はなまる うどん 気仙沼。 はなまるうどんおすすめメニュー10選!トッピングやカスタマイズも紹介

【はなまるうどん イトーヨーカドー石巻あけぼの店】石巻・気仙沼・うどん・そば

はなまる うどん 気仙沼

はなまるうどん人気メニュー:15位おろししょうゆ はなまるうどん人気メニューランキング15位はおろししょうゆ おろししょうゆを好きな理由 おろししょうゆを好きな理由はこちら ・すっきりしていて美味しいです。 うどんのこしも、ちゃんと味わうことができるし、味もシンプルでどんな時でも食べられる一品です。 だいこんおろしがあるだけで美味しく、天ぷらをのせてもまた違った楽しみ方ができます。 はなまるうどん人気メニュー:14位かま玉 はなまるうどん人気メニューランキング14位はかま玉 かま玉を好きな理由 かま玉を好きな理由はこちら ・はなまるうどんのかま玉は本当に美味しくて、大好きでいつもついつい注文してしまいます。 温玉ぶっかけよりもかま玉の方が卵が濃厚で食べごたえがあります。 無料トッピングのあげ玉やネギ、七味をもって食べるとさらに美味しいのでおすすめです。 はなまるうどん人気メニュー:13位塩豚おろしぶっかけ はなまるうどん人気メニューランキング13位は塩豚おろしぶっかけ 塩豚おろしぶっかけを好きな理由 塩豚おろしぶっかけを好きな理由はこちら ・塩豚おろしぶっかけが好きな理由としては、味がサッパリしており自身が塩系の味が好みである事が主である。 塩系の物はトッピングの天ぷらとの相性が良く、更におろしを使用しているので、天ぷらのコッテリ感が抑えられ自身で味を変えられ単体でも楽しめ、トッピングしてもトッピング素材の味を引き立てるマルチなうどんかと思われるから。 はなまるうどん人気メニュー:12位塩豚温玉ぶっかけ はなまるうどん人気メニューランキング12位は塩豚温玉ぶっかけ 塩豚温玉ぶっかけを好きな理由 塩豚温玉ぶっかけを好きな理由はこちら ・豚肉と温玉の相性がとても良いからです。 玉子を割り、豚肉と絡めて食べると美味しいです。 温かいのと冷たいのがありますが、冷たい方が、より美味しいと思います。 トッピングとして七味やてんかすをかけるとさらに美味しくなります。 はなまるうどん人気メニュー:11位きつね はなまるうどん人気メニューランキング11位はきつね きつねを好きな理由 きつねを好きな理由はこちら ・とにかくお揚げが大きくてジューシーで満足感がすごいです。 麺が隠れてしまうほどの大きさで、油揚げが大好きな私は幸せでいっぱいです。 うどんのシンプルな味わいが、お揚げの風味を引き立たせ、見た目にも食べ応えにも最高です。 ・油あげの甘辛くて出汁のきいた味がたまらない。 そこにネギの香りとこしのある麺の歯ごたえがよく合い、口の中でとけ合う。 また値段が安く、サイドメニューを加えてもおさいふにやさしいのも、またありがたい。 総合的に好ましい。 はなまるうどん人気メニュー:10位ざる はなまるうどん人気メニューランキング10位はざる ざるを好きな理由 ざるを好きな理由はこちら ・冷水で引き締まった麺がたまりません。 特に夏場に食べたくなります。 ひんやり冷たく締まった麺に、風味豊かなだしつゆをつけて食べるときは贅沢の極みです。 シンプルなので、トッピングやサイドメニューも一緒に楽しめるのも魅力ですね。 ・さっぱりとしたうどんが食べたいときに、はなまるうどんのざるは最適であるため。 たいへんコシのあるもちもちした麺に、つゆを絡めて食べるのがクセになり、はなまるうどんを利用するときはざるを必ず注文している。 はなまるうどん人気メニュー:9位わかめ はなまるうどん人気メニューランキング9位はわかめ わかめを好きな理由 わかめを好きな理由はこちら ・数あるうどんの種類の中でも一番わかめうどんが好きです。 私の地元の特産品がわかめである事もあり、幼い頃からお味噌汁やうどん、刺し身等々と色々なものにわかめが入っていました。 はなまるうどんのわかめうどんはたくさんわかめが入っており値段もお手頃なのでよく注文します。 ・低カロリーで食べたい時に注文します。 かけでも良いのですが多少野菜っぽいものが欲しい時、わかめうどんは良いと思います。 ボリュームが欲しい時には無料のあげだまを入れます。 もうちょっと何かほしい時には天ぷらなどのトッピングをします。 ・なかなかうどんにわかめを乗せるという習慣がないので食べたくなります。 海藻はとても体によく、うどんと一緒においしく摂れるので健康志向の私にはぴったりのメニューです。 磯の香りと麺の風味が絶妙にマッチして最高です。 はなまるうどん人気メニュー:8位牛肉うどん はなまるうどん人気メニューランキング8位は牛肉うどん 牛肉うどんを好きな理由 牛肉うどんを好きな理由はこちら ・牛肉が食べたいけれど、あまりお金を使いたくないときにこの牛肉うどんを食べます。 麺にこしがあって美味しいですし、牛肉が入ることでボリューミーになっているのでお腹にたまります。 お腹も心も満たしてくれるので好きです。 ・お出汁にお肉の少し甘い味が加わった味にやみつきになります。 ほかのうどんを食べたいときもありますが、結局いつも牛肉うどんをオーダーしてしまいます。 普段牛肉をあまり食べないので、外食したときはなるべく牛肉を食べるようにしているのも牛肉うどんを選んだ理由の一つです。 ・あたたかいつゆでいただく、牛肉うどんをいつも頼みます。 かけ、と肉の組み合わせが好きで、これは、揚げも入っていて、お腹も満たされるので好きです。 、他のチェーン店と比べると少し麺が細めで量が少ないきがするので、大サイズ660円を食べます。 お腹いっぱいになれます。 はなまるうどん人気メニュー:7位明太おろししょうゆ はなまるうどん人気メニューランキング7位は明太おろししょうゆ 明太おろししょうゆを好きな理由 明太おろししょうゆを好きな理由はこちら ・味噌煮込みやカレーうどんとか濃いのが本当は好きなのですが、はなまるうどんならやっぱりさっぱり系が一番美味いと思います。 明太子とおろしが明らかにミスマッチくさかったのに食べると美味しいというギャップがあります。 ・明太子がもともと好きで、他のチェーンのうどん屋さんでも注文することがあります。 はなまるうどんの場合、大根おろしも一緒についてくるので、まろやかというより、大根と明太子でピリッとした味わいのうどんを味わうことができます。 ・シンプルな味わいのうどんに、明太子のアクセントがいいですね。 大根おろしが明太子の辛みや塩気をマイルドにしてくれるのも絶妙です。 あまりうどんに明太子を乗せるイメージがなかったので、新鮮な気分で味わうことができました。 はなまるうどん人気メニュー:6位釜あげ はなまるうどん人気メニューランキング6位は釜あげ 釜あげを好きな理由 釜あげを好きな理由はこちら ・値段が安く自分でトッピングでアレンジ出来るから。 一番うどんのおいしさを味わえると思うから。 あまりお腹が減ってない時や胃の調子が悪い時でも食べられるから。 あったかいうどんをつゆにつけて食べるのがとても好きだから ・お腹が空いている時などは、温玉の付いているメニューや、肉うどん系のものを選ぶこともありますが、大抵は釜あげうどんを注文することが多いです。 一番シンプルにうどんの美味しさを味わえますし、冷やしうどんよりも体が温まるので、温かいうどんの方が好きなためです。 ・釜揚げうどんが一番うどんの本来の味を堪能できる食べ方だと思います。 丸亀製麺の釜揚げうどんよりももちもち感が少なめでサラッと食べれるのが魅力です。 釜揚げうどんをメインにしてサイドメニューを組み立てるのがマイルールです。 ・まず、なによりもリーズナブルな値段なので手軽だからです。 どんなトッピングにも合うシンプルさなので、トッピングを自由に選べて、その日の気分で決められるのでいいです。 いろいろなトッピングの組み合わせを楽しめるので好きです。 はなまるうどん人気メニュー:5位牛肉温玉ぶっかけ はなまるうどん人気メニューランキング5位は牛肉温玉ぶっかけ 牛肉温玉ぶっかけを好きな理由 牛肉温玉ぶっかけを好きな理由はこちら ・基本的にぶっかけはどれも好きです。 その中で、あえて牛肉温玉ぶっかけを選んだのは、甘辛く煮てある牛肉と温玉の組み合わせにはまったからです。 牛肉自体も好きで、それが、自分の好みの甘辛さに煮てあるところが魅力です。 そして、それと温玉が絡み合うのが最高です。 ・私が好きなのは食べる時にツルツルとのどごしが良いことです。 うどんのコシがあるのでうどんを食べているという感覚があり美味しいです。 だしがうどんに絡んで旨味が口の中いっぱいに広がります。 お昼は行列が必ずできます。 30分待つこともありますが、おいしいのでみんな頑張ってならんでいます。 ・お肉が入っていてボリュームがありますし、卵が入っていることで濃くも出て最高の組み合わせだから好きです。 お肉も卵も大好きですし、うどんのだしとの相性もぴったりで何度食べても飽きることがありません。 これを食べると元気も出てきます。 ・はなまるうどんを利用した際、ぶっかけでは少し物足りないときに注文するのが牛肉温玉ぶっかけである。 このメニューで得られる満足感は学生の身にはちょうどいいため、バイト帰りなどの夜ごはんがわりによく利用している。 はなまるうどん人気メニュー:4位かけ はなまるうどん人気メニューランキング4位はかけ かけを好きな理由 かけを好きな理由はこちら ・一番、シンプルでだしと麺のうまみが感じるかけが一番美味しいと思う。 濃い醤油味でないだしのうまさが腰のある麺にあって、どんなトッピングもあう、麺の量も選べるのでその時々のお腹の具合で美味しく食べられる。 ・安く食べられるのが一番大きいです。 だしもあっさりしていて美味しいし、トッピングを選べば自分の好みのうどんが出来るのが好きです。 軽く食べる程度であれば、かけうどんで満足出来ると思います。 無料のトッピングでもじゅうぶんおいしくなると思います。 ・好きなはなまるうどんのメニューでかけを選んだ一番の理由はやはり安さです。 150円という手軽な金額で食べれるのでお財布にやさしいメニューです。 注文してすぐに出てくるのもいい点です。 サイドメニューも美味しいのでうどんを一番手軽なものを頼んで天ぷらを一つプラスしていつも食べています。 ・シンプルなかけうどんに、ネギと天かすをちょっと入れたのが1番好きです。 シンプルなだけに、うどんの味そのものをゆっくり味わえるし、ほっこりします。 値段も安いですし。 これにおにぎりと天ぷらを付けたら満足です。 ・シンプルなかけですが、はなまるうどんの自家製出汁と麺を純粋に楽しめる一品です。 加えてお値段もリーズナブル!一部店舗では価格が異なる様ですが、小150円+税、中250円+税、大350円+税と!うどん本来の美味しさを味わく事が出来、なおかつお財布にも優しい!それがかけです! はなまるうどん人気メニュー:3位ぶっかけ はなまるうどん人気メニューランキング3位はぶっかけ ぶっかけを好きな理由 ぶっかけを好きな理由はこちら ・一番安いメニューで、定番で量も多いので、一番よく食べるメニューです。 シンプルだけど、味も安定の美味しさで、スープもあっさりして食べやすくて、無料のネギと揚げ玉との相性も抜群で何杯でもいけそうなくらいお気に入りのメニューです。 ・はなまるうどんと言えば、コシの強いぶっかけうどんを食べるしかありません。 丸亀うどんのぶっかけうどんではコシが弱すぎます。 とにかく、はなまるうどんのぶっかけうどんのコシが大好きで定期的に食べているほどです。 ・天ぷらなどをトッピングしやすい。 小鉢が沢山あると、ついつい手を伸ばしたくなるので、始めからそれを見越して、もっとも色んな物を乗せやすく、かつ自分だけの一杯を作りやすいので、たいていぶっかけにするし、しないと後悔する。 ・シンプルなものが一番美味しいと思うからです。 過剰な油分などを摂取しなくても済むし、一番うどんの良さをダイレクトに感じられる食べ方だと思うので好きです。 まただしの美味しさを味わうためにもこの食べ方が一番良いと思います。 ・一番値段が手頃だし無料のトッピングのネギや揚げ玉をいれれば十分美味しく食べられるから。 また自分でコロッケやかき揚げなどのトッピングを追加してもよく、様々な組み合わせが楽しめるから。 サイズも豊富でありとりあえずと言った感じで選んでしまう。 ・全てのメニューのベースとなるはなまるうどんのうどんの味が一番よく分かるベーシックなメニューだから。 また、麺がもちもちでとても美味しく、うどんが食べたいなあという気分のときに最も満足感を得られるメニューだから。 ・やっぱり、はなまるうどんと言えば「ぶっかけ」ですね。 シンプルイズベストです。 何と言っても安いですし、女性としては小サイズでちょうどいいです。 うどんのコシもあります。 なぜか定期的に食べたくなります。 トッピングはなんでも合いますね。 ・一番安くて手軽に食べられて良いからです。 女性には、小腹が空いたとき満足感もあるのでおススメです。 また、私は天ぷらとかあると脂っこくなりすぎてしまうのであっさり食べられるもの好きです。 注文してすぐ出てくるのも良いです。 はなまるうどん人気メニュー:2位コクうまサラダうどん はなまるうどん人気メニューランキング2位はコクうまサラダうどん コクうまサラダうどんを好きな理由 コクうまサラダうどんを好きな理由はこちら ・うどんが見えないほどサラダが山盛りで、普段から野菜が不足しがちな自分にピッタリだから。 レタス、ニンジン、オクラ、カボチャと具沢山で満足感がある。 サラダにはわりと珍しいオクラとカボチャが入っているのが嬉しい。 ヘルシーでおいしいからまた食べたい。 ・他のうどん屋さんにはないメニューだから。 女性なのでやはりヘルシーなものに興味があるし、野菜不足にも悩んでいるので効率よく野菜が取れる点を気に入っているため。 また、ドレッシングを選べるのもその日の気分で決められるので好き。 ・うどんと一緒に野菜がいっぱい採れるのが高ポイント。 ボリュームもあるので食後の満足感も大きい。 一般的に、うどんのトッピングは揚げ物中心になりがちだけど、サラダうどんならカロリーの気になる女性も選びやすい。 ・うどんが美味しいのはもちろんなのですが、コクうまサラダうどんは野菜もたっぷりとついていて、体にも良いし、美味しく食べることができます。 夏の暑い時期には冷たくてとても美味しいですし、味も濃くはないので、子どももするすると食べてしまいます。 ・野菜のボリュームが多く、ヘルシーなので、さっぱりとしたものが食べたいときははなまるうどんに行ってこれを注文してしまいます。 胃腸が疲れているときでも食べやすいのが嬉しいです。 がっつり食べたいときはサイドメニューをつけたりして調整できるのもはなまるうどんの好きなポイントです。 ・ほかのうどんと違って、いろいろな野菜が入っていて具が多く、野菜をたくさんとることが出来るところが野菜不足が解消できそうで気に入っています。 また、かかっているゴマダレがこくがあって、うどんと絡んでとても美味しいです。 ・野菜を取りたいのとさっぱりしているので天ぷらなど頼んでも胃に負担が少ないです。 また、しょうがとごまがありどちらを頼んでも美味しいのと飽きがこないです。 野菜を大盛りにすれば健康にも良いので良いと思いました ・美味しく手軽に野菜を摂れるところがお気に入りです。 プラス100円で野菜の増量もできるのが嬉しいてます。 シャキシャキの野菜とシコシコのうどんの食感のマッチも楽しいです。 また野菜と一緒に食べることで、血糖値対策になるのもお気に入りポイントです。 ・野菜がとにかく取れて、不足しがちだったりなかなか取れない野菜を沢山食べられるから。 夏の暑い時期にさっぱりとしたもの、栄養を欲した時に食べたくなります。 味も女性、男性共に好きな味付けなのでとても好きです。 はなまるうどん人気メニュー:1位温玉ぶっかけ はなまるうどん人気メニューランキング1位は温玉ぶっかけ 温玉ぶっかけを好きな理由 温玉ぶっかけを好きな理由はこちら ・「ぶっかけ」だけでは寂しいが、温玉が乗ることによりコクが出て、クリーミーな味になり、またタンパク質も補給できるため。 「温かい」と「冷たい」が選べるのも魅力的で、特に「冷たい」は麺の「コシ」が強く出て、歯ごたえが良いため。 ・安くて早いという点で、コストパフォーマンス抜群だと思うメニューだからです。 個人的にただのぶっかけうどんでは物足りないのでいつも温玉乗せを注文してしまいます。 他にもおいしそうなメニューはありますが、うどんはシンプルなものが一番好きです。 ・まず、はなまるうどんでの注文時に重要視しているのは、そのメニューが安いかどうかという点。 その上で、プラスアルファのものを考えている。 そういう考え方では、ぶっかけが価格としてお手頃だが、温玉くらいならということでよく注文する。 ・価格もお手頃なのにお腹いっぱいになるからです。 温玉があるので、出汁にコクが出ますしもちもちの麺も相性抜群です。 あまりお財布にお金がないけど美味しいものを食べたいという時に必ずこれを食べます。 これを食べるだけで贅沢な気持ちになれます。 ・トッピングをすることがほとんどなので、シンプルに温玉だけが乗っているこのメニューを選ぶことが多いです。 ぶっかけうどんが一番うどんのコシを味わうことができる気がします。 目玉商品でもあり、価格が安いのもリピートする理由です。 ・温泉卵をどのタイミングで崩すかを毎回楽しみに注文します。 温泉卵のトロッとした黄身の濃厚さとうどんが相まって、味変が出来るので、一度で二度美味しい、お得な感じがします。 温泉卵の白身の部分もトゥルッとしていて優しい食感で美味しいです。 ・まずぶっかけうどんの味の濃さが好きです。 それに合わせて温泉卵が好きなので、はなまるうどんでは冷たい温玉ぶっかけを基本的に頼んでいました。 冷たいのを選んでいた理由は、部活動終わりに行くことが多かったので、熱いものより冷えたものを頼んでいました。 ・はなまるうどんのコシのある麺に温泉たまごの黄身が絡まってとてもおいしいから。 ぶっかけだけでは物足りないときに温泉たまごをリーズナブルに追加できるのでお得感もある。 はなまるうどんを利用したときにはよく注文する。 ・普通の釜揚げだと、値段は安いけれど少し、ものたりないし、他の豪華なメニューだとおいしくて満足感もあるけれど、ちょっと高い。 その点温玉ぶっかけは値段も手頃だし、とてもおいしいのでちょこちょこ食べに来てもお財布にやさしい。 何よりも卵が好き! ・熱々のうどんに、卵をぶっかけることが一番おいしい、はなまるうどんの食べ方です。 はなまるのうどんは腰があっておいしいので、ぶっかけがいいです。 また、だしも薄味でおいしいので、そういう時はきつね、わかめ、かけで楽しむのが良い。 ・とろっとした温玉を麺に絡めて食べるのが最高です。 出汁の味と温玉のとろみと麺の風味が三位一体となり、絶妙な味です。 温玉の黄身が濃厚で、満足感があります。 タンパク質をしっかり摂取できる点もお気に入りです。 ・うどんそのものの味を楽しめるのでぶっかけが好きだが、物足りないと思うことがある。 温玉だと、生たまごよりうどんによく絡む。 濃いめのたれとうどん、薬味を温玉がまとめてくれて、味がまろやかになる。 天ぷらを乗せるよりもヘルシー。 ・熱すぎないで適度に暖かいのがぶっかけにする理由です。 それに卵とうどんと出汁醤油の絡まり具合の食感が好みであることや、その味のハーモニーがたまりません。 卵でタンパク質も摂取でき栄養バランスも優れていると思います。

次の

「はなまるうどん」が衝撃の値上げも、一生タダで食べられる有名人がいた!(2020年5月22日)|BIGLOBEニュース

はなまる うどん 気仙沼

ソウル オブ 東北 チーム おむすび 第17回料理教室開催 2012. 29 チーム おむすびの第17回料理教室を開催しました。 前日、猛暑日を記録した一関市。 当日も雲の少ない朝となりましたが、早朝の気温低下により一ノ関駅は幾分涼しく感じました。 しかし、気仙沼に到着するころには気温も上がり始め、野外での食事会に不安を感じる暑さとなりました。 会場は、気仙沼中心街にほど近い「赤岩五駄鱈 応急仮設団地」の談話室です。 到着すると、談話室内のうどん打ち準備・野外の食事会場準備に分担して取り掛かります。 スタッフも手慣れたもので着々と準備が進み、開始時間前には8人の男性が集まってくださり、にぎやかにスタートしました。 自治会長さんを始め、参加者皆さんは丸岡先生やスタッフと冗談話を交えながらも真剣な表情で粉から捏ねていきます。 今までは、あまり見られなかった参加者からの質問も多く、打った生地の日持ちや保存方法、プロとしてのはなまるさんが気を付けていることなど多岐に渡りました。 はなまるスタッフの皆さんも丁寧に答えたり、手を動かしながら様々な注意事項やより良い方法など一歩踏み込んだ内容となっていました。 今回参加してくださった皆さんは、職を辞した方が多く、普段はあまり外出することも少ないそうです。 うどん打ちは思ったよりも体力を使うので、生地を踏み終える頃には少しお疲れの様子でした。 今までの中でも一番長い時間をかけて、うどん打ちを進めたこともあり、茹で時間(約13分)を待ちきれずにお茶でお腹を満たす参加者の皆さん。 仮設内の住民の皆さんに、うどんの出来上がりを伝えて回り、食事会に誘います。 そうこうしているうちに、1回目の麺が茹で上がりました。 参加者が各2名ずつキッチンカーに入り、集まった住民の皆さんに振る舞います。 窓口として、はなまる社長の河村さんが立ってくださり、注文を受け完成したうどんを手渡していきます。 今回のメニューは、ぶっかけ・しょうゆ・釜玉の3種類です。 暑さもあり、冷たいぶっかけとしょうゆに人気が集中します。 少し遅い昼食となってしまいましたが、少しずつ3種類とも楽しむ方やおかわりする方もおり、用意した50食は完食となりました。 食事後はスタッフ・参加者全員で後片付けをして、最後には簡単な反省会とお互い感謝を伝えて閉会となりました。 会場を後にするまで見送っていただき、またこの会場で継続して男の料理教室を開催できればと思いました。 カテゴリー: おむすび料理・食育教室• 投稿日:2012年7月29日• 最新情報• アーカイブ• 2017• 2016• 2015• 2014• 2013• 2012• 2011• 活動リスト•

次の

【公式】はなまる はなまるうどん 気仙沼店のアルバイト・パート・バイト募集・求人情報

はなまる うどん 気仙沼

比較は簡単です。 普通に讃岐うどんの店がたくさんある香川県内の状況を見ればすぐわかります。 はなまるうどんは劣化讃岐うどんだけど長い営業時間と便利な立地で香川県内で13店の経営を維持しているけど、丸亀製麺はニセ讃岐うどんだから香川県内では普段の昼食で行けない街外れのとても駐車場が広い大型複合ショッピングセンター3階のたくさん選択肢があるフードコートに名前を変えて隠れているだけでチェーン展開できないので、仕方なくトリドールは自社では主力でないラーメン屋ととんかつ屋をフードコートの店数が少ないために選択される可能性が高く市街地から高速など幹線道路に続く交通量が多い道路に面した別の大型複合ショッピングセンターに出した。 どちらが讃岐うどんに近いのではなく、はなまるは「こんなうどんもあったかもしれない」という讃岐うどんそのもので、丸亀製麺は讃岐うどんではないということになります。 如何にコストダウンのためとはいえ小麦粉の品種も私が一口で感じた普通のうどんに入れない混ぜ物らしきものも工程も食感も違えば讃岐うどんとはいえないでしょう。 特に香川県製製麺機を使っても日ごとに職人の経験と勘が必要なのが讃岐うどんなのに数百店のチェーンが全店店内製麺などということは本物の讃岐うどんチェーンでは考えられない暴挙です。 天ぷらが揚げたてでもスーパーの総菜のように衣に混ぜ物をするとサクサク感が出るという技を使っているのではないかとも疑いたくなります。 香川県内では藤原屋という総菜屋の天ぷらを使うことにこだわる店があって、その系統の店の新店開店時には天ぷらが藤原屋かどうかが話題になるほど揚げたてにこだわる店は少なく、最近のラジオで「藤原屋のちくわの天ぷらを通販にすると1本1000円だ」というような話題もあったので「揚げたてなら何でも誤魔化せる」と鼻で笑う人もいるでしょう。 しかしもしかして冷凍讃岐うどんのコシが本物の讃岐うどんのコシだと思われているのではないかと心配しますが、冷凍讃岐うどんは香川県製でも大半に小麦粉以外の混ぜ物が入っているので、それは食べれば一口で冷凍だとわかります。 ところではなまるが吉野家傘下に入ったのと吉野家の香川県進出の時期が近いような気がするのは思い過ごしでしょうか。 -- 少し思い出したので追加します。 はなまるの社長はこの4月頃に、十数年続く今の讃岐うどんブームを作った最重要人物に面会を求め香川県内最上の料亭に招待して3時間にわたってアドバイスを受けたそうです。 その人はいわば讃岐うどんマーケティングの第一人者で、彼の著書を参考にして香川県のうどん屋に訪れる人があとを絶たないし、ほぼ全部のプロとアマチュアの情報はその人が最初に発信しなければなかったものです。 はなまる創業も影響を受けたものですが、丸亀製麺は全てがその情報のパクリに過ぎません。 私ははなまるが他県店を全て撤退して県内13店だけにすれば普通に美味しくなると思っていた凡人ですが、その最重要人物は何か強力なアイデアを出したかもしれません。 最強チェーンである吉野家傘下であることに加えてその会談内容と今後のはなまるの動向がとても気になります。 なおこの会談があったことは最重要人物本人の声によってFM香川のPodcastでインターネット配信されています。

次の