システム創成学専攻。 システム創成学科ってなんだろう

システム創成科学専攻

システム創成学専攻

システム創成学専攻 鳥海研究室修士1年 菊田 俊平 留学先:スウェーデン王立工科大学 KTH 1日の過ごし方 7時:起床 寮がラボから徒歩1分のところにあったこともあり,早寝早起きの習慣が身につきました.洗濯や英語の勉強をしてからラボに向かいます. 9時:ラボイン ラボメンバーは10時ラボインのため,1時間は1人です.無料でもらえるコーヒーやフルーツを食しつつ,1日のタスクを整理し,ディスカッション準備などを行っておりました. 10時:ラボメンバーのラボイン 10時になるとPh. のメンバーがラボインするため自分も研究開始です.向こうの研究室に修士の人はいないため,私以外全員がPh. です.Ph. は大学と雇用契約を結んでいるため,必ず時間通りにラボインします. ラボインしてしばらくすると,一緒に研究をしていたPh. と進捗確認やディスカッションをしておりました.Ph. になると,スウェーデン以外から来る人が(おそらく)半分を越えるため,英語でディスカッションを行うため安心です. 12時:ランチ 12時になると,みんな一斉にいなくなります.ラボの人や他のGMEのメンバーと外食をすることもありましたが,基本的に節約のため,家に帰って食べておりました. ランゲージカフェというものがあり,毎週月曜日は日本語だったので,そちらにも参加しておりました.スウェーデン人が多いですが,中国人やドイツ人などもいました.語学専攻というわけではないのに,びっくりするくらい日本語が上手な人が多く,感心してしまいました.アニメや漫画が好きな人が多く,日本人より詳しい人もいます.1980年代のアニメを熱弁されることもありました(笑) 13時30分:ラボイン ご飯を食べて少しゆっくりすると,再び研究です.無料で食べられるクッキーやフルーツを食べながら,コーディングに取り掛かります. 19時:帰宅 Ph. は10時から19時の雇用契約をしており,基本的に19時に全員帰宅します.その時間に合わせ自分も帰宅しておりました.たっぷり時間があるので,基本的に自炊しておりました.ただ,日本にある調味料が手に入らないことがあり,美味しくなかったり,牛乳だと思って買ったものがヨーグルトだったりで,散々になることもありました 笑 スウェーデンでは,ほとんど全ての人が英語がペラペラなため,スーパーや薬局でも尋ねればなんでも教えてくれるので非常に助かります. ランゲージカフェや授業でできた友人,GMEの友人と外食やパブに出かけることもありました. 23時:就寝 英語力向上のため,YOUTUBEやオンライン英会話で英語の勉強をしてから就寝しておりました. YOUTUBEで海外のテレビ番組を見て,楽しみながら英語を学んでおりました. 休日の過ごし方 週末は基本的に観光に出かけておりました.ストックホルムに加え,ボストン,ロンドン,ダブリン,デゥッセルドルフ,ヘルシンキ,イスタンブルに観光に行きました.週末は基本的に時間がありますし,平日も事前に教授,同僚に声をかけておけば,休みをもらうことができます.ヨーロッパの各国間の移動はLCCでなくても非常に安いです.LCCで移動すれば,往復1万円ほどで移動ができます. また国際学生証を発行しておくと,ほとんど全ての場所で学割が使えるため渡航前に発行しておくことをお勧めします. 参加動機 私がGMEプログラムに参加した理由としては大きく2つあります. 1つ目は,様々な価値観を持った人と関わり学び,自分のできることの幅を広げるためです.英語を身につけ,異なる国の人ともコミュニケーションをとることで自分の当たり前を広げたい気持ちがありました. 2つ目は,自分の研究領域に対して異なる角度から学びたかったためです.普段は機械学習を用いた応用研究を行なっておりますが,より基礎的な研究にも非常に興味を持っておりました. 実際これらの目的は達成できたと思っております.主にインド人の教授とイラン人のPh. にお世話になりましたが,関わる中でお互いに主張するものの,お互いの意見を尊重することの大切さを学びました.他にも,学生の勉強への熱意や,やりたいことを重視する姿勢など良い部分の影響を受けたと思っております.また,論文の共著者として研究に携わることができ,密度の濃い研究生活を過ごすことができました. 振り返って GMEプログラムを通じて得られたこととして,大きなものは2つです. 1つ目は,英語に対する意識です. ディスカッション中に,これなんて言えばいいんだ?とか,言いたいことがうまく伝わらなくて,もどかしいことが多くあり,苦しんだことはありました. 英語力が伸びたか?と聞かれたら,間違いなく伸びたと答えますが,それ以上に大きいのは,英語に対する気持ちが変わったという点です.スウェーデンにはヨーロッパをはじめ,アジアでも様々な国から留学に来ており,はっきりいってみんな英語がペラペラです.ただ,そのような学生と話していて思ったのは,国独自のアクセントを持っており,完璧な発音をする人はほとんどいないこと,文法ミスをしない人などいないということ,誰も自分のミスを気にしている人などいない,伝わればOKということです.自分は日本人なのだから,日本語の訛りを持っていて当然だし,間違えるのは当たり前,そう考えるだけで一気にコミュニケーションが取れるようになりました.このように考えられるようになったのが英語に関して一番の成長だと思っております. 2つ目は,ディスカッションの大切さです. ディスカッションでは,各々が考えていることを全力で相手にぶつけます.教授相手だからとか相手がどうとか考えて話しているPh. はいません.ディスカッション時に自分の考えと,その理由をはっきり主張しているPh. の姿が印象的でした.私が,Ph. にこの論文の手法は誰が思いついたのか?尋ねた時に,Ph. の学生が,この部分は教授で,この部分は自分.議論している際に,組み合わせればより良いものが生まれることに気がついたと話しており,この時も壮絶な議論があったのだろうと考えました.素晴らしいアイディアや,手法はこうやって生まれるのだなと,議論の大切さを再確認しました. 3ヶ月という短い期間でしたが,一生忘れない教訓や経験が得られました.自分は東大生の平均レベルの英語力で,英語に対する得意意識は全くなかったですし,大学院で研究室が変わったので専門性もありませんでしたが,今やりたいことをとにかくやりたいと思い,留学に飛び込むことにしました.結果としては,論文の共著者にもなりましたし,教授にも今までのインターンシップの中で一番貢献してくれたと嬉しい言葉もいただきました. もちろん成果を出すこと,コミットメントすることは大切ですが,結果ばかり考えすぎるとプレッシャーがかかると思うので,「まあ修士だし,Ph. より知識がなくて当然」くらい余裕を持ちつつ,自分がやりたいことを全力で取り組むのが一番かと思います. 挑戦したいと考えてはいるものの,自分の英語力・研究力で大丈夫だろうか?と考えて躊躇いるのであれば,全力で私はお勧めします! システム創成学専攻 鳥海研究室修士1年 菊田 俊平.

次の

博士課程

システム創成学専攻

システム創成学専攻 鳥海研究室修士1年 菊田 俊平 留学先:スウェーデン王立工科大学 KTH 1日の過ごし方 7時:起床 寮がラボから徒歩1分のところにあったこともあり,早寝早起きの習慣が身につきました.洗濯や英語の勉強をしてからラボに向かいます. 9時:ラボイン ラボメンバーは10時ラボインのため,1時間は1人です.無料でもらえるコーヒーやフルーツを食しつつ,1日のタスクを整理し,ディスカッション準備などを行っておりました. 10時:ラボメンバーのラボイン 10時になるとPh. のメンバーがラボインするため自分も研究開始です.向こうの研究室に修士の人はいないため,私以外全員がPh. です.Ph. は大学と雇用契約を結んでいるため,必ず時間通りにラボインします. ラボインしてしばらくすると,一緒に研究をしていたPh. と進捗確認やディスカッションをしておりました.Ph. になると,スウェーデン以外から来る人が(おそらく)半分を越えるため,英語でディスカッションを行うため安心です. 12時:ランチ 12時になると,みんな一斉にいなくなります.ラボの人や他のGMEのメンバーと外食をすることもありましたが,基本的に節約のため,家に帰って食べておりました. ランゲージカフェというものがあり,毎週月曜日は日本語だったので,そちらにも参加しておりました.スウェーデン人が多いですが,中国人やドイツ人などもいました.語学専攻というわけではないのに,びっくりするくらい日本語が上手な人が多く,感心してしまいました.アニメや漫画が好きな人が多く,日本人より詳しい人もいます.1980年代のアニメを熱弁されることもありました(笑) 13時30分:ラボイン ご飯を食べて少しゆっくりすると,再び研究です.無料で食べられるクッキーやフルーツを食べながら,コーディングに取り掛かります. 19時:帰宅 Ph. は10時から19時の雇用契約をしており,基本的に19時に全員帰宅します.その時間に合わせ自分も帰宅しておりました.たっぷり時間があるので,基本的に自炊しておりました.ただ,日本にある調味料が手に入らないことがあり,美味しくなかったり,牛乳だと思って買ったものがヨーグルトだったりで,散々になることもありました 笑 スウェーデンでは,ほとんど全ての人が英語がペラペラなため,スーパーや薬局でも尋ねればなんでも教えてくれるので非常に助かります. ランゲージカフェや授業でできた友人,GMEの友人と外食やパブに出かけることもありました. 23時:就寝 英語力向上のため,YOUTUBEやオンライン英会話で英語の勉強をしてから就寝しておりました. YOUTUBEで海外のテレビ番組を見て,楽しみながら英語を学んでおりました. 休日の過ごし方 週末は基本的に観光に出かけておりました.ストックホルムに加え,ボストン,ロンドン,ダブリン,デゥッセルドルフ,ヘルシンキ,イスタンブルに観光に行きました.週末は基本的に時間がありますし,平日も事前に教授,同僚に声をかけておけば,休みをもらうことができます.ヨーロッパの各国間の移動はLCCでなくても非常に安いです.LCCで移動すれば,往復1万円ほどで移動ができます. また国際学生証を発行しておくと,ほとんど全ての場所で学割が使えるため渡航前に発行しておくことをお勧めします. 参加動機 私がGMEプログラムに参加した理由としては大きく2つあります. 1つ目は,様々な価値観を持った人と関わり学び,自分のできることの幅を広げるためです.英語を身につけ,異なる国の人ともコミュニケーションをとることで自分の当たり前を広げたい気持ちがありました. 2つ目は,自分の研究領域に対して異なる角度から学びたかったためです.普段は機械学習を用いた応用研究を行なっておりますが,より基礎的な研究にも非常に興味を持っておりました. 実際これらの目的は達成できたと思っております.主にインド人の教授とイラン人のPh. にお世話になりましたが,関わる中でお互いに主張するものの,お互いの意見を尊重することの大切さを学びました.他にも,学生の勉強への熱意や,やりたいことを重視する姿勢など良い部分の影響を受けたと思っております.また,論文の共著者として研究に携わることができ,密度の濃い研究生活を過ごすことができました. 振り返って GMEプログラムを通じて得られたこととして,大きなものは2つです. 1つ目は,英語に対する意識です. ディスカッション中に,これなんて言えばいいんだ?とか,言いたいことがうまく伝わらなくて,もどかしいことが多くあり,苦しんだことはありました. 英語力が伸びたか?と聞かれたら,間違いなく伸びたと答えますが,それ以上に大きいのは,英語に対する気持ちが変わったという点です.スウェーデンにはヨーロッパをはじめ,アジアでも様々な国から留学に来ており,はっきりいってみんな英語がペラペラです.ただ,そのような学生と話していて思ったのは,国独自のアクセントを持っており,完璧な発音をする人はほとんどいないこと,文法ミスをしない人などいないということ,誰も自分のミスを気にしている人などいない,伝わればOKということです.自分は日本人なのだから,日本語の訛りを持っていて当然だし,間違えるのは当たり前,そう考えるだけで一気にコミュニケーションが取れるようになりました.このように考えられるようになったのが英語に関して一番の成長だと思っております. 2つ目は,ディスカッションの大切さです. ディスカッションでは,各々が考えていることを全力で相手にぶつけます.教授相手だからとか相手がどうとか考えて話しているPh. はいません.ディスカッション時に自分の考えと,その理由をはっきり主張しているPh. の姿が印象的でした.私が,Ph. にこの論文の手法は誰が思いついたのか?尋ねた時に,Ph. の学生が,この部分は教授で,この部分は自分.議論している際に,組み合わせればより良いものが生まれることに気がついたと話しており,この時も壮絶な議論があったのだろうと考えました.素晴らしいアイディアや,手法はこうやって生まれるのだなと,議論の大切さを再確認しました. 3ヶ月という短い期間でしたが,一生忘れない教訓や経験が得られました.自分は東大生の平均レベルの英語力で,英語に対する得意意識は全くなかったですし,大学院で研究室が変わったので専門性もありませんでしたが,今やりたいことをとにかくやりたいと思い,留学に飛び込むことにしました.結果としては,論文の共著者にもなりましたし,教授にも今までのインターンシップの中で一番貢献してくれたと嬉しい言葉もいただきました. もちろん成果を出すこと,コミットメントすることは大切ですが,結果ばかり考えすぎるとプレッシャーがかかると思うので,「まあ修士だし,Ph. より知識がなくて当然」くらい余裕を持ちつつ,自分がやりたいことを全力で取り組むのが一番かと思います. 挑戦したいと考えてはいるものの,自分の英語力・研究力で大丈夫だろうか?と考えて躊躇いるのであれば,全力で私はお勧めします! システム創成学専攻 鳥海研究室修士1年 菊田 俊平.

次の

卒業生の進路

システム創成学専攻

基礎工学部• 大学院基礎工学研究科• 附属センター• 関連部局• 施設紹介• 活動組織• 基礎工学部• 大学院基礎工学研究科• 基礎工学部• 大学院基礎工学研究科• その他• 基礎工学部• 学部授業時間割• 大学院基礎工学研究科• 共通のお知らせ• 産学連携について• その他• 研究科長・学部長 狩野 裕(システム創成専攻) 評議員 田中 正夫(機能創成専攻) (筆頭)副研究科長 中野 雅由(物質創成専攻) 副研究科長 酒井 朗(システム創成専攻) 尾方 成信(機能創成専攻) 専攻長 細田 耕 システム創成専攻は、要素技術から複雑なシステムの構成までの広い知識によって現代の情報社会の発展に寄与できる人材の育成のために学際的な教育研究を行うことを目指しています。 この専攻ではエレクトロニクス、システム科学、数理科学などのハードウエア技術からシステム設計、数理解析までを含む幅広い教育や研究が行われます。 この専攻は電子光科学領域、システム科学領域、数理科学領域と新たに学際領域として発足した社会システム数理領域から構成されます。 電子光科学領域では高度情報社会の基盤となるエレクトロニクス技術の高度化を目指して、新しい固体デバイスやプロセス技術、量子機能デバイスや量子情報技術、光および量子エレクトロニクスなどのナノエレクトロニクスから環境にやさしいエレクトロニクスまでの先端のエレクトロニクス技術についての研究や教育を行います。 システム科学領域ではシステムの大規模化、複雑化に伴って求められる「知能化・高度化」を図るために、システム理論、情報処理技術、メディア技術、センシング技術、ロボティクスなどを有機的に統合した新しいシステム情報技術の教育と研究を目指しています。 この領域の特色は、複雑なシステムを解析・設計するための基礎理論に関する教育・研究と、人間が主体となる新しい知能システム創成の教育・研究に重点を置くところにあります。 数理科学領域では、コンピュータのハードウエア・ソフトウエアの急激な発達を背景として、現象を記述する数理モデルを構成し、そのモデルを解析し、現象やデータからのフィードバックである診断によりさらに高度なモデルの構築を通して自然・社会・工学・生命等に現れる現象を真に理解するための教育研究を行います。 社会システム数理領域では、確率解析学、統計的推測・決定理論、システム理論、オペレーションズ・リサーチなどを駆使して、金融経済、ネットワーク化社会など、複雑な社会システムの解析と設計のための高度な数理的手法の教育・研究を行います。 電子光科学領域 ダイナミックに進展しつつある私たちの社会を支えるものは、高品位で安定な情報およびエネルギーのネットワーク構築であると言えます。 本領域ではハード面での基盤となるべき電子および光デバイスを巡って、新構造、新現象、新機能の発掘、創製とその物理の解明にはじまり、さまざまな新機能材料の創造から、プロセス技術、デバイス設計・開発にわたる広範囲の先端的な研究を推進しています。 さらに、デバイス開発に終わることなく、ヒューマンインターフェースを念頭においたそれらのシステム化に関する研究へと発展させています。 これらの研究活動を通した教育によって、いわゆる「科学と技術の融合」に留まることなく、より重要なヒューマン的要素を重視した次世代の科学文明を担える研究者・技術者の養成を行っています。 この領域ではハードウエア技術からシステム設計、数理解析までを含む幅広い教育や研究が行われます。 この領域はシステム創成専攻内の社会システム数理領域と協働して教育研究を進めています。 システム科学領域ではシステムの大規模化、複雑化に伴って求められる「知能化・高度化」を図るために、システム理論、情報処理技術、メディア技術、センシング技術、ロボティクスなどを有機的に統合した新しいシステム情報技術の教育と研究を目指しています。 この領域の特色は、複雑なシステムを解析・設計するための基礎理論に関する教育・研究と、人間が主体となる新しい知能システム創成の教育・研究に重点を置くところにあります。 複雑なシステムを解析・設計するための基礎理論に関する教育研究を行うシステム理論講座と、人間が主体となる新しい知能システムを創成する教育研究を行う知能システム構成論講座で構成されています。 また、当領域では、応用数学、技術英語、広範な理学教養の学識を基本としてシステム科学における諸工学と十分なコンピュータリテラシーを有し、経済・社会なども含めた広い視野を持ち、自らの観測に基づいて思考を発展させ、適切に表現する能力を備え、新分野への開拓精神を持つ人材の育成を目指しています。 現象の解析には、数値解析、コンピュータ・グラフィクス、計算アルゴリズムなどの高度なコンピュータ活用が必要不可欠です。 数理科学領域では、特に、微分方程式、数理物理学、統計解析、データ解析に力を入れて研究・教育を行っています。 数理科学領域は大きく応用数学および統計科学の2つのグループから成り、それぞれはまた2つの小グループに分かれて研究教育を行っています。 講座 研究グループ キーワード 教授 非線形偏微分方程式, 流体と気体の数学解析, 非線形波動現象の数学解析 小林(孝)教授 現象の数理モデル, 非線型解析, 変分解析, 無限次元力学系, 爆発解析, 数理物理, 臨界現象 石渡(通)教授 統計数理 機械学習, 情報理論, ベイズ統計, モデル選択 鈴木(讓)教授 多変量解析, 構造方程式モデリング, 統計的因果推論, グラフィカルモデリング, 拡散過程の統計的推論 狩野教授 社会システム数理領域 金融資産の管理運用の合理化、国際化に対応する科学技術の開発は、金融工学・数理ファイナンスの研究を通じて行われる。 時間の推移に伴う不規則で複雑な変動を解析し、そのような現象下での最適化を図るためには、確率微分方程式や統計的推測等の高度な数学の最新の成果を必要とし、それらにより得られる理論的な結果を実際の資産管理運用技術に適用するには、大規模で高速な数値解析技術が欠かせない。 一方、最近のコンピュータ技術の発展に伴い、大規模なネットワーク化システムや高機能な組み込みシステムが出現している。 このようなシステムの解析・設計・制御のためには、従来のシステム理論・最適化理論を拡張する必要がある。 さらに、知的で柔軟なシステムを構築するためには、計算知能化技術が重要となる。 社会システム数理領域では、高度に数理的手法を駆使してこれらの技術開発に貢献する人材の育成を行い、またその研究・開発を行う。 講座 研究グループ キーワード 教授 数理計量ファイナンス 確率過程の統計的推測,高頻度データ解析,金融・保険数理統計,モンテカルロ法,ベイズ統計学,機械学習,脳情報データ解析,ネットワークデータ解析 内田教授 確率微分方程式, 後退確率微分方程式, 金融数理, 保険数理, 動的ポートフォリオ最適化, 確率制御, 微分ゲーム, 動的計画方程式, オイラー・丸山近似 関根教授 確率積分, 確率微分方程式, 非整数ブラウン運動, ラフパス解析, 数理ファイナンス, 計量ファイナンス, 計算ファイナンス, 金融工学 深澤教授 システム数理 (大学院専任) 離散事象システム, ハイブリッドシステム, 組込みシステム, 非線形システム, 神経回路モデル, 進化ゲーム, サイバーフィジカルシステム 潮教授 意思決定, システム最適化, 離散最適化, 協力ゲーム理論, ファジィシステム, ラフ集合, サプライチェーン 乾口教授.

次の