雪のいと高う降りたるを 品詞分解。 枕草子「雪のいと降りたるを」 問題

枕草子「雪のいと降りたるを」 問題

雪のいと高う降りたるを 品詞分解

枕草子「雪のいと降りたるを」 問題 枕草子「雪のいと降りたるを」 問題 雪のいと高う降りたるを、 A 例ならず御格子参りて、炭櫃に火おこして、物語などして、集まり候ふに、「 B 少納言よ、香炉峰の雪、いかならむ。 」と、仰せらるれば、御格子上げさせて、 C 御簾を高く上げたれば、 aQ. 1 笑はせ給ふ。 人々も、「さることは知り、歌などに D さへ歌へど、思ひこそ寄らざりつれ。 なほ aQ. 2 この宮の人には、さべきなめり。 」と言ふ。 (第二百八十段) 問1 A 例ならず御格子参りてから、いつもだったらどうであると推測できるか、簡潔に記しなさい。 という言葉は、誰の何という作品を踏まえたものか。 時代は、前・中・後期まで答えること。 1 aQ. 1 笑はせ給ふから、誰のどういう気持ちが読み取れるか。 30字程度で記しなさい。 advanced Q. 2 aQ. 2 この宮の人には、さべきなめりとは、誰がどうだというものか、わかりやすく記しなさい。

次の

枕草子『雪のいと高う降りたるを』現代語訳

雪のいと高う降りたるを 品詞分解

雪のいと高う降りたるを [ ] 一 [ ]• 要旨 中宮定子(ちゅうぐうていし)は、清少納言(せいしょうなごん)の知識を試そうとして、雪の日に、 白居易(はくきょい)の詩を引用して、「香炉峰(かうろほう)の雪は、どうなってるか。 」と問いかけた。 清少納言は白居易の詩句のとおりに、簾(すだれ)を高く巻き上げて、中宮を満足させた。 備考 中宮定子は、女性。 藤原 定子(ふじわら の ていし)。 清少納言は、中宮定子に仕えていた。 」と仰せらるれば、御格子上げさせて、御簾(みす)を高く上げたれば、笑はせたまふ。 人々も「 さることは知り、歌などにさへ歌へど、思ひこそよらざりつれ。 なほ、 この官の人には さべきなめり。 」と言ふ。 雪がたいそう高く降り積もっているのに、いつもと違って、御格子(みこうし)をお下ろしして、角火鉢に火を起こして、(私たち女房が)話をしながら、(中宮様のもとに)集まりお使えしていると、(中宮様が私に呼びかけ、)「少納言よ、香炉峰(かうろほう)の雪は、どうなってるかね。 」とおっしゃるので、御格子を(ほかの女房に)上げさせて、御簾(みす)を高く(巻き)上げたところ、(中宮様は満足して)お笑いになる (他の女房の言うには)「(私たちも)そのようなこと(= 白居易の詩のこと)は知っており、歌などにまでも詠むけれど、(とっさには)思いつきませんでしたよ。 (あなたは)やはり、 中宮様にお仕えする人として、 ふさわしいようだ。 」と言う。 (第二八〇段)• 語句(重要) ・ さべき - ふさわしい。 「さべき」は「さるべき」の変化。 ・ さべきなめり - ふさわしいようだ。 「めり」は 推量の助動詞「めり」の終止形。 「なめり」は「なるめり」の撥音便。 ・ -。 読解 ・ さること - 白居易の詩句「香炉峰の雪は簾(すだれ)を撥げて(かかげて)看る(みる)。 」のこと。 ・ この官の人 - 中宮定子のこと。 なお、「宮」の文字通りの意味では、古語でも宮殿の意味がある。 語注 ・炭櫃(すびつ) - いろり。 四角い火鉢。 ・香炉峰(こうろほう)の雪 - 白居易の詩『白氏文集』に「香炉峰の雪は簾(すだれ)を撥げて(かかげて)看る(みる)。 」とある。 ・ -。 品詞分解 [ ] 品詞分解 雪(名詞)の(格助詞)いと(副詞)高う(形容詞・ク活用・連用形のウ音便)降り(ラ行四段活用・連用形)たる(存続の助動詞・連用形)を(接続助詞)、例(名詞)なら(断定の助動詞・未然形)ず(打消の助動詞・連用形)御格子(名詞)まゐり(ラ行四段活用・連用形)て(接続助詞)、炭びつ(名詞)に(格助詞)火(名詞)おこし(サ行四段活用・連用形)て(接続助詞)、物語(名詞)など(副助詞)し(サ行変格活用・連用形)て(接続助詞)集まり(ラ行四段活用・連用形)さぶらう(ハ行四段活用・連体形)に(接続助詞)、「少納言(名詞)よ(終助詞)。 香炉峰(名詞)の(格助詞)雪(名詞)いかなら(形容動詞「いかなり」の未然形)む(推量の助動詞「む」の終止形)。 」と(格助詞)仰せ(サ行下二段活用・未然形)らるれ(尊敬の助動詞・已然形)ば(接続助詞)、御格子(名詞)上げ(ガ行下二段活用・未然形)させ(使役の助動詞・連用形)て(接続助詞)、御簾(名詞)を(格助詞)高く(形容詞・ク活用・連用形)上げ(ガ行下二段活用・連用形)たれ(完了の助動詞・已然形)ば(接続助詞)、笑は(ハ行四段活用・未然形)せ(尊敬の助動詞・連用形)たまふ(尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・終止形)。 なほ(副詞)、こ(代名詞)の(格助詞)宮(名詞)の(格助詞)人(名詞)に(格助詞)は(係助詞)、さ(副詞またはラ行変格活用「さり」の連体形「さる」の撥音便無表記)べき(当然または適当の助動詞「べし」の連体形)な(断定の助動詞「なり」の連体形の撥音便無表記)めり(推定の助動詞・終止形)。 」と(格助詞)言ふ(ハ行四段活用・終止形)。

次の

『枕草子』 本文・現代語訳3 日記的章段

雪のいと高う降りたるを 品詞分解

雪のいと高う降りたるを [ ] 一 [ ]• 要旨 中宮定子(ちゅうぐうていし)は、清少納言(せいしょうなごん)の知識を試そうとして、雪の日に、 白居易(はくきょい)の詩を引用して、「香炉峰(かうろほう)の雪は、どうなってるか。 」と問いかけた。 清少納言は白居易の詩句のとおりに、簾(すだれ)を高く巻き上げて、中宮を満足させた。 備考 中宮定子は、女性。 藤原 定子(ふじわら の ていし)。 清少納言は、中宮定子に仕えていた。 」と仰せらるれば、御格子上げさせて、御簾(みす)を高く上げたれば、笑はせたまふ。 人々も「 さることは知り、歌などにさへ歌へど、思ひこそよらざりつれ。 なほ、 この官の人には さべきなめり。 」と言ふ。 雪がたいそう高く降り積もっているのに、いつもと違って、御格子(みこうし)をお下ろしして、角火鉢に火を起こして、(私たち女房が)話をしながら、(中宮様のもとに)集まりお使えしていると、(中宮様が私に呼びかけ、)「少納言よ、香炉峰(かうろほう)の雪は、どうなってるかね。 」とおっしゃるので、御格子を(ほかの女房に)上げさせて、御簾(みす)を高く(巻き)上げたところ、(中宮様は満足して)お笑いになる (他の女房の言うには)「(私たちも)そのようなこと(= 白居易の詩のこと)は知っており、歌などにまでも詠むけれど、(とっさには)思いつきませんでしたよ。 (あなたは)やはり、 中宮様にお仕えする人として、 ふさわしいようだ。 」と言う。 (第二八〇段)• 語句(重要) ・ さべき - ふさわしい。 「さべき」は「さるべき」の変化。 ・ さべきなめり - ふさわしいようだ。 「めり」は 推量の助動詞「めり」の終止形。 「なめり」は「なるめり」の撥音便。 ・ -。 読解 ・ さること - 白居易の詩句「香炉峰の雪は簾(すだれ)を撥げて(かかげて)看る(みる)。 」のこと。 ・ この官の人 - 中宮定子のこと。 なお、「宮」の文字通りの意味では、古語でも宮殿の意味がある。 語注 ・炭櫃(すびつ) - いろり。 四角い火鉢。 ・香炉峰(こうろほう)の雪 - 白居易の詩『白氏文集』に「香炉峰の雪は簾(すだれ)を撥げて(かかげて)看る(みる)。 」とある。 ・ -。 品詞分解 [ ] 品詞分解 雪(名詞)の(格助詞)いと(副詞)高う(形容詞・ク活用・連用形のウ音便)降り(ラ行四段活用・連用形)たる(存続の助動詞・連用形)を(接続助詞)、例(名詞)なら(断定の助動詞・未然形)ず(打消の助動詞・連用形)御格子(名詞)まゐり(ラ行四段活用・連用形)て(接続助詞)、炭びつ(名詞)に(格助詞)火(名詞)おこし(サ行四段活用・連用形)て(接続助詞)、物語(名詞)など(副助詞)し(サ行変格活用・連用形)て(接続助詞)集まり(ラ行四段活用・連用形)さぶらう(ハ行四段活用・連体形)に(接続助詞)、「少納言(名詞)よ(終助詞)。 香炉峰(名詞)の(格助詞)雪(名詞)いかなら(形容動詞「いかなり」の未然形)む(推量の助動詞「む」の終止形)。 」と(格助詞)仰せ(サ行下二段活用・未然形)らるれ(尊敬の助動詞・已然形)ば(接続助詞)、御格子(名詞)上げ(ガ行下二段活用・未然形)させ(使役の助動詞・連用形)て(接続助詞)、御簾(名詞)を(格助詞)高く(形容詞・ク活用・連用形)上げ(ガ行下二段活用・連用形)たれ(完了の助動詞・已然形)ば(接続助詞)、笑は(ハ行四段活用・未然形)せ(尊敬の助動詞・連用形)たまふ(尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・終止形)。 なほ(副詞)、こ(代名詞)の(格助詞)宮(名詞)の(格助詞)人(名詞)に(格助詞)は(係助詞)、さ(副詞またはラ行変格活用「さり」の連体形「さる」の撥音便無表記)べき(当然または適当の助動詞「べし」の連体形)な(断定の助動詞「なり」の連体形の撥音便無表記)めり(推定の助動詞・終止形)。 」と(格助詞)言ふ(ハ行四段活用・終止形)。

次の