ムーラン 声優。 明日海りお「ムーラン」で声優デビュー

明日海りお、宝塚退団後の初仕事が『ムーラン』吹替声優に決定!

ムーラン 声優

実写版『ムーラン』主要キャスト 実写版映画『ムーラン』のキャストをご紹介します。 ディズニーはムーラン役を決める上で、アジア出身の女優を何千もの応募の中から選び、今回リウ・イーフェイが見事ムーラン役を勝ち取りました。 リウ・イーフェイは、2003年に中国のテレビドラマ『華の家族』で女優デビュー、2005年には歌手デビューもしています。 国を守ったムーランに勲章を与える皇帝役を演じるのは、中国の武闘家であり俳優のジェット・リー。 ジェット・リーは少林拳ブームを巻き起こした1982年公開の映画『少林寺』で俳優デビューしました。 カンフースターとしても定評がある人物なので、アクションにも期待です。 アニメ版ではムーランと恋仲になるキャラクター、タン司令官と似たリー・シャン隊長が登場しますが、実写版の2人の関係性が気になるところ。 そんなタン司令官を演じるのは、香港俳優であり映画監督も務めるドニー・イェンです。 彼女が演じる魔女は、強い力を持った悪役とのこと。 ムーランとの決闘にも注目したいですね。 原作ではムーランが恋に落ちる相手はリー・シャン隊長でしたが、どうやら実写版ではチェン・ホンフェイが恋人役になるのではないかと言われています。 チェン・ホンフェイを演じるのは、空手の黒帯保持者であるニュージーランド育ちの中国人俳優ヨソン・アンです。 ・ ムーラン実写映画:あらすじとみどころ 実写版『ムーラン』は、今のところ公式なあらすじが発表されていません。 そこで、アニメ版『ムーラン』のあらすじをおさらいしておきましょう。 中国国内ではフン族と戦うため、各家から男子1人を兵隊として出すようにという徴兵令が下ります。 主人公のファ・ムーランの家も男子1人を徴兵に出さないといけませんでしたが、この家の子供は娘のムーラン一人だけ。 父親のファ・ズーは高齢で軍隊入りが難しいため、ムーランは父の代わりに男装して軍に入隊することを決意します。 最初は失敗ばかりのムーランでしたが、女であることを隠しながら訓練を受け、徐々に実力をつけていきます。 やがて仲間にも認められるようになった彼女は、鍛え上げた武術でフン族に立ち向かいます。 物語では指導役である隊長との恋も描かれていますが、「かわいいだけのプリンセス」ではなく、自ら武器を取って戦うという新しいディズニープリンセス像を提示しています。 本作はアクションシーンも多いので、女性だけでなく男性もハマること間違いなしです! ムーラン実写映画:予告編 2019年12月に公開された最新予告では、戦闘シーンや今回ムーランが戦う相手が明かされています。 アニメ版とは違い、ムーランの前に立ちはだかる強敵は女性になっているようですね! こちらは2019年7月に公開された実写版『ムーラン』の第一弾予告編です。 馬を乗り回し、剣や弓矢を使って敵と戦うムーランはとにかくかっこいいです! 予告編では美しい中国の景色や文化なども描かれているので、これは本編でじっくり見たいですね。 ムーラン実写映画:監督は『クジラの島の少女』のニキ・カーロ ムーランに会えるエプコットの中国パビリオン 実写版『ムーラン』のメガフォンを取るのは、マオリ族の少女を描いた映画『クジラの島の少女』(2002年)などで知られるニキ・カーロ監督です。 ニキ・カーロはニュージーランド出身の女性映画監督で、撮影は中国とニュージーランドで行われ、監督の出身国への愛が伝わる作品にもなっています。 プロデューサーにはクリス・ベンダー(『バタフライ・エフェクト』)、ジェイソン・リード(『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』)、ジェイク・ワイナー(『アンダー・ザ・シルバーレイク』)を起用。 さらに脚本は『ジュラシック・ワールド』や続編『アバター』を手がけるリック・ジャファーとアマンダ・シルバーが務めます。 ムーラン実写映画:アニメ版と実写版の違いは? 『ムーラン』日本版ポスター 最後に気になる公開日情報です。 日本における実写版『ムーラン』は2020年5月22日(金)でしたが、延期となっています。 本来ならば3月下旬にアメリカで公開、日本では2020年4月17日(金)公開予定でした。 しかし、新型コロナウイルスの影響を受け、世界各地で公開日の延期が決定しています。 ・ まとめ いかがだったでしょうか? 2020年に公開となるディズニー実写映画『ムーラン』の最新情報をお届けしました。

次の

元宝塚・明日海りお、ムーラン声優に抜擢!小池栄子は魔女役に挑戦

ムーラン 声優

宝塚退団後初仕事で「ムーラン」の声優という大役を射止めた明日海(左上)、小池(右上)、劇中で主人公のムーランを演じるリウ・イーフェイ(左下)ら(C)2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 元宝塚花組トップスターの明日海(あすみ)りお(34)が、昨年11月に退団後の初仕事として声優に初挑戦することが19日、分かった。 魔女のシェンニャン役は女優、小池栄子(39)に決まった。 アニメ映画の名作「ムーラン」の実写化。 女優として再スタートした明日海が、ディズニーの新たな挑戦に花を添える。 同作は中国の南北朝時代を舞台に、重病の父に代わって男と偽り兵士になった少女ムーランの戦いを描く物語。 1998年にアニメ版が公開。 99年にアニメ界のアカデミー賞とされるアニー賞で作品賞に輝いた。 明日海は2003年、宝塚歌劇団に入団。 14年5月から5年半にわたり花組男役トップスターとして活躍後、昨年11月に退団し、元日から宝塚の大先輩、天海祐希(52)がいる大手芸能事務所の研音に所属した。 宝塚退団後の初仕事が「ムーラン」の日本後吹き替えで声優に初挑戦。 配給元のウォルト・ディズニー・ジャパンが「ムーランは訓練シーンなど男っぽい声色で演じる部分が多く、男役トップスターとして活躍した明日海さんなら魅力あるムーランを演じられる」とオファー。 オーディションを経て大役を射止めた。

次の

元宝塚・明日海りお、ムーラン声優に抜擢!小池栄子は魔女役に挑戦

ムーラン 声優

ディズニーのファンタジー・アドベンチャー映画『ムーラン』の日本語吹き替え版のメインキャストが発表され、主人公のムーラン役を元宝塚男役トップスターの明日海りお、敵対する魔女シェンニャン役を女優の小池栄子が演じることが決定した。 愛する父の身代わりとなり、男性と偽って兵士として国の運命をかけた戦いに立ち向かっていく勇敢な女性ムーランを実写で描く本作。 中国出身の女優リウ・イーフェイがムーランを演じ、コン・リーが魔女のシェンニャンに扮する。 発表されたのは、日本語吹き替え版のムーランと魔女シェンニャンのキャスト。 魔法を持つ者がゆえに人々から疎んじられ、孤独を感じ、自分の居場所を求めて敵に加担する実写版オリジナルキャラクターの魔女シェンニャン役には、ディズニー作品初の吹き替え参加となる小池が決まった。 昨年11月の宝塚歌劇団退団後、初めての仕事が自身憧れのディズニー映画最新作の日本語吹き替えとなった明日海。 「戦いのシーンも多く演じてきているため、力強いかけ声や、『ハァ~!』とか『フッ!』などの息遣いにはすごく役に立ったのではないかなと思います」と語る一方、反対に「女の子としてムーランが生活しているときに、不自然さが漂ってしまって、男に扮しているときの声がすごく馴染むというか、リラックスしてしまう時があるんです。 ムーランが一生懸命男の人に混じって、男として振舞うことの健気さとか初々しさがなくなってしまい、ムーランと逆転してしまうような現象が起きてしまいましたね」と男役を長らく演じてきた明日海ならではの苦労を明かした。 初めてディズニー作品の吹き替えに参加する小池は、「夢だったので嬉しかったです! 魔女役はやりがいがあります」と喜び、シェンニャンについて「過去に国を追い出され、孤独な魔女として生きている中で、ムーランと出会うのですが、『本当の自分はこんな風ではなかった』と葛藤しながら、時には姉の様に、時には母の様にムーランを導くんですよ。 シェンニャンって、実はとっても優しくて愛情深い人だったんだろうなぁと思いました。 解禁された吹き替え版予告編では、2人が声をあてたムーランとシェンニャンの活躍を見ることができる。 映画『ムーラン』は5月22日より全国公開。

次の