黒木 は る ドラマ。 ドラマ10「下流の宴」

金曜ドラマ『キワドい2人

黒木 は る ドラマ

略歴 幼いころより母に連れられて映画や芝居を見て育ち 、兄弟やいとこと一緒に地域の児童劇団に参加し演技を褒められたことをきっかけに演技が好きになる。 全国大会で優勝実績もある演劇の名門・に進学して演劇部に所属し、「演劇部のエース」として1年時から3年間主役を務めていた。 を志して卒業後は映画制作や演劇を学べる大学への進学を希望し、自宅から通える芸術学部映画学科俳優コースに進学 、、らに師事して演技を学ぶ。 学内製作の作品にキャスティングの声がなかなか掛からなかったことから、大学在学中の12月に「演劇ワークショップ in 大阪」に参加。 翌にはオーディションに合格して6月のNODA・MAP公演『ザ・キャラクター』にアンサンブルとして初舞台に立ってデビュー し 、さらに同年9月のNODA・MAP番外公演『表に出ろいっ! 』で1,155人が応募した娘役オーディションを経て野田秀樹、との3人芝居でヒロインの娘役 として舞台に立った。 翌にはNODA・MAP公演『南へ』、公演『荒野に立つ』、演出『』などの舞台作品に出演し、演劇界の期待の新人として注目を浴びる。 2011年には映像作品に進出し、『』にメインキャストとして映画に初出演、2012年には『』で声優にも初挑戦。 2012年度後期の『』に演じるヒロインの同期社員役で出演して初出演を果たし 、「表向きは柔和だが実は陰険」という腹黒いキャラクターを演じてその高い演技力が評判となり、知名度を高める。 翌2013年には連続テレビ小説『純と愛』、『』第2シリーズなどのテレビドラマでレギュラー出演し、映画でも初主演 した『シャニダールの花』や『』での演技が評価され、や、など日本の主要映画賞で計7つの新人賞を受賞した。 2014年にはオーディションを経て『』で監督作品に初出演し 、同作での演技によりを受賞。 日本の女優では、、に次いで史上4人目であり、23歳での受賞は日本人最年少となる。 映画祭の総評では「(黒木の)演技力は群を抜いていた。 」と評された。 銀熊賞受賞に際しては、の(当時)も祝意を示した。 同作では・最優秀助演女優賞も受賞。 また、その年最も活躍し将来の活躍が期待できる俳優に贈られる新人賞も受賞した。 映像外部リンク - YouTube 冒頭で灰皿を投げつける先生役を演じている。 2015年公開の『』(監督:)では黒木が高校・大学と演劇に没頭し、舞台役者としてプロのキャリアをスタートしたことから演劇部の顧問役としてキャスティングされた。 作品中では弱小演劇部の運命を一転させる重要な役回りを演じており、映画評論家のらがその存在感を高く評価している。 同年4月期の60周年特別企画『』での好演が話題を呼び 2015にて主演女優賞を受賞 、同年公開の『』で・最優秀助演女優賞を受賞して前年に続いての「連覇」となった。 2年連続の最優秀助演女優賞受賞は、第32, 33回に連続受賞した以来6年ぶり、史上2人目の快挙である。 2016年3月公開の『』で映画単独初主演を務め 、同年4月期の『』で連続ドラマに初主演。 同年秋にはのフェスティバル・ミューズを務める。 人物・エピソード 名前は「華」と書いて「はる」と読み、「春(はる)のように華やかに生きてほしい」との思いを込めて名付けられた。 映画『』の監督を務めたは民族的な風貌の役者が台頭するの傾向を引き合いに、黒木はむしろ「最も現代的」であり「の最先端女優」であると評している。 岩井はCMの演出を手掛けた際に黒木を評して「文学的な香りがする女優」とも語っている。 大阪出身で、かなりのお笑い好き。 第23回の授賞式ではやのファンだと明している。 『』にゲスト出演した際にはの大ファンであると明かし、いつもは物静かでキャピキャピではない黒木が「バナナマンの前では『キャーっ』となる」とマネージャーも語っている。 気になる若手芸人としてはを挙げている。 小学6年生の時、『』に依頼者として出演したことがある。 出演 映画• (2011年10月22日、) - ヤスコ 役• 告白する紳士たち 「握った手」(2012年9月29日、) - 綾子 役• (2013年2月23日、) - 遠間弥生 役• (2013年7月20日、) - 主演・美月響子 役• (2013年11月16日、松竹) - 柴田静子(青年期) 役• (2014年1月25日、松竹) - 布宮タキ 役• (2014年3月7日、東宝) - 南九条あやめ 役• (2015年1月31日、) - 葉子 役• (2015年2月28日、) - 吉岡美佐子 役• (松竹) - 森内恵美子 役• 前篇・事件(2015年3月7日)• 後篇・裁判(2015年4月11日)• (2015年12月12日、松竹) - 佐多町子 役• (2016年3月26日 、東映) - 主演・皆川七海 役• (2016年9月3日、) - 夏海 役• (2016年10月16日、アスミック・エース) - 福永智尋 役• (2016年12月10日、東宝) - 小川初美 役• (2017年5月27日、東宝) - 五十嵐美紀 役• (2017年6月3日、) - 伸子 役• (2018年9月28日、東宝) - 坂下里美 役• (2018年10月19日、東宝) - 大倉万佐子 役• (2018年12月7日、東宝) - 田原香奈 役• 甘いお酒でうがい(2020年公開予定、よしもとクリエイティブ・エージェンシー)- 若林ちゃん 役 テレビドラマ• 第1話 - 第76話・第148話 - 第149話(2012年10月1日 - 12月27日・2013年3月27日 - 28日) - 田辺千香 役• 第4週 - 最終週(2014年4月24日 - 9月27日) - 安東かよ 役• スピンオフスペシャル 朝市の嫁さん(2014年10月18日、)• (NHK)• (2016年1月 - 12月) - 梅 役• (2018年1月 - 12月) - 役• 第8話(2013年3月1日、) - 宮本由香里 役• (2013年10月9日 - 12月18日、) - 本田ジェーン 役• (2014年10月18日 - 11月8日、) - ミナミ 役• グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat- 第1話(2016年6月11日)• (2014年1月11日 - 12日、フジテレビ) - 三木小百合 役• (2016年4月 - 6月、TBS) - 主演・黒沢心 役• (2017年5月13日 - 7月8日、) - 主演・澪 役• みをつくし料理帖スペシャル(2019年12月14日 - 12月21日、NHK総合)• (2018年10月10日 - 12月12日、) - 長門朱里 役• (2019年1月18日 - 、テレビ東京) - 三浦カモメ 役• (2019年2月3日、) - 白河球磨子 役• (2019年7月19日 - 9月20日、TBS) - 主演・大島凪 役 劇場アニメ• (2012年7月21日、) - 雪(少女期) 役• (2015年2月20日公開、ティ・ジョイ) - 萩野里美 役• (2015年7月11日公開、東宝) - 一郎彦(少年期) 役• (2018年7月20日公開、東宝) - ミライちゃん 役 舞台• ザ・キャラクター(2010年6月20日 - 8月8日、、)• 表に出ろいっ! (2010年9月5日 - 28日、NODA MAP、東京芸術劇場) - 娘 役• 南へ(2011年2月10日 - 3月31日、NODA MAP、東京芸術劇場) - あまねに似た少女 役• 飛龍伝(2013年1月23日 - 27日、ゴーチ・ブラザーズ、) - 主演・神林美智子 役• 赤鬼(2014年6月4日 - 15日、青山円劇カウンシルファイナル、) - 主演・あの女 役• 書く女(2016年1月21日 - 31日、二兎社、) - 主演・ 役• (2017年8月27日 — 9月26日、 ) - ソーニャ 役• (2020年4月4日- 29日、Bunkamuna シアターコクーン)- ワーリャ 役• (2003年1月17日、) - 依頼者としての出演• 岩井俊二映画祭presents マイリトル映画祭(2012年3月4日 - 、)• (2018年10月3日 - 2019年9月30日、) - 出演及びナレーションを担当 CM• BS日本映画専門チャンネル(2012年)• (2012年)• (2014年2月 - )• オールフリー コラーゲン(2015年)• (2019年10月 - )• (2012年)• ダノンオイコス「脂肪0 ストロベリー」篇(2015年)• 「TNGA STORY」(2015年) - 長野 役• 「」(2016年)• シャルロッテ「NEW OPEN篇」(2017年10月 - )• 「パルスイート」(2017年10月 - ) その他• フェスティバル・ミューズ(2016年) 書籍 写真集• 黒木華写真集 映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』より(2016年6月、、) 受賞歴 映画 2013年度• 第5回 最優秀新進女優賞(『』『』『』)• 第26回 新人賞(『舟を編む』『草原の椅子』ほか)• 新人女優賞(『舟を編む』『シャニダールの花』『草原の椅子』『』『』)• 第35回 最優秀新人賞(『舟を編む』『シャニダールの花』『草原の椅子』『くじけないで』)• 新人俳優賞(『舟を編む』『草原の椅子』)• 第56回 新人賞(『草原の椅子』『舟を編む』『シャニダールの花』)• 第23回 新人賞(『舟を編む』『草原の椅子』)• 第23回 新人賞(『草原の椅子』) 2014年度• (『小さいおうち』)• 最優秀助演女優賞(『小さいおうち』) 2015年度• 最優秀助演女優賞(『』) 2016年度• シネマ大賞 2016 ベストアクトレス賞• 第26回 主演女優賞(『』)• 優秀主演女優賞(『リップヴァンウィンクルの花嫁』) 2017年度• 第32回 最優秀助演女優賞(『』) 2018年度• 優秀主演女優賞(『日日是好日』) テレビ 2015年度• 第85回 助演女優賞(『』)• 主演女優賞(『天皇の料理番』) 2016年度• 第89回 主演女優賞(『』) 2018年度• 第14回 助演女優賞(『』) 2019年度• 2019 助演女優賞(『獣になれない私たち』)• 第102回 主演女優賞(『』) その他 2014年度• 平成26年度あけぼの賞 2015年度• 第39回 新人賞(『小さいおうち』『』『』『』『』) 脚注 [] 注釈• 2014年4月13日. 2018年9月26日閲覧。 監督・俳優. 2018年9月26日閲覧。 インタビュー. Lmaga. jp(). 2018年2月6日閲覧。 イベント情報. 2018年9月26日閲覧。 インタビュー. 2018年9月26日閲覧。 2014年2月28日. 2018年9月26日閲覧。 インタビュアー:足立茂樹. AdverTimes(アドタイ)(). 2018年9月26日閲覧。 2013年2月1日. 2013年11月2日閲覧。 SANSPO. COM. 2011年1月9日. 2011年12月15日閲覧。 NODA・MAP. 2011年12月15日閲覧。 、2010年9月13日、林海象ブログ、2012年11月22日参照。 、2010年12月17日、映画学科ブログ(京都造形芸術大学)、2012年11月22日参照。 観劇予報 えんぶ. 2019年12月11日閲覧。 2016年1月1日. 2018年9月26日閲覧。 岡本耕治 2016年3月20日. 産経ニュース. 2018年9月26日閲覧。 NODA・MAP. 2013年11月2日閲覧。 NHK人物録. 2019年2月6日閲覧。 ZAKZAK by. 2014年2月17日. 2018年9月25日閲覧。 ORICON NEWS. 2015年7月12日. 2018年9月25日閲覧。 黒木, 華 2014年1月22日. インタビュー. (プレゼントキャスト).. の2015-03-30時点におけるアーカイブ。 2018年9月26日閲覧。 (2014年2月16日)、、2014年2月16日閲覧。 (2014年2月17日)、マイナビニュース、2015年3月9日閲覧。 『キネマ旬報』2015年3月下旬号• (2014年2月17日)、、2014年2月18日閲覧。 シネマトゥデイ. 2015年2月27日閲覧。 阪清和 2015年4月1日. エンタメOVO. 2018年9月26日閲覧。 DIGITAL 日刊現代. 2015年6月30日. 2018年9月26日閲覧。 ORICON STYLE 2015年10月21日. 2015年10月21日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2016年3月4日. 2016年3月4日閲覧。 2015年11月19日. 2019年11月2日閲覧。 SANSPO. COM 株式会社 産経デジタル. 2016年2月3日. 2016年2月3日閲覧。 映画ナタリー. 2016年9月26日. 2016年10月13日閲覧。 加藤弓子 2015年12月11日. zakzak by : p. 2019年2月6日閲覧。 ORICON. 2015年2月27日閲覧。 2015年5月13日. ZAKZAK by. 2018年9月26日閲覧。 2015年5月17日. 2018年9月26日閲覧。 ORICON NEWS. 2016年11月12日. 2018年9月26日閲覧。 ORICON NEWS. 2016年3月17日. 2018年9月26日閲覧。 錦怜那 2016年4月22日. シネマトゥデイ. 2018年9月26日閲覧。 産経ニュース. 2012年2月29日. 2012年3月1日時点のよりアーカイブ。 2012年3月31日閲覧。 ネットネイティブ. 2017年5月12日. 2018年9月26日閲覧。 (2014年2月17日)、スポニチアネックス、2014年2月18日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2012年11月3日. 2017年5月24日閲覧。 CINRA. NET 2013年8月7日. 2013年8月19日閲覧。 サンケイスポーツ 2014年11月5日. 2014年11月5日閲覧。 シネマトゥデイ 2014年8月8日. 2014年11月5日閲覧。 com 2014年12月17日. 2014年12月18日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2015年12月24日. 2015年12月24日閲覧。 映画ナタリー 2015年11月19日. 2015年11月19日閲覧。 com 2015年11月24日. 2015年11月24日閲覧。 com. 2016年3月18日. 2016年3月18日閲覧。 映画ナタリー. 2016年7月29日. 2016年7月29日閲覧。 映画ナタリー. 2017年1月5日. 2017年1月5日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2017年5月24日. 2017年5月24日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2017年10月30日. 2017年10月30日閲覧。 ネットネイティブ. 2018年9月21日. 2018年9月26日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2017年11月8日. 2018年4月24日閲覧。 ニュースウォーカー KADOKAWA. 2018年2月12日. 2018年2月12日閲覧。 Inc, Natasha. お笑いナタリー. 2019年5月22日閲覧。 NHKドラマトピックス. 2012年4月24日閲覧。 テレビドガッチ 2013年8月27日. 2013年8月30日閲覧。 CinemaCafe. net 2014年12月8日. 2014年12月8日閲覧。 CinemaCafe. net 2014年12月8日. 2014年12月8日閲覧。 CinemaCafe. net. 2014年12月5日. 2014年12月7日閲覧。 NHK 2017年2月7日. 2017年2月7日閲覧。 スポニチ 2018年6月19日. 2018年10月11日閲覧。 MANTAN. 2019年5月20日. 2019年5月20日閲覧。 ニュースウォーカー. 2012年4月6日閲覧。 シネマトゥデイ 2014年12月11日. 2014年12月11日閲覧。 CINRA. NET 2014年12月11日. 2014年12月11日閲覧。 com 2015年4月13日. 2015年4月13日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2018年4月11日. 2018年4月11日閲覧。 第15回公演• NODA MAP番外公演• NODA MAP第16回公演• PRESENTS• ゴーチ・ブラザーズ プロデュース公演• 、シアターガイド、2012年11月22日参照。 (2014年5月7日)、、2014年5月29日閲覧。 シアターガイド 2014年6月6日. 2014年6月23日閲覧。 二兎社. 2016年12月13日閲覧。 Astage-アステージ-. 2016年10月8日. 2019年12月2日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2016年9月15日. 2016年12月13日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2016年12月13日. 2016年12月13日閲覧。 ステージナタリー. 2017年8月28日. 2017年10月4日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 Inc, Natasha. ステージナタリー. 2019年11月30日閲覧。 Inc, Natasha. ステージナタリー. 2019年11月30日閲覧。 電通報 2015年7月1日. 2015年7月3日閲覧。 PR TIMES、サントリースピリッツ株式会社 2019年9月30日. 2019年12月4日閲覧。 PDF プレスリリース , ダノンジャパン, 2015年10月6日 , 2015年10月11日閲覧。 スポニチアネックス 2015年10月28日. 2015年10月29日閲覧。 ORICON STYLE 2016年9月8日. 2016年9月8日閲覧。 ORICON NEWS 2019年. 2019年12月7日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2016年6月4日. 2016年6月4日閲覧。 、2013年、TAMA CINEMA FORUM、2013年10月11日閲覧。 公式サイト. 2014年1月17日閲覧。 (2014年1月23日)、、2014年1月23日閲覧。 、、2014年2月18日閲覧。 、日本アカデミー賞公式サイト、2015年2月27日閲覧。 映画ナタリー. 2016年12月20日. 2016年12月21日閲覧。 ORICON STYLE 2017年3月14日. 2017年3月14日閲覧。 com 2017年12月21日. 2017年12月22日閲覧。 日本アカデミー賞協会の運営する公式サイト。 日本アカデミー賞の概要、歴史の他、歴代の全受賞者受賞作品のデータを掲載。. 2019年3月23日閲覧。 「」『週刊関西版』33(2015年8月15日 - 8月31日)号、KADOKAWA、 83-87頁、 2015年8月13日閲覧。 株式会社KADOKAWA 2016年8月10日. 2019年11月30日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年2月1日. 2019年2月1日閲覧。 2019年10月28日閲覧。 株式会社KADOKAWA 2019年11月21日. 2019年12月2日閲覧。 京都府府民生活部男女共同参画課 2014年10月24日. 京都府. 2014年12月8日閲覧。 2014年10月25日. 2014年12月8日閲覧。 2019年2月6日閲覧。 2015年2月5日. 2015年2月8日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 公式ホームページ.

次の

黒木メイサ 出演ドラマ(一覧)ランキング

黒木 は る ドラマ

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2017年9月) くろきひとみ 黒木 瞳 生年月日 1960-10-05 (59歳) 出生地 (旧) 身長 163 cm 血液型 職業 ジャンル 活動期間 - 活動内容 :入団、配属 :月組トップ娘役就任 :宝塚歌劇団退団。 その後、女優として、テレビなどで活躍中 :結婚 :最優秀主演女優賞 配偶者 あり(1990年 - ) 事務所 ポエムカンパニーリミテッド 公式サイト 主な作品 テレビドラマ 『』/『』 『』/『』 『』/『』 『』 映画 『』/『』 『』 『』シリーズ 『』 舞台 『』 『mama loves MAMBO』 明治座『京の蛍火』 目次• 来歴 [ ] (昭和35年)に4人兄弟の末っ子として生まれる。 7段の腕前を持つ父親 の影響もあり、 小学4年生(黒木小学校)から中学2年生まで [ ]剣道を習っていた。 在学時にはに所属、部長として九州大会に進出。 高校卒業後、の音楽大学への進学が決まっていた。 しかし記念受験としてを両親に内緒で受験しようとし、に1週間通う。 受験費用を捻出できず、当時交際していた男性から1万円を借りて受験した。 また、受験日を1日前に間違えて行ってしまうというハプニングもあった [ ]。 面接では訛り一辺倒になった挙句、受験理由を尋ねられた際には「(宝塚歌劇団とはライバル関係にあった)でもよかったんですけどね」と発言したにもかかわらず、倍率22. 4倍の難関をくぐり合格 、4月に宝塚音楽学校に入学。 『』以来のゲーム好き。 宝塚歌劇団での活躍 [ ] 、宝塚歌劇団入団。 入団時の成績は39人中3位。 『宝塚春の踊り』で初舞台を踏んだ。 にはの、、、演劇、、講師の、がいる。 同年 に月組配属。 1月より『』()にレギュラー出演し、司会、レポーターなどもこなした。 在団中に映画『』()に出演。 これが映画初出演作品である。 娘役としては史上最速となる入団2年目で、の相手役として『』で月組トップ娘役に就任。 研2での就任については、小顔で男役としては細身だった大地が同じような体格で度胸ある番組進行をこなしていた黒木に着目し、相手役にしたいと申し出たという。 また、当時の月組トップであり副組長も兼任していたも黒木を高く買い、67期生の初舞台公演中に「黒木さんを月組にもらいたい」と言ったというエピソードがある。 『』『シブーレット』『ムーンライト・ロマンス』『翔んでアラビアンナイト』『』『』などに出演し、在団中は娘役でありながら大地に迫るほどの人気を獲得した。 芸能界への転身 [ ] 映画主演デビュー作、監督『』(1986年公開)では全裸となり、 宝塚の歴史を貶めたなどの非難もあった [ ]が、演技には一定の評価を得た。 その後、サスペンスドラマなどを中心に活動を続けていたが、1997年公開の監督の映画『』で不倫の恋を大胆に演じて大きな話題に。 原作とともに社会現象となったこの作品で知名度が一気に広がり、活躍の場が広がっていった。 『失楽園』の原作者であるとは深い仲であったとされる。 、結婚。 相手は関西のCMに出演した際制作を担当した社員の一般人男性。 夫との間にはに出産した女児が一人いることを公表している (出産時の年齢が38歳と、当時としては高齢であったため話題となった) [ ]。 この長女は、後に宝塚を受験したが不合格になったことが2017年に報じられている。 の8月、『』()の司会を務めた。 黒木自身が大ファンだと言うの「」の場面では、水前寺に誘われる形で途中から黒木も参加した [ ]。 1999年・は、『』()の司会を務めた。 子供の頃から中継を見て育ったこともあって相撲好きであり、はに初優勝をした時に花を贈って以来、大ファンである。 NHKの中継にゲスト出演し「毎年初場所を観戦し、座布団を投げているんです」と逸話を紹介。 さらに「夫と相撲を取るんです」とも発言した(また、千代大海は「はじめ本人からのお花だと思わなかった」とのこと)。 [ ] - まで『』()の司会を務めた。 また、2005年とは歌手としても出演。 ・は『』()ではパーソナリティーを務めた。 2016年公開の映画『』で監督デビュー。 同年にで放送されたでは主演を務めた。 エピソード [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2020年1月) 父親の実父の実家である樋口家は、のの際に、秀吉よりに任命された樋口実長(元はを治めていて、九州平定でこの地を追放されたのだった)の末裔で、当地で帯刀を許されなどの要職をやっていたが、黒木の曽祖父の代に開発に失敗して一族は没落し離散。 黒木の祖父はで文人墨客などを顧客に持つ店を商う事になり順風満帆だったが、黒木の父の姉が3歳の時にに罹り、それを看病したために感染して親子そろって死去。 残された黒木の祖母は幼い黒木の父を連れて黒木に帰って食堂を開き、地元のの男性と再婚した。 夫の曽祖父に(夫の父方の祖母が頭山満の娘)。 で同期・同組のとは、お互い「親友」と呼びあうほど仲良しであった。 ので北原が死去した後に、にで執り行われた通夜では、の仲間に抱えられるようにして葬儀に参列した。 タレントのと仲がよい。 自宅では犬と猫と亀を飼っている(2008年に『笑っていいとも! 』(フジテレビ)の「」出演時に「100分の1アンケート」で同じ組み合わせで飼っているかをアンケートしたところ、結果が1人となり、タモリストラップを獲得している)。 [ ] 宝塚退団後の1986年、映画主演デビュー作『』で、役をするため、当時の社長・の指示で、実際にので一週間、ホステスのをした。 好きな俳優は [ ](なお、水谷とは『5・』(日本テレビ放送網 日本テレビ)と『2008年FNS歌謡祭』(フジテレビ)で共演している。 実家にはポスターが貼ってある [ ]。 喫煙者であり、撮影では黒木のためのタバコ待ちが行われるという。 宝塚歌劇団時代の出演 [ ] 舞台 [ ]• 白鳥の道を越えて(6月 - 8月、宝塚大劇場) - 新人公演・ミランダ 役(本役:)• シブーレット (8月、) - シブレット 役• まい・みらくる (1月、宝塚バウホール)- イヴ 役• I am What I am(1月、宝塚バウホール)- 歌う娘 役• (11月〜12月、宝塚大劇場)- サラ 役• (1982年、東宝) - 津村恵子 役 情報番組 [ ]• (朝日放送)- アシスタント 宝塚歌劇団退団後の出演作品 [ ] テレビドラマ [ ] 1986年• VI(1987年10月2日、フジテレビ)• からたちの花、永遠に がんセンター総長の愛と戦い 死と直面した夫婦感動の50年(テレビ東京) 1988年• (1988年1月1日、TBS) - 佐登 役• 第5話(TBS)• (NHK)• 追いつめられた女(日本テレビ) - 駒木清絵 役• 五木寛之の朱夏の女たち(TBS)• 夏樹静子トラベルサスペンス「白いクーペの女」(テレビ東京)• (TBS) - 鯨岡昭子 役• 愛と憎しみの河(TBS)• さんまの「おれは裸だ」(日本テレビ) - 和菊洋子 役• (テレビ東京) - (第1話ゲスト)• 悪女はラベンダーの香り 莫大な財産をめぐる連続殺人(テレビ朝日) 1989年• 5 越後路殺人事件(日本テレビ) - 漆原肇子 役• 賀茂のひぐらし(関西テレビ)• VIII(1989年3月3日、フジテレビ)• 親分の後妻は聖女 義理と人情をクルス(十字架)にかけりゃ…(日本テレビ)• まくりの勝っちゃん一発逆転(TBS)• (NHK) - 胡蝶 役• 車椅子からウィンク(テレビ朝日)• (フジテレビ)• 明石家さんま殺人事件(1989年9月29日、フジテレビ)• (TBS) - 並木泉 役• 宵待草殺人事件(日本テレビ)• ( - 1990年3月、フジテレビ) - 山口絵里 役• 京都サスペンス「美しき殺意」(関西テレビ) - 主演 1990年• (フジテレビ)• 家族物語(NHK)• (日本テレビ) - 志村由美子 役• (TBS) - 舟本美波子 役 1991年• (テレビ東京) - お蝶 役• 殺意の通路(日本テレビ) - 主演・室戸梢 役• (TBS) - 蓮川弥生 役• 殺意の朱い夏(日本テレビ) - 主演・室戸梢 役• (TBS) - 主演・杉田りえ子 役• (テレビ東京) - 伊吹タエ 役 1992年• シリーズ( - 1993年、NHK) - 佐知 役• 新緑の京都奈良・涼しい眼(フジテレビ) - 朋子 役• 「6列5番目のたたり」() - 主演• (フジテレビ)• 本多の狐-徳川家康の秘宝(朝日放送) - おしろ 役• (テレビ朝日) 1993年• (テレビ東京) - お藤 役• (日本テレビ) - 佐藤(宮坂)夕子 役• インターホン症候群の女(フジテレビ)• 「もう一度生まれ変わるとすれば25歳か18歳か」(フジテレビ) - 主演 1994年• (TBS) - 夕霧太夫 役• (NHK)• 深夜の法廷(日本テレビ)• (テレビ朝日) - 主演・岡村いちこ 役• (テレビ朝日) 1995年• (NHK) - 役• (TBS) - 岡部恵子 役• (1995年5月19日、フジテレビ系、金曜エンタテイメント) - 主演• (NHK) - 龍の母 役• 春の特別編「指輪 リング」(フジテレビ) - 主演• (TBS) - 池島美佳 役• (TBS) - 枝村幸子 役• 震える目 通勤快速電車衝動殺人事件(日本テレビ) - 主演・桜田薫 役• 火曜サスペンス劇場「殺人迷路」(1月、日本テレビ) - 主演・里見令子 役 1996年• (日本テレビ) - 大沢真実 役• 渡辺淳一スペシャル(テレビ東京)• (NHK)• (NHK) - お絹 役• (TBS) - 大倉みさき 役 1997年• (テレビ東京) - 由衣 役• (NHK) - 主演・黒田滝子 役 1998年• (テレビ朝日) - 広瀬マミ 役• 上杉鷹山〜二百年前の行政改革〜(NHK) - 千代 役• その男の恐怖(フジテレビ)• 雪の夜に私を殺して! 狂四郎を愛し続けた女(テレビ朝日) - おりん 役 1999年• (1月 - 3月、フジテレビ) - 宮下理恵子 役• (TBS) - 黒澤鏡子 役• 永遠のアトム 手塚治虫物語(テレビ東京)• 「深夜病練」(フジテレビ) - 主演・久野之子• (フジテレビ) - 坂上(丹波)郁恵 役 2000年• (テレビ東京) - 投げ節お仲 役• (関西テレビ) - 飯島美津子 役• 第1夜「大正編・愛と憎しみの嵐」(TBS) - 戸倉史 役• (TBS) - 神崎美矢子 役• (フジテレビ) - 坂上郁恵 役 2001年• ミスDJ - 殺しのリクエスト(フジテレビ) - 主演• 刑法第39条フラッシュバック(テレビ東京)• (関西テレビ) - 望月玲子 役• (TBS) - 堀川咲子 役• (フジテレビ) - 坂上郁恵 役• 鬼子母神(テレビ朝日) 2002年• (日本テレビ) - 佐倉瞳 役• (TBS) - 篠崎未亡人 役• (日本テレビ、火曜サスペンス劇場) - 竹中春江 役• スペシャル(TBS) - 堀川咲子 役• (フジテレビ) - 坂上郁恵 役• (TBS) - 狼女 役• 「クリスマスの花束」(12月24日、フジテレビ) - 文江 役 2003年• (テレビ東京) - 役• (TBS) - 富樫のり子 役• (TBS) - 仁科玲子 役• (TBS) - 平山美知子 役• (フジテレビ) - 高村真由美 役• (フジテレビ) - 坂上郁恵 役• ( - 2004年3月、フジテレビ) - 花森ケイ子 役 2004年• (TBS) - 山口華 役 2005年• (TBS) - 星野扶沙子 役• 「幻の少年」(フジテレビ)• (日本テレビ) - 主演・大石久子 役• (TBS) - 主演・小田志津 役• (TBS) - 主演・北見雪枝 役 2006年• (日本テレビ) - 主演・万田佳奈 役• (フジテレビ) - 蜂谷久子 役 2007年• (NHK) - 及川玲子 役(第1・2話ゲスト)• 「家族へのラブレター」(フジテレビ) - 主演・福原杏子 役 2008年• (テレビ朝日) - 影山朝子 役• (関西テレビ) - 神保美姫 役• (NHK) - 主演・藤田鈴子 役• (NHK) - 北ノ方 役 2009年• (日本テレビ) - 三鷹春香 役(第5話ゲスト)• (日本テレビ) - 川井香澄 役• (フジテレビ) - 主演・愛田朱美 役• (テレビ東京) - 主演・比嘉富子 役• (12月28日、NHK) - 主演・藤田鈴子 役• (関西テレビ) - 神保美姫 役• 第三のミス〜まず石を投げよ〜(WOWOW) - 主演・櫻井貴子 役 2010年• (3月、テレビ朝日) - 倉嶋泰子 役• (4月 - 6月、テレビ朝日) - 主演・宮沢朋美 役 2011年• (3月、テレビ朝日) - 主演・西脇ゆう子 役• (5月、テレビ朝日) - 富永麗子 役• (NHK)- 主演・福原由美子 役 2012年• (3月14日、テレビ東京) - 古田かね子 役• (3月25日-4月22日 全五話、WOWOW) - 石原揺子 役• (6月26日、関西テレビ) - 主演・高澤侑子 役• (7月 - 9月、関西テレビ) - 桜井良子 役• (9月9日、NHK衛星・BSプレミアム) - 主演・黒木 役• 黒い十人の黒木瞳II(12月29日、NHK衛星・BSプレミアム) - 主演・黒木 役 2013年• (1月2日、テレビ東京) - 西郷千重子 役• (1月 - 3月、テレビ朝日) - 主演・水沢麻子 役• 黒い十人の黒木瞳III(6月30日、NHK衛星・BSプレミアム) - 主演・黒木 役• (10月 - 、WOWOW) - 櫻井聡子 役 2014年• (1月3日、フジテレビ) - 岡村郁子 役• (1月〜、NHK) - 役• 「産科医・和泉凛〜生と死のカルテ〜」(3月17日、TBS) - 主演・和泉凛 役• (7月〜9月、関西テレビ) - 桜井良子 役• 終戦記念スペシャルドラマ「」(8月15日、フジテレビ) - 語り• 「闇への視覚」(8月16日、フジテレビ) - 主演・森川千尋 役 2015年• (1月 - 3月、日本テレビ) - 井納千春 役• (4月 - 5月、) - 主演・三崎皓子 役 2016年• (3月 - 4月、NHK BSプレミアム) - 主演・石田徹子 役• (7月 - 9月、日本テレビ) - 藤堂万紀子 役• (1月3日、テレビ東京) - 藤原美奈子 役• (1月 - 2月、) - 高橋治美 役• (1月 - 3月、テレビ朝日) - 富川水希 役• (7月12日 - 9月13日、日本テレビ) - 根本泉 役• スペシャル(10月13日、テレビ東京) - 緒方綾乃 役 2018年• - すずらん 役• (10月 - 12月、フジテレビ) - 目黒栞 役• (9月19日、日本テレビ) - 根本泉 役• (10月19日 - 12月7日、テレビ東京) - 緒方綾乃 役• (12月24日、フジテレビ) - 犬神松子 役 2019年• (7月13日 - 9月28日、テレビ東京) - 麗香 役• (7月16日 - 9月17日、関西テレビ・フジテレビ系) - 久我早穂子 役 2020年• (2月22日、NHK BSプレミアム) - 昭菜 役• 桶狭間OKEHAZAMA~織田信長~ 仮 (2020年夏放送予定、フジテレビ)- 土田御前 役 映画 [ ]• (1986年、東映) - 八島霧子 役• (1988年、東映) - 百合 役• 死線を越えて 賀川豊彦物語(1988年、現代ぷろだくしょん) - 芝ハル 役• (1988年、東映) - 主演・紺野愛 役• (1988年、プロモーティヴEye21) - 都倉加代子 役• (1991年1月、東映) - おその 役• (1991年、アルゴプロジェクト) - 藤春恵 役• (1991年、東映) - 主演・落合妙子 役• 「火焔つつじ」(1994年、松竹) - すみ 役• (1994年、東宝) - きよ 役• (1995年、東映) - 賀穂 役• (1997年、東映) - 松原凛子 役• (1997年、東宝) - 久保田真知子 役• (1998年、松竹) - 主演・ 役• (1998年、松竹) - 小浪 役• (1999年、東映) - 佐藤弘子 役• (2000年、アスミック・エースエンタテインメント) - 主演・遠藤瑤子 役• (2002年、東映) - 友里佐知子 役• (2002年、松竹) - 川本富貴 役• (2002年、東宝) - 主演・松原淑美 役• (2003年、東映) - 喜春 役• (2003年、東宝) - 里見巻子 役• (2005年、東宝) - 主演・浅野詩史 役• (2007年、松竹) - 豊志賀 役• (2007年、ショウゲート) - 柚木陽子 役• 3部作(東宝) - 遠藤貴理子 役• 20世紀少年 第1章 終わりの始まり(2008年)• 20世紀少年 第2章 最後の希望(2009年)• 20世紀少年 最終章 ぼくらの旗(2009年)• (2011年、トリプルアップ) - 城之内つばめ 役• (2012年、東宝)- ナビゲーター• (2012年、ティ・ジョイ) - ナレーション• (2012年、東京テアトル) - 主演・井口美恵子 役• (2013年6月8日、) - 今井玲子 役• (原題:太平輪 乱世浮生)(2014年、中国) - 志村夫人 役• (原題:太平輪 彼岸)(2015年、中国) - 志村夫人 役• (2018年1月、東宝) - マサコ 役• (2018年6月、東映) - 主演・田代千草 役• (2020年3月、東宝) - 山田真里亜 役 劇場アニメ [ ]• (2014年7月19日、東宝) - 久子 役 吹き替え [ ]• (1999年、NHK) - 司会• (1999年、2000年、2002年、TBS) - 司会• (2005年 - 2009年、フジテレビ) - 司会• (2017年10月8日 - 、テレビ朝日) - MC• (2018年12月31日-2019年1月1日)- 司会(テレビ東京、、と共に) ドキュメンタリー番組 [ ]• (1993年4月 - 6月、) - 司会• (2005年5月22日放送、TBSテレビ)• 「源氏物語千年・黄金絵巻の謎に挑む」(2008年、NHK) - 司会・語り• 国宝阿修羅展特別番組(2009年、テレビ朝日) - メインナビゲーター• (2011年10月8日、)• 黒木瞳が行く 食の世界遺産• 黒木瞳が行く 食の世界遺産〜メキシコ料理の源流を訪ねて(2012年2月11日、BSジャパン)• 黒木瞳が行く 食の世界遺産II〜フランス美食術の神髄を訪ねて(2013年1月3日、BSジャパン)• ドキュメンタリー同期生「亡き友を胸に〜宝塚歌劇団67期生〜」(2012年12月28日、NHK)• 豪華列車で旅する九州・美しの国(30分版)(2013年10月14日、NHK総合テレビ)• 豪華列車で旅する九州・美しの国(2013年11月16日、NHK BSプレミアム)• みんな大好き! ミッフィーの秘密〜黒木瞳 ブルーナ90年の人生をたどる〜(2017年8月16日、NHK BSプレミアム) バラエティー番組 [ ]• (1988年 - 1989年、テレビ朝日) - 司会• (2010年10月3日、2012年1月2日、日本テレビ) - 司会 その他のテレビ番組 [ ]• 朗読スペシャル「五年目の客」(2006年、)• (2007年 - 、日本テレビ) CM [ ]• 「」(1996年)• 「」(1997年)• (1994年 - 1995年)• (1997年 - 2004年)• 「麺の達人」(1999年 - 2001年)• (2002年)• 2002年• 「こくまろカレー」• 「ニュートリシステム J-ダイエット」• (2002年)• 「デミタスコーヒー」• (本人そっくりのが登場)• 「Lモード」• 「チョーヤ梅酒 紀州」• 「wooo」• 「グレイス」• 「クレドール」• 「45PLUSパスポート」• 「45PLUSフレンズパスポート」• 「おとなの水曜日パスポート」• 「オール電化」• 「フルコートF」(2009年 - )• 「女神のきらめきパンツ」(2009年)• 「power warm」(2009年)• 「power cool」(2010年)• 「金のつぶ とろっ豆 パキッ!とたれ」(2012年)• ネイチャーラボ• LITSシリーズ(2012年)• 「シークオールインワンゲル」『ミュージカル篇』(2019年 - ) 舞台 [ ]• 将軍(1985年)• (1990年)• 陽気な幽霊(1993年)• (1994年)• mama loves MAMBO(2000年) - 主演・柏木容子 役• クリスマス・ボックス(2001年)• mama loves MAMBO II(2002年) - 主演・柏木容子 役• mama loves MAMBO III(2004年) - 主演・川原麗子 役• MAMA LOVES mambo IV(2006年) - 主演・花岡洋子 役• 取り立てや お春(2010年) - 主演・お春 役• GURUになります。 〜平浅子と源麗華の一週間〜(2015年) - 主演・平浅子 役• 京の螢火(2017年11月) - 主演・ 役• (2018年5月) - 役 ラジオ [ ]• ダイドードリンコ presents 黒木瞳のちょっとひとりごと(2000年、)• Shimano Fishing Cafe(2000年、)• (2003年1月6日 - 2004年9月24日、制作NRNネット)• (2005年、ニッポン放送)• (2005年 - 2008年、ニッポン放送)• YEBISU ちょっとおいしい話 by 黒木瞳(2008年、TOKYO FM)• 黒木瞳 we are beautiful(2011年11月1日 - 、ニッポン放送)• ENEOSプレゼンツ あさナビ(2014年4月1日 - 、ニッポン放送) ディナーショー [ ]• 30th Dreaming dinner show(2010年) 監督作品 [ ]• (2016年、)• わかれうた(2017年、ネスレシアター) 音楽 [ ] 全てCD。 (1991年10月30日 アポロン APDA-55) 映画「」主題歌。 作詞も担当。 作曲: (1999年12月 マーキュリーミュージックエンターテイメント PHDL-1203) 映画「」主題歌。 作詞も担当。 (2005年11月23日 - 12月31日限定発売 テイチクエンタテインメント TECH-12085) 三井住友海上火災「ViV」CMソング その他• 校歌(作詞 ) 朗読オーディオブック [ ]• 『孤舟』 原作: 著書 [ ] エッセイ集 [ ]• 『わたしが泣く時』、1994 のち文庫• 『モン・モエ』(絵本)絵 幻冬舎、1999• 『夫の浮わ気』、2000• 『ひとみごちて 阿修羅のごとく』 2003(フォトエッセイ)• 『もう夫には恋はできない』小林基行 [ほか]撮影 2004(フォトエッセイ)• 『母の言い訳』、2005 のち文庫• 『私の場合 ブレない大人への段階』講談社(2010年、ISBN:978-4-06-216309-5) 詩集 [ ]• 『長袖の秋』角川書店、1988 のち文庫• 『夜の青空』角川書店、1991 のち文庫• 『恋のちから愛のススメ』 2005(ニッポン放送の番組で披露したを書籍にしたもの ) 写真集 [ ]• 『17か月のDesigned Woman』撮影 、1997• 『mama loves MAMBOII』• 『Timeless』(タイムレス)幻冬舎、2017 翻訳絵本 [ ]• マーティン・ワッデル文 カミーラ・アッシュフォース絵 『すきなの だあれ? 』、1999• アラン・アルバーグ作 ジリアン・タイラー 絵『たからものさがし』小学館、2002 雑誌 [ ]• メイプル(連載、終了)• (2009年1月号 - 連載)• 歌劇 1月号(歌劇創刊1000号記念お祝いメッセージ掲載) 関連図書 [ ]• 吉田公子・著 『由美子へ』 2006年8月 の実母による、北原の美しくも儚かった24年の一生を綴った本。 宝塚時代北原とは親友でもあり最も仲がよかったことから、黒木が本書のあとがきを依頼され担当した。 受賞歴 [ ]• :第10回新人俳優賞『化身』• :第6回(30代部門)• :第21回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞『失楽園』• 1997年:第10回主演女優賞『失楽園』• 1997年:第22回最優秀主演女優賞『失楽園』• :第10回女優賞『破線のマリス』• 2001年:第8回E-ライン・ビューティフル大賞• :第7回アジア・テレビジョンアワード優秀演技賞『ゴールデンボウル』• 2002年:第1回Ms. Lily賞(国際球根協会)• :第19回• :第15回日本ジュエリーベストドレッサー賞(40代部門)• :第1回ライフスタイリスト・オブ・ザ・イヤー• :第13回2006• 2006年:第35回• :第1回2008• :(40代部門)• 2009年:第6回(Mrs部門) - Miss部門のとダブル黒木での受賞。 :第12回 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 104. 2012年6月15日閲覧• TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年5月17日閲覧。 自著『母の言い訳』p. 208 など• 朝日新聞• gooテレビ 2016年6月24日. 2017年5月30日閲覧。 2017年1月10日. 2017年5月30日閲覧。 48 - 53「の言わせてゴメン! 『』2014年5月15日夕刊「黒木瞳のひみつのHちゃん」• 自著『わたしが泣く時』p. 33 - 37• 自著『わたしが泣く時』p. 22 - 25• 自著『わたしが泣く時』p. 108 - 116、178 - 184• 『』()2003年10月2日号 p. 175 - 176• 自著『母の言い訳』序章(p. 5 - 11)など• 1999年8月14日 各新聞テレビ欄より。 1999年12月31日 各新聞テレビ欄より。 2000年12月31日 各新聞テレビ欄より。 2006年11月9日. 2017年5月29日閲覧。 2005年12月7日、2006年12月6日、2007年12月5日、2008年12月3日、2009年12月2日 各新聞テレビ欄より。 2005年11月25日. 2017年5月30日閲覧。 演劇ニュース 2011年11月23日. 2017年5月30日閲覧。 2007年8月18日、2011年8月20日 各新聞テレビ欄より。 シネマトゥデイ. 2015年7月23日閲覧。 プレミアムドラマ. ドラマトピックスブログ: NHKブログ 2015年10月30日. 2015年11月3日閲覧。 夕刊 朝日新聞社 : p. [ ]. 2016年8月24日• 宝塚プレシャス+. 2017年6月5日閲覧。 黒木瞳『夫の浮わ気』、2000年4月、 [ ]。 終活WEB ソナエ 産経デジタル. 2014年7月28日. 2016年10月15日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2014年7月28日. の2014年8月4日時点におけるアーカイブ。 スポーツ報知 報知新聞社. 2011年5月10日. の2014年1月4日時点におけるアーカイブ。 ザ・ウィークリープレスネット. 2016年10月15日閲覧。 より [ ]• 2017年5月30日閲覧。 ライブドアニュース. リアルライブ LINE. 2009年9月5日. 2016年10月15日閲覧。 ニュースウォーカー 2016年5月12日. 2016年5月12日閲覧。 映画ナタリー. 2016年10月18日. 2016年10月18日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年11月10日. 2016年11月10日閲覧。 まんたんウェブ. 2018年7月19日. 2018年7月19日閲覧。 まんたんウェブ. 2018年12月3日. 2018年12月3日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年11月29日. 2019年11月30日閲覧。 映画ナタリー. 2018年4月20日閲覧。 、2017年10月6日閲覧• 日本放送協会 2013年10月23日. 2013年10月26日閲覧。 CINRA. NET 2015年11月9日. 2015年11月10日閲覧。 西日本新聞 西日本新聞社. 2010年7月5日. 2016年10月15日閲覧。 外部リンク [ ]• hitomikofficial -• - (1926年退団) ・・ (1929年退団) ・・ (1931年退団) ・・ (1942年退団) ・・ (1935年退団) ・・ (1937年退団) ・・ (1957年退団) ・・ (1947年~1950年の月組公演主演は主に淡島、1950年退団) ・・ 固定スター不在(、ら) ・・ ( ~1970年) ・・ (1970年12月31日? ~1976年8月31日) - (1976年9月1日~1980年4月30日) - (1980年5月1日~1982年7月31日) - (1982年8月1日~1985年9月1日) - (1985年9月2日~1990年12月26日) - (1990年12月27日~1995年12月26日) - (1995年12月27日~1999年2月7日) - (1999年2月8日~2001年7月2日) - (2001年7月3日~2004年10月10日) - 固定スター不在(2004年10月11日~2005年5月22日) - (2005年5月23日~2008年7月6日) - 固定スター不在(2008年7月7日~2009年12月27日) - (2009年12月28日~2012年4月22日) - (2012年4月23日~2018年11月18日) - (2018年11月19日~) '・・'は基本、先代次代関係なし。 '-'は先代次代関係あり。

次の

黒木華ドラマ一覧【2019年最新版】

黒木 は る ドラマ

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2017年9月) くろきひとみ 黒木 瞳 生年月日 1960-10-05 (59歳) 出生地 (旧) 身長 163 cm 血液型 職業 ジャンル 活動期間 - 活動内容 :入団、配属 :月組トップ娘役就任 :宝塚歌劇団退団。 その後、女優として、テレビなどで活躍中 :結婚 :最優秀主演女優賞 配偶者 あり(1990年 - ) 事務所 ポエムカンパニーリミテッド 公式サイト 主な作品 テレビドラマ 『』/『』 『』/『』 『』/『』 『』 映画 『』/『』 『』 『』シリーズ 『』 舞台 『』 『mama loves MAMBO』 明治座『京の蛍火』 目次• 来歴 [ ] (昭和35年)に4人兄弟の末っ子として生まれる。 7段の腕前を持つ父親 の影響もあり、 小学4年生(黒木小学校)から中学2年生まで [ ]剣道を習っていた。 在学時にはに所属、部長として九州大会に進出。 高校卒業後、の音楽大学への進学が決まっていた。 しかし記念受験としてを両親に内緒で受験しようとし、に1週間通う。 受験費用を捻出できず、当時交際していた男性から1万円を借りて受験した。 また、受験日を1日前に間違えて行ってしまうというハプニングもあった [ ]。 面接では訛り一辺倒になった挙句、受験理由を尋ねられた際には「(宝塚歌劇団とはライバル関係にあった)でもよかったんですけどね」と発言したにもかかわらず、倍率22. 4倍の難関をくぐり合格 、4月に宝塚音楽学校に入学。 『』以来のゲーム好き。 宝塚歌劇団での活躍 [ ] 、宝塚歌劇団入団。 入団時の成績は39人中3位。 『宝塚春の踊り』で初舞台を踏んだ。 にはの、、、演劇、、講師の、がいる。 同年 に月組配属。 1月より『』()にレギュラー出演し、司会、レポーターなどもこなした。 在団中に映画『』()に出演。 これが映画初出演作品である。 娘役としては史上最速となる入団2年目で、の相手役として『』で月組トップ娘役に就任。 研2での就任については、小顔で男役としては細身だった大地が同じような体格で度胸ある番組進行をこなしていた黒木に着目し、相手役にしたいと申し出たという。 また、当時の月組トップであり副組長も兼任していたも黒木を高く買い、67期生の初舞台公演中に「黒木さんを月組にもらいたい」と言ったというエピソードがある。 『』『シブーレット』『ムーンライト・ロマンス』『翔んでアラビアンナイト』『』『』などに出演し、在団中は娘役でありながら大地に迫るほどの人気を獲得した。 芸能界への転身 [ ] 映画主演デビュー作、監督『』(1986年公開)では全裸となり、 宝塚の歴史を貶めたなどの非難もあった [ ]が、演技には一定の評価を得た。 その後、サスペンスドラマなどを中心に活動を続けていたが、1997年公開の監督の映画『』で不倫の恋を大胆に演じて大きな話題に。 原作とともに社会現象となったこの作品で知名度が一気に広がり、活躍の場が広がっていった。 『失楽園』の原作者であるとは深い仲であったとされる。 、結婚。 相手は関西のCMに出演した際制作を担当した社員の一般人男性。 夫との間にはに出産した女児が一人いることを公表している (出産時の年齢が38歳と、当時としては高齢であったため話題となった) [ ]。 この長女は、後に宝塚を受験したが不合格になったことが2017年に報じられている。 の8月、『』()の司会を務めた。 黒木自身が大ファンだと言うの「」の場面では、水前寺に誘われる形で途中から黒木も参加した [ ]。 1999年・は、『』()の司会を務めた。 子供の頃から中継を見て育ったこともあって相撲好きであり、はに初優勝をした時に花を贈って以来、大ファンである。 NHKの中継にゲスト出演し「毎年初場所を観戦し、座布団を投げているんです」と逸話を紹介。 さらに「夫と相撲を取るんです」とも発言した(また、千代大海は「はじめ本人からのお花だと思わなかった」とのこと)。 [ ] - まで『』()の司会を務めた。 また、2005年とは歌手としても出演。 ・は『』()ではパーソナリティーを務めた。 2016年公開の映画『』で監督デビュー。 同年にで放送されたでは主演を務めた。 エピソード [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2020年1月) 父親の実父の実家である樋口家は、のの際に、秀吉よりに任命された樋口実長(元はを治めていて、九州平定でこの地を追放されたのだった)の末裔で、当地で帯刀を許されなどの要職をやっていたが、黒木の曽祖父の代に開発に失敗して一族は没落し離散。 黒木の祖父はで文人墨客などを顧客に持つ店を商う事になり順風満帆だったが、黒木の父の姉が3歳の時にに罹り、それを看病したために感染して親子そろって死去。 残された黒木の祖母は幼い黒木の父を連れて黒木に帰って食堂を開き、地元のの男性と再婚した。 夫の曽祖父に(夫の父方の祖母が頭山満の娘)。 で同期・同組のとは、お互い「親友」と呼びあうほど仲良しであった。 ので北原が死去した後に、にで執り行われた通夜では、の仲間に抱えられるようにして葬儀に参列した。 タレントのと仲がよい。 自宅では犬と猫と亀を飼っている(2008年に『笑っていいとも! 』(フジテレビ)の「」出演時に「100分の1アンケート」で同じ組み合わせで飼っているかをアンケートしたところ、結果が1人となり、タモリストラップを獲得している)。 [ ] 宝塚退団後の1986年、映画主演デビュー作『』で、役をするため、当時の社長・の指示で、実際にので一週間、ホステスのをした。 好きな俳優は [ ](なお、水谷とは『5・』(日本テレビ放送網 日本テレビ)と『2008年FNS歌謡祭』(フジテレビ)で共演している。 実家にはポスターが貼ってある [ ]。 喫煙者であり、撮影では黒木のためのタバコ待ちが行われるという。 宝塚歌劇団時代の出演 [ ] 舞台 [ ]• 白鳥の道を越えて(6月 - 8月、宝塚大劇場) - 新人公演・ミランダ 役(本役:)• シブーレット (8月、) - シブレット 役• まい・みらくる (1月、宝塚バウホール)- イヴ 役• I am What I am(1月、宝塚バウホール)- 歌う娘 役• (11月〜12月、宝塚大劇場)- サラ 役• (1982年、東宝) - 津村恵子 役 情報番組 [ ]• (朝日放送)- アシスタント 宝塚歌劇団退団後の出演作品 [ ] テレビドラマ [ ] 1986年• VI(1987年10月2日、フジテレビ)• からたちの花、永遠に がんセンター総長の愛と戦い 死と直面した夫婦感動の50年(テレビ東京) 1988年• (1988年1月1日、TBS) - 佐登 役• 第5話(TBS)• (NHK)• 追いつめられた女(日本テレビ) - 駒木清絵 役• 五木寛之の朱夏の女たち(TBS)• 夏樹静子トラベルサスペンス「白いクーペの女」(テレビ東京)• (TBS) - 鯨岡昭子 役• 愛と憎しみの河(TBS)• さんまの「おれは裸だ」(日本テレビ) - 和菊洋子 役• (テレビ東京) - (第1話ゲスト)• 悪女はラベンダーの香り 莫大な財産をめぐる連続殺人(テレビ朝日) 1989年• 5 越後路殺人事件(日本テレビ) - 漆原肇子 役• 賀茂のひぐらし(関西テレビ)• VIII(1989年3月3日、フジテレビ)• 親分の後妻は聖女 義理と人情をクルス(十字架)にかけりゃ…(日本テレビ)• まくりの勝っちゃん一発逆転(TBS)• (NHK) - 胡蝶 役• 車椅子からウィンク(テレビ朝日)• (フジテレビ)• 明石家さんま殺人事件(1989年9月29日、フジテレビ)• (TBS) - 並木泉 役• 宵待草殺人事件(日本テレビ)• ( - 1990年3月、フジテレビ) - 山口絵里 役• 京都サスペンス「美しき殺意」(関西テレビ) - 主演 1990年• (フジテレビ)• 家族物語(NHK)• (日本テレビ) - 志村由美子 役• (TBS) - 舟本美波子 役 1991年• (テレビ東京) - お蝶 役• 殺意の通路(日本テレビ) - 主演・室戸梢 役• (TBS) - 蓮川弥生 役• 殺意の朱い夏(日本テレビ) - 主演・室戸梢 役• (TBS) - 主演・杉田りえ子 役• (テレビ東京) - 伊吹タエ 役 1992年• シリーズ( - 1993年、NHK) - 佐知 役• 新緑の京都奈良・涼しい眼(フジテレビ) - 朋子 役• 「6列5番目のたたり」() - 主演• (フジテレビ)• 本多の狐-徳川家康の秘宝(朝日放送) - おしろ 役• (テレビ朝日) 1993年• (テレビ東京) - お藤 役• (日本テレビ) - 佐藤(宮坂)夕子 役• インターホン症候群の女(フジテレビ)• 「もう一度生まれ変わるとすれば25歳か18歳か」(フジテレビ) - 主演 1994年• (TBS) - 夕霧太夫 役• (NHK)• 深夜の法廷(日本テレビ)• (テレビ朝日) - 主演・岡村いちこ 役• (テレビ朝日) 1995年• (NHK) - 役• (TBS) - 岡部恵子 役• (1995年5月19日、フジテレビ系、金曜エンタテイメント) - 主演• (NHK) - 龍の母 役• 春の特別編「指輪 リング」(フジテレビ) - 主演• (TBS) - 池島美佳 役• (TBS) - 枝村幸子 役• 震える目 通勤快速電車衝動殺人事件(日本テレビ) - 主演・桜田薫 役• 火曜サスペンス劇場「殺人迷路」(1月、日本テレビ) - 主演・里見令子 役 1996年• (日本テレビ) - 大沢真実 役• 渡辺淳一スペシャル(テレビ東京)• (NHK)• (NHK) - お絹 役• (TBS) - 大倉みさき 役 1997年• (テレビ東京) - 由衣 役• (NHK) - 主演・黒田滝子 役 1998年• (テレビ朝日) - 広瀬マミ 役• 上杉鷹山〜二百年前の行政改革〜(NHK) - 千代 役• その男の恐怖(フジテレビ)• 雪の夜に私を殺して! 狂四郎を愛し続けた女(テレビ朝日) - おりん 役 1999年• (1月 - 3月、フジテレビ) - 宮下理恵子 役• (TBS) - 黒澤鏡子 役• 永遠のアトム 手塚治虫物語(テレビ東京)• 「深夜病練」(フジテレビ) - 主演・久野之子• (フジテレビ) - 坂上(丹波)郁恵 役 2000年• (テレビ東京) - 投げ節お仲 役• (関西テレビ) - 飯島美津子 役• 第1夜「大正編・愛と憎しみの嵐」(TBS) - 戸倉史 役• (TBS) - 神崎美矢子 役• (フジテレビ) - 坂上郁恵 役 2001年• ミスDJ - 殺しのリクエスト(フジテレビ) - 主演• 刑法第39条フラッシュバック(テレビ東京)• (関西テレビ) - 望月玲子 役• (TBS) - 堀川咲子 役• (フジテレビ) - 坂上郁恵 役• 鬼子母神(テレビ朝日) 2002年• (日本テレビ) - 佐倉瞳 役• (TBS) - 篠崎未亡人 役• (日本テレビ、火曜サスペンス劇場) - 竹中春江 役• スペシャル(TBS) - 堀川咲子 役• (フジテレビ) - 坂上郁恵 役• (TBS) - 狼女 役• 「クリスマスの花束」(12月24日、フジテレビ) - 文江 役 2003年• (テレビ東京) - 役• (TBS) - 富樫のり子 役• (TBS) - 仁科玲子 役• (TBS) - 平山美知子 役• (フジテレビ) - 高村真由美 役• (フジテレビ) - 坂上郁恵 役• ( - 2004年3月、フジテレビ) - 花森ケイ子 役 2004年• (TBS) - 山口華 役 2005年• (TBS) - 星野扶沙子 役• 「幻の少年」(フジテレビ)• (日本テレビ) - 主演・大石久子 役• (TBS) - 主演・小田志津 役• (TBS) - 主演・北見雪枝 役 2006年• (日本テレビ) - 主演・万田佳奈 役• (フジテレビ) - 蜂谷久子 役 2007年• (NHK) - 及川玲子 役(第1・2話ゲスト)• 「家族へのラブレター」(フジテレビ) - 主演・福原杏子 役 2008年• (テレビ朝日) - 影山朝子 役• (関西テレビ) - 神保美姫 役• (NHK) - 主演・藤田鈴子 役• (NHK) - 北ノ方 役 2009年• (日本テレビ) - 三鷹春香 役(第5話ゲスト)• (日本テレビ) - 川井香澄 役• (フジテレビ) - 主演・愛田朱美 役• (テレビ東京) - 主演・比嘉富子 役• (12月28日、NHK) - 主演・藤田鈴子 役• (関西テレビ) - 神保美姫 役• 第三のミス〜まず石を投げよ〜(WOWOW) - 主演・櫻井貴子 役 2010年• (3月、テレビ朝日) - 倉嶋泰子 役• (4月 - 6月、テレビ朝日) - 主演・宮沢朋美 役 2011年• (3月、テレビ朝日) - 主演・西脇ゆう子 役• (5月、テレビ朝日) - 富永麗子 役• (NHK)- 主演・福原由美子 役 2012年• (3月14日、テレビ東京) - 古田かね子 役• (3月25日-4月22日 全五話、WOWOW) - 石原揺子 役• (6月26日、関西テレビ) - 主演・高澤侑子 役• (7月 - 9月、関西テレビ) - 桜井良子 役• (9月9日、NHK衛星・BSプレミアム) - 主演・黒木 役• 黒い十人の黒木瞳II(12月29日、NHK衛星・BSプレミアム) - 主演・黒木 役 2013年• (1月2日、テレビ東京) - 西郷千重子 役• (1月 - 3月、テレビ朝日) - 主演・水沢麻子 役• 黒い十人の黒木瞳III(6月30日、NHK衛星・BSプレミアム) - 主演・黒木 役• (10月 - 、WOWOW) - 櫻井聡子 役 2014年• (1月3日、フジテレビ) - 岡村郁子 役• (1月〜、NHK) - 役• 「産科医・和泉凛〜生と死のカルテ〜」(3月17日、TBS) - 主演・和泉凛 役• (7月〜9月、関西テレビ) - 桜井良子 役• 終戦記念スペシャルドラマ「」(8月15日、フジテレビ) - 語り• 「闇への視覚」(8月16日、フジテレビ) - 主演・森川千尋 役 2015年• (1月 - 3月、日本テレビ) - 井納千春 役• (4月 - 5月、) - 主演・三崎皓子 役 2016年• (3月 - 4月、NHK BSプレミアム) - 主演・石田徹子 役• (7月 - 9月、日本テレビ) - 藤堂万紀子 役• (1月3日、テレビ東京) - 藤原美奈子 役• (1月 - 2月、) - 高橋治美 役• (1月 - 3月、テレビ朝日) - 富川水希 役• (7月12日 - 9月13日、日本テレビ) - 根本泉 役• スペシャル(10月13日、テレビ東京) - 緒方綾乃 役 2018年• - すずらん 役• (10月 - 12月、フジテレビ) - 目黒栞 役• (9月19日、日本テレビ) - 根本泉 役• (10月19日 - 12月7日、テレビ東京) - 緒方綾乃 役• (12月24日、フジテレビ) - 犬神松子 役 2019年• (7月13日 - 9月28日、テレビ東京) - 麗香 役• (7月16日 - 9月17日、関西テレビ・フジテレビ系) - 久我早穂子 役 2020年• (2月22日、NHK BSプレミアム) - 昭菜 役• 桶狭間OKEHAZAMA~織田信長~ 仮 (2020年夏放送予定、フジテレビ)- 土田御前 役 映画 [ ]• (1986年、東映) - 八島霧子 役• (1988年、東映) - 百合 役• 死線を越えて 賀川豊彦物語(1988年、現代ぷろだくしょん) - 芝ハル 役• (1988年、東映) - 主演・紺野愛 役• (1988年、プロモーティヴEye21) - 都倉加代子 役• (1991年1月、東映) - おその 役• (1991年、アルゴプロジェクト) - 藤春恵 役• (1991年、東映) - 主演・落合妙子 役• 「火焔つつじ」(1994年、松竹) - すみ 役• (1994年、東宝) - きよ 役• (1995年、東映) - 賀穂 役• (1997年、東映) - 松原凛子 役• (1997年、東宝) - 久保田真知子 役• (1998年、松竹) - 主演・ 役• (1998年、松竹) - 小浪 役• (1999年、東映) - 佐藤弘子 役• (2000年、アスミック・エースエンタテインメント) - 主演・遠藤瑤子 役• (2002年、東映) - 友里佐知子 役• (2002年、松竹) - 川本富貴 役• (2002年、東宝) - 主演・松原淑美 役• (2003年、東映) - 喜春 役• (2003年、東宝) - 里見巻子 役• (2005年、東宝) - 主演・浅野詩史 役• (2007年、松竹) - 豊志賀 役• (2007年、ショウゲート) - 柚木陽子 役• 3部作(東宝) - 遠藤貴理子 役• 20世紀少年 第1章 終わりの始まり(2008年)• 20世紀少年 第2章 最後の希望(2009年)• 20世紀少年 最終章 ぼくらの旗(2009年)• (2011年、トリプルアップ) - 城之内つばめ 役• (2012年、東宝)- ナビゲーター• (2012年、ティ・ジョイ) - ナレーション• (2012年、東京テアトル) - 主演・井口美恵子 役• (2013年6月8日、) - 今井玲子 役• (原題:太平輪 乱世浮生)(2014年、中国) - 志村夫人 役• (原題:太平輪 彼岸)(2015年、中国) - 志村夫人 役• (2018年1月、東宝) - マサコ 役• (2018年6月、東映) - 主演・田代千草 役• (2020年3月、東宝) - 山田真里亜 役 劇場アニメ [ ]• (2014年7月19日、東宝) - 久子 役 吹き替え [ ]• (1999年、NHK) - 司会• (1999年、2000年、2002年、TBS) - 司会• (2005年 - 2009年、フジテレビ) - 司会• (2017年10月8日 - 、テレビ朝日) - MC• (2018年12月31日-2019年1月1日)- 司会(テレビ東京、、と共に) ドキュメンタリー番組 [ ]• (1993年4月 - 6月、) - 司会• (2005年5月22日放送、TBSテレビ)• 「源氏物語千年・黄金絵巻の謎に挑む」(2008年、NHK) - 司会・語り• 国宝阿修羅展特別番組(2009年、テレビ朝日) - メインナビゲーター• (2011年10月8日、)• 黒木瞳が行く 食の世界遺産• 黒木瞳が行く 食の世界遺産〜メキシコ料理の源流を訪ねて(2012年2月11日、BSジャパン)• 黒木瞳が行く 食の世界遺産II〜フランス美食術の神髄を訪ねて(2013年1月3日、BSジャパン)• ドキュメンタリー同期生「亡き友を胸に〜宝塚歌劇団67期生〜」(2012年12月28日、NHK)• 豪華列車で旅する九州・美しの国(30分版)(2013年10月14日、NHK総合テレビ)• 豪華列車で旅する九州・美しの国(2013年11月16日、NHK BSプレミアム)• みんな大好き! ミッフィーの秘密〜黒木瞳 ブルーナ90年の人生をたどる〜(2017年8月16日、NHK BSプレミアム) バラエティー番組 [ ]• (1988年 - 1989年、テレビ朝日) - 司会• (2010年10月3日、2012年1月2日、日本テレビ) - 司会 その他のテレビ番組 [ ]• 朗読スペシャル「五年目の客」(2006年、)• (2007年 - 、日本テレビ) CM [ ]• 「」(1996年)• 「」(1997年)• (1994年 - 1995年)• (1997年 - 2004年)• 「麺の達人」(1999年 - 2001年)• (2002年)• 2002年• 「こくまろカレー」• 「ニュートリシステム J-ダイエット」• (2002年)• 「デミタスコーヒー」• (本人そっくりのが登場)• 「Lモード」• 「チョーヤ梅酒 紀州」• 「wooo」• 「グレイス」• 「クレドール」• 「45PLUSパスポート」• 「45PLUSフレンズパスポート」• 「おとなの水曜日パスポート」• 「オール電化」• 「フルコートF」(2009年 - )• 「女神のきらめきパンツ」(2009年)• 「power warm」(2009年)• 「power cool」(2010年)• 「金のつぶ とろっ豆 パキッ!とたれ」(2012年)• ネイチャーラボ• LITSシリーズ(2012年)• 「シークオールインワンゲル」『ミュージカル篇』(2019年 - ) 舞台 [ ]• 将軍(1985年)• (1990年)• 陽気な幽霊(1993年)• (1994年)• mama loves MAMBO(2000年) - 主演・柏木容子 役• クリスマス・ボックス(2001年)• mama loves MAMBO II(2002年) - 主演・柏木容子 役• mama loves MAMBO III(2004年) - 主演・川原麗子 役• MAMA LOVES mambo IV(2006年) - 主演・花岡洋子 役• 取り立てや お春(2010年) - 主演・お春 役• GURUになります。 〜平浅子と源麗華の一週間〜(2015年) - 主演・平浅子 役• 京の螢火(2017年11月) - 主演・ 役• (2018年5月) - 役 ラジオ [ ]• ダイドードリンコ presents 黒木瞳のちょっとひとりごと(2000年、)• Shimano Fishing Cafe(2000年、)• (2003年1月6日 - 2004年9月24日、制作NRNネット)• (2005年、ニッポン放送)• (2005年 - 2008年、ニッポン放送)• YEBISU ちょっとおいしい話 by 黒木瞳(2008年、TOKYO FM)• 黒木瞳 we are beautiful(2011年11月1日 - 、ニッポン放送)• ENEOSプレゼンツ あさナビ(2014年4月1日 - 、ニッポン放送) ディナーショー [ ]• 30th Dreaming dinner show(2010年) 監督作品 [ ]• (2016年、)• わかれうた(2017年、ネスレシアター) 音楽 [ ] 全てCD。 (1991年10月30日 アポロン APDA-55) 映画「」主題歌。 作詞も担当。 作曲: (1999年12月 マーキュリーミュージックエンターテイメント PHDL-1203) 映画「」主題歌。 作詞も担当。 (2005年11月23日 - 12月31日限定発売 テイチクエンタテインメント TECH-12085) 三井住友海上火災「ViV」CMソング その他• 校歌(作詞 ) 朗読オーディオブック [ ]• 『孤舟』 原作: 著書 [ ] エッセイ集 [ ]• 『わたしが泣く時』、1994 のち文庫• 『モン・モエ』(絵本)絵 幻冬舎、1999• 『夫の浮わ気』、2000• 『ひとみごちて 阿修羅のごとく』 2003(フォトエッセイ)• 『もう夫には恋はできない』小林基行 [ほか]撮影 2004(フォトエッセイ)• 『母の言い訳』、2005 のち文庫• 『私の場合 ブレない大人への段階』講談社(2010年、ISBN:978-4-06-216309-5) 詩集 [ ]• 『長袖の秋』角川書店、1988 のち文庫• 『夜の青空』角川書店、1991 のち文庫• 『恋のちから愛のススメ』 2005(ニッポン放送の番組で披露したを書籍にしたもの ) 写真集 [ ]• 『17か月のDesigned Woman』撮影 、1997• 『mama loves MAMBOII』• 『Timeless』(タイムレス)幻冬舎、2017 翻訳絵本 [ ]• マーティン・ワッデル文 カミーラ・アッシュフォース絵 『すきなの だあれ? 』、1999• アラン・アルバーグ作 ジリアン・タイラー 絵『たからものさがし』小学館、2002 雑誌 [ ]• メイプル(連載、終了)• (2009年1月号 - 連載)• 歌劇 1月号(歌劇創刊1000号記念お祝いメッセージ掲載) 関連図書 [ ]• 吉田公子・著 『由美子へ』 2006年8月 の実母による、北原の美しくも儚かった24年の一生を綴った本。 宝塚時代北原とは親友でもあり最も仲がよかったことから、黒木が本書のあとがきを依頼され担当した。 受賞歴 [ ]• :第10回新人俳優賞『化身』• :第6回(30代部門)• :第21回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞『失楽園』• 1997年:第10回主演女優賞『失楽園』• 1997年:第22回最優秀主演女優賞『失楽園』• :第10回女優賞『破線のマリス』• 2001年:第8回E-ライン・ビューティフル大賞• :第7回アジア・テレビジョンアワード優秀演技賞『ゴールデンボウル』• 2002年:第1回Ms. Lily賞(国際球根協会)• :第19回• :第15回日本ジュエリーベストドレッサー賞(40代部門)• :第1回ライフスタイリスト・オブ・ザ・イヤー• :第13回2006• 2006年:第35回• :第1回2008• :(40代部門)• 2009年:第6回(Mrs部門) - Miss部門のとダブル黒木での受賞。 :第12回 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 104. 2012年6月15日閲覧• TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年5月17日閲覧。 自著『母の言い訳』p. 208 など• 朝日新聞• gooテレビ 2016年6月24日. 2017年5月30日閲覧。 2017年1月10日. 2017年5月30日閲覧。 48 - 53「の言わせてゴメン! 『』2014年5月15日夕刊「黒木瞳のひみつのHちゃん」• 自著『わたしが泣く時』p. 33 - 37• 自著『わたしが泣く時』p. 22 - 25• 自著『わたしが泣く時』p. 108 - 116、178 - 184• 『』()2003年10月2日号 p. 175 - 176• 自著『母の言い訳』序章(p. 5 - 11)など• 1999年8月14日 各新聞テレビ欄より。 1999年12月31日 各新聞テレビ欄より。 2000年12月31日 各新聞テレビ欄より。 2006年11月9日. 2017年5月29日閲覧。 2005年12月7日、2006年12月6日、2007年12月5日、2008年12月3日、2009年12月2日 各新聞テレビ欄より。 2005年11月25日. 2017年5月30日閲覧。 演劇ニュース 2011年11月23日. 2017年5月30日閲覧。 2007年8月18日、2011年8月20日 各新聞テレビ欄より。 シネマトゥデイ. 2015年7月23日閲覧。 プレミアムドラマ. ドラマトピックスブログ: NHKブログ 2015年10月30日. 2015年11月3日閲覧。 夕刊 朝日新聞社 : p. [ ]. 2016年8月24日• 宝塚プレシャス+. 2017年6月5日閲覧。 黒木瞳『夫の浮わ気』、2000年4月、 [ ]。 終活WEB ソナエ 産経デジタル. 2014年7月28日. 2016年10月15日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2014年7月28日. の2014年8月4日時点におけるアーカイブ。 スポーツ報知 報知新聞社. 2011年5月10日. の2014年1月4日時点におけるアーカイブ。 ザ・ウィークリープレスネット. 2016年10月15日閲覧。 より [ ]• 2017年5月30日閲覧。 ライブドアニュース. リアルライブ LINE. 2009年9月5日. 2016年10月15日閲覧。 ニュースウォーカー 2016年5月12日. 2016年5月12日閲覧。 映画ナタリー. 2016年10月18日. 2016年10月18日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年11月10日. 2016年11月10日閲覧。 まんたんウェブ. 2018年7月19日. 2018年7月19日閲覧。 まんたんウェブ. 2018年12月3日. 2018年12月3日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年11月29日. 2019年11月30日閲覧。 映画ナタリー. 2018年4月20日閲覧。 、2017年10月6日閲覧• 日本放送協会 2013年10月23日. 2013年10月26日閲覧。 CINRA. NET 2015年11月9日. 2015年11月10日閲覧。 西日本新聞 西日本新聞社. 2010年7月5日. 2016年10月15日閲覧。 外部リンク [ ]• hitomikofficial -• - (1926年退団) ・・ (1929年退団) ・・ (1931年退団) ・・ (1942年退団) ・・ (1935年退団) ・・ (1937年退団) ・・ (1957年退団) ・・ (1947年~1950年の月組公演主演は主に淡島、1950年退団) ・・ 固定スター不在(、ら) ・・ ( ~1970年) ・・ (1970年12月31日? ~1976年8月31日) - (1976年9月1日~1980年4月30日) - (1980年5月1日~1982年7月31日) - (1982年8月1日~1985年9月1日) - (1985年9月2日~1990年12月26日) - (1990年12月27日~1995年12月26日) - (1995年12月27日~1999年2月7日) - (1999年2月8日~2001年7月2日) - (2001年7月3日~2004年10月10日) - 固定スター不在(2004年10月11日~2005年5月22日) - (2005年5月23日~2008年7月6日) - 固定スター不在(2008年7月7日~2009年12月27日) - (2009年12月28日~2012年4月22日) - (2012年4月23日~2018年11月18日) - (2018年11月19日~) '・・'は基本、先代次代関係なし。 '-'は先代次代関係あり。

次の