セカンドパートナー 出会い。 セカンドパートナーがいる人必見!キスや肉体関係は?離婚の原因になるって本当?

セカンドパートナーのメリットとは?不倫と違う新しい関係の実態

セカンドパートナー 出会い

セカンドパートナーとは セカンドパートナーという言葉を聞いた事はありませんか?パートナーとは本来、恋人や恋人に近しい生活を共にする人、結婚した夫婦関係の相手を示す言葉です。 セカンドパートナーとは、実際のパートナーである恋人や夫婦関係の相手を持ちながら、次点に位置する第二のパートナーの存在を意味しています。 近頃は、パートナーとの関係を持ちつつ、新たにセカンドパートナーを作る女性が増えています。 友達以上、不倫未満の関係 異性の友達とは、恋愛感情を介さない、気軽に遊びに行ったり趣味を楽しんだり、飲みに行ったりする関係です。 不倫とは、片方か両方が既婚者であり、パートナーと婚姻関係を続けたままパートナー以外の異性と恋愛関係、肉体関係になる事を示します。 不倫の定義については、恋愛感情を持った時点で不倫、肉体関係を持った時点で不倫など価値観はそれぞれですが、法律上では肉体関係を持つと必ず不倫関係と結論付けられます。 セカンドパートナーは友人にはない相手を好ましく思う感情があり、不倫の様な肉体関係がない関係性となります。 セカンドパートナーに求める事 セカンドパートナーに求める事とは、一体何でしょうか?一般的には、映画や音楽、ドライブやスポーツと言った共通の趣味が楽しめる人である事、ソフレやキスフレなどの軽いボディタッチの目的である事が多いものです。 例えば今の恋人と共通の趣味がない、夫が自分の趣味に理解を示さないなどの問題がある場合も、セカンドパートナーはとても役に立つのです。 正しく、自分と相手が望むメリットだけをお互いに叶えられるのが、セカンドパートナーと言えます。 肉体関係があるという誤解がある セカンドパートナーには肉体関係がありません。 肉体関係があると、すなわち紛れもなく不倫にあたります。 更にセカンドパートナーとセックスをしてしまった場合、そこから不倫と言う関係性に代わります。 男性では、セカンドパートナーにも肉体関係があると誤解している人が多く居ますが、セカンドパートナーはセックス無しで、心の繋がりや楽しい気分のみの繋がりであり、身体的にはプラトニックな関係の男女を示します。 深い愛情を求めない セカンドパートナーは、お互いの良い所だけを求め、お互いの心地よい所だけで交流するスタイルになるので、不倫の様に愛し愛される事を深く望みません。 離婚してセカンドパートナーと結婚したい、と思う様になっては不倫に差し掛かります。 セカンドパートナーの良い所は、適度な好意と距離感でよい、という気楽さがメリットとして挙げられます。 セカンドパートナーには気分転換や癒しを求める 毎日の仕事のストレス、家事育児からの解放、退屈な日常生活からの脱却として、セカンドパートナーとの時間は存在します。 セカンドパートナーとの時間は、意外な程にストレス発散や癒し効果などをもたらし、自分の次への活力源になるものです。 他にも、長い間ときめきと言う感情を失った主婦が、男性に再度ドキドキする為にセカンドパートナーと交流しているケースも存在します。 セカンドパートナーの一例 置かれている環境や年齢によって、セカンドパートナーの種類は変わって来ます。 男女ともに心地よい関係だけを望むので、お互いに問題解決ができる心強い異性として、信頼関係を結ぶ形が多くあります。 遠距離恋愛の癒し手としての男性 遠距離恋愛とは、時に寂しくて時に苦しいものですよね。 遠距離恋愛をしている女性は、寂しさや不満を募らせて、つい恋人と喧嘩になりがちになります。 その寂しさを解消する為に、遠距離恋愛をしている女性がセカンドパートナーを持つケースが存在します。 セカンドパートナーなら本命の彼と付き合いつつ、寂しい時だけ異性と交流する事が出来るからです。 既婚女性のセカンドパートナー ドラマなどの影響で、既婚女性がセカンドパートナーを持つ機会が増えています。 例えば夫に恋愛感情がなくなり、長年恋愛気分を忘れていた既婚女性が、若い年下男性とセカンドパートナーの関係になり、夫には求められないドキドキやときめき、若さを感じ取るのです。 既婚女性は心に潤いが生まれ、気分に余裕が出来、夫婦仲が逆に良くなるケースも存在します。 添い寝フレンドであるソフレ ソフレという言葉を知っていますか?ソフレとは、添い寝するフレンドを示す造語になります。 女性と男性が一緒に寝るとなると、肉体関係を想像しますが、ソフレにはセックスがありません。 部屋で一緒に寝転がって頭を撫でたり、抱き着いたり、体の温もりを感じ合う。 決してセックスには至らない、添い寝スキンシップだけの関係を示します。 男性側は、パートナーが居る男性との肉体関係は躊躇しますが、添い寝なら罪悪感が少なく、お昼寝程度に捉えるので、男女が添い寝フレンドであるソフレを作るケースが増えています。 セカパもソフレであれば、罪悪感は少なくて済むので、ほんのひと時の癒し効果として期待出来ます。 参考記事 キスだけするキスフレ ソフレよりもスキンシップが深く、同じくセックスはしない関係にキスフレが存在します。 例えば酔った勢いでキスをしてしまい、それからお互い付き合っている訳ではないけれど、何となくキスをする関係や、冗談交じりでキスをするけれど嫌じゃなく、むしろドキドキ感が楽しいといった男女関係を示します。 キスフレには勿論、セックスはありません。 海外でのキスは、挨拶や親愛の印などコミュニケーションの一つとして使われていますが、日本のキスフレは親愛の印と、お互いの癒し効果やストレス発散を名目として使われます。 セカンドパートナーがキスフレであれば、楽しくデートして終わりにキスをして帰るなど、疑似カップル的な行為が可能なので、初々しい恋愛の様なドキドキ感が味わえます。 参考記事 家族に承認されているセカンドパートナー セカンドパートナーを持つ女性には、家族に承認されている場合もあります。 例えば夫が単身赴任で家を留守にしており、子供とのショッピングやキャンプ、日曜大工などをセカンドパートナーにお願いするケースです。 夫が理解していれば、第二の男性的な位置付けで関わっている事もあるのです。 しかしまだ日本ではかなりレアなケースであり、夫や子供の大きな理解が必要です。 死別した人のセカンドパートナー 配偶者が死別した人が、結婚は今後しないもののセカンドパートナーを作り、長年付き合うという形があります。 生涯の伴侶は1人と決めて居るが、1人きりの生活は寂しいのでセカンドパートナーを作り、自分の都合の良い時だけデートやショッピングといった男女関係を続けるのです。 結婚まで考える必要が無いので後腐れなく、死別した人でも気軽に異性と交流が可能なのです。 セカンドパートナーを探すには 肉体関係がないので、女性にとっても楽な関係のセカンドパートナー候補を探すには、どこで見つければいいのでしょうか?此方では様々な場所でのセカンドパートナーを探す方法と、メリットとデメリットをご説明します。 同窓会で相手を探せる? 同窓会では、学生時代の男性と邂逅が望めます。 学生時代の相手の素性を分かっているという点で、ある程度セカンドパートナーの事を知っておきたい女性には理想的であるものの、同窓会が開催される機会はそれほど頻繁にはないので、すぐに欲しい時にはタイミングが合わない場所になります。 出会い系サイトで手軽に探せる? セカンドパートナーは、単に好みの容姿や年齢が近いという理由だけで選ぶのは、とても危険です。 お互いのライフスタイルを侵さずに、適度な距離感を保って付き合うのがセカパ長続きの秘訣だからです。 出会い系サイトなら、プロフィールが見える他に、チャットルームやメッセージ機能を使って、じっくりと相手の内面を知る事が可能です。 本人確認が行われているので嘘が付き辛く、安心の面でも大変大きなメリットがあります。 ツイッターの使い勝手はどう? ツイッターは、同じ趣味の人や興味が似ている人をツイートから探す事がとても簡単です。 趣味が同じなどの軽い関係として異性を探す事は容易ですが、ソフレやキスフレ募集の女性を餌にして、実際に会ってみると肉体関係が目的という男性も多いのが現状です。 ツイッターは本人確認が無いので、誰でも簡単に自分を偽れてしまうデメリットがあります。 フェイスブックで相手は見つかる? フェイスブックは、趣味で繋がる事が出来るSNSツールです。 趣味が同じだから、と言う趣味友程度の軽い関係としてはOKですが、万が一肉体関係になって揉めた時にフェイスブック上では、職場や友人の横繋がりがとても強く、噂はすぐに広がるので取り返しのつかない修羅場になる可能性があります。 顔見知りや友人などとセカパ関係になるのは、将来的にかなりのリスクが残るでしょう。 勤務先の会社で探せる? 日常生活でもっとも異性が多いのは、勤務先では無いでしょうか?上司であったり部下であったり、営業先の人物であったり、年齢や業種問わずに男性は存在します。 しかし勤務先で男性とお近づきになった場合、例え2人の間に肉体関係がなくても噂が立つのが早く、場合によっては2人共に仕事がし辛くなってしまうでしょう。 近所の異性と関係が結べる? 近所に目を向けてみると、既婚者同士の異性は比較的見つかり易いものです。 肉体関係がない男女であれば、主婦が近所の既婚男性とセカンドパートナーの関係になる事は可能ですが、近所なので周囲の目から噂になりやすく、最悪の場合は家庭同士の修羅場になってしまうので、近所の異性との関係はお勧めは出来ません。 出会い系サイトでのセカンドパートナー募集の方法 セカンドパートナーを探すなら、生活圏より少し遠方の男性を探すと良いでしょう。 お互いに顔見知りが居らず、バレる心配がありません。 また出会い系サイトなら自分の好みの年齢や居住地、趣味などから検索出来るので、最初から理想通りのセカンドパートナーを探す事だって出来るのです。 大手出会い系サイトを活用しよう セカンドパートナーを探すなら、普段の生活圏内より少し遠方がねらい目です。 出会い系サイトなら、普段の生活では会えない、初対面の相手が沢山居るので、全く新しい出会いが可能です。 また最初からセカンドパートナーを目的として相手を探せるので、後腐れもありません。 大手出会い系サイトのPCMAX、Jメール、ハッピーメール、YYC、ワクワクメールは同時登録して、一斉にセカンドパートナーを探しましょう。 ・ ・ ・ ・ ・ 気軽に片手でPCMAXに登録完了 サイトにいざ登録しようとして断念する理由の多くが、登録方法の分かりにくさ、大量の情報入力を求められる面倒くささ等が挙げられます。 さくっと始めたいのに、最初からあれやこれやと入力に時間が掛かるとなると、やっぱりやる気も削げてしまいますよね。 PCMAXは登録に必要なものは最小限で、5分もあれば登録完了します。 スマホアプリから片手で登録出来てしまうので、休憩時間にさくっと相手探しが可能になります。 [登録無料]PCMAXの公式サイトはこちら 18歳未満利用禁止 恋人がいる人のプロフィールの書き方 恋人がいる人のプロフィールの書き方として、「恋人がいない」と隠してプロフィールを書くより、正直に「恋人がいる」旨を記載した方が後々になってバレる心配がなく、またプロフィールを閲覧した相手も、女性側か男性側に恋人が居るという前提で交流して来るので、スムーズにセカパになる事が出来ます。 といっても近場に彼氏が居る、など状況は詳しく答える必要は無いので、遠距離恋愛中で暇な時間が多い、といったキーワードで、男性が声を掛けやすい内容でプロフィールに記載する事をお勧めします。 既婚者のプロフィールの書き方 既婚者である場合も、正直に既婚者である事をプロフィールに書くと良いでしょう。 記載しておけば、悪戯半分の相手からの応募は無くなるし、相手が納得の上で声を掛けて来るからです。 注意点として、既婚者というだけで不倫愛が目的で声を掛けて来る不倫男性も居るので、あくまで肉体関係のないセカンドパートナーである事、不倫などの恋愛関係を希望しない事、お互いのライフスタイルを尊重する事などを、詳しく書いて置く事をお勧めします。 もしプロフィールに書けない場合は、良いなと思った男性とメッセージ交換し、メッセージの中で此方の目的とルールを伝えても良いでしょう。 本人確認情報はサイトの確認にのみ使用される PCMAXの便利な機能をすべて使うには、免許証やパスポートなどの撮影した画像で審査を行う、本人確認が必要です。 スマホやパソコンから一発送信ですが、審査に確認した後は、データは破棄されるので安心です。 勿論相手の男性会員も、本人確認を行っているので信頼度は他のSNSツールに比べ、段違いに上がります。 セカンドパートナー候補を落とす写真テクニック 貴女がセカンドパートナーとの、友達以上、不倫未満の関係を求めるなら、フランクなイメージの写真を掲載しましょう。 あまり凝り固まったイメージの写真だと、男性は声を掛けづらくなります。 笑顔を一番とし、男性が会いたいな、話したいな、と思える優しい雰囲気を意識して写真を撮影して下さい。 優しさがにじみ出ている様な柔らかい雰囲気の写真が掲載出来れば、男性は貴女との楽しい日々を想像して思わず声を掛ける筈です。 サイトコンテンツでセカンドパートナー探し 折角、本人確認をしてサイトのコンテンツが全て利用出来る様になったなら、コンテンツを活用しない手はありません。 プロフィール検索だけで男性を判断していると、写真を見た一瞬の印象だけに固まってしまい、折角のチャンスを逃してしまいます。 写真だけに捕らわれず、女性側から積極的にいいねをして、お互いにマッチしたならメッセージ機能やチャット機能を使って、相手の中身をトコトン知りましょう。 私の現在のセカンドパートナーとの出会いは、日記コンテンツに書かれた釣りの写真からでした。 相手が実際に楽しんでいる趣味と自分の趣味が一致したのでトークが盛り上がり、私からいいねをして、相手とマッチしました。 容姿はそれほど好みじゃなくても、デートしている間も趣味トークが出来るので全く気にならず、むしろ友人の誰よりも趣味について大盛り上がり出来る男性なので、とても充実した趣味ライフが続いています。 お相手が見つかったら お相手が見つかったら、いよいよセカンドパートナーとの新鮮な交際のスタートです。 セカンドパートナーは、片方やお互いにパートナーが存在するという事です。 お互いのライフスタイルを崩さない為にもルールを決め、信頼関係をじっくり気付いて楽しく過ごせる関係を築いて行きましょう。 会うまでに、信頼関係を深める LINEやメールなどのID交換をして、共通の趣味や交際の内容、デートの楽しみ方、お互いの目的についてのやり取りをして信頼関係を深めましょう。 セカンドパートナーはいつでも会える訳ではないので、信頼関係がもっとも大切です。 信頼関係が気付けてこそ、非日常的な楽しさに思いっきり羽根を伸ばして楽しめるのです。 やり取りや約束事の内容は念のため、トークやメッセージを撮影して記録を残しておくと安心です。 お互いの希望を確認する セカンドパートナーになった場合、男女間によってはお互いの希望の深度が違う場合があります。 ソフレ、キスフレになるのか、一緒に趣味を満喫する趣味中心の関係なのか、デートの回数は月にどれくらい、などです。 一方が相手に求めすぎると、セカンドパートナーは長続きし辛いので、出会った時に最初からお互いの希望を覚えておく事をお勧めします。 キスはしたくない女性なら、キスフレは望まなく、スキンシップは手を繋ぐまで、など具体的な内容を話し合っておきましょう。 連絡のルールを決める セカンドパートナーという事は、どちらかに又は両方にパートナーが存在するという事です。 この場合、相手の生活の不可侵部分があるのが事実です。 お互いに心地よい、気持ちの良い関係を続ける為にも、連絡していい時間帯、連絡手段がメールか通話か、LINEトークかなど連絡のルールを決めておくと良いでしょう。 ルールを制定する事で、ルール内にそって思いっきり非日常的にはじける事が出来るのです。 遠方の土地でデートする 最初は矢張り、近場でデートするより遠方の土地でデートをした方が安全で、バレの可能性が少ないので気持ち的に楽になります。 生活圏内でバレないようにこそこそとデートするよりは、思い切って遠出し、日常の何もかもを一時的に忘れて楽しんでください。 羽根を伸ばしてお互いにのびのびとエンジョイする事こそ、セカンドパートナーの本意となるからです。 私がセカンドパートナーとデートする時は、行った事のない観光地やちょっとリッチなリゾート地に出掛け、新鮮な喜びを満喫します。 女性がはじけて満喫する事で男性側も、貴女を離したくないほど魅力的な存在と認識してくれます。 思いっきり初恋気分に浸る セカンドパートナーとのお付き合いは、貴女自身のドキドキを思いっきり開花させましょう。 もう二度と恋なんてしないと思っていた女性でも、しがらみに捕らわれずときめきやスリルを感じる事は、大きなストレス発散と癒し効果に繋がります。 男性の仕草、男性の声、男性の笑顔など、まるで少女に戻った気分で全てを感じ取ってください。 セカンドパートナーとの交流は貴女を輝かせ、生活に想像以上の潤いをもたらすでしょう。 セックス無しのプラトニックラブが長続きの秘訣 セックスをしてしまうと、法律上では間違いなく不倫関係になります。 不倫関係になると関係が破綻しやすくなるので、あくまでセックス無しのプラトニックラブを継続する事をお勧めします。 あえてルールを設定する事もお勧めで、手を繋ぐ、体に触れる、キスはOKなど何処までのスキンシップがOKかを決めておくと、お互いに交流し易くなります。 男性の場合、スキンシップの過多があると女性よりも我慢出来ませんので、女性側が上手にリードし、セックス無しでもラブラブで居られる、心地の良い関係づくりを維持しましょう。 セカンドパートナーの見つけ方と長続きの秘訣まとめ セカンドパートナーという関係は、ソフレ、キスフレと同じく浸透して来ています。 お互いに肉体関係を持たず、デートやショッピング、趣味活動で思い切りエンジョイするセカンドパートナーは、心に潤いをもたらします。 また異性との交流で、男性から特別扱いや癒しを貰い、お姫様気分でプチ贅沢をする事だって可能です。 お互いの第一ライフスタイルを大切にし、その代わり嬉しさや楽しい部分だけをトコトン共有出来るので、女性は沢山の新鮮な活力を感じる筈です。 セカンドパートナーは信頼関係が大切です。 探す時は容姿だけに捕らわれず、トークやチャットで実際に相手と交流出来る、出会い系サイトが最も見つけやすい場所になります。 日常生活に疲れてしまっている女性は是非、気軽にセカンドパートナーが探せる出会い系サイトを利用して、ドキドキを思いっきり再認識できる素敵な男性を探してみましょう。

次の

セカンドパートナーの作りかた

セカンドパートナー 出会い

セカンドパートナーと聞いてどのように感じますか? パッと思いつくのは「不倫」ではないでしょうか。 ですが、セカンドパートナーはいわゆる不倫とは少々意味合いが違います。 最近はこのセカンドパートナーを求める人が増えています。 増えていると言うのは語弊があるかもしれませんが、パートナー以外にセカンドパートナーがいる人はとても多いのです。 今回はそのセカンドパートナーの実態について詳しく紹介していきます。 セカンドパートナーってなに? そもそもセカンドパートナーとはどのような人のことを言うのでしょうか。 セカンドと言うのですから二人目ということになるわけですが、つまりは愛人という関係が容易に想像できます。 セカンドパートナーの意味を調べてみると「配偶者以外の男女と親密な交際をすること」となっています。 人は一人では生きていけない背景があります。 そんな中で求めてしまう相手がセカンドパートナーなのです。 ここで明確にしておかなければならないのは、セカンドパートナーはいわゆる不倫ではない、ということです。 では一体どのような関係なのでしょうか。 セカンドパートナーの位置づけは不倫ではない、かと言って友達でもない、相手に癒しや安心を求めるプラトニックな関係という新たな関係であるということです。 つまり何でも話せる親密な関係でありつつも、友達以上恋人未満である関係であると言えるのです。 配偶者以外との交際 セカンドパートナーは先述したとおり、配偶者以外の男女と親密な交際をすること、ということです。 親密ということにもいろいろな意味がある場合がありますが、世間一般的にはやはり不倫、不貞を働く、ということになるでしょう。 もしかするとセカンドパートナーも傍から見れば不倫しているようにも見えてしまうかもしれません。 ただセカンドパートナーは不倫とは違います。 誰しも結婚をしても再び異性と会ってドキドキしたい、デートをしてときめきたい、いろいろなことを話して会話を楽しみたいという願望が少なからずあるものです。 それは人として関係を築いていくということになるわけですが、この関係を深めていく相手がセカンドパートナーというわけです。 もちろんセカンドパートナーは配偶者以外を指します。 結婚をすると、一緒にいるのにどこか心が離れていくことがあります。 相手に求めることは癒し、そしていつも心に寄り添って欲しい、という気持ちです。 結婚したのにそれが叶わないと思ったとき、心の拠り所を求めてセカンドパートナーを求めてしまうということがあるのです。 恋愛感情を持っている セカンドパートナーを求める背景としては、やはり恋愛をしたいという気持ちがあります。 恋愛のドキドキは普通に感じるドキドキとは違います。 結婚をするとそのドキドキ感を維持することは難しく、もしかするとそのドキドキはもう味合うことはできないかもしれません。 ですがやはり仕事をしていたり、外へ出ることでいろいろな出会いがあり、自分をドキドキさせるような出会いも当然あるものです。 またそのような出会いがなくても、ストレスを発散したいという気持ちで誰かを求める気持ちも芽生えてきます。 そうして知り合ったセカンドパートナーには恋愛感情を持つのは必然です。 結婚をしていると出会いはほとんどありません。 そのため出会いがあったとき、その相手にすぐに恋愛感情を持ってしまうのは人の心理としては自然なことだと言えるでしょう。 ただセカンドパートナーとしてその相手と付き合っていくのには、ある程度の恋愛感情は封印することが必要になります。 恋愛感情が暴走してしまうと、それはセカンドパートナーでは無くなってしまう可能性は否めません。 あくまでも心の繋がりを求める相手、それがセカンドパートナーだと言えるでしょう。 ただし肉体関係はない セカンドパートナーとして求めることは癒しや安らぎです。 もちろん身体だけの関係を求める人もいますが、それはセカンドパートナーとは呼べません。 つまり肉体関係があるとセカンドパートナーではなく不倫になってしまいます。 セカンドパートナーは肉体関係はなく、プラトニックな関係です。 あくまでも心の繋がりを求めた相手であり、純粋な気持ちで付き合う関係です。 ただここで不思議に感じてしまう人もいることでしょう。 異性が一緒に遊んだり会って楽しんでいるのに、プラトニックでいられるのかということです。 最近はアラフォーやアラフィフ世代でこのセカンドパートナーを求める人が増えています。 その背景としては夫や同性の友達にも言えない、でも誰かにすがりたいそんな純粋な気持ちで繋がりたいと思う相手が欲しい気持ちがあるのです。 意外と異性でセカンドパートナーという立ち位置の相手がいると、何でも心の中を打ち明けたり、素の自分を見せることができるというわけです。 セカンドパートナーを作るメリット5個とは? ではセカンドパートナーを作るメリットはどのようなことがあるのかここで説明していきます。 まずセカンドパートナーを求める人は、日々の疲れたストレスや溜まった悩みを打ち明けて寄り添い、そして自分も聞いてあげることで癒されて、一人ではないことをまずは実感できることが大きなメリットとなります。 ただやはりメリットがあれば、デメリットもあるのは否めません。 ここでは先にメリットを紹介してみましょう。 セカンドパートナーに興味を持った人はぜひチェックしてみてください。 1:恋愛のドキドキ感が得られる セカンドパートナーを作るメリットとして、恋愛のドキドキ感が得られるということが挙げられます。 ただ、セカンドパートナーは肉体関係はNGです。 あくまでもプラトニックな恋愛であるのが、セカンドパートナーのもっとも大切な条件です。 大人の恋愛というとどうしても肉体関係ありき、ということがあります。 プラトニックな関係は、まずほとんどの人はあり得ないと感じることでしょう。 ですがプラトニックであっても恋愛は成立します。 それは例えば小学校や中学校の頃を思い出してみてください。 クラスに好きな人がいると、毎日ドキドキして会話もなかなかできなかったものです。 それでも好きという感情は大人になっても不思議と同じだと感じる人は多いのではないでしょうか。 たとえプラトニックであっても恋愛のドキドキは感じることができます。 むしろプラトニックだからこそ、恋愛はもっと盛り上がると言えるでしょう。 2:女性としての魅力を維持できる セカンドパートナーを作るメリットとして、女性としての魅力を維持できることが挙げられます。 女性は結婚すると二パターンに分かれます。 いつまでも綺麗で若く見える奥さんと、すっかり所帯じみてしまう奥さんというように両極端の女性に分かれるわけです。 前者だと子供ができてもいつも身なりも綺麗で若々しく維持していますが、後者だと元々綺麗だった見た目が変貌して所帯じみてしまい女性としての魅力が感じられなくなる人もいます。 セカンドパートナーを作るのは主に後者が多い傾向にあります。 結婚をして後者のようになってしまう女性は、夫との関係に不満を持っている人も多いようです。 いつも仕事で家を空けがちであったり、まったく家庭に無関心な夫であるなど夫婦関係がううまくいっていない場合、妻はどこかでうっ憤を晴らしたいと思ってしまうものです。 そして外でそのうっ憤を晴らすことで、また家庭でしっかりと妻を演じることができるということです。 セカンドパートナーと会うことで女性としての自分を思い起こさせてくれますし、リフレッシュすることができます。 そうして家へ帰ってくると、いろいろとリセットされて女性として気持ちを維持していくことができるのです。 3:夫に言えない事や悩みを相談できる セカンドパートナーを作るメリットとして、旦那に言えない事や悩みを相談できることが挙げられます。 結婚をしてて夫にすべてを話せる妻というのは少ないかもしれません。 むしろ結婚をしたからこそ言えなくなることもあります。 結婚をする前の悩みはお互いの仕事や環境のことが多かったと思いますが、結婚をすると家庭内の悩みが増え、それをお互いにぶつけることができなくなります。 ぶつけることで結婚生活が壊れることを懸念してしまうからです。 セカンドパートナーは、そんな家庭内の悩みを含めて相談することができます。 結婚前に夫にできたことができなくなり、そのできなくなったことをセカンドパートナーに向けるという構図が出来上がるのです。 4:夫婦喧嘩が減る セカンドパートナーを作るメリットとして、夫婦喧嘩が減るということが挙げられます。 当然日頃の悩みやうっ憤をセカンドパートナーにぶつけることができるのですから、また家庭に戻るとスッキリして生活することができます。 もちろんセカンドパートナーと会うことは、あくまでも癒しを求めてのことです。 セカンドパートナーと癒し癒されることで平和的に自分の精神状態も保てる、ということができるわけです。 女性は一人でストレスやうっ憤をため続けると、いつかは爆発してしまう可能性があります。 夫に爆発した気持ちをぶつけると当然喧嘩になってしまいます。 ストレスをギリギリのところまで溜め込んでしまう女性は、途中で発散できる術を持っていないと辛くなるばかりで夫を責めてしまい兼ねません。 そうならないためにセカンドパートナーの存在は、気持ちを落ち着かせる中間地点にいる癒しの存在だと言えるのです。 ストレス発散になっている セカンドパートナーと会うことはストレス発散になります。 それは女友達と接するのは違いますし、当然夫に対してストレスが溜まっているので夫に日頃言えないことを打ち明けられるのがセカンドパートナーの存在です。 もちろん女友達と会ってストレスをある程度発散することもできます。 ですが、セカンドパートナーと女友達の違うところは男性の本音を答えてくれることでしょう。 女友達はあくまでも男性の気持ちの想像でしか答えは出せませんが、セカンドパートナーは同じ男としての答えを導き出してくれるのです。 夫にぶつけたい思いをセカンドパートナーにぶつけることは、夫に思いをぶつけたと思えるくらいスッキリできることだと言えます。 心に余裕ができる セカンドパートナーの存在がいることで心に余裕ができます。 人は結婚をすると孤独を感じることが増える傾向があります。 夫という人生のパートナーを得たはずなのに、孤独が増すのはなぜなのでしょうか。 本来であればセカンドパートナーなどという相手は必要ないはずです。 それがセカンドパートナーを求めてしまうのは、孤独から解放されたいからに他なりません。 孤独は人を追い詰めてしまうことがあります。 そうなってしまうと心に余裕は無くなり、夫に冷たく当たったり、喧嘩腰になってしまうことがあります。 要するに夫に察して欲しいわけです。 男性も妻に言わなくても分かるであろうと思う人も多いですが、女性も夫に察して欲しいのです。 それが叶わないと思ったとき孤独を感じますし、セカンドパートナーを求めてしまう傾向があります。 セカンドパートナーと接することで気持ちが楽になります。 そして孤独も解消されることが何より大きいことだと言えるでしょう。 罪悪感から旦那に優しく接することができる たとえセカンドパートナーはプラトニックな関係だとしても、女性としては男性と会っているのですからそれなりに罪悪感があります。 当然世間体ではセカンドパートナーと聞いてもピンときませんし、理解もされにくいと思います。 つまりセカンドパートナーの存在を必要とするのは自己満足のためなのです。 たとえその存在を理解してもらえなくても、セカンドパートナーはなくてはならない相手になってしまいます。 たとえ罪悪感があっても、セカンドパートナーは大切な存在として大きくなるのです。 その反面夫に対しては優しくすることができます。 罪悪感もありますが、心に余裕もできていますし何より男性目線でのアドバイスを貰えることで、夫の言動の意味がよく分かるようになることもあります。 セカンドパートナーはいろいろな視点で見れるようにさせてくれるのです。 5:刺激的な日々を送れる セカンドパートナーを作るメリットとして、刺激的な日々を送れることが挙げられます。 良い意味でも悪い意味でも刺激的になることができます。 まず良い意味ではストレス発散や自分に対して自信を持つことができるようになります。 悪い意味では夫にセカンドパートナーの存在がバレてしまうのではないか、という危機感があることです。 またセカンドパートナーとプラトニックではなくなる可能性があることは否定できません。 セカンドパートナーと会うことは、男女の関係に発展しないとは言いきれない刺激的な気持ちになることでしょう。 夫にバレたとしてもあくまでもプラトニックな関係なのですからまずいことはないはずですが、かと言って胸を張って言える存在でもありません。 常にいろいろな意味で刺激的な日々を送ることは間違いないでしょう。 注意点5個とは? ここまではメリットを紹介してきましたが、ここではデメリット、つまり注意すべきことを紹介していきます。 セカンドパートナーという存在は求めている存在ではあっても、堂々と胸を張って付き合える存在かと言われるとそれは答えようがありません。 またやはりいくらプラトニックだと言っても、男女が会っているのですから恋愛へ発展しない可能性がゼロではありません。 そうなると不倫という関係になってしまいます。 決してメリットばかりではないセカンドパートナーを作る注意点をここでチェックしてみましょう。 1:パートナーに本気になってしまう セカンドパートナーを作る注意点として、パートナーに本気になってしまうことが挙げられます。 これは一番恐れていることであり、もっとも自然であり必然的なことです。 セカンドパートナーは親密度が高い関係ですから、本気になってしまうことは当然だと言えます。 そこを割り切って付き合うのがセカンドパートナーなのです。 ですが親密になればなるほど、プラトニックな関係というのが邪魔になってきます。 実はストレスを発散する近道は心身共に癒してくれる相手です。 つまり身も心も癒してくれる、不倫相手ということになります。 ただ不倫は虚しさが残ります。 セカンドパートナーは虚しさは残りません。 セカンドパートナーに求めるのは基本的に癒しや安らぎです。 ですが親密度が増すたびに、相手に本気になってしまうことは不思議なことではありません。 理性を持ってパートナーとして割り切ることができるのか、自分の本能に逆らえなくなってしまうのか、それが難しいところだと言えるでしょう。 肉体関係を持ち不倫に発展する 最初こそはあくまでもセカンドパートナーとして会ってはいても、肉体関係を持ってしまうことは自然な流れです。 セカンドパートナーは、お互いがその意識を持ち続けなければ続けてはいけない関係です。 お互いがそれを持ち続けることができれば良いですが、必ずどちらかが持ち続けられない状態になるのは目に見えています。 親密度が増せば増すだけ本気になりやすいです。 そうなってしまうと不倫に発展するのは時間の問題ですし、どんどんエスカレートして行ってもおかしくはありません。 不倫をしてしまうと歯止めが効かなくなることがあるので、そうならないためにもセカンドパートナーとはある程度の距離感は必要です。 家庭を顧みなくなる もしセカンドパートナーに入れ込み過ぎると、家庭を顧みなくなる可能性もあります。 セカンドパートナーとの関係はとても居心地が良く感じてしまいます。 夫がいても後で知り合った人との方が燃え上がりやすくなるのは人の本能的なものです。 特に人は犠牲にするものがあると、より燃え上がりやすくなる傾向があります。 家庭があってもそれを犠牲にしてパートナーと会う。 それがより燃え上がりやすくなるということなのです。 次第に家庭を顧みなくなるのはどこか家庭が壊れてもいい、という心理がある芽生えてくることもあるのです。 2:バレた時に離婚の可能性がある セカンドパートナーを作る注意点として、バレた時に離婚の可能性があることです。 いくらプラトニックな関係であっても、そこは夫に理解を得られることは難しいことです。 もともと男友達がいたとしても男友達を嫌がる夫は多いです。 それがまったく見ず知らずの男性がセカンドパートナーだということを知ると、絶対に不倫関係であることは疑う余地はありません。 ですがセカンドパートナーを作ったときから、どこかこういうことは予測できたと思います。 それでもパートナーとの関係を続けていたのは、離婚も視野に入っていたこともあるかもしれません。 セカンドパートナーの存在は癒しや安らぎを求められるとしても、そこには大きなリスクを伴うものなにです。 3:周囲から白い目で見られる セカンドパートナーを作る注意点として、周囲から白い目で見られることがあります。 これは周囲にもセカンドパートナーの存在がバレてしまったときに起こりうることです。 やはりどう説明してもセカンドパートナーの理解を得られることはまずありません。 またセカンドパートナーと会うということは、不特定多数の人から見られていることもあるわけです。 無防備すぎる行動がヒンシュクを買うことにも繋がってしまいます。 秘めた関係であるならばセカンドパートナーを作ることは、あくまでもバレない努力をすることが大切なのです。 4:別れ話の際にトラブルになる可能性 セカンドパートナーを作る注意点として、別れ際にトラブルになる可能性もあることです。 最初こそはプラトニックな関係であっても、会うたびにその関係性に変化があることは当然あることです。 どちらかが、また双方がプラトニックな関係から脱したいと思ってしまったとき、すでにセカンドパートナーの域を超えてしまいます。 あくまでもプラトニックであることがセカンドパートナーです。 それを破ってしまったとき、トラブルになってしまうことは少なからずあるでしょう。 そうならないためにも、最初からお互いの立場をわきまえておく必要があります。 相手がストーカー化する いくらセカンドパートナーと言っても、その関係はずっと続くとは限りません。 どちらかが関係を解消したいと思ったとき、別れを切り出すことはカップルには当然あることです。 ですがここで相手がストーカーになってしまう最悪なパターンを招いてしまうこともあります。 それはセカンドパートナーとしての付き合い方によります。 親密度が増せば増すだけ相手への依存度は高くなります。 人は自分の本心を打ち明けられる相手に絶対的信頼を持ちます。 セカンドパートナーは、そんな立ち位置の関係になっていきます。 次第に相手に対して依存をするようになっていくと、すでに離れられない関係になっていることもあります。 そうなってしまうと別れを切り出されてしまうとストーカーになることもあります。 どうしても男女の関係は依存してしまう関係になることが多いので、ストーカーになってしまうことも十分にあり得ることです。 旦那や周囲にバラすなどと脅される セカンドパートナーが暴走し出してしまうとストーカーになるだけではなく、脅されるということもあります。 もしセカンドパートナーという関係が成立していても夫には絶対に言えない存在です。 いくらプラトニックを貫いていてもそこは理解してもらえないことは必然です。 別れを切り出してしまうとセカンドパートナーが暴走してしまうこともあるわけです。 秘めたる関係を周囲にバラされると脅されてしまっては関係を続けるのか、たとえバラされても別れるのか、それはセカンドパートナーを作ってしまったときに想定しておかなければならないことです。 5:堂々とデートできない セカンドパートナーを作る注意点として、堂々とデートできないことがあります。 これは当然のことであり、むしろ堂々とデートしていることは多大なるリスクを承知ですることです。 もしセカンドパートナーも妻帯者であれば、お互いにそのリスクはさらに高くなるわけです。 ただセカンドパートナーはあくまでもプラトニックな関係であり肉体関係はないため、堂々とデートできないのであればどうしてもホテルで会うことを考えてしまいますが、それでは不倫関係になってしまいます。 堂々とできない関係というのはいかに難しい関係であるのか、ここで身にしみることでしょう。 セカンドパートナーを作るなら心得ておく事 ここまでセカンドパートナーを紹介してきましたが、メリットデメリットを見てそれでもセカンドパートナーを作りたいと思った人もいることでしょう。 そんな人にはぜひ心得ておくべき事があります。 ここではセカンドパートナーを作ることで心得ておくべき事を紹介しますので参考にしてみてください。 夫が一番であること セカンドパートナーを作るなら心得ておく事として、夫が一番であるということを念頭に置いておくことです。 いくら夫に不満があってその反動でセカンドパートナーを求めてしまうのだとしても、一番は夫の存在を意識しておかなければいけません。 人は無い物ねだりです。 夫の気持ちが分からなくなって、その気持ちを知る努力もせずに他へ目を向けてしまうのは決して良いことではありません。 いざとなった時、頼りになるのはやはり夫しかいないのです。 夫が一番であると常に思っておくことで、セカンドパートナーとのプラトニックな関係は成立するということになります。 パートナーには冷静な気持ちでいること セカンドパートナーを作るなら心得ておく事として、パートナーには冷静な気持ちでいることが大切です。 親密な関係になってしまうと、普通の恋愛へ発展してしまうのは自然なことです。 プラトニックから不倫へと変化してしまうのも時間の問題です。 男女が一緒にいるのですから冷静では無くなるのは当たり前のことです。 ですがそこは絶対に冷静になって相手を見ること。 これがパートナーとの関係を成立させるコツです。 割り切った関係でいること セカンドパートナーを作るなら心得ておく事として、割り切った関係でいることです。 これはセカンドパートナーと最初に約束する決まり事とするべきことです。 つまり割り切った関係であると釘を刺しておくことはしておきましょう。 あくまでもセカンドパートナーとしての立ち位置から離れることなく、お互いを尊重し合って付き合うこと。 割り切っておくことでストーカーになってしまうことをもある程度防ぐことができますし、二人の関係がそれ以上になってしまわないようにしておく事がまず心得るべきことです。 絶対に肉体関係を持たない セカンドパートナーを作るなら心得ておく事として、絶対に肉体関係を持たないことです。 肉体関係になった時点ですでにセカンドパートナーという関係は不成立になります。 つまり不倫関係へとスライドします。 セカンドパートナーは最初こそはプラトニックな関係を求めていても、男女が一緒にいるわけですから自然な流れで肉体関係になってしまうこともあります。 本当にセカンドパートナーを求めているのであれば、絶対に肉体関係は持たないこと。 これを心得られないのであればセカンドパートナーを作ることはしてはいけません。 セカンドパートナーを作るなら強い意志と覚悟を持つべき セカンドパートナーを作ることは気軽な気持ちで決して作ってはいけません。 強い意志を持てないのであれば、最初からそうした相手を求めるべきです。 決して不倫を助長するわけではありませんが、それくらいの覚悟が必要だということです。 最初は強い意志でお互いにセカンドパートナーという立ち位置を守るつもりでいても、常に二人の関係性は動いていきます。 そこに恋愛感情が芽生えてお互いに必要な存在だと認識したとき、セカンドパートナーではなくなってしまうこともあるわけです。 男女の関係というのはそれくらい微妙な心理状態で動いていると言えるでしょう。 デメリットも考えた上で必要かを考える セカンドパートナーを作りたい、と思う人は少なからずいるでしょう。 またセカンドパートナーという存在に救われたと思っている人もいるはず。 本物のセカンドパートナーと出会えることは奇跡に近いことですし、もし本当にセカンドパートナーと奇跡的に出会えることができれたらそれはその関係に精神的に寄り添える大切な存在になることでしょう。 ただそれは奇跡的なことです。 多くの場合は、セカンドパートナーという存在がデメリットばかりになってしまうこともあるのです。 多くのリスクがそこにはあるため、誰かに寄り添って欲しいと思ったとき、セカンドパートナーを作りたいと考えたときはデメリットをよく考えて絶対に必要な存在であるのか、よく考えてみましょう。 背負わなくてもいいリスクを回避できることもあります。 夫婦円満の為のセカンドパートナーなら一度考えてみても良いかも! いかがでしたでしょうか。 夫婦関係は難しいものです。 難しいからこそ夫婦の絆は深まることもできるのですが、それに気がつくことが出来ないうちは夫婦円満という関係なれないものです。 夫婦関係について思い詰めてしまうと夫婦関係がただ辛いだけになってしまいます。 そこでセカンドパートナーという存在がいることで、夫婦関係を見直すきっかけになるチャンスになることは十分にあり得ます。 真剣に夫婦円満を望むのであれば、一つの方法としてセカンドパートナーはありだと思います。 あくまでも夫婦円満になるための一つの方法でと捉え、セカンドパートナーを作ってみることで夫婦が幸せになるのであれば方法の一つとして考えても良いでしょう。

次の

既婚者同士で出会い!合コン・セカンドパートナー探し

セカンドパートナー 出会い

本記事でわかること・・・ ・セカンドパートナーが作れるsepaの概要 ・Sepaの評判 ・実際にSepaを実践してみた感想 最近リリースされた既婚者専用のマッチングアプリSepa(セパ)不倫に使えるというアプリはかなり珍しいのですが実際の評判が気になるので実際に使ってみました。 『セパって本当に既婚者が使っても大丈夫?』 『セパを使えば本当に出会うことができる?評判が知りたい!』 という疑問に答えていきます。 結婚生活が長く続くと夫婦生活がマンネリ化してなんとなく飽きてきてしまう。 このまま一生今の結婚相手を過ごさなきゃならないのか・・・ そんなふうに思っている刺激が欲しいあなたにぴったりの既婚者向けのマッチングサービスSepa(セパ)がリリースされています。 でもリリースされたばかりのサイトって 『ちょっと怪しい!』『実際にサクラとか業者とかいるんじゃ?』なんて不安に思う人もいるのではないでしょうか? 今回の記事内容• セカンドパートナーって何?不倫と違うの?• Sepaってセカンドパートナーを探す既婚は向けのサービスが登場したって!?• Sepaを使うメリット・デメリットを考えてみた• Sepaの評判は微妙!?その理由 結論からいうとSepaはまだまだ利用者が少なく、正直現段階では微妙な不倫系マッチングアプリ。 じゃあ既婚者は何を使って出会いをつくるか? それは出会い系アプリです。 出会い系アプリの場合はアダルト掲示板や大人の関係を作れる掲示板が多数あるので不倫相手を探すことも可能です。 使うべき出会い系は老舗で運用歴が長く、登録者数も多いのを選びましょう!有名なのは以下の3つの出会い系。 以下のアプリなら老舗で登録者数が多いためわざわざ繁華街でナンパなどせず出会いを作ることが可能です。 不倫相手をセカンドパートナーって違うのか? セカンドパートナーは不倫とは違う セカンドパートナーとは配偶者とは別にこい帯とのような関係にあるパートナーのことです。 この関係に肉体関係はなく、プラトニックな関係ということになっています。 お互い既婚者同士である場合が多いため、既婚者独特の悩みや相談を聞いてもらえるのが特徴です。 一応、定義上は不倫とは違うということになっています。 セカンドパートナーがいることで結婚相手に優しくなれる セカンドパートナーがいることで自分の結婚生活の悩みや相談をすることで結婚生活のストレスを軽減することができ、現在の奥さんや旦那さんに優しくなれるということです。 肉体関係もないので不倫になる危険性もない。 不倫もせずに今の夫婦関係維持できるなんて最高じゃないですか? セカンドパートナーの関係は実際は肉体関係もある 誰もが思っているかもしれないですが、いい大人が結婚相手以外に好きな相手ができて肉体関係がないなんてことはほぼ無いと思ったほうがいいでしょう。 今は定着したパパ活だって普通に肉体関係がある場合も多いですからね。 セカンドパートナー肉体関係が一切ないなんて嘘っぱちです。 もちろんバレればリスクは有り セカンドパートナーはプラトニックな関係なんて名ばかりなので実際には不倫と代わりありません。 不倫という言葉をマイルドにしだだけです。 どうせリスクを負うなら普通に不倫でよくない? Sepa(セパ)とは既婚者の出会いをサポートしてくれるマッチングサービス Sepaとはセカンドパートナーから文字をとってセパと名付けたそのまんまのサービスです。 このSepaでは既婚者同士の出会いを提供してくれるマッチングサービス。 Sepa(セパ)は従来の真面目系のマッチングアプリと違う 多くのマッチングアプリでは恋活目的の利用が多いので不倫や既婚者は使うことができませんでした。 しかし、Sepa(セパ)は既婚者がセカンドパートナーを探す目的でリリースされたので既婚者も使うことができます。 今や既婚者もマッチングアプリを使う時代 アプリを使った婚活・恋活市場は右肩あがりで空き時間を使ってスマホでポチポチしながら理想の相手を探す時代です。 トップクラスの会員数を誇るペアーズでは1000万人の登録者数を超えました。 またSNSで知り合った相手と会ったことがある20代って30%以上います(ネプリーグ調べ)じゃあ不倫相手もネット上やアプリで見つけるのは当たり前だよね?ということ。 それを実現してサービス化してくれたのがSepa(セパ)なのです。 Sepa(セパ)の評判・口コミは?サクラはいない安全なサービスか!? でもやはりこういったサービスを利用するのには不安がつきものサクラや業者、実は反社が運営してるんじゃ?なんてサービスを使うのをためらう人もいるでしょう。 じゃあこのSepaは安全なサービスなのでしょうか? インターネットで出会いを仲介するサービスの場合はインターネット異性紹介事業の届け出をだしていなければなりません。 Sepa(セパ)は登録してすぐに大量のメッセージが来ない まともなマッチングアプリや出会い系を使ったことがある人ならわかると思いますが、サクラがたくさんいるヤバイアプリだと登録してすぐに大量のメールが届きます。 以下は という詐欺アプリのメッセージのスクショです。 詐欺系のアプリの場合は登録した直後から続々とメッセージがくる。 もちろんこちらの画像すら設定していない間にです。 ヤバイアプリとバレる前に課金させようとする危険アプリ。 普通に考えてアプリに登録してすぐに女性からメッセージがバンバンくると思いますか? まともなサービスなら顔写真やプロフィール設定をするまでたくさんのメッセージは来ません。 じゃあSepaはどうか? 登録してすぐにメッセージの受信はありませんでした。 とりあえずサクラは居なそうです。 インターネット異性紹介事業の届け出をしている ネット上で出会いを提供するサービスは『インターネット異性紹介事業』の届け出をしなければなりません。 危険な詐欺アプリの場合は出会いを提供すると謳っているのにも関わらずこのインターネット異性し紹介事業の届け出をだしていません。 Sepa(セパ)はどうなのか? きちんとインターネット異性紹介事業の届け出を出していますのできちんとネット上で出会いを提供していいサービスとなっています。 年齢確認をきちんと行っている インターネットで出会いを提供する場合は年齢確認も必須です。 出会い系やマッチングサービスの場合は18歳未満は利用禁止。 Sepaに掲載の箇所をスクショしましたが『年齢確認は必須』とのことなので出会いを提供するマッチングサービスとしてはまともなサービスだといえるでしょう! 料金設定も良心的 Sepa(セパ)の料金体型ははどうなのでしょうか? 料金表をみてみると男性は各機能が有料。 女性は無料となっています。 利用料金は月額4980円と普通のマッチングアプリよりも少し高い値段設定。 既婚者専用というアプリだけあって強気の価格。 ただツイッターなどでは口コミが少しですが有り!リリース当初は登録者が37人と少なすぎる、 私が 検索した時(2019. 8時点)で会員数は341人しかいませんでした。 リリースから数ヶ月経っても会員数が数百にしか増えていないのは利用しようにも微妙すぎます。 それならばハッピーメールやワクワクメールなどの出会い系のアダルト掲示板で不倫相手を探した方が早いでしょう。 このサービスをわざわざ使っているということはほぼ全員が『既婚者』もしくは『相手が既婚者でもいい』と思っている人。 お互いが既婚者とわかっているので相手に変な探りを入れることなく友達、セカンドパートナーになることができます。 ・セカンドパートナーとストレス発散ができる ・セカンドパートナーと恋愛することで自分磨きを再びがんばる ・結婚しても毎日恋愛できる可能性が広がる 恋愛している時って相手に気に入られたいので日々自分磨きしていますよね?ファッションや体型、日々の言動。 セカンドパートナーを見つけてその相手に恋愛することで結婚生活で堕落してしまった自分に磨きをかけ始めるので結婚相手にもよく見られるし、セカンドパートナーにも気に入られるという効果があります。 またセカンドパートナーに今の結婚相手を既婚者特有の悩みを共有することでストレス発散や心の余裕が生まれ結婚相手にやさしく慣れるメリットがあります。 肉体関係がなければ不倫に問われないと思っている方もいるかもしれないですが『肉体関係がなくても不倫』という判例があります。 とはいえ立証するのは至難の技でしょう。 ただし、不倫と裁判所に認められなくてもバレてしまえば夫婦関係に亀裂ははいるのは間違いない。 そもそもお気に入りの相手と頻繁に会ってしまえば肉体関係に発展すのは時間の問題です。 Sepa(セパ)の登録方法から使い方を解説! それでもセカンドパートナーが欲しい、新しい恋をしたい!という方は多くいます。 ワイドショーをみていれば頻繁に不倫ネタが取り上げられます。 芸能人ばかりでなく一般人の間にも頻繁に不倫はおこっているのです。 そんなセカンドパートナーが欲しい既婚者の方に向けてSepaの登録方法を解説していきます。 Sepaの登録は簡単!公式サイトから 登録は簡単!の右上から新規登録することができます。 ・メールアドレス入力 ・ユーザー情報入力 ・ユーザー情報登録 この順序で進めていくことができます。 SepaはメールアドレスはフリーメールでOK! メールアドレスはフリーメールでもOK。 登録後には登録フォームが送信されてくるだけで、変なメールが大量にくるなんてことはありませんが不安な方はGmailなどのフリーメールを使うといいでしょう。 返信メールからユーザー情報を入力 あなたのユーザー情報をいれれば登録完了です。 私も実際に登録してみましたが住所とかは適当でも大丈夫でした。 登録が終わると完了のメールがくる 登録が終わるときちんと『登録完了』の通知がくるので設定したメールアドレスをパスワードを使ってログインしましょう。 Sepa(セパ)の使い方3つの機能 ここからはSepa(セパ)の使い方について解説していきます。 Sepaの検索機能 ・プロフィール検索 ・掲示板 ・足跡 プロフィール検索でセカンドパートナーを見つける 会員検索で自分の好みの年齢、エリア、目的などに検索を絞ってセカンドパートナーを探すことができます。 掲示板から今会える人を探す 掲示場には今時間が会いている人などが投稿しているので『今会いたい人』を見つけてセカンドパートナーを探すことができます。 急に暇になってしまった人などを狙うと成功率がたかまるでしょう。 足跡で自分に興味がある人を探す 足跡は相手が自分のプロフィールを見に来たということ=自分に興味があるということ。 積極的に小コンタクトをとっていきましょう。 お気にの人を見つけたらメッセージを! Sepaでも出会い系同様にお気に入りの人を見つけたら自分からメッセージを送信することで成功の確率は高まります。 Sepa セパ の課金はまだ待て!料金はぼったじゃないけど・・・ 上記はSepaの料金表です。 普通のマッチングアプリ同様に月額数千円と価格的にはリーズナブル。 基本的に課金しなければ会うための機能は使えません。 基本的に女性は無料で全ての機能を使えますが男性は無料会員だと多くの機能が制限されています。 ただしメッセージは10回までなら送信可能です。 料金を支払うのはまだだ!その理由とは? 課金しようとしている人はまだまってください!その理由は唯一つ。 会員数が少ない・・・ 全国で検索しても341人しか女性会員がいません(2019年8月現在)評判らしい評判も見当たらず。 現段階で使うのはちょっと微妙かもしれません。 Sepa(セパ)の退会方法を図解で簡単に! もし、Sepaに間違って登録してしまった人は以下の方法で退会してください。 図のとおりにしてもらえれば1分で退会することが可能。 セカンドパートナーが作れるアプリSepa(セパ)を使ってわかった結論 セカンドパートナーを作れるというセパ。 実際には詐欺アプリでもなんでもなかったのですが、認知度があまり高くないために都内や大都市ならともかく現時点では地方都市などで使うには心もとないユーザー数でした。 それならば従来からあるを使ったほうユーザー数も多く効率よく出会うことができるでしょう。 以下では不倫掲示板があり、不倫目的でも使える出会いアプリを紹介しています。 既婚者がセカンドパートナー探しに使う出会い系&アプリ 今回紹介したSepa(セパ)は会員数が少なく現段階では微妙な感じでした。 リリースされたばかりなので仕方ないといえば仕方ないです。 これを使うなら以下の2つの出会い系サービスがおすすめです。

次の