ハーリー レイス。 ハーリー・レイス自伝 キング・オブ・ザ・リング

ハーリー・レイスさん死去 猪木、馬場らと激闘

ハーリー レイス

プロレスファンの間でその名を知らぬ者はいない伝説のNWA世界ヘビー級チャンピオン、ハーリー・レイス。 あのリック・フレアーと並び、チャンピオンの中のチャンピオンと称される彼の生き様が語られる自伝が登場。 高校生の時にプロのリングに上がった少年時代に始まり、本格的なプロデビュー後、その名を轟かせながらリングで暴れまわった若き日の現役時代。 そして1973年にドリー・ファンク・ジュニアを倒し、NWAの王座を手に入れ、1984年までに通算8度の王座についた黄金時代まで、ザ・キングと呼ばれる彼のすべての活躍がこの一冊に収録。 さらには、全日本プロレスでのジャイアント馬場やジャンボ鶴田との激闘や、現役引退後のマネジャー業や自ら運営するインディー団体WLW ワールドリーグ・レスリング での活躍など、王の中の王、男の中の男であるハーリー・レイスの栄光の軌跡が垣間見える一冊。 レイス,ハーリー 1943年4月11日生まれ。 65年にラリー・ヘニングと組んでAWA世界タッグ王座を獲得。 その後、NWAへ進出し、73年5月にドリー・ファンク・ジュニアを破りNWA世界ヘビー級王座を獲得。 この王座は短命で終わるが、75年12月にテリー・ファンクから同王座を奪ってからは長きにわたってNWAのエースとして君臨した。 じつに8度もNWA世界ヘビー級王座に就いた「ミスター・プロレス」である。 また、全日本プロレスの常連としてジャイアント馬場やジャンボ鶴田とも名勝負を繰り広げた。 現在は「つべこべ言わずにレスリングしろ」というスローガンを掲げたプロレス団体兼トレーニング・アカデミーのWLW ワールド・リーグ・レスリング を運営。 ミズーリ州エルドンに妻のB. とともに暮らしている トリッツ,ジェリー ミズーリ州の地方紙『ジェファーソンシティ・ニューズ・トリビューン』の編集者を務める。 ジェファーソンシティ在住 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです 昔からの全日系プロレスファンで、ハーリーレイスは、NWA王者の象徴のような選手でした。 愛知での馬場対レイスのNWA戦(馬場二度目の戴冠)は、自分の中で屈指の名勝負として残っています。 決して、「強い!」わけでも「でかい!」わけでもないのに、王者としてのオーラは存分に漂っていました。 レイスが長期政権を築き、防衛記録、返り咲き記録更新していったことを子供心に不思議に思う部分もありましたが、その理由がこの本を読んではっきりわかりました。 最後の章には、彼のプロレス哲学が凝集されて述べられると同時に、ある有名レスラーから受けた意外なエピソードがつづられています。 オールドファンにとっては、この部分を読むだけでも、「プロレスファンでよかった!」と思えるでしょう。 ハーリー・レイス。 この名前を知っているプロレスファンは今どのくらいいるのだろう。 日本では昭和50年代に全日本プロレスのリングで活躍していたレスラーだ。 派手な技があるわけでもない。 いかにもアメリカンプロレスらしい派手なやられっぷり。 当時中学生だった私は、最初彼の凄さが理解できず、どうして彼がNWA(当時最も権威のあった団体のベルト)王者になれたのか不思議であった。 そうなると、リングアナウンサーが彼をコールしたときに見せるゆっくりと両手を上げるポーズも王者の風格である。 最も好きな外人レスラーであった。 この本を書店で偶然見つけたときには驚いた。 何故発売されたか分からないが、即購入である。 いかにもプロレスラーの自伝であり波乱万丈の人生だ。 彼のスタイルの原点も知ることができたし、現在の奮闘振りも知ることができた。 共著の人物も彼の長年のファンなので客観的な事実ばかりではないかもしれないが、これはプロレスラーの自伝である、これで良い。 現在、彼が主催するプロレス団体のモットーは「つべこべ言わずにレスリングをしろ」だそうだ。 まさに彼のプロレス人生そのものである。 うーん、思い入れが先走って作品のレビューになっていない…。 ただ言えるのは、これが彼のファンあるいは古きよき時代のプロレスファンにはたまらない作品だということである。 いやー読めてよかった。

次の

“美獣”ハーリー・レイスは古き良きプロレスの宝石(ビジュー)だった

ハーリー レイス

ハーリー・レイスが、タイトルを奪取したか、防衛したかで、ベルトを右肩にかけてインタビューを受けています。 そこで、ハーリー・レイスの話が盛り上がってくると、なんとリック・フレアーが乱入してくるという展開です。 この頃は、ハーリー・レイスとリック・フレアーでNWA世界ヘビー級選手権を取ったりとられたりしていましたが、動画のハーリー・レイスのベルトはNWA世界ヘビー級選手権ではないですね。 ミズーリ州ヘビー級選手権ではないかと思われます。 ということは、NWA世界ヘビー級選手権者はリック・フレアーだったんでしょうね。 にもかかわらず、リック・フレアーのほうが挑発されてリングに乗り込んでくるというのは面白いですね。 ベルトは、NWA世界ヘビー級選手権の方が格上のはずなのに、ローカルチャンピオンに世界チャンピオンが突っかかるという、NWA本部としてはちょっと複雑な、でもまあレイスだから仕方ないか、といった趣きです。 本当は、各地区のチャンピオンにNWA世界ヘビー級チャンピオンが胸を貸すはずですが、もしかしたら、ミズーリ州ヘビー級選手権に限って言えば、巡回チャンピオンのNWA世界ヘビー級選手権よりも格上だったのかもしれません。 そして、この動画のコメント欄がすごいですね。 70年代~80年代のアメリカンテリトリープロレスを愛するアメリカ人と思われますが、 「レイスこそ、男の中の男だ」 「史上最もタフなレスラーだ」 「これこそプロレスの黄金時代だ」 「ヴィンス・マクマホンのおかげでプロレスはサーカスゲームになってしまった」 など、「ハーリー・レイス絶賛」に満ちています。 プロレスラーとしてだけでなく、「最高の男だ」というコメントです。 翻って、この頃の日本のプロレスメディアやファンの間では、ハーリー・レイスの存在は、それほど有難がられてはいなかったように記憶しています。 今でこそ、ジャイアント馬場との試合は、ニコ動のコメントやWeb掲示板では、「様式美」などといわれますが、当時そのような評価だったかというと、決してそうではありません。 まあ、アントニオ猪木が口撃で、あんな試合ならプロレスラーは誰でもできるというようなことをいっていたので、日本のファンはみんなそう思っていたのかもしれませんが。 「男らしい」は差別でしたかな? 余談ですが、コメントにある「男の中の男だ」という表現は、今なら「差別だ!」と言われかねません。 しかし、ジェンダーフリーというのは、性的役割分担の否定を超えて、母性の保護ではなく母性の否定にまで突き抜けているので、私が考える男女の平等とか同権とかいうのは根本的に違いますね。 均等法ができたとき、女性の生理休暇も認めず男と同じ成果を挙げたら認めてやるというもので批判されましたが、性差を否定してしまうということはそういうことですから。 そういえば、結城アンナが「私作る人」といったら、佐藤祐介が「ボク食べる人」というインスタントラーメンのCMも差別だと騒がれてつぶされたことがありましたね。 あのクレーム自体はつまらんと思いましたが、CMのコピーが失敗なのも確かだと思いました。 だって、手軽に作って食べられるのがインスタントラーメンの良さであり、「食べる人」以外に「作る人」が必要なのかよ、と思わせてしまいますから。 それはともかくとして、「男らしい」「女らしい」という表現を使ってもいい場面はあると思います。

次の

ハーリー・レイス

ハーリー レイス

ダイビング・ヘッドバッドといえば仰向けにダウンした相手に倒れこんで頭突きをかますものであるが、これを際最初にトップロープから繰り出したレスラーは誰かは判然としない。 オリジナルの倒れこみ式のダイビング・ヘッドバッドはあまり見られないが、トップ・ロープからのダイビング・ヘッドバッド(以下DH)といえば新日本プロレスの天山広吉がフィニッシュとして現在も使っているので、今でもポピュラーな技である。 この技の昭和時代の使い手のビッグ3といえばハーリー・レイス、ジミー・スヌーカ、ダイナマイト・キッドを推したい。 上の画像をご覧になればわかるように、三者三様になんとも味がある。 まずは昭和56年当時リッキー・スティムボートとの抗争を日本に持ち込んで人気爆発したスーパーフライ・ジミー・スヌーカから見てみよう。 このとき彼は3度目の来日であったが、初来日ではインディアン、2度目の来日では原住民スタイルであったが、このスーパーフライ・スタイルでは初来日であった。 彼とリッキーとの抗争の見せ場はなんと言っても空中殺法合戦にあった。 スヌーカの空中殺法はキザでどことなくいやみな雰囲気をかもし出していたが、それがヒールの彼をきひ立たせていたのも事実。 画期的な飛べるヒールの誕生であった。 特にフィニッシュに多用していたトップロープからのDHは顔の表情といい、指先の演技といい、いま見ても震えるほどの色気をかんじる。 一方、ダイナマイト・キッドのDHはトップロープからヘッドバッドを落とすというより、トップロープからロケットのように跳躍して相手に劇取るするというスタイルをとっていた。 これは後に彼のライバルとなる初代タイガーマスクもフィニッシュに多用したスタイルである。 フォームも腕を腿のあたりにつけ、まさに頭から突っ込んでいくというダイナミックなものであった。 日本で見せたDHでは55年の正月にWWWFジュニア選手権への挑戦に待ったをかけてきたスキップ・ヤングとの挑戦者決定戦で見せたDHが強烈に印象に残る。 さて、真打はなんと言っても世界王者のハーリー・レイス。 しかし資料をくってみると彼のDHはほとんどが、セカンドロープからのDHであり、トップ・ロープからのDHを披露したのは、日本では49年のNWA世界戦(王者はブリスコ)、57年のPWF戦(王者は馬場)など、彼が何らかのタイトルに挑戦するここ一番のときであったようだ。 またアメリカではほとんどがセカンドロープからのDHを使っており、これはトップロープからの攻撃を即反則負けにする州も少なくなく、世界王者として各地を転戦する彼はその試合後とにルールを確認する面倒を防ぐため、セカンドロープからのDHを使っていたのではないだろうか? 上の写真をご覧になってもわかると思うが、このときのトップ・ロープからのDHは急角度でまさに強烈。 レイスの体が弓なりになっていることからもわかるが、エプロンで見ているロッキー羽田の「痛そー!」といわんばかりの表情からもこのときのヘッドバットがいかに衝撃的なものだったかをお分かりいただけると思う。 当時中学生だった筆者は「馬場、死んだんとちゃうか!」とテレビの前で本気で心配してしまったのであった。 キッドや、スヌーカのDHは華麗であったが、レイスのDHはいかにも殺し技と呼ぶにふさわしい、「非合法な」匂いがしたものである。 あれ以来これほどまでに強烈な印象と戦慄を覚えさせるDHを見た記憶がない。 最後にトップロープからではないダイビング・ヘッドバッドの使い手として忘れられないのが大熊元司。 彼の場合は文字からロープに飛んで反動をつけて走りこみ、飛びあがって頭突きをぶちかましていた。 ランニングヘッドバッドと呼ばれていたような気もする。 あまりにも地味すぎてこの技の復活はありそうにないなぁ・・・。

次の