宅 建 過去 問。 平成24年(2012年)本試験過去問INDEX

宅建業法の頻出過去問を厳選!

宅 建 過去 問

宅建過去問:宅建業法の重要問題を厳選! 皆さん近年の宅建過去問は目にする機会が多いと思いますので、 できるだけ古く初見となる問題 を分野別にまとめています。 「宅地」「建物」「取引」「業」とは?宅建業法の基本となる厳選問題 13問を掲載! 宅建業を営むための免許の申請方法などに関する規定。 確実に押さえる重要問題 16問を掲載! 免許証内容に変更が生じたら?書換えが必要?複雑な箇所ですが、要点が分かりやすい重要問題 13問を掲載! 宅建業は、事務所だけでなく様々な場所で行われます。 出題パターンを網羅した重要問題 18問を掲載! 宅建士登録とは?登録を受けられない者とは?確実に押さえる重要問題 23問を掲載! 宅建士証の内容に変更が生じた場合は?頻出ポイントである重要問題 15問を掲載! 宅建業者が宅建業を営むために供託しておく保証金。 パターン化している重要問題 19問を掲載! 宅建業者が保証協会に納付しておく保証金に関する規定。 こちらもパターン化した重要問題 16問を掲載! 不動産の売主と買主とを仲介する際の規制に関する定番過去問。 確実に押さえる重要問題 14問を掲載! 宅建業者が不動産広告を行う際の規制に関する重要過去問。 とても覚えやすい簡単な重要問題 11問を掲載! 宅建士のメイン業務となる契約締結前に行う物件に関する説明。 少し多くなりますが、重要問題 26問を掲載! 契約締結後に行う契約内容の確認書面。 35条と共に宅建業法のヤマ場と言える重要問題 18問を掲載! 買主から契約の撤回をすることができる制度。 これを覚えておけば大丈夫!な重要問題 13問を掲載! 宅建業者が自ら売主となる場合の規制に関する重要問題を解説。 頻出問題をまとめて 23問掲載! 宅建業者が受け取ることのできる報酬額の上限とは?報酬計算をマスターしやすい重要問題 10問を掲載! 宅建業者や宅建士が違法行為をした場合。 宅建業法全般の監督処分をまとめて重要問題 22問掲載! 新築住宅購入者の利益を保護するための規定。 頻出問題となっている基本的な重要問題 6問を掲載! 全問正解を目指したい【 宅建業法】、過去に出題されたほぼ全ての問題が重要です。 同じような過去問の使い回しだらけです。 まれに無理矢理な細かい問題も出題されますが、そこは消去法で対処しましょう。 細かすぎる問題対策よりも、個数問題を確実に取れるように定番知識をしっかり覚えてください。 間違えやすい箇所をまとめた当サイトの「」は本当に役立ちます。 「宅建業法はもう大丈夫かな」の更に一歩先へ行けます。 力を入れるべき箇所と捨て候補に分かれる他の科目と違って、宅建業法「だけ」はやってやり過ぎるということはありません。 徹底して基本書と過去問を並行し、宅建業法20問中、最低でも17~18点は確保してください。

次の

3ヶ月の勉強で宅建一発合格!!過去問勉強法!!

宅 建 過去 問

たくさんの応援レビューありがとうございます! 【大幅アップデート】 ・「令和2年度法改正まとめ」ページが完成しました! ・法改正の影響を受ける過去問題について、学習すべき内容を維持したまま改題しました (先行して民法の改正に対応していましたが、その他の法改正にも対応しました) ・解説を読みやすくするため、一部の問題の解説に「状況の確認」図を追加しました ・最適な学習分量とするため、過去問題を10年分にしました ・どこまで学習したかを分かりやすくするため、挑戦途中のアイコン表示を新設しました ・以下の問題を修正しました -【宅建業法】一問一答>営業保証金>営業保証金の取り戻し その1>平成23年度試験 問30-4 -【宅建業法】一問一答>免許>区分・基準 その1>平成28年度試験 問37-3 ・いくつかの解説文をさらに分かりやすいものに変更しました 大幅アップデートの影響で、これまでの学習履歴が一部引き継がれない場合があります。 誠に恐れ入りますがご容赦頂けますと幸いです。 2019試験が初挑戦でしたが37点 速報時 このアプリのおかげで、いつでもどこでも宅建の勉強が出来ました。 文字通りちょっとした隙間時間にチャチャっとできる。 一問一択と四択が両方あるのが素晴らしい。 すぐ確認できて、すぐに次に行ける。 過去問を解くのにこれ以上に効率的な勉強法があるでしょうか。 日本人はインプットばかりにこだわる勉強が身についているため、アウトプット=書くこと、と執着しがちですがこのアプリで素早く腕試しを行う、しかも秒単位でやる。 やるだけです。 Just Do It! 最短の知識確認方法です。 実際今回のテストに数多く出題された35条書面、37条書面ですが全部を覚えるのはナンセンスです。 暗記するより問題として捉えて覚えた方が実践的です。 記憶していてもどうアウトプットするのか、自分に適しているのかは意外とわかんないもんです。 わざわざ予想問題集買って、丁寧にノートに答えを書いて、採点する。 無駄無駄無駄無駄です。 そんなことしてる暇があればさっさと過去問解いたほうがいいです。 作成者さんには本当に感謝です。 電車の中で4択を解く集中力がない時は一問一答で苦手な分野をやり込み、間違えた問題は問題の右上でチェックしておけばあとでその問題だけ出してくれる問題集も抽出でき、補えます。 過去問も同じやり方で何度もでき、どうしても何度も間違う問題などを抽出できるので苦手問題も克服できます。 分野ごとにも分けられているので苦手な分野を繰り返し、間違った問題を抽出して何度もやることにより苦手分野とひねりなどの苦手な問題の抽出も浮き上がってきますので、大変重宝して利用させていただいております。

次の

宅建の過去問演習の攻略方法

宅 建 過去 問

平成13年〜平成23年の全問題に正答率を掲載しています。 このディレクトリーは,学習の検索資料として,昭和55年 1980 〜平成24年 2012 の宅建業 法分野の過去問を全問,収録しています。 〔法改正によるアップデート処理をして収録。 〕 註 ・ 出題項目によって収録年度数は法改正等により異なります。 ・法令等の改正により,創作問題にならざるを得ないものがあることにご注意ください。 このような問題では模試や予想問題と同様の位置付けになります。 〔 過去問の中には,法改正や時代状況の変化等により陳腐化して原題のままでは今後は 出題されないと思われるものもあります。 過去問はあくまでも参考にとどめてください。 1% 66. 0% 66. 4% 53. 9% 59. 6% 52. 7% 54. 7% 61. 4% 56. 1% 54. 4% 法令制限 59. 0% 69. 1% 57. 0% 51. 8% 48. 4% 63. 2% 62. 0% 63. 3% 60. 0% 58. 5% 宅建業法 68. 1% 67. 0% 68. 5% 73. 0% 69. 2% 75. 2% 79. 2% 64. 4% 71. 9% 75. 0% 税法その他 58. 4% 67. 4% 66. 4% 62. 5% 54. 6% 61. 9% 55. 2% 58. 3% 64. 3% 61. 基礎知識の確認用としてご活用ください。 13条2項 】, 【無免許事業の禁止】, 【免許を受けない者は、宅地建物取引業を営む旨の表示をし、又は宅地建物取引業を営む目的をもつて、広告をしてはならない。 12条2項 】, 【秘密を守る義務〔宅建業者〕 45条 】 , , ,,, 〔宅建業を営まなくなっても秘密を漏らしては成らない〕 ,, 〔業務上知り得た秘密でも取引の関係者に告げなければならない場合〕 , 【秘密を守る義務〔従業者〕 75条の2 】 , , ,,,, 【不当な履行遅延の禁止 44条 】 , ,〔取引結了範囲のみなし宅建業者〕, 【重要な事項について故意に不告知・不実の告知の禁止 47条1号 】 , ,,,, 取引する土地に古い空き家がある ,,, 〔調査を尽くしても判明しないとき〕, 【手付について信用の貸与をすることで契約締結を誘引する行為は禁止 47条3号 】 , , , ,,,,,,, 買主が宅建業者でも適用される ,,,,, 【手付金の減額は信用の供与に該当しない】, 【手付金について銀行のローンのあっせんをすることは信用の供与に該当しない】, 【利益を生じることが確実であると誤解させる断定的判断の提供の禁止 47条の2第1項 】,,, 【将来の環境または交通などの利便について誤解させる断定的判断の提供の禁止 47条の2第3項,施行規則16条の12第1号イ 】,,, 【相手方が契約の申込みの撤回等を行うに際し,預り金の返還を拒否することは禁止されている 47条の2第3号,施行規則16条の12第2号 】,, ,, 【正当な理由なく,手付けによる契約の解除を拒んだり妨げることは禁止されている。 525倍以内という制限はない ,,,,, 【媒介 宅地の賃貸借 】 〔依頼者の一方から受けることのできる報酬の額〕 居住用建物の貸借と異なり,一方からは0.

次の