れんこん 保存。 れんこんの保存方法・仕方!長期や日持ち保管は?冷蔵庫/冷凍

泥付きれんこんの洗い方と保存方法。穴に入った泥はどう洗う?

れんこん 保存

冷凍する際に気を付けること れんこんは正しい方法で冷凍すれば食感を保つことが出来るため、 基本的には冷凍に向いた野菜です。 冷凍保存する場合には、買ってきた直後にそのまま使う分と冷凍する分に分け、 冷凍する分は早めに保存処理してしまうことがポイントです。 れんこんは水の中で育つため、光や空気、乾燥を嫌います。 できるだけ光や空気に触れない冷凍保存を早めにするとよいでしょう。 またれんこんは 調理してからも冷凍することができます。 その場合は味付けをしたことにより冷凍特有のにおいがなくなったり、味が壊れた細胞に染みやすくなったりするといったメリットもあります。 なお6月から9月上旬にかけて出荷されるいわゆる「新れんこん」は日持ちがしないため、冷凍保存はせずにできるだけ早く食べることをおすすめします。 これは完全に育っていない時に掘りあげたものになるため、日持ちがしないためです。 電子レンジで3分加熱するというところが重要です。 このくらいの程よい加熱によって シャキシャキ感を維持することが出来ます。 酢水で直接茹でても大丈夫ですが、電子レンジを使う方が加熱の調整がしやすいのでおすすめです。 この方法で基本的にはどんな料理でも冷凍して保存可能です。 保存中は空気に触れると少しずつ 酸化してしまうため、これを防ぐためにできるだけ 空気を抜いておくのがポイントです。 お弁当のおかずとして冷凍したい場合には、 アルミカップなどに小分けにしてから冷凍するといいです。 使うときにアルミカップごと取り出せばよいので、忙しい朝には大変便利です。 一方 冷凍した場合、れんこんは1~2か月は保存が可能です。 保存期間は元々のれんこんの鮮度にも左右されるので、 1か月を目安に食べきってしまうのが安心です。 加熱調理する場合の解凍方法 煮物や炒め物などの加熱調理をする場合には、 解凍しないでそのまま鍋やフライパンに入れてしまいましょう。 凍ったまま入れることで壊れた細胞から出るうま味も逃さず使い切ることが出来ます。 また、れんこんの壊れた組織に味が染み込むのでよりおいしくなります。 サラダなどに使う場合の解凍方法 サラダなどにれんこんを使う場合には、できるだけシャキシャキ感をのこしておきたいですよね。 その場合にはできるだけ ゆっくり解凍しましょう。 ゆっくり解凍することでれんこんの組織が壊れにくくなります。 冷蔵庫に移し替えてゆっくりと解凍するとベストです。 >> ごぼうの 食物繊維は 5. 水溶性食物繊維のイヌリンと、不溶性食物繊維のリグニンがあります。 イヌリンには肝機能を高め、血糖値の急激な上昇を抑える作用があり、イグニンには整腸作用があります。 また、骨や歯を作る働きを持つマグネシウムや抗酸化作用のあるクロロゲン酸という ポリフェノールが含まれています。 ごぼうはなぜ変色するのか ごぼうを包丁で切ったあとに長時間放置していると、切り口が茶色になってしまいます。 これはごぼうに含まれるポリフェノールである クロロゲン酸が、空気中の酸素と反応したためです。 変色を防ぐためには切った後すぐに水につけることが必要です。 しかし、長時間水につけているとごぼう中の水溶性成分が水に溶けだしてしまうため、あまり好ましくありません。 最近売られているごぼうは変色が少ないものもあるため、切った後すぐに加熱してしまえばそこまで気になることもないでしょう。 どうしても変色が気になる場合は水につける時間を短くし、栄養素の流出を防ぎましょう。 れんこんの シャキシャキとした食感と、 焼いたトマトから出る汁がたまらない絶品です。 塩こしょうの代わりにカレー粉を使ってもおいしいです。 冷凍れんこんとビアソーセージの炒め物 材料 4人分 ・れんこん 250g 15cm くらい ・人参 半分 ・鶏ガラスープ 80cc ・砂糖 大1. お弁当に使う場合には冷凍庫から取り出して そのままお弁当箱に入れてしまいましょう。 自然解凍させることでお昼頃にちょうど食べごろになります。 この場合には 小分けにして冷凍しておくことを忘れずに。 パン粉を付けた状態で冷凍保存し、必要な時に揚げれば出来立てをおいしくいただけるのでおすすめです。

次の

れんこんの保存方法は冷凍こそ賢い!保存期間が4倍長持ち!

れんこん 保存

れんこんの冷凍保存の仕方 れんこんを冷凍保存する際には、きちんと下ごしらえしておくと、使う時に便利です。 使いたいお料理にあわせて下ごしらえしてから保存すると、サッと取り出してお鍋に放り込むだけで煮物が作れたりと、とても便利に使えますよ。 下ごしらえの方法 皮はむく?むかない? レンコンは 皮ごと食べられます。 ただし作るお料理によっては、白く仕上げたい場合もありますよね。 たとえばれんこんの形を生かして花の形に切ってから甘酢につけて、ちらし寿司のトッピングにしたり、お正月の酢レンコンに使うときなどです。 そんな時は皮をむいてから切り分けます。 皮はもともと食べられるので、ピーラーなどで薄くむくだけで大丈夫です。 れんこんの切り方 れんこんは味ももちろん美味しいのですが、どちらかというと食感を楽しむ食材ではないでしょうか。 もちっとしてたり、サクッとしてたり、シャキシャキしたり。 1つの食材で食感はバラエティに富んでますよね。 どうしてこんなに食感が違ってくるのか、知ってますか? じつは、れんこんは切り方によって、食感が変わってくるんですよ。 れんこんの食感は産地(種類)やれんこんの使う部分によっても違ってくるんですが、お料理に合わせて切り方を変えるだけでも、好みの食感にすることができますよ。 産地や部位による違いについて知りたい方は、こちらの記事もどうぞ~。 繊維に沿って縦に切るとカリッと固い食感に、繊維を断って輪切りにすると柔らかい食感が楽しめます。 輪切りにすると、れんこん特有の可愛らしい形が目でも楽しめます。 れんこんを使うお料理に合わせてカットしておくと、すぐに使えて便利です。 〇 縦切り【カリッとした食感】 炒め煮などに 〇 乱切り【ホクホクな食感】 筑前煮などの煮物にすると味が染みやすいです 〇 厚めの輪切り【サクッとした食感】 きんぴらやソテー、揚げ物などに 〇 薄めの輪切り【シャキシャキ・パリッとした食感】 サラダや酢レンコン(酢ばす)、チップスなどに 〇 かたまりのまま【もっちり・トロトロ食感】 すりおろしてお好み焼きに入れたり、汁物・鍋のとろみ付けに 酢水にさらす れんこんはふつうは白い色をしています。 しかし皮をむいたり切ったりしてしばらく置いておくと、切り口が黒っぽく変色してしまいます。 これで、れんこんを白く仕上げることができます。 変色が気にならないのであれば、すぐに油で調理するものや味付けをするものは、酢水にさらさなくても良いと思います。 その方が栄養も残りますよ。 冷凍方法 生で冷凍保存 れんこんは生のままで冷凍保存すると、多少食感が変化したり変色することがあります。 ただ、もともと水分が少ないために、比較的劣化が少なくおいしく利用することができます。 お好みの下ごしらえをしたあとに、水分をしっかりと取ります。 切り方によってはくっつきやすいため、使いやすい分量ずつラップで包み、冷凍用の保存袋に入れます。 なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、冷凍で保存します。 冷凍保存期間:1カ月 加熱してから冷凍保存 れんこんを加熱してから冷凍すると、生のまま冷凍した場合に比べて、食感の変化が少なくなります。 また、冷凍庫から取り出してそのままお鍋に入れたり、解凍した後そのまま食べられたりと、使う時の手間が省けます。 お好みの下ごしらえをしたあとに、耐熱容器に入れて電子レンジで加熱します。 シャキっと感を残したい場合は3分、しっかり火を通したいなら5分を目安に調整してください。 ザルなどに広げて冷まし、使いやすい分量ずつラップで包み、冷凍用の保存袋に入れます。 なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、冷凍で保存します。 冷凍保存期間:1カ月 解凍の仕方 凍ったまま調理するか、冷蔵庫で自然解凍して利用します。 冷凍することで、シャキシャキ感が多少薄れ、モチっとした食感が強くなりますが、おいしく食べられます。 加熱調理する場合の解凍方法 煮物や炒め物など加熱調理をする場合には、解凍しないでそのまま鍋やフライパンに入れることができます。 凍ったまま使うことで、冷凍するときに壊れた細胞から出るうま味も逃さず食べつくすことが出来ます。 また、れんこんの壊れた組織にじゅわっと味が染み込み、よりおいしくなります。 サラダなどに使う場合の解凍方法 サラダなどにれんこんを使う場合は、できるだけ シャキシャキ感をのこしておきたいものです。 そんなときはできるだけ ゆっくり解凍するのが美味しく食べるコツ。 ゆっくり解凍することで、れんこんの組織が壊れにくくなるからです。 冷蔵庫に移し替えて時間をかけてゆっくり解凍しましょう。 調理してから冷凍保存もできる? 調理したれんこんも冷凍保存ができます。 加熱したものであれば、冷凍用の保存袋に入れて、できるだけ空気を抜いて冷凍すればOKです。 食感は調理の内容によって、冷凍すると変わる・変わらないが別れてきます。 水分を残してシャキシャキ感を残した料理だと、冷凍することで水分が抜けてシャキッと感が失われ、ややもちっとした食感に変わります。 反対に煮物などしっかりと火を通したものは、れんこんの水分は抜けていますので、冷凍してもそれほど食感は変わりません。 調理してから冷凍したものは、 冷蔵庫で自然解凍するか、 電子レンジで温めても食べられます。 おすすめのレシピ 食感を楽しむことができる、 れんこんが主役のレシピを3つご紹介します。 サクサク食感を楽しむ れんこんのチーズ焼き 【材 料】 れんこん 中1節(200g) とろけるチーズ 30g オリーブオイル 大さじ1• レンコンは8mmの輪切りにします。 フライパンにオリーブオイルをひき、水気を切ったれんこんを並べて両面が透き通るまで焼き、取り出します。 フライパンにとろけるチーズをレンコンの大きさに置き、その上にレンコンをのせて軽く押してくっつけます。 チーズがカリカリに色付くまで焼いたら、ひっくり返してこんがりと焼きできあがりです。 れんこんを2ミリの薄切りにして、薄い酢水に浸け、一度水を取り替えて水切りしておきます。 ごま油でとうがらしを炒め、強火でれんこんを炒め、Aを加えて水分がなくなるまで炒めます。 仕上げにごまを振ってできあがり。 【下準備】れんこんは半量を薄切りにし、残りはすりおろします。 青ねぎは小口切りにします。 鍋にだし汁と薄切りにしたれんこんを入れて火にかけ、3分ほど煮ます。 れんこんがやわらかくなったらアクを取り、すりおろしたれんこんを加えて混ぜます。 すりおろしたれんこんが透き通ってきたところで火を止め、味噌を溶き入れます。 火をつけてひと煮立ちしたら、できあがりです。 器に盛って青ねぎちらします。

次の

れんこんの冷凍保存方法と解凍方法。生でも調理後でもOK!?

れんこん 保存

れんこんの冷凍保存の仕方 れんこんを冷凍保存する際には、きちんと下ごしらえしておくと、使う時に便利です。 使いたいお料理にあわせて下ごしらえしてから保存すると、サッと取り出してお鍋に放り込むだけで煮物が作れたりと、とても便利に使えますよ。 下ごしらえの方法 皮はむく?むかない? レンコンは 皮ごと食べられます。 ただし作るお料理によっては、白く仕上げたい場合もありますよね。 たとえばれんこんの形を生かして花の形に切ってから甘酢につけて、ちらし寿司のトッピングにしたり、お正月の酢レンコンに使うときなどです。 そんな時は皮をむいてから切り分けます。 皮はもともと食べられるので、ピーラーなどで薄くむくだけで大丈夫です。 れんこんの切り方 れんこんは味ももちろん美味しいのですが、どちらかというと食感を楽しむ食材ではないでしょうか。 もちっとしてたり、サクッとしてたり、シャキシャキしたり。 1つの食材で食感はバラエティに富んでますよね。 どうしてこんなに食感が違ってくるのか、知ってますか? じつは、れんこんは切り方によって、食感が変わってくるんですよ。 れんこんの食感は産地(種類)やれんこんの使う部分によっても違ってくるんですが、お料理に合わせて切り方を変えるだけでも、好みの食感にすることができますよ。 産地や部位による違いについて知りたい方は、こちらの記事もどうぞ~。 繊維に沿って縦に切るとカリッと固い食感に、繊維を断って輪切りにすると柔らかい食感が楽しめます。 輪切りにすると、れんこん特有の可愛らしい形が目でも楽しめます。 れんこんを使うお料理に合わせてカットしておくと、すぐに使えて便利です。 〇 縦切り【カリッとした食感】 炒め煮などに 〇 乱切り【ホクホクな食感】 筑前煮などの煮物にすると味が染みやすいです 〇 厚めの輪切り【サクッとした食感】 きんぴらやソテー、揚げ物などに 〇 薄めの輪切り【シャキシャキ・パリッとした食感】 サラダや酢レンコン(酢ばす)、チップスなどに 〇 かたまりのまま【もっちり・トロトロ食感】 すりおろしてお好み焼きに入れたり、汁物・鍋のとろみ付けに 酢水にさらす れんこんはふつうは白い色をしています。 しかし皮をむいたり切ったりしてしばらく置いておくと、切り口が黒っぽく変色してしまいます。 これで、れんこんを白く仕上げることができます。 変色が気にならないのであれば、すぐに油で調理するものや味付けをするものは、酢水にさらさなくても良いと思います。 その方が栄養も残りますよ。 冷凍方法 生で冷凍保存 れんこんは生のままで冷凍保存すると、多少食感が変化したり変色することがあります。 ただ、もともと水分が少ないために、比較的劣化が少なくおいしく利用することができます。 お好みの下ごしらえをしたあとに、水分をしっかりと取ります。 切り方によってはくっつきやすいため、使いやすい分量ずつラップで包み、冷凍用の保存袋に入れます。 なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、冷凍で保存します。 冷凍保存期間:1カ月 加熱してから冷凍保存 れんこんを加熱してから冷凍すると、生のまま冷凍した場合に比べて、食感の変化が少なくなります。 また、冷凍庫から取り出してそのままお鍋に入れたり、解凍した後そのまま食べられたりと、使う時の手間が省けます。 お好みの下ごしらえをしたあとに、耐熱容器に入れて電子レンジで加熱します。 シャキっと感を残したい場合は3分、しっかり火を通したいなら5分を目安に調整してください。 ザルなどに広げて冷まし、使いやすい分量ずつラップで包み、冷凍用の保存袋に入れます。 なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、冷凍で保存します。 冷凍保存期間:1カ月 解凍の仕方 凍ったまま調理するか、冷蔵庫で自然解凍して利用します。 冷凍することで、シャキシャキ感が多少薄れ、モチっとした食感が強くなりますが、おいしく食べられます。 加熱調理する場合の解凍方法 煮物や炒め物など加熱調理をする場合には、解凍しないでそのまま鍋やフライパンに入れることができます。 凍ったまま使うことで、冷凍するときに壊れた細胞から出るうま味も逃さず食べつくすことが出来ます。 また、れんこんの壊れた組織にじゅわっと味が染み込み、よりおいしくなります。 サラダなどに使う場合の解凍方法 サラダなどにれんこんを使う場合は、できるだけ シャキシャキ感をのこしておきたいものです。 そんなときはできるだけ ゆっくり解凍するのが美味しく食べるコツ。 ゆっくり解凍することで、れんこんの組織が壊れにくくなるからです。 冷蔵庫に移し替えて時間をかけてゆっくり解凍しましょう。 調理してから冷凍保存もできる? 調理したれんこんも冷凍保存ができます。 加熱したものであれば、冷凍用の保存袋に入れて、できるだけ空気を抜いて冷凍すればOKです。 食感は調理の内容によって、冷凍すると変わる・変わらないが別れてきます。 水分を残してシャキシャキ感を残した料理だと、冷凍することで水分が抜けてシャキッと感が失われ、ややもちっとした食感に変わります。 反対に煮物などしっかりと火を通したものは、れんこんの水分は抜けていますので、冷凍してもそれほど食感は変わりません。 調理してから冷凍したものは、 冷蔵庫で自然解凍するか、 電子レンジで温めても食べられます。 おすすめのレシピ 食感を楽しむことができる、 れんこんが主役のレシピを3つご紹介します。 サクサク食感を楽しむ れんこんのチーズ焼き 【材 料】 れんこん 中1節(200g) とろけるチーズ 30g オリーブオイル 大さじ1• レンコンは8mmの輪切りにします。 フライパンにオリーブオイルをひき、水気を切ったれんこんを並べて両面が透き通るまで焼き、取り出します。 フライパンにとろけるチーズをレンコンの大きさに置き、その上にレンコンをのせて軽く押してくっつけます。 チーズがカリカリに色付くまで焼いたら、ひっくり返してこんがりと焼きできあがりです。 れんこんを2ミリの薄切りにして、薄い酢水に浸け、一度水を取り替えて水切りしておきます。 ごま油でとうがらしを炒め、強火でれんこんを炒め、Aを加えて水分がなくなるまで炒めます。 仕上げにごまを振ってできあがり。 【下準備】れんこんは半量を薄切りにし、残りはすりおろします。 青ねぎは小口切りにします。 鍋にだし汁と薄切りにしたれんこんを入れて火にかけ、3分ほど煮ます。 れんこんがやわらかくなったらアクを取り、すりおろしたれんこんを加えて混ぜます。 すりおろしたれんこんが透き通ってきたところで火を止め、味噌を溶き入れます。 火をつけてひと煮立ちしたら、できあがりです。 器に盛って青ねぎちらします。

次の