を設定します。 人気の関連ページ! >> スポンサーリンク 電子証明書の有効期限の確認方法と更新手続き! 電子証明書の有効期限と更新手続きについては、「」内で説明したとおりです。 有効期限はカード表面に記載されています。 人気の関連ページ! >> スポンサーリンク 電子証明書は後で発行することも出来る! マイナンバーカードの電子証明書は、 最初に発行しなくとも、後で発行することも可能です。 その場合でも、初回発行手数料は無料。 電子証明書とは、インターネットを使った公的な申請・届出などの際に、本人確認の手段として使われるもの• 電子証明書には「署名用電子証明書」「利用者証明用電子証明書」の2種類ある• 電子証明書を搭載すれば、住民票などをコンビニで取得できたり、自治体ポイントを貯めたりすることが出来る• 搭載しない場合、それは「マイナンバーを証明できる身分証明書」でしかないと個人的には考えている• 電子証明書には「有効期限がある」ほか、「住所変更・氏名変更などで自動失効してしまう」というデメリットも存在する• 電子証明書は、後で発行することも可能である(初回発行手数料は無料) 当サイトでは、マイナンバーカードについて どこよりも分かりやすく解説しています。 併せて他のページもご確認下さい。 コンビニでの証明書取得方法!• スポンサーリンク.

次の