ドラッガー。 ドラッカーの名言

ピーター・ドラッカー

ドラッガー

ドラッガー理論を看護マネジメントに活かす方法 マネジメントの発明者といわれるドラッカー(Peter Ferdinand Drucker,)。 看護師さんがマネジメントを学ぶとき、ドラッガーの著書を手にされる方も多いようです。 しかし「理論は納得できるけれど、臨床現場でうまく活用できない」とか「企業と病院は違うので、どこか内容に違和感がある」という声を耳にします。 そこで今回は、ドラッガー理論を医療現場の視点を交えてやさしくひも解き、看護マネジメントに活かす方法を考えてみたいと思います。 管理という言葉のプレッシャー 「看護管理学」という学問があるように、看護の業界ではマネジメントに対して「管理」という言葉が一般的に使われているようです。 しかしこの「管理」という言葉がマネージャーのみなさんを苦しめているのではではないでしょうか。 そもそもマネジメントとは経営あるいは管理と訳せますが、これを管理と訳すことで、マネージャーは管理する人、すなわち全てを把握してコントロールする人というイメージをしてしまいがちです。 そんなイメージを持ってマネジメントをすることによって、自分を苦しめるばかりではなく、組織の広がりがなくなっていきます。 マネージャーとは組織を経営する人です。 では、組織を経営するとはどういうことでしょう?それをドラッガーの理論をなぞりながら考えていくことにしましょう。

次の

ドラッガー理論を看護マネジメントに活かす方法

ドラッガー

ピーター・ドラッカーの 名言は多くの経営者の心を捕らえて離しません。 近年永眠されましたが、日本では死後も高い人気を誇っているのです。 ピーター・ドラッカー自身も日本文化を愛し、敬意の念を持っていたと言われています。 ピーター・ドラッカーのことを少し紹介しますと、彼はオーストリアのウィーン出身で社会学者であり、経営学者でもあります。 ピーター・ドラッカーは企業のマネジメントや存在意義に関する世界的な権威と言われ、彼の著書は「経営の教科書」とされています。 また、ドラッカーは多くの名言を残しています。 一般的な身近な言葉で言うと、「民営化」という造語を生み出したのもドラッカーです。 多くの著書の根本は「人間が幸福になるにはどうしたら良いのか」というテーマに基づいたものであり、「自己啓発」や成長に関係した思想も広く知られているところでもあります。 では、ドラッカーの有名な名言にはどのような言葉があるのでしょうか? 目次• ピーター・ドラッカーの有名な名言31選 ドラッカーは有名な名言をたくさん残しており、経営者やビジネスマンに多大な影響を与えています。 その中でも今回は特に有名な名言を抜粋して、紹介していきます。 では、早速紹介していきます。 何かに行き詰まった時のドラッカーの名言• チャンスとは、ひとつのことに心に集中することによって、かろうじて見つけることができるものである。 選択肢を前にした若者が答えるべき問題は、正確には、何をしたらよいかではなく、自分を使って何をしたいかである。 最も重要なことから始めなさい。 重要なことは、明日何をするかではなく、今日、何をしたかである。 人は誰だって何かに迷い行き詰まることがあります。 ピーター・ドラッカーの名言は人のそういった心に何かを残す名言が多いのです。 経営者の心に喝を入れるドラッカーの名言• 生産性を向上させるためにまず問うべきは、何が目的か、何を実現させようとしているか、なぜそれを行うかである。 マーケティングの理想は、販売を不要にすることである。 つまり、製品がおのずから売れるようにすることである。 新しい事業をつくり出すときは、大きなビジョンである必要はない。 しかし、今日の常識とは違うものでなければならない。 生産性を上げる一番簡単な方法は、今、一番成果が出ている仕事に集中し、成果が出ていない仕事からは、撤退してしまうことである。 組織は常に、 進化していなくてはならない。 織の活動というのは、「いかに世の中に貢献していくか」という一点に集約される。 織のマネジメントとは、凄い人材を入れることや改新的なサービスを導入する事のように思われているが一番重要なのは、今ある人材と資産で何ができるかを考えることである。 世界一になりなさい。 さもなければ撤退しなさい。 ドラッカーの名言は、経営者でなくてもハッとさせられる言葉がたくさんあります。 経営者となる人は、社会で働いている人のうちのごく一部です。 でも、どんな人でも働いている限り、これらの名言を目にすることは良いことでしょう。 自分の何かを変えたい時のドラッカーの名言• 成功する人間に必要な生まれつきの能力などありはしない。 ただ、あなたが成し遂げたいことに、必要な能力だけを身につければいいのだ。 これまでの実績など捨てなさい。 自分の強みを過信した者は、生き残れません。 不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。 自らの強みに集中すべきである。 無能を並みの水準にするには、一流を超一流にするよりも、はるかに多くの エネルギーと努力を必要とする。 いまさら、自分を変えようとしてはならない。 そんなのは、うまくいくわけがない。 自分の得意とする仕事のやり方を向上させることに、力を入れるべきである。 人の卓越性は、ひとつの分野、あるいはわずかの分野においてのみ、実現されるのである。 ピーター・ドラッカーの名言には、自分の中に迷いが生じたときに進むべき道へと方向を指し示してくれるような言葉が数多くあります。 もちろん彼の名言のみに人生を左右される訳ではありません。 しかし、迷い悩んでいる人の助けとなることがあるのは事実なのです。 ドラッカーの名言を見て、自分の何かが変わることもあるのです。 仕事をする上で大事なドラッカーの名言• 「出来ないこと」ではなく、「出来ること」に集中しなさい。 仕事のやり方を変えるのではなく、仕事の意味を考えなさい。 まず、やりたいを決め、次に何に集中すべきかを決めなさい。 基本と原則に則っていないものは、かならず破綻する。 失敗者が何をして失敗したかよりも、成功者が何をして成功したかを学びなさい。 数千のアイデアを育てて、やっと一つの成果を得ることが出来る。 間違いや失敗を犯したことのない者というのは、単に無難なこと、安全なこと、つまらないことしか、やってこなかっただけである。 逆に優れている者ほど、数えきれない間違いを犯すものであり、これは常に新しいことに挑戦している証拠である。 ドラッカーの名言でこれらは、仕事をする上でとても重要な意味を持つ名言です。 「出来ないこと」じゃなくて「出来ること」に集中することで仕事の効率化を図る。 また仕事がうまくいかない時は、やり方を変えるよりも、その仕事の意味を考えたほうが答えの近道であるとドラッカーは誘導しています。 このようにピーター・ドラッカーの名言には仕事をする上で、自分にとって重要な意味をなす名言が多いのです。 成功したいと思った時のドラッカーの名言• 成功への道は、自らの手で未来をつくることによってのみ開ける。 成し遂げたいことに必要な条件を、明確に把握すればするほど、達成される確率は高まっていく。 経営者が必ず身につけておかなければいけない、大事な要素がひとつだけある。 成果を上げる人の共通点は、行わなければいけない事を、しっかり行っているというだけである。 学問的な言い方ではないが、仕事ができる組織は仕事を楽しんでいる。 成果とは、常に成功することではない。 そこには、間違いや失敗を許す余地がなければならない。 ピーター・ドラッカーの名言が自分自身が成功を収めたいと思っている人には、一番心に響くことでしょう。 何かを成し遂げて成功する人というのは、このような名言を基本理念として捉えられているのかもしれません。 まとめ いかがでしたか。 ピーター・ドラッカーの有名な名言を5つの観点から集めてご紹介しました。 ピーター・ドラッカーが経営者たちに、「経営の教科書」と言われるようになったのは、このような名言をいくつも生み出しているからなのです。 あなたはどんな名言を残せるような人に成長したいですか? ピーター・ドラッカーの有名な名言31選• 何かに行き詰まった時の名言• 経営者の心に喝を入れる名言• 自分の何かを変えたい時の名言• 仕事をする上での名言• 成功したいと思った時の名言 Filed Under: Tagged With: ,.

次の

ドラッカーのマネジメント論!必要な能力5つ

ドラッガー

ドラッカーの『マネジメント』 に載っている 三人の石切工の話しです。 有名な話なので聞いたことがあるかもしれません。 今回は少しアレンジしました。 むかし、むかしのこと 一人の男が、旅の途上で 石を切り出している場所を通りかかりました。 そこでは、 三人の石工が働いていました。 その仕事に興味を持った旅人は、 一人目の石工に尋ねました。 「あなたは、何をしているのですか?」 その石工は、 つまらなそうな顔をして答えました。 「お金を稼ぐためさ!」 旅人は、二人目の石工に、 同じ事を尋ねました。 「あなたは、何をしているのですか?」 二人目の石工は 汗を拭(ぬぐ)いながら、こう答えました。 「この大きくて固い石を切る為に、 悪戦苦闘しているのさ!」 旅人は、三人目の石工に、 同じ事を尋ねました。 「あなたは、何をしているのですか?」 三人目の石工は、 目を輝かせ、こう答えました。 「私が切り出したこの石で、 多くの人々の、 心の安らぎの場となる 教会が出来るのです!」 三人いれば 三人とも、みんなちがう 何に フォーカスするのか? それによって作業(仕事)の質も変わります。 もし、この旅人の問いかけが 「あなたは、何をしているのですか?」 ではなく・・・ 「この石で何ができるんですか?」 「それができると 村人は何を手に 入れることができますか?」 など、 ゴール(教会が建つこと)や ゴールの先にあるもの(村人が安らいでいる)に 質問を使ってフォーカスを変えることができたら ステキなことだと思いませんか? その問への答えは あなたの想像におまかせしますが、 会話の最後に、三人の石工が・・・ 「私は、その素晴らしい教会を夢見て、 石を切り出しているのです!」 と答えたとしたら・・・ 作業は 仕事となり、 仕事は 志事(ミッション)となります。 特に一人目と二人目の職人の 切り出す石の量にも 影響するにちがいないと思うのは 私だけでしょうか。。。 効果的な質問を使えば、 フォーカスするところが変わります。 フォーカスを変えると 作業を志事(ミッション)に変えることができます。 「一生懸命やっているのに結果が出ない」 「その結果をクヨクヨ悩んでしまう」 「いつも苦手なタイプをつくってしまう」 「人生に充実感を感じない」 などなど、私達はどういうわけか無意識のうちにネガティブな生き方を選択してしまう傾向にあります。 それはあなたが毎日の生活の中で、自分で自分の脳にプログラムした結果です。 この講座では、脳科学を駆使し、人生を望む方向へシフトする効果的な7つのメソッドをお伝えします。 <<脳の7つの基本メソッド>> 1. ミラーニューロンの法則 2. 質問の法則 3. 焦点化の法則 4. ラポール(心の架け橋)の法則 5. リフレーミングの法則 6. 逆算時間術の法則 7. 未来記憶の法則.

次の