松江 市 教育 委員 会。 島根県:社会教育委員の会 過去の議題(トップ / 子育て・教育 / 教育・学習 / 生涯学習・社会教育 / 社会教育委員の会)

松江市:暮らしのガイド:教育委員会

松江 市 教育 委員 会

教育委員会制度が改正されました 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律が平成27年4月1日から施行され、教育委員会 制度が改正されました。 主な改正のポイントは、(1)教育委員長と教育長を一本化した「新」教育長の設置、(2)「新」教育長へのチェック機能の強化と会議の透明化、(3)すべての地方公共団体に「総合教育会議」の設置、(4)教育に関する「大綱」を市長が策定することです。 教育委員会の概要 (教育委員会の目的) 教育の機会均等、教育水準の維持向上及び地域の実情に応じた教育の振興を図るため、広く地域住民の意向を反映した責任ある教育行政を実現することにあります。 (教育委員会制度の仕組み)• 教育委員会は、地域の学校教育、社会教育、文化、スポーツ等に関する事務を担当する機関として、全ての都道府県及び市町村等に設置されています。 また、市長から独立した行政委員会として位置付けられており、教育長と教育委員(大田市では5人)による合議制の機関で、教育行政における重要事項や基本方針を決定し、それに基づいて教育長が具体の事務を執行します。 (教育長及び教育委員)• 教育長及び教育委員は、市長が議会の同意を得て任命します。 任期は、教育長が3年、教育委員が4年で、再任は可能です。 教育長職務代理者は、教育長が指名するもので、教育長が職務を行うことができない場合や、教育長が欠けた場合に、教育長の職務を代行します。 (事務局)• 教育委員会の権限に属する事務を処理するため、教育長の統括の下に事務局を置いています。 教育委員会(会議)の開催 教育に関する主要な案件について審議します。 会議は公開しており、傍聴することができます。 ・定例教育委員会は、原則、毎月第4木曜日の午後2時から開催します。 ただし、日時・場所については、変更する場合があります。 ・臨時教育委員会は、教育長が必要と認めるときに開催します。 会議の内容 令和2年開催分 令和元年(平成31年)開催分 平成30年開催分 平成29年開催分 平成28年開催分 大田市教育長及び教育委員 職名 氏名 委員の任期 教育長 船木 三紀夫 (ふなき みきお) 令和 3年 3月31日 委員 竹下 ちとせ (たけした ちとせ) 令和 5年11月28日 委員 仲野 義文 (なかの よしふみ) 令和 2年11月28日 委員(教育長職務代理者) 梶 伸光 (かじ のぶみつ) 令和 3年11月28日 委員 福間 信隆 (ふくま のぶたか) 令和 5年 3月31日 委員 木村 貴子 (きむら あつこ) 令和 4年11月28日 大田市教育委員会の事務に関する点検・評価 平成30年度における教育委員会の事務に関する点検・評価については、下記のとおりです。 なお、外部評価者によるヒアリング等については、令和元年11月14日に実施しました。 教育部 教育部 総務課 〒694-0064 島根県大田市大田町大田ロ1111番地 TEL : 0854-83-8121 FAX : 0854-82-5395.

次の

松江市総合計画審議会委員名簿

松江 市 教育 委員 会

社会教育委員の会は、社会教育に関する専門的知見をお持ちの方々の御意見を社会教育行政に反映させるため、教育委員会の諮問機関として設けられた制度です。 設置の根拠については、『』(昭和24年6月10日法律第207号)に定められています。 また、委員の定数及び任期等については、『』(平成26年3月18日島根県条例第27号)に定められています。 社会教育委員の構成(社会教育法) 第15 条都道府県及び市町村に社会教育委員を置くことができる。 2社会教育委員は、教育委員会が委嘱する。 職務(社会教育法) 第17 条社会教育委員は、社会教育に関し教育委員会に助言するため、次の職務を行う。 一社会教育に関する諸計画を立案すること。 二定時又は臨時に会議を開き、教育委員会の諮問に応じ、これに対して、意見を述べること。 三前二号の職務を行うために必要な研究調査を行うこと。 2社会教育委員は、教育委員会の会議に出席して社会教育に関し意見を述べることができる。 3市町村の社会教育委員は、当該市町村の教育委員会から委嘱を受けた青少年教育に関する特定の事項について、社会教育関係団体、社会教育指導者その他関係者に対し、助言と指導を与えることができる。 島根県の社会教育委員の場合は、通常、年2回程度開催される社会教育委員の会に出席して、意見を述べていただきます。 定数(島根県社会教育委員に関する条例)• 20人以内とされています。 任期(島根県社会教育委員に関する条例)• 任期は2年で、2年ごとに委員は改選されます。 島根県の社会教育委員の会は、通常、年2回程度開催されます。 社会教育委員の名簿.

次の

松江市総合計画審議会委員名簿

松江 市 教育 委員 会

平成11年10月25日 総務部総務課 日時: 平成11年11月10日(水) 13:00〜16:00 会場: 島根県民会館 大ホール 式次第 [第1部] 1. オープニング 2. 式典通告 3. 国歌市歌斉唱 4. 式辞 5. 市議会議長あいさつ 6. 来賓祝辞紹介 7. 名誉市民顕彰 8. 特別功労者表彰 9. 市政功労者表彰 <休 憩> [第2部] 1. 友好都市市長あいさつ 2. 友好都市映像紹介及び芸能披露 3. メモリアル映像 〜『変わる松江・変わらぬ心』〜 4. 映像メッセージ 〜『子供たちの松江』〜 5. 作文朗読 〜『私がすみたい未来の松江』〜 6. 映像メッセージ 〜『21世紀の松江』〜 7. 郷土芸能アトラクション 8. 交流アトラクション〜エンディング 9. 式典終了通告 【名誉市民顕彰】 新名誉市民(9月議会において選定) ・細田吉蔵氏 ・中村芳二郎氏 ・故蘆田義道(伸介)氏 【特別功労者表彰】 公共の福祉を増進し、郷土を愛し、郷土を育てる等市政の発展に寄与し、その功績が卓絶である方 ・故大多和 タカ氏(松江ミシン裁縫女学院創立者) ・故川上 儀三郎氏(元島根県医師会会長) ・故園山 俊二氏(漫画家) ・故高尾 正徳 氏(盲児施設ライトハウス等の創立者) ・又賀 清一氏(元山陰中央新報社社長) ・佐川 喜慶氏(元松江市消防団団長) ・黒田 瑞夫氏(元国連大使、現松江市立女子高校顧問) ・小村 悦子氏 (元松江市連合婦人会会長、現島根県連合婦人会長) ・古瀬 章氏(元松江市医師会会長、現島根県医師会会長) ・石倉 孝昭氏(元松江市長) ・井戸内 正氏 (現松江市社会教育委員、現松江市社会福祉協議会会長) ・大町 正武氏 (元松江八束歯科医師会会長、元島根県歯科医師会会長) 【市政功労者表彰】 本市のため貢献した功績が特に顕著な方 功労区分 個 人 団 体 自治功労 84人(内故人4人)(内女性16人) 国際交流功労 1人(内故人1人) 経済功労 11人 厚生功労 37人(内故人4人)(内女性11人) 1団体 教育文化功労 47人(内故人1人)(内女性 5人) 8団体 建設功労 0人 2団体 警防功労 56人(内故人1人) 公営企業功労 7人 篤行 1人 合計 244人(内故人11人) (内女性32人) 11団体 255 【友好都市芸能披露】 ・中国吉林市歌舞団(一行25名) ・韓国晋州市子供農楽団(一行19名) 【作文朗読〜『私がすみたい未来の松江』〜】 ・小学生の部 最優秀賞 内中原小(5年)中田光香さん ・中学生の部 最優秀賞 附属中(2年)大國智子さん 【郷土芸能アトラクション】 ・鼕行列(東本町鼕行列保存会) 中華人民共和国吉林省吉林市と日本国島根県松江市の友好都市提携協定書署名式 日 時 平成11年11月9日(火) 15時15分〜 会 場 松江市千鳥町 ホテル一畑 2階梅の間 出席者 松江市: 市長、助役、収入役、教育長、総務部長、市国際交流員、議長、副議長、総務委員長 晋州市: 市 長 王照環(オウ ショウカン) 建設委員会主任 唐暁菊(トウ ギョウキク) 地方税務局長 蘇永寛(ソ エイカン) 船営区長 鉄軍(シュウ テツグン) 交通支隊長 趙恩才(チョウ オンザイ) 外事弁公室副主任 柴吉庸(サイ キチヨウ) 来 賓: 中日友好協会 副秘書長 李鉄民(リ テツミン) 都市交流部長 王秀雲(オウ シュウウン) 都市交流部 関湧(カン ユウ) 友好交流部 董振華(トウ シンカ) 政治交流部 王 輝(オウ キ) 県国際交流員 劉国亮(リュウ コクリョウ) 大韓民国慶尚南道晋州市と日本国島根県松江市の友好都市提携協定書署名式 日 時 平成11年11月10日(水) 9時30分〜 会 場 松江市千鳥町 ホテル一畑 2階梅の間 出席者 松江市: 市長、助役、収入役、教育長、総務部長、市国際交流員、議長、副議長、総務委員長 晋州市: 市 長 白承斗(ペク スンドゥ) 副議長 鄭順明(チョン スゥミョン) 企画総務委員長 孫泰基(ソン テギ) 総務課長 朴萬澤(パク マンテク) 職員 李在洙(イ ゼス) 韓日親善協会長 金 一(キム イル) 慶南新聞記者 姜杭求(カン ハング) 新慶南日報記者 李弘求(イ ホング) 来 賓: 在日韓国民団団長 朴煕澤(パク ヒーテク) 元亜州観光会長 金景煕(キム キョンヒー) ||.

次の