業務 スーパー 揚げ なす。 業務スーパーの冷凍「揚げなす」でズボラめし。コスパも◎

【業務スーパーの冷凍野菜】まずい・美味しいのはどれ?おすすめ紹介(随時更新)

業務 スーパー 揚げ なす

自分でナスを素揚げするのは揚げ加減が難しくて意外と手間。 油を吸い過ぎてベチョベチョに……なんてことにならず、レンジ解凍すれば揚げ済みですぐ使えるのが嬉しい!• コスパはもちろん、とろけるような食感もバッチリで超優秀! おひたしにしたりちょいと味付けすれば、そのまま白米のオカズの主役も張れます。 一度の料理で使い切れなくても常備菜として活躍。 こんなトロトロの揚げナスがいつでも食べられるなんて、ありがたすぎる! もちろん調理は電子レンジでチンするだけ! ここでは手軽でオススメな食べ方をひとつご紹介します。 まずは500gの揚げナスをまるごと全部、大きめのジップロックに投入。 そこにめんつゆと水(大さじ二杯ずつ)、生姜(親指大)、お好みで鷹の爪などを加えます。 ジップロックを閉めてレンジで8分程度チン。 加熱を終えたら少し揉んでお皿にあけ、鰹節をかければ、煮浸し風にしっかり味を含んだ揚げナスおひたしの完成です。 めんつゆが染みて超ジューシー! ちょっと油が濃いけどかなり美味です。 余ったらそのままジップロックで常備菜として保存すればOK。 つゆが多い場合、自分でナスの煮浸しを作るときに使う煮汁の半分量ぐらいを目安に調整すると吉ですよ。 こちらもオススメ! 『菜の花』500g 178円 業務スーパーの冷凍野菜は他にも色々優秀な商品がありますが、次いでオススメなのは『菜の花』。 お浸しや胡麻和えが鉄板ですが、味噌汁や天ぷらに使ってよし、辛子和えにしてもよし、ほうれん草のアレンジで同じく業務スーパーの冷凍うどんに合わせてよし、これが常備しといて損ナシの便利さ! 足が早めな野菜ですし、冷凍で常備できるのが助かる一品です。 「冷凍ほうれん草も便利だけど、どうしても歯ごたえがなくなってびちょびちょになりがち。 菜の花なら、茎がしっかりしているのでしっかり歯ごたえも残っているので美味しい!」という意見が。 独特の苦みが苦手でなかったら、普段使いできる優秀な冷凍野菜ですよ! こちらもジップロックに入れてレンジで解凍し、白だしかポン酢をかけて揉むと、即いい感じのおひたしに! 湯掻いてあるので解凍時間はレンジ(500W)で3分前後でOKです。 水切りをして、粗熱が取れるまで置いてから食すとモアベター。 食感は柔らかすぎず硬すぎず、茎に歯ごたえがしっかり残ってるのがイイ……。 やっぱり業務スーパーの冷凍野菜、レベル高くて侮りがたいです!•

次の

業務スーパー、 なすの挟み揚げ食べてみた!ビミョウな味・・・

業務 スーパー 揚げ なす

最後に油抜きについて説明しておきます。 油抜きとは文字通り油を抜く作業ですが、業務スーパーの揚げなすは用途によっては油抜きが必至となります。 そもそも揚げなすという商品名から、このなすが一度油で揚げられた状態であることは容易に想像がつくところです。 ただ、これが料理によりどうにも嫌な味わいへと変化してしまう場合があります。 よって、油が出て困る料理の場合は、事前に油抜きをしておくことをおすすめします。 とは言え、揚げなすを油が出て困る料理に使用すること自体が矛盾していますし、そこまでするなら生の茄子を買った方が早いです。 ただ、油抜き自体はそれほど難しいモノではないので、カロリーコントロールとして油抜きを行うと良いでしょう。 【具材】• 鶏むね肉 皮なし1. 5cm角切り :120g• 生姜 みじん切り :8g• 長ねぎ みじん切り :16g• ピーマン 1cm角切り :2個• 業務スーパーの揚げなす:大2本分程度• 白飯:丼2杯分 360g 【調味料】• 液みそ 料亭の味 四種合わせ:大さじ2(A)• クミンパウダー:8g(A)• いりごま 白 :20g(A)• 酒:小さじ2(B)• 塩・こしょう:少々(B)• オリーブオイル:適宜• 一味唐辛子:4g• 鶏むね肉に b をもみこんでおく。 中華鍋にオリーブオイルを熱し生姜、長ねぎを炒め、香りが立ってきたら鶏むね肉を炒め合わせ、鶏肉の色が変わったらパプリカとピーマン、揚げなすを加えて炒める。 あたたかい白飯を広げ入れ、 a を加えてぱらぱらになるまで炒め合わせる。 器に盛り、一味唐辛子を振ったら出来上がり。

次の

業務スーパー、 なすの挟み揚げ食べてみた!ビミョウな味・・・

業務 スーパー 揚げ なす

業務スーパーの揚げなすパッケージはなす色をしている! 業務スーパーの揚げなすは、冷凍野菜コーナーで売られています。 私の大好きな食材のひとつである「なす」は、煮ても焼いても美味しいけれど、一番美味しく食べられるのはやっぱり「揚げなす」です。 しかし、いざ揚げるとなると、油の処理もしないといけないし、ちょっと面倒臭いんですよね。 ということで、業務スーパーで売られているこの揚げなすの出番です! なす色のパッケージですね(笑) 業務スーパーの冷凍野菜は例えば緑のものならパッケージも緑色というように、その野菜カラーのパッケージになっていることが多い気がします。 (稀になんでこの色?という場合もありますが) パッケージの外側からも中身が確認できるので、大きさが分かって購入しやすいのではないでしょうか。 そして、裏面はこのようになっています。 業務スーパー揚げなすの基本的な商品情報をチェック! まずは、業務スーパーの揚げなすのパッケージ裏面に記載されている基本的な商品情報などをチェックしていきましょう。 内容量・値段 業務スーパーの揚げなすは500g入りで、165円(税抜)です。 一般のスーパーでなすが高い時期などには、積極的に使っていきたい値段ですね。 内容量は500gですが、量としてはこれくらいです。 大きめのものや小さめのものがありますが、全体的に使いやすいサイズにカットされています。 大きいと思われる場合は、さらにカットしても良いですね。 なす1つあたりの重さは、だいたい15~20gほどでした。 原材料・原産国 業務スーパーで売られている揚げなすの原材料は、なすと植物油脂のみです! 極めてシンプルですね。 原産国は、中国となっています。 カロリー・その他の栄養成分 今回業務スーパーで購入した揚げなす100gあたりのカロリーやその他の栄養成分数値は、次の通りです。 上手に保存して、最後まで美味しく食べきりましょう! 業務スーパー揚げなすの簡単レシピを知って美味しく食べよう! 業務スーパーの揚げなすは、和洋中さまざまな料理に使うことができます。 今回はその中でも、特に簡単に作っていただける揚げなすレシピをご紹介します。 忙しい方や普段料理をあまりしない方にも、おすすめですよ。 業務スーパー揚げなすで作る夏にぴったりの煮びたし まず最初のレシピは、パッケージ裏面に記載されている『揚げなすの煮びたし』をご紹介します。 材料(3人分)• 業務スーパーの揚げなす 250g• おろししょうが 小さじ1• 水 300ml 【調味料】• しょうゆ 大さじ2• みりん 大さじ2• 酒 大さじ1• 砂糖 大さじ1• 私は普段、めんつゆで作っています。 ちなみに、めんつゆも業務スーパーに売っています。 揚げなす 150g• 白ネギ・青ネギ 各適量• にんにく お好みの量• しょうが・ごま 各少々• しょうゆ 大さじ1. みりん・砂糖 各大さじ1 しょうがは、業務スーパーのジャンツォンジャンを使っています。 作り方 1.揚げなすを2分ほど電子レンジにかけます。 2.揚げなすを電子レンジにかけている間に、にんにく、白ネギ、青ネギをみじん切りにします。 電子レンジでの加熱が早く終わるか、みじん切りが早く終わるか競争です!よーいどん! 3.すべての調味料を合わせ、みじん切りにしたにんにく、白ネギ、青ネギとジャンツォンジャンを加え、そこに業務スーパー揚げなすを漬け込みます。 4.軽く混ぜて、冷蔵庫に入れましょう。 冷蔵庫に入れておくと、油が冷えて固まり白くなることがあるため、その場合は10~20秒ほど電子レンジにかけてください。 この香味漬け、しょうがやにんにく、ねぎなどの香味野菜がたくさん入っているので、お子さんには辛いかもしれません。 漬け込む前に軽く電子レンジにかけて香味野菜に火を通しておくと、辛みが和らいで食べやすくなりますよ! 入れるだけで簡単!業務スーパーの揚げなす入りスープカレー 業務スーパーの揚げなすは、普段の料理にトッピングするのもおすすめです。 揚げなすを入れることで見た目も良くなりますし、ボリュームアップもできます。 おすすめなのは、カレーやパスタ、お味噌汁などへのトッピング。 面倒な「揚げる」という手間を省けるので、手軽に揚げなすを使った料理を味わえます。

次の