灯火 歌詞。 【Vaundy/灯火】歌詞の意味を徹底解釈!不満を希望に変えていく美しさ

Mrs. GREEN APPLE「灯火」歌詞&MVを公開|CDシングル『僕のこと』収録曲

灯火 歌詞

歌: 作詞:大森元貴 作曲:大森元貴 「初めまして。 僕は『貴方』をお守りする様 雇われた精です。 怖がらないで。 『貴方』が最近 笑えなくなってきたっていうから来たよ。 」 「灯りを点けるよ」 キミに笑って欲しいが為に。 その光が亡くなってしまう時 それは僕が消える時だ 「火を灯すよ」 キミが陰に覆われぬ様に。 街が光った様に見えた 綺麗に光った様だった 綺麗に光った街でキミだけは 笑いはしなかった。 何を試しても 僕は「貴方」を笑顔にする事は出来なくて 悲しまないで。 何もそんなに 独りで苦しまなくてもいいじゃないか 灯りは弱まる一方で 別れも近づく存在です この光が亡くなってしまう時 それはキミとのバイバイだ 「云える事は言っておこう キミの耳に届くうちに」 何故か俯いた様に見えたよ アレが光った様だった 何かが動いた様だったんだ 嗚呼 もうバイバイだ。 揺らいだ火が消えるのはもう其処 僕には時間が無い様だ 心の雨が上がるのももう其処 この世には勿体の無いことだ 灯りが消えるその時に 「貴方」が泣いたんだ 僕が笑った様に 「貴方」は泣いて笑った様だった 嗚呼良かったこれで 安らかに消えれる 火の灯りが僕の命なんだ さよなら 元気でね、バイバイ 灯火は静かに息を絶えたが キミに灯った様だった キミが笑った様だった。

次の

『灯火』歌詞|政美 / ユアミトス|note

灯火 歌詞

日常は単調ですし、日々聞き慣れた音の1つとして足音が挙げられているのだと思います。 淘汰、これは不要なものがなくなり良いものが残るという意味です。 つまり、ここでは「 日常を歌にしたら不要な感情(自尊心と悲哀)がなくなり、良い感情が残った」と。 「じゃあ、良い感情って?」 次で説明していきます。 これは 日々の幸せではないでしょうか? 忙しい社会を生きる私達は忘れがちなものです。 家があり、ご飯を食べられ、家族がいて、学校に行ける。 これらは 決して当たり前のことではありません。 この時代に、この国に生まれた奇跡で成り立っています。 この日常での奇跡の幸せにちゃんと感謝しているかを問いかけてくれているように思います。 そして、残った良い感情の1つ目として「 感謝」が挙げられます。 しかし、世界はあまりにも巨大なので、何かを成し遂げたところで世界はビクともしないかもしれません。 つまり、前半では 膨大な世界とちっぽけな人間の対比が描かれています。 交わした天の約束 私達は神様に強く願う時がありますよね。 しかしその願いは叶うどころか、むしろ逆の方向にいくこともあります。 つまり、 「 ちっぽけでも願いが叶わなくても僕たちは生きていくしかない」 と言っています。 完璧な人と結婚してお金がたくさんあって南国で優雅に暮らす・・・みたいな笑 ただ、 もし仮に今完璧だと思う生活を手に入れた場合、これ以上求めませんか? それでもさらなる「良い」暮らしを求め続けるかもしれません。 日常での幸せに気づくことが出来ない限り、私達は足りないものを探し続けます。 だから「見えないもの」を「見えてる感動」にしようと言います。 どういうことでしょうか? ここでは人間は「 ちっぽけでも強い」ということを言っているのだと思います。 「ありもしない滑走路 羽を広げ走る」私の大好きな部分です。 傍から見たらどう見ても飛べないのに、それでももがいて挑戦し続けるということではないでしょうか? あなたはこの走る人を見て馬鹿にする側ですか? それとも応援する側ですか? それとも走る本人ですか? どの人が良くてどの人が悪いなんてことはないと思います。 でもこれだけ言えるのは 挑戦している人は美しい ということだと思います。 ここでのメッセージは「現状に満足しよう」ではありません。 「 今ある幸せに感謝して挑戦し続けよう」です。 つまり、 「今に感謝する」と「新しいことに挑む」は両立できます。 このラスサビ、最も盛り上がる部分ですよね。 惨憺はいたましく苦労をすることです。 「僕」は挑戦してボロボロになりながらも新しい世界を探しに行きます。 でも、 もし先が見えなくて不安な時は一度「ここ」で止まって今の幸せを噛み締めようと。 そうすれば 未来に希望が湧いてくるから。 灯火を照らすことができるから。

次の

東ラブ2020主題歌灯火の歌詞や意味は?挿入歌ラブシーン後の洋楽の歌手や曲名も紹介!

灯火 歌詞

「初めまして。 僕は『貴方』をお守りする様 雇われた精です。 怖がらないで。 『貴方』が最近 笑えなくなってきたっていうから来たよ。 」 「灯りを点けるよ」 キミに笑って欲しいが為に。 その光が亡くなってしまう時 それは僕が消える時だ 「火を灯すよ」 キミが陰に覆われぬ様に。 街が光った様に見えた 綺麗に光った様だった 綺麗に光った街でキミだけは 笑いはしなかった。 何を試しても 僕は「貴方」を笑顔にする事は出来なくて 悲しまないで。 何もそんなに 独りで苦しまなくてもいいじゃないか 灯りは弱まる一方で 別れも近づく存在です この光が亡くなってしまう時 それはキミとのバイバイだ 「云える事は言っておこう キミの耳に届くうちに」 何故か俯いた様に見えたよ アレが光った様だった 何かが動いた様だったんだ 嗚呼 もうバイバイだ。 揺らいだ火が消えるのはもう其処 僕には時間が無い様だ 心の雨が上がるのももう其処 この世には勿体の無いことだ 灯りが消えるその時に 「貴方」が泣いたんだ 僕が笑った様に 「貴方」は泣いて笑った様だった 嗚呼良かったこれで 安らかに消えれる 火の灯りが僕の命なんだ さよなら 元気でね、バイバイ 灯火は静かに息を絶えたが キミに灯った様だった キミが笑った様だった。

次の