ファミリー ヒストリー 太田 光。 ファミリーヒストリーの再放送はいつ?見逃した過去動画を無料視聴する方法!

#ファミリーヒストリー X フジコヘミング

ファミリー ヒストリー 太田 光

Song• Artist• ドラマ「アリスの棘」サントラ• Album• TBS系 金曜ドラマ「アリスの棘」オリジナル・サウンドトラック• Licensed to YouTube by• NICHION, INC; Muserk Rights Management• Song• For Our Time• Artist• Terry Devine-King• Album• ANW - 2905 Light Reflective Documentary• Licensed to YouTube by• Audio Network on behalf of Audio Network Limited ; Warner Chappell, Audio Network music publishing , and 4 Music Rights Societies• Song• Artist• Licensed to YouTube by• OORONG-SHA CO. ,LTD. ; NexTone Inc. nex-tone. Song• Artist• 横山克• Album• フジテレビ系ドラマ「福家警部補の挨拶」オリジナルサウンドトラック• Licensed to YouTube by• Fujipacific Music Inc. on behalf of ポニーキャニオン• Song• Artist• Barry McGuire• Licensed to YouTube by• Song• The Waiting Game• Artist• Chris Norton, Frank Mizen, Daniel Mizen• Album• ANW1391 - Country Blues• Licensed to YouTube by• Audio Network on behalf of Audio Network plc ; Audio Network music publishing , and 3 Music Rights Societies• Song• Artist• くるり• Licensed to YouTube by• Victor Entertainment, Inc. ; SOLAR Music Rights Management, BMG Rights Management US , LLC, Warner Chappell, ARESA, Muserk Rights Management, Sony ATV Publishing, and 2 Music Rights Societies Show more Show less.

次の

静岡そして新潟、いま明かされる太田光のルーツ…爆笑問題秘話&両親の愛詰まった物語も!『ファミリーヒストリー』

ファミリー ヒストリー 太田 光

昭和3年に東京板橋へ移り、枕の製造を始める。 その経緯が明らかに。 さらに、母方は新潟から関東にやって来た家。 その意外な理由が。 番組内容 父方・太田家のルーツは静岡磐田。 昭和3年、東京板橋へ移り住み、枕の製造を始める。 その背景には、祖父の波乱の日々があった。 そして父は戦後、飲食店などの内装業を始める。 携わったのが、あの有名焼肉チェーン店。 それまでの常識を覆すデザインだった。 一方、母方は新潟上越。 交流のある親戚はいなかったが、今回、古文書をもとに意外なルーツが明らかになる。 さらにデビュー当時の「爆笑問題」秘話。 両親の愛が詰まった物語。 芸人さんですが、本当はシャイで口下手なのではないだろうかと感じる時があります。 時に周囲を氷つかせるような発言をするので、見ているこちら側もヒヤッとすることがあります。 たまに冗談なのか本気なのか際どい発言もされます。 ですが、太田光さんのキャラクターによって許されることもあるのではと思います。 人には暗い過去、思い出したくない過去、誰にも話したくない過去があります。 太田光さんにも辛い過去があったのではないかとテレビを通じて感じることがあります。 これまでの太田光さんの行動や言動からファミリーヒストリーが気になるところです。 亡きお父様がどんな書を残されたのかも気になるところです。 ご両親だけでなく、太田光さんご自身も苦労されたんだろうなと思います。 今は奥様と仲良く暮らされ、ご夫婦で共演される姿も目にします。 どこのファミリーにもヒストリーは存在するものです。 人生、山あり谷ありで平坦にはいいかないものです。 辛いことを乗り越えたファミリーは必ず強くなり、明るい未来が待っていると信じています 先祖あっての自分ということを、この番組を見てよく思います。 テレビ番組だから当然有名な人ばかりを取り上げるのですが、そうでない人でもこういう番組で取り上げてくれたら、それぞれドラマのような人生を知ることができるのではないでしょうか。 今回の太田光さんの回は、先祖という言葉は合わないと思いますが・・お父さんのことなので。 爆笑問題のラジオ番組やテレビ番組をよく見ているので、たまに太田さんがお父さんのことを話しているのを聴いたことがあるので、おもしろい(といっては失礼かもしれませんが)人だと思っていました。 そしてなんとなく、この親にしてこの子(太田さん)ありという気がするのですが・・。 番組を見れば、それがわかるのではと期待しています。 人の家族や先祖を知ることが、なぜこんなに感動するのかよくわからないのですが、もし自分がこの番組に出演することになったらと想像するだけでドキドキします。 一緒に見ている家族も我が家のことを知りたいとよく言っていますし、そういう気持ちは有名人でも変わりはないのだと思います。 とくに今は亡き人の人生は、赤の他人である私にとってもとても興味深く、先祖や親がいなければ自分もいないということをあらためて考えさせられます。 太田光さんの父方のルーツが枕を製造していたなんて意外でした。 しかも、その背景には祖父の波乱の日々があったそうなので、どうして静岡からわざわざ東京に出てきたんだろうかと気になります。 また、お父さんは飲食店や内装業をしていたそうだけど、有名焼肉チェーン店を担当したというのですごいなと思いました。 それまでの常識を覆すようなものだったらしいし、才能のある人物だったんだろうなと思います。 太田光さんはそんなお父さんのことをどんなふうに思っていたんだろうかと、その口から語られることを楽しみにしています。 さらに、母方は新潟にルーツがあったらしいけれど、なんの接点もなかった父方と母方がどんなふうに出会ったんだろうかと気になります。 古文書を読み解くと意外な真実が見えてくるそうなので、楽しみにしています。 お父さんの残した書には、家族の愛情が溢れているそうなので、どんなことが書かれているんだろうかと気になります。 太田光さんも照れくさく感じながらも親の愛を感じるんだろうなと思いました。 予告どうがで「是非ご覧ください!」とふざけたように言っていますが、過去にこんなゲストいたでしょうか。 やっぱりこういう所が芸人らしくて面白くていいなと思いますが、きっと放送は感動の嵐なのでしょうね。 太田くんは結構頭のいい人だと思うのですが、両親からの愛を受けて育ったのですね。 この光という名前にも父親の愛がこめられた名前らしいですよ。 太田家のルーツが枕製造会社ということは知りませんでした。 しかも今でも枕を作り続けているということで凄いですよね。 お父さんもまた凄い人らしく、有名焼肉チェーン店のデザインなどに携わる仕事をしたそうなのですが、一体どこの焼肉チェーン店なのでしょうか。 お母さん側の方も何もなさそうに見えて実は凄いルーツを持っていそうで、どうして芸能人ってこんな凄いルーツのある人が多いのだろうとこの番組を見ながらすごいと関心しています。 この放送をきっかけにNHKさん、探検バクモンを復活させてくれたらいいのになと思います。 面白い爆笑番組の番組だったのですが、今年最終回になってしまい残念です。 そして今度は田中くんのファミリーヒストリーも見てみたいと思いました。 ギャップということもあるんですが読書家だし頭が良いのもあると思います。 今回のファミリーヒストリーでも多少はふざけるでしょうが真面目に語らないといけない番組ではあるし、おふざけは適度にして普通に語る場面が見たいです。 ただ今田耕司が司会だし、太田家のルーツを説明する際もジョークと嘘ばかりを言いそうな気がしてならないです。 ただそれが太田の売りでもあるんでしょうがないとは思います。 個人的には爆笑問題のデビュー当時の秘話が楽しみですね。 何故太田と田中が組んだのかは知らないですし、太田自体が昔は大人しかったということだし経緯が知りたいですね。 太田が誘ったのかも含めて知りたい情報です。 後はバラエティでは無い状態での太田と今田耕司の会話が興味あります。 どういう風にお互いを見ていたのかなど語る場面があれば楽しみなんで期待しています。 太田はふざけてばかりですがセンスがある笑いをしますし、ボケても他の人とは違うものを感じます。 太田光の太田家のルーツを探ることから始め、それによってどのように爆笑問題が誕生したのかの秘話に基づいて番組が構成され、意外な一面を見られるのではないかということでも楽しみな番組になります。 もとは静岡県の磐田から祖父が上京し、東京の板橋区に移り住み枕職人を始め、光の父は内装業を営んだとされます。 父は内装での実力を発揮し、大手の焼き肉チェーン店の内装を請け負うなど順風満帆な日々もあった模様です。 もっとも古文書で先祖までを遡ることになり、調査を綿密に行っていくと意外な人物をルーツとするのではと判明され、それは誰なのか興味深く感じられます。 一方、爆笑問題は相方の田中裕二さんとコンビを組むのですが、太田のボケに対して田中の突っ込みが受ける芸風になります。 この爆笑問題の結成には知られざる逸話が存在し、また両親愛にも包まれていたこともありますので、本当に意外な一面を見ることができるのも興味深いです。 本人は感動秘話を紹介するこうした番組だと照れてしまう可能性は高いと思われます。 しかし芸人になる上でも支えあう家族の絆なども常に存在し、苦労話はつきものなのかもしれません。 太田光さんの父は、既に亡くなってしまっておりますが、きっと深い愛情を持った父だったんじゃないかと思えます。

次の

ファミリーヒストリー/柳葉敏郎/動画配信フル無料視聴6月22日|テレビムービー情報

ファミリー ヒストリー 太田 光

この記事の内容の信頼性について。 確認のための文献やをご存じの方はご提示ください。 、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。 議論はを参照してください。 ( 2008年10月) 太田 ( おおた ) 光 ( ひかり ) 本名 太田 光 ニックネーム ピーちゃん、ぴかり、アーリン、恐妻家 生年月日 1965-05-13 (55歳) 出身地 (現・) 血液型 身長 170cm 言語 日本語 方言 なし() 最終学歴 (中退) 出身 の コンビ名 相方 芸風 ・(ボケ) 立ち位置 右 事務所 活動時期 - 同期 他の活動 司会者 配偶者 親族 太田三郎(父) 太田瑠智子(母) 公式サイト 受賞歴 新人奨励賞受賞 芸術選奨文部科学大臣賞 太田 光(おおた ひかり、〈昭和40年〉 - )は日本の、、、。 との漫才コンビ・のならびにネタ作成を担当。 (現・)出身。 略歴 [ ] 5月13日、埼玉県上福岡市に生まれる。 父親の三郎はで、も嗜んでおりやにも興味を持っていた。 「光」と命名したのは父三郎で、正しい「right」と明るい「light」という意味を掛けて「ライト」と名付けたかったが、漫才師のと同じになるのでそれは避けて「光」にしたといい、光り輝くように、という意味も込められている。 母親の瑠智子は女優志望で、俳優養成所に所属していた事があり、光は幼少時より母に連れられて舞台を観にいっていた。 女優志望であった母は発声が得意だったため寝る時には必ず光に本を毎晩読み聞かせており、光は楽しみにしていた。 その事がきっかけで自ら児童文学を読むようになり、父親も文学に興味があるため家には大量に本があり、光が欲しがるならば本を買い与えた。 1972年、上福岡市立第二小学校(現・)に入学し、1975年に上福岡市立第六小学校(現:ふじみ野市立元福小学校)へ転入、1978年3月同校卒業。 同年4月上福岡市立第二中学校(現:)に入学、1981年3月同校卒業。 同年入学、1984年3月同校卒業。 同年4月 入学、1985年に中退 (『太田光自伝』では1986年がやめた年としている )。 で田中裕二と知り合う。 二人でに爆笑問題を結成し、現在に至る。 妻は豪快な人物で、彼女との奇妙な結婚生活はエピソードに事欠かない。 人物・エピソード [ ] 芸風 公の場で無軌道な言動・行動・ボケ・意見をすることが多く、それが批判されることが多いにもかかわらず、あまりにもそうしたことを繰り返すため、「芸人」とも呼ばれている。 自身の過激な言動・行動が原因で妻の光代から叱責されることもよくあり 、自身のラジオでたびたび反省の弁を述べることもある。 漫才や雑誌の連載で他人の失言を批判する発言やボケをすると、田中から「日頃から失言しているお前に言われたくない」と突っ込まれることもよくある。 また、・からは「アンタからを奪いたい」と冗談交じりに言われた事もある。 太田はこれらの振る舞いや自分の意見を番組で述べることについて「自分は憧れているとは別物である」といった思いの表れであることも述べている。 漫才で時事ネタを扱う理由として「ネタがつきないから」「社会に対して言いたいことなど何もない」「私のネタにはメッセージなどない。 ウケればそれでいい」と述べている。 爆笑問題の漫才を「」として捉える見方があることについては、太田のボケには下記したとおりナンセンスなものも含まれているため、「時事ネタを話題にはしているけれど、ボクらの漫才は 1個も社会風刺してないことがわかるよ」とコメントしている。 は太田のボケを「あたかも意味のある興味深いトークをしているようで、どこまで意味があるの? っていう思いが募った時に、完全にその意味のあるテレビサイズのトークを無意味化する。 これって気持ちいいんですよ」と評している。 お笑い評論家のは、爆笑問題の漫才における太田のボケには、「シンプルボケ」「毒舌ボケ」「ナンセンスボケ」という3つの種類が存在すると評しており 、とくに「ナンセンスボケ」については爆笑問題の漫才の隠し味になっているとし、「毒舌ボケ」よりも高く評価している。 共演する女性に対しては太田独自のあだ名を付けるが、「ワンちゃん」(番組で顔立ちが犬に似ているとされたTBSアナウンサー・)、「アプリ子ちゃん」(を紹介する「アプリソムリエ」として活動する)、「イランちゃん」(出身の)など単純なものが多い。 代表的ギャグ 一部のフレーズは「のノミネートを狙う」としながら思いつきで乱発していたものであるが、現時点ではノミネートされたことはない。 (中指と人差し指を額につけ、相手に向けて)ピップ 2005年頃に行っていたギャグ。 『』()でも「私もピップやってみました」というコーナーをつくって、リスナーに流行させようとした。 (親指と人差し指でメガネを作ったあと両人差し指を前に出し)プシュー! プーライ! その前はプレイ! というフレーズを述べていたが、のちにこれに定着した。 どゆこと!? 2010年頃に『笑っていいとも! 』でと行ったギャグで、2010年にもノミネートされ 、若者が使用する略語の元となった。 このフレーズは爆笑問題が司会を務める『』(系)でも多用されていた。 とても楽スミダ 2011年に行なわれていたギャグ。 こっちかんぴょう巻き、この人かっぱ巻き 2013年頃に『笑っていいとも! 』でタモリと行っていたギャグ。 2014年3月26日放送ではこれをベースにした漫才をタモリと行っている。 ションベンちびるかと思った〜!! 2013年頃に行なっていたギャグ。 事務所の後輩のもこのギャグをコントで使用したことがある。 しかし、流行語大賞を先に獲られてしまうという皮肉な結果になった。 はい、こちらポンポコ商事です 2015年に『爆笑問題カーボーイ』のコーナー「太田流行語大賞」をきっかけに行っていたギャグ。 このギャグを流行させたいため、田中がと結婚した際にはこの結婚を「ポンポコ婚」と勝手に命名していた。 しかし、2016年ごろに太田が「ポンポコ商事は倒産した」と言っていたため、自然消滅した。 同年の主催のにノミネートされていた。 また、『カーボーイ』のリスナーでもある 女優のが自身の などで使用したことがある。 替え歌 太田が思い付きで述べるもの。 これらがきっかけで『爆笑問題カーボーイ』ではリスナーに替え歌を募る「私も卒業歌ってみました」「私も福山歌ってみました」が作られたこともある。 「」 の替え歌で「明日おいらが出てきたときにはお前は誰だ」「いつか坊さんみたいに愉快にハゲた頭で」 「」 の替え歌で「盗んだパンツで走り出す」 「」 の替え歌で「私のお墓にニスを塗らないでください」「私のお墓の前で死なないでください」 「」 のAメロの替え歌で「酒に戸惑う〜」 など。 存在しない架空の人物を勝手に作る おさだはるこ 自身が『ボキャ天』で「」を捩ったダジャレを作ろうとしたが、ダジャレのセンスが全くなかった故に出来たフレーズ のり山ピー子 2009年にの話題が多く報じられた際の漫才で使っていた すどうまほ が流行した頃の漫才で多用していた• 独特な略称を作る 漫才やラジオでたびたび披露する。 主な例は以下の通り。 えいきっつぁん を「」風に略したボケ。 正しい愛称は「永ちゃん」 ザキハマ を略したボケ。 田中から「みたいな言い方するな! 」とツッコミが入る。 正しい愛称は「あゆ」 わたた を略したボケ。 正しい愛称は「まゆゆ」 北ちゃん を略したボケ。 正しい愛称は「サブちゃん」 を略したボケ。 田中から「じゃねえんだよ! 」といったツッコミが入る• 自分以外の人物の名前を名乗る 代表的な例は以下の通り。 TBSラジオ『』の冒頭で発言する。 〇〇の部分は基本的にその時々に話題になった人物。 (『』 のタイトルコールで行う。 2008年12月に脱腸の手術で全身麻酔を受け、確認の為に医師から名前を聞かれた際に発言したといい、太田によると「鼻で笑われた」という です。 2016年11月に亡くなった母・瑠智子の告別式での喪主のあいさつの冒頭と終盤に発言。 ただし、それ以外は真面目に母への感謝の言葉を述べている• 下ネタ 多くの番組で行っており、共演者や朝の生番組である『』 系)のスタッフから止められる事もある。 は爆笑問題の下ネタを「品が悪くない」と肯定的に評価している。 他の芸能人のギャグ・ネタ・話題となったフレーズを発する• 太田が聴取している地方局のラジオ番組(後述)のパーソナリティの名前(「横山コノヤロー! 」 )やギャグ(を中心に活動する・の「あで~」 など)を無関係の番組や漫才の冒頭で叫ぶ• その時々に流行っている楽曲をビートたけし口調で歌う• 本筋とはまったく関係のない言葉を発する など。 映画への造詣 鑑賞が趣味である。 敬愛するに 、 、 、 、などを挙げている。 1991年に総指揮の映画『』で、第一話「泊ったら最後」の監督を務めた。 その後、自らの指揮での映画製作を目標に挙げており、制作に向けて映画製作会社と内容に関して打ち合わせした際に「シナリオがつまらない」という理由でことごとく否決されていることを明かしていた。 2018年にはオムニバスの1編の・監督を務めた映画『』(「光へ、航る」)が公開。 受賞は逃したものの、第61回監督賞にノミネートされていた。 同作品について・は「映画としてこういう見せ方をすると、垢抜けないんだけどな……みたいなところも、少なくない」としながらも、「(本職の映画監督が担当した他の編と比べて)映画監督ではない太田光さんのパートがいちばん見ごたえがある」と評価している。 読書・文学への造詣 読書家で、年100冊を超えるペースで本を読む。 敬愛するに、、、、、、、、など。 高校時代の愛読書は、。 ヴォネガットファンとして有名で、事務所の名前「タイタン」や飼っていたオカメインコの名前「」はヴォネガットの作品に由来するもの。 アーヴィングとは新潮社出版『対談の七人』にて対談を行ったこともある。 については『』などの初期の作品については肯定しているが、『』以降の作品から否定的で「会話が翻訳的であり、登場人物に人間味がない」と意見を述べている。 一方で村上作品についてはすべて読んでいる。 『・私のこだわり人物伝』(、)では、向田邦子とドラマ『』を語った「女と男の情景」と題した講義を担当し、元日にはとお互いの講義した人物について語る特別番組が放送された。 からで刊行されている『向田邦子全集〈新版〉』の月報をはじめ、向田邦子関連のコラムを多く執筆している。 『』号に近未来SF短編『終末のコメディ』が掲載された。 また、には短編集『マボロシの鳥』、2012年には短編集『文明の子』を出版している。 太田の父親・三郎が文学青年だったころ、小説持ち込みのために太宰治のもとを訪ねたことがあるとのこと。 落語への造詣 父親の影響もあり鑑賞も好んでおり、好きな落語家として、、、 [ ]を挙げている。 太田は落語の魅力を「落語を知らない人は、たぶん、「笑わしてくれる話なんだ」って単純に思ってるじゃないですか。 でも、じつは落語って、すべての気持ちがあるんですよね。 笑いたい人も、泣きたい人も受け入れる。 だから、誰にでもお勧めできる娯楽だと思うんですよね。 だって、「落語好きなんです」っていう人はいろんな分野にいるじゃないですか。 だから、ほんとに、いろんなタイプのものがそろってるんですよ」と述べている。 アニメ・ゲームマニア 本人によると、アニメマニアで 、テレビアニメ『』の脚本家のを『』のゲストに呼んで対談もした。 アニメ『』には、切なくて立ち直れなかったと語っている。 『』(TBSラジオ)で放送されたTBSアナウンサー・のプレゼンを聞いて「『』を見始めた」と話したこともある。 また、や、、やなどの作品も好きだと述べている。 漫画・アニメ『』のファンである。 テレビ・ライブの出演時を除くラジオなどの仕事中や就寝中を含むプライベートでは、主人公が着用する洋服を模した「ピョン吉」を着用することが多く、そのために同じTシャツを多数所有している。 自身が着用する以外にも、共演したや(RCC)アナウンサー・に「ピョン吉Tシャツ」を贈ったことがある。 作品に関しては、『』以外の作品は説教臭くて嫌いで、を好むことを公言しており、2014年には高畑の『』の映像ソフト化に際して、スタジオジブリプロデューサーのから新しいキャッチコピーを創出する「特命コピーライター」に任命された。 ゲーム『』の大ファンで、製作者のの公式『』では対談が掲載された。 『』もプレイしており 、製作者ともゲームについて語っている。 政治・社会への関心 自らの番組、エッセイ等で政治的信条を語ることがある。 これについては前述の通り「自分はビートたけしとは別物である」といった思いの表れであるとともに、そうした事をしない方がかっこいいと思っている旨と、自らの主張の表現方法を「稚拙ですよね」と自己評価する発言をしている。 自らの政治的立場についてはでもでもないと述べている。 また、政界進出の噂がささやかれることもあるが、太田本人は否定的な発言をしている。 『』(系)で、「太田総理」を担当した頃は自身が極端なを提案し、をはじめとしたにかみつく姿がネット上で賛否両論になっていた。 太田も『太田総理』放送当初や『憲法九条を世界遺産に』出版時にはネット上の批判などを気にしていたが、次第に慣れてきたといい 、自らの発言がネット上で話題となることについては「気にならない」と述べている。 『』(TBSラジオ)でたびたび共演したとは時折意見の違いで、太田と論争になることも多かった。 ただし、両者とも一定の信頼関係の下で議論をしており、そのやりとりを端で見ていた田中は「口調も親子のケンカみたいになってくるので、楽しかったです」とコメントしている。 タイタン所属で、などを務めていたとメールで親交を持っているが、太田は公の場では橋下を揶揄する発言や異論などを述べている。 の功罪を語ったり 、の撤退を意識した主張をした事もあって 、ネット上で「」と言われた事があるが、上述の通り映画・小説・音楽など、アメリカ文化の影響も受けており、「むしろ家だと言ってもらいたいぐらいだから 笑 」と述べている。 に関しては堅持する立場を示しているが、仮に国民投票の過半数で改正された場合は「そうした日本に忠誠を誓う」としている。 2006年に「太田がの取り壊しを求める発言をした」「侮日発言をした」とでデマを流され、真に受けたのらにへ押しかけられた事がある。 なお、後に太田はへの参拝やの合祀に理解を示す発言をしており、対談相手の大橋巨泉と対立している。 また、太田は「なにより、東京や日本が好きだ」「やっぱり俺は日本という国が好きだ」といった発言もしている。 やに対しては畏敬の念があることを述べている。 このことについて太田は「この連載自体(『』『』『』と)転々としてるから、どこでもいいんですよ」「(自分がなぜ右派論壇誌で執筆しているのか疑問を持つ意識は)ないです。 もともと自分の文章も読み返したくないぐらいだから。 逆にさんのこと茶化してんのを、『WiLL』読者が読んで腹立ってんのは面白いなと思ってますけど」と述べている。 好きな芸能人・交友関係 の大ファンである。 たけしのファンになる前はやのファンだった。 の大ファンで、2008年のラジオ共演をきっかけにとメールでの親交もある。 他に好きなは 、、、、、、、、、、、 など。 『』に出演中、爆笑問題の優勝が多く、嫉妬されていた事もあり、太田が楽屋の電気を急に消すや、奇行で笑いを取ろうとすると周囲は「またか」と呆れて無視していたが、・とくりぃむしちゅー(当時は海砂利水魚)・だけは「何やってるんだよ! 」と毎回ツッコミを入れたり、太田を無視する風潮を嫌っており、嫉妬する事はなく友達として接していた。 2人は太田のことを「 ピーちゃん」と呼んでおり、太田は名倉の事を「関西一のツッコミ」と呼ぶほどである。 の大ファンであることを公言しており、メンバーの仲の良さなどをラジオやテレビで熱く語ることが多かった。 また、元メンバーのとメールで親交を持っている。 そうした事が縁で「」の作詞も担当したほどであり、それゆえに同グループが解散することが発表された際にはショックを受けたことと、内情について「本人たちにしかわからない事」と前置きをし、メンバー全員を心配する発言をしている。 解散後も太田は、木村が主演を務めたドラマ『』(系)を絶賛したり 、ジャニーズ事務所を退所した直後のと『スペシャル』(系、2017年10月18日)で共演したり 、・・香取の主演した映画『クソ野郎と美しき世界』のエピソード「光へ、航る」で監督を務めるなど、メンバー達と交流を続けている。 2016年以降、のエリアフリー機能を利用して地方ラジオ局のローカル番組を聞くことを日課としており、そのことを『爆笑問題カーボーイ』などで話題にすることが多いが 、特にローカルの『』や同番組のパーソナリティであるRCCアナウンサー・についてはほぼ毎回話題にしている。 『』(TBS系)で広島県を含む西日本で大きな被害があったを取り上げた際には、横山の発言を引用してコメントし 、それをきっかけに横山は同番組に「サンジャポジャーナリスト」(リポーター)として出演した。 また、横山が自身初の小説『ふるさとは本日も晴天なり』(・ )を出版した際には太田がのコメントを寄せた。 横山は自身の所用で上京する折に『日曜サンデー』にたびたび出演しており、太田がテレビ生出演中の事故で翌日の放送を欠席した際には代役を務めたことがある(を参照)。 プライベートではメールの親交がある ほか、2019年からは横山が個人で主催するチャリティライブに太田がスタンド花を贈ることが恒例になっている。 を敬愛しており、『』など優作が出演した映画のセリフを暗記している。 『』内で、『』の中の優作との有名なシーンのセリフ穴埋め問題が出た際すべて正解している。 また、自身が監督した「」の演じる工藤修という役名は『』で松田優作が演じた工藤俊作と『』でが演じた小暮修からとられている。 その他• でを多い時には1日に40本を吸うことがある。 しかし、2008年のでの肺検査(・・)では異常が見られなかった。 を所有していない。 は170cm。 尊敬する・から「(相方の)田中だけは切るなよ」「別れなさんな(コンビを解消するな)」と忠告された。 田中編と太田編で特集された『』(MBSテレビ・TBS系、2010年・)では田中編の方が視聴率が高く、「ショック隠しきれないですから」と発言した (田中編は5月16日に、太田編は5月23日にそれぞれ放送された)。 前述のとおり、地方ラジオ局のローカル番組を聞くことを日課としており、そのことを『カーボーイ』などで話題にすることが多い。 その際に、横山雄二に他のローカル番組のパーソナリティとの交流を一方的に持ちかけることがあり、それをきっかけにローカル番組同士の交流が生まれている(を参照)。 『』、『』といった『』の作品を視聴しており、見たうえで内容を酷評することもある。 出演 [ ] コンビでの出演は「」の項目を参照のこと。 現在の出演番組 [ ]• (、2015年9月 - 2017年4月:月曜 - 金曜深夜 、2017年4月 - :火曜深夜• (、2020年4月 - ) 過去の出演番組 [ ] バラエティ [ ]• (4月 - 2014年3月、フジテレビ) - 水曜レギュラー• (10月 - 2014年3月、)• 太田と上田 能天気な人生論(5月20日 - 2015年1月10日、)• おはよう、たけしですみません。 (2017年10月2日 — 6日、) 単発・ゲスト出演 [ ]• (2010年、TBS)• (2011年1月10日、フジテレビ)「みんなで歌おう!! SMAPniのど自慢! 」にて自らが作詞した「」をSMAPと共に歌う• (2011年1月24日、日本テレビ)• (2012年2月3日、)• (2012年11月17日・18日、TBS) - 田中が緊急入院(を参照)した際の代理キャスター• (2013年5月17日、TBS)• (2014年4月17日、TBS)• 138億年の超絶景! 宇宙遺産100(2014年8月、NHK BS)• 新春スペシャル(2015年、テレビ朝日)• (2015年、TBS)• (4月18日 - 5月2日、5月30日 - 6月20日、2016年5月21日、5月28日、7月9日、7月16日 )• (2017年7月13日、NHK)• 新理論バラエティー! 太田光の正義か悪か!? ( MC 2017年9月2日、日本テレビ)• (2017年10月26日、日本テレビ)「」• スペシャル(2017年10月18日、フジテレビ)• R-1ぐらんぷり2018優勝者特番 濱田祐太郎のした事ないこと! (2018年6月3日、フジテレビ)• (2018年6月4日、フジテレビ)• 天国からのお客さま(2018年10月20日 NHK BSプレミアム)• (2019年11月2日、フジテレビ)• (2019年11月16日、11月23日、テレビ東京)• (2019年11月25日、NHK)• ・(2020年4月12日・5月10日、フジテレビ・) ドキュメンタリー [ ]• ・私のこだわり人物伝「向田邦子・女と男の情景」(2005年6月、NHK教育)• 「不幸の伝説」(、フジテレビ)• 「確率」(1992年、フジテレビ) - 脚本兼任 映画 [ ]• 第2話「こわいお客様がイヤだ」()• () - マネー・トランジットセブンの店員A 役• マコトノハナシ第4話・第5話(1992年)• 草の上の仕事()との共主演• () - タクシーの乗客 役• () - 太田光 役• () - アルパチ 役 ゲーム [ ]• () - ザッカ 役 海外アニメ [ ]• アイス・エイジシリーズ - シド 役• (2002年)• (2006年)• (2009年)• (2011年)• (2012年)• (2016年) 人形劇 [ ]• (2010年、NHK教育) - ルミエール 役 ラジオ [ ]• (2007年 - 2008年、)• (2010年・、TBSラジオ)• (2010年10月30日、)• (2012年2月3日 - 、)• - 爆笑問題・太田光が訊く 瀬戸内寂聴の戦後70年(2015年7月19日、TBSラジオ)• ゆく小木、くる小木、ぼく矢作(2015年12月31日、TBSラジオ) - 番組後半に乱入。 (2016年1月1日、TBSラジオ) - 「ゆく小木、くる小木、ぼく矢作」の後半から引き続き出演。 神ってる広島 最高で~すスペシャル(2016年12月4日、) - 電話出演• (2020年3月11日、)• 「スーパーモルト」(2000年3月)• 映画『』(2002年7月)• 「回顧展」(2006年6月)• 「スカイパーフェクTV」(2007年4月)• ゼファー「サクラディア」(2007年9月)• 「MINTZ」(2010年4月)• (2020年4月) - と共演 インターネット配信 [ ]• 監督作品 [ ] 映画 [ ]• 『』 第1話「泊ったら最後」(1991年)• 『』「」(2018年) 著書 [ ] 爆笑問題名義の著書はを参照のこと。 なお、爆笑問題名義でも多くは太田1人で執筆している(原稿料・は田中にも配分されている)。 カラス(34歳までの人生をインタビュー形式で振り返る虚実入り乱れた自伝、、、 )• 爆笑問題 太田光自伝 (『カラス』を改題・文庫化、、、)• ザ・ロングインタビュー 4 人は、なぜ笑うのか? (の番組『』を再構成、2001年、、)• 天下御免の向こう見ず(爆笑問題名義の単行本から太田のエッセイのみを選り抜き文庫化、2004年、文庫、)• ヒレハレ草(同上、2004年、幻冬舎文庫、)• 三三七拍子(同上、2004年10月、幻冬舎文庫、)• NHK知るを楽しむ 火 私のこだわり人物伝 (「向田邦子 女と男の情景」、2005年、、)• マボロシの鳥(2010年、、)• 絵本マボロシの鳥(・、2011年、、)• 向田邦子の陽射し(2011年、、)• しごとのはなし(2011年、、)• 文明の子(、ダイヤモンド社、)• 違和感(、、) 共著 [ ]• 憲法九条を世界遺産に(との共著、2006年、、)• 禁煙バトルロワイヤル(との共著、2008年、集英社新書、)• 爆笑問題と考える いじめという怪物(との共著、2013年、集英社新書、)• 「言葉」が暴走する時代の処世術(との共著、2019年、集英社新書、)• 憲法九条の「損」と「得」(中沢新一との共著、2020年、扶桑社、) 編集 [ ]• チビカミ(小沢友紀子著、『爆笑問題のススメ』の企画により発行、2004年、、) 雑誌連載 [ ]• 一冊の本「芸人人語」(2019年4月号 - 、)• 「爆笑問題 太田光の危ない事件簿」(2020年春号 - 、文藝春秋) 作詞 [ ]• アニメ『』オープニングテーマ『』(作曲・編曲:)• 「飲茶楼」CM曲『飲茶楼で、めちゃうまかろう』(白部真一との共作。 作曲:山野直子・内山肇、編曲:)• 『』(作曲・編曲:)• 『』(作曲: 宮地大輔・大野裕一、編曲:大野裕一) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 三郎は、・のの店舗の設計を手がけ、そこの看板の揮毫も担当した。 また父も、光と同様に文学とお笑いに興味を持っていた。 母親はと同じ養成所に属していたことがあったので、永井の舞台を観に行っていた。 なお、永井が爆笑問題のラジオにゲスト出演するまで、光と顔を合わせた事はなかった。 高校時代は友達が一人もいなかったが、を休まずを取った。 休み時間は、に入り浸り、「図書室の不良」を自称していた。 では約10冊のを持参し、1人で全部読みきった。 に進学すると初対面の学生にもハイテンションに振る舞い、友達を作ろうと必死だった。 平均的だが、田中の身長が154cmと低いため、「爆笑問題の大きい方」とも言われている。 2000年4月から2012年3月までは、田中とともに水曜日に出演していたが、同年4月より田中のみが月曜日へ出演曜日を変更していた。 出典 [ ]• 産経ニュース 産業経済新聞社. 2012年4月1日. の2016年3月4日時点におけるアーカイブ。 2015年12月17日閲覧。 2012年3月27日. 2017年12月12日時点のよりアーカイブ。 2014年5月14日閲覧。 , p. 120, 19歳 田中. TITAN. 2018年11月10日閲覧。 , p. 132, 21歳 シナリオ『ティーチャー』. 太田光代 『爆笑夫婦問題』 幻冬舎〈幻冬舎文庫〉、2004年2月。 [ ]• - 2015年4月• ライブドアニュース• , p. 133. 爆笑問題 『爆笑問題の日本原論2000』 メディアワークス、1999年、p. 237• zakzak• - スポニチ Sponichi Annex 2016年9月18日• - 2010年12月15日• 2016年10月16日時点のよりアーカイブ。 2018年11月10日閲覧。 - シネマトゥデイ 2014年9月29日• 2014年12月1日. 2017年2月20日閲覧。 - 2015. - ガジェット通信 2015. 24(ノミネートの表記は「ハイ! こちらポンポコ商事です。 (2015年6月11日)• Chuun• , p. , p. 108. , p. 171. , p. 252. , p. 139. リアルライブ 2018年11月21日• Chuun• Chuun• Chuun• Chuun• 脱腸じゃなかった!? 太田光「パイプカット」 12月7日14時57分配信 スポーツ報知• デイリースポーツオンライン 2016年11月16日• , p. 107-108. 爆笑問題ほか 『爆笑問題とウルトラ7』 新潮社〈新潮社文庫〉、2002年12月、257頁。 ORICON NEWS. 2017年11月4日. 2020年1月27日閲覧。 高垣善信主筆の論説. 2019年1月12日. 2019年1月27日閲覧。 SmaSTATION!. 2016年5月29日閲覧。 2016年5月29日閲覧。 SmaSTATION!. 2016年5月29日閲覧。 テレビドガッチ 2015年11月5日. 2019年1月27日閲覧。 お笑いナタリー. 2019年1月4日. 2019年1月27日閲覧。 アフター6ジャンクション. TBSラジオ 2018年4月26日. 2019年1月27日閲覧。 NEWSポストセブン. 2016年5月29日閲覧。 ほぼ日刊イトイ新聞• - ほぼ日刊イトイ新聞• gooテレビ 2015年12月2日. 2016年5月29日閲覧。 TBSラジオ 2013年6月16日. 2016年5月29日閲覧。 livedoorNEWS 2015年9月24日. 2016年5月29日閲覧。 NEWS 2018年7月23日. 2019年1月27日閲覧。 2017年11月17日. 2019年1月27日閲覧。 - CinemaCafe. net(2014年10月17日)• gooテレビ 2013年2月19日. 2016年5月29日閲覧。 TBSラジオ 2011年10月23日. 2016年5月29日閲覧。 太田光・中沢新一 『憲法九条を世界遺産に』 集英社〈集英社新書〉、2006年8月。 [ ]• 2016年10月22日時点のよりアーカイブ。 2018年11月10日閲覧。 ブッチニュース• ぴあ映画生活• ぴあ映画生活• - スポニチ Sponichi Annex 2016年9月5日• - デイリースポーツ• , p. 208. , p. 218,219. J-CASTニュース• , p. 219. ライブドアニュース 2018年3月28日 11時43分• ZAKZAK. 2016年9月23日時点のよりアーカイブ。 2018年11月10日閲覧。 - ぴあ映画生活 1頁• - ぴあ映画生活 3頁• ライブドアニュース 2013年11月5日 14時40分• , p. 15-16. デイリーニュースオンライン• ライブドアニュース 2014年5月27日. 2015年1月10日閲覧。 ,デイリースポーツ• ,ライブドアニュース• - ライブドアニュース• - RBB TODAY 2018年7月15日• - ごぜん様さまブログ 2018年10月13日• ごぜん様さまブログ 2019年7月16日. 2020年2月3日閲覧。 ごぜん様さまブログ 2020年1月10日. 2020年2月3日閲覧。 chuun. ctv. jp 2018年5月13日. 2019年8月11日閲覧。 TBSラジオ FM90. 2019年8月11日閲覧。 太田光・奥仲哲弥「第一章 タバコは本当に身体に悪いのか」『禁煙バトルロワイヤル』〈集英社新書0463I〉、2008年10月22日、14・18。 , p. 6, 0歳 呪われた子供. 立川談志、太田光、ビートたけし『最後の大独演会』新潮社、2012年。 [ ]• - 2010年5月30日• ,リアルライブ,2016年3月16日• 2015年8月23日. 2015年8月24日閲覧。 CINRA. NET 2017年9月28日. 2017年10月8日閲覧。 お笑いナタリー 2019年3月17日. 2019年3月20日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年4月25日閲覧。 参考文献 [ ]• 太田光『爆笑問題 太田光自伝』小学館、2001年7月1日。 爆笑問題、町山智浩『自由にものが言える時代、言えない時代』太田出版、2015年4月。 太田光『違和感』扶桑社、2018年4月。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - TITAN.

次の