ゼンリー 浮気調査。 旦那・彼氏の浮気調査に使えるアプリ5選!ガチ過ぎて怖い?

「Zenly」の使い方を画像で解説!位置情報は浮気調査に使える?

ゼンリー 浮気調査

LINEにはトーク履歴を第三者に自動で送信する機能がついています。 ポイントはLINEのトークでの1つのメッセージのみを転送するのではなくて、それまでに保存されているトーク履歴全てをまとめて転送できる点です! このlineのトーク履歴の転送機能は、普段は簡単にタップできる場所にボタンがないので、あまり知られていません。 早速、どこにそのような機能があるのか?を説明しましょう。 LINEのトーク履歴の転送方法 条件としては、転送したいLINEのトーク履歴がある端末を操作する必要があります。 つまり、旦那さんの浮気をチェックしたいのであれば、こっそり旦那さんのスマホを操作しなくてはいけません。 なので、パートナーのスマホロック画面が解除できる前提で読んでください。 まずlineのトーク履歴を確認したいアカウント(浮気相手)を探します。 そして、その浮気相手と思われるアカウントとのトーク画面を開きます。 1、右上の三本線をタップ 2、右上の歯車をタップ 3、トーク履歴を送信を選択 そうすると、「メッセージ」「メール」「Twitter」「LINE」など送信できるツールのアイコンが表示されるので、使いたい送信先を選択します。 例えば、LINEを選択した場合は、次に送信先を選択する画面に変わるので、あとは自分宛に転送すればOKです。 転送先に送られてくる情報 Lineのトーク履歴の転送先で受け取れる情報は以下の通りです。 ・タイトル「〇〇とのトーク履歴」 ・保存日時(転送した日時) ・LINEトークの日時 ・トーク内容 ・スタンプ ただし、以下の情報までは見ることができません。 スタンプの画像 履歴には「スタンプ」とだけ表記されて、どんなスタンプかまでは分かりません。 ただし、文中の絵文字は閲覧する端末に互換性があれば、そのまま表示されます。 赤いハートなんて送り合っていたらバレバレです。 端末から消去されたトーク 手動で消去済のトークは履歴でも見れません。 ただし、パートナーが自分が送ったトークを「送信取り消し」した場合は、「送信取り消し」という文字が履歴に残っているので怪しいです。 (「送信取り消し」という表記自体も消去していたら見れません) とはいえ、lineのトーク履歴をまるまる読み進めていけば、ある程度の関係性は予測できますよね。 不自然に抜けているトークにも気がつくハズです。 このように、自分の端末にlineのトーク履歴を丸々転送して保存できることで、後からゆっくりチェックできることが浮気調査に向いています。 アカウントだけでは誰が怪しいか一見分からないので、とりあえず見覚えのないアカウントのトーク履歴を片っ端から自動転送するのもいいかもしれません。 さらに自分の端末に保存できることで、浮気の証拠として後から紙にプリントアウトすることだってできちゃいますよね。 lineのトーク履歴を転送した後の注意点 Lineのトーク履歴を他の端末に転送すると、パートナーの端末にトーク履歴として残ってしまいます! なので、必ずlineのトーク履歴を送信した履歴を消去するようにしてくださいね。 AirDropでもlineのトーク履歴を送信できる! さらに、LINEのトーク履歴は、iPhone同士であればAirDropでも送信できます。 そのためには、まず自分のスマホを、AirDropを受け入れできる設定にしておいてください。 その上で、LINEトーク履歴送信まで進むと、送信方法選択のところで受信可能な端末一覧が出てきます。 あとは自分のスマホを選択するだけです。 番外編~他の端末からパートナーのLINEにログインする方法 もう一つの手段として、パートナーのLINEログイン情報を知っていれば、他の端末から入り込むことができます。 がしかし、あまり賢明な方法ではありません。 まずは、他のスマホやタブレットからログインしようと思っても、パートナーの端末でログインしている時点で制限がかかってしまい不可能です。 一方、PCからであればログイン可能ですが、その場合もあらかじめパートナーのLINEにPCからのログインを許可する設定にしておかないといけません。 そのため、LINEのトーク履歴を転送するよりもリスクも高く、よほど手慣れた人ではないと後処理(元に戻すこと)でボロが出てしまいます。 まだ、パートナーが読んでいないlineのトークを開いてしまったら「既読」になってしまいますし、閲覧する時間にも限りがあるため、トーク履歴を自動転送する方がゆっくり浮気を精査するには向いています。 LINEのトーク履歴が転送できない時の原因と対処方法 前章の手順でやっても、LINEのトーク履歴がうまく送信できない時があります。 そのような時は以下の3つについてチェックしてみてください。 原因1~受信元のメールに文字制限がある 自分のLINEを送信先に選択すれば問題ないですが、キャリアメールを選択して送信した時に、文字制限に引っかかってしまうことがあります。 Lineのトーク履歴を丸々送信するとかなりの文字数になりますから、当然送信エラーになってしまします。 したがって、送信先はできれば自分のLINE宛か、文字制限のないメールアドレスを選択するようにしましょう。 メールであれば、宛先にアドレスを入力すれば送れます。 原因2~ラインのバージョンが更新されていない Lineのトーク履歴を送信する方も受信する方も、ラインが最新版にバージョンアップされていないとうまく送信できない時があります。 稀なケースではありますが、極端に両者のlineのバージョンに新旧の開きがあると、転送ファイルに互換性がありません。 このような時は、どちらか新しい方に合わせてlineのバージョンを更新する必要があります。 が、もしもlineのバージョンアップをパートナーの端末で行わないといけない場合は、勝手にバージョンアップしたことがバレてしまうリスクもありますね。 原因3~AirDropの受信設定がされていない AirDropがうまくできない(そもそも選択画面に自分の端末が出てこない)時は、受信設定が済んでいるかを確認しましょう。 ホーム画面を下から上にスライドすると、管理画面が出てきますね。 左上にある飛行機マークなどがある黒い枠を長押しすると、AirDropのアイコンが出てくるので受信できる設定に切り替えてください。 (通常は受信できない設定になっています) 消したlineのトーク履歴を復元する方法 では、肝心のlineのトーク履歴をパートナーが用心深く消去していたらどうでしょうか? この場合は、削除したlineのトーク履歴を復元してから転送する必要があります。 ただし、専用クラウドにバックアップをとっているlineのトーク履歴しか復元することはできません。 iPhoneのlineのトーク履歴の復元方法 1、LINEのアプリをアンインストールする 2、再度LINEアプリをインストールする 3、ログインに必要な個人情報を入力する 4、トーク履歴の復元画面から「トーク履歴をバックアップから復元」をタップする アンドロイドの復元方法 1、LINEアプリの「友達」画面から「設定」を選択 2、「トーク」から「トーク履歴のバックアップ&復元」を選択 3、「復元する」をタップする 機種変更したことがある人は、やったことがある作業かもしれません。 パソコンと接続しなくても、アイクラウドやグーグルドライブにサインインできれば動作が可能です。 (そのためにはLINEログイン情報以外に、端末の持ち主のクラウドログイン情報も知っていないといけません!) また、iPhoneの場合はアンドロイドと違って、一度LINEアプリをアンインストールする必要があります。 なぜなら、同じ端末でバックアップしていたトーク履歴を復活させるためには、再インストールしてからではないと復元画面が出ないような仕様になっているためです。 こうなるとそれなりの時間もかかり、その端末をパートナーが見た時に異変に気が付かれないようにするためには、バックアップする前の状況に戻しておく手間もかかってしまいますね。 バックアップする前に消去したlineのトーク履歴は戻らない くどいようですがここまで労力を使っても、パートナーの端末にバックアップの設定がされていなければ全く意味がありません。 ここまでのリスクを背負って、本当にやる意味があるかどうかを考えてみてください。 さらにバックアップしていない履歴を復元するには、トークを行った相手に依頼して「トーク履歴の送信」を行ってもらう方法もあります・・・が、浮気相手と思われる人に依頼するのは、現実的ではないですね。 iPhoneのアプリでlineのトーク履歴を復元させる方法 バックアップをとっていないLINEのトーク履歴を復元できるアプリも販売されています。 代表的なツールは「PhoneRescue」という名称です。 このツールを使えば、バックアップした内容をスマホの端末ではなくPC画面で確認することができます。 ただしパソコンとケーブルでつなぐ必要があることと、有料なことがネックです。 100%全てのデータが復元するという保障もありません。 したがってバックアップに力を注ぐよりも、端末に保存されている履歴だけを転送することに力を注いだ方が安全だと思います! LINEのトーク履歴を盗み見するのは不正アクセス禁止法に抵触する恐れあり さらにLINEのトーク履歴を転送するには、もう一つの注意点があります。 それは本人の許可なく、他の人とのメッセージ内容を盗み見ることは法に触れてしまうことがあるのです。 もちろん、「どうぞ」と快く見せてくれる人はいませんよね・・・。 ほとんどはパートナーに内緒でこっそり操作することが目的なハズです。 しかし、これはどんなに親しい仲でも(たとえ夫婦でも!)、個人情報や不正アクセスなどの罪に問われてしまいます。 さすがに警察に捕まることまではないですが、もしも離婚裁判などで浮気の証拠してLINEのトーク履歴を提出した時に、相手側の弁護士からその入手方法を指摘されてしまったら勝ち目は全くありません。 どんなに決定的な浮気の証拠だったとしても、違法に盗み見たものは無効になってしまうので、知り得た情報は「浮気の証拠」として使うのではなく「事実確認」までに留めておきましょう。 パートナーのLINEのトーク履歴を転送する方法まとめ~決定的な証拠が欲しいなら探偵事務所へ! LINEのトーク履歴を自分の端末に転送する方法を紹介してきました。 パートナーのスマホを操作する必要があるので、なかなか簡単にはできない人も多いかもしれませんね。 また、たとえできたとしても、lineのトーク履歴自体は浮気の証拠としては通用しないこともお分かりいただけたと思います。

次の

Zenlyに危険性は?浮気がばれない裏技を調査!使い方や機能は?

ゼンリー 浮気調査

インストール・初期登録 アプリストアで「Zenly」を検索し、インストールします。 はじめてアプリを開くと、このような画面が表示されます。 プライバシーポリシーとサービス利用規約の内容を確認し、「登録&承認」をタップします。 Zenlyの中で表示される名前を登録します。 ここで登録する名前は本名でなくても問題ありません。 Zenlyで繋がりたい友達があなたを認識できるものにしましょう。 つづいて、生年月日と電話番号を登録します。 端末にZenlyからのSMSが届いているのを確認します。 ここに記載されている4桁の認証番号を入力します。 認証番号には有効期限があるので注意してください。 このとき、認証番号を入力するページは表示されず、自動的に入力キーボードのみが起動するので、そのまま番号を入力しましょう。 入力した番号が正しく認証されると、このような画面に切り替わります。 中央の「現在地」をタップすると、位置情報の利用許可に関する確認が表示されるので、「許可」をタップします。 次に、友だちの登録を勧められます。 中央の「友達を選択」をタップします。 このように連絡先へのアクセス許可を求めるメッセージが表示されます。 ここで「OK」を選択すると、端末の電話帳などに登録されている友達の中にすでにZenlyを利用している人がいた場合に、友達候補として表示されます。 ここでは「許可しない」を選択しておいて、友だちの追加を後回しにしてアプリの利用をスタートすることもできます。 (Zenlyホーム画面) これで、Zenlyを使い始める準備は完了です。 友達を追加する 一緒にZenlyで繋がりたい友達を探しましょう。 アプリホーム画面の左下にある吹き出しマークをタップすると、友だちを追加することができます。 「友達を追加する」をタップすると、友だちを追加する方法を選択できるので、任意の追加方法を選択しましょう。 今回は「Zenly IDで追加」にしてみます。 検索された友達のアイコンとIDが表示されるので、そのアカウントで間違いがなければ「友達として追加」をタップします。 「問題ありません」と表示されれば、無事に友達として追加されました。 アプリホーム画面に戻ると、このように地図上に自分と友達のアイコンが表示されます。 (青色が自分のアイコンです。 ) 待ち合わせの際など、自分と友達の位置関係が一目でわかるので便利です。 相手との距離が近づくと相手のアイコンの色が変わります。 位置情報の共有を制限する いくら友達や恋人同士だからといって、四六時中自分の位置情報を知られているのは嫌だという人も多いはず。 そんな時には 「ゴーストモード」を設定することで、位置情報の共有の制限をすることができます。 アプリホーム画面の右下にあるアカウントマークをタップしてアカウントメニューを開くと、画面上部に設定マークと並んで小さなおばけのマークがあります。 おばけマークをタップすると、ゴーストモードの設定画面が開きます。 ゴーストモードを適用させたい友達にチェックを入れて、その友達に対してどのレベルの位置情報を提供するか選びます。 位置情報の提供レベルは、「正確度」「あいまい」「フリーズ」の3段階から選べます。 ここで「フリーズ」を選択した場合、何時間フリーズ状態にしておくか時間の設定を行うことができ、その設定時間内は、自分が現在地から移動しても相手にはそのことが分からない状態になります。 この時間を「ずっと」に設定すると、こちらが設定を解除するまで永遠にフリーズ状態にしておくことができます。 また、「あいまい」を選択した場合、現在位置を正確には表示せず、自分がいる場所から10m~1. 2kmの間にランダムでアイコンが表示されます。 「フリーズ」と異なり、「あいまい」に設定していると、そのことが友達からわかるようになっています。 「あいまい」状態のとき、自分のアイコンは友達の地図上で下の図のように表示されます。 自分のアイコンの右下に、矢印にボーダーを引いたようなアイコンが表示されていることがおわかりでしょうか。 このアイコンが「あいまい」モードであることを示しています。 また、友達が自分のアイコンをタップすると、「あいまい」設定であることが表示されるようになっています。 この「ゴーストモード」は、もちろんお互いのプライバシーを守るための機能ですが、 たとえば恋人同士で、何時間もゴーストモードのフリーズ設定やあいまい設定になっていて、相手の現在地が分からないことが多い、という場合には、居場所を知られたらまずいようなところに行っているのでは…?という疑いにもつながります。

次の

「Zenly」の使い方を画像で解説!位置情報は浮気調査に使える?

ゼンリー 浮気調査

パートナーの浮気を疑っている方の中には、GPSによる浮気調査を検討している方もいるでしょう。 浮気調査には様々な方法が存在しますが、 GPSを使うことによってパートナーの行動の把握を比較的簡単に行える可能性があります。 GPSとは、グローバル・ポジショニング・システムの略のことであり、人工衛星からの電波で地球上の現在位置を測る装置のことをいいます。 現在ではGPSを用いた浮気調査は一般的なものとなってきました。 浮気調査に使用されるGPSには以下のようなものがあります。 ロガータイプGPS• リアルタイムGPS• ロガータイプGPSは行動履歴の記録が可能であり、時間が経過した後でも対象の行動履歴を確認できます。 しかし、対象の現在位置をリアルタイムで把握することはできません。 リアルタイプGPSは対象の居場所をリアルタイムで把握することが可能であり、今現在、パートナーがどこにいるのかを把握できます。 しかし、リアルタイプGPSの場合には行動履歴が記録されません。 GPSの種類 特徴 ロガータイプ 行動履歴の記録が可能だが、リアルタイムで位置情報を把握することはできない リアルタイプ 行動履歴の記録が可能だが、リアルタイムで位置情報を把握することはできない GPSのタイプ別に備わっている特性をよく理解して、円滑に浮気調査を進められると良いですね。 一般的に、浮気調査にGPSを利用する場合には リアルタイムGPSが推奨されています。 GPSから得られた情報をもとに対象を待ち伏せすることで、ラブホテルや浮気相手の自宅などの浮気現場を押さえやすくなるためです。 GPSによって浮気の証拠を掴みたい!という方は多いと思われますが、集めた証拠が法的に有効なものとなるためには、 パートナーと浮気相手との間に肉体関係があったことを明確に示す能力が必要です。 時間と労力をかけて証拠集めを行っても、肉体関係の有無が確かめられない内容のものでは、法的には無効となる可能性があります。 関連記事: GPSの利用によって浮気現場を押さえた場合には、法的に認められる可能性は高いと言えます。 レンタルGPSやスマホで使えるGPSアプリなども存在しているので、ご自身だけで浮気調査を行うこともできるかもしれません。 しかし、実際にGPSを使った浮気調査を検討している方の中には「どのGPSを選んだら良いのかわからない」という方もいるのではないでしょうか。 こちらでは、 浮気調査に役立つおすすめGPSを多数ご紹介していますので、参考にしてください。 関連記事: 目次• 浮気調査にGPSとして利用できるおすすめのスマホアプリ GPSとして利用できるスマホアプリは、通常であればスマホを紛失してしまった場合の探索や子供の居場所を把握するために使用することが多いでしょう。 GPSとして扱えるスマホアプリは様々な用途で利用されていますが、 スマホに備わっているGPS機能を活用して浮気調査を行なっている人もいるようです。 例えば、パートナーが 「急に残業になった」「飲み会に行く」「会社に泊まることになった」などと言ったとしても、実際は浮気相手の家にいることも可能性としてはあり得ます。 こう言った場合にGPS情報を確認することでパートナーの嘘が瞬時に判明するのです。 しかし、 GPSとして扱えるアプリを間違った方法で利用した場合にはプライバシーの侵害などの罪に問われるケースもあります。 以下でGPSとして扱えるおすすめのスマホアプリをご紹介しますが、相手の同意を得て利用することをおすすめします。 関連記事: 探す(Find my) パートナーがiPhoneユーザーでありiOSが13以降の場合には、「探す」というアプリが標準で入っています。 それ以前の場合には「iPhoneを探す」が入っています。 「探す」では、対象がどこにいるのかを調べることが可能です。 iOS 13以降、iPadOS、macOS Catalina では、「探す」App を使って、友達や家族がどこにいるかを調べたり、自分の居場所を知らせたり、なくしたデバイスを探したりできます。 その使い方をご案内しましょう。 引用元: しかし、「探す」のアプリ機能は一方的に使うことは許されておらず、 位置情報を共有したい対象の了解を得てファミリー共有設定を事前に行わなければなりません。 「災害が起こった時のために位置情報を共有しておきたい」というように、パートナーに同意を求めてみると良いでしょう。 探す(Find my) 対応端末:iOS GPS機能:現在位置の把握 画像撮影:不可 また、「探す」ではiPhoneがWi-fiなどのネットワークに繋がっていないオフラインの状態でも端末の居場所を把握することができます。 なお、オフライン状態のiPhoneを追跡する場合には本体の電源とBluetoothがオンになっていなければなりません。 posted with Prey Anti Theft(プレイアンチセフト) Prey Anti Theft(プレイアンチセフト)は盗難防止を目的とした無料アプリです。 スマホを紛失してしまった場合に、Prey Anti Theft(プレイアンチセフト)によってスマホの場所を特定することができます。 Prey Anti Theft 対応端末:Android・iOS GPS機能:現在位置の把握 画像撮影:インカメラ・アウトカメラでの撮影 Prey Anti Theft(プレイアンチセフト)の設定によっては、 位置情報及びインカメラとアウトカメラで撮影された写真を保存することが可能です。 また、Prey Anti Theft(プレイアンチセフト)には、特定の場所を予め設定しておくことで、対象がその場所に立ち寄った時やその場所から離れた時にメールで知らせてくれる機能があります。 例えば、パートナーの会社を設定している場合には、会社にいつ到着したのかと、会社からいつ離れたかを知ることができます。 浮気相手と密会しているであろう場所を設定すれば、 浮気現場を抑えることも可能かもしれません。 しかし、Prey Anti Theft(プレイアンチセフト)は日本語対応しておらず、基本的には英語での利用となります。 英語が不得意な方の場合には利用する際に苦労するかもしれません。 Life360 Life 360は、子供の安全を守ることを目的としたGPS追跡アプリです。 Life 360では、アプリ内に登録した人物の位置情報をアプリで確認することが可能です。 Life360-子供の見守り 対応端末:Android・iOS GPS機能:現在位置の把握 画像撮影:不可 Life 360には特定の場所に到着したタイミングで通知を送る機能が備わっていますので、パートナーの行動を把握しやすいかもしれません。 合意の上で使用すれば、非常時の居場所確認に利用することもできますし、 浮気や不倫の予防に一役買ってくれるでしょう。 また、Life 360は日本語に対応しており、機能がシンプルで使いやすいという特徴もあります。 アプリの設定などが煩わしくなってしまう方にはおすすめのスマホアプリです。 Zenly ゼンリー Zenly ゼンリー とは、 登録した相手の現在地をリアルタイムで把握することができる、位置情報シェアアプリです。 互いに登録する必要があるのでパートナーの理解が必要になります。 Zenly ゼンリー 対応端末:Android・iOS GPS機能:現在位置の把握 画像撮影:不可 Zenly ゼンリー は位置情報だけではなく、その地点での大まかな滞在時間の把握も可能となっています。 場合によっては相手が何をしているかを推測することができるかもしれません。 ただし、 Zenly ゼンリー には位置情報を曖昧に表示する設定が備わっており、相手の設定によっては正確な位置情報の把握は難しいかもしれません。 Cerberus(ケルベロス) Cerberus(ケルベロス)とは、スマホのセキュリティ高めることを目的としたアプリです。 たくさんの機能が備わっているので、 浮気調査に役に立つと評判なようです。 Cerberus(ケルベロス) 対応端末:Android GPS機能:現在位置の把握 画像撮影:遠隔操作での撮影が可能 Cerberus(ケルベロス)では、 位置情報の把握、通話履歴の把握、メッセージ履歴の把握などをPCの管理画面から操作できます。 便利な機能が備わっていますが、iOSには対応していません。 Cerberus(ケルベロス)の利用は基本有料です。 しかし、最初の1週間は無料で利用できるようです。 24時間無料相談 可能な 創業44年の原一探偵事務所は 浮気調査の実績・経験が豊富です。 浮気調査を探偵事務所へ依頼すれば、ご自身にかかる負担が少なく済むでしょう。 依頼者へのカウンセリングなどサポートも充実していますので 、 安心して調査を依頼することができます。 浮気調査に使えるおすすめのレンタルGPS GPSを使用する期間や使用する期間によっては、GPSのレンタルを検討しても良いでしょう。 インターネット上には数多くのレンタルGPSが存在しており、ユーザーの多さが伺えます。 以前と比べると、 ご自身でGPSによる浮気調査をする方は増えているのかもしれませんね。 以下はおすすめのレンタルGPSになります。 イチロク イチロクでは手軽に使用できる高性能のGPSを低価格で提供しています。 GPSの機種によってはGoogleマップのストリートビューと連動が可能なため、浮気現場の地理を把握しやすいでしょう。 イチロク独自のシステムによって ワンタッチで追跡操作が可能となっていますので難しい設定は不要です。 また、ガラケーからでも検索が可能となっているのでスマホを所持していない方でも追跡が可能となっています。 完全自動で対象の追跡を行なってくれる機種もありますので、 浮気調査に時間が取れない場合でも安心して利用できます。 追跡GPSを、1日あたり139円で利用することが可能です。 シラベルでは、日本が打ち上げている衛星システムの「みちびき」と「Wi-fi基地局」による補完により高精度な位置情報の把握が可能となっています。 一部の海外でも使用可能となっているので、浮気相手と海外旅行を疑っている場合にも安心して追跡ができます。 位置情報だけでなく滞在時間まで確認できるので、どこで何をしているのかを推測しやすいでしょう。 GPSの使い方がわかるか不安に思っている方は多いと思われますが、GPSnextではGPSの操作や取り付けなどの細かなサポートが充実しています。 レンタル料金や注文方法も明確になっていますので、 初心者にもおすすめのGPSと言えます。 関連リンク: 浮気調査で車を追跡したい場合のおすすめGPS 車を移動手段として、遠方で浮気相手と密会している場合もあるかもしれません。 車の追跡は浮気調査において重要なポイントとなるでしょう。 以下で車の現在位置の把握や追跡が可能なGPSをご紹介します。 WillGPS 引用元: WillGPSは、海外でも一時圏外でも追跡が可能なリアルタイプのGPS発信機です。 基本的には、GPSの圏外利用はできませんが、WillGPSの場合には対象の追跡が可能です。 ですので、 場所によって対象の行動が掴めなくなるという心配がありません。 WillGPSでは様々な機種のGPSを用意していますので、使用環境に合わせてGPSを選択することができます。 引用元: また、WillGPSの場合には行動履歴をスマホから確認することができます。 機種によってはバッテリーが最長で2ヶ月もつので、 時間をかけて確実に浮気の証拠を掴みたい!という方にはおすすめのGPSです。 関連リンク: サーチテックGNET-S 引用元: サーチテックGNET-Sは、リアルタイムで追跡可能な小型のGPSです。 対象がどこにいるのかが気になった際、検索ボタンをタップするだけで位置情報が表示されます。 また、Googleのストリートビューと連携しているので街の風景を確認することも可能です。 最適の環境下であれば、 半径数メートル以内の精度で位置情報を把握することができます。 引用元: GPSの操作や取り付けについては、電話やメールでのサポートを設けているので、機械の操作に自信がない方でも安心して利用できるでしょう。 関連リンク: 浮気調査にGPSを使う場合の疑問点 GPSを使った浮気調査について、未知の部分が多いという方が殆どなのではないでしょうか。 以下で浮気調査にGPSを使用する場合に生じる疑問点について回答します。 GPSによる浮気調査は違法行為にならない? 浮気調査のために相手の許可なくGPSを使用すること自体は違法になる可能性は低いようですが、 プライバシーなどの観点からGPSによるご自身での調査はおすすめできません。 法律で浮気調査にGPSの使用が違法であると定められているわけではありませんが、夫婦関係が壊れる原因となる可能性もあります。 GPSによる浮気調査を行う場合には、 ご自身の責任で慎重に行うことが求められます。 関連記事: GPSはパートナーにバレない? GPSの設置が甘い場合にはパートナーにバレるケースもあるようです。 GPSをレンタルしている場合には、レンタル会社に取り付けについてアドバイスを求めると良いかもしれません。 また、浮気調査の経験が豊富な探偵にアドバイスを求めてみても良いでしょう。 なお、小型のタイプであっても、カバンやリュックにGPSを設置することは推奨できません。 物を取り出す際やカバンの中身を整理する際にGPSが見つかる恐れがあります。 GPSを使って浮気調査をしていることがバレた場合には、相手が警戒して浮気の証拠を確保することが難しくなるかもしれません。 関連記事: GPS以外に有効な浮気調査の方法はない? GPSの使用以外にも浮気調査の方法は存在します。 LINEやメールなどのやり取りを把握したりすることは、ご自身でも可能な浮気調査方法の一つです。 しかし、 ご自身だけで浮気調査を行なった場合に確保できる 証拠は法的に無効になる可能性が高いため、浮気調査を行いたい場合には一度探偵事務所に相談することを推奨します。 探偵に浮気調査を依頼する ご自身だけで浮気調査を行う場合には費用はかかりませんが、それなりのリスクが生じます。 浮気の証拠を確実に確保したい場合には、探偵事務所への依頼がおすすめです。 浮気調査の経験が豊富な探偵事務所であれば、 パートナーにバレることなく浮気の証拠を集めることができるかもしれませんね。 離婚問題を弁護士依頼すると、事務所にもよりますが 50~100万円ほどの弁護士費用がかかります。 いざ弁護士が必要になったとき、弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。 そんなときに役立つのがです。 離婚したいけれども相手が応じず離婚できない• 養育費を払ってもらえなくなった• 不倫相手に慰謝料を請求したい 弁護士費用保険メルシーでは、このようなことが起き、 弁護士へ解決を依頼したときの費用(着手金・報酬金)が補償されます。 離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題、相続トラブル等でも利用することができます。 保険料は月額2,500円。 追加保険料0円で子供や両親も補償対象になります。 より詳しい内容について知りたい方は資料を取り寄せてみましょう。

次の