富士通 リース 株式 会社。 沿革

【富士通】「富士通リース株式会社は当社の子会社ではございません」 神奈川HDD流出で

富士通 リース 株式 会社

JA三井リース本社(銀座三井ビルディング) 機関設計 略称 JAML 本社所在地 〒104-0061 八丁目13番1号 (銀座三井ビルディング) 設立 三井リース事業株式会社 その他金融業 事業内容 リース事業及びそれに付帯する業務並びに子会社及びグループ会社の事業活動の支配・管理とそれに付帯する業務 代表者 (社長) (代表取締役副社長執行役員) 資本金 320億円 発行済株式総数 7,382万4,906株(2016年3月31日現在) 売上高 連結:4,503億08百万円 単体:3,274億75百万円 (2018年3月期) 営業利益 連結:217億91百万円 単体:103億60百万円 (2018年3月期) 経常利益 連結:244億10百万円 単体:147億74百万円 (2018年3月期) 純資産 連結:2,140億52百万円 単体:1,765億26百万円 (2018年3月期) 総資産 連結:1兆6,475億15百万円 単体:1兆3,583億77百万円 (2018年3月期) 従業員数 連結:1,886人 単体:741人 (2018年3月期) 決算期 3月31日 会計監査人 主要株主 42. )は、に本社を置く、の大手総合リース会社である。 の三井リース事業株式会社と系の協同リース株式会社との経営統合により、3月に発足した。 略称は JAML。 三井広報委員会 ・月曜会・三井文庫 の加盟企業である。 概要 [ ] 2008年(平成20年)4月に、JA系統の協同リース株式会社と三井・商社系統の三井リース事業株式会社の共同としてJA三井リース株式会社が設立され、同年10月にJA三井リース株式会社をとして上記3社が合併し誕生した。 JA系統と三井・商社系統のバックボーンを併せ持ち、それぞれの専門性や販売チャネルを活かした事業活動を展開している。 特色 [ ] 設立経緯からJA組織との関わりが深く、農業機械・生産設備のリース・ファイナンス取扱高は業界トップ。 2017年5月には、高額ななどの農業機械を複数の農家でして利用する「農機シェアリース」が事業化された。 このほか、医療モール組成やリースを活用した医師独立開業支援サービスを提供する医療・メディカル事業、船舶建造資金の融資や海運会社向けリースを行う船舶ファイナンス、やなどの環境・エネルギー分野などに強みを持つ。 近年は成熟した国内市場を背景に成長著しい海外での事業に注力しており、2015年6月にシンガポールの重機レンタル大手への出資、2017年8月にはにおいて3,000両の鉄道貨車レンタルを行う三井物産グループ出資の(SPC)の株式の50%を譲り受け、南米での鉄道貨車レンタル事業へ参入した。 沿革 [ ]• (46年) 0 - 三井物産のリース事業部が分離し、 三井リース事業株式会社設立。 (昭和47年) 0 - 協同リース株式会社設立。 (昭和53年 - 株式会社同栄社(現・協同ライフケア)設立)。 (14年) - 三井リース事業、に出資。 (平成16年)• 0 - 三井リース事業、に出資。 - 三井リース事業、ユナイトに出資。 (平成17年) 0 - 協同リース、協同オートリース(現・JA三井リースオート)を設立。 (平成18年) 0 - 三井リース事業、みちのくリースに追加出資。 (平成19年) 0 - 三井リース事業、中央三井リース(後・三井CMリース)に出資。 (平成20年)• 0 - 協同リースと三井リース事業の共同として、 JA三井リース株式会社設立。 - JA三井リースが、協同リース、三井リース事業を。 (平成21年)• 0 - 本社を品川区東五反田へ移転。 - 三井物産と農林中央金庫を引受先とする600億円の第三者増資を実施。 (平成24年) 0 - ユナイトの保有株式のうち66. (平成25年)• - 三井CMリースを会社清算。 (平成28年) 0 - 本社を中央区銀座へ移転。 主な関連会社 [ ] 子会社117社及び関連会社7社で構成される。 連結子会社 [ ]• JA三井リースオート(東京都中央区)• JA三井リース建物(東京都中央区)• JAMLモールマネジメント(東京都中央区)• JA三井リースアセット(東京都中央区)• 協同ライフケア(東京都中央区)• JA三井リース九州()旧社名・西日本総合リース• 近畿総合リース()• JA Mitsui Leasing Capital Corporation(アメリカ合衆国)• Mitsui Leasing Capital Indonesia()• JA Mitsui Leasing Indonesia()• JA Mitsui Leasing Singapore Pte. Ltd. () 持分法適用関連会社 [ ]• とうぎん総合リース()• ひめぎん総合リース()• みちのくリース() 脚注・出典 [ ] [].

次の

事業所一覧

富士通 リース 株式 会社

, LTD. )は、に本社を置く、日本の会社。 ファイナンスで製品の販売拡大を目的とし、1978年に設立された。 2008年よりの連結子会社である。 概要 [ ] 1978年、金融面から富士通製品の販売推進をサポートする目的で設立した、「情報機器リース株式会社」が前身企業。 東京リース株式会社のであったが、2008年に連結子会社化。 その後、東京リースがセンチュリー・リーシング・システムと合併し、東京センチュリーリース(現:東京センチュリー)の連結子会社となった。 沿革 [ ]• 1978年3月 - 「情報機器リース株式会社」設立• 1984年7月 - 「富士通リース株式会社」へ社名を変更• 2002年3月 - 本社地区の「」認証を取得• 2008年7月 - 東京リース株式会社(現在の東京センチュリー)の連結子会社に移行• 2008年10月 - 全社で「」認証を取得 不祥事 [ ]• 2019年春にが富士通リース横浜支店から借りていた共有のが交換時期を迎えたため、サーバーから取り外した上で。 富士通リースは処理会社のにデータを復元不可能な状態にするように依頼(丸投げ)をしたが、一部のハードディスクを同社のデータ消去作業担当者が勝手に持ち出し、18個をに出品。 このうち、9個を落札した第三者が安全性を確かめるためにハードディスクを復元ソフトで確認したところ、が作成した大量のファイルが保存されていたことが判明。 の納税記録や県職員の業務記録など、大量のが外部に流出した。 この事が同年12月6日にのスクープ記事によって明らかとなり 、富士通リースは同日公式ホームページにて謝罪した。

次の

富士通リース

富士通 リース 株式 会社

, LTD. )は、に本社を置く、日本の会社。 ファイナンスで製品の販売拡大を目的とし、1978年に設立された。 2008年よりの連結子会社である。 概要 [ ] 1978年、金融面から富士通製品の販売推進をサポートする目的で設立した、「情報機器リース株式会社」が前身企業。 東京リース株式会社のであったが、2008年に連結子会社化。 その後、東京リースがセンチュリー・リーシング・システムと合併し、東京センチュリーリース(現:東京センチュリー)の連結子会社となった。 沿革 [ ]• 1978年3月 - 「情報機器リース株式会社」設立• 1984年7月 - 「富士通リース株式会社」へ社名を変更• 2002年3月 - 本社地区の「」認証を取得• 2008年7月 - 東京リース株式会社(現在の東京センチュリー)の連結子会社に移行• 2008年10月 - 全社で「」認証を取得 不祥事 [ ]• 2019年春にが富士通リース横浜支店から借りていた共有のが交換時期を迎えたため、サーバーから取り外した上で。 富士通リースは処理会社のにデータを復元不可能な状態にするように依頼(丸投げ)をしたが、一部のハードディスクを同社のデータ消去作業担当者が勝手に持ち出し、18個をに出品。 このうち、9個を落札した第三者が安全性を確かめるためにハードディスクを復元ソフトで確認したところ、が作成した大量のファイルが保存されていたことが判明。 の納税記録や県職員の業務記録など、大量のが外部に流出した。 この事が同年12月6日にのスクープ記事によって明らかとなり 、富士通リースは同日公式ホームページにて謝罪した。

次の