スマート ニュース 開か ない。 スマホの添付ファイルが開かない

スマートニュースの「ファクトチェック」とは?「まとめサイト」記事配信の裏側(亀松太郎)

スマート ニュース 開か ない

ピーク時には1時間のうち40分以上遮断機が下りている「開かずの踏切」は、渋滞や事故の原因になるため、国土交通省ではこうした踏切を「改良すべき踏切道」として指定し、鉄道会社や自治体に改良を義務付けています。 しかし、実際にはなかなか改善されていないのですが、それはなぜなのでしょうか。 1時間のうち40分以上開かない!? 「開かずの踏切」の実態とは クルマを運転していてもっともストレスが溜まるのは、渋滞にハマったときではないでしょうか。 交通渋滞にはさまざまな原因が考えられますが、そのうちのひとつとしてあげられるのが踏切です。 踏切用の信号があればそれに従いますが、信号がない場合は一時停止して安全確認をすることが義務付けられているため、どうしても交通の流れが悪くなってしまいます。 さらに、列車の通過のために遮断機が降りてしまうと、完全に交通の流れが止まってしまい、交通量の多い道路にある踏切では列車が1本通過するだけでも、ちょっとした渋滞が発生してしまいます。 ただでさえ渋滞の原因になりやすい踏切ですが、とくに酷いのが「開かずの踏切」と呼ばれる、開いている時間が極端に短い踏切です。 なかなか開かない踏切は日本各地にありますが、国土交通省が定義する開かずの踏切とは、ピーク時の遮断時間が1時間あたり40分以上になる踏切のことを指します。 開かずの踏切の問題点は、激しい渋滞と事故の2点だといわれています。 鉄道のダイヤでピーク時となるのは、朝夕の通勤ラッシュアワーがほとんどです。 その時間帯は道路の交通量も多いため、開かない踏切を起点に常に長い渋滞が続くことになります。 また、踏切遮断で足止めされたクルマや歩行者の無理な横断が、重大な事故に繋がる可能性も指摘されています。 実際、開かずの踏切として有名な東武伊勢崎線竹ノ塚駅南側の踏切では、2005年に歩行者と自転車、2015年には軽自動車、そして2006年にも歩行者が列車と接触する事故が起こっています。 国土交通省はこうした状況を鑑みて、2007年に「緊急に対策の検討が必要な踏切」として1960か所の踏切を抽出・公表しました。 さらには全国の鉄道事業者や道路管理者と連携し、踏切の現状を可視化した「踏切安全通行カルテ」を公表するなど、さまざまな対策を講じています。 そして、抽出された踏切を中心に「改良すべき踏切道」が国土交通省により指定され、鉄道会社や自治体は改良することが義務付けられます。 1000億円超! 超高額な「開かずの踏切」対策とは 国土交通省が「改良すべき踏切道」を指定できるようになったのは、2016年に改正踏切道改良促進法が施行されてからのことです。 その第1弾として、同年に全国で58か所の踏切道を指定したのを皮切りに、2019年12月の第5段までに指定数は合計1129か所に至りました。 指定された踏切道は法の規定に基づき、立体交差化や拡幅のほか、当面の対策や踏切道の周辺対策など、ソフトとハードの両面から地域の実情に応じた踏切道対策が検討・実施されることになります。 しかしながら、なかなか解消できていないというのが現実のようです。 その要因として、根本的な解決策とされる立体交差化は、多額の費用と長い時間が必要になることが挙げられます。 たとえば、京浜急行線品川駅から新馬場駅までの間にある3か所の踏切を除却する連続立体交差化計画では、2020年度に着工し、完成予定は2029年と10年単位の工事期間が想定されています。 高架構造の場合は約900億円、地下構造の場合は約1700億円と目算される事業費は、すべての改良すべきは踏切道では実現できない金額です。 そこまで大がかりな工事はできないという場合は、踏切を廃止して歩道橋を架けるという案もあります。 しかし、クルマはほかの踏切や立体交差まで迂回しなければならず、歩道橋の設置には新たな用地が必要となり、なにより不便になる地域住民の理解や自治体の同意を得るのが難しいといいます。 賢い踏切とも呼ばれる「スマート踏切」への切り替えも、開かずの踏切対策のひとつです。 従来型の踏切は一定の距離で検知して警報機を鳴らしますが、スマート踏切は特急か各駅停車かなど列車の種類(最寄り駅を通過するかどうか)を判別して、踏切までの到達時間をベースに警報機を鳴らすタイミングを決めることで、踏切警報時間を30秒以上短縮できたケースもあるといいます。 しかし、開かずの踏切のピーク時は、そもそも列車の往来が激しいうえに、安全のために余裕をもった時間設定がされているため、スマート踏切を導入しても効果を感じることは少ないといえそうです。 クルマと歩行者のレーンを色分けするカラー舗装や歩道の拡張など地道ではあるものの、少しずつ前進している状況だといえます。

次の

「スマートニュース」のキャッシュを削除する方法【スマホの容量不足を解消!】

スマート ニュース 開か ない

朝日新聞は「緊急事態宣言中だったこととあわせて、社員の行動として極めて不適切。 皆さまに不快な思いをさせ、ご迷惑をおかけしたことを重ねておわびします」、産経新聞は「相手や金銭の多寡にかかわらず賭け麻雀は許されることではないと考えます。 極めて不適切な行為。 などとコメントしている。 23日のABEMA『NewsBAR橋下』では、橋下徹氏とジャーナリストの堀潤氏がこの問題について議論した。 橋下:検察もメディアも、このまま進んで行ったら終わってしまうと思う。 そのくらい重大な問題だ。 僕はもともと賭けマージャンはそれほど非難されるような問題じゃないと思っているが、お菓子やラーメンを賭けるのは良くても、現金は1円であってもダメですよ、という建前になっているのは、お金が反社会的勢力に流れる可能性があるから。 賭けマージャンは絶対ダメですよ、というルールにしておきながら、取り締まる組織のナンバー2がやっていた。 まず取り調べをして逮捕して裁判にかけないと。 それなのに法務省の内部調査だけ。 ふざけんじゃない、と。 政府は「1000点100円だからいいじゃん、問題は無い」と言うのなら、ゴルフでの握りや家庭内・友人間の賭けマージャンについては良いですよ、と閣議決定してから言わないと。 中国や北朝鮮のようになっちゃったんじゃないの?。 堀:メディアに関して言えば、検察とここまでの関係を築いておいて、いざというときにきちんと刺せるような特ダネが取れていたんですか? と言いたい。 許しがたい不正義があって、それを国民に知らせたい、そのためには取材相手と関係を築かなければいけない、ということで、時には手法として様々なことをやる必要はあるかもしれない。 だから厚生労働省の村木厚子次官が逮捕・起訴されたときも、それが冤罪だったことを全く暴けないまま、あそこまで行ってしまった。 僕は経産省の元次官の方に「新聞やテレビからしか情報を得てない人は、本当のことが分かんないんだよね」と言われた。 官僚組織から情報を引き出して、都合の悪いものほど世に出せるマスコミであってほしい。 官庁の記者クラブだって、そのためのものだったはず。 橋下:取材をするための付き合いは必要だけれど、こういう形でメディアが得られる情報って、本当に黒川さんたちにとって不利な情報だろうか。 結局、それらはリーク情報だ。 検察は自分たちに有利な情報を流して、世論誘導する。 メディアは捜査機関しか知り得ない情報を得る。 そういうことで報道が成り立っていたことが改めて明らかになった。 そして今回のことについて言えば、産経も朝日も、時代遅れも甚だしい。 なんでこの記者たちを実名報道しないのか。 もし僕が同じことをやったら、家の前にカメラを並べられ、連日ワイドショーに取り上げられ、社会的に抹殺されるだろう。 どうしてワイドショーは朝日や産経に押しかけないのか。 社長に会見を開かせないのか。 それは、メディア同士がなあなあになっているからだ。 本当に厳しい。 でも、彼らは裏を取って、情報をきちんと調査して出してくる。 これが政治とメディアの関係だと思う。 堀:誰がこのタイミングで文春に垂れ込んだのか、ということもポイントだと思う、検察庁内、あるいは新聞社内の権力闘争や刺し合いなど、色々な関係があると思う。 誰もそれに関して何も言わないのが、不思議でたまらん。 ぶっちゃけ、テンピンの賭けマージャンなんて、多くの人がしてるし、確かに処分は甘いとしても、犯した罪は正直どうでも良いと思う。 こういう、都合の良いような情報をリークして、世論操作してるのが垣間見えるから、大手メディアは全面的に信用できないし、また、検察当局もメディアからの情報で捜査着手することもあろうから、完全に公平な捜査とも思えなくなる。 検察は中立であるべき!って声高らかに言うならば、裁判官と同様に情報リークは絶対に止めるべき! まぁ、検事総長も監督者処分してないし、当の本人も懲戒処分じゃないことを思えば、この、癒着は続くんでしょうね。 マスコミほど恣意的な報道をしている事は、今回のコロナの件でも明白でしょう。 日本の対策について、政府に不手際がある事は事実でも、打倒安倍内閣が見え見えで、PCR検査が少ない事等をやり玉にさんざん叩いて来た! しかし、結果は朝日等が期待した様に感染爆発は起こらずに済んだ!!それでもマスコミは、韓国やドイツをほめたたえ、日本が緊急事態を解除する事に懸念を示し、一方でドイツでは未だに毎日千人も感染者が出ている中で、経済を動かそうとしている事に、NHKまでドイツに見習うべき事として報道する! 何を見習えと言うのか?単にPCR検査が充実している事がそんなに安心なのか!まったく意味が分からない方でが氾濫している!! この状況を見ると、橋下氏が指摘する事態など、マスコミは何とも思っていないのだろう! 自分達が勝利したとでも思っているのでしょうから、、。

次の

スマホの添付ファイルが開かない

スマート ニュース 開か ない

朝日新聞は「緊急事態宣言中だったこととあわせて、社員の行動として極めて不適切。 皆さまに不快な思いをさせ、ご迷惑をおかけしたことを重ねておわびします」、産経新聞は「相手や金銭の多寡にかかわらず賭け麻雀は許されることではないと考えます。 極めて不適切な行為。 などとコメントしている。 23日のABEMA『NewsBAR橋下』では、橋下徹氏とジャーナリストの堀潤氏がこの問題について議論した。 橋下:検察もメディアも、このまま進んで行ったら終わってしまうと思う。 そのくらい重大な問題だ。 僕はもともと賭けマージャンはそれほど非難されるような問題じゃないと思っているが、お菓子やラーメンを賭けるのは良くても、現金は1円であってもダメですよ、という建前になっているのは、お金が反社会的勢力に流れる可能性があるから。 賭けマージャンは絶対ダメですよ、というルールにしておきながら、取り締まる組織のナンバー2がやっていた。 まず取り調べをして逮捕して裁判にかけないと。 それなのに法務省の内部調査だけ。 ふざけんじゃない、と。 政府は「1000点100円だからいいじゃん、問題は無い」と言うのなら、ゴルフでの握りや家庭内・友人間の賭けマージャンについては良いですよ、と閣議決定してから言わないと。 中国や北朝鮮のようになっちゃったんじゃないの?。 堀:メディアに関して言えば、検察とここまでの関係を築いておいて、いざというときにきちんと刺せるような特ダネが取れていたんですか? と言いたい。 許しがたい不正義があって、それを国民に知らせたい、そのためには取材相手と関係を築かなければいけない、ということで、時には手法として様々なことをやる必要はあるかもしれない。 だから厚生労働省の村木厚子次官が逮捕・起訴されたときも、それが冤罪だったことを全く暴けないまま、あそこまで行ってしまった。 僕は経産省の元次官の方に「新聞やテレビからしか情報を得てない人は、本当のことが分かんないんだよね」と言われた。 官僚組織から情報を引き出して、都合の悪いものほど世に出せるマスコミであってほしい。 官庁の記者クラブだって、そのためのものだったはず。 橋下:取材をするための付き合いは必要だけれど、こういう形でメディアが得られる情報って、本当に黒川さんたちにとって不利な情報だろうか。 結局、それらはリーク情報だ。 検察は自分たちに有利な情報を流して、世論誘導する。 メディアは捜査機関しか知り得ない情報を得る。 そういうことで報道が成り立っていたことが改めて明らかになった。 そして今回のことについて言えば、産経も朝日も、時代遅れも甚だしい。 なんでこの記者たちを実名報道しないのか。 もし僕が同じことをやったら、家の前にカメラを並べられ、連日ワイドショーに取り上げられ、社会的に抹殺されるだろう。 どうしてワイドショーは朝日や産経に押しかけないのか。 社長に会見を開かせないのか。 それは、メディア同士がなあなあになっているからだ。 本当に厳しい。 でも、彼らは裏を取って、情報をきちんと調査して出してくる。 これが政治とメディアの関係だと思う。 堀:誰がこのタイミングで文春に垂れ込んだのか、ということもポイントだと思う、検察庁内、あるいは新聞社内の権力闘争や刺し合いなど、色々な関係があると思う。 誰もそれに関して何も言わないのが、不思議でたまらん。 ぶっちゃけ、テンピンの賭けマージャンなんて、多くの人がしてるし、確かに処分は甘いとしても、犯した罪は正直どうでも良いと思う。 こういう、都合の良いような情報をリークして、世論操作してるのが垣間見えるから、大手メディアは全面的に信用できないし、また、検察当局もメディアからの情報で捜査着手することもあろうから、完全に公平な捜査とも思えなくなる。 検察は中立であるべき!って声高らかに言うならば、裁判官と同様に情報リークは絶対に止めるべき! まぁ、検事総長も監督者処分してないし、当の本人も懲戒処分じゃないことを思えば、この、癒着は続くんでしょうね。 マスコミほど恣意的な報道をしている事は、今回のコロナの件でも明白でしょう。 日本の対策について、政府に不手際がある事は事実でも、打倒安倍内閣が見え見えで、PCR検査が少ない事等をやり玉にさんざん叩いて来た! しかし、結果は朝日等が期待した様に感染爆発は起こらずに済んだ!!それでもマスコミは、韓国やドイツをほめたたえ、日本が緊急事態を解除する事に懸念を示し、一方でドイツでは未だに毎日千人も感染者が出ている中で、経済を動かそうとしている事に、NHKまでドイツに見習うべき事として報道する! 何を見習えと言うのか?単にPCR検査が充実している事がそんなに安心なのか!まったく意味が分からない方でが氾濫している!! この状況を見ると、橋下氏が指摘する事態など、マスコミは何とも思っていないのだろう! 自分達が勝利したとでも思っているのでしょうから、、。

次の