エヴァンゲリオン 映画 ポスター。 映画のポスターが欲しいのですが、どうすれば手に入りますか?

映画のポスターが欲しいのですが、どうすれば手に入りますか?

エヴァンゲリオン 映画 ポスター

6億円 『 ヱヴァンゲリヲン新劇場版』(エヴァンゲリオンしんげきじょうばん)は、日本のであり、『』の作品 である。 全4部作を予定しており、第1作(前編)『序』がに、第2作(中編)『破』がに、第3作(後編)『Q』がにそれぞれ公開されている。 第4作(完結編)『シン・エヴァンゲリオン劇場版: 』(以下、『シン・エヴァ』と略記する場合あり)も制作中 (参照)。 概要 [ ] 大「」後の世界を舞台に、人型兵器「」のパイロットとなった少年少女たちと、に襲来する謎の敵「」との戦いを描いたTVアニメ『 』( - 放送)をしたものである。 に発表された仮称にあった「REBUILD」という語句は後にタイトルから消えたが、2007年の前編『序』までは新劇場版について(リメイクではなく)「リビルド(再構築)」という表現が作品紹介などの広報で多用された。 総監督のをはじめ監督の、、キャラクターデザインの、音楽のなど、中心的なスタッフはTVシリーズと同じであり、も新キャラクター以外は同じである。 全4部作が予定されている。 当初は仮称の「前編、中編、後編、完結編」としていたが、2007年4月ににちなむ「序、破、急、? 」と発表され、さらに2009年6月に『急』が『Q』に、2012年11月に『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:? 』が『シン・エヴァンゲリオン劇場版: 』に改められた。 『序』『破』『Q』で使われる「ヱヴァンゲリヲン」という表記はタイトルでのみで、劇中に登場する機体は従来どおりの表記「」が使われる。 前編『序』はTVシリーズの第壱話から第六話までのストーリーを踏襲していたが、中編『破』は既存のストーリーを元にしつつ新たなやキャラクターが登場し、後編『Q』では序・破の14年後の世界を舞台としたまったく新たな物語が展開される。 作品一覧 [ ] タイトル横の は作品のイメージカラー。 副題(英題): EVANGELION:1. 0 YOU ARE NOT ALONE. 公開日:• 上映時間: 98分• 映像: カラー、、• 音声: 主人公の碇シンジが父ゲンドウに呼ばれてに来てから、ヤシマ作戦(との戦い)までを描く。 公開後2日間の観客動員数は23万6158人、興行収入は2億8000万円。 最終興行収入は20億円。 副題(英題): EVANGELION:2. 0 YOU CAN NOT ADVANCE. 公開日:• 上映時間: 108分• 映像: カラー、、• 音声: 旧北極基地でのマリと第3の使徒との戦いで始まり、アスカ登場から第10の使徒との戦いにおけるエヴァ初号機の覚醒(ニアサードインパクト)までを描く。 公開後2日間の観客動員数は35万4852人、興行収入は5億1218万円。 最終興行収入は40億円。 副題(英題): EVANGELION:3. 0 YOU CAN NOT REDO. 公開日:• 上映時間: 95分• 映像: カラー、、カラースコープ()• 音声: ニアサードインパクトから14年後の世界において繰り広げられる、ネルフと新たなる組織・ヴィレの戦いや、エヴァ第13号機によるフォースインパクトの発動を描く。 特撮短編映画『 劇場版』と同時上映。 公開後2日間の観客動員数は77万1764人、興行収入は11億3100万円。 最終興行収入は52. 6億円。 副題(英題): EVANGELION:3. 0 THRICE UPON A TIME• 公開日:未定 タイトルの『: 』の部分は、()におけると同じ形で、シリーズ共通の「:」を除くと楽譜の終止線の形となるが、現時点ではこれが何を意味するのかは明らかにされていない。 の『Q』TV放映に合わせて公式サイトが更新され、本作の副題が「FINAL」から「3. 0」に変更された。 、劇場での特報映像(同年8月31日まで公開)を皮切りとして、2020年に公開されることや、・・が3社共同で配給することが発表された。 、本作の詳細な公開「年」と「月」の予定が「2020年6月」と発表。 劇場での特報映像2を皮切りに、ポスターの掲示、チラシの配布が順次開始される。 同年、本作の公開予定日が「2020年」と発表。 、の感染拡大の影響 で公開日を延期することを発表。 公開日は後日改めて発表。 シリーズ経緯・略歴 [ ] 雑誌『』の2006年10月号で、『エヴァンゲリオン新劇場版 REBUILD OF EVANGELION(仮題)』 の制作が発表された。 前編・中編・後編・完結編の全4部作の物語で、前編は2007年初夏、中編は陽春、後編と完結編は同時上映で2008年初夏に公開される予定であった(前編・中編・後編・完結編のタイトルは、最終的にそれぞれ『序』・『破』・『Q』・『シン・エヴァ』となっている)。 が総監督、とが監督を務め、新たに興された庵野の個人アニメスタジオ「」による制作のもと、脚本は前編を庵野、新作画部分のは前編をと、中編をがそれぞれ担当する。 前編の総作画監督は、作画監督はが担当する。 今回の新劇場版は、前回のTVシリーズおよび劇場版を「旧世紀版」と呼称したいという庵野の意向を受けて製作され、旧世紀版では明かされなかった「新たな真実」が描かれる。 プロデューサーのによれば、時間軸はTVシリーズと同一であるが、前編から後編までは旧作のフィルム映像を一切使用せず、現存する原画から新たに撮り直し、それに新画像を大幅に付け加えた作品になる。 また、新設定や新キャラクターも登場する。 なお、タイトルから「新世紀」の文字が消えたのは、すでに(つまり「」)になってしまったからという理由である。 2007年2月17日、全国の主要な映画劇場において、庵野による「所信表明」を書き記したポスターの掲示とともに特報映像(文字情報のみ)の上映が開始された。 その後、中編の公開時期については再度延期され、後編と完結編については同時上映でなくなっているが、中編『破』は2009年6月27日、後編『Q』は2012年11月17日にそれぞれ公開されている。 なお、発表された庵野による所信表明文のタイトル「我々は再び、何を作ろうとしているのか?」は1995年7月にTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』が放送される前に庵野自身が発表した所信表明文「我々は何を作ろうとしているのか?」(による漫画版第1巻に収録)に対するものである。 以下に、シリーズ全体の製作発表から最終作に至るまでの大まかな出来事の略歴を記す。 2006年• 9月9日 - 『エヴァンゲリオン新劇場版 REBUILD OF EVANGELION(仮題)』の制作発表が掲載された『』2006年10月号が発売• 2007年• 9月1日 - 『 』 1. 0 が公開• 2008年• 4月25日 - 『序』 1. 01 特装版DVDが発売• 5月21日 - 『序』 1. 01 通常版DVDが発売• 2009年• 5月27日 - 『序』 1. 11 BD・DVDが発売• 6月27日 - 『 』 2. 0 が公開• 7月3日 - にて『序 TV版』 1. 01' が放映• 2010年• 5月26日 - 『破』 2. 22 BD・DVDが発売• 2011年• 8月26日 - 金曜ロードショーにて『破 TV版』 2. 02' が放映• 2012年• 7月1日 - 21時からのビル壁面で『EVA-EXTRA 08』が上映され、『Q』が2012年11月17日公開と発表された。 11月9日 - 金曜ロードSHOW! にて『序 TV版』 1. 01'' が放映• 11月16日 - 金曜ロードSHOW! にて『破 TV版』 2. 02'' および『Q 冒頭6分38秒 TV版』が放映• 11月17日 - 『 』 3. 0 が公開。 次回作タイトル『シン・エヴァンゲリオン劇場版: 』発表。 2013年• 4月24日 - 『Q』 3. 33 BD・DVDが発売• 2014年• 8月22日 - 金曜ロードSHOW! にて『序 TV版』 1. 01'' が放映• 8月29日 - 金曜ロードSHOW! にて『破 TV版』 2. 02' が放映• 9月5日 - 金曜ロードSHOW! にて『Q TV版』 3. 03' が放映• 10月23日 〜 31日 - の「庵野秀明の世界」にて『序』 1. 11 『破』 2. 22 『Q』 3. 33 が上映。 2015年• 4月1日 - 株式会社カラー公式サイトほかにて、「『シン・エヴァンゲリオン劇場版』および新作映画 に関する庵野秀明のコメント」 と題し、『シン・エヴァ』の製作状況が庵野の記名で簡単に述べられた。 2016年• 7月19日 - 『シン・ゴジラ』完成報告会見に出席した庵野が『シン・エヴァ』の遅れを謝罪。 (この時点でも公開時期は公表されず)• 9月15日 - 『シン・ゴジラ』発声可能上映会に出席した庵野は「頑張っていますよ」と返答。 2017年• 7月29日 - エヴァ公式サイトTOPほかにて、『シン・エヴァ』イメージボードイラストが掲載。 「鋭意制作中」との状況説明と共に、的なテキストが添えられる。 2018年• 7月20日 - 映画館の上映前の予告映像として『シン・エヴァ』の特報が公開。 『2020年公開』と、具体的な時期が公表される。 2019年• 1月14日 - AbemaTVにて、『序』『破』を配信。 1月31日 - ニコニコ生放送にて、『序』『破』を配信。 7月1日 - スマートフォン向け公式アプリケーション版『EVA-EXTRA』配信開始。 7月6日 - 『シン・エヴァ』の序盤10分40秒00コマを世界同時上映。 7月11日 - アプリ版『EVA-EXTRA』にて、『Q』を期間限定で公式初オンデマンド配信開始 (本編映像のみ 期間限定)。 7月19日 - 公開する月を(2020年)6月と公式発表。 一部劇場において上映前に『シン・エヴァ』特報第2弾公開。 2020年• 4月17日 - 『シン・エヴァ』の公開延期を発表。 4月18日 - にて『序』 1. 11 が放映。 4月20日 - 『シン・エヴァ』公開延期のお詫びとして、公式Youtubeチャンネルにて『序』 1. 11 『破』 2. 22)『Q』 3. 33 を無料公開• 4月25日 - BS4Kにて『破』が放映。 5月2日 - BS4Kにて『Q』が放映。 5月9日 - にて『序』が放映• 5月23日 - NHK BSプレミアムにて『破』が放映• 5月30日 - NHK BSプレミアムにて『Q』が放映• 『 』 3. 0 が公開予定。 受賞歴 [ ]• 優秀アニメーション作品賞: 『』• 優秀アニメーション作品賞: 『』• 優秀アニメーション作品賞: 『』• 第13回 神戸賞 作品賞・劇場部門: 『』• 第22回 DCAj会長賞: 『』• ・ゴールデングロス特別賞• 第25回 ゴールデングロス話題賞: 『』• 第7回 アニメーション オブ ザ イヤー: 『』• 第9回 個人部門・音楽賞: 『鷺巣詩郎』()• リヨン・アジア映画祭• 第15回 アニメ部門第1位: 『』• BDA Disc Title Award• 2010 大賞: 『』• DEG ジャパン・アワード ブルーレイ大賞• ユーザー特別賞: 『』• 第17回 優秀賞:『』 製作体制 [ ] テレビ局の関与 [ ] 新劇場版ではが地上波放映、その他宣伝協力などで関わっている。 スタッフなど [ ] 近年のアニメ製作では常態化しているもとられておらず、興行形態としては自主製作、いわゆるとなる。 自身が原作・総監督・脚本・音響監督の他に出資も行うことで、原作者が権利も保持する側面を強め、自身がTV版で普及の要因を担った製作委員会方式とは異なる方式に立ち返る意図も示している。 エヴァのパイロット、第3の少年。 アヤナミシリーズの初期ロット。 新劇場版での新キャラクター。 第1の使徒、アダムスの生き残り。 のちヴィレのAAAヴンダー艦長。 のちヴィレのAAAヴンダー副長。 シンジの父。 のちヴィレのAAAヴンダーのオペレーター。 のちヴィレのAAAヴンダーの整備長。 のちヴィレのAAAヴンダーのオペレーター。 鈴原トウジの妹。 新劇場版での新キャラクター。 新劇場版での新キャラクター。 新劇場版での新キャラクター。 新劇場版での新キャラクター。 新劇場版での新キャラクター。 エヴァンゲリオン [ ] 「」も参照 「」に対抗すべく建造された巨大な人型兵器。 パイロットは円筒形のコックピット「」に乗り、主に神経接続によって機体を操縦する。 使徒と同じくを持ち、使徒のそれを中和・侵食・破壊することができる。 なお、7号機、10号機、11号機、12号機については、『Q』までの劇中でその存在が明らかになっていない。 04 Evangelion Mark. 06 Evangelion Mark. 09 Evangelion Mark. 形状や能力はそれぞれ異なるが、「コア」と呼ばれる部位があり(通常は赤色の球体)、それを破壊されると活動を停止。 新劇場版では、その際に全身が血のような液体に変化する(形象崩壊)。 フィールドを持ち、エヴァンゲリオン以外の通常兵器はほとんど意味をなさない。 なお、新劇場版における「第11の使徒」については、『Q』までの劇中で存在が明らかとなっていない。 そのほか「アダムスの生き残り」「アダムスの器」といった語句がある。 テレビ放送 [ ] なお、「TV版」は一部シーンがカットされている。 2009年• 7月3日 - 系『』にて『序 TV版』 1. 01' が放映• 2011年• 8月26日 - 日本テレビ系『金曜ロードショー』にて『破 TV版』 2. 02' が放映• 2012年• 11月9日 - 日本テレビ系『金曜ロードSHOW! 』にて『序 TV版』 1. 01'' が放映• 11月16日 - 日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』にて『破 TV版』 2. 02'' および『Q 冒頭6分38秒 TV版』が放映• 2014年• 8月22日 - 日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』にて『序 TV版』 1. 01'' が放映• 8月29日 - 日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』にて『破 TV版』 2. 02' が放映• 9月5日 - 日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』にて『Q TV版』 3. 03' が放映• 2020年• 4月18日 - にて『序』 1. 11 が放映• 4月25日 - NHK BS4Kにて『破』が放映• 5月2日 - NHK BS4Kにて『Q』が放映• 5月9日 - にて『序』が放映• 5月23日 - NHK BSプレミアムにて『破』が放映• ここでいう「登場」とは、本作に登場するキャラクターならびにロボットおよびゲームシナリオに組み込まれた幾つかのストーリーエッセンスの総称を指す。 ロボット作品のクロスオーバーゲーム。 『』 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」名義で登場。 設定的には『破』までの展開を踏まえたもの。 『スーパーロボット大戦モバイル』 この作品よりクレジットが『〜:序』・『〜:破』のように別表記で登場。 『スーパーロボット大戦Card Chronicle』 『序』・『破』が登場。 『』 前後編の二編構成。 前編『時獄篇』では『序』・『破』が登場。 後編『天獄篇』では『序』・『破』の展開を踏まえて『Q』が初登場する。 『』 配信時から『序』・『破』が登場し、後に『Q』が追加登場する。 また、『』の機体が登場しており、パイロットは新劇場版のキャラクターとなっている。 2016年8月の期間限定で『ゴジラ対エヴァンゲリオン』が登場し、とのコラボ機体である3式機龍乙型が登場した。 『』 『序』・『破』・『Q』が登場。 『』 「新劇場版」設定のEVA(初号機、零号機、弐号機)と使徒(第4の使徒、第5の使徒、第8の使徒)が「巨影」の一種として登場する。 関連映像作品 [ ] ゲスト出演 [ ] 『新幹線変形ロボ シンカリオン』• 第17話「西へ!! シンカリオンVS大阪名物!? 第31話「発進!! シンカリオン 500 TYPE EVA」• 劇場版 新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X 「」を参照 VRアクティビティ [ ] 『エヴァンゲリオンVR THE 魂の座』 2017年7月14日より『VR ZONE SHINJUKU』ほかバンダイナムコアミューズメント施設VR ZONE Portalで稼働のVRアクティビティ。 2017年12月27日 水 より『 エヴァンゲリオン VR The 魂の座:暴走』にバージョンアップ。 4-Dアトラクション [ ] 『エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D』 2014年1月23日から5月10日(6月28日まで延長)まで上映の『』の体感型シアター・ショー。 『エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D:2. 0』 2016年1月15日から6月26日まで上映。 ラピッド・ボーラー装備エヴァンゲリオン4号機が登場する。 『エヴァンゲリオンXRライド』 2017年1月13日から2017年6月25日まで上映。 2018年7月6日から2019年1月6日にも期間限定復活。 『ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D』 2019年5月31日から8月25日まで上映。 プロジェクションアニメ [ ] 『エヴァンゲリオン 使徒、博多襲来』( Evangelion:Hakata Angel Attack Alternative) 2019年6月1日よりキャナルアクアパノラマで3D上映のオリジナルアニメ映画。 キャナルアクアパノラマ第10作。 上映時間約10分。 シン福岡市・ネルフ福岡支部を襲う使徒に対し、エヴァンゲリオン4体で迎撃するストーリー。 スタッフ• 総監督 -• 監督 - 荒牧康治、千合洋輔• 脚本・絵コンテ - 小松田大全• 原画 -• 動画 - 松村佳子、稲田有華• 拝啓 - 福留嘉一• プリヴィズアーティスト - 持田寛太• 音楽 - 鷲巣詩郎• AR演出・整音 - 山田陽• 録音 - 松下春香、鶴巻慶典• 効果 - 野口透• 制作 - スタジオカラー、 キャスト• 緒方恵美• 林原めぐみ• 宮村優子• 坂本真綾• 三石琴乃• 長沢美樹• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• com 2013年4月29日. 2014年3月8日閲覧。 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集』、434頁。 - コミックナタリー 2018年7月20日• - コミックナタリー 2019年7月19日• - 映画ナタリー 2019年12月27日• 毎日新聞. 2020年4月17日閲覧。 新作映画に関する庵野秀明のコメント(株式会社カラー)• シネマトゥデイ 2016年7月19日. 2015年7月19日閲覧。 ,シネマトゥデイ,2016年9月16日• 2019年6月25日閲覧。 2019年7月11日閲覧。 ファミ通. com(株式会社Gzブレイン). 2019年7月20日閲覧。 www6. nhk. 2020年4月11日閲覧。 ITmedia NEWS. 2020年4月19日閲覧。 (日本アカデミー賞公式サイト)• (日本アカデミー賞公式サイト)• (日本アカデミー賞公式サイト)• Vol. 46 ()カラー責任編集『EVA-EXTRA』公式番外編『EVA-EXTRA-EXTRA』より• ファミ通app 2016年7月28日. 2018年11月14日閲覧。 キャナルシティ 2019年6月1日• 株式会社カラー 2019年5月30日 外部リンク [ ]•

次の

【衝撃】シン・エヴァンゲリオン劇場版:

エヴァンゲリオン 映画 ポスター

全員失業中で、その日暮らしの生活を送る貧しいキム一家。 長男ギウは、ひょんなことからIT企業のCEOである超裕福なパク氏の家へ、家庭教師の面接を受けに行くことになる。 そして、兄に続き、妹のギジョンも豪邸に足を踏み入れるが... 半地下に住む貧乏家族が、高台に住む豪邸富豪の家族に寄生(パラサイト)するという、シンプルかつ誰もが興味を惹かれるストーリー。 まず脚本が上手いです。 パラサイト半地下の家族を観た。 感想 映画検定を持っているほど映画大好き!という私、それでも韓国映画を映画館で鑑賞するのは実をいうと初めてでした。 (しっかり観たことのある韓国映画といえば、、くらい…) 字幕だけど大丈夫だろうか?役者さんの演技の機微、細かいニュアンス、私でもちゃんと分かるかな?と上映前に少し感じた不安は杞憂に終わりました。 開始5分もすれば半地下の世界にぐいぐい引き込まれていってしまう。 あらすじは予習していたから展開は読めるけど、半地下家族がいったいどうやって富豪家族を取り込んでいくのか? 序盤の展開はドキドキ、ワクワク、時々笑える。 気がつけばすでに長男のギウ、長女のギジョンをはじめ、登場人物がみんな好きになっている。 ギウが家庭教師となる娘のダヘちゃん、可愛い。 会ってすぐの家庭教師に警戒心をもたず、そんな速攻なついて好きになっちゃうの!?と突っ込みそうになる。 だけど、ダヘちゃんのママが見ているのは弟のことばかり。 そんな弟はおかしなふりをして人の気を引いているだけだとダヘちゃんはうんざりしている。 大人のお兄さんが好きなのはその寂しさからかと思うと、ダヘちゃんの純粋さと好奇心に素直なところが可愛らしい。 (ギウの友人ミニョクとも絶対に関係あったよね。 ) ダヘちゃんを演じている女優のチョンジソさん。 15,16歳くらいに見えましたが20歳なんですね。 あどけなく清楚な感じと危険な色気があって素敵な女優さんでした。 (Instagram見つけました) lightyears81 がシェアした投稿 - 2019年 5月月29日午後8時00分PDT パク社長もイケメンでしたね。 パク社長を演じたイ・ソンギュンさん、ちょっと調べてみたら谷原章介さんに似てるという声があって頷いてしまいました。 紳士的で優しくて仕事ができて、素晴らしい旦那様。 このご夫婦がもっと絵に描いた金持ちらしく傲慢で嫌味でクソ性格の悪いタイプの人間だったら、全然違う後味になっていたよね。 そうはせずに愛すべき夫婦を描いたのがポン・ジュノ監督の凄いところなんだと思った。 そして半地下の家族の描き方もすごくよかった。 キャンプの夜、半地下家族たちが地下の秘密を見つけて大雨の中自分たちの家に帰って行くシーン。 階段をひたすら下っていき 下へ下へと、地下に向かって行く家族の描写が切なく、苦しくなった。 汚水で溢れる便器の蓋を抑えてタバコを吸うギジョンの姿、痺れたよ。 ギジョンといえば、桃を吹くシーンもとても美しかったよね。 酔っ払いに水をかけるスロー映像、雨の降りしきる庭を見つめる半地下家族たちのシーンも素敵だった。 テーマや終わり方を考えると、「これがアカデミー賞?」「終わり方が微妙」「面白くはなかった」という声も結構ありそうだけど 印象的なシーンが散りばめられていて、それらがずっと見た人の心に残ってしまう という点では、映画の本質的なところによくこだわっていて、素晴らしかったと思う。 半地下家族の住む街並み、洪水のシーンどうやったのかなと思ったら、 街ごと全部セットなんだって。 豪邸もいちから全部設計して作られたセット。 舞台演出のこだわりが見えます。 弟のダソンが見た幽霊(地下室から上がってくる家政婦の夫)のシーンなんて衝撃映像すぎて。 最近はITやシャイニングあたり見直していたんだけど、それと比較してもかなり怖かった。 地下で1人、信号を送り続ける父。 夜中についたり消えたりする照明ランプ。 そのことを知らずに暮らすのであろう、また別の富裕家族。 想像するだけでゾッとしますよね。 衝撃の余韻にひたっていたい。 細い考察なんてしないでも、そのまま感じたことを大事にすればいいのでは? ということで、作品中の伏線回収探しや考察はしないでおきます。 気になっていたのが、パラサイト半地下の家族のポスター。 この下の足、なんなんだろう?って観る前からすごく気になってましたが、本編で出てこなかったですよね。 家族が集合している写真(こちらも本編ではこんなシーンはないけど)は、よく観ると半地下家族がみんな裸足だったり、ママの足に便所コオロギが止まっていたりと、家族から漂う「匂い」を演出しているのが分かります。 さらによく見ると、ターニングポイントである水石や、ダソンのテント、お誕生日ケーキなど意味のあるアイテムがしっかりとはいっているのが分かるのですが「じゃあこの足はなんなの?」と余計怖いんですよね。 フランス版のポスターはこんなことになっているし。

次の

エヴァンゲリオン映画 最新作!【シン・エヴァンゲリオン劇場版:

エヴァンゲリオン 映画 ポスター

・線路のイメージだけが大きく心に残る シン・エヴァンゲリオン劇場版: の最新ポスターは、碇シンジが線路に立っているというデザイン。 しかし碇シンジはかなり遠くにいるため、印象としては線路のイメージだけが大きく心に残るものとなっている。 ・実在する場所であることが判明 このポスターには「さらば、すべてのエヴァンゲリオン」と書かれており、かなり意味深な印象をうけるが、実はこのポスターの場所、実在する場所であることが判明した。 撮影場所は山口県宇部市の宇部新川駅のホームで、琴芝駅方面を望遠レンズで撮影したものと考えられる。 碇シンジが立っているのは松浜踏切で、目線は宇部新川駅方面を見ている。 ポスターにはしっかり「松浜」「小串通」と書かれており、さらに実際の駅周辺の風景がポスターにも描かれているため、ほぼ間違いなく宇部新川駅から琴芝駅方面を撮影した写真をもとに描かれた絵だろう。 ・エヴァと宇部市とラーメンの関係 さらに、エヴァンゲリオンと宇部市の関係はポスターだけに留まらない。 エヴァンゲリオンの作中に登場する「」というインスタントラーメンがあるのだが、実は、宇部市に一久ラーメンというラーメン屋が実在するのである。 ・碇シンジが原点回帰したという意味か シン・エヴァンゲリオン劇場版: の最新ポスターとして宇部市が採用された理由だが、「庵野秀明さんの生まれ故郷だから」という理由だけではないとの説もある。 庵野秀明さんは自分の分身として碇シンジを描いている説があり、碇シンジが原点回帰したという意味もあるのかもしれない。 また、予告動画がYouTubeで公開されているので、それを観ると少しはエヴァンゲリオンを理解できるヒントが得られるかもしれない。 最近は「」と話題になっている。 【続報】.

次の