エクセル 関数 色付け。 条件付き書式でエクセルの行やセルの色を変えて表を見やすくする方法を徹底解説|エクセルドクター

エクセルで自動的に決まった文字に色をつけるには?

エクセル 関数 色付け

エクセルでは条件によって自動的にセルやフォントの色を変えることができます。 エクセルの関数で書式を変更することは出来ませんので、この条件付き書式もしくはVBAを使います。 スポンサードリンク• Excel2010、Excel2013、Excel2016をお使いの方は から該当するページをご覧ください。 お使いのバージョンの画像を使った説明を見ることができます。 特定の条件に当てはまるセルの書式を変更します。 自動で書式を変更することは関数ではできないので、この条件付き書式を使うかマクロを書くことになります。 ポイント• 条件付き書式を設定するセル範囲をあらかじめ選択してから、設定を行うと選択したセル範囲に1回で設定ができます。• ただし、セルの書式も同時にコピーされます。 条件付き書式のルールの管理で適用先を修正して、セル範囲を広げたりすることができます。 下図はB2セルの条件付き書式をセル範囲B2:B9に広げた例です。 書式を変更する条件が同じセルの場合は、「セルの値が」という設定が使えます。 他のセルを条件にするときは 数式を使って、その条件式を入力します。 条件付書式の設定方法• 【設定例】 国語の得点 C2:C10 で50点以上のセルのフォント色を赤にします。 セル範囲 C2:C10 を選択します。 新しい書式ルール ダイアログボックスが表示されます。 「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択します。 ルールの内容を編集してくださいで、「セルの値」「次の値以上」「50」と設定します。 [書式]ボタンをクリックします。 書式の設定をします。 文字の色を変えるので、「フォント」タブの『色』を「赤」にします。 [OK]ボタンをクリックします。 設定した書式がプレビューに表示されます。 [OK]ボタンをクリックします。 50点以上のセルが赤色の文字 フォントの色が赤 になりました。 数式を使った条件設定の方法• 上の例と同じ条件を数式で設定してみます。 【 ポイント】数式で「TRUE」を返す条件をセットします。 セル範囲 C2:C10 を選択します。 新しい書式ルール ダイアログボックスが表示されます。 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。 [書式]ボタンをクリックして、フォントの色を赤に設定します。 セル範囲C2:C10に設定しますので、 「C2」は相対参照とします。 50点以上のセルが赤色の文字 フォントの色が赤 になりました。 実際には偏差値を求めたほうが実用的かもしれませんが、方法は同じです。 【設定例1】• 条件の表 E2:G4 を作成します。 この表の値(E2とE3セル)が変わるとC列の得点の色が変わります。 平均点をC11で求め、その値をE3:E4に入れます。 C11の平均点は不要になります。 セル範囲 C2:C10 を選択します。 条件付き書式を設定します。 条件付き書式ルールの管理 ダイアログボックスが表示されます。 [新規ルール]ボタンをクリックします。 [書式]ボタンをクリックして、フォントの色を青に設定します。 [OK]ボタンをクリックします。 1つめの条件が設定されました。 2つ目の条件を設定するため、[新規ルール]ボタンをクリックします。 [書式]ボタンをクリックして、フォントの色を緑に設定します。 [OK]ボタンをクリックします。 2つ目の条件が追加されました。 3つ目の条件を設定するため、[新規ルール]ボタンをクリックします。 Column 0 Then Exit Sub Select Case Target. Font. 実行結果の例• 他人から受け継いだシートなど、どこにロック(保護)がかけてあるのかを調べる時に使えます。 シート全体を選択します。 新しい書式ルール ダイアログボックスが表示されます。 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。 【書式】ボタンをクリックすると【セルの書式設定】ダイアログが表示されるので、「塗りつぶし」タブで任意の色を設定し、[OK]ボタンをクリックします。 セルのロックはセルの書式設定で行います。 セルの条件付き書式の一部を削除する• 条件付き書式を設定しているセルを選択します。 削除する条件付き書式のルールを選択します。 [ルールの削除]ボタンをクリックします。 選択していたルールが削除されました。 同一の条件付き書式を削除する• 削除する条件付き書式を設定しているセルを選択します。 選択オプション ダイアログで「条件付き書式」にチェックを入れます。 「同じ入力規則」にもチェックを入れます。 「OK]ボタンをクリックすると、同一の条件付き書式を設定しているセルが選択されます。 シートの複数の条件付き書式を削除する• 条件付き書式を削除したいシートを選択します。 (Excel2003以前、Excel2007以前)• Excel2010、Excel2013、Excel2016では他のシートを参照することができますので、このような技は必要ありません。 下図のように、 Sheet3のセルに設定した条件付き書式のルールに Sheet4のセル範囲を参照してもエラーは出ずに設定が可能になっています。 Excel2003以前とExcel2007では、数式に他のシートを参照しようとすると、使用できない旨のメッセージが表示されます。 他のシートを参照するには名前の定義やINDIRECT関数を使う方法で対処できます。 名前の定義を利用する• リスト範囲に名前を定義すると、別シートのリストが利用できます。 別のシートのリストに名前を付けておき、【元の値】に名前を指定します。 別シートのリスト範囲を選択します。 名前ボックスに名前を入力します。 下図の例では「コード」と名前を入力しました。 条件付き書式の条件に定義した名前「コード」を使った数式を入力します。 INDIRECT関数を使う• 別シートのリスト範囲をINDIRECT関数で置き換えれば別シートを参照できます。

次の

Excelの条件付き書式でIF/COUNTIF関数と組み合わせる方法

エクセル 関数 色付け

Interior. ColorIndex まずは色情報を読み取らないと始まりません。 色判別したいんだから。 その時に使うのがInterior. ColorIndex Excelには色番号というものがあります。 赤だと3番になります。 カラーパレットの並びと番号はバラバラですが、各色に番号というものが付いています。 Interior. ColorIndex で背景色の色番号を返します。 ほかにFont. ColorIndexなどもありますが、ここでは背景色を使います。 Interior. ColorIndex だと赤色の3が返ります。 Rows. Count If 計算範囲. Rows x. Interior. Interior. Rows x End If Next End Function 実際の使い方 ちょっとアレンジを加えれば白以外のセルの合計を・・・という風にも出来ますね。 注意点 注意点が2点あります! まず、この計算は縦1列にしか対応していません。 A1:C10のように複数列の場合はエラーとなります。 次回記事でこの問題について対応しております。 そちらの方法を使えば複数列でも合計出来るようになります。 もう1点は、関数を入れた後にセル色を変更した場合。 たとえばA7はやっぱり赤だった、と色を変更してもC3の計算結果は更新されません。 色を変更しただけではExcelは再計算行われないのです。 対処法としては、Alt+Ctrl+F9を押して強制的にSheetを更新させるのが良いでしょう。 続き [ ] 関連記事 [ ] アドインダウンロード に当記事で紹介したCountColorのアドインファイルを掲載しております。 Function SumIndexColor 計算範囲, 条件色セル Application. Columns. Rows. Count If 計算範囲. Rows x. Columns y. Interior. Interior. Rows y. Columns x End If Next Next End Function 複数列に対応したSumIndexColorという関数を作りました。 Function SumIndexColor 計算範囲, 条件色セル Application. Columns. Rows. Count If 計算範囲. Rows x. Columns y. Interior. Interior. Rows y. Columns x End If Next Next End Function xとyが反転してました。 修正しました。 Function SumIndexColor 計算範囲, 条件色セル Application. Columns. Rows. Count If 計算範囲. Rows x. Columns y. Interior. Interior. Rows x. Columns y End If Next Next End Function 関西在住の30代サラリーマン。 事務職で毎日Excelと戯れています。 システム導入なんて資金が無い!Excelでなんとかやりたい零細中小の社長さん・事務員さんの力になればと思います。 Popular Posts• 7,117件のビュー• 7,062件のビュー• 6,570件のビュー• 4,865件のビュー• 2,338件のビュー• 2,231件のビュー• 2,146件のビュー• 2,108件のビュー• 2,102件のビュー• 1,971件のビュー• Comment• に 匿名 より• に chikaharu より• に chikaharu より• に は より• に 吉川 真一 より• Category•

次の

エクセルで自動的に決まった文字に色をつけるには?

エクセル 関数 色付け

エクセルの入力規則 入力規則とは エクセルの 入力規則とは、エクセルのセルに入力される文字列や数値に対して「自由入力」ではなく、表の管理者が意図した一定のルールの下で 入力されるデータを規制するための機能です。 例えば「10ケタ以下の半角英数限定」とか「プルダウンリストに表示される中から選択」とかです。 ちなみに英語版ではこの機能は「Data Validation」と表現されます。 入力規則の使い方 入力規則フォーム 「データの入力規則」は、メニューの[データ] タブの中にある [データツール] セクションの中にあります。 データの入力規則をクリックすると、[設定] [入力時メッセージ] [エラーメッセージ] [日本語入力] の4つのタブからなる「 データの入力規則」のフォームが表示されます。 設定 [設定] タブではセルに入力するデータの種類を規制します。 上の表では、回答欄に「Yes」「No」で のみ 回答してもらいます。 この場合、まず入力規則を設定したい セルB2を選択した状態で、入力規則のフォームを表示させます。 つぎに、[入力値の種類 A ] で「リスト」を選択します。 右側の2つのチェックボックスはオンのままで、「元の値 S 」に "Yes, No" と2つの入力候補をカンマで区切って入力します。 入力時メッセージ つぎに、[入力時メッセージ] タブを開きます。 ここでは、入力規則の対象セルを選択したときに表示されるメッセージを指定します。 実際のシート上ではこうなります。 実際のシート上ではこうなります。 日本語入力 「日本語入力」タブでは、セル選択時のIMEの設定を指定します。 サンプルのようなリストから選択する場合は設定不要ですが、例えば氏名の(フリガナ)欄の入力時には「全角カタカナ」に自動でIMEの設定が変わるような仕掛けです。 全てのタブの入力が完了したら、フォーム右隅の「OK」をクリックして完了です。 入力規則をコピーする 入力規則を下の行にコピーするには「」で簡単に下の行までコピーできます。 上のサンプルでセルB2に設定した入力規則をセルB3以下にコピーするには、セルB2の右下のフィルハンドルを下方向にドラッグするだけです。 入力規則を削除(クリア)する 設定した入力規則を解除するには、対象セルを選択して入力規則フォームを表示させます。 フォーム右下の [すべてクリア C ] をクリックするだけで解除できます。 条件の設定 入力値の種類 [設定] タブで指定した「入力値の種類」について、その特徴を補足しておきます。 すべての値... デフォルト値(=規制なし) 整数... 入力値を整数に限定し、0~9、50以上、任意のセルの値などレンジも指定が可能 小数点数... 基本的な動きは整数と同じで小数点以下の数字まで指定が可能 リスト... ユーザーにプルダウンリストの項目から選択させる場合に使用 日付... 入力値を日付データに限定し、その範囲も指定が可能 時刻... 入力値を時刻データに限定し、その範囲も指定が可能 文字列 長さ指定... 入力値を文字列に限定し文字数を指定します(全半角の区別なし) ユーザー設定... 数式を入力してセルに入力される値を規制します(後述) ユーザー設定 入力値の種類の中で「ユーザー設定」は、数式を入力してセルに入力される値を規制するため、整数から文字列までその他の条件設定をすべて網羅することができる応用範囲の広い条件といえます。 この数式によって、先頭3文字は「PR-」が指定されセル全体の文字数は10文字以下に制限されます。 リストの選択結果でセルの色を変える 条件付き書式をつかう 入力規則とは少し意味合いが違うのですが、入力規則でリストを使用した際に 選択結果によってセルの色を変えたい というケースがあります。 この場合は、入力規則を設定するセル範囲に「 条件付き書式」を設定しましょう。 では、先ほどのサンプルで選択結果が「No」の場合はセルの色を変える設定にします。 セル範囲を選択した状態で、メニューの [ホーム] タブにある「条件付き書式」をクリックします。 [セルの強調表示ルール] > [指定の値に等しい] にすすみます。 セルの値が「No」の場合はセルの色(背景色)を明るい赤に設定します。 すると、セルの値が「No」の場合だけセルの色が変わります。 他の関連記事と一緒に仕事に役立ててもらえると嬉しいです。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 プルダウンリスト エクセルで2つのプルダウンリストを連動させる方法を解説。 Excelのひとつめのプルダウンで選択した値に連動して 二つ目のプルダウンの内容が変わります。 INDIRECT関数がいい仕事を... 名前の管理・INT関数 名前の管理とその削除、また非表示になった名前の削除方法もピックアップします。 エクセルのセル(範囲)に任意の名前をつけて管理すると数式が理解しやすくメンテナンスも楽になります。 小計・グループ化 エクセルで小計・合計を自動で挿入する「小計」機能の使い方を解説します。 一覧表の中に「小計」の行を挿入して任意の項目ごとに数値の「小計」を表示し、最終行には「合計」の行を表示する便利機能。

次の