手足 口 病 大人 発疹。 大人も要注意? 深刻化する手足口病とは?

【写真】手足口病の大人の初期症状は軽い?喉・舌の痛みや口内炎・熱・発疹も!

手足 口 病 大人 発疹

は、基本的に重症化しない感染症です。 子どものりんご病とは症状が異なり、は顔面より手足に出やすいです。 妊婦さんなど、りんご病に注意が必要な方への感染を防ぐために、日頃からの手指衛生や咳エチケットが大切です。 今回は、大人のりんご病について、藤沢市民病院 臨床検査科の清水博之先生に詳しくお話を伺いました。 りんご病にかかるのは幼児期から学童期(小学校に上がる前後)に多いです。 かかった子どもの頬部が赤くなるためりんご病と呼ばれています。 大人の場合は、頬部が赤くなることはほぼなく、手足に網状紅斑、レース状紅斑といったや、関節痛、むくみがでることがあります。 感染してから発疹が出るまでは、3~4週間かかります。 発疹が出る2週間ほど前に、熱や、、倦怠感などののような症状があります。 このときにウイルスを排出して他人に感染します。 ただのかぜと見分けはつきません。 頬部が赤くなってりんご病の診断がつくのは、すでに治った後のためこの時点ではすでに感染力はありません。 ウイルス感染のため特別な治療はなく、自然に治ります。 ただし、妊婦が感染すると赤ちゃんに強いがおこりの原因になるため注意が必要です。 りんご病が流行する時期は? りんご病は、年中患者さんがいます。 りんご病の流行は4~6年おきにみられ、流行が大きな年は季節性が顕著になり、6~7月がピークになります。 大きな流行がなければ季節性は、はっきりしません。 最近の大きな流行な2001年、2007年、2011年、2015年です。 りんご病の原因 ヒトパルボウイルスB19への感染が原因 よく問題になるウイルス感染症である、、、ムンプスなどと比較すると「ヒトパルボウイルスB19」の感染力は弱く、一般的に大人の間での爆発的な感染は少ないです。 家族内でのヒトパルボウイルスB19未感染者の感染率は、半数程度です。 ヒトパルボウイルスB19の潜伏期間 を起こすヒトパルボウイルスB19の潜伏期間は、4~15日間です。 潜伏期間は体内でウイルスが増殖する時期のため、基本的に感染力はないです。 ただし、風邪のような症状が出現するタイミングより少し前からウイルス血症 *は始まります。 ウイルス血症…ウイルスが血液中に入り全身にまわること りんご病の感染経路は飛沫感染・接触感染 りんご病の感染経路は、唾液や気道分泌物(痰など)を介した飛沫感染と、接触感染が中心です。 このときに、無症状か、軽い風邪やのような症状が、数日〜5日間ほど現れます。 その後、以下のような症状がでます。 手足の• 関節痛• むくみ ウイルス血症…ウイルスが血液中に入り全身にまわること りんご病による手足の発疹 大人がりんご病にかかった場合、頬部に発疹が出ること自体まれで、出たとしても手足がメインです。 特徴的な頬部紅斑が出ないためしばしばなどと誤診されることがあります。 発疹が出る期間は、1日〜5日間ほどです。 発疹は、手足の外側を中心に網状・レース状紅斑が続き、近位から遠位へ拡大します。 足底や手掌には出ません。 発疹は、必ずしも網状・レース状紅斑が出るわけではなく、丘疹、紅斑、紫斑、点状出血など、人によってさまざまです。 やに似た発疹、強いをともなうこともあります。 一旦発疹が消えても、気温変化、日光、運動、精神的ストレスなどの刺激で再発することもあります。 特に女性は、男性の2倍多いという報告もあります。 (注) 発疹がなく、関節痛の症状だけが出ることもあります。 痛みには個人差があり、軽度の方からひどいと歩行困難になるほどの関節痛をきたす方までさまざまです。 りんご病による関節痛は突然起こり、左右対称に痛むことが多くあります。 特に手膝足の指の小関節に痛みがでることが多いです。 ときに慢性化し、と似た症状をきたします。 しかし、関節破壊 *は起こらず、通常3週間ほどで軽快します。 (注)Am Fam Physician. 2007 Feb 1;75 3 :373-6 関節破壊…関節を包む膜が炎症を起こし骨や軟骨が破壊されること りんご病によるむくみ むくみも子どもよりも大人のほうが高頻度です。 (注) 四肢(特に指先、足首、足底)がむくみます。 指がむくんで曲げづらい、指輪が抜けにくいといった症状が出ることがあります。 むくみの程度は、診察ではわからない程度ものもから、体重が増加するほど高度なものまでさまざまです。 (注)感染症学雑誌 83:45-51,2009 りんご病による熱 大人のりんご病の発熱に特徴はなく、微熱から高熱まで個人差があります。 感染症学雑誌によると、りんご病による大人の発熱は、37. 0〜37. 0〜38. 0〜39. (注) (注)感染症学雑誌 83:45-51,2009 りんご病の感染に注意が必要な方 妊婦の方 妊婦さんがに感染した場合、になる可能性があります。 不顕性感染 *であっても胎内感染は起こるため注意が必要です。 妊婦のりんご病について詳しくは記事2をご覧ください。 不顕性感染…病原微生物に感染していても症状が出ていない状態 溶血性疾患を持つ方 りんご病は赤血球に感染するため、一時的に軽いになります。 しかし、以下のような溶血性疾患を持つ方の場合は、もともと赤血球の寿命が健常な方に比べて短いため重い貧血になることがあります。 貧血が進行すると心臓に負担がかかり場合によっては輸血が必要になるため注意が必要です。 鎌状赤血球症 免疫を抑制している方 以下のような免疫抑制者では、ウイルスが排除されず、ウイルス血症 *1が持続して慢性の骨髄機能不全、貧血になる可能性があります。 HIV感染している方• 臓器移植をした方• 症状がひどい場合などは、内科を受診してください。 りんご病の診断は通常、の形態や分布、などのりんご病に伴う症状などから判断します。 大人がりんご病にかかるときは、子どもとの接触歴があることが多いため、その旨を医師に伝えてください。 重症化しやすい方や妊婦さんなど診断が必要な場合は、血液検査をする場合があります。 通常りんご病の治療は行わない りんご病に抗ウイルス薬はなく、そもそも発疹や関節痛が出現しているときは、すでに抗体ができているため、抗ウイルス薬に意味がありません。 関節の痛みが強い場合や、慢性感染、一過性無形性発作を起こしている場合は、以下のように対症療法を行います。 関節痛…非ステロイド系抗炎症剤• 慢性感染…ガンマグロブリン療法• 一過性無形成発作…赤血球製剤輸血 大人のりんご病は再発する? 基本的に1度りんご病にかかれば再発しない 基本的に1度にかかると抗体ができるため、再度感染することはありません。 感染したとしても発症はしません。 感染力のある時期は微熱、倦怠感など風邪のような症状をきたしているときです。 そのときは軽症であり医療機関の受診もしないことが多く、早期の診断は困難です。 そのため、日頃からの手指衛生や咳エチケットが大事です。 こまめに手洗いができない状況もあるため、携帯できるアルコール手指消毒剤を持ち歩くと便利です。 りんご病に限らず風邪のような症状がある場合、基本的に何かしらの病原体に感染しています。 常に人に感染させる可能性があると考えて行動することが大事です。

次の

大人の手足口病の症状とは?

手足 口 病 大人 発疹

手足口病っていうと子どもがかかる夏風邪というイメージがあるけど、大人もかかるらしい! しかも、なかには深刻化するケースがあるみたい・・・。 何だかこわいな。 そもそも手足口病って、手と足と口がどうなっちゃうの? 三大夏風邪の一つ「手足口病」 風邪というと、寒い時期にひくものというイメージがありますが、暑い夏でも風邪をひくことがありますよね。 それは、インフルエンザウイルスのように低温低湿の環境を好むウイルスがいる一方で、高温多湿の環境を好むウイルスもいるからです。 高温多湿時に元気になるウイルスが引き起こす風邪が、いわゆる夏風邪です。 「手足口病」は、「ヘルパンギーナ」「プール熱(咽頭結膜熱)」とともに、三大夏風邪の一つとされています。 手足口病とは、そのインパクト大の名のとおり、手のひら、足の裏、口の中に痛みをともなう発疹が現れる夏風邪です。 発疹は米粒大でやや盛り上がっており、水疱化するものもあります。 また、かかった場合、3割程度は発熱をともないます。 手足口病にかかるのは乳幼児が多く、子どもを持つ親には知られた病気です。 しかし、子どもだけがかかるのでなく、大人でもかかるので注意が必要です。 大人がかかると症状が重めに 実は、手足口病は、子どもよりも大人のほうが、症状が重く出やすいことが特徴です。 まず、発疹の痛みは大人のほうが強く出ます。 とにかく痛く、足裏などにひどく出ると歩けないほどになります。 また、インフルエンザにかかる前のような、全身倦怠感、悪寒、関節痛、筋肉痛などの症状が出ることがあるのも、大人の特徴です。 身近に、手足口病にかかったお子さんなどがいない場合、多くの大人は発疹が出ても手足口病には思い至らないため、「何だ、このよくわからない発疹は?そういえば体もだるいし、いったい何?」ということで病院に来られるパターンがほとんどです。 また、1度かかって免疫ができても、何度もかかる場合もあります。 それは、ひとくちに手足口病といっても、ウイルスがいくつもあるからです。 メインは「コクサッキーウイルスA6・A16」「エンテロウイルス71」で、まれに「コクサッキーウイルスA10」によるものもあります。 あるウイルスにかかれば、そのウイルスに対する免疫はできますが、他のウイルスに感染すると、また発症してしまいます。 インフルエンザウイルスに、A型、B型など複数のタイプがあるのと同じです。 そのため、かかったことのないウイルスと接触すると、何度も発症することになるのです。 手足口以外にも症状が 手足口病は、かかった人の咳、くしゃみなどから感染する飛沫感染で、ウイルスの侵入門戸は口であるため、発疹も口内が最初と考えられます。 ただし、実際には手足口、ほぼ同時に症状が出るという印象でしょう。 口の中の発疹は見えにくいため、まず手足の発疹で気づく場合がほとんどだからです。 口の中の発疹は口内炎と同じような感じなので、「口内炎ができたなあ」と思っていたら実際には手足口病だった、ということもあります。 ただし口だけでなく、手足の発疹も認められないと、手足口病という診断はつきません。 また、発疹が、手足口以外にひじ、ひざ、お尻などに見られることもあります。 特に近年では、手足口に加えてお尻に出る傾向が強くなっています。 これはおそらく、ウイルスが少しずつ変異しているからだと考えられます。 危険な合併症につながることも 手足口病は、抗ウイルス薬はないため、かかった場合は、熱を下げたり、発疹の痛みを抑えたりする解熱鎮痛剤による対症療法が中心となります。 多くの場合は、一週間程度で治っていきます。 ところが、なかには「髄膜炎」「小脳失調症」「脳炎」といった中枢神経系の合併症や、「心筋炎」「神経原性肺水腫」「急性弛緩性麻痺」などを引き起こすケースもあります。 高熱が続いたり、頭痛、嘔吐などの症状が見られたりした際は、すぐに医療機関を受診してください。 その症状、手足口病かも!? 夏期に次のような症状が見られたら、手足口病かもしれません。 勝手に自己判断せず、早めに医療機関を受診しましょう。 口内炎ができており、よく見ると手や足にもうっすら発疹のようなものが出ている• 口の中が痛く、熱がある• なんだかよくわからない発疹が、手足やほかの箇所に見られる• 風邪の前触れのような悪寒がある• 全身がだるい• 関節痛や筋肉痛を感じる 手足口病に大人がかかるケースで最も多いのは、自身のお子さんがかかり、そこからもらうというパターン。 お子さんがかかったあとに、これらの項目のうち一つでも当てはまれば、かかっている確率は高いといえます。 お子さんのいない大人でも、公共交通機関などの場で子どもと接触することはありますから、免疫力が落ちていればかかってしまいます。 症状の出方はまちまちですが、チェックがつく項目が多いほど、かかっている確率は高いといえるでしょう。 手洗い、うがいは念入りに 予防するには、かかった子どもの看病をする際に感染しないよう、十分気をつけることと、免疫力を高めること。 それ以外に方法はありません。 手足口病は基本的には飛沫感染ですから、かかった人の唾液などが口の中に入らなければ感染を防ぐことができます。 全ての風邪予防にいえることですが、やはり手洗い、うがいは念入りに行ってください。 また、お子さんがかかった場合、看病する大人は要注意。 必ずマスク着用で接し、いつも以上に手洗い、うがいをきっちりと行なってください。 また、ウイルスは便中にも出ます。 便から感染する糞口感染は少ないですが、オムツ替えのあとは、いつもより念入りに手洗いをするようにしてください。

次の

手足口病に大人が感染!子どもより重く辛かった症状と経過

手足 口 病 大人 発疹

乳幼児を中心に流行する手足口病。 その名の通り、手のひらや足の甲や裏、口の中に小さな発疹ができるのが特徴です。 軽い症状で治ることがほとんどですが、原因となるウイルスによっては重症化しやすい場合もあるため、注意が必要です。 流行のピークは夏! 感染しやすい5歳以下の乳幼児は注意! 手足口病は、 毎年6月頃から増えはじめます。 夏に流行のピークを迎えると、その後は秋から冬にかけて、徐々に発生数が減っていきます。 それよりも上の年齢では、大半が既にウイルスに感染し免疫を獲得しているため、発症することはあまりありません。 手足口病は、ウイルスに感染しても症状がでないこと 不顕性感染 も多く、「手足口病になったことがない」という人でも、知らない内に免疫を獲得している場合が多くあります。 なぜ保育園や幼稚園では集団感染しやすいの? ウイルスに感染したことがなく免疫を獲得できていない• 生活する距離が近く、濃厚な接触が生じやすい• 衛生観念が発達していない 原因ウイルスは1種類じゃない! 免疫はできても何度もかかることがある! 発熱の症状が出るのは、患者の約3分の1です。 コクサッキーウイルスA16 CA16 が原因の場合: 症状が消えてから1~2ヶ月くらいの内に、手足の爪がはがれたり変形する症状が報告されていますが、いずれも自然に治るとされています。 また、手足口病はまれに合併症や重症化を起こすことがあります。 以下のような症状があらわれた場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。 ・高熱が出る ・発熱が2日以上続く ・嘔吐する ・頭を痛がる ・視線が合わない ・呼びかけに答えない ・呼吸が速くて苦しそう ・水分が取れずにおしっこがでない ・ぐったりしている 引用 手足口病の合併症 中枢神経系の合併症 髄膜炎、小脳失調症、脳炎 の他、さまざまな症状があらわれることがあります。 主な感染経路は、咳やくしゃみなどに含まれるウイルスを吸いこむ飛沫感染や、手指やもの、食品などについたウイルスが主に口から体内に入る接触感染、便の中に排泄されたウイルスが手指などを介して口から体内に入る糞口感染があります。 手足口病は、特に 便の中にウイルスが排泄される期間が長く、症状がなくなったあとも、 2~4週間程は感染源となる可能性があります。 排泄物の処理には十分注意をし、処理やトイレの後はよく手を洗いましょう。 治療 - 対症療法 手足口病に対する特別な治療方法はありません。 基本的な症状は軽いため、経過観察と症状に合わせた対症療法となります。 口の中に発疹がある場合は、飲食がしづらい場合もあるため、刺激にならない 柔らかい食事にしたり、 水分補給もしっかりとするようにしましょう。 予防 - 手洗いと排泄物の処理 手足口病には、ワクチンや治療をするための薬はありません。 しかし、手足口病にかかっても、ほとんどの場合が軽い症状ですむため、それほど神経質になる必要はありません。 ただ、前述にもあったように、手足口病のウイルスは、症状がなくなったあとも、2~4週間程は便の中に排泄されています。 そのため、一般的な予防や対策として、 十分な手洗いと、感染中・感染後しばらくの間の 排泄物は適切に処理をしましょう。 保育園・幼稚園・学校への登園・登校の目安 手足口病にかかった際の明確な出席停止期間は設けられていませんが、厚生労働省の「保育所における感染症対策ガイドライン」と文部科学省の「学校において予防すべき感染症の解説」では、それぞれ以下のように記載されています。 〇 発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響がなく、普段の食事がとれること 引用 〇 本人の全身状態が安定している場合は登校 園 可能。 流行の阻止を狙っての登校 園 停止は有効性が低く、またウイルス排出期間が長いことからも現実的ではない。 手洗い 特に排便後、排泄物の後始末後 の励行が重要。 引用 プールやお風呂は全身状態がよくなってから プールやお風呂に入ることが直接の感染原因になることはありません。 ただし、手足口病でできる 水ぶくれ状の発疹の中の液体にはウイルスが含まれているため、発疹がつぶれるなどして漏れ出た液体に触れると、 接触感染につながることがあります。 発疹が 水ぶくれ状の間はプールは控える、お風呂の際は、身体を拭くときに 発疹がつぶれないように気をつける、 タオルの共用はしないなどの注意が必要です。 手足口病は大人でもかかる可能性あり! 前述のとおり、手足口病は5歳以下の乳幼児に多く、それよりも上の年齢では、既にウイルスに感染していることが多いため、大人が手足口病にかかることはあまり多くありません。 しかし、手足口病にかかる大人がまったくいないわけでありません。 今まで一度も感染したことがない人や、今までに感染したことのない種類のウイルスが原因になると、大人でも手足口病にかかることがあります。 大人が手足口病にかかった場合も、基本的な症状は同じですが、 発疹が水ぶくれ状ではなかったり、発疹の出る場所が違ったりすることもあります。 また、乳幼児の手足口病と同じく、 重症化することもあるので、発疹が数日続くなどの症状が出た場合は、発疹の出る場所や発疹の状態で自己判断することはせず、医療機関を受診しましょう。 妊婦が手足口病になるとどうなるの? 大人の手足口病と同様、妊婦が手足口病にかかることもまれですが、かかってしまった場合についての詳しい情報はありません。 もしかかってしまったとしても、ほとんどの場合は、慎重に経過観察と対症療法などを行うことで済むと考えられていて、流産や胎児に異常がでるようなこともまれとされています。 妊娠中の手足口病を過度に心配する必要はありませんが、症状があらわれた場合は早めに医療機関を受診しましょう。 おかしいなと思ったら医師に相談しましょう この部分はインラインフレームを使用しています お役立ち医療コラムについて 【提供元】 お役立ち医療コラムは、株式会社eヘルスケアが提供しています。 【免責事項】• コラムの内容については細心の注意を払い掲載しておりますが、情報の確実性や安全性に関して保証されているものではありません。 また、医学の進歩により常に最新の情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。 病気に関する予防や治療法をはじめとした医学的情報は、医師やその他医療従事者による診断に代わるものではありません。 必ずしも全ての方に有効とは限りませんので、個別の症状については必ず主治医にご相談の上、適切な診断と治療を受けていただきますようお願いいたします。 【著作権】 お役立ち医療コラムの著作権は、株式会社eヘルスケアに帰属します。 営利・非営利を問わず、無断で複製、転載、配布等の行為を行うことは一切禁止とします。 【その他】 株式会社eヘルスケアでは、病気や治療に関するご相談や各医療機関についての個別のお問い合わせ・紹介などは受け付けておりません。

次の