デヤナ イエス トレ ムスカ。 大坂なおみの元コーチ バジンが、19歳の新星を指導へ

【面接対策】周りからどう思われている?「周りからの評価」の答え方

デヤナ イエス トレ ムスカ

女子テニス世界25位のデヤナ・イエストレムスカ(ウクライナ)が、InstagramやTwitterにアップした写真について批判を浴びている。 彼女がアップしたのは、上半身裸で右半身を黒くメイクし、美しく撮影された写真。 ウクライナ国籍の彼女は、右半身で黒人、左半身で白人を表現し、「Equality(平等)」と、人種主義がなくなるよう祈りを綴った。 実際の画像 しかしそんな彼女のメッセージが裏目に出てしまう。 このように白人が黒人を真似るようにメイクをすることは「ブラックフェイス」と呼ばれ、歴史的に黒人差別に使われてきたためだ。 彼女はすぐに批判を浴び、写真を削除した。 その後彼女は、Instagramストーリーズで以下のように謝罪している。 「私は平等へのメッセージを広めるつもりで写真を投稿しました。 明らかに差別ではなく、誤解されています。 差別するつもりはなく、今の状況についての私の気持ちを共有したかったのです。 私たちはみな平等に扱われるべきだと」 「私のメッセージが邪悪なものだとされ、とても残念です。 写真は人々を団結させるためのものでしたが、分断させてしまいました。 だから写真を削除しました。 不快にさせたすべての人々に心から謝罪します。 本当に善意で行ったことでした」 イエストレムスカは既に3個のシングルスタイトルを持ち、大坂なおみ(日本/日清食品)をグランドスラム2大会連続優勝に導いたサーシャ・バジンが現在コーチを務めている、将来の世界1位候補。 透き通るような肌と、キリッとした眼が特長の美女で、今年の5月には歌手デビューも果たしている。 手前達の不満ぶちまけてるだけの暴徒なんだから。 欧米社会の過敏・過剰な乱気流を思うと、少なくとも今は、 ポリコレから距離を置いた方が、いいのではないか。 ブルーアイズが美しく映えて。 21 名前:. 善意と思わせれば、自分が称賛されるっていう自己満足からだろうに、 インスタの写真なんて自分すげー自分意識高いの承認要求や自己顕示欲の物しか無いわな。 本当に善意からなら匿名で慈善団体にでも稼ぎを寄付すりゃいい。 もし文句を言うならそのBLM運動家はその行為が日本人へのヘイトであることも自覚できない馬鹿であることを証明しているようなもの。 「善意に逆らうとはとんでもない奴だ(バーン、焼き討ち、略奪)」• だから腫物のようになってるのも仕方ないのかなって思う。 ぼう動とかは理解できないけど。 巻き込まれて火傷するだけ。 黒人は徹底的に無視して、近寄らないのが一番安全。 猛獣と同じだわ。 隣国と同様に永遠に謝罪と賠償を求めている。 先住民と同じく学費、税金免除はもちろん、家と車を白人が働いて提供しろと言うてる。 だから平等など言うてると、撃ち頃される。 歌舞伎もヘイトに指定するよ。 背景にそういう差別歴史があるんだと。 下らないねえ~ じゃあ米国の黒人はスイカを食わないのかねえ~? スレとは関係ないが、日本のアイスクリームで白色(バニラ)黒色(チョコ)黄色(バナナ)の三位一体のアイスクリームがあるのを思い出した。 あれ美味いのよ。 そこに人種の差はない、どんな人種であっても関わっていれば等しくゴミ。 無価値。 生きる価値なし。 自分の快楽のために本当の被害者の人権を、それこそセカンドレイ/プのように毀損する犯罪者。 ともすれば人・殺・し。 この世でもっと必要の無い種類の人間。 いや人扱いもする必要ないな• ハリウッドとか世のセレブに限ってファッションか遊びのように世の不条理を正したがる。 自分が関係ないから気楽だよね。 要は、単に騒ぎたいだけ、「正しい」ことをする自分を美化したいだけだ。 差別には、差別者から被差別者に向けてのほか、被差別者が他の被差別者に対して行うものがある。 たとえば、「あいつは黒人のくせに白人と仲がいい」と白人が言う場合はストレートな差別だが、同じ言葉を黒人が言う場合ではヒガミのような感情を伴う。 北米の大学へ留学中に見た学生新聞の記事にあった指摘だが、とても印象に残っている。 映像の右下に承認番号明記されて。 新聞も一面毎に審査料払って発行とか。 基準がよく分からんし面倒くさいわ。 もヤバいな。 トピックサンダーでもろやっているから。 そういう意味でこれは「差別」• 白人社会の権力闘争スローガンに成り下がってしまった 関係ないやつは黙ってたほうが良い•

次の

20歳のテニス美女が新曲をリリース!「もうレコーディングはしないと思っていた」(THE TENNIS DAILY)

デヤナ イエス トレ ムスカ

カタール・ドーハで開催されている「カタール・トータル・オープン」(WTAプレミア5/2月23~29日/賞金総額324万445ドル/ハードコート)の女子シングルスで、ソフィア・ケニン(アメリカ)が2週連続となる初戦負けを喫した。 1回戦をBYEで免除されていたケニンにとって初戦にあたるこの日の2回戦で、彼女はデヤナ・イエストレムスカ(ウクライナ)に3-6 6-7 4 のストレートで敗れた。 イエストレムスカは昨年のウインブルドンでもケニンを倒していた。 ケニンは先週のドバイでも初戦負けを喫しており、先のオーストラリアン・オープンで初のグランドスラム大会優勝を果たして以来、まだ一度もWTAツアーの試合に勝っていない。 「自分のテニスを見つけ出すことができていないと感じている。 私は自分が望んでいるようにプレーすることができていない。 だから今、かなりフラストレーションを感じているわ」とケニンはコメントした。 「言うまでもなく、人生最高のテニスをプレーしていると感じていたメルボルンのあとにここに来てプレーし、最悪とは言わないまでも私がやりたいと望んでいるようなテニスをプレーできていないのだから」。 そのほかの試合では、第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)が予選勝者のラウラ・シグムンド(ドイツ)を6-3 6-2で下し、第3シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)は予選勝者のベルナルダ・ペラ(アメリカ)を6-3 6-0で退けた。 第4シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)と第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)、そしてオーストラリアン・オープン準優勝者で第11シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)も2回戦に勝ち、ベスト16に駒を進めた。 C AP(テニスマガジン) DOHA, QATAR - FEBRUARY 23: Sofia Kenin of USA speaks to the media during Day 1 of the WTA Qatar Total Open 2020 at Khalifa International Tennis and Squash Complex on February 23, 2020 in Doha, Qatar.

次の

大胆なビキニ姿などでファンを虜に!美女テニス選手ランキング

デヤナ イエス トレ ムスカ

8月1日、女子世界25位のデヤナ・イエストレムスカ(ウクライナ)が、アーティストとして2曲目となる新曲をリリースした。 彼女は今年5月の20歳の誕生日を迎える直前に「Thousands of Me」という曲で突如歌手デビューを果たし、テニス界を驚かせていた。 今回は「Favorite Track」という曲をリリースし、Instagramで「1曲目をリリースした時に、正直言うともうレコーディングはしないと思っていた。 私にとってはとても変わったことだったしね。 でもしばらくすると、感情を楽しむようになって火が付いた。 それで新曲を作ることを決めたの」と綴っている。 この曲は「D. 」名義でリリースされており、Spotifyなどの各配信サイトで聴くことができる。 彼女はテニス以外にもクリエイティブな分野で積極的に活動しており、ツアー中断中にはマスク着用を呼びかけるアニメーションを公開。 また人種主義の問題が大きく取沙汰された際には、上半身裸で右半身を黒くメイクし、美しく撮影された写真をSNSに投稿。 右半身で黒人、左半身で白人を表現し、「Equality(平等)」と、人種主義がなくなるよう祈りを綴ったが、白人が黒人を真似るようにメイクをすることは「ブラックフェイス」と呼ばれ、歴史的に黒人差別に使われたため批判を浴びたこともあった。 その他にもモデルのように美しいセクシーショットを投稿したりして、ファンと交流している。 彼女は既に3個のシングルスタイトルを持ち、2020年にキャリアハイとなる世界21位を記録。 (日本/日清食品)を2大会連続優勝に導いたサーシャ・バジンが現在コーチを務めている、将来の世界1位候補だ。 今後もコート内外でのマルチな活躍が期待される。

次の