デュエマ プレイス 分解。 【デュエプレ】初心者向け 序盤の効率の良い進め方【デュエル・マスターズ プレイス】

【デュエマプレイス】生成おすすめカードまとめ【デュエルマスターズプレイス】

デュエマ プレイス 分解

デュエル・マスターズ プレイス [ ] 2019年12月18日に一般配信開始したのスマートフォン用ゲームアプリ。 AndroidとiOSに対応する。 のトミーサイドと数多くのソーシャルゲームを手掛けているDeNAが共同で開発をしている。 またも開発協力に参加した。 スマートフォン端末では以来2度目の対戦ゲームとなるが、本作はプレイヤー間対戦とアプリ内課金の要素があるソーシャルゲームとなった。 正式名称は「DUEL MASTERS PLAY'S」と英語表記で、公式による略称は「デュエプレ」。 このwikiではTCG版と並べて紹介する場合には「TCG版」、「デュエプレ」とそれぞれ表記する。 ゲームは1試合が7分で終わるようにデザインされている。 このためか、時点での枚数を増やすカードが1枚も出ていない。 ゲームシステム [ ] 基本的にTCG版のルールが踏襲されている。 その上で主にゲームテンポの向上や操作の省略を目的としたルール変更がいくつかある。 また、カードのスペックやレアリティにTCG版から調整が加えられているものが多く存在する。 詳細は下記を参照。 カード・デッキ編成 [ ] カードの入手方法 [ ] プレイヤーが入手できるカードを以下に記述する。 ゲームゲーム開始時点で配布される、各種4枚ずつののカード。 種類は一定。 様々な方法 で入手できるゲーム内専用通貨「ゴールド」、配布や報酬で入手できる「パックチケット」、課金アイテム「ジェム」のいずれかによって購入したのカード。 種類はパックによるがランダム。 課金アイテム「ジェム」によって購入したのカード。 種類はデッキによるが一定。 シティバトル・メインストーリー・レジェンドバトル・レベルアップの報酬として入手できるカード。 種類は報酬によるが一定。 シティバトル・レジェンドバトル・ランクマッチの報酬か、カードのによって得られる「DMポイント」を消費するによるカード。 種類は指定可能。 カードパックの内容 [ ] 1パックの封入カード枚数は5枚。 本家同様、カードにはからまでの5種類のが設定されており、中身はランダム。 各レアリティごとの排出率は下表のとおり。 レアリティ 排出率 1. 「何パック購入すれば確定で~」といったような最低保証システムは無い。 プレミアムカードは外見が異なるほか、分解したときに得られるDMポイントが通常版の約3倍と高い。 シークレットカードの差異は外観のみ。 分解時のDMポイントは通常版と同様。 プレミアムとシークレットは独立した仕様であり、両立しうる。 カードパックからは入手できず、またはメインストーリーでのみ入手できるイラストのカードが存在する。 カードの生成・分解 [ ] 他のデジタルカードゲーム(DCG)と同様に、欲しいカードをしたり、不要なカードをしたりできる。 それぞれのコストは「DMポイント」でやり取りする。 DMポイントはカードの分解のほか、シティバトルやランクマッチなどの報酬でも入手できる。 カードの生成に必要、および分解で得られるDMポイントの量は下表の通り。 レアリティ 生成 分解 ノーマル 分解 プレミアム 2400 600 1700 800 200 550 300 70 200 100 20 60 50 10 30 1枚も持ってないカードでも生成できるが、生成できるのはノーマルカードのみ。 プレミアムカード、シークレットカードは生成できない。 ベーシックセットに収録されているカード、および入手条件が特殊な「プライズカード」は生成・分解することができない。 つまり、イラスト的に特殊な仕様を除けば全種類のカードが生成で入手可能。 デッキ編成 [ ] 所持しているカードでデッキを組むことができる。 デッキを組む際のルールは本家に準ずる。 所持カードは複数のデッキで共有できるため、カードは最大4枚所持しておけばデッキ編成に不自由することはない。 デッキは、• 自分で一から作る• 作成済みのデッキをコピーして作る• デッキコードから作る• 公式が用意したデッキレシピから作る の4つの方法で編成できる。 でデッキレシピを作ることも可能。 プレイヤーが所持できるデッキは30個まで。 現在、に相当する措置は無い。 強力すぎるカードが出た場合、他のゲームアプリと同様にカードの効果調整で対処するものと思われる。 ゲームモード [ ] ゲームモードはストーリーモードや、複数人で戦う、などの対人戦も実装される。 デュエマシティという架空の都市を舞台に独自のストーリーが展開される。 プレイヤーは自身のアバターを自由にカスタマイズすることが可能。 登場キャラクター [ ]• レジェンドデュエリスト 原作キャラクターのこと。 から、、、、、、、、が参戦。 自身のアバター CVは男:岩端卓也,女:稗田寧々 にスキンとして投影させることができるのは勝舞、黒城、白凰のみ。 メインストーリーには牛次郎、白凰、ミミ、バケツマンが登場。 シティバトルにはミミ、ジョージ、ルート、バケツマン、黒城が登場。 2020年3月31日に追加されたメインストーリーにおいてが新たに参戦した。 本作のオリジナルキャラクター。 を擬人化した女の子。 ナビゲーターとして登場する。 条件を満たせばアバターとしての使用も可能。 デュエマシティのデュエリストたち シティバトルに登場する他、現在はコタロウのみメインストーリーで対戦可能。 五守護 メインストーリーとシティバトルに登場。 ボスバトルに登場• その他• 塔の番人• ジャマー団 クリーチャーの声・効果音 [ ] にはそれぞれ声または効果音が設定されている。 固有の声が設定されているものと、共通の声または効果音が設定されているものが種族単位で分かれている。 前者の種族のみ、カード情報の欄にCVの記載がある。 後者の種族は、基本的に一つの種族に対して専用の効果音が数種類割り当てられている。 効果音の種類は収録弾によって異なる。 ただし、複数の種族に同じ効果音が割り当てられていることもある(&&など)。 多種族の場合は、固有の声が設定されている種族を含むと、そちらに合わせて固有の声が設定される。 固有の声が設定されている種族• 共通の声または効果音が設定されている種族• 単独種族で登場していないため、不明な種族• 拡張パック [ ]• その他 [ ]• 権利元はTCGと同じタカラトミーだが、などのアプリや「遊戯王デュエルリンクス」などの他TCGアプリとは異なり、DeNAとの共同開発のために原作で登場したキャラクターはアニメや漫画での松本しげのぶ氏の作画ではない今作オリジナルキャラのイラストに合わせたものになっている。 や シークレット や等ゲームオリジナルカード イラスト やコッコ・ルピコなど女性のオリジナルキャラクターはややセクシーなイラストである。 低年層よりかつてデュエマをやっていた古参プレイヤーを意識しているのだろう。 参考 [ ]• 公式リンク [ ]•

次の

「デュエプレ」無課金なら知っておくべき!分解に対する考え方。

デュエマ プレイス 分解

デュエルマスターズ攻略からのお知らせ 生成おすすめカードまとめ 生成のポイント 使いやすいカードを生成する 様々なデッキに採用されるドローソース、マナブースト、S・トリガーは1枚生成すれば複数のデッキで使うことができるため、優先的に生成するのがオススメです。 もちろん自分の使いたいカードや使いたいデッキのエースカード(SRカード)を生成するのもアリですが、上記のような汎用性の高いカードも一緒に採用することがあるかもしれません。 リセマラによって出たSRカードを軸に、そのデッキでしか使わないカードよりも他のデッキでも使うカードを優先していきましょう! 分解と生成のDMポイント カード種類 分解 生成 SR (プレミアム) 600 (1700) 2400 (生成不可) VR (プレミアム) 200 (550) 800 (生成不可) R (プレミアム) 70 (200) 300 (生成不可) UC (プレミアム) 20 (60) 100 (生成不可) C (プレミアム) 10 (30) 50 (生成不可) ベーシック 分解不可 生成不可 高いレアリティのカードは生成に必要なDMポイントも多いため、慎重に生成していきましょう。 生成オススメカード一覧 光文明 カード 詳細 光文明を搭載する場合には採用したい優秀なカードです。 レアリティもRなので、光文明を使ったデッキを組む場合は生成してしまいましょう。 他色の6マナS・トリガーシリーズよりは汎用性が低いものの、光文明色強めのデッキには採用したいカードです。 で仕込むコンボ等もあるので、光文明を強く使いたい場合オススメです。 呪文を封じる能力を持つので、制圧力が非常に高い進化クリーチャーです。 様々なデッキに採用されるから進化出来るので、1枚は持っておいて損しないカードです。 ドローソースとして優秀な為、光文明をタッチしているデッキでは採用候補になるカードです。 こちらもコントロール色が強いデッキで真価を発揮するので、SRを生成する余裕があれば優先して生成しても良いかもしれません。 火文明 カード 詳細 全体除去を持つS・トリガーなので火文明を搭載するデッキの防御手段として優秀です。 コントロール寄りのデッキが速攻耐性を持つために採用したいカードですが、速攻デッキの分布が多ければ速攻デッキ自体がメタとして採用することもできる優秀なS・トリガーです。 S・トリガーではないものの優秀な全体除去呪文です。 こちらも火文明を搭載したコントロール寄りのデッキでは採用したカードでありながら、レアリティもRなので生成しやすいカードです。 SRですが、速攻デッキを組む際には採用したいカードになります。 カード自体は非常に強力なので、速攻デッキを使いたい!という人は思い切って生成してしまいましょう。 コントロールデッキの切り札として採用できるカードです。 SRですので生成は大変ですが、火文明搭載のコントロールデッキやドラゴンデッキを組む場合は生成しましょう。 火文明搭載のミッドレンジデッキで採用したいカードです。 性能が高くと同様に火文明の切り札となるので、使うデッキと相談して生成しましょう。 水文明 カード 詳細 水文明最強のS・トリガーです。 水文明は出張性能が高く、水文明を搭載する場合必ずと言って良いほど採用されることが多いカードなので優先的に生成しておきましょう。 出張させやすい手軽に打てるドローソースです。 Cなので作らずとも揃いやすいですが、足りない場合は生成してしまいましょう。 水文明のフィニッシャーとなるカードです。 軽量リキッド・ピープル++の出張セットとしても使えるので生成優先度はそこそこ高めです。 5コストと重いですが3枚引くことができるドローソースです。 水文明を搭載したコントロールデッキでは採用されることがあり、レアリティがRで生成しやすいので使いたい場面が来たらさくっと生成してしまっても良いかもしれません。 自然文明 カード 詳細 自然文明の強力S・トリガーです。 自然文明を搭載する場合は常に選択肢に入るカードなので、優先的に生成してしまいましょう。 自然文明のリソース回復+アタッカーを担えるカードです。 自然文明をマナブーストカードでタッチした際にも採用選択肢になるカードなので、使いたいと思ったら生成してしまいましょう。 強力なマナブーストを持つビーストフォークの進化クリーチャーです。 ある程度の枚数ビーストフォークを採用しないといけませんが、自然文明色強めのデッキでは採用されることが多いです。 闇文明 カード 詳細 闇文明最強のS・トリガーです。 闇文明のカードがデッキに入る場合必ずと言っていいほど採用されるカードです。 闇文明のデッキを使おうと思った場合優先的に生成してしまいましょう。 相手の手札を全てハンデスする豪快な効果を持った呪文です。 コントロールデッキに採用され、コントロールデッキに対して強いカードです。 優秀な除去カードとして、闇文明搭載のデッキでは採用されることがあります。 レアリティがRなので気軽に生成してしまっても良いカードです。 ハンデス効果を持つ軽量カード達です。 ハンデスを主体としたデッキでは採用されるカードになります。 どちらもレアリティが低いので生成するまでもなく揃うこともありますが、使いたい時に足りなかったら生成してしまいましょう。

次の

【デュエマプレイス】序盤の効率的な進め方【デュエルマスターズプレイス】

デュエマ プレイス 分解

こんにちは、ボロです。 新弾のカードが 続々と 発表されてますね! いくつか 強力なカードも出てきています。 その中でも "ダイヤモンド・ブ"は特に 強力です。 生成しようか迷っている方も多いのでは無いでしょうか? 今回はそんな あなたに向けて、 "ブ"の 強みと 弱み、そして 想定されるデッキ構築について 考察していきます!• 版とは 能力が変わりましたね。 "ブ"を 回収することはできなくなりましたが、 マナが減るという デメリットが無くなり、トータルでみればかなり 強いカードに生まれ変わったと思います。 まずは現在登場 第3弾含む している ""を 全てご覧ください。 次に 強みと 弱みについて見ていきましょう! 強み• 墓地と マナから を 回収できる。 効果も付与され、 マナの減少が無い。 1マナの進化元 ポレゴン が登場。 マナに行った メリッサや を回収できるの強いですね。 速攻でも リソースが途切れることなく、 ビートダウンで攻めていけます。 版では 効果が無く、 マナが減少してしまうという デメリットがあったのですが、そこも改善されています。 "ブ"自身は回収できない。 にあまり優秀なカードがいない。 版と効果が変わり、 自身を 回収することができなくなりました。 そのため、 ループはできません。 に 優秀な カードが登場するとさらに 魅力的な カードになるので、 新弾で更に が出ることに注目したいですね! 想定されるデッキ構築 青白緑ブ ペトローバ 種族デッキですし、 ペトローバとの 相性はいいですね。 のパワーの低さも カバーすることできます。 二角を入れて、 コン気味にするのも面白そう。 カチュア・ブ カチュアも実は。 カチュアも除去されやすいカードなので、 回収できるのは強いです。 ブ速攻 様々な 文明と合うカードだと思います。 ドローソースを ブだけに割り切って 赤緑速攻にしても面白いし、 青緑速攻にするのも普通に強そうです。 最後に 版から 能力が変更になり、 SRに 格上げになった ブ。 自体にあまり 強いカードがないという 弱みはあるものの、 強力なカードであることには変わりません。 マスター帯でも使われるカードになっていく 可能性は十分にあります。 これから登場するにもよりますが、 生成する価値はあると思います。 ただ、これは全てのカードに言えることですが、 すぐに作るのではなく、まずは 環境を観察してから作るか検討した方がいいです。 特に 勢はなるべくポイントを 節約したいですからね。 最後までお読みいただきありがとうございました! 今後もこういった 攻略情報 を発信していくので、ぜひ ブックマーク や フォロー よろしくお願い致します! bolosan.

次の