冷凍 うなぎ 温め 方。 うなぎのおいしい温め方(ガッテン流)

うなぎは冷凍していても美味しい?解凍方法をご紹介

冷凍 うなぎ 温め 方

鰻の値段は最近も高騰し続けているので、買ってまでして食べるのはあまり考えていませんが、ふるさと納税を利用すれば、ほぼタダで鰻をゲットし、食べることができます。 旅行先とかで食べる鰻が美味しいのは言うまでもありませんが。 ふるさと納税のお礼の品として送られてくる鰻は「 冷凍」であるため、これをうまく解凍して、ふっくら美味しく食べられるように工夫するのが今回のミッションです。 ちなみに以下の鰻は、昨年ゲットした佐賀県上峰町のうなぎ4尾(寄付金10000円以上)です(今年は5尾で20000円以上らしいが)。 ふるさと納税参考URL: 冷凍なので味は落ちていないと思いますが、今回はスーパーで鰻のタレを買ってきたので冷凍庫のものを棚卸ししてみました。 もともと冷凍うなぎには味付けされていますが、このまま温めると、パサパサのボソボソとなり美味しくないようです。 ここで、このまま蒸し焼きにしても良いと思いますが、あらかじめタレで鰻がコーティングされており、身の中に蒸気が入らないので、蒸し効果は期待できなさそうです。 とすると、冷凍鰻をパッケージから出した時にまず行うことは、このタレを 水洗いすることです。 2.表面の水分の除去 表面の水分除去するため、鰻をキッチンペーパーで包む。 既製品のタレを除去したおかげで、日本酒が表面から中身へ浸透していくのがわかります。 異常な焦げ付きを防止するために、フライパンにクッキングペーパーを敷いて、ここに鰻を並べます。 加熱時には、蒸し焼きにするため、フライパンに蓋をします。 鰻の表面が箸でつついてふっくらしてきたら、鰻のタレをかけます。 ここで、タレが異常なまでに焦げ付かないように気をつける必要があります。 4.完成(うな丼) 温めた鰻は、うな丼にしてみました。 好みにより、山椒をかけても良いと思います。 身はふっくらしていて、かつ皮はカリカリしていたので、かなり美味しくできたと思います。 実際にお金がかかったのは、キッチンペーパーなどの日用品と調味料、そしてふるさと納税の手数料くらいでした。 年に何十回も食べるようなものではないので、節税とともに楽しんでみたら良いと思います。

次の

【料理】冷凍の鰻(うなぎ)の食べ方、温め方、料理方法等

冷凍 うなぎ 温め 方

2017-08-01• 皆さんは冷凍のうなぎを食べる時、 「解凍して食べてもうなぎ本来の味にならない」 「何か違和感がある」 などのご経験があるのではないでしょうか。 そんな経験をしたから、冷凍のうなぎを敬遠してしまっていませんか? 実は、冷凍うなぎでも、うなぎ本来の味を蘇らせる調理法があったのです。 今回はそんな冷凍うなぎとその調理法についてご紹介します。 おいしく仕上げる!冷凍うなぎを上手く解凍するには? うなぎが冷凍されるシチュエーションは様々。 例えば土用の丑の日の前、安いうちにうなぎを買って冷凍しておく、通販で冷凍されたうなぎを買う。 その他にも多々あると思いますが、とにかく追い求めるのは、あの、うなぎ本来の美味しさ。 水揚げ直後に冷凍される技術の発達や、名店が通販用に展開している商品の増加など、鮮度には何ら問題はありません。 求める美味しさに近づけるためにはどうしたらよいのでしょうか。 冷凍うなぎの調理方法 まず、冷凍うなぎがおいしいのか、という問いに答えるのであれば、ずばりYesになります。 皆様が最も口にされる機会が多いであろう、うなぎの蒲焼きに焦点を当ててみましょう。 色々な工夫で、焼き立てと同じ味、香ばしさを再現できるのです。 では、焼き立てのようなうなぎの蒲焼きの味を再現する方法をいくつかご紹介していきます。 本格派!直火で炙る 出典: シンプルにしてベストな方法とでも言っておきましょう。 熱した魚焼き網に乗せ、中火~強火で焼き、身の表面に泡が出てくるのを待ちます。 (この泡は、うなぎの脂です。 ) 泡が出てきたら、たれを付けてもう一度炙ります。 これで、まるで焼き立てのような香ばしさとふっくら感を備えた蒲焼きの完成です。 手軽さはピカイチ!トースターで焼く 出典: 冷凍うなぎ調理のために魚網を汚したくないと思う方もいらっしゃるかもしれません。 そんな方におすすめなのが、手軽さナンバーワンのトースターを用いた調理法です。 まず、アルミホイルを敷いてその上にうなぎを乗せます。 そして低温で10分焼き、最後に高温に切り替えて5分焼くといった二段階の手法によってあのふっくら感とパリパリ感が蘇ります。 フライパンで蒸す 出典: 次は、フライパンで蒸す方法です。 この方法は、焼き立てうなぎの蘇らせ方として、TVでも紹介されました。 フライパンの上にアルミホイルを敷き、ふたをして弱火で3分蒸します。 そうすると、まるで焼き立てのようなふっくら感を再び味わうことができます。 酒を少量入れると、風味も加わり更に味わい深くなります。 調理法次第で冷凍うなぎはおいしくなる! 敬遠してしまいがちな冷凍うなぎについて、調理法ととも焼きたての味や香ばしさ、ふっくら感を再現するための方法をご紹介しました。 この方法を試すことで、お店でうなぎを食べる以外にも、冷凍うなぎを自宅でおいしく食べるという選択肢が広がるのではないでしょうか? 今回の記事を参考に、もっともっと多くの方にうなぎを楽しんでいただきたいと思います。

次の

うなぎの温め方はフライパンと酒?本当に美味しい5つの方法

冷凍 うなぎ 温め 方

香ばしいタレ• ふっくらとした身 あの鰻屋さんの味に近付けますよ。 温める前の下準備 まず市販で買ってきたうなぎを電子レンジで 温めると言う人、それはすぐに止めましょう。 最初に行うのは 「タレと焦げを完全に洗い落とす」 ことです。 せっかくついているのに?と思いがちですが 見た目重視で多くかかっていたり 化学調味料も使われているようです。 さらに焦げは単なる苦みの元。 こちらも十分に洗って落としましょう。 化学調味料とか聞けば即効洗いたくなりますね。 このひと手間が美味しさを左右するなら やっぱり手を加えたくなりますね。 洗ったうなぎはしっかりとクッキングペーパーで 水気を取りましょう。 煮詰める中で出るアクはていねいに 取り除きながら最後には濾過(ろか)して 素早く冷ましましょう。 まとめ 高くて手が出ないと思っているうなぎの 蒲焼ですがスーパーで買ったものでも プロ並みの味に変えることが出来ます。 そのポイントは買ってきたままを使わないこと まずは流水で付いているタレや焦げを取り除き キッチンペーパーでしっかりと拭き取ったら 自家製たれで煮詰めましょう。 自家製たれも難しいと思っていませんか。 自宅にある調味料で簡単に出来ちゃいます。 こちらのポイントは分量をメモしておくこと。 そうすれば自家製の秘伝のたれが簡単に 出来ます。 美味しいうなぎをいただきましょう。

次の