うつ 病 診断 方法。 診断のための検査|初診ではどんな検査をするの?【精神科・心療内科】

うつ病かどうか自己診断できる、9つの診断基準~うつ病治療はゆうメンタルクリニック

うつ 病 診断 方法

うつ度チェック 簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J) うつ度チェックを「簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)」を使って行いましょう。 選択項目によって点数が加算され、合計点が0〜27点中何点かでその尺度がわかります。 簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)とは 簡易抑うつ症状尺度(Quick Inventory of Depressive Symptomatology:QIDS-J)は、16項目の自己記入式の評価尺度で、うつ病の重症度を評価できるほか、アメリカ精神医学会の診断基準DSM-IVの大うつ病性障害(中核的なうつ病)の診断基準に対応しているという特長を持っています。 世界的に知られた精神科医John Rush先生によって開発され、世界10カ国以上で使用されています。 採点の方法 睡眠に関する項目(第1〜4項目)、食欲/体重に関する項目(第6〜9項目)、精神運動状態に関する2項目(第15、16項目)は、それぞれの項目で最も点数が高いものを1つだけ選んで点数化します。 それ以外の項目(第5、10、11、12、13、14項目)は、それぞれの点数を書き出します。 うつ病の重症度は、睡眠、食欲/体重、精神運動、その他6項目を会わせて9項目の合計点数(0点から27点)で評価します。 原版QIDSでは、点数と重症度は下記のようになっています。 0点 〜 5点 正常 16点 〜 20点 重度 6点 〜 10点 軽度 21点 〜 27点 きわめて重度 11点 〜 15点 中等度 QIDS-Jの使い方 各項目が大うつ病性障害の症状に対応しているので、うつ症状の評価やスクリーニングに使えるほか、合計点を算出することでうつ状態の変化を見ることができます。 6点以上の場合にはうつ病の可能性がありますので、まず医療機関に相談してください。

次の

会社を長期(1ヶ月程度~)にわたって休む方法 ―うつ病、抑うつ状態との診断書を味方につける

うつ 病 診断 方法

うつ度チェック 簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J) うつ度チェックを「簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)」を使って行いましょう。 選択項目によって点数が加算され、合計点が0〜27点中何点かでその尺度がわかります。 簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)とは 簡易抑うつ症状尺度(Quick Inventory of Depressive Symptomatology:QIDS-J)は、16項目の自己記入式の評価尺度で、うつ病の重症度を評価できるほか、アメリカ精神医学会の診断基準DSM-IVの大うつ病性障害(中核的なうつ病)の診断基準に対応しているという特長を持っています。 世界的に知られた精神科医John Rush先生によって開発され、世界10カ国以上で使用されています。 採点の方法 睡眠に関する項目(第1〜4項目)、食欲/体重に関する項目(第6〜9項目)、精神運動状態に関する2項目(第15、16項目)は、それぞれの項目で最も点数が高いものを1つだけ選んで点数化します。 それ以外の項目(第5、10、11、12、13、14項目)は、それぞれの点数を書き出します。 うつ病の重症度は、睡眠、食欲/体重、精神運動、その他6項目を会わせて9項目の合計点数(0点から27点)で評価します。 原版QIDSでは、点数と重症度は下記のようになっています。 0点 〜 5点 正常 16点 〜 20点 重度 6点 〜 10点 軽度 21点 〜 27点 きわめて重度 11点 〜 15点 中等度 QIDS-Jの使い方 各項目が大うつ病性障害の症状に対応しているので、うつ症状の評価やスクリーニングに使えるほか、合計点を算出することでうつ状態の変化を見ることができます。 6点以上の場合にはうつ病の可能性がありますので、まず医療機関に相談してください。

次の

うつ病の診断基準とうつ状態との診断の違い

うつ 病 診断 方法

1つは過労や心理的なストレスに対する反応として起きてくる「反応性のうつ」、そしてもう1つが病気の症状としての「内因性のうつ」で、その代表的なものがうつ病や双極性障害です。 反応性は病気ではなく、内因性は病気です。 会社の対人関係や過労などが原因で気分が落ち込む反応性のうつは、病気ではないため服薬しても症状が軽快しないこともあり、まずはその原因を取り除くことが必要です。 一方内因性は、セロトニンやドーパミンといった脳内伝達物質の減少で起こるため、治療的な対応で精神状態は回復します。 診療では反応性か内因性かの見極めが重要となります。 Qうつ病と双極性障害(躁うつ病)について教えてください。 睡眠にも影響が出て、途中で目が覚める、朝早く目が覚めるといった特徴があります。 そして、この内因性うつが繰り返し起きるときに考えなければならないのが、間に躁状態が入っていないかということです。 躁状態とは、普段より元気が出過ぎて社会的な障害を招いてしまうような状態です。 気が大きくなって上司に命令してしまったり、借金をつくったりといったこともあります。 うつ状態の時期と躁状態の時期の両方があるのが双極性障害です。 診察の結果診断がついた段階で患者さんへの説明となりますが、これが一番大切です。 反応性は病気ではありませんから、原因を改善する方法をアドバイスします。 中には休みたいから診断書が欲しいという言う人もいるので、原因にアプローチしないで休んでも良くならないことをお話しし、場合によって会社の産業医と連絡を取ることも。 内因性ならば、うつ病、双極性障害でそれぞれ治療薬が違うのできちんと合った薬を処方して、必要なら休養も勧めるなど治療方針を丁寧に説明します。 Q「うつかも?」と悩んでいる人たちにメッセージをお願いします。 自分で「怠けている」「さぼっている」と思い込んでいるケースもあるので、受診して診断を聞くとホッとする人もたくさんいます。 病気と言われてショックを受ける人も中にはいますが、「病気のうつは服薬と休養で治療できますよ」と説明すると皆さん安心されます。 薬は少量から始め、適量まで徐々に増量していきます。 個人差がありますが服薬開始後1〜3ヵ月ほどの期間です。 しかしすぐに服薬を中止すると症状がぶり返すことが多いため、維持療法としてしばらく服薬を継続してもらいます。 抗うつ薬に依存性はありません。 ドクターからのメッセージ 村田 琢彦院長 内因性うつの診断で難しいのが、うつ病と双極性障害の鑑別です。 診察時に「元気が良過ぎる時期はありませんでしたか?」と尋ねると心当たりのある方がいます。 家族や会社に迷惑がかかるほど活動的になるのが躁状態ですが、さらに本人が気づきにくい状態に軽躁(けいそう)状態というものがあります。 文字どおり「軽い躁状態」なので、患者さんご自身は「仕事がとてもはかどった」「何をしても楽しかった」という程度の自覚しかありません。 こちらから質問することで初めて気がつくことが多く、一般の方ではなかなか判断がつきません。 専門家が状態を把握して診断をしますので、心配事があったら気楽な気持ちで来院してください。 あざみ野メンタルクリニックの関連記事 ドクターズファイル• このトピックスの関連情報•

次の