サツマイモ 収穫 時期。 さつまいもの収穫時期を品種ごとに紹介!収穫方法や保存の仕方まで解説します

さつまいも収穫時期の見極め方!正しい知識で美味しいお芋を収穫しよう!

サツマイモ 収穫 時期

【サツマイモの収量は挿苗直後に決まる】 採苗後1~2日の苗を上手く挿苗して、葉を枯らさずに活着させると節から2本の肥大根が発生、そのままイモになる。 4節埋めれば8個のイモが付く。 このイモは挿苗後2ヶ月で50g、3ヶ月で100gとなる。 4ヶ月では株当たり1. 5kgを越えて10a当たりでは4tを越える。 北海道のような寒冷地でもマルチ畦で6月上旬に挿苗すれば、10月上旬には3tは確実に収穫できる。 ところが一般のサツマイモ栽培では、苗に付いている葉の大半を枯らしてしまっている畑が多い。 葉が枯れるとその節から出た肥大根は吸収根になってしまい、イモになるのは先端近くの生きている葉の節の根だけで、それもかなり遅れる傾向がある。 各節にきちんとイモの付いた株はほとんど見られず、株当たりのイモ数が2、3個だと500g前後の大イモになり、奇形や丸イモが多く、食用としては規格外になってしまう。 鹿児島あたりの焼酎やでんぶん原料であれば、それでも5ヶ月で4tにはなるので気にしない生産者が多いが、関東の食用サツマイモでは製品歩留まりが悪く、市場評価も下がり、採算割れで栽培を止める生産者が少なくない。 苗の葉を枯らさずに活着させるには、適正な土壌水分で曇天時に植えるのが一番である。 降雨時や降雨直後は水分過多、晴天時の午前中は葉の萎れが酷くてダメ、やむを得ず晴天時に植えるときは午後遅めに、或いは遮光対策(徳島、香川の産地では藁や不織布をかけている)をする。 4、5日で葉の萎れが無くなり、生育(肥大根も)が始まる。 挿苗1ヶ月後に苗の葉が生存していて大きくなっていれば、多収は間違いない。 「満月に植えたサツマイモは丸く、三日月に植えたサツマイモは長くなる」。 ペルーの太平洋岸の砂漠の村で聞かされた言い伝えである。 同行したヨーロッパの研究員は迷信と笑っていたが、これは経験則による事実である。 潮位の高低で土壌水分が異なり、満月に植えた苗は潮位の下がる1週間後、土壌水分が低くなって肥大根が太り始める。 三日月に植えた苗は土壌水分が高くなる頃肥大根が出るが、酸欠で肥大が遅れるのが原因と考えている。 潮位と作物の生育は鹿児島の海岸部でも「潮が悪いから成り物が成らない」との言い伝えがあった。 ペルーの先住民の言葉を換えれば「雨降りに植えたサツマイモは長くなり、晴天に植えたサツマイモは丸くなる」であろう。 実証データは取っていないが。 【育苗・定植のポイント】 苗は節間の詰まった短めの苗を植える。 植え方は斜め挿し、土壌水分で角度を変える。 発根が早く、肥大根(イモになる根)になりやすいのは頂葉(展開葉)から数えて3~5節目である。 これ以下の節は吸収根になりやすく、葉も枯れやすい。 植える苗は数節で十分、長さが20cm以下の節間の詰まった苗がよい。 このような苗は種子イモを疎植にして肥料、とくに窒素を少な目に、灌水もほどほどにすればできる。 一般には採苗数を増やすために窒素追肥と灌水を多めにしているが、良質・多収狙いでは苗床面積を増やしてでも良い苗を作るべきである。 植え方は斜め挿しが効率が良く、活着も良い。 土が乾き気味の時は45度、湿度が十分あるときは30度以下の浅植えにする。 浅いほど地温が高く、空気(酸素)が多いので発根が早い。 この土壌水分は作条・マルチ掛けを何時するかでほぼ決まる。 降雨後の湿った時はダメで、やや乾き気味が良い。

次の

サツマイモ収穫時期のタイミング

サツマイモ 収穫 時期

収穫時期の基本的な判断 収穫時期は、基本的に植え付けから約4ヶ月後になります。 5月から6月にかけて植え付けしたさつまいもの収穫時期は、その4か月後の9月から10月になります。 品種によっては、5月中頃に植えて8月のお盆頃から収穫できる早生品種もあります。 また、収穫時期は、品種や植え付けした時期だけではなく、気温や標高によっても差がありますが、サツマイモの腐りを防ぐためにも、 霜が降り始める前の11月初めまでには収穫を済ませるようにしましょう。 見た目からの判断の仕方 収穫時期は栽培日数で見るほかに、葉の様子を観察することでも見極められます。 緑の葉の色が薄くなり、赤や黄色に変わってきて、しんなりと枯れた状態になったら、収穫時期が近付いているサインです。 葉が枯れるのは、栄養が実にしっかりと行き渡っているからなので、さつまいもが順調に育っている証拠です。 見た目からの判断基準として、葉の状態を見ると生育具合がわかります。 収穫方法 それでは実際にサツマイモを掘ってみましょう。 掘ってみると分かりますが、サツマイモを掘るのは意外と重労働です。 苗を3本掘るだけでも、10月位であれば結構汗をかきます。 タオルと飲物を用意しながら、なるべく朝早くや夕方の気温も高くない時間帯を選ぶと快適に作業ができるはずです。 試し掘りをする 収穫のタイミングを計るために、必ず試し掘りをするようにしましょう。 収穫できる大きさになっているか、1つの苗だけ掘って確かめる作業です。 掘り出したさつまいもが十分成長していれば収穫します。 収穫に適した大きさは、20~25cm程ですが、品種によって異なります。 さつまいもがまだ小さければ、土を元の通りに被せ、栽培日数をあと2週間延ばすと、程よい大きさのさつまいもが収穫できます。 試し掘りであらかじめ大きさを確認することで、予定していた収穫日を早くしたり、または遅くしたりと調整します。 試し掘りは収穫予定時期の1か月前に行うとその後の予定も組みやすくなります。 ツル切りをする サツマイモは成長するとツル、葉が大きく成長し、芋の収穫時に非常に邪魔になります。 さつまいもを掘り起こす際は、まず鎌、剪定鋏などを使ってツルを切り取って一箇所にまとめるようにします。 ツルを切っておいた方が掘り出す作業が楽になるため、 ツルの根元を引っ張り上げ、地上4~5cm残して切り取ります。 サツマイモの掘り方 掘り方のコツとしては、掘り出しやすいように、スコップ、鍬でさつまいもの周りの土を柔らかくして、周りから少しずつ土を掘り起こしていくことがコツ。 場合によっては、途中からは手で周りの土を丁寧によけながらサツマイモまで進みます。 スコップ、鍬をいきなり土に深く突き刺してしまうと、さつまいもを傷つけてしまいます。 さつまいもを傷つけると、切り口がカビたりして、傷みやすくなるので慎重に掘り出しましょう。 収穫の際の注意点 雨天時・雨天直後の収穫は避ける さつまいもは 表面が濡れると劣化が早くなり腐ってしまうので、収穫に適した日は、晴天が2、3日続いた晴れた日を選びましょう。 土が程よく乾燥した日が最適です。 また、雨の後は足場も悪く、作業効率も低下します。 株ごと引き抜いて収穫する 1本ずつサツマイモを掘り起こすのは中々疲れますので、株ごと引き抜きましょう。 伸ばしたツルから根が大きく成長する塊根をつけているサツマイモは、ツルが繋がっているので、1つの株から複数個のサツマイモが次から次へと出てきます! ただし、 土が少し硬めの時に無理に株ごと引っ張るとサツマイモが折れてしまうことがあるので、そういった時は1本ずつ収穫をするようにしましょう。 収穫した後の保存方法 紙で包んだサツマイモ さつまいもを保存するときは、新聞紙等で一つずつ包んで、ダンボールに入れて保存します。 ダンボールのふたは閉めて、上部に通気穴を開け、通気性を確保するとよいでしょう。 家の中では温度変化が少ない廊下や床下収納庫などの冷暗所が適しています。 農家では畑に穴を掘りもみ殻を入れてさつまいもを保存する方もいるようですが、家庭ではこのような方法で保存します。 サツマイモを水で洗わない 収穫後に気を付けたいことは、さつまいもが 水分を含むと腐る原因になるので泥で汚れているさつまいもを水洗いしないこと。 そのため、天日干しの際にも土をつけたままで、干した後に土を払うようにすることが重要です。 【まとめ】サツマイモは収穫と保存が重要!.

次の

さつまいもの収穫の時期の目安はいつ?収穫方法や保存方法・期間も

サツマイモ 収穫 時期

除草も兼ねて行われるが、マルチング(土の表面をビニールやわらなどで覆うこと)している場合は省略する。 前に育てた作物への肥料が残留していることによって、「つるボケ」と呼ばれる、葉ばかり茂ってイモが全く肥大しない現象が起きやすいのです。 粘土質など、過湿状態が続く土壌でも、つるボケになってしまいます。 ただし、サツマイモの栽培に慣れてきた方で、より多く、より大きなサツマイモを栽培したい方は、元肥・追肥の施肥に挑戦してみましょう。 施肥 園芸サイトや園芸雑誌などを見ると、「サツマイモは肥料を効かせない方が育つので、極力肥料を入れずに栽培しよう」と表現することが多いようです。 特に窒素成分はつるボケの主因ですから、最も注意が必要です。 もう少し詳しい情報として、カリウム成分がイモの肥大に大きく関わると表現していることもあります。 それだけ聞くと、窒素を全くやらずにカリウムだけ入れればつるボケもせず大きなイモがとれるように感じますが、実はカリウムだけがたくさんあっても、その半分程度の窒素がなければサツマイモはカリウムを吸収することができません。 例えば8-8-8(数字は窒素・リン酸・カリウムの割合を表します)の肥料をお持ちでしたら1平方メートルあたり50グラム程度を元肥、追肥として投与しましょう。 5-8-10などのサツマイモ専用肥料も市販されています。 どれも窒素成分少なめで、その倍量程度のカリウムで配合されているはずですので、量が多いのであれば専用肥料を使うと良いでしょう。 追肥は6月中に済ませ、遅れることのないように気をつけましょう。 生育後半に肥効が続くと、イモの肥大が鈍くなります。 植え付け 家庭菜園では、購入苗からの植え付けが一般的です。 種イモからの育苗に関しては後述します。 購入苗の植え付け 水平植え オーソドックスな植え方。 先端だけ地上に出し、地表と平行に埋める。 船底植え 面積の少ない家庭菜園では最も多い、苗の両端を少し浮かせる方法。 節の深さが揃い、増収効果がある。 垂直植え 苗の根元だけを突き刺す。 植え付けの手間は少ないが、地中の節数が少ない分、収穫数は少なくなる。 しかし、その分一つあたりの重量は大きくなる。 畝幅は70センチ程度の比較的狭いものに30センチ間隔で1条(1列)植えするのが一般的です。 スペースの問題があるなら幅広の畝に2条植えしても問題はありませんが、若干作業性が悪くなります。 畝高は高ければ高いほど良く、30センチが基準となります。 植え付け時の土の状態がサツマイモ栽培においては最も重要だと言っても過言ではないので、多少遅れたとしても、雨が降って2~3日後の土壌条件が良いときに深耕、畝づくりをしましょう。 種イモからの育苗をしたい場合は 翌年までイモを貯蔵し、育苗から栽培することもできます。 ただし、育苗に40日ほどを要し、夏野菜の一番忙しい植え付け時期に重なることもあって、苗からの栽培が一般的です。 図のようなベッドをつくり、1平方メートルあたり10キロ程度の種イモを均等に並べます。 その際イモは地面に対して15度程度傾け、イモの頂部を揃えて綺麗に並べておきましょう。 水を切らしてはいけませんが、過湿は厳禁です。 次々と出てくるつるが30センチほどに成長したとき、2節ほど残して刈り取り、その刈ったつるを植え付けに使用します。 畝への植え付けは購入苗と同様です。 苗を保管している間に多少しおれますが、問題なく根付きます。 サツマイモ栽培の除草 サツマイモ栽培でもっとも重要なのは、なんと言っても除草作業です。 サツマイモの作り方について、除草に重点をおいた記述を見ることは少ないでしょうが、放任されがちなサツマイモの失敗原因第一位は何といっても雑草管理なのです。 多少雑草が覆ってしまっても、草取りをすれば充分に楽しめる程度の収穫は可能ですが、芋づるが隠れる程に茂った雑草を引き抜くのは大変です。 しかもその重労働が課せられるのは真夏になってしまいますから、誤ったタイミングの除草管理をして、「サツマイモ栽培は大変だ!」と思ってしまう人も多いようです。 栽培暦で作業時期を見てみると、植え付けしてすぐに除草・中耕作業が始まっているように感じます。 サツマイモの除草作業は、植え付け後30日頃です。 この時期を決して逃してはいけません。 栽培暦の成長グラフを見れば一目瞭然ですが、植え付け後30日を過ぎたころから一気に葉茎が成長します。 この時期を逃すと雑草と芋づるが同化してジャングルになり、手がつけられません。 除草に時間もかかり、虫や病気も大発生して、日当たりも悪くなりイモは小さくなって糖分もたまりません。 真夏の高温注意報発令中にそんな草取りをするくらいなら、筆者は大して見込みのなくなったサツマイモはあきらめて部屋で甲子園でも観戦するでしょう。 逆に30日頃に終わらせると、雑草もさして伸びておらず、鼻歌まじりでちょいちょいと済ますことが可能です。 しかもその後の生育もよくなり、すぐに畑一面を芋づるが覆うため、それ以降は雑草も生えなくなるのです。 サツマイモの葉には太陽の光がまんべんなく降り注ぎ、光合成によって糖がたくさん生成されます。 ちょうど追肥の時期と重なるので、土寄せ、中耕と兼ねて終わらせてしまいましょう。 これでサツマイモ栽培の8割は終了です。 甲子園予選が始まる時期ですよ。 病害虫対策 アブラムシやヨトウなどの葉を食害する害虫も頻発しますが、無農薬でも比較的栽培しやすい作物です。 最も注意したいのは「ネコブセンチュウ」。 寄生型のセンチュウで、連作することで増加し、他の野菜にも寄生してしまいます。 あまりに頻発して困る場合は、専用の土壌殺虫剤を近くの農協や園芸店で取り寄せましょう。 なかなかホームセンターでは手に入りません。 地表の芋づるを鎌で刈っておき、三つ又鍬やスコップでひたすら掘り上げます。 スコップを突き刺してしまったイモは特別大きく立派に見えますが、逃した魚は大きいというだけのことです。 イモに当たらないように少し離れた位置から穴を掘っていきましょう。 イモについている茎(なり首)を少し残しておくと貯蔵性が良くなります。 以上がサツマイモの育て方になります。 農薬散布もあまり必要とせず、手間もかからず、芋ほりを家族や友達と一緒にやるととても盛り上がる作物です。 楽しい!を体験するためにうってつけのサツマイモ栽培をぜひお試しください。

次の