ライン 保留。 コンピュータおよびAgentのステータスとタスク

ビジネスホンの使い方|保留ボタンと転送ボタン

ライン 保留

もくじ• 「ダウンロードを保留しています」と表示される場合はどんなとき? Androidスマホで、アプリをダウンロードしようとしたり、アプリをアップデートしようとした際に、「ダウンロードを保留しています」と表示されることがあります。 基本的に「ダウンロードを保留しています」と表示されるのは、複数のアプリをアップデートしようとしたときか、複数のアプリをアップデートしている最中にアプリをダウンロードしようとしたときです。 Androidスマホでは、一つのアプリのダウンロードやアップデートが終了してから次のアプリのダウンロードやアップデートを始める仕組みになっています。 そのため、複数のアプリをダウンロード、もしくはアップデートしようとすると「ダウンロードを保留しています」と表示されるようになっています。 必ずしも通信状態が悪いとか、スマホに不具合が生じているというわけではありません。 アプリの自動更新の設定を変えてみる 複数のアプリをダウンロード、もしくはアップロードしようとした場合、「ダウンロードを保留しています」と表示されることはすでに述べた通りです。 しかし、一つのアプリをダウンロードしようとして「ダウンロードを保留しています」と表示されることもあります。 この場合は、Androidスマホの「アプリの自動アップデート」の設定が有効になっていることが原因であることが考えられます。 たまたま複数のアプリを自動アップデートしているときに、アプリをダウンロードしようとすると「ダウンロードを保留しています」と表示されてしまうパターンですね。 この場合は、少し時間を置いてみてください。 すでに述べたように一つずつアプリをダウンロード、もしくはアップデートしているので、ある程度時間が必要になります。 ちなみに、こういった事態を避けるために、Androidスマホでは「アプリの自動更新」の設定を変えることが可能です。 Androidスマホで「アプリの自動更新」の設定を変えるには、 Androidスマホの「ホーム」画面を開き、「Google Playストア」のアイコンをタップします。 「Google Playストア」が開くので、画面左上の「ハンバーガーアイコン(三本線のアイコン)」をタップします。 「メニュー」が表示されるので、「設定」をタップします。 「設定」画面が表示されるので、「アプリの自動更新」をタップします。 「アプリの自動更新」をタップすると、ポップアップメニューが表示され、• アプリを自動更新しない。 常に自動更新する(データ通信料が発生する場合があります)• Wi-Fi接続時のみアプリを自動更新する。 の3つを選択できるようなっています。 「アプリの自動更新」の設定については、通信料金や常に新しいアプリに自動でアップデートしてくる利便性を考慮すると、「Wi-Fi接続時のみアプリを自動更新する」がおすすめです。 但し、人気のゲームアプリが配信される日などは、アクセスが集中してゲームアプリのダウンロードに時間がかかる可能性があります。 そういった場合は、あらかじめ「アプリを自動更新しない」に設定しておいて、人気のゲームアプリのダウンロードに備えるのも一つの手です。 「アプリの自動更新」の設定については、それぞれメリットとデメリットがあるので、場合によって使い分けるほうが良いでしょう。 機内モードのオンオフを行い、通信を一時的にリセットしてみる 複数のアプリをダウンロード、もしくはアップデートしていなくても「ダウンロードを保留しています」と表示されることもあります。 こういった場合は、スマホの通信状況が悪い状態であることが考えられます。 スマホの通信状況の改善については、機内モードのオンオフを行い、通信を一時的にリセットすることが有効な手段です。 機内モードのオンオフを行うには、 Androidスマホの「ホーム」画面を開き、画面を上から下に2回スワイプします。 「クイック設定ツール」が表示されるので、「飛行機のアイコン」をタップすることで、機内モードのオンオフを行うことができます。 スマホを再起動してみる 機内モードのオンオフを行っても効果がない場合は、通信状況ではなく、スマホに何らかの不具合が生じている可能性が考えられます。 スマホの不具合を解消する場合、スマホの再起動を行うことが効果的です。 スマホの再起動を行うには、「電源ボタン」を長押しします。 「電源ボタン」を長押しすると、「メニュー」が表示されるので「再起動」をタップします。 「再起動」をタップすると、自動的にスマホの電源が切れ、スマホが再起動します。 アプリの提供元に問題がないか確認してみる スマホの通信状況も良く、不具合にも該当しない場合は、アプリの提供元に問題がないか確認してみるべきです。 多くのアプリが、公式サイトや公式のTwitterアカウントを持っています。 公式サイトや公式のTwitterアカウントなどに、「ダウンロードを保留しています」と表示され、アプリのダウンロードができない旨を問い合わせてみてください。 関連記事•

次の

Windows10 mobileでアプリが保留中

ライン 保留

【基本編】ビジネスフォンの保留転送や内線の使い方を紹介します。 ビジネスフォンの特徴のうち、内線や保留転送ができることはとても大きいです。 特に保留転送は、一度やり方を覚えてしまえば簡単ですが、一度もやったことがないという方はやり方が分からないけれど、今さら恥ずかしくて聞けないという方もいるのではないでしょうか。 今回は、ビジネスフォンでの電話の受け方と、その保留転送の仕方をぜひ確認しておきましょう! ビジネスフォンの基本的な使い方 ビジネスフォンでの電話のかけ方は、基本的に家庭の電話機と同じです。 少し違う点は、ビジネスフォンは複数の番号・回線があるため、発信する際にどの回線を使うか選ぶ必要があるという点です。 ダイヤルする前もしくはあとに、使う回線のボタンを押す必要があります。 これは内線を使用する場合でも外線を使用する場合でも変わりません。 外線から着信があり、それが別の人宛てだった場合には、まず保留ボタンを押します。 そしてそれぞれの電話機に割り振られている内線の番号のボタンを押すことで、対象者に連絡することができます。 その対象者が着信のある外線ボタンを押せば、電話をかけてきた相手と通話ができます。 このような場面では、まず必ず保留ボタンを押すのを忘れないようにしましょう。 保留の仕方 もし通話中に保留をしたい場合には、保留ボタンを押します。 相手にはメロディが流れ、その間必要なことを行うことができます。 通話を再開する場合には、再び外線ボタンを押します。 保留転送の仕方 応答した電話が、別な部署や、他担当宛の電話だった場合は、「保留転送」を使います。 転送の使い方は様々あり、次項では一般的な転送方法をご紹介致します。 口頭転送について ビジネスフォンで外線を受けた後、そのまま他の社員へ転送したい場合、二通りの方法があります。 それは、口頭転送と内線転送です。 口頭転送とは、文字通り口頭で取り次ぎたい相手に、「誰から電話がかかってきているか」と「外線番号」を伝えて、 電話を受けてもらう方法です。 一度保留ボタンを押してから、口頭で伝えるようにしましょう。 すると、口頭で連絡を受けた社員は、該当の外線ボタンを押して受話器を上げて通話を開始するので、そこで取り次ぎが完了します。 受話器はそのまま戻しましょう。 内線転送について 一方、口頭では取り次げない離れた場所にいる社員に対しては、一度内線で電話がかかってきた旨を伝えてから電話を転送する内線転送を行います。 一度受けた電話を転送したい場合には、まず「転送」ボタンを押します。 このとき、電話の向こうの相手には保留時と同じようにメロディが流れます。 そのまま、転送先の内線番号をダイヤルして内線し、相手の社員に「誰から電話がかかってきているか」を伝えます。 そして相手の社員が了承したら、そのまま受話器を置きます。 これで転送先の電話機に外線が送られ、社員は通話を行うことができます。 リダイヤル発信の使い方 現在出回っている機器の多くは、直前にかけた番号のみでなく、過去の発信・受診履歴に残っている番号なら、どこにでもリダイヤルで電話をかけることができます。 機種によって違いはあるものの、一般的には機能を割り当てていないワンタッチボタンに「履歴」の機能を割り当てることができ、「履歴」ボタンを押せば履歴の確認が及び、発信が行えます。 また、電話をかけた相手が話し中だった場合でも、「オートリダイヤル」という機能を使えば自動的に電話をかけ直すことも可能です。 また、多くの機器ではリダイヤルボタンもしくは機能キー+短縮を押すと自動発信し、機能ランプが点滅します。 これは電話を自動でかけ続けているというサインです。 この機能を使えば自分で何度もかけ直すことなく、対象者に電話がつながるのを、他の作業をしながら待つことができます。 着信代理応答の使い方 他の電話に出ている人に内線の着信があった場合、別の内線電話機を使用している人が代わりに応答することができる機能です。 必要な動作としては、受話器を上げ、内線指定代理応答特番と内線番号をダイヤルするだけです。 これを着信代理応答機能といいます。 大企業では、複数の回線でグループを組み、自分と同じグループの人宛にかかってきた内線に応答できるように設定をしている場合もあります。

次の

印刷されず 保留

ライン 保留

・消音の仕方 iPhoneに電話がかかってきたら、「応答」ボタンを押す事で、通話が開始するのはもうお分かりですよね。 では、通話中のiPhoneの画面向かって左上に、「消音ボタン」、と言うのがあるのをご存知でしょうか? この消音をタップすれば、こちらの声が、相手に聞こえない状態になります。 これはiPhoneのマイクを、一時的にミュートしている状態になっているんです。 なので、こちらの声は、相手に聞こえない状態になりますが、相手の声は消えない状態になります。 もう一度、「消音」ボタンをタップすれば、消音は解除されます。 さて、ではここからが本題です。 ここまでの状態では、相手の声が聞こえていると言う点で、正確な意味での「保留」ではありません。 本来の保留とは、iPhoneでの通話時に、双方の声が届かない状態を指すからです。 iPhoneでの通話時、電話を保留にする方法 iPhoneでの通話中に、保留にするのはとても簡単です。 ・「消音」ボタンを長押しする たったこれだけで、通話を保留にする事が出来るんです。 ちなみに、「保留」されている状態の時、相手側には「ピッ、ピッ」と言った電子音が、iPhoneから聞こえています。 保留の解除は、いたって簡単。 先ほどご紹介したとおり、iPhoneの通話メニューの中にある、「消音」ボタンをタップするだけで、保留は解除されます。 iPhoneでの通話中の「消音」と「保留」の違いって? 先ほどご説明したとおり、消音の場合は、いわゆる「片側通行」の状態なんです。 相手の声は聞こえるけれど、こちらの声は聞こえない。 この状態では、通話相手の方は、「電話が切れてしまった」と勘違いするかもしれません。 しかし、iPhoneの電話アプリのにある、「消音」を長押しして、「保留」状態にすれば、消音にならず、電子音が相手に聞こえているのです。 これなら、相手を不安にさせる事もありませんね。 注意点としては、この保留状態の電子音が、さほど大きな音ではないと言う事です。 なので、保留にする前に、相手の方に一言告げてから、保留にするようにしましょう。 iPhoneの電話アプリを使いこなせ! iPhoneでの通話中に、通話を「保留」にする方法を、ご紹介してみました。 AndroidからiPhoneに移ってきた方などには、分かりにくいですよね。 そうでなくても、まさか「消音」ボタンを長押しするなんて、なかなか考え付かないと思います。 保留だけでなく、消音も上手に使いこなせば、なかなか便利です。 特にハンズフリーで話している時など……相手が話している時、一瞬だけ消音にして、周囲の音を遮断する事で、プライバシーを守る事も出来ます。 相手に気付かれないように、消音ボタンを押して、急いで場所を変えちゃうとか……どうでしょう? 物は使いよう!……的な感じで、iPhoneでの通話中の「消音」機能で、通話を保留にする方法をご紹介しました!.

次の