渋野 日向子 スイング 動画。 渋野日向子のスイング動画7選!ドライバーの飛距離・パットも超絶正確!

渋野日向子プロのアイアンスイングは・・コレだ!!

渋野 日向子 スイング 動画

youtube. youtube. youtube. youtube. vo4 https: 今回から始まる100切りレッスンはタイトル通り基礎からです。 甲田プロ曰く100を安定して切れない方は基本が疎かになってしまっているとのこと。 グリップ、アドレス、ボール位置。 もう一度見直してみましょう。 youtube. facebook. takagolf427. instagram. 身体と心に優しいスイングとクラブを貴方に!! 気持ちよく遠くに飛ばすことのできるスイングをご指導します。 「周りを気にせず自分のプレーに徹することを心がけた」という大城は、2番(パー3)で1mにつけバーディを奪うと、7番(パー5)で4m、9番で5mを沈め前半に3つ伸ばした。 「ショットはほぼ100点でしたね。 入れなきゃいけないパットを入れられなかったのでパッティングは60点」と17番(パー3)での3パットを悔やんだ。 最終日に向け「30歳になる節目の年なので、優勝できるチャンスがあれば絶対に勝ちたい。 今までは最終ホールでダブルボギーを打ったり、プレーオフで負けたり、最後の最後で負けていました。 勝ちたい気持ちが空回りしないように自分のプレーができたらいいと思う」と意気込んだ。 通算5アンダー3位に賞金女王の奪還を目指す鈴木愛とイ・ミニョン(韓国)の2人。

次の

渋野日向子スイング動画

渋野 日向子 スイング 動画

渋野日向子プロのアイアンスイングの良いところ、わたしらでも真似できるところ、あれやこれや!!なんやかんやのお話しです。 2019年(令和1年)8月に「AIG全英女子オープン」優勝、日本勢では男女を通じ42年ぶりのメジャー優勝の快挙を達成しました。 なんと1977年(昭和52年)全米女子プロを制した樋口久子プロ(現LPGA顧問)以来2人目のメジャー優勝です。 いまや、日本女子プロゴルフ界の時の人ですね、しぶこスマイルといわれるとにかく笑顔で、全英優勝の時もあの最終日の緊張する場面でも終始笑顔で、いったいどうなってるんだろう?と、わたしら世代のオッサンは思ったもんです。 たった1年前は・・、 2018年(平成30年)7月4日~7日、2度目のJLPGA最終プロテストを14位で合格、JLPGA90期生となったぐらいですから、 プロでもなかった?? 2018年(平成30年)11月27日~30日のファイナルQT40位で、翌シーズン2019年(平成31年)前半戦のJLPGA ツアー出場資格を得ています。 2019年(令和1年)5月のJLPGAツアー公式戦「ワールドレディスチャンピオンシップ・サロンパスカップ」において通算12アンダーで いきなりの初優勝ですから・・スバラシイ。 ところで・・松山英樹のPGAツアー賞金ランキングは 2019年11月25日現在、6位というところです、賞金額はトータル、183万2,250ドル(約1億9,900万円)となっています。 ダンロップフェニックストーナメント 最終日、雷の影響で2時間遅れの午前9時40分にスタートしましたが、雷と強い雨に見舞われ同10時45分に最終ラウンドの中止が決まりました。 3年連続の出場となった松山英樹は、残念ながら首位に5打差のまま、 通算5アンダーの8位タイで大会を終えています。 ゴルフも、ブログも、まだまだ初心者の私、山田といいます。 よろしくお願いいたします。 わかりますかぁ・・縦振りイメージ?? ところが、フラットなスイングは一般的に「横振りが強い」イメージです。 クラブヘッドが比較的インサイドから入ってくることが多くなるので、ボールは右方向へ飛びがちです。 ところが、渋野日向子プロは身長があるのでフラットな構えで、なお且つ「縦振りが強い」イメージです。 そして、ボールの打ち出し方向も、さすがに渋野日向子プロはやっぱりプロ!。 シャフトの長さやライ角を自分に最適なものを使用することで修正しているものと思われます。 ちなみに、フラットな構えの反対は、アップライトの構えになります。 アップライトのスイングは、一般的にはフラットなものより「縦振りが強い」イメージになります。 スイングはアウトサイドからクラブヘッドが入ってきて、内側へ抜けていく傾向ですから、インパクト時にクラブフェース面が開いた状態になると、スライスが出やすくなります。 (2)腕の長さを生かした、ハンドダウンなシンプルスイング もう少し詳しい説明すると、渋野日向子プロの 両腕が特に欧米人のように長く、その結果ハンドダウンに構えているアドレスが特徴的です。 アイアンではありませんが、ハンドダウンイメージ・・ 特にアイアンのアドレスでは、手の位置がヒザのスグ上に来るくらい低く構えて、前傾姿勢もかなり深い感じがします。 それともう一点、渋野日向子プロのアドレスでは、腕が外側に反っています。 腕が長いことと、肩関節や肩甲骨が柔らかいヒトに多いタイプです。 一般的には、ハンドダウンに構えずスイング修正すると思われますが、逆に前傾をしっかり取って、大きなスイングに活かしています。 渋野日向子プロは、その長い腕を生かして、クラブヘッドを飛球線後方に上げて下ろすだけ。 腕の振りがよくなり、余分な動きが一切見られない、シンプルなスイングになっています。 右ひざの上でカラダが右後方に回転し、体重がインパクト前に左足に移ってない点もスイングのパワーが無駄なくインパクトに生かされています。 見た感じでは、スイングするときのクラブヘッドの動きにつられて自然に体重移動しているだけで、 アイアンスイング全体が シンプルになっています。 だから、緊張する場面でもスイングが乱れることがなく、打球も飛んで方向性も安定していると考えられています。 (3)しっかり前傾した、バランスのいいスイング 先ほどお話に出た、ハンドダウンのお話しの続きですが・・・ 渋野日向子プロ曰く、「 実は、ハンドダウンにして構えている意識はまったくないんです。 」ということだそうです。 青木翔コーチ曰く、「 普通に構えるようになっただけですね。 逆に、以前が棒立ちすぎるアドレスだったんです。 基本的なことですが、 アドレスでしっかり前傾を作るために、腰にシャフトをあてて腰を落とし、両腕をダランと下げた位置で握る。 これを教えたら「ハンドダウンにした」って言われるようになったんです。 」 ・・だそうです。 腕が長い?ので、くっつきます! 渋野日向子プロは、やはり・・「 私、人より腕がちょっと長いみたいなんですよ。 だから、みんなと同じクラブだと、ライ角が合わないから自然と手元を起こしたアドレスになっていたのかもしれません。 生まれつきなんで、腕が長いかどうかなんてわからないですよね(笑)。 」ということで・・ 青木コーチは、「普通の構えを教えた結果が今のアドレスで、それに合わせてライ角を調整しただけ」だそうです。 やっぱりしっかり前傾をとって、それに合わせてライ角調整もやってたんですね、そりゃなんといってもプロですからね。 そんな前傾のお話しをもう少し、特にただ、上半身を前に倒すだけではなく先ほどお話にあった、腰にシャフトをあてて腰を落とすと、お尻が自然に後ろに引かれ、勝手に股関節がたたまれて前傾姿勢がとれます。 この、 お尻を後ろに引いたイメージで前傾すると、バランス良く前傾姿勢がとれます。 このようなアドレスをとれると、大きな筋肉であるお尻(中殿筋、大殿筋)を効果的に使うことができるようになります。 お尻の筋肉は大きいため、力むことなく体を支えることができます。 前のめりイメージの前傾姿勢に比べて、実はこれ、踏ん張ってる感があまり感じられません。 ちょっと不安なるかもしれませんが、実は その踏ん張ってる感のない方が、踏ん張れているバランスのイイ前傾姿勢になります。 一度試してください。 以上この3つのポイントが、渋野日向子プロのアイアンスイングの特徴です。 これを、いったいどんな風に使って、実際どんな効果があるのか??。 渋野日向子プロ曰く・・「練習用の超やわらかシャフトなんです。 」「 これを振る目的はシャフトの動きを利用して、打ち出しを高くするスウィングを身につけるためです。 もう一年以上使ってます。 」 青木コーチ曰く・・「ハードなシャフトで筋力に頼って打っていたんですが、クラブの性能を上手く利用して楽にボールを飛ばすスウィングを覚えてもらうために取り入れたんです。 」 一般的には、打ち急ぎ・・などを矯正し、タイミングをつかむために使用されるシャフトだそうです。 渋野日向子プロの場合は、 シャフトのしなりを生かして振る感覚を身につけるために、日常的に使っているそうです。 今でもトーナメント会場で必ず行っている練習だそうです。 もうちょっと、この 「ぐにゃぐにゃシャフト練習法」について、いろいろ調べてみると、こんな感じです。 別な言い方をすれば、ぐにゃぐにゃシャフトを振って、「クラブヘッドを走らせるための、肘の関節と手首の関節の正しいローテーションを、体に覚え込ませること」です。 ここで使う「ぐにゃぐにゃシャフト」とは、よくある柔らかい素振り練習器具です。 下の画像は、「ゴルフ専用トレーニング器具 1Speed」です。 フツーに前傾して 体重移動をせず、ぐにゃぐにゃシャフトを腕だけでテークバックとフォロー方向に振ってみましょう。 体の正面で、風を切る音がビュンとなるように、 ぐにゃぐにゃシャフトを腕だけでテークバックとフォロー方向に繰り返し振ってみます。 リズミカルにうまくできない場合は、腕のローテーションに問題があります。 (2)テークバックでは、左肘がまっすぐに伸びて、脇が締まった状態で、右肘がたたまれます。 フォロースルーでは、テークバックとは逆に、右肘が伸びて、脇が締まった状態で、左肘がたたまれます。 テークバックとフォローでの正しい腕の動きができれば、手首が自然に返るようになります。 カラダの正面で、ぐにゃぐにゃシャフトがビュンと鳴るように意識しながら、何度もテークバックとフォロー方向に振って、 腕の正しいローテーションを身につけましょう。 (3)テークバックの時に、左肘が曲がっていると、うまくテークバックとフォローに振れません!。 また、フォロースルーで左脇が開いてしまうのも失敗の原因です。 左肘が引けてしまい、スイングのパワーをボールに伝える前に減速してしまいます。 注意しましょう。 渋野日向子プロの練習とは、ちょっと目的が違いますが・・この、ぐにゃぐにゃシャフトを振って、クラブヘッドを走らせるための 肘と手首の関節の正しいローテーションを体に覚え込ませ、正しい腕の使い方、スイングの方法を理解して下さい。 通常のアイアンのシャフトと比較して5倍ほど柔らかいシャフトにフツーのアイアンと同じヘッドとグリップを付けたアイアンで練習します。 シャフトが超やわらかいアイアンを実際振って見ると、スイング中のシャフトの状態を理解することができます。 なんとなくわたしらでもわかります。 シャフトがしなり、そしてしなり戻るタイミングが分るようになって、何度もスイングして練習していると、ぐにゃぐにゃの超やわらかシャフトでも、フツーに上手く打てるようになります。 要は、 自分のタイミングではなく、シャフトのタイミング、(シャフトの動き)に合わせてスイングデキルようになるので、上手く打てるようになるそうです。 実際、シャフトのタイミング(シャフトの動き)に合わせてスイングすると、芯で捕らえられます。 結果、真っ直ぐ,フツーにボールが飛出します。 タイミングが合っていないと、ボールが右に飛んだり、左に飛んだりします。 ぐにゃぐにゃシャフトが正しいタイミングを教えてくれます。 ぐにゃぐにゃシャフトが上手く使えるようになると、飛距離が伸びるだけだけでなく、方向性も安定します。 スライスやフックに悩んでいる人ならば、左右に曲がりづらい弾道を打てるようにもなってくるそうです。 ある意味簡単な練習です、自分のタイミングではなく、シャフトのタイミング、(シャフトの動き)に合わせてスイングするだけです。 シャフトのタイミング・・に、集中して練習することで、次は実際に使ってるアイアンでスイングしても、何となく感覚が鋭くなっているのか?シャフトのしなるタイミングがわかるようになります。 実際動画のなかで練習方法の解説があります。 とっておきのバンカーショット練習方法も紹介しています。 渋野日向子プロのアイアンスイングに注目して徹底調査してみました。 いかがでしょうかぁ?? 渋野日向子プロのアイアンスイングの良いところ、わたしらでも真似できるところ、あれやこれや!!なんやかんや徹底調査してみました。 柔らかいぐにゃぐにゃシャフトを使ってやる練習法・・コレはイイと思います!!是非やってみたいと思います。 というより、すでにやってます。 ただ今回もう一度いろいろ調べたことで、正しい練習方法がわかりました。 再度挑戦したいと思います。 そんなワケで、渋野日向子プロこれからも応援よろしくお願いします。 女子プロゴルファーのグランドスラム、メジャー選手権をすべて制覇するような選手にぜひなって欲しいと思います。 ちなみに、日本では公式戦として以下の4大会があります・・まずはこれから!! (1)ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(5月)(優勝) (2)日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯(9月)(33位タイ) (3)日本女子オープンゴルフ選手権競技(10月)(7位) (4)LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(11月)(2位タイ) 渋野日向子プロ・・なかなかスバラシイ結果でした!!これからも期待してまっせ!! そんなこんな言いながらコレからも松山英樹、まずはPGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~。 今後ともよろしくお願いいたします。

次の

渋野日向子プロのアイアンスイングは・・コレだ!!

渋野 日向子 スイング 動画

Contents• 渋野日向子のスイングを解説【動きはソフトボールのピッチャーにあり】 渋野日向子選手は飛ぶ鳥を落とす勢いでLPGAツアーで活躍しています。 そんな渋野日向子選手のスイングを解説していきます。 渋野 日向子選手のスイングの原点はピッチング 渋野日向子選手のスイングの原点は野球のアンダースローやソフトボールのピッチャーの動きが入っています。 幼い頃はソフトボールのピッチャー経験があるので、それをゴルフスイングにうまく落とし込んでいます。 渋野日向子選手のスイングは右腕の使い方と下半身の使い方がソフトボールのピッチャーの動きそのものと言っても過言ではないです。 というのも、僕自身小学生の頃にソフトボールのピッチャー経験があるのでよく分かるのです。 切り返しからの右腕の使い方(右手首、右肘、右前腕の捻じれ)がソフトボールのピッチング(ウインドミル)と重なります。 ウインドミルができなくても、下手投げなら誰でもできると思います。 渋野日向子選手のスイングは下手投げの腕の使い方になります。 以下の動画で渋野日向子選手のスイングの原点などを具体的に解説しています。 この動画を見て実践すれば、渋野日向子選手のスイングの動きを体感することができます。 再現性の高い彼女のスイングの源を今すぐ体感してみてください。 アマチュアゴルファーの下手投げはスライダー回転 アマチュアゴルファーが下手投げをすると、多くの人がスライダー回転のボールを投げようとします。 これは、ゴルフスイングに落とし込むとフェースターンやリストターンスイングの動きになります。 フェースターンやリストターンスイングの対極にある ボディターンスイングでは、下手投げでスライダー回転ではなく、真逆のシュート回転のボールを投げる感覚になります。 そして、渋野日向子選手のスイングは世界標準のボディターンスイングです。 具体的に動画で解説しているので見ておいてください。 なぜ、シュート回転のボールを投げる感覚なのか? それは、ボディターンスイングではインパクト付近で常に右手が左手の下の関係をキープしているからです。 逆に下手投げでスライダー回転のボールを投げるイメージでゴルフスイングをすると、インパクト付近で右手が左手を追い越すような感覚が生まれます。 これがリストを返して打つスイングの特徴になります。 いわゆるリストターン、フェースターンを意識したスイングになります。 そして、アマチュアゴルファーの多くがこの動きをスイング中(インパクト付近)に入れています。 結果的に、いつまでもビギナークラスから進歩がなく苦しむことになりやすいのです。 ボディターンを作るならシュート回転 ボディターンスイングを作っていくなら、下手投げでシュート回転のボールを投げることです。 今までスライダー回転のボールを投げていたなら、このように右腕の使い方を変える必要があります。 下手投げでボールを投げる時に、スライダー回転のボールを投げるのではなく、シュート回転のボールを投げる感覚がボディターンスイングに必要な腕の感覚になります。 ボールに左回り(半時計周り)の回転をかけるのではなく、右回り(時計回り)の回転をかけるという事です。 今まで腕を返してスイングをしていた人にとって、真逆の動きになるので気持ちが悪いことでしょう。 しかし、 この真逆の動きをすることでリストターンスイングの対極にある世界標準のボディターンスイング作りがスタートするのです。 理由は単純明快です。 リストターンとボディターンでは腕の使い方が異なるからです。 ボディターンのスイングを作りたいと思っていても、腕がリストターンスイングの使い方をしていたらいくら練習を重ねて、下半身の動きなど他の部分を色々と意識しても、ボディターンのスイングを作ることはできないのです。 よく一生懸命ボディターン(GGスイングなど)を覚えようと練習しても、習得できない人が多いです。 それは、 リストターンスイングの腕の使い方をいつまでもしているからです。 なので、腕と下半身の動きがマッチアップせずに、一向に苦しむことになるのです。 腕の動きの後は、下半身とサイドベンドを作れ 腕の動きができるようになったら後は、下半身です。 下手投げでボールにシュート回転をかけるイメージで腕を振れるようになるとおのずと下半身の動きもボディターンとマッチする(相性の良い)下半身の動きに近づいていきます。 動画でもお伝えしていますが、例えばボーリングで右端のピンを狙ってシュート回転をかけて投げる時の下半身の使い方をイメージしてみてください。 これをゴルフスイングに落とし込むと、 切り返しから右足のつま先が飛球後方へ向くようなイメージになり、右膝も飛球後方へ向くようなイメージになります。 つまり切り返しからすぐに右膝がキックインされずに、右足カカトがダウンスイングで外転しない動きになります。 なので、いわゆる切り返しから 下半身がガニ股になるイメージが出てくるのです。 この ガニ股にする動きを激しく行っているのがGGスイングの下半身の動きです。 このガニ股の動きの後に、右サイドベンド(右の側屈)が入ります。 この右サイドベンドが入ることによって、右手が左手の下の状態のまま切り返しからインパクト、そしてフォロースルーまで繋げていくことができます。 なので、インパクトでは強烈なハンドファーストが生まれることになります。 結果的に、女子プロでは珍しい渋野日向子選手の「 ハンドファースト度合いが強いインパクト」が生まれるのです。 彼女が女子プロ界のDJ(ダスティンジョンソン)と呼ばれる理由がうなずけます。 まさに飛んで曲がらない要素を欲しいままにしていると言っても過言ではないでしょう。 渋野 日向子選手のスイングは右手が左手の下 お伝えしてきましたように、渋野日向子選手のスイングの特徴は、まさに野球のアンダースローやソフトボールでシュート回転をかけるような腕の使い方に似ています。 そして、この腕の使い方に加えて、渋野日向子選手自身が幼いころにやっていたソフトボールのピッチャーの下半身の動きも入っているので、手を返さないボディターンスイングに必要とされる要素(感覚)を自然と養う事ができていたということが言えます。 また、渋野日向子選手のスイングを見ていて、その動きが他の選手に比べて上手いということが言えます。 なおかつ渋野日向子選手はフェース面の管理がしやすいシャットフェース(フェースを閉じる手首の動き)を作っていますので、方向性も安定し飛距離を出していくことができるのです。 ボディターンで前傾角度をキープできる 渋野日向子選手のスイングは、ボディターンで前傾角度をキープすることができます。 その理由は、お伝えしてきましたようにインパクト付近で手首を返したり、腕を返す必要がないので右手が左手の下にあり続ける事ができるからです。 そのため、前傾角度を変えることなくスイングすることができます。 前傾角度をキープすることができないアマチュアゴルファーは渋野日向子選手のスイングをぜひ真似した方がいいと思います。 そうすれば、スイングの再現性が高まりコースで安定したショットを打て安くなります。 暴れないフェース面 渋野日向子選手はフェース面の管理が上手です。 彼女のスイングの特徴としてトップでしっかりフェースを閉じた状態を作っています。 トップでの手首の形がダスティンジョンソン選手、ジョンラーム選手、ケプカ選手、ビクトルホブラン選手などにそっくりですね。 この動きを意図的に入れると手首に負担がかかるという場合があるので、通常は切り返しから入る動きなのですが、これを バックスイングの時点で入れてしまっているので、切り返しからはシャローイングするだけで手首は何もせずにフィニッシュまで振りぬくことができます。 つまり、手首の使い方を切り返しからシンプルに使える準備をしているということが言えます。 練習量が少ないアマチュアほど真似するべき 渋野日向子選手のスイングは練習量が少ないアマチュアほど真似した方がいいと思います。 リストに無駄な動きを入れることなくフェース面を管理でき、なおかつボディターンスイングと相性の良い下手投げと下半身の使い方を兼ね備えているので、 一度この動きを覚えることができてスイングを作れば、コースで安定したショットを打てるようになるからです。 特に練習量が少ないアマチュアゴルファーにとっては、お勧めのスイングモデルだと思います。 リストターンでたくさん練習を重ねてもコースで結果が出ない人にとって、おすすめですね。 なぜなら、 世界標準のボディターンスイングは身に着けてしまえば、コースで安定した方向性と飛距離を出せるようになるからです。 ここが、ショットが上手い人の特徴です。 最後に、ボディターンスイングに必要不可欠となるフォロースルーの抜き方も実践しておいてください。 人気記事• - 151,544 views• - 149,857 views• - 146,442 views• - 136,970 views• - 108,432 views• - 94,061 views• - 76,562 views• - 73,354 views• - 73,089 views• - 71,030 views• - 61,844 views• - 59,255 views• - 58,810 views• - 57,924 views• - 55,875 views• - 51,319 views• - 49,124 views• - 47,273 views• - 42,825 views• - 41,941 views.

次の