インフルエンザ 年間 死者 数。 インフルエンザの日本国内での致死率はどのくらいなのか?超過死亡数と厚生労働省の人口動態調査に基づく二つの推計

【 毎年ある通常のインフルエンザの死者数は? 厚生労働省 】

インフルエンザ 年間 死者 数

新型コロナウイルスの感染者数・死者数の推移 新型コロナウイルスは2019年12月末に中国の武漢ではじめて感染が確認された。 それからわずか67日の3月7日には世界の感染者数が10万人に達した。 驚異的な広がりを見せる新型コロナウイルスの感染者数・死者数の推移がこちら。 日付 感染者数 死者数 2月1日 11,791人 259人 3月7日 100,842人 3,456人 3月19日 209,500人 8,784人 3月23日 324,290人 14,396人 4月3日 1,035,380人 53,693人 4月7日 1,310,930人 73,139人 4月10日 1,567,590人 93,706人 (数値はWHOと各国当局の発表に基づきAFPがまとめたもの) これは検査をして陽性になった感染者数なので、実際はこの数値の何倍もの感染者がいるかもしれない。 死者数も「ただの肺炎による死亡」とされた人が実は新型コロナウイルスだった可能性もあり、実際はもっと多いと思われる。 WHOはパンデミックにあたるフェーズ6を発表した。 WHOは途中から発表を中止したため、感染者数は不明。 死者数は約18,500人。 しかし数年後、米疾病対策センターが当時の新型インフルエンザでの死者は約28万人に上っていた可能性があると発表した。 感染者数 死者数 新型コロナウイルス 現在進行形で増加 現在進行形で増加 SARSウイルス 8096人 774人 2009年新型インフルエンザ 不明 28万人? 季節性インフルエンザ 約10億人 数十万人 スペイン風邪 5億人 5000万人以上 世界的に流行した4大感染症 次に、人類の脅威となった4大感染症についても紹介したい。 ペスト(黒死病) ペスト菌の感染で発症する感染症。 なんどか大流行しているが、14世紀に大流行した。 当時の人類の約2割に上る1億人以上が死亡したとされる。 現在も根絶されていない。 2013年には783人が発症し、126人が死亡した。 コレラ コレラ菌の感染によって発症する感染症。 根絶されておらず、未だに大規模な流行を繰り返している。 WHOの発表によると、世界では毎年130万~400万人が発症し、21,000人~143,000人が死亡しているという。 近年では2010年のハイチ地震をきっかけに大流行し、1万人以上が死亡した。 黄熱病(黒吐病) 蚊が媒介する黄熱ウイルスで発症する感染症。 黒い色のゲロを吐くことから黒吐病とも呼ばれる恐るべき感染症。 根絶されておらず、WHOによると毎年84,000~170,000人が発症し、6万人が死亡しているという。 天然痘 天然痘ウイルスに感染することで発症する感染症。 人間にしか感染しないという特徴があるため有効に対処ができ、人類がはじめて撲滅に成功した感染症となる。 (逆に動物由来とされ変異しやすい新型コロナウイルスは撲滅が非常に困難といえる) 紀元前1000年以上前から人類を苦しめてきたため、累計の感染者数・死者数も計り知れない。 …が、有効なワクチンが広がり、WHOは1980年5月8日に「天然痘根絶宣言」を発表した。 新型コロナウイルスの予防方法 人類が完全に根絶できたのは天然痘だけ。 毎年インフルエンザも流行しているし、恐らく新型コロナウイルスも根絶するのは不可能に近いだろう。 今後、 人類は新型コロナウイルスの脅威にさらされながら生きていくことになる。 経済活動の在り方、社会生活の様式が、これをきっかけに大きく変わる可能性がある。 では改めて、新型コロナウイルスの予防方法を紹介しよう。 …といっても、新型コロナウイルスは治療法も確立されていないので、その対策はインフルエンザとほぼ同じ。 外出時はマスクを着用する• なるべく人ごみの中を出歩かない。 帰宅したらしっかりとうがいと手洗いをする• しっかりと栄養を摂り、しっかりと眠る• 微熱や咳などの体調不良が発生したら、迅速に医療機関を受診する• 密閉空間・密集場所・密接場面の3密を避ける これらをしっかりと守るのが大切ですね! 関連記事:.

次の

インフルエンザの日本国内での致死率はどのくらいなのか?超過死亡数と厚生労働省の人口動態調査に基づく二つの推計

インフルエンザ 年間 死者 数

前年同期比で大幅減も「警報レベル」150か所 日本国内では、最新データとなる第4週のインフルエンザ患者数の推計が、前週の約63万4000人より増加しているが、19年の同時期(1月21~27日)の推計患者数222万6000人と比べて大幅に減少している。 実は、昨シーズンは過去最悪レベルの大流行だった。 前年同期の1医療機関当たりのインフルエンザ患者数は平均57. 09人。 厚生労働省が調査を開始した1999年以来、最多を記録するほどだったことを、J-CASTトレンドは19年2月4日に公開した記事「」で紹介している。 今年第4週(1月20~26日)の1医療機関当たりのインフルエンザ患者数は、平均18. 00人。 国立感染症研究所が公開しているデータをさかのぼって過去10年間の同時期の数字を比べると、「10年第4週(1月25日~1月31日)6. 46人」に次いで少ない。 それでも、全国で警報レベルを超えている保健所地域は150か所(44都道府県)あり、油断はできない。 状況が深刻なのは、米国だ。 米疾病対策センター(CDC)の公式サイトによると今シーズンは、1月25日までに少なくとも患者数1900万人、入院患者数18万人、死者数1万人に上っている。 またインフルエンザ関連の小児の死者数が、これまで68人に達している。 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐうえで有効とされる手洗い・うがいなどの基本的な対策は、インフルエンザにも効果がある。 マスクの着用を含めて徹底し、予防に努める必要がある。

次の

コロナ対策でインフルエンザの流行は昨年比で大幅減少か

インフルエンザ 年間 死者 数

前年同期比で大幅減も「警報レベル」150か所 日本国内では、最新データとなる第4週のインフルエンザ患者数の推計が、前週の約63万4000人より増加しているが、19年の同時期(1月21~27日)の推計患者数222万6000人と比べて大幅に減少している。 実は、昨シーズンは過去最悪レベルの大流行だった。 前年同期の1医療機関当たりのインフルエンザ患者数は平均57. 09人。 厚生労働省が調査を開始した1999年以来、最多を記録するほどだったことを、J-CASTトレンドは19年2月4日に公開した記事「」で紹介している。 今年第4週(1月20~26日)の1医療機関当たりのインフルエンザ患者数は、平均18. 00人。 国立感染症研究所が公開しているデータをさかのぼって過去10年間の同時期の数字を比べると、「10年第4週(1月25日~1月31日)6. 46人」に次いで少ない。 それでも、全国で警報レベルを超えている保健所地域は150か所(44都道府県)あり、油断はできない。 状況が深刻なのは、米国だ。 米疾病対策センター(CDC)の公式サイトによると今シーズンは、1月25日までに少なくとも患者数1900万人、入院患者数18万人、死者数1万人に上っている。 またインフルエンザ関連の小児の死者数が、これまで68人に達している。 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐうえで有効とされる手洗い・うがいなどの基本的な対策は、インフルエンザにも効果がある。 マスクの着用を含めて徹底し、予防に努める必要がある。

次の