アイヌ タトゥー。 イオマンテ

アイヌの現在!アイヌ民族の暮らしや文化・人口を詳しく解説!

アイヌ タトゥー

イオマンテ用に設けられたヌササン(幣場)。 中心にイナウで飾り付けた熊の頭骨を祭り、周囲に捧げものとしてのイナウや供物の鮭を捧げる(、の展示物) イオマンテ iomante とはの儀礼のひとつで、などの動物を殺してその魂であるを神々の世界 kamuy mosir に送り帰す祭りのことである。 「それ」とは恐れ多いカムイの名を直接呼ぶ事を避けた婉曲表現であり、従ってイオマンテとは「カムイを行かせる」儀式の意である。 また、語頭のiとoの間に渡り音のyが挿入されてiyomante=イヨマンテという発音になることも多い。 単にイオマンテという場合、ヒグマのイオマンテを指すことが多い。 本来はカムイであればどんなカムイでも構わず、一部の地域ではのイオマンテを重視する。 またを対象とするイオマンテもある。 飼育したヒグマを対象とする儀式はイオマンテ、狩猟によって捕殺した野生のヒグマを対象とする儀式はカムイ・ホプニレ kamuy hopunire と呼んで区別することがある。 狩猟で殺した直後の獣のカムイは、魂 ramat の形で両耳の間に留まっているという。 そこでカムイ・ホプニレの儀式では祭壇を設えてヒグマの頭部を祀り、酒食やを捧げてそのカムイに神々の世界にお帰り頂くのである。 概要 [ ] 冬の終わりに、まだ穴で冬眠しているヒグマを狩る猟を行う。 冬ごもりの間に生まれた小熊がいた場合、母熊は殺すが(その際前述のカムイ・ホプニレを行う)、小熊は集落に連れ帰って育てる。 最初は、人間の子供と同じように家の中で育て、赤ん坊と同様に母乳をやることもあったという。 大きくなってくると屋外の丸太で組んだ檻に移すが、やはり上等の食事を与える。 1年か2年ほど育てた後に 、集落をあげての盛大な送り儀礼を行い、丸太の間で首を挟んでヒグマを屠殺し、解体してその肉を人々にふるまう。 式場には祭場を使う。 祭壇は(宝刀)、弓矢、鎧、などで飾り、や団子、近代ではを備え、熊に酒を注ぎ与える。 花矢で熊を射て「遊ばせ」、最終的に丸太で熊の首を挟むことでクマの肉体と魂を分離する。 その折に一人のアイヌが天に向かって一矢を放ち、全員が一斉に叫ぶ。 宗教的には、ヒグマの姿を借りて人間の世界にやってきたカムイを一定期間大切にもてなした後、見送りの宴を行って神々の世界にお帰り頂くものと解釈している。 ヒグマを屠殺して得られた肉や毛皮は、もてなしの礼としてカムイが置いて行った置き土産であり、皆でありがたく頂くというわけである。 地上で大切にされた熊のカムイは、に帰った後も再度肉と毛皮を土産に携え、を訪れる。 さらに人間界の素晴らしさを伝え聞いたほかの神々も、肉や毛皮とともに人間界を訪れる。 こうして村は豊猟に恵まれるのである。 熊の再訪を願うために、人間からの土産としてや(濁酒)、シト(団子)を大量に捧げる。 イオマンテの宴で語るは、佳境に入ったところでわざと中断する。 神が続きを聞きたがり、再訪することを狙うのである。 類似の儀礼は、周辺のなど、・の北極圏に近い内陸狩猟民族に広く存在している。 イオマンテもその一種である。 北海道におけるイオマンテの儀式はに北海道知事名による通達によって「野蛮な儀式」として事実上禁止となった。 4月、通達を撤回している。 儀式の進行 [ ]• 祭壇に魂と分離した熊の肉体を安置し、酒やを捧げ丁重に祈る。 この後、神霊の宿る熊の頭骨をヌササン(幣場)に掲げて盛大にイナウを捧げる。 イオマンテの起源 [ ] その起源については諸説あり、アイヌ文化期に先行する期の遺構からは熊に関連する祭祀の痕跡が見当たらないことから、イオマンテは(担い手はといわれる)からを経由してアイヌ文化が取り込んだとの見方がある。 詳細はを参照のこと。 このほか、のイノシシ祭りの対象動物がクマに置換されたとする説もある。 も参照。 「山の神・年神・屋敷神・田の神・稲の神・祖霊神」概念との類似 [ ] 日本における、「・・・・・」などの概念とイオマンテの概念との間には、類似性がみられる。 これらの概念を説明すると、 「山の神・年神・田の神・屋敷神・稲の神・祖霊神」は同一の存在の「豊穣神」であり、季節ごとにその名と姿と居場所を変える。 まず、山の神が、冬の新年(新春)になると、年神となって、山から麓の村(=地上=人界)に降りて来て(年神を屋敷に迎え入れる行事が「」=冬祭り)、屋敷神となって屋敷と一族を守り、春になると、田に出て、田の神となり、田植え(=予祝祭や水口祭や田植祭などの春祭り)が行われ、夏の間、田の神=稲の神は、稲を見守り育て(お盆=夏祭り)、秋になると、田の神=稲の神は豊かな実りを齎し、神霊(稲霊)の宿る稲が収穫され、収穫祭(=秋祭り)が行われ、人は田の神=稲の神に収穫物を捧げて、神とともに収穫を祝い、田の神を屋敷に迎え入れて、風呂やご馳走でもてなして労をねぎらい、神を山(=辺境+高い場所===神の国=死者の国)に送り出し、神は山に帰っていき、山の神となる。 以後も、この1年の循環(サイクル)を、毎年繰り返す。 また一族の者が亡くなると、その者の霊は、祖霊となり、村を見守る近くの山に行って、山の神となり、村と一族の守護神となり、上記の循環(サイクル)を経て、村や屋敷に帰ってくる。 また、イオマンテにおいて重要なことは、儀式に使う子熊は「母熊が必ず死んでいなければ(殺されなければ)ならない」ということである。 稲において「母熊」に相当する物は「種籾」である。 「子熊」に相当する物は「芽」である。 一粒の種はそのままでは一粒のままであるが、一粒の種が地に落ちて死ぬ(=発芽する)ことで、将来、多くの実を結ぶのである(母熊殺し=播種)。 種を播くことなしに芽が出ることはなく実りを得ることもないのである。 儀礼とは象徴(シンボル)を操作することにより望む結果を招来しようとする一種の魔術なのである。 イナウについては、日本神道におけるの古い形である「削り花」との形状の類似性が見られる。 イナウは、形状のみならず、名称からしても、「稲の穂を模した物」と考えるのが妥当であろう。 稲の穂は「穀霊=穀物神=豊穣神」の宿る依り代にして、「穀霊=穀物神=豊穣神」の象徴でもある。 この「穀霊=穀物神=豊穣神」には、世界的に見ても、男性神と女性神の両方のパターンがある。 また、「穀霊=穀物神=豊穣神」は、両者が対となった存在、両者を兼ね備えた両性具有存在、であるとも考えられる 例:)。 故に、「穀霊=穀物神=豊穣神」を表現するのに、男性と女性の両方の象徴を用意すればよい。 故に、イナウには男性と女性の性別があるのである。 また、貨幣経済以前の社会において、穀物とは富であり権力資源である。 人間の世界(アイヌモシリ)の投影である神々の世界(カムイモシリ)においても、イナウ=稲の穂=富=権力資源が、支配者の投影である神々に喜ばれるのは当然のことであろう。 もちろん、子熊自体が稲に相当するので、原理的にはイナウは必要ないのだが、こうした儀礼において、同じ役割を果たす異なる象徴が重複しても問題はない。 人間心理としては、豊穣や幸福を実現する縁起物は、種類と量が多くあればあるほど良いのである。 そして、狩猟採集民族であるはずのアイヌの豊穣儀礼に、イナウを必要とするところに、イオマンテ儀礼の原型が透けて見えるのである。 映像作品 [ ]• に、平取町二風谷においての指導のもとに行った祭りの映像が、映像民俗学者のにより「イヨマンテ 熊おくり」として記録している。 1月、川上地方で28年ぶりにイオマンテを実施し、「世界民族音楽大系1 北・東アジア篇」、LD 日本ビクター発行に収めている。 影響 [ ] 24年()、、による歌謡曲『』がヒットし、広く知られるようになった。 だが、歌詞、旋律ともにアイヌのイオマンテとはかけ離れている。 歌詞の中では、夜間にかがり火を焚いて儀礼を執り行うものになっているが、実際の送り儀礼は日中行う部分が多く、夜間にもかがり火は焚かない。 また前奏にの音のような効果音が入り、歌詞にはアフリカの太鼓であるタムタムのような擬音が登場しているが、に銅鑼や掌で打つ太鼓は存在せず、歌の伴奏は手拍子のみである。 そもそも「イオマンテの夜」の旋律はアイヌの伝統音楽と関係のない歌謡曲調のものである。 また、毎年10月中旬から11月末にかけ、「イオマンテの火まつり」という行事を阿寒湖温泉にて開催しているが、内容はアイヌ音楽や舞踊を中心にした演出であり、本来のイオマンテとは別物である。 漫画「」でも、主人公のこまわり君がギャグとして披露するシーンがある。 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ]• アイヌの熊祭り,煎本 孝, 雄山閣, 2010,• アイヌのクマ送りの世界 ものが語る歴史13 ,木村 英明 , 本田 優子, 同成社 , 2007 , 注釈 [ ] [].

次の

タトゥー文化の復興は、先住民族を分断、支配、一掃しようとしていた植民地支配から、身体を取り戻す手段──タトゥー人類学者ラース・クルタクが語る

アイヌ タトゥー

アイヌの文化や歴史が分かって面白かったのですが、一つだけ疑問に思う というか我慢できない 事がありました。 それが、アイヌの女性のイレズミです。 くちさけ女のようなイレズミを幼少期に入れられる。 もし、自分の娘や好きな人だったらと考えると恐ろしくなります。 そこで質問なのですが あのイレズミはどういう意味のものなんでしょうか? そして、あのイレズミについてどう思いますか? 他の文化についてとやかく言うつもりはないのですが、どうしても我慢できないので質問させていただきました。 補足こんなにたくさんの方から回答していただき、とても驚いております。 アイヌ民族は文字を持たず、文献もないため、どれが本当だか誰にもわかりませんが「女性自身を他の部族? から護るためにわざと醜く見せるもの」というのがしっくり来ると思います。 歴史的にも和人から侵略を受けていたので矛盾はしてないかな? とも思います。 ポロトコタンの博物館では出産の痛みに耐える訓練的な意味合いもあるという説明を受けました。 大人の女性であることを示すものです。 地域などで差異があったとのことですが、初潮を迎えた女児、つまり大人になり、結婚が可能になったことを周囲に知らせる目的もありました。 デザインは、女性には生えないヒゲをイメージしたものです。 このため、口の周りで無いとしても、着衣の状態で、誰にでも見える場所に入れる必要があります。 昔の化粧の類(刺青も同様です)は、身分・年齢などを明らかにするためのものが多々あります。 これらは、例えば背中だとか、服で隠れては意味がありません。 侵略者であった日本人などの異民族から女性達が身を守るためである、とする説もあり、また、世界中に女性を敵に奪われないことを目的とした、奇異な格好などがあります。 しかし、日本との接触が無い時代から延々と続けられていた慣習なので、「姿を醜くみせて安全を得る」ことは、目的ではなかったと思います。 似た習慣は沖縄にもありましたが、こちらの方が早く廃れました。 一方、手の刺青は、その後も残りました。 手も、着衣で見える場所であるからです(アイヌも、女性の顔以外への刺青を行いました)。 古い時代には、慣習の異なる人間との接触する機会は非常に稀です。 現代日本人の感覚からすると、自分も奇妙な慣習だとは思います。 しかし、すべての女性が…つまり、自分の祖母も母も、ある程度以上の年齢の女性なら「必ず」顔に刺青をしている環境で育ったなら、何の疑問も持たなかったと思いますよ。 日本人女性が「お歯黒」をしていた時代も、眉を落とした時代も、それほど昔のことではありませんからね。 髷を結うのに頭を剃るだけでも、写真などで見慣れているから平気なだけで、今、生まれて初めてみたら正直、気持ちの悪い髪型だと感じるように思います。 詳しくはわかりませんが、アイヌの神話や女性の成人の儀式に基づいた風習のようですね。 彼らにとっては相応な文化的価値があったのでしょう。 意味はご自身で調べることをお勧めします。 また、現代社会では刺青を反社会者のシンボルと捕らえることが多いため、奇異なものに映るでしょうね。 しかし、そうした見方は、スカートを穿いたりネクタイを締めたりといった、現代の我々にとっての一般的風習を嫌悪するようなものなのです。 現代の価値観で過去を断罪するのは愚かです。 宗教や文化の違いで相手を否定するのは無知です。 学生さんがアイヌに興味を持つこと自体は、大変素晴らしいことだと思います。 是非、偏見を捨て、歴史を学び、異文化の価値観を受け入れてみてはいかがでしょうか?.

次の

アイヌの女性のイレズミが我慢できない こんにちはm(_ _)mアイヌ...

アイヌ タトゥー

13〜14世紀頃に成立したとされるアイヌ文化。 魔除けのため子どもの名前に汚い言葉を付ける、みだりに人の名前を呼ばないなど独特な習慣が存在していました。 その中でもよく知られたことの一つに女性の口の回りに施された入れ墨があります。 アイヌはアイヌ語で「人間」を意味する言葉。 そして北海道からロシア・カムチャッカ半島に居住していたアイヌ民族。 アイヌの女性は初潮を迎える頃になると口の周りや手に入れ墨を入れていたと言われています。 現在ではその理由は定かではありませんが、アイヌ文化での入れ墨は精霊信仰における神様の象徴であると考えられており、男性の髭(ひげ)を模したもの、または神聖な動物とされる蛇(ヘビ)の口を模したものなどと伝わっています。 口の周りに入れ墨を入れたその独特な姿は何とも不思議でミステリアスな雰囲気に包まれています。 またアイヌ民族の言語であるアイヌ語は、深刻な絶滅の危機であり母国語とする人は数人程度にまで減少しているため数年後には消滅すると推測されています。 のようなことにならないことを祈ります。 またこちらは、1880年〜1950年に撮影された北アフリカや中東の国々の女性の写真です。 イスラム文化のため女性を撮影するのは困難だったため非常に貴重な資料となります。 ソース:.

次の